シャドバ
シャドウバース攻略wiki
分解をする人におすすめなカード一覧
シャドバ攻略記事

分解をする人におすすめなカード一覧

最終更新 : シェア
シャドバ攻略からのお知らせ
みんながどんなデッキを使っているか、SNSで見てみよう!

シャドウバースでカード分解をするのにおすすめのカードをまとめています。どのカードを分解するか迷った時の参考にして下さい。

目次

生成におすすめのカードはこちら

分解について

分解とは?

分解とは、所持しているカードを分解してレッドエーテルに変えること。そのレッドエーテルを使って、別のカードを生成することができる。

余剰カード以外の分解はおすすめしない

余剰カード分解以外は非推奨

どんなカードでも何かしらの使い道はあるため、「余剰カード分解」以外での分解は基本的におすすめしない。分解するのは、絶対に使わないクラスのカードに留めておこう。

環境が変わることで化けるカードも

現在は使えないカードでも、追加パックが実装され環境が変わることで必須級になる可能性を秘めている。そういった意味でも、今後を見据えてプレイするなら過度な分解はしないほうが良い

大会では他クラスを使う可能性がある

大会に参加する場合、3クラスや5クラスを扱う可能性も出てくる。どのクラスを求められても対応できる様に、少しでも多くカードを残しておきたい。

プレミアムなら分解するとお得

絵の動くカード(プレミアムカード)は、分解時のレッドエーテルが通常カードに比べて多い。性能が通常のカードと変わる訳ではないため、コレクションを気にしないのであればプレミアムカードを分解した方がお得だ。

分解で入手できるレッドエーテル

レアリティ通常プレミアム
ブロンズ1030
シルバー50120
ゴールド250600
レジェンド10002500
スポンサーリンク

レジェンドの分解おすすめカード

カード名分解してもいい理由
フェアリープリンセス【クラス:エルフ
フェアリーを多く手札に加えられるが、上限枚数まで加わるため他にカードをプレイしないと次のドローが潰れてしまうのが使いにくい。テンポを重視するエルフデッキであまり採用されないのが辛い。
アークサモナー・エラスムス【クラス:ウィッチ
コストが重い上、盤面を取る能力でそれ自体フィニッシャーとしての役割はそれほど期待できない。エラスムスの秘儀というより使いやすいカードの追加でさらに採用率が下がっている。
ミスリルゴーレム【クラス:ウィッチ
スペルブーストをするのであれば、次元の超越ドロシーを対象とした方がよほどアドバンテージが取れる。総じて採用率がとても低い。
言霊遣い・ジンジャー【クラス:ウィッチ
強力な盤面を作ることができるという点ではトップクラスだが、手札の消費の多さと、コストの重さがネック。特に、9コストなので次のターンにはバハムートが出てくる可能性もあると考えるとかなり使いづらい。
竜呼びの笛【クラス:ドラゴン
覚醒時にしか発動しない上に、効果が発動したところで勝利に直結しない。アミュレットという使いづらさもあり、使われることはほとんどない。
プルート【クラス:ネクロマンサー
8コストであればネフティスなどを出したほうが基本的に強力。また、条件に制限があるものの、使い分けできる冥府神との契約が登場したため、特別優先する意味もあまりない。
ビーストドミネーター【クラス:ヴァンパイア
高いステータスは嬉しいが、復讐状態でなければ自傷ダメージを伴うのがネック。逆に、復讐状態であれば回復や守護など、身を守るカードを使いたいため、出しどころがあまりない。
スカルフェイン【クラス:ビショップ
アミュレットを破壊する効果を持つが、コストの重さとステータスの低さがネック。より軽いコストで似た効果を持つ狂信の偶像の出現もあり、使用されることはほとんどない。
ジャンヌダルク【クラス:ビショップ
8コスト時に2点ダメージでは相手フォロワーを処理できるか怪しい上、味方の強化も複数体に付与できなければあまり強力とはいえない。活躍の場面がかなり限られてしまうためほとんど使われない。
スポンサーリンク

ゴールドの分解おすすめカード

カード名分解してもいい理由
忌むべき悪魔の像【クラス:ニュートラル
効果が発動できれば2コスト4/5守護と強力だが、場に進化後フォロワーが2体という条件はかなり厳しい。効果が発動できないと2/0/3と貧弱で、かなり不安定なのが気になる。
ペタルフェンサー【クラス:エルフ
フェアリーを変身させ強化できるが、自身は4コスト2/2と貧弱で制圧力は低い。全体除去に滅法弱い点もマイナス。
宝石のエルフ【クラス:エルフ
突進付与という能力がなかなか活かしづらい。ステータスがやや低めなこともあいまって、ほとんど使用されないカード。
ノーブルフェアリー【クラス:エルフ
2枚以上プレイしていれば敵全体の体力を1にできるが、直接的な除去にはならない。攻撃力は下げられず、除去に繋げるにはスペルやフォロワーの攻撃を噛ませないといけないのは気になる。
フェアリーケージ【クラス:エルフ
フェアリーを獲得できるのは純粋に嬉しいが、出したターンのテンポロスが痛い。また、アミュレットなのでプレイ回数が重要となるエルフでは、場が一つ埋まってしまうと動きづらくなるという一面もある。
騎士王の威光【クラス:ロイヤル
5ターン目にフォロワーをプレイできなくなるのが最大のデメリット。
疾走を付与する対象が1コストのカードのみなのも使いにくさに拍車をかける。
ドラゴンメイジ【クラス:ウィッチ
ステータスが4/2と低く、出てもすぐに除去されてしまうことがほとんど。このコストなら他にも優秀なフィニッシャーが多くいるので、採用率が低い。
神秘の獲得【クラス:ウィッチ
大量ドローを見込むことができるが、コストが6と重いのが難点。同時にプレイできるカードが限られ、動きが制限されてしまう。場合によってはスペルブーストのしすぎで残りデッキ枚数以上まで引くはめになることもある。
プリンセスマナリア・アン【クラス:ウィッチ
単純にパッとしない能力。8コストというとフィニッシャークラスのフォロワーを展開したいところであり、このカードの出る幕はほぼない。
マナリアドラコ・グレア【クラス:ドラゴン
単純にパッとしない能力。8コストというとフィニッシャークラスのフォロワーを展開したいところであり、このカードの出る幕はほぼない。
愛の福音【クラス:ビショップ
ただ使ったのでは1枚分のディスアドバンテージとなってしまう。フォロワーの回復を行い、有利トレードに繋げられると良いが、うまく活かせる状況は少ない。デッキに入れる優先度が低いカードである。
詠唱:天喰らう聖竜【クラス:ビショップ
全体1点火力をバラまきながら6/6を出せるのは強力なのだが、カウントダウンがかなり長いのがマイナス。中盤以降は起動の遅さがネックになる場面も多い。
祈りの集約【クラス:ビショップ
6コストとコストが重めな上、出せるカードもカウントダウンを持つアミュレットなので始動が遅い。6PPを使える状況なら、他のカードを使ったほうがいい事の方が多い。
スポンサーリンク

シルバーの分解おすすめカード

カード名分解してもいい理由
タムリン【クラス:エルフ
書いてあることは悪くないが、他のカードを使っていないと効果的ではないため、実質的なコストが上がってしまう。無用な事故の元となることが多い。
勇猛なるドワーフ【クラス:エルフ
エルフはカードを組み合わせたコンボ効果で戦っていくことが多いため、コストが重いこのカードは使いづらい。また、効果が発動するのは交戦時となるのでEPを使わないと即座に発揮できないのもネック。
エルフの弓術【クラス:エルフ
3コストでプレイした枚数分ランダム火力を出せる。しかし似た効果を持ち1枚で火力を出せる森の意志や、そのままでも使いやすい低コスト火力のエレメンタルランスなど競合カードが多く、立ち位置が厳しい。
アサシン【クラス:ロイヤル
指揮官に潜伏を付けるが、2ターン目に普通に出しても仕事ができない。序盤の展開が大事なロイヤルでは他のカードが優先されることがほとんど。
パーシヴァル【クラス:ロイヤル
コストに対してステータスが低く、ダメージ量が兵士フォロワーの数に左右されるのも安定しない。最大でも4ダメージと、効果が大きいわけでもなく採用率は低い。
鉄壁の城塞【クラス:ロイヤル
場に残り続けるというアミュレットの性質が、フォロワーを並べていくロイヤルの戦法と噛み合わない。効果で出るフォロワーも1/2と力不足で、大きな活躍はむずかしい。
クイーン・メイヴ【クラス:ウィッチ
ステータスは良いものの、場から離れるまでフォロワーをプレイできないデメリットが大きい。デッキ構築の段階から選択肢を狭める必要はない。
ウィッチクラフト・マギサ【クラス:ウィッチ
コストが6と重い上、出したターンに効果を発動するにはよりコストが必要となる。扱いにくさが目立つ上、効果で出るクレイゴーレムも効果なし2/2とやや力不足。
連続実験【クラス:ウィッチ
スペルブースト数+1体の2/2を並べられるが、自身が7コストとかなり重いのがネック。引いてきてすぐに使いにくいのもマイナス。
ライトニングベヒモス【クラス:ドラゴン
ダメージを受けるデメリットの方が極端に大きい。
その割に5/6/6のステータスなので、デッキに入れることは滅多にない。
ドラゴンライダーデビル【クラス:ドラゴン
問答無用でアミュレットを破壊してしまうため、相手がビショップだと出しにくい。また、相手がアミュレットを入れていない場合も腐ってしまう。
死者の帰還【クラス:ネクロマンサー
自分の破壊されたコスト最大のフォロワーを手札に戻すスペル。フォロワーの再利用が可能だが、2コスト余計に払って再利用を狙うより、普通に別のフォロワーを出したほうが役に立つ場面が多い。
ゴエティアメイジ【クラス:ネクロマンサー
ネクロマンス4でアミュレットを破壊する。ドラゴンライダーデビルよりも調整は利きやすいが、それでも墓場が4以上あるとき出しづらい場面がある。
冒涜の墓場【クラス:ネクロマンサー
墓場の消費量と場を埋めてしまう点がネック。墓場はより強力な効果を持ったカードに使いたい他、場を一つ埋めてしまうのでラストワードででるはずだったスケルトンなどを消してしまう可能性がある。
ゲリュオン【クラス:ヴァンパイア
復讐でアミュレットを破壊。上記2つのカードと同じく、現状では採用し辛い。
ジャガーノート【クラス:ヴァンパイア
ステータスの高さは嬉しいが、自傷デメリット以外の効果が無く、7PPなら他のカードを優先することが多い。現状ではやや厳しいカード。
レディアントシャーマン【クラス:ビショップ
回復効果は悪くないが、進化時にしか効果が発動しないのが難点。EPを他のフォロワーに使いたいことも多く、率先しての採用は避けたいカードだ。
神託の貴族【クラス:ビショップ
相手を攻撃できないので、決め手に欠ける場面が多い。コスト6で6/6のステータスでは割にあわないデメリット。

ブロンズの分解おすすめカード

余剰カードのみで大丈夫

ブロンズカードは分解しても、1枚でレッドエーテルを10しかもらえない。1つ1つ分解すると手間がとてもかかるので、基本的には余剰カードのみの分解で大丈夫。

分解の際は評価点を確認

ブロンズは数が非常に多く、分解しても良いカードも多い。どのカードを分解するかは、各カードの評価点を確認してからにしよう。

各カードの評価点はこちら

シャドウバース攻略wikiの他の記事

初心者がやることまとめ

初心者攻略まとめ

デッキ編成のコツ

テクニックまとめ

報酬まとめ

ルール/用語について解説

カード評価一覧

全カード評価

デッキレシピ

リセマラ情報

この記事を読んだ人におすすめ

© Cygames, Inc.
※当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

  • シェア
ご意見・ご指摘

ゲームバランスやデータ引き継ぎなど、ゲームそのものへのご指摘は受付けておりません。

この記事について指摘する

ここで書いた内容は記事には表示されません。


攻略メニュー

お知らせ

攻略情報

大会情報

リセマラ

カードの所持率をチェック

新パック情報

デッキ紹介/シミュレーター

クラス別

カード評価一覧

全カード

レア度別

クラス別

効果別

アリーナ情報

2Pickまとめ

2Pickカード評価

2Pick5勝デッキ

初心者情報

初心者まとめ

デッキ編成のコツ

テクニックまとめ

ルール/用語について

アップデート/修正情報

その他

ゲームを探す
 ソフトまとめ PS4PSVRスイッチ
攻略取り扱いゲーム
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中