シャドバ
シャドウバース攻略
テクニック講座 第3弾【バーストダメージ編】
【シャドバ】テクニック講座 第3弾【バーストダメージ編】【シャドウバース】

【シャドバ】テクニック講座 第3弾【バーストダメージ編】【シャドウバース】

最終更新 :
シャドバ攻略からのお知らせ
新カードパック「次元歪曲」のカード一覧はこちら!
おすすめの関連記事

ゲームプレイの際に重要となるテクニックや考え方について掲載しています。プレイングの参考にしてください。

目次

1.バーストダメージを知ろう

バーストダメージとは

1ターンに出せる最大ダメージのこと。ここでは主に手札からいきなり出せるダメージのことを考える。盤面では完全に勝っている、それなのにいきなり相手の手札からがでてきて負けた。という経験は誰しもあるだろう。

リーダー毎に特徴がある

どれだけバーストダメージをだしやすいのかは、リーダーによってかなり異なる。よって、以下の記事ではまずリーダーについて個別にバーストダメージの警戒必要度について述べたあと、具体的に警戒するべきカードについて紹介していく。

バーストダメージの重要性

言うまでもなく、このゲームは相手リーダーの体力を削り切ったほうが勝ち。そこで、今自分方が先に体力がなくなりそうか、そうではないかを常に考えてプレイすることになる。

  • 優先して展開すべきフォロワー
  • フォロワーの攻撃先の選択
  • 手札の特定のカードを使うべきか否か

といった判断の目安となる。バーストダメージを知ることで、より緻密なプレイングが可能になるぞ。

現実的な範囲内でしっておけばOK

バーストダメージを出すコンボの中には、非現実的な確率やカード枚数を要求するものも存在する。もっとも低い確率のことを警戒しすぎても逆に勝利を逃してしまうパターンもあるので、採用率と実現率の高いものを知っておけば問題ない。

相手のEPが残っているときは注意

フォロワーが攻撃する場合、EPが残っているなら表記されているダメージに+2されることとなる。その点も踏まえてバーストダメージを把握してもらいたい。

2.エルフのバーストダメージ

エルフの警戒必要度 ★★★

後述のリノセウスが採用率もダメージ量も高く大変な脅威となっている。エルフと対峙したときには多少の体力差はすぐにひっくり返される覚悟をしなければならず、バースト警戒必要度はかなり高い。

リノセウス

エルフのバーストの代名詞

エルフでバーストといえば何をさしおいてもリノセウスだろう。特に低コストでカードを手札に戻す、自然の導き対空射撃などとのコンボが非常に強烈で、アンリミテッド環境では見かけることが多い。

予想外のダメージが飛んでくることも

複数枚のリノセウスや、導きの妖精姫・アリアの効果で手札に加えた0コストカードなどを使用されると、20点オーバーの打点がでることもある。守護を置くなどして、対策を行っていきたい。

リノセウスの詳細はこちら

妖精の使役者

フェアリーを疾走させる

場に出たフェアリーの攻撃力をあげ疾走をもたせることができるので、フィニッシャーになることが多い。7、8ターン目以降にプレイすることが多いので、大型の守護フォロワーなどを場に出して対策しよう。

妖精の使役者の詳細はこちら

キングエレファント

大型疾走フォロワーになることも

初期ステータスが1/1と一見貧弱に見えるが、場合によっては10/10(進化で12/12)疾走となるので非常に強力。事前にロキをプレイしている場合は、さらなる打点強化も見込める1枚だ。

手札の枚数と体力をチェック

相手の手札の枚数及び、場にいるフォロワーの数より自分の体力が高ければ、キングエレファントの一撃で負けることはない。仮に体力が低い場合は、赤枝の聖騎士・ノイシュなどのダメージを軽減できるカードを用いて対策しよう。

キングエレファントの詳細はこちら

3.ロイヤルのバーストダメージ

ロイヤルの警戒必要度 ★★・

ダメージの予測はしやすい

フォロワーの展開から盤面のフォロワーで体力を削ってくることが多いのでダメージの予測はつけやすい。ただし疾走フォロワーの数が多く、手札からダメージを出してくる可能性は高いので、体力が少ないときは警戒しよう。

空の指揮官・セリア

疾走で大ダメージ

絶望の使者・セリアは自分の場にいるフォロワーを手札に戻す代わりに、自身の攻撃力を上げることが可能であり、最大で6/4(進化で8/6)疾走となる。自身の体力が少ない場合は、守護を置くなどしっかり対策しておこう。

空の指揮官・セリアの詳細はこちら

ドラゴンナイツ

疾走フォロワーを場に出せる

ランスロットは5コスト3/3疾走として活躍する他、8コストでヴェインとセットでチョイスすれば4/4疾走となる。ほとんどのデッキに採用されているカードなので、ロイヤルと戦う際は注意しておきたい。

ドラゴンナイツの詳細はこちら

レヴィオンセイバー・アルベール

ロイヤルのバーストの中では要注意

5コストの疾走で単純に手札から3点のダメージを与えられるのに加え、エンハンス時には6点も与えられるという、高い奇襲性を持つ。9ターン目以降は守護フォロワーなどをおいて、しっかり対策しておきたい。

アルベールの詳細はこちら

4.ウィッチのバーストダメージ

ウィッチの警戒必要度 ★★・

バーストダメージを出す手段を多く取り揃えているクラス。スペル軸や土の印軸など、デッキタイプごとに採用されているバーストダメージカードが大きく異なるため、相手のデッキごとに注意をしていきたい。

偉大なる魔術師・レヴィ

3ダメージに警戒

土の印がなくともデモンストライクを放つことのできるフォロワー。特にこれといって対策はないものの、土の印を使うデッキには体力を多めに保つことを意識しよう。

偉大なる魔術師・レヴィはこちら

暗黒の召喚士

デッキ枚数20枚以下で疾走を出す

デッキの残り枚数が20枚以下の場合、ファンファーレで4/4疾走フォロワーを場に出すことができる。相手のデッキ枚数を確認して、20枚以下になる場合は守護フォロワーを展開するなどして対策しよう。

暗黒の召喚士はこちら

絶望のキマイラ

スペルブースト次第では6/6疾走フォロワーに

スペルブーストを行うことで、6/6の疾走フォロワーとして活躍が見込める。体力3以下のフォロワーは絶望のキマイラの効果で除去されてしまうので、体力4以上の守護フォロワーを設置して対策しよう。

絶望のキマイラはこちら

ギガントキマイラ

スペルブーストするごとに強化

スペルブーストを行う度にダメージ量が増えていくのが強力。場合によっては、1ターンでのフィニッシュを狙うこともできるカードだ。相手がスペル軸のデッキを使用している場合は、警戒しておこう。

ギガントキマイラはこちら

次元の超越

超越を打つ前に勝負を決める

自分のターンを複数回行える次元の超越が非常に強力。その気になれば20点など一気に削りきれる脅威のカードだ。対策するのは難しいため、超越ウィッチと当たったなら出来るだけ早めに勝負を決める動きをしよう。

次元の超越の詳細はこちら

5.ドラゴンのバーストダメージ

ドラゴンの警戒必要度 ★★★

大型の疾走フォロワーが多く脅威。逆に言えばドラゴンのバーストダメージはほとんど疾走フォロワーによるものなので、守護持ちをおいておけば大抵止めることができる。ドラゴン戦のゲーム終盤では守護持ちの展開を意識したい。

ダークドラグーン・フォルテ

コスパがよく覚醒時追加効果も厄介

6コスト5点とジェネシスドラゴンよりダメージ量は少ないが、その分コストが軽い。疾走だけでなく、追加効果も厄介でフォロワー主体のデッキだと除去できないこともある。

ダークドラグーン・フォルテの詳細はこちら

アジ・ダハーカ

7コスト6/8フォロワーになることも

自分の他のフォロワーが進化する度にコストが下がる効果を持つため、7コストでプレイされる可能性がある。10コストフォロワーではあるが、相手のEPの消費量をよく見て警戒したいフォロワーだ。

アジ・ダハーカの詳細はこちら

リントヴルム

最大12点のバーストダメージ

フォロワー以外のカードを10枚使用している場合、守護を無視する10点(進化で12点)疾走フォロワーとなる強力なバーストダメージフォロワー。相手がスペルなどを多く使用している場合は、警戒しておきたい1枚だ。

リントヴルムの詳細はこちら

大いなる調停者・ゾーイ

リーダーを守りつつ大ダメージを与える

疾走を持つため、相手リーダーに即座に大ダメージを与えることが可能な1枚。更に、場に出した際に自身のリーダーへのダメージを無効にする効果も持つので、守りという面でも優秀。相手がコストを下げるカードや、ゾーイをプレイした場合は注意しておきたい。

大いなる調停者・ゾーイの詳細はこちら

6.ネクロマンサーのバーストダメージ

ネクロマンサーの警戒必要度 ★★★

序盤に強いカードが多い上にバーストダメージもたたき出してくるリーダー。常に相手が何点ダメージを出してくるのか考える必要がある。その意味で、ネクロマンサーのバーストはしっかり覚えておきたい。

幽想の少女・フェリ

フォロワーに3回攻撃を付与

10ターン目にフォロワーを2体葬送することができれば、場のフォロワーに3回攻撃を付与することができる。仮に2/2フォロワーとEPが残っている状態で3回攻撃が付与されると、一気に12点削られてしまうので、盤面の除去をしっかり行っておこう。

幽想の少女・フェリの詳細はこちら

冥守の長・アイシャ

ネクロマンスがあれば10ダメージ

ネクロマンスが10あれば、1ターンに2回攻撃を行える優秀なフォロワー。エンハンスで疾走を持つので、1ターンで相手リーダーに大ダメージを与えることも可能だ。10ターン目以降は守護を置くなどして警戒しておきたい。

冥守の長・アイシャの詳細はこちら

魔将軍・ヘクター

場のフォロワーの攻撃力を強化

場にいる自分のフォロワー全員を+2/+0する効果をもつ。場に四体のフォロワーが残っていれば8点も増やされてしまうので、出来るだけ相手の場を処理するといった対処が必要だ。

魔将軍・ヘクターの詳細はこちら

幽霊支配人・アーカス

低コストフォロワーを疾走に変化させる

3コスト以下のフォロワーを、ゴーストへと変化させる効果を持つ。効果で出したゴーストをバイブカハなどで強化して、大ダメージを与えることがあるので注意しておきたい。

幽霊支配人・アーカスの詳細はこちら

7.ヴァンパイアのバーストダメージ

ヴァンパイアの警戒必要度 ★★★

とにかく手札からダメージを出す手段が豊富なリーダー。それに加えてブラッディ・メアリーによる大ダメージバーストコンボも持ち合わせる。とくにコントロール系のヴァンパイアを相手にした時は一瞬も気が抜けない。

鋭利な一裂き

脅威のダメージ効率

2コスト3点。単体では3点ダメージだが、とにかくコストパフォーマンスが良い。このカードを連打されたり、他のカードと一緒に使うことで、かなりのダメージ量をたたき出す。

鋭利な一裂きの詳細はこちら

ダークジェネラル

復讐の際に要注意

復讐状態なら4コスト4点の疾走となるので、守護などを置いて攻撃ぐなどの対策をしたい。相手が復讐ヴァンパイアの場合はほとんど採用されているので、真っ先に警戒しよう。

ダークジェネラルの詳細はこちら

昏き底より出でる者

脅威の13点ダメージ

リーダーへ攻撃を通せれば、進化前で11点、進化後で13点という大きな打点を1枚で出せる。潜伏フォロワーで倒す手段が限られている点も警戒が必要だ。ランダム除去や全体除去を手札に持っておき、受けるダメージを5点に抑えよう。

昏き底より出でる者の詳細はこちら

8.ビショップのバーストダメージ

ビショップの警戒必要度 ★★・

天狐の社のような細かく何度もダメージを与えるカードから、ヘヴンリーナイトのように大ダメージを与えるカードまで、さまざまな攻撃手段を所持しているクラス。常にダメージを警戒しておいて損はないだろう。

三月ウサギのお茶会

強力なダメージフォロワー

効果で場に出るブリキの兵隊は、進化時に3ダメージを与えることが可能。フォロワーの体力を4以上に保っておくか、相手のEPを事前に切らすといった対策をおこなっておきたい。

三月ウサギのお茶会の詳細はこちら

天狐の社

回復する度にダメージ

リーダーもしくはフォロワーが回復する度に2ダメージを与えるため、盤面やリーダーへ打点を入れられるアミュレット。ダメージ効果を無効化するフォロワーを展開するか、アミュレットの除去札を用意しておきたい。

天狐の社の詳細はこちら

天空の守護者・ガルラ

ダメージ+カウント短縮

6コスト3点。コストと比較したダメージ数だけ見るとそうでもないが、カウント短縮効果を持つことも考えるとかなり厄介。白翼への祈り神鳥の呼び笛などの疾走フォロワーを出すカウントアミュレットと組み合わせるとダメージはさらに伸びる。

天空の守護者・ガルラの詳細はこちら

ヘブンリーナイト

疾走で大ダメージ

アミュレットが盤面にある場合疾走を持つため、打点として活躍する。頂きの教会とともに場に出した場合は、7ダメージを与えることも可能となるため、頂きの教会を見かけた場合は大型の守護を置くなどの対策を行いたい。

ヘヴンリーナイトの詳細はこちら

9.ネメシスのバーストダメージ

造られし獣人・サフィラ

アーティファクト軸では要注意

破壊されたアーティファクトの数と同じ攻撃力になる効果を持つため、場合によってはOTKをされることもある。相手がアーティファクト軸のデッキの場合は、注意しておきたい。

造られし獣人・サフィラの詳細はこちら

人形の少女・オーキス

3/2疾走フォロワーを展開

復讐の人形・オーキスをチョイスした際、3/2疾走フォロワーの複数展開を狙える1枚。操り人形ネメシスと対戦する際は、守護を置くなどして相手に走りきられない盤面づくりを心がけたい。

人形の少女・オーキスの詳細はこちら

復讐の人形遣い・ノア

操り人形が疾走

手札の操り人形の攻撃力を上げた上で疾走を持たせる強力なフォロワー。相手の持っている操り人形の数を覚えて、最大何ダメージを与えられるのか常に考えておきたい。

復讐の人形遣い・ノアの詳細はこちら

10.ニュートラルのバーストカード

死の舞踏

2点で勝負が決まることも

単体除去に加え、2ダメージをリーダーに与えるカード。この2点が大きく、勝負が決まることも少なくない。オズの大魔女と併用されることが多いので、相手がウィッチの場合は特に警戒したい1枚だ。

死の舞踏の詳細はこちら

シャドウバース攻略の他の記事

初心者がやることまとめ

初心者攻略まとめ

デッキ編成のコツ

テクニックまとめ

報酬まとめ

ルール/用語について解説

カード評価一覧

全カード評価

デッキレシピ

リセマラ情報

© Cygames, Inc.
※当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。
▶シャドウバース公式サイト

攻略記事ランキング
  1. 次元歪曲の新カード一覧
    次元歪曲の新カード一覧
    1
  2. ローテーション最強デッキランキング
    ローテーション最強デッキランキング
    2
  3. アンリミテッド最強デッキランキング
    アンリミテッド最強デッキランキング
    3
  4. 断罪者・シルヴィアの評価と採用デッキ
    断罪者・シルヴィアの評価と採用デッキ
    4
  5. マナリアウィッチのローテーション最新デッキレシピ
    マナリアウィッチのローテーション最新デッキレシピ
    5
もっとみる
記事について指摘する

いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


みんなのコメント

GameWithに登録して、
ゲーム仲間とつながろう!
はじめての方
新規登録 (無料)
会員の方
ログイン
攻略メニュー
速報/大会情報
プロリーグ情報
メタレポート情報
カード情報
全カード
新カード情報
デッキ紹介
ローテーション
アンリミテッド
アリーナ情報
グランプリまとめ
2Pickまとめ
2Pickカード評価
初心者情報
リセマラ情報
初心者まとめ
デッキ編成のコツ
アップデート/修正情報
その他
ゲームを探す
レビュー訴求
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中