シャドバ
シャドウバース攻略wiki
ローテーション最強デッキランキング
シャドバ攻略班

シャドウバース ローテーション最強デッキランキング

みんなの最新コメントを読む
最終更新 :
ローテーション最強デッキランキング

シャドウバースのローテーション最強デッキをTier(ティア)順にランキング形式で掲載しています。シャドバのランクマッチ対策などにお役立てください。

目次

最強デッキ/Tierランキング

更新履歴

9月25日(土)
新カード災禍を超えし者の新カード一覧
ニュースカード修正情報まとめ
9月15日(水)
グランプリストラテジーピック攻略

各指標の基準【重要】

Tierの基準

この記事におけるTier(ティア)とは、環境における強さの事です。基本的にはTier1が強いとされていますが、相性によって不利なデッキも存在します。

Tierの基準
Tier1
【環境トップ】
高い完成度とデッキパワーを誇り、環境の中心となっている。その分対策されてしまうことや、デッキ内容が割れてしまうことも多いが、基本的には対策しづらいものが残る傾向にある。
Tier2
【有力デッキ】
Tier1のデッキに匹敵するほどのパワーを持っているが、環境上位のデッキとの相性差や、安定感に欠けるなどの弱点があるデッキ。環境の変化によって、Tier1〜Tier3までを行き来することが多い。
Tier3
【中堅デッキ】
Tier1、Tier2のデッキと比べるとデッキパワーが低く、見かける機会はあまり多くないデッキ。もしくは、デッキパワーは高いものの、同じクラスの別のデッキタイプがTier上位に位置するデッキのことを指す。
Tier4
【発展途上】
デッキパワーが足りていなかったり、構築が固まりきっていないなどの理由で数は少ないが、一定の勢力が存在するデッキ。新カードの追加やカード調整を待ち、Tier上位に入り込む機会を窺っている。

デッキタイプの基準

デッキタイプ基準
アグロ序盤から積極的に相手を攻撃していくデッキ。
ミッドレンジバランスが良く、どんな相手にも柔軟に立ち回りやすいデッキ。
コントロールゲームをコントロールすることをコンセプトとしたデッキ。
コンボ特定のカードの組み合わせで勝つことをコンセプトとしたデッキ。
デッキタイプについての詳細はこちら

ローテーションの作成コスト基準

作成コスト必要エーテル
作成コスト:60001〜
作成コスト:40001〜60000
作成コスト:〜40000

ローテーションTier1

デッキ名デッキ情報変動
ラストワードネクロミッドレンジ
作成コスト:
-
撤退ロイヤルコンボ
作成コスト:
-
マナリアウィッチコンボ
作成コスト:
-
ローテーションの全デッキはこちら

ローテーションTier2

デッキ名デッキ情報変動
スペルウィッチコンボ
作成コスト:
-
アクセラエルフミッドレンジ
作成コスト:
-
機械ネメシスコントロール
作成コスト:
-
連携自然ロイヤルミッドレンジ
作成コスト:
-
OTKネクロコンボ
作成コスト:
-
マグナゼロネメシスコンボ
作成コスト:
-
清浄ビショップコントロール
作成コスト:
-
アミュレットビショップコントロール
作成コスト:
-
自然ドラゴンコントロール
作成コスト:
-

ローテーションTier3

デッキ名デッキ情報変動
進化ウィッチミッドレンジ
作成コスト:
-
ラティカエルフコンボ
作成コスト:
-
イリスビショップコントロール
作成コスト:
-
狂乱ヴァンプコンボ
作成コスト:
-
バフドラゴンミッドレンジ
作成コスト:
-
機械ネクロミッドレンジ
作成コスト:
-
守護ビショップミッドレンジ
作成コスト:
-
進化ドラゴンコントロール
作成コスト:
-
進化ネメシスコンボ
作成コスト:
-

ローテーションTier4

デッキ名デッキ情報変動
ロキサスエルフミッドレンジ
作成コスト:
-
乗り物ランプドラゴンミッドレンジ
作成コスト:
-
碑文ヴァンプアグロ
作成コスト:
-
アグロロイヤルアグロ
作成コスト:
-
連携ネメシスミッドレンジ
作成コスト:
-
機械ヴァンプコンボ
作成コスト:
-
混沌の流儀ウィッチコンボ
作成コスト:
-
庭園ランプドラゴンコントロール
作成コスト:
-
ボルテオヴァンプコントロール
作成コスト:
-
アーティファクトネメシスコンボ
作成コスト:
-
オクトーOTKロイヤルコンボ
作成コスト:
-
アグロネクロアグロ
作成コスト:
-

最強だと思うクラスは?

集計期間:8月30日〜

ローテーションTier1のデッキ紹介

ラストワードネクロ

高い盤面形成力+バーストダメージ

人外魔境・クリストフによる高い盤面形成能力とネクロインパルスなどのバーンダメージを併せ持つミッドレンジデッキ。セレスト・マグナでスペルを無力化することもできるため、環境次第ではメタデッキにもなり得る。

ラストワードネクロの詳細はこちら

撤退ロイヤル

ミストリナ&ベイリオンを連打

ミストリナ&ベイリオンを連続でプレイし、相手の体力を削り切るデッキ。劇的な撤退で0コストにして山札に埋めたあと、陽だまりの邂逅などでサーチしてループすることも可能だ。

撤退ロイヤルの詳細はこちら

マナリアウィッチ

デッキ枚数を削って強化

マナリアクイーン・アンレグニスロード・グレアを中心に、デッキ枚数が20枚以下の時に強化されるカードを最大限に活かすデッキ。除去やサーチの手段が豊富で、尖ったデッキコンセプトとは裏腹に安定感も備えているのが特徴。

マナリアウィッチの詳細はこちら

ローテーションTier2のデッキ紹介

スペルウィッチ

スペルを駆使して戦う

大量に採用されたスペルでスペルブーストフォロワーを強化して戦うデッキ。プリズムブライト・ジオースやコストダウンするカードを絡めることで、早期ターンに強力な盤面展開が可能になっている。

スペルウィッチの詳細はこちら

アクセラエルフ

アクセラレートで相手を捌く

相手の攻撃を捌きながらアクセラレートのプレイ回数を重ね、妖精の開花の疾走付与によるフィニッシュを狙うデッキ。除去性能が高く、得意とする長期戦に持ち込みやすい。

アクセラエルフの詳細はこちら

機械ネメシス

多様なフィニッシュ手段

極致の創造主・ベルフォメットを軸とした機械軸のネメシス。ベルフォメット自身の制圧力はもちろんのこと、粛清の器・メイシアアブソリュート・トレランスといった強力なフィニッシュ手段に恵まれているのも特徴。

機械ネメシスの詳細はこちら

連携自然ロイヤル

横展開と疾走で押し切る

ブレイドライツの小隊長などでの横展開と、光耀の標・ミストリナ&ベイリオンをはじめとした疾走で押し切ることを目指すミッドレンジデッキ。連携カウントを稼ぎやすく、早期での直接召喚を狙うことができる。

連携自然ロイヤルの詳細はこちら

OTKネクロ

バーンダメージでOTK

リアニメイトやサーチを駆使して常闇の花嫁・セレスを使いまわし、インモラルディザイアの重ねがけによる大ダメージを狙うデッキ。3枚分をソウルボックスに付与することができれば、21点のOTKが可能。

OTKネクロの詳細はこちら

マグナゼロネメシス

強力なフィニッシャーで勝利

マグナゼロの効果で相手の盤面全体とリーダーに大ダメージを与えて制圧するデッキ。7ターン目にプレイすれば高い確率で10ダメージが出るので、次のターンにはコストが0になったアブソリュート・トレランスで一気にトドメを刺すことができる。

マグナゼロネメシスの詳細はこちら

清浄ビショップ

回復カードでコントロール

4コストアミュレットの清浄の領域を軸に戦うコントロールデッキ。回復カードが多く積まれており、リーダーの体力を素早く削ってくるアグロデッキに対して耐性がある。

清浄ビショップの詳細はこちら

アミュレットビショップ

アミュレット破壊数を稼ぐ

アミュレットビショップは、アミュレットを破壊し続けた後に栄華の加護神・ヤテラントゥが持つ派手な能力でのフィニッシュを狙うデッキ。また、カウントダウンアミュレットから出るフォロワーでの盤面制圧も狙える。

アミュレットビショップの詳細はこちら

自然ドラゴン

PPブースト→強力なカードを連打

自然・カードなどを駆使してPPブーストをしたあと、自分のPP最大値によって効果を発揮するカードを連打するデッキ。消滅や守護、回復によって、環境デッキに対して戦いやすいのが特徴。

自然ドラゴンの詳細はこちら

ローテーションTier3のデッキ紹介

イリスビショップ

専用アミュレットでコントロール

贖罪の司祭・イリスの進化時効果で専用のアミュレットを展開し、レリックゴッデスを場に出すことを目指すデッキ。全体的に除去と回復の手段に長けており、盤面で戦うデッキに対して強く出ることができる。

イリスビショップの詳細はこちら

進化ウィッチ

進化回数を稼ぐ

清澄の蒼・テトラをはじめとしたEPを消費せずに進化を行えるカードで進化回数を稼ぎ、虚無ノ哭風・グリームニルなどの進化回数に応じて強化されるカードを強く使っていくデッキ。6ターン目には進化回数が5回に達していることもしばしば。

進化ウィッチの詳細はこちら

ラティカエルフ

プレイ回数を稼ぐ

プレイ回数に応じて強化される万緑の回帰・ラティカを軸に据えたコンボデッキ。ラティカOTKをはじめ、瘴気の妖精姫・アリア宿命の狐火・セッカでのミッドレンジなど、様々なプランを採れる。

ラティカエルフの詳細はこちら

狂乱ヴァンプ

狂乱状態を目指す

狂乱ヴァンプは、その名の通り百獣の大悪鬼などの狂乱時に強力になるカードを多く採用したコンボデッキ。序盤は銀矢の狩人などで自傷回数を稼ぎ、狂乱状態への突入を目指す。

狂乱ヴァンプの詳細はこちら

バフドラゴン

デッキや手札のフォロワーを強化

バフドラゴンは、体力がバフされている際に効果が発動する焦熱の竜翼・ドラークなどを軸に戦うデッキ。強化先はほとんどがデッキ内になっているため、強化後のドローやサーチが鍵を握る。

バフドラゴンの詳細はこちら

機械ネクロ

機械フォロワーの展開力で制圧

創出の紫紺・エンネアを始めとする機械フォロワーでの横並びを押し付けていくデッキ。サーチやリアニメイトなど様々な方法でエンネアを場に出すことができるので、安定した盤面形成力が特徴的だ。

機械ネクロの詳細はこちら

守護ビショップ

守りつつ攻める

守護ビショップは、その名の通り守護フォロワーを展開して戦うデッキ。聖地の守護獣双砲の神罰・アンヴェルトを絡めた盤面制圧は相手にとって脅威。

守護ビショップの詳細はこちら

進化ドラゴン

進化回数を稼いでフィニッシュ

オーバーヒートデーモンなどで進化回数を稼ぎ、虚無ノ哭風・グリームニルでのフィニッシュを狙うデッキ。中盤の動きを担保するために、勇躍の獣人・ジーナ母なる慈愛をはじめとした自然・カードも採用している。

進化ドラゴンの詳細はこちら

進化ネメシス

機械ネメシスに奇襲性をプラス

大型機械兵など、進化ギミックと相性の良い機械ネメシスの構築を調整し、奇襲性をプラスした形。虚無ノ哭風・グリームニルでの大ダメージはもちろん、閃耀の双剣・カトルの奥義を早めに起動できるようになる点も大きい。

進化ネメシスの詳細はこちら

ローテーションTier4のデッキ紹介

ロキサスエルフ

アミュレットとのコンボで展開

従順な駿馬などのアミュレットを並べ、開拓のロデオガイ・ロキサスによる盤面展開を狙う。多くのアミュレットを活用するため、小槌の勇士・スクナの打点が伸びやすいのも特徴。

ロキサスエルフの詳細はこちら

乗り物ランプドラゴン

高打点を継続し削り切る

乗り物ランプドラゴンは、PPブーストから強力なカードを毎ターンプレイして勝利を目指すデッキ。盤面展開、全体除去、回復、打点と、複数の要素が備わっているのが特徴。

乗り物ランプドラゴンの詳細はこちら

碑文ヴァンプ

契約の碑文でカードを強化

碑文ヴァンプは、その名の通り契約の碑文の効果で復讐/渇望/狂乱状態を維持してカードの効果を高めるデッキ。バーン効果や疾走を持つカードを多く採用しており、素早く決着をつけることができるのが特徴。

碑文ヴァンプの詳細はこちら

アグロロイヤル

果敢に相手リーダーを攻撃

序盤からひたすらに相手リーダーを攻撃し、早いターンでの決着を目指すアグロデッキ。乗り物アミュレットを疾走フォロワーに乗せれば、空の盤面からでも大打点を出すことができる。

アグロロイヤルの詳細はこちら

連携ネメシス

連携を活かした盤面形成

ストリングマイスターなどの連携数を稼ぎやすいカードを駆使して早期ターンに天覇風神・フェイランを直接召喚し、盤面を形成するデッキ。中盤〜終盤まで強力な盤面を維持しやすいのが特徴だ。

連携ネメシスの詳細はこちら

機械ヴァンプ

モノを絡めて大ダメージ

悠久の真紅・モノを絡めてのフィニッシュに特化したコンボデッキ。紅魔の淑女・ロゼロッティ方舟の魔神で能動的に復讐状態に入り、モノの効果で一気に攻めることができる。

機械ヴァンプの詳細はこちら

混沌の流儀ウィッチ

バハムートが1コストに!?

混沌の流儀が持つ手札のカードのコストを変える能力を活かし、始原の竜・バハムートなどの高コストフォロワーを低コストでプレイすることを狙うデッキ。ランダム要素は高いが、上手く決まった時の爽快感は格別だ。

混沌の流儀ウィッチの詳細はこちら

庭園ランプドラゴン

鳳凰の庭園でパワームーブ

万華の鳳凰の進化によって場に出る鳳凰の庭園を軸に戦う。鳳凰の庭園の効果でコストが半分になった高コストカードのパワーを叩きつけて制圧する、迫力のあるデッキだ。

庭園ランプドラゴンの詳細はこちら

ボルテオヴァンプ

38種類のカードを採用

享楽の支配人・ボルテオ以外の37枚を全て異なるカードで編成しているハイランダーデッキ。ランダム性の大きいデッキだが、ボルテオをプレイできた後の展開力は圧巻。

ボルテオヴァンプの詳細はこちら

アーティファクトネメシス

パワーの高いAFで盤面を取る

コストに対してのパワーが高いアーティファクト(AF)を駆使して、盤面を捌いていくデッキ。結晶:ギガスファクトリーが設置できれば、1ターンの間に莫大なPP分の動きを行うことが可能だ。

アーティファクトネメシスの詳細はこちら

オクトーOTKロイヤル

パーツを集めて大ダメージを狙う

刀神・オクトーの奥義で暴威の武人・ジェノ雷滅卿・アルベールのコストを下げ、1ターンで大ダメージを与えるデッキ。ドローとEP回復を目的に、母なる慈愛などの自然ギミックを搭載している。

オクトーOTKロイヤルの詳細はこちら

アグロネクロ

速攻タイプのデッキ

アグロネクロは、デッキの大部分を低コストのカードで固めた速攻タイプのデッキ。暗がりの悪霊ネクロインパルスなど、疾走フォロワーを多く取っているのも特徴だ。

アグロネクロの詳細はこちら

シャドウバース攻略の他の記事

ローテーションのデッキ

ローテーションのTier上位デッキ

ローテーションの全デッキはこちら以降のローテーションのTierはこちら

関連記事まとめ

全カード一覧

全カード評価一覧 | 検索機能付き!

直近に作成/更新した注目記事

災禍を超えし者の新カード一覧
災禍を超えし者の新カード一覧
災禍を超えし者の10パックガチャシミュレーター
災禍を超えし者の10パックガチャシミュレーター
JCG OPEN18 Vol.35 優勝デッキと結果まとめ
JCG OPEN18 Vol.35 優勝デッキと結果まとめ
JCG OPEN18 Vol.33 優勝デッキと結果まとめ
JCG OPEN18 Vol.33 優勝デッキと結果まとめ
JCG OPEN18 Vol.34の優勝デッキと結果まとめ
JCG OPEN18 Vol.34の優勝デッキと結果まとめ
この記事を書いた人

© Cygames, Inc.
※当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。
▶シャドウバース公式サイト

攻略記事ランキング
  1. 災禍を超えし者の新カード一覧
    災禍を超えし者の新カード一覧
    1
  2. デッドリーエルフの評価と採用デッキ
    デッドリーエルフの評価と採用デッキ
    2
  3. 安寧の降臨の評価と採用デッキ
    安寧の降臨の評価と採用デッキ
    3
  4. 夜天の吸血鬼の評価と採用デッキ
    夜天の吸血鬼の評価と採用デッキ
    4
  5. グレートマジシャンの評価と採用デッキ
    グレートマジシャンの評価と採用デッキ
    5
もっとみる
この記事へ意見を送る

いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


ゲームを仕事に!
攻略メニュー
攻略メニュー
アップデート/修正情報
デッキ一覧
ローテーションまとめ
ローテーションTier1
アンリミテッドまとめ
アンリミテッドTier1
その他のデッキ記事
アリーナ情報
グランプリまとめ
2Pickまとめ
2Pickカード評価
カード情報
初心者情報
リセマラ情報
初心者まとめ
デッキ編成のコツ
その他
その他のゲーム攻略
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中
×