シャドバ
シャドウバース攻略wiki
テクニック講座 第3弾【バーストダメージ編】
シャドバ攻略記事

テクニック講座 第3弾【バーストダメージ編】

最終更新 : シェア
シャドバ攻略からのお知らせ
みんながどんなデッキを使っているか、SNSで見てみよう!

ゲームプレイの際に重要となるテクニックや考え方について掲載しています。プレイングの参考にしてください。

目次

1.バーストダメージを知ろう

バーストダメージとは

1ターンに出せる最大ダメージのこと。ここでは主に手札からいきなり出せるダメージのことを考える。盤面では完全に勝っている、それなのにいきなり相手の手札からがでてきて負けた。という経験は誰しもあるだろう。

リーダー毎に特徴がある

どれだけバーストダメージをだしやすいのかは、リーダーによってかなり異なる。よって、以下の記事ではまずリーダーについて個別にバーストダメージの警戒必要度について述べたあと、具体的に警戒するべきカードについて紹介していく。

バーストダメージの重要性

言うまでもなく、このゲームは相手リーダーの体力を削り切ったほうが勝ち。そこで、今自分方が先に体力がなくなりそうか、そうではないかを常に考えてプレイすることになる。

  • 優先して展開すべきフォロワー
  • フォロワーの攻撃先の選択
  • 手札の特定のカードを使うべきか否か

といった判断の目安となる。バーストダメージを知ることで、より緻密なプレイングが可能になるぞ。

現実的な範囲内でしっておけばOK

バーストダメージを出すコンボの中には、非現実的な確率やカード枚数を要求するものもある。もっとも低い確率のことを警戒しすぎても逆に勝利を逃してしまうパターンもある。さしあたっては採用率と実現率の高いバーストを知っておけば問題ない。

相手のEPが残っているときは注意

フォロワーの攻撃でダメージを出すタイプのカードはEPが残っているなら表記されているダメージに+2されることとなる。その点も踏まえてバーストダメージを把握してもらいたい。

スポンサーリンク

2.エルフのバーストダメージ

エルフの警戒必要度 ★★★

後述のリノセウスが採用率もダメージ量も高く大変な脅威となっている。エルフと対峙したときには多少の体力差はすぐにひっくり返される覚悟をしなければならず、リーダーとしてのバースト警戒必要度はかなり高い。

リノセウス

エルフのバーストの代名詞

エルフでバーストといえば何をさしおいてもリノセウスだろう。特に低コストでカードを手札に戻す、自然の導きとのコンボが強烈。10コストでの1コスト5枚使用→リノセウス自然の導きリノセウスで14ダメージなども考えられる。

よく出るダメージ量は特に警戒

もっとも、現実的にはカード5枚の使用は場の5枚制限もありなかなか難しいので、3枚カード使用→リノセウス自然の導きリノセウスでの10ダメージや中盤~の2枚カードからの8ダメージあたりがパターンとしては多い。

予想外のダメージが飛んでくることも

リノセウスが複数枚あったり、エルフプリンセスメイジなどで生み出された0コストフェアリーを使われると20点オーバーの打点がでることもある。まさに凶悪コンボだ。

▲画像では6コストで既に手札から11点でる(進化込みなら13点)

守護をおけばとまる

リノセウスは体力1のフォロワー。また、攻撃力の強化は出したターンのみである。そのため守護フォロワーをおいてしまえば止まる。終盤にリノセウスを警戒するのであれば、なにはともあれ守護フォロワーを置くことが大切だ。

リノセウスの詳細はこちら

白銀の矢

採用率は低めだがダメージ量は脅威

9コストと非常に重いものの、1枚で最大9点のバーストダメージをたたき出してくる強カード。リノセウスに比べてダメージを出すのにコンボパーツなどは不要で、ただ手札さえあれば最大火力が出せる。

手札の枚数と体力をチェック

単純な話で、相手の手札の枚数より自分の体力が高ければ、白銀の矢の一撃で負けることはない。相手が手札を惜しむプレイングをしたら、出来るだけ早く勝負を決めるか、体力を10以上に保つことを意識しよう。

白狼とのコンボが強力

古き森の白狼の効果でこのカードを手札に加え、コストを0にすることによって、1ターンにこのカードを2枚発動することが可能。最大18点ものダメージは大きな逆転の可能性を秘めており、警戒が必要である。

白銀の矢の詳細はこちら

ジャングルの守護者

エンハンスに注意

通常は5コスト4/5の守護持ちと普通のフォロワーだが、エンハンス10でジャングルの守護者をもう1体出して、自分のジャングルの守護者すべてに疾走をつける能力を持つ。コストこそ重いが一気に8点を削る事ができ、警戒が必要。

1枚で8点出せる

前述の白銀の矢リノセウスは、ある程度手札の枚数がないか、コンボパーツが揃わないとバーストダメージはでないが、このカードは1枚で8点出せるため、エルフの手札が少ない場合でも警戒を怠ってはいけない。

ジャングルの守護者の詳細はこちら
スポンサーリンク

3.ロイヤルのバーストダメージ

ロイヤルの警戒必要度 ★★・

ダメージの予測はしやすい

全体的にあまり、バーストダメージを警戒する必要のないリーダー。フォロワーの展開から盤面のフォロワーで体力を削ってくることが多いのでダメージの予測はつけやすい。

体力がギリギリのときは疾走を警戒

ただし疾走フォロワーの数が多く、ダメージは控えめなものの手札からダメージを出してくる可能性は高いのでギリギリの戦いのときは警戒しよう。

レヴィオンセイバー・アルベール

ロイヤルのバーストの中では要注意

5コストの疾走で単純に手札から3点のダメージを与えられるのに加え、エンハンス時には6点も与えられるという、高い奇襲性を持つ。ロイヤルならほとんどのデッキに入っており、細心の警戒が必要である。

アルベールの詳細はこちら

アルビダの号令

疾走フォロワー+守護フォロワー

6コストで手札から3点を与えられる。守護も同時に出てくるため、処理に困る。

アルビダの号令の詳細はこちら

4.ウィッチのバーストダメージ

ウィッチの警戒必要度 ★・・

リーダーにダメージを与えるスペルが増えたことで、ウィッチのバーストダメージも考えなくてはならなくなった。警戒必要度さえ低いものの、低コストでリーダーにダメージを与えてくるものが多いため、チェックは欠かせない。

次元の超越

超越を打つ前に勝負を決める

ウィッチは次元の超越が大変な脅威。その気になれば20点など一気に削りきれる脅威のカードだ。対策するのは難しいため、超越ウィッチと当たったなら出来るだけ早めに勝負を決める動きをしよう。

次元の超越の詳細はこちら

ルーンの貫き

スペルによるバーストダメージ

場のフォロワーが進化すれば、2コストで相手フォロワー1体と相手リーダーに2ダメージを与えるという破格のスペルに変化する。特に対策があるわけではないが、打たれたくないときは場にフォロワーを出さないのも手である。

ルーンの貫きの詳細はこちら

古き魔術師・レヴィ

手札に加えるスペルが強力

進化時に1コストでフォロワーかリーダーに3ダメージ与えられるスペルの「紅蓮の魔術」を手札に加える。フォロワーの処理にも使用できるため、手札に温存するケースも多い。

古き魔術師・レヴィの詳細はこちら

刃の魔術師

奇襲性が高い

スペルブーストでコストが-1されるため、最大0コストで2/2の疾走が出てくる。手札からノーコストで2点のダメージは奇襲性が高く、常に警戒が必要。

刃の魔術師はこちら

5.ドラゴンのバーストダメージ

ドラゴンの警戒必要度 ★★★

大型の疾走フォロワーが多く脅威。逆に言えばドラゴンのバーストダメージはほとんど疾走フォロワーによるものなので、守護持ちをおいておけば大抵止めることができる。ドラゴン戦のゲーム終盤では守護持ちの展開を意識したい。

風読みの少年・ゼル

進化で疾走を付与

進化することで自分の他のフォロワー1体に疾走を付与できる。サハクィエルバハムート+ゼル進化を使えば、ゼルで守護を処理した上で、一気に13点与えることも可能。ウロボロスと組み合わせても、最大11点与えられるなど、要注意だ。

対策としては進化を使わせる

ゼルの効果は覚醒状態のときのみ働くため、出来るだけ勝負を早めに仕掛けて、相手のEPを使い切らせよう。それか、最大火力が上記のコンボの13点なので、終盤まで体力を14点以上に維持しよう。

風読みの少年ゼルの詳細はこちら

ジェネシスドラゴン

大型疾走フォロワーの代名詞

10コストで7点のダメージをたたき出してくる。また、当然だが7/9という強烈なステータスのフォロワーが場にでることも脅威。

ジェネシスドラゴンの詳細はこちら

ダークドラグーン・フォルテ

コスパがよく覚醒時追加効果も厄介

6コスト5点とジェネシスドラゴンよりダメージ量は少ないが、その分コストが軽い。ドラゴンのお家芸、PP加速を駆使されると序盤~中盤というときにもう出てくる。追加効果もかなり厄介でフォロワー主体のデッキだと除去できないこともままある。

コンボも強力

ウルズとのコンボが強烈。10コスト10ダメージと実に体力の半分を削ってくる。また、騎竜兵などのカードでカードのコストを減らされているともっと早いタイミングででてくる。

ダークドラグーン・フォルテの詳細はこちら
スポンサーリンク

6.ネクロマンサーのバーストダメージ

ネクロマンサーの警戒必要度 ★★★

序盤に強いカードが多い上にバーストダメージもたたき出してくるリーダー。特に、いわゆるアグロネクロと対峙した際には常に相手が何点ダメージを出してくるのか考える必要がある。その意味で、ネクロマンサーのバーストはしっかり覚えておきたい。

ケルベロス

ミミココの脅威

手札に加えるミミとココが非常に強力。ミミは相手のリーダーかフォロワーに2ダメージ与え、ココは自分のフォロワー1体の攻撃力を+2する能力。単純に2コストで4ダメージ増えるのは警戒せざるをえない。

ケルベロスの詳細はこちら

ファントムハウル

アグロネクロの定番コンボ

墓場が5必要だが、4コスト5点とかなりコスパよくダメージを出せるカード。先に上記のケルベロスを出しておく必要があるが、ミミココとのコンボで6コスト9点はまさに脅威。

ファントムハウルの詳細はこちら

魔将軍・ヘクター

脅威の+2強化

7コストのフォロワー。場にいる自分のフォロワー全員を+2/+0して突進を付与する。場にフォロワーが残りやすいネクロの性質と非常に噛み合った効果。四体のフォロワーが場に残っていれば、合計で8点も打点をを増やせるので警戒が必要。

フォロワーを処理する

解決策はもちろん場のフォロワーを処理することが一番。しかし、ヘクターはゾンビを場に出す効果も持っているため、処理しても盤面を取られてしまうことも多い。ヘクターを出された後も、全体除去で処理するなどの準備をしなければならない。

魔将軍・ヘクターの詳細はこちら

デスタイラント

ロマンを感じる13点疾走

6コスト13点の脅威のバーストカード。もっとも墓場が20なければ単なる3点疾走フォロワーにとどまる。このカードを入れているようなタイラントネクロでは、墓場を増やすような動きをしてくるので、そのようなプレイングに気づいたら警戒したい。

デスタイラントの詳細はこちら

7.ヴァンパイアのバーストダメージ

ヴァンパイアの警戒必要度 ★★★

とにかく手札からダメージを出す手段が豊富なリーダー。それに加えてブラッディ・メアリーによる大ダメージバーストコンボも持ち合わせる。とくにコントロール系のヴァンパイアを相手にした時は一瞬も気が抜けない。

ブラッディ・メアリー

脅威のバーストを生む最優先除去対象

自傷ダメージを相手に肩代わりさせる能力がとにかく強力。10コストあれば、メアリー漆黒の契約鋭利な一裂きで11 点もでてしまう。放置すると即負ける展開もあり得るので、相手がだしたら最優先で対処しよう。

セクシーヴァンパイア

攻防一体でダメージレースを制する

9コスト5点。自分のリーダーを回復する効果も合わせもっているため、次のターン勝てるという状況から一転してピンチに追い込まれることもある。

クイーンヴァンパイアの詳細はこちら

アルカード

便利な疾走フォロワー

7コスト4点。復讐時には、セクシーヴァンパイアと同じく回復と攻撃を同時にしてくる点が厄介だが、疾走なので守護で止めることができる。7コストなので、ブラッドウルフ鋭利な一裂きと使われる可能性がある点には留意しておきたい。

アルカードの詳細はこちら

ダークジェネラル

復讐の際に要注意

復讐状態なら4コスト4点。復讐ヴァンパイアだと採用されることが多いので頭に入れておこう。

ダークジェネラルの詳細はこちら

鋭利な一裂き

脅威のダメージ効率

2コスト3点。単体では3点ダメージだが、とにかくコストパフォーマンスが良い。このカードを連打されたり、他のカードと一緒に使われるとかなりのダメージ量をたたき出す。

鋭利な一裂きの詳細はこちら

アザゼル

ラウラと組み合わせる

バフォメットのエンハンス効果でアザゼルを加えて、8ターン目にアザゼル→ラウラと出すことでアザゼルを疾走にさせ、相手を3点まで削ることができる。EPと鮮血の花園があれば、OTKとなるので、バフォメットが出てきたら警戒しよう。

アザゼルの詳細はこちら
スポンサーリンク

8.ビショップのバーストダメージ

ビショップの警戒必要度 ★・・

クルトの追加によって少しバーストへの警戒をする必要になった。相手が疾走系のアグロデッキの場合は、ほぼ採用されているので必ず警戒しておこう。もっとも個々のダメージ量はそれほど多くないので、バーストへの警戒必要度は低め。

聖なる弓使い・クルト

回復

回復する度に2ダメージを相手のリーダーに与える。ビショップにはバーストダメージは少ないと思っていると大ダメージをくらう。OTKは難しいものの、終盤にもなればクルト×3+僧侶の聖水2回で12点与える事が可能で、ある程度警戒が必要。

聖なる弓使い・クルトの詳細はこちら

天空の守護者・ガルラ

ダメージ+カウント短縮

6コスト3点。コストと比較したダメージ数だけ見るとそうでもないが、カウント短縮効果を持つことも考えるとかなり厄介。白翼への祈り神鳥の呼び笛などの疾走フォロワーを出すカウントアミュレットと組み合わせるとダメージはさらに伸びる。

天空の守護者・ガルラの詳細はこちら

ムーンアルミラージ

強力な疾走フォロワー

6コスト3点。リーダーへのダメージはもちろん、体力回復効果を活かした盤面への干渉も脅威となるカード。進化を駆使して5/7のステータスになると処理するのも一苦労。

ムーンアルミラージの詳細はこちら

9.ニュートラルのバーストカード

サタン

脅威のアポカリプスデッキ

10コストのサタンを出した後に引くアポカリプスデッキの中身はバーストダメージの塊。

6コスト8点の沈黙の魔将、7コスト7点のディースの裁き、さらには10コストだが相手の体力を1にしてしまう、アスタロトの宣告

「サタンを出される=負け」ではない

どれも脅威だが、サタンを出されたからといって即負けるわけではない。ダメージ量を把握しておけば活路が開けることもある。

サタンの詳細はこちら

死の舞踏

2点で勝負が決まることも

単体除去に加え、2ダメージをリーダーに与えるカード。この2点が大きく、勝負が決まることも少なくない。ニュートラルでほとんどのデッキに入るため、どんなときでも3点は自分の体力を残しおきたい。

死の舞踏の詳細はこちら

風の軍神・グリームニル

エンハンス時の効果が強力

10コストのエンハンス時の効果が相手リーダーと相手フォロワー全体に1ダメージを4回与えるというもので強力。この合計4ダメージで勝負が決まることも少なくない。バーストダメージなんてないとタカをくくっていると足元を救われる1枚。

風の軍神・グリームニルの詳細はこちら

シャドウバース攻略wikiの他の記事

初心者がやることまとめ

初心者攻略まとめ

デッキ編成のコツ

テクニックまとめ

報酬まとめ

ルール/用語について解説

カード評価一覧

全カード評価

デッキレシピ

リセマラ情報

この記事を読んだ人におすすめ

© Cygames, Inc.
※当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

  • シェア
ご意見・ご指摘

ゲームバランスやデータ引き継ぎなど、ゲームそのものへのご指摘は受付けておりません。

この記事について指摘する

ここで書いた内容は記事には表示されません。


攻略メニュー

お知らせ

攻略情報

大会情報

リセマラ

新パック情報

ガチャシミュ

カードの所持率をチェック

デッキ紹介/シミュレーター

クラス別

カード評価一覧

全カード

レア度別

クラス別

効果別

アリーナ情報

2Pickまとめ

2Pickカード評価

2Pick5勝デッキ

初心者情報

初心者まとめ

デッキ編成のコツ

テクニックまとめ

ルール/用語について

アップデート/修正情報

その他

ゲームを探す
 ソフトまとめ PS4PSVRスイッチ
攻略取り扱いゲーム
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中