シャドバ
シャドウバース攻略wiki
ローテーション最強デッキランキング

シャドウバース ローテーション最強デッキランキング

最終更新 : シャドバ攻略班
ローテーション最強デッキランキング

シャドウバースのローテーション最強デッキをTier(ティア)順にランキング形式で掲載しています。シャドバのランクマッチ対策などにお役立てください。

目次

最強デッキ/Tierランキング

更新履歴

6月12日(土)
新カードリナセントクロニクルの新カード一覧
6月11日(金)
デッキ更新連携ガルヴァンロイヤルのデッキレシピ

JCGメタレポート(6/9大会まで)

JCG予選使用デッキ数

大きく3グループに分かれる

環境が進むにつれ、クラス間の強弱がはっきりとしてきた。上位のNc,Nm,D、中位のB,V、下位のE,R,Wと大きく3つに分類できる。

ビショップが台頭の兆し?

数はそれほど多くないものの、勝ち上がり率が良いのがビショップ。カウントビショップや清浄ビショップが減り、守護ビショップ1本に絞られてきたことが影響しているだろう。今後の推移に注目だ。

詳細なJCGメタレポートはこちら

各指標の基準【重要】

Tierの基準

この記事におけるTier(ティア)とは、環境における強さの事です。基本的にはTier1が強いとされていますが、相性によって不利なデッキも存在します。

Tierの基準
Tier1
【環境トップ】
高い完成度とデッキパワーを誇り、環境の中心となっている。その分対策されてしまうことや、デッキ内容が割れてしまうことも多いが、基本的には対策しづらいものが残る傾向にある。
Tier2
【有力デッキ】
Tier1のデッキに匹敵するほどのパワーを持っているが、環境上位のデッキとの相性差や、安定感に欠けるなどの弱点があるデッキ。環境の変化によって、Tier1〜Tier3までを行き来することが多い。
Tier3
【中堅デッキ】
Tier1、Tier2のデッキと比べるとデッキパワーが低く、見かける機会はあまり多くないデッキ。もしくは、デッキパワーは高いものの、同じクラスの別のデッキタイプがTier上位に位置するデッキのことを指す。
Tier4
【発展途上】
デッキパワーが足りていなかったり、構築が固まりきっていないなどの理由で数は少ないが、一定の勢力が存在するデッキ。新カードの追加やカード調整を待ち、Tier上位に入り込む機会を窺っている。

デッキタイプの基準

デッキタイプ基準
アグロ序盤から積極的に相手を攻撃していくデッキ。
ミッドレンジバランスが良く、どんな相手にも柔軟に立ち回りやすいデッキ。
コントロールゲームをコントロールすることをコンセプトとしたデッキ。
コンボ特定のカードの組み合わせで勝つことをコンセプトとしたデッキ。
デッキタイプについての詳細はこちら

ローテーションの作成コスト基準

作成コスト必要エーテル
作成コスト:60001〜
作成コスト:40001〜60000
作成コスト:〜40000

ローテーションTier1

デッキ名デッキ情報変動
ラストワードネクロミッドレンジ
作成コスト:
-
アーティファクトネメシスコンボ
作成コスト:
対策
乗り物ランプドラゴンミッドレンジ
作成コスト:
-
ローテーションの全デッキはこちら

ローテーションTier2

デッキ名デッキ情報変動
守護ビショップミッドレンジ
作成コスト:
-
庭園ランプドラゴンコントロール
作成コスト:
-
背徳バアルヴァンプアグロ
作成コスト:
-
清浄ビショップコントロール
作成コスト:
-
セッカエルフコンボ
作成コスト:
-
ロキサスエルフミッドレンジ
作成コスト:
-
碑文ヴァンプミッドレンジ
作成コスト:
-
進化ヴァンプミッドレンジ
作成コスト:
-

ローテーションTier3

デッキ名デッキ情報変動
アグロネクロアグロ
作成コスト:
-
マナリアウィッチコンボ
作成コスト:
-
連携ガルヴァンロイヤルミッドレンジ
作成コスト:
-
スペルウィッチコンボ
作成コスト:
-
カウントダウンビショップミッドレンジ
作成コスト:
-
OTKロイヤルコンボ
作成コスト:
-
進化ネメシスコンボ
作成コスト:
-
トレランスネメシスコンボ
作成コスト:
-
進化ドラゴンコンボ
作成コスト:
-
アクセラエルフミッドレンジ
作成コスト:
-
ボルテオヴァンプコントロール
作成コスト:
-

ローテーションTier4

デッキ名デッキ情報変動
アグロロイヤルアグロ
作成コスト:
-
バフドラゴンミッドレンジ
作成コスト:
-
ディスカードドラゴンミッドレンジ
作成コスト:
-
デスブリンガーネクロコントロール
作成コスト:
-
エターナルホエールドラゴンコンボ
作成コスト:
-
混沌の流儀ウィッチコンボ
作成コスト:
-
ヴァルフリートロイヤルコンボ
作成コスト:
-
ネフティスネクロコントロール
作成コスト:
-
教会ビショップアグロ
作成コスト:
-

最強だと思うクラスは?

集計期間:6月7日〜

ローテーションTier1のデッキ紹介

アーティファクトネメシス

パワーの高いAFで盤面を取る

コストに対してのパワーが高いアーティファクト(AF)を駆使して、盤面を築いて行くデッキ。アーティファクトの同調など、AFをデッキに加えずにそのまま手札に加えるカードが追加されたことで、より動きやすくなった。

アーティファクトネメシスの詳細はこちら

ラストワードネクロ

ラストワードの破壊枚数を稼ぐ

ラストワードを持ったフォロワーを中心に戦い、人外魔境・クリストフの効果を最大限に引き上げるデッキ。ラストワード持ちを効率よく展開できるカードが多く採用されており、盤面形成能力に長けたデッキだ。

ラストワードネクロの詳細はこちら

ローテーションTier2のデッキ紹介

乗り物ランプドラゴン

高打点を継続し削り切る

乗り物ランプドラゴンは、PPブーストから強力なカードを毎ターンプレイして勝利を目指すデッキ。盤面展開、全体除去、回復、打点と、複数の要素が備わっているのが特徴。

乗り物ランプドラゴンの詳細はこちら

守護ビショップ

守りつつ攻める

守護ビショップは、その名の通り守護フォロワーを展開して戦うデッキ。聖地の守護獣双砲の神罰・アンヴェルトを絡めた盤面制圧は相手にとって脅威。

守護ビショップの詳細はこちら

庭園ランプドラゴン

鳳凰の庭園でパワームーブ

万華の鳳凰の進化によって場に出る鳳凰の庭園を軸に戦う。鳳凰の庭園の効果でコストが半分になった高コストカードのパワーを叩きつけて制圧する、迫力のあるデッキだ。

庭園ランプドラゴンの詳細はこちら

セッカエルフ

多面展開+疾走打点で押し切る

セッカエルフは、宿命の狐火・セッカ瘴気の妖精姫・アリアを軸に据えたデッキ。アリアの進化時能力を活かしてフェアリーで盤面を取り続け、九尾の決意の条件達成を目指す。

セッカエルフの詳細はこちら

背徳バアルヴァンプ

バーンダメージで削り切る

背徳バアルヴァンプは相手リーダーに直接ダメージを与える能力を活用して勝利を目指すバーンデッキ。背徳の狂獣のバーン効果と、バアルなどのドローカードとの相性は抜群だ。

背徳バアルヴァンプの詳細はこちら

ロキサスエルフ

アミュレットとのコンボで展開

従順な駿馬などのアミュレットを並べ、開拓のロデオガイ・ロキサスによる盤面展開を狙う。多くのアミュレットを活用するため、小槌の勇士・スクナの打点が伸びやすいのも特徴。

ロキサスエルフの詳細はこちら

進化ヴァンプ

進化+ドローで耐久に持ち込む

豊富なドローカードや、無償進化カードを駆使して相手の展開を捌いていくデッキ。ドローによってクリムゾンウォー・ラウラを、進化によって虚無ノ哭風・グリームニル神狼・シスのバリューを上げての勝利を狙う。

進化ヴァンプの詳細はこちら

清浄ビショップ

回復カードでコントロール

4コストアミュレットの清浄の領域を軸に戦うコントロールデッキ。回復カードが多く積まれており、リーダーの体力を素早く削ってくるアグロデッキに対して耐性がある。

清浄ビショップの詳細はこちら

アグロネクロ

6ターン前後で止めを刺す

アグロネクロは、疾走やバーンダメージにより6ターン前後でのリーサルを狙うアグロデッキ。従順な駿馬機動二輪車により、打点を引き上げることも可能だ。

アグロネクロの詳細はこちら

ローテーションTier3のデッキ紹介

スペルウィッチ

スペルを駆使して戦う

大量に採用されたスペルでスペルブーストフォロワーを強化して戦うデッキ。プリズムブライト・ジオースやコストダウンするカードを絡めることで、早期ターンに強力な盤面展開が可能になっている。

スペルウィッチの詳細はこちら

マナリアウィッチ

デッキ枚数を削って強化

マナリアクイーン・アンレグニスロード・グレアを中心に、デッキ枚数が20枚以下の時に強化されるカードを最大限に活かすデッキ。除去やサーチの手段が豊富で、尖ったデッキコンセプトとは裏腹に安定感も備えているのが特徴。

超火力フィニッシュも

アンやグレアの効果で手札に加わるスペルはどちらも、デッキが5枚以下になるとさらにパワーアップして強力なフィニッシュ手段となる。長期戦を得意とするデッキに対してもタイムリミットを押し付けることができるのが強みだ。

マナリアウィッチの詳細はこちら

カウントダウンビショップ

アミュレット破壊数を稼ぐ

カウントダウンビショップは、アミュレットを破壊し続けた後に栄華の加護神・ヤテラントゥが持つ派手な能力でのフィニッシュを狙うデッキ。あらかじめフリッグをプレイしておくことで、爆発力をさらに高めることもできる。

カウントダウンビショップの詳細はこちら

OTKロイヤル

パーツを集めて大ダメージを狙う

刀神・オクトーの奥義で暴威の武人・ジェノ雷滅卿・アルベールのコストを下げ、1ターンで大ダメージを与えるデッキ。キーカードを引き込みやすいよう、ロイヤル・フォロワーの種類を厳選している。

シエテ採用の進化ロイヤルはこちらOTKロイヤルの詳細はこちら

碑文ヴァンプ

契約の碑文でカードを強化

碑文ヴァンプは、その名の通り契約の碑文の効果で復讐/渇望/狂乱状態を維持してカードの効果を高めるデッキ。バーン効果や疾走を持つカードを多く採用しており、素早く決着をつけることができるのが特徴。

碑文ヴァンプの詳細はこちら

連携ガルヴァンロイヤル

連携ガルヴァン

ガルヴァン+連携

兵士や指揮官、レヴィオンなどのタイプを持つカードを豊富に採用し、終撃の鉄腕・ガルヴァンのバリューを高めたデッキ。横展開もしやすいため、キャットアドミラルなど連携数に応じて能力を発揮するカードとも相性がよい。

連携ガルヴァンロイヤルの詳細はこちら

進化ネメシス

カトル&エッセルの解放奥義を狙う

▲カトル、エッセルともに解放奥義発動。

閃耀の双剣・カトル魔弾の射手・エッセルの解放奥義を発動させるために、自動進化するカードを多く採用したデッキ。両方の解放奥義が発動すれば、カトル&エッセル+進化込みで20点を出すことができる。

Point!エッセルの解放奥義で手札のフォロワーすべてを疾走にし、カトルの解放奥義で疾走フォロワーに2回攻撃効果を付与するというコンボです!
進化ネメシスの詳細はこちら

進化ドラゴン

PPブースト→進化

PPブーストで増やしたPPを駆使して進化回数を稼ぐデッキ。進化回数を稼ぐことで、虚無ノ哭風・グリームニル堕落の決意のバリューを上げての勝利を狙える。

進化ドラゴンの詳細はこちら

トレランスネメシス

トレランスネメシス

強力なフィニッシャーで勝利

アブソリュート・トレランスをフィニッシャーに据えたデッキ。サハクィエル&イスラーフィールマグナゼロなどで一気にトレランスのコストを下げることができる。

トレランスネメシスの詳細はこちら

アクセラエルフ

アクセラレートで相手を捌く

相手の攻撃を捌きながらアクセラレートのプレイ回数を重ね、妖精の開花の疾走付与によるフィニッシュを狙うデッキ。除去性能が高く、得意とする長期戦に持ち込みやすい。

アクセラエルフの詳細はこちら

ボルテオヴァンプ

38種類のカードを採用

享楽の支配人・ボルテオ以外の37枚を全て異なるカードで編成しているハイランダーデッキ。ランダム性の大きいデッキだが、ボルテオをプレイできた後の展開力は圧巻。

ボルテオヴァンプの詳細はこちら

ローテーションTier4のデッキ紹介

アグロロイヤル

デッキ一丸で相手リーダーを攻撃

攻撃力上昇カードや疾走カードなど、相手のリーダーにダメージを与えるカードをふんだんに採用。1PP時から積極的に攻撃し、いち早く相手のリーダーの体力を削り切ることを狙うアグロデッキだ。

疾走フォロワーを確定サーチ

老練なる教鞭のサーチ先をクイックブレーダーブレードバンデッド暴威の武人・ジェノの3種の疾走フォロワーに限定。安定して高打点を出しやすい構築としている。

アグロロイヤルの詳細はこちら

バフドラゴン

デッキや手札のフォロワーを強化

バフドラゴンは、体力がバフされている際に効果が発動する焦熱の竜翼・ドラークなどを軸に戦うデッキ。強化先はほとんどがデッキ内になっているため、強化後のドローやサーチが鍵を握る。

バフドラゴンの詳細はこちら

ディスカードドラゴン

バーンダメージで削る

ディスカードドラゴンは、波濤のプレシオサウルスのリーダー付与効果を活かして戦うデッキ。基本的に「手札を捨てる→カードを引く」の流れがセットで行えるため、デッキを回しやすいのも特徴的だ。

ディスカードドラゴンの詳細はこちら

デスブリンガーネクロ

リアニメイトを軸にしたデッキ

墓場に送られたフォロワーを「リアニメイト」によって場に出し、盤面を作るデッキ。フォロワーを手札から場に出し、その後墓場に送る「葬送」との組み合わせで、高コストフォロワーのリアニメイトを狙う。

デスブリンガーネクロの詳細はこちら

エターナルホエールドラゴン

エターナルホエールを大量展開

エターナルホエールドラゴンは、その名の通りエターナルホエールを軸に据えたデッキ。山札に加わる1コストのエターナルホエールを大量に展開することで勝利を狙う。

エターナルホエールドラゴンの詳細はこちら

混沌の流儀ウィッチ

バハムートが1コストに!?

混沌の流儀が持つ手札のカードのコストを変える能力を活かし、始原の竜・バハムートなどの高コストフォロワーを低コストでプレイすることを狙うデッキ。ランダム要素は高いが、上手く決まった時の爽快感は格別だ。

混沌の流儀ウィッチの詳細はこちら

ヴァルフリートロイヤル

兵士フォロワーを強化

スカイキャプテン・ヴァルフリートの進化時効果でデッキ内の兵士・フォロワーを強化するデッキ。強化したクイックブレーダーペインレスサムライで相手リーダーの体力を一気に削ることができる。

ヴァルフリートロイヤルの詳細はこちら

ネフティスネクロ

特殊勝利を狙う

葬送や直接召喚を駆使して各コストのフォロワーを破壊し、冥府の女主人・ネフティスによる特殊勝利を狙うデッキ。葬送ギミックによる盤面展開力が高く、ビートダウンによる勝ち筋も同時に備えているのが強みだ。

ネフティスネクロの詳細はこちら

教会ビショップ

頂きの教会を軸としたデッキ

教会ビショップは、体力が高めのフォロワーを多く採用し、攻撃時のダメージを体力と同じ値にする、頂きの教会を使って戦うデッキ。相性の良い疾走やバフカードを多めに採用しており、攻撃的なデッキとなっている。

教会ビショップの詳細はこちら

シャドウバース攻略の他の記事

ローテーションのデッキ

ローテーションのTier上位デッキ

以降のローテーションのTierはこちら

関連記事まとめ

全カード一覧

全カード評価一覧 | 検索機能付き!

直近に作成/更新した注目記事

5周年記念キャンペーンまとめ
5周年記念キャンペーンまとめ
リナセントクロニクルの新カード一覧
リナセントクロニクルの新カード一覧
JCGメタレポート
JCGメタレポート
第5回人気投票! 5th Anniversary
第5回人気投票! 5th Anniversary
プロリーグ使用デッキまとめ
プロリーグ使用デッキまとめ

© Cygames, Inc.
※当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。
▶シャドウバース公式サイト

攻略記事ランキング
  1. リナセントクロニクルの新カード一覧
    リナセントクロニクルの新カード一覧
    1
  2. ローテーション最強デッキランキング
    ローテーション最強デッキランキング
    2
  3. 悠久の真紅・モノの評価と採用デッキ
    悠久の真紅・モノの評価と採用デッキ
    3
  4. ラストワードネクロのローテーションデッキレシピと立ち回り
    ラストワードネクロのローテーションデッキレシピと立ち回り
    4
  5. 5周年記念キャンペーンまとめ
    5周年記念キャンペーンまとめ
    5
もっとみる
この記事へ意見を送る

いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


ゲームを仕事に!
攻略メニュー
攻略メニュー
アップデート/修正情報
デッキ一覧
ローテーションまとめ
ローテーションTier1
アンリミテッドまとめ
アンリミテッドTier1
その他のデッキ記事
アリーナ情報
グランプリまとめ
2Pickまとめ
2Pickカード評価
カード情報
初心者情報
リセマラ情報
初心者まとめ
デッキ編成のコツ
その他
その他のゲーム攻略
ゲームを探す
Gamewithでゲームを探す
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中
×