シャドバ
シャドウバース攻略wiki
ローテーション最強デッキランキング

シャドウバース ローテーション最強デッキランキング

最終更新 : シャドバ攻略班
ローテーション最強デッキランキング

シャドウバースのローテーション最強デッキをTier(ティア)順にランキング形式で掲載しています。シャドバのランクマッチ対策などにお役立てください。

最強だと思うデッキは?

集計期間:11月30日

最強デッキ/Tierランキング

ランキング/Tierの基準【重要】

強さを元に決定

この記事におけるTier(ティア)とは、環境における強さの事です。基本的にはTier1が強いとされていますが、相性によって不利なデッキも存在します。

Point!本来Tierとは流行度のことを指しますが、シャドバでは「Tier=デッキの強さ」を指すことが多いです。
Tierの基準
Tier1
【環境トップ】
高い完成度とデッキパワーを誇り、環境の中心となっている。その分対策されてしまうことや、デッキ内容が割れてしまうことも多いが、基本的には対策しづらいものが残る傾向にある。
Tier2
【有力デッキ】
Tier1のデッキに匹敵するほどのパワーを持っているが、環境上位のデッキとの相性差や、安定感に欠けるなどの弱点があるデッキ。環境の変化によって、Tier1〜Tier3までを行き来することが多い。
Tier3
【中堅デッキ】
Tier1、Tier2のデッキと比べるとデッキパワーが低く、見かける機会はあまり多くないデッキ。もしくは、デッキパワーは高いものの、同じクラスの別のデッキタイプがTier上位に位置するデッキのことを指す。
Tier4
【発展途上】
デッキパワーが足りていなかったり、構築が固まりきっていないなどの理由で数は少ないが、一定の勢力が存在するデッキ。新カードの追加やカード調整を待ち、Tier上位に入り込む機会を窺っている。

ローテーションTier1【環境トップ】

ローテーションの全デッキはこちら

ローテーションTier2【有力デッキ】

ローテーションTier3【中堅デッキ】

ローテーションTier4【発展途上】

ローテーションTier1のデッキ紹介

進化ロイヤル

進化回数を稼ぐ

無敗の剣聖・カゲミツに加え、オネストシーフなどが採用されており、進化回数を稼ぎやすくなっている。進化回数を稼ぎ、戦争商人・アルヤスカ煌剣の戦士・アンリエットを駆使して優位に立ち回ろう。

進化ロイヤルの詳細はこちら

連携ネメシス

人形を活かす

トークンカードの操り人形を駆使して盤面を有利にしていくミッドレンジデッキ。大量の操り人形によって破壊枚数を稼ぎやすく、ストレイホロウ・イルガンノや直接召喚フォロワーを活かしやすいのが特徴だ。

連携ネメシスの詳細はこちら

コントロールネメシス

ホムンクルスヴィズヤでOTK

カプセルホムンクルス+ラグナアウェイクから得られる破壊を齎す者・ヴィズヤでのOTKが主な勝ち筋となる。ディメンションドミネーターのファンファーレと進化時効果を使えば、9PPで実行可能だ。

コントロールネメシスの詳細はこちら

ロキサスエルフ

アミュレットとのコンボで展開

従順な駿馬などのアミュレットを並べ、開拓のロデオガイ・ロキサスによる盤面展開を狙うデッキ。多くのアミュレットを活用するため、小槌の勇士・スクナの疾走打点が伸びやすいのも特徴。

ロキサスエルフの詳細はこちら

ローテーションTier2のデッキ紹介

アーティファクトネメシス

パワーの高いAFで盤面を取る

コストに対してのパワーが高いアーティファクト(AF)を駆使して、盤面を築くデッキ。アーティファクトの同調など、AFをデッキに加えずにそのまま手札に加えるカードが多く採用されている。

アーティファクトネメシスの詳細はこちら

守護ビショップ

守りつつ攻める

守護ビショップは、グランドナイト・ウィルバートのファンファーレで得られるリーダー付与効果を駆使して戦うデッキ。エイラビショップや自然ビショップと組み合わせた型もあり、構築の幅が広い。

守護ビショップの詳細はこちら

式神ウィッチ

フォロワーのコストを下げて押し切る

スペルブーストフォロワーのコストを下げ、中盤以降一気に展開するデッキ。式神・フォロワーはラストワードでスペルブーストするため、展開すれば後続の動きをサポートすることにも繋がる。

式神ウィッチの詳細はこちら

ディスカードドラゴン

手札を捨ててダメージ

ディスカードドラゴンは、波濤のプレシオサウルスのリーダー付与効果を活かして戦うバーンデッキ。基本的に「手札を捨てる→カードを引く」の流れがセットで行えるため、デッキを回しやすいのも特徴的だ。

ディスカードドラゴンの詳細はこちら

背徳バアルヴァンプ

バーンダメージで削り切る

背徳バアルヴァンプは、紅のワルツなどで、相手リーダーに直接ダメージを与える能力を活用して勝利を目指すバーンデッキ。背徳の狂獣のバーン効果と、バアルなどのドローカードとの相性は抜群だ。

背徳バアルヴァンプの詳細はこちら

アグロエルフ

乗り物軸のアグロデッキ

レヴィールの旋風で追加された乗り物系アミュレットを駆使して盤面を強化し、積極的に攻撃を仕掛けていくデッキ。レヴィールの旋風で追加された乗り物系アミュレットを駆使して盤面を強化し、積極的に攻撃を仕掛けていくデッキ。うまくはまれば6ターン目前後には勝負が決まるような、スピーディーな戦いが可能だ。

アグロエルフの詳細はこちら

アグロネクロ

6ターン前後で止めを刺す

アグロネクロは、疾走やバーンダメージにより6ターン前後でのリーサルを狙うアグロデッキ。新パックで追加された従順な駿馬機動二輪車により、打点を引き上げることも可能だ。

アグロネクロの詳細はこちら

清浄ビショップ

回復カードでコントロール

4コストアミュレットの清浄の領域を軸に戦うコントロールデッキ。回復カードが大量に積まれており、こちらのリーダーを素早く削ってくるデッキに対して耐性がある。

清浄ビショップの詳細はこちら

グレモリーネクロ

7ターン目までのグレモリー着地を狙う

墓場を増やすorデッキを減らす(もしくはその両方)カードを多く採用したデッキ。7ターン目を目標に「墓場の枚数>デッキの枚数」を達成し、グレモリーを直接召喚、トリニティモンスターズなどでPP回復をはさみながら、強力な盤面を形成しよう。

グレモリーネクロの詳細はこちら

ローテーションTier3のデッキ紹介

秘術ウィッチ

土の秘術を活用

秘術ウィッチは、土の印を消費することで発動する土の秘術を駆使しつつ戦うデッキ。《愚者》・リンクルから得られる剥落の暴圧をプレイしてじわじわと体力最大値を減らし、猫耳の魔法使い・キャル禁約の黒魔術師でのフィニッシュを狙う。

秘術ウィッチの詳細はこちら

自然ドラゴン

影の侵食でダメージを稼ぐ

自然ドラゴンは、呪われし影・ヴァイディから加わる影の侵食でダメージを稼ぐデッキ。影の侵食の点数は、破壊したナテラの大樹の枚数が多ければ多いほど増加していくので、デッキの半数近くがナテラの大樹を生成できるカードで構成されている。

自然ドラゴンの詳細はこちら

自然ネクロ

トートの早期起動を狙う

トートのファンファーレを起動させ、相手の体力をじわじわと削るデッキ。早いターンに起動させるために、ナテラの大樹を加えるカードはもちろん、ラストワードを持つフォロワーを多く採用している。

自然ネクロの詳細はこちら

自然ビショップ

疾走フォロワーが豊富

自然ビショップは森の参謀・ムニャール報復の白き刃・アニエスなどの疾走フォロワーで相手リーダーを攻撃していくミッドレンジデッキ。他にも多くの疾走フォロワーが存在しており、打点には事欠かない。

自然ビショップの詳細はこちら

魔道具専門店ウィッチ

魔道具専門店でバーンダメージ

魔道具専門店ウィッチは、その名の通り魔道具専門店が持つダメージ効果を活用して、相手リーダーに直接ダメージを与えるデッキ。0コストカードを絡めれば、7ターン目にフィニッシュすることも可能だ。

魔道具専門店ウィッチの詳細はこちら

連携ロイヤル

強力な盤面を形成

連携ロイヤルは天覇風神・フェイランを直接召喚し、強力な盤面を形成するデッキ。連携を早い段階で達成できるよう、1枚で複数体展開するカードを豊富に採用している。

連携ロイヤルの詳細はこちら

アクセラ進化エルフ

アクセラ進化エルフ

アクセラレートで相手を捌く

相手の攻撃を捌きながらアクセラレートのプレイ回数を重ね、妖精の開花の疾走付与によるフィニッシュを狙うデッキ。回復カードが多く、得意とする長期戦に持ち込みやすい。

進化エルフの詳細はこちら

異形エルフ

地を裂く異形でフィニッシュ

地を裂く異形を融合によって毎ターン強化し、フィニッシュを目指すデッキ。1ターン目から融合できれば、最速7ターン目に20点を叩き出すことが可能だ。

異形エルフの詳細はこちら

ヴィンセントウィッチ

ジャッジメントワードを連打

ピースキーパー・ヴィンセントの進化時に付与されるリーダー効果を軸に戦うデッキ。ジャッジメントワードを何枚もプレイすることになるので、敵フォロワーの厄介な能力にも耐性があるのが強みだ。

ヴィンセントウィッチの詳細はこちら

アグロロイヤル

疾走フォロワーを強化

アグロロイヤルは自由なる冒険者などで出した乗り物アミュレットで疾走フォロワーを強化し、相手を追い詰めていくアグロデッキ。序盤からフォロワーを並べ続けるので、連携を発動させやすいのが特徴だ。

アグロロイヤルの詳細はこちら

ヴァルフリートロイヤル

兵士フォロワーを強化

スカイキャプテン・ヴァルフリートの進化時効果でデッキ内の兵士・フォロワーを強化するデッキ。デッキ内の兵士・フォロワーを絞った型や、進化回数を稼ぐことを意識した型など、デッキタイプはさまざまだ。

ヴァルフリートロイヤルの詳細はこちら

ローテーションTier4のデッキ紹介

自傷ヴァンプ

自身へのダメージを活かす

自傷回数を稼ぐことによってバリューが上がるラッシュインプなどを駆使して戦うコントロールデッキ。フィニッシュは大ダメージが狙える永久凍土のベヒーモス《節制》・ルーゼンが務める。

自傷ヴァンプの詳細はこちら

カウントダウンビショップ

一斉展開が鍵

カウントダウンアミュレットを積極的にプレイしていき、開くターンを合わせて一斉展開を狙うデッキ。そうすることで、≪力≫・ソフィーナの効果対象が増え、相手に処理しづらい盤面を押し付けることができる。

カウントダウンビショップの詳細はこちら

庭園ランプドラゴン

鳳凰の庭園でパワームーブ

万華の鳳凰の進化によって場に出る鳳凰の庭園を軸に戦う。コストが半分になった高コストカードのパワーを叩きつけて制圧する大味なデッキだ。

庭園ランプドラゴンの詳細はこちら

ハイランダーヴァンプ

38種類のカードを採用

享楽の支配人・ボルテオ以外の37枚を全て異なるカードで編成しているハイランダーデッキ。ランダム性の大きいデッキだが、ボルテオをプレイできた後の展開力は圧巻。

ハイランダーヴァンプの詳細はこちら

ローフラッドエルフ

ひっくり返して特殊勝利!

≪吊るされた男≫・ローフラッドから得られる真偽の逆転で特殊勝利を狙うデッキ。キーカードのローフラッドを引くために、プリンセスナイトで確定サーチが可能な構築になっている。

ローフラッドエルフの詳細はこちら

シャドウバース攻略の他の記事

ローテーションのデッキ

ローテーションのTier上位デッキ

以降のローテーションのTierはこちら

関連記事まとめ

全カード一覧

全カード評価一覧 | 検索機能付き!

直近に作成/更新した注目記事

攻略班のグランプリ攻略日記|ロキサスエルフ編
攻略班のグランプリ攻略日記|ロキサスエルフ編
[更新]  
ロキサスエルフの基本的な立ち回りを解説!
ロキサスエルフの基本的な立ち回りを解説!
[更新]  
プロリーグ使用デッキまとめ
プロリーグ使用デッキまとめ
[更新]  
JCG OPEN15 Vol.26の優勝デッキと結果まとめ
JCG OPEN15 Vol.26の優勝デッキと結果まとめ
[更新]  
JCG OPEN15 Vol.24の優勝デッキと結果まとめ
JCG OPEN15 Vol.24の優勝デッキと結果まとめ
[更新]  

© Cygames, Inc.
※当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。
▶シャドウバース公式サイト

攻略記事ランキング
  1. ローテーション最強デッキランキング
    ローテーション最強デッキランキング
    1
  2. アンリミテッド最強デッキランキング
    アンリミテッド最強デッキランキング
    2
  3. 連携ネメシス(人形ネメシス)のローテーション最新デッキレシピ
    連携ネメシス(人形ネメシス)のローテーション最新デッキレシピ
    3
  4. ロキサスエルフのローテーション最新デッキレシピ
    ロキサスエルフのローテーション最新デッキレシピ
    4
  5. 進化ロイヤルのローテーション最新デッキレシピ
    進化ロイヤルのローテーション最新デッキレシピ
    5
もっとみる
この記事へ意見を送る

いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


攻略メニュー
速報/大会情報
デッキ一覧
ローテーションまとめ
ローテーションTier1
アンリミテッドまとめ
アンリミテッドTier1
その他
メタレポート情報
アリーナ情報
グランプリまとめ
2Pickまとめ
2Pickカード評価
カード情報
新カード情報
初心者情報
リセマラ情報
初心者まとめ
デッキ編成のコツ
アップデート/修正情報
その他
ゲームを探す
Gamewithでゲームを探す
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中
×