シャドバ
シャドウバース攻略wiki
アグロロイヤル(フェイスロイヤル)のアンリミ最新デッキレシピ

【シャドバ】アグロロイヤル(フェイスロイヤル)のアンリミ最新デッキレシピ【シャドウバース】

最終更新 :

「アグロロイヤル(フェイスロイヤル)」デッキの最新レシピの紹介です。アンリミテッドのデッキレシピだけでなく、ローテーションのアグロロイヤルへのリンクもあります。また、相性や立ち回りなども掲載しているので、役立てて下さい。

ローテーションのアグロロイヤルはこちら

目次

ロイヤルのアンリミテッドデッキ一覧

ロイヤルのデッキ一覧

アグロロイヤル(フェイスロイヤル)の評価と概要

アグロロイヤル(フェイスロイヤル)の評価

評価点9.5 /10点
作成コストの目安27,600
扱いやすさ★★★★★
アンリミテッドの他のデッキ一覧はこちら

アグロロイヤルの概要

相手リーダーを狙う

アグロロイヤルは、ロイヤルデッキの中でも、序盤から積極的に相手リーダーを攻撃していくデッキである。アグレッシブに攻撃するスタイルからアグロロイヤルと呼ばれる。また「顔面(リーダー)を狙う」という意味からフェイスと呼ばれることも。

打点を出せるカードを多く採用

疾走やダメージ効果を持つカードを多数採用しており、早期決着を狙える構築に仕上がっている。それらの能力を持たないカードも潜伏や攻撃力を上げる効果を持っているため、非常に効率よくダメージを稼ぐことができる。

アグロロイヤルの相性傾向

コントロールデッキに強い

超越ウィッチをはじめとしたコントロールタイプのデッキに強く、有利が付いているデッキも多い。一方で序盤から強力な盤面を作りやすく、細かい除去を複数搭載したアグロエルフに対しては、やや不利が付いてしまっている。

サンプルレシピ

デッキコードを発行

※リンク先のシャドウバースポータルで、ご自身でデッキコードを発行してください。

注目カードと採用理由

カード名説明
空の指揮官・セリア基本的には絶望の使者・セリアをチョイスして攻めるのがメインだが、希望の戦術家・セリアをチョイスして守りを固めるのも悪くない。使いがっての良いフォロワーだ。
円卓会議3コストフォロワーを2枚出せるので、1コストお得なカード。このデッキではジュリエットが確定で2枚出るようになっており、4点分の疾走フォロワーとしての運用が可能だ。
レヴィオンセイバー・アルベールこのデッキのフィニッシャー。5ターン目に出すのも強いが、戦いが終盤までもつれ込んだときでも一発逆転を狙える強力カード。

入れ替え候補のカード

カード名説明
イノセントプリンセス・プリム潜伏持ちのため、次ターンに相手にダメージを与えやすい。終盤でもエンハンスで使用できるため、腐りにくい。パレスフェンサーとの入れ替え候補。
アルビダの号令疾走と守護を場に並べることのできるカード。終盤の打点として活躍してくれるカードだ。魔導狙撃士・ワルツの枚数を調整して採用するのも良いだろう。
オースレスナイト低コストで兵士フォロワーを盤面に2体展開できるため場持ちが良い。パレスフェンサーとの入れ替え候補。

アグロロイヤル(フェイスロイヤル)のマリガン

1枚はキープしておきたいカード

カード名説明
ヴァンガードアグロデッキなので、1ターン目から動くことを最重要視したい。基本的にマリガンでは、1コストフォロワーを探しに行こう。
ペルセウス1コストの指揮官フォロワー。次ターンのケンタウロスヴァンガードの動きにも繋がるので、1コストフォロワーの中でも特に優先度が高いと言える。
プリンセスヴァンガード1コストフォロワーが10枚入っているため、大抵の場合は初手から引き込むことができる。プリンセスヴァンガードのみを残しても、基本的には効果の発動が行えるだろう。

セットでキープしたいカード

カード名説明
ケンタウロスヴァンガードペルセウスとセットでキープすることができれば、2ターン目から2点疾走を繰り出していくことができる。序盤からがんがん相手リーダーのHPを削っていきたい。

デッキの立ち回り

序盤の立ち回り

できるだけ横に並べる

理想の動きはマナカーブ通り、1、2、3と流れるように場に出す動き。出し惜しみせずに毎ターンPPを使い切ることを意識して、できるだけ横に並べよう。

中盤の立ち回り

トレードは最小限に

フォロワー同士のトレードを最小限に抑えながらフェイスダメージを稼ぐことが鍵だ。やや損だと思っても、盤面を無視して積極的にリーダーを攻撃しよう。ただし、その結果としてあまりにも場が悪い状態になるならトレードする必要がある。

打点を意識

終盤があまり得意ではないため、できるだけ中盤で削りきってしまいたい。空の指揮官・セリアマスター・クノイチといったカードを駆使して一気に体力を削ってしまおう。

終盤の立ち回り

トップを考慮して勝筋を残す

盤面の取り合いで勝利するのは難しいデッキなので、最後までアグロ戦略を貫こう。手札も安易に使い切らず、強化カードと組み合わせてリーサル可能か常に考えよう。

アルベールで押し切る

アルベールのエンハンス効果で、大量ダメージの勝ち筋も存在する。進化があれば10点、なくても6点のダメージを出すことができるので、中盤で倒しきることができなくても、この数値を目安に削ることができればチャンスはある。

過去のレシピ

星神の伝説期の概要とレシピワンドリ期の概要とレシピ神々の騒嵐期の概要とレシピ

概要

使用率が低下してしまった

ロイヤルの主流はミッドレンジロイヤルとなっていて、このデッキはあまりみかけなかった。展開力が高いネクロマンサーや、除去手段が多いドラゴンが流行っていたのが衰退の原因か。

デッキレシピ

バハムート期の概要とレシピ

概要

アルベールが強力

レヴィオンセイバー・アルベールの登場で疾走フォロワーが増え、相手の体力を削るすべが増えた。以前より生成コストは増えたものの、相手の体力を減らしやすく、当時は展開の遅いデッキも多かったので、勝率は悪くなかった。

:h3;デッキレシピ
エボルヴ期の概要とレシピ

概要

アグロ向けの新カードで強化

死の舞踏師の教えなどアグロ向けの新カードが多数追加されたことで、スタンダード期から順当に強化された。スタンダード期から、生成コストの安さという利点を変わらず備えていたため、初心者の中には使用者も見受けられた。

他のデッキの影に隠れ使用者はほぼいなかった

エボルヴ期のロイヤルデッキは特にミッドレンジロイヤルの人気が高く、アグロタイプに絞っても御旗ロイヤルの方が圧倒的に使用者が多かった。そのため、アグロロイヤルの使用者はほとんどいなかったのが実情である。

デッキレシピ

スタンダード期の概要とレシピ

概要

安価で強い初心者に優しいデッキ

生成コストの低さと、ひたすら相手のフェイスを攻撃するというわかりやすい戦略から、多くの初心者が扱ったデッキ。ランクがある程度高くなると数が大きく減るものの、Cランク以下の比較的低めのランク帯では使用率が非常に高いデッキであった。

スタンダード期のアグロロイヤル(アグロロイヤル)

今ではほとんど見られないが、リリース初期では全体バフが行えるルミナスナイトが使われるタイプが見られた。また、守護対策にも使える疾風怒涛を使うプレイヤーもいた。

デッキレシピ

フォロワー重要度コスト枚数
クイックブレーダー★★★13枚
ヴァンガード★★★13枚
ゴブリン★★★13枚
オースレスナイト★★・23枚
不屈の兵士★・・23枚
歴戦のランサー★★・23枚
プリンセスヴァンガード★★・22枚
フェンサー★★・33枚
ノーヴィストルーパー★★・33枚
わがままプリンセス★★・33枚
ホワイトジェネラル★★・42枚
フローラルフェンサー★★★43枚
セージコマンダー★★・62枚
スペル重要度コスト枚数
武装強化★・・32枚
デモンストライク★・・42枚

シャドウバース攻略wikiの他の記事

アンリミテッドのデッキ

ローテションのデッキレシピ

カード評価一覧

全カード評価

クラス別カード一覧

リセマラ情報

© Cygames, Inc.
※当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

この記事を読んだ人におすすめ
記事について指摘する

いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


みんなのおすすめカードは?

GameWithに登録して、
ゲーム仲間とつながろう!
はじめての方
新規登録 (無料)
会員の方
ログイン
コメントの続きを見る(12件)
攻略メニュー

速報/大会情報

リセマラ情報

新パック情報

カードの所持率をチェック

デッキ紹介

ローテーション

アンリミテッド

クラス別

カード評価一覧

全カード

クラス別

アリーナ情報

2Pickまとめ

2Pickカード評価

初心者情報

初心者まとめ

デッキ編成のコツ

アップデート/修正情報

その他

ゲームを探す
レビュー訴求
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中