シャドバ
シャドウバース攻略
クラス別要注意カード一覧
【シャドバ】クラス別要注意カード一覧【シャドウバース】

【シャドバ】クラス別要注意カード一覧【シャドウバース】

最終更新 :
シャドバ攻略からのお知らせ
新カードパック「次元歪曲」のカード一覧はこちら!
おすすめの関連記事

シャドウバースの要注意カード一覧です。各クラスごとの警戒すべきカードを載せているので、参考にして下さい。

要注意カードとは

体力を大きく削られるカード

大ダメージを与えてくるカードは、それだけで勝負を決してしまうパワーを持っている。特に疾走持ちや直接ダメージを与えてくるカードは、意識して防がないと負けに繋がってしまうカードだ。負け筋を減らすためにも注意すべきカードを覚えよう。

アドバンテージを取られやすいカード

容易に1:2以上の交換をしてくるカードも要注意カードとなる。盤面や、手札の枚数で差がついてしまうと、苦しい試合展開を余儀なくされるからだ。警戒を怠らず、なるべくアドバンテージを与えないように立ち回る工夫が必要になる。

フォーマットの違いに注意

構築戦では、主に最新の5パックのカードを使用して戦うローテーションルールと、今までのほぼ全てのカードが使用できるアンリミテッドルールが存在する。ルールが変われば当然、警戒すべきカードも変わってくるので、注意しよう。

フォーマットについての詳しい解説はこちら

ローテーションの要注意カード

目次

▼アンリミテッドの要注意カードはこちら

エルフ

要注意カード詳細
エルフの鍛冶師・レーネ【注意ポイント】
相手が1コストカードを複数抱えていて、EPを使用できる場合に注意。
【対策】
突進を付与するフォロワー次第は、大型フォロワーも除去されてしまうので、効果に対する対策は難しい。フォロワーを多く展開して、盤面で押されないようにしよう。
妖精の調べ【注意ポイント】
相手がフェアリーを手札に加えている場合や、フォロワーを展開している場合に注意。
【対策】
フォロワーを一気に強化されてしまわないように、盤面の除去を優先的に行おう。相手がフェアリーを手札に加えて温存している場合は、特に注意して除去を行いたい。
カシオペア【注意ポイント】
相手の手札枚数が多い場合は注意。
【対策】
相手手札の枚数を数えて、自分のフォロワーの体力の合計値の方が大きくなるようにしよう。

ロイヤル

要注意カード詳細
空の指揮官・セリア【注意ポイント】
相手の場にフォロワーが並んでいる場合に注意。絶望の使者・セリアによって、大ダメージを与えられる可能性がある。
【対策】
自身の体力を見つつ、打点を意識しておきたい。守護を置くのが1番の対策となる。
魔導狙撃士・ワルツ【注意ポイント】
4PP以上で要注意。
【対策】
必殺の魔弾は、場に残したいフォロワーの体力を4以上に保つことで対策できる。浄化の聖弾はフォロワーを複数展開し、戦力を分散してプレイさせないようにしよう。
簒奪の使徒【注意ポイント】
6PP以降は要警戒。相手が財宝カードを持っていたら警戒を強めよう。
【対策】
体力2以下のフォロワーは容易に除去されてしまうため、体力値が高いフォロワーを複数展開しておこう。
ドラゴンナイツ【注意ポイント】
5PP以降要警戒。疾走フォロワーが場に出る可能性がある。
【対策】
疾走を持つランスロットは守護を場に出すことで対策できる。アグロロイヤル対面では特に注意しておこう。
真紅の穿光・ゼタ【注意ポイント】
6PP以降に注意。
【対策】
フォロワーを多く展開して、ゼタをプレイしづらい盤面を作ることで対策しよう。体力が7以上のフォロワーを設置するのも有効だ。
騎士王・アーサー【注意ポイント】
試合中盤以降は要警戒。
【対策】
全体除去カードをプレイして、盤面の除去を行おう。また、アーサーの前のターンに相手が展開したフォロワーを除去しすぎず、余力を残しておくのも良いだろう。
高潔なる騎士・レイサム【注意ポイント】
8PP以降、相手の場にフォロワーが複数体展開されている場合。もしくは、自分の盤面が弱い場合に注意。
【対策】
大型フォロワーを複数並べるなどして、レイサムを出しづらい盤面を作ることで対策可能。また相手の盤面を除去して、レイサムの効果の即時起動を防ごう。

ウィッチ

要注意カード詳細
殺戮の魔女・ヴェスパー【注意ポイント】
4PP以降、相手の場に土の印が場にある場合は注意。
【対策】
土の印がある場合、フォロワーに3ダメージを与えられるため、体力4以上のフォロワーを展開して対策しよう。
開闢の錬金術師・カリオストロ【注意ポイント】
4PP以降で警戒。EPが切れていたとしても、8PP以降は注意しよう。
【対策】
進化時に加えるスペルと合わせて2面処理を行われないように、体力4以上のフォロワーを複数体展開しておこう。
ノヴァフレア【注意ポイント】
4PP以降で要警戒。
【対策】
体力3以上のフォロワーを展開するようにして、盤面を一掃されないようにする。
ストームレイジ【注意ポイント】
5PP以上で警戒。対戦相手が魔術の始祖・マナリアをプレイしていた場合は、警戒を強めよう。
【対策】
全体ダメージ効果を持つスペル。全体へのダメージ量は少なめなので、体力値の高いフォロワーを展開することで対策できる。
魔術の始祖・マナリア【注意ポイント】
相手がマナリアカードを複数枚プレイしていた場合は注意。
【対策】
プレイされてからの対策は難しい。相手が魔術の始祖・マナリアをプレイできないように、複数体のフォロワーを展開しておこう。
マナリアの魔導姫・アン【注意ポイント】
相手がマナリアカードを複数枚プレイしていた場合は注意。
【対策】
チョイスでアンの大魔法を選択していた場合、OTKを決められる可能性がある。ダメージ軽減カードや無効カードを用いて、削りきられないようにしよう。
ギガントキマイラ【注意ポイント】
スペルブーストを多く行っていた場合は、9PP以降に注意。
【対策】
盤面に体力値の高いフォロワーを複数展開しておくか、出される前に決着をつけよう。

ドラゴン

要注意カード詳細
銀氷のドラゴニュート・フィルレイン【注意ポイント】
自分が大型フォロワーを展開した際に注意。
【対策】
除去されたくないフォロワーが、ダメージを受けないように立ち回ることで、ある程度の対策は可能。
ドラゴニュートの威圧【注意ポイント】
3PP以降は要警戒。
【対策】
3PPでは体力1のフォロワーを並べすぎない、5PP以降は体力2以下のフォロワーを並べすぎないように意識したい。
原初の竜使い【注意ポイント】
相手がドラゴスネークなどをプレイした場合は、7PP以降で警戒。
【対策】
大型フォロワーを複数展開するなどして、相手が原初の竜使いをプレイしづらい盤面を作る。
侮蔑の絶傑・ガルミーユ【注意ポイント】
5PP以降で要警戒。
【対策】
攻撃力が高めのフォロワーをプレイし、効果を発動しづらい盤面をつくることで、ある程度対策できる。
狂えるドレイク【注意ポイント】
相手が大いなる調停者・ゾーイなどをプレイした場合は、9PP以降で警戒。
【対策】
フォロワーを出しすぎずに、手札に余力を残しておく。もしくはダメージ無効効果を持つフォロワーを場に出すことで、対策を行おう。
アジ・ダハーカ【注意ポイント】
7PP以降で警戒。コストは10だが、コスト軽減効果を持つため早い段階から警戒しよう。
【対策】
守護フォロワーを出して、リーダーを攻撃されないように対策しよう。大型フォロワーをプレイして除去対象を作り、リーダーを攻撃しづらくするのも悪くない。
大いなる調停者・ゾーイ【注意ポイント】
10PP以降で要警戒。
【対策】
10PPになる前に守護を置くことで、ゾーイを止めることができる。またゾーイプレイ後にリーダーを回復して、相手のフィニッシュを遅らせる動きも良いだろう。

ネクロマンサー

要注意カード詳細
グレモリー【注意ポイント】
中盤以降、相手の場にフォロワーが並んでいる場合は要警戒。
【対策】
盤面にフォロワーを残すと、大幅に強化されてしまう。そのため、常にフォロワーを一掃して対策を行おう。
幽想の少女・フェリ【注意ポイント】
10PP以降、相手の手札が3枚以上ある場合は警戒。
【対策】
リーダーの体力に余裕があるならば、フォロワーを3体以上残してフェリの葬送を行わせないようにすることで対策できる。
ビッグソウルハンター【注意ポイント】
墓場が6以上の場合は要警戒。
【対策】
フォロワーの攻撃力が5以上になる場合は、なるべく進化をきらないことで対策できる。
冥界の闘犬・オルトロス【注意ポイント】
4PP以降、墓場が3以上の場合は注意。
【対策】
除去されたくないフォロワーは、体力5以上を保っておくことで対策可能。
冥界の番犬・ケルベロス【注意ポイント】
5PP以降は要警戒。
【対策】
ケルベロスでは除去できない体力6以上のフォロワーを場に展開して、プレイしづらい盤面を作ろう。
幽霊支配人・アーカス【注意ポイント】
相手が7PP以上の場合は要注意。
【対策】
一度場に出されると、ゴーストに押し切られてしまうこともある。そのため、相手にアーカスを置かせない強力な盤面を作って対策しよう。

ヴァンパイア

要注意カード詳細
姦淫の絶傑・ヴァーナレク【注意ポイント】
自傷回数が7回以上で要警戒。
【対策】
相手の自傷を防ぐことはできない。そのため、ヴァーナレク1体で除去されないように、大型フォロワーを複数体展開するなどして対策しよう。
フラウロス【注意ポイント】
3PP以降で注意。
【対策】
直接召喚で場に出た時に備えて、漆黒の法典などの3点除去スペルを手札に温存しておきたい。
邪眼の悪魔【注意ポイント】
5PP以降、相手が複数回自傷していた場合は要注意。
【対策】
相手の自傷回数を数えておき、ダメージ量よりも高い体力のフォロワーを場に出しておこう。
闇喰らいの蝙蝠【注意ポイント】
相手が自傷を多く行っていたなら、8PP以降で要警戒。
【対策】
自傷回数次第では回復カードをプレイしたり、虚数物体などのダメージを軽減するカードを用いて対策しよう。

ビショップ

要注意カード詳細
愚神礼賛【注意ポイント】
アミュレットが割れるターンに要警戒。
【対策】
アミュレットが割れるターンは場にフォロワーを置かない。または複数のフォロワーを展開して、場に残したいフォロワー以外が破壊されるようにすることで対策しよう。
希望導く聖乙女・ジャンヌ【注意ポイント】
7PP以上で要警戒。
【対策】
体力4以上のフォロワーを複数体場に出しておき、ジャンヌをプレイされても場にフォロワーが残るようにする。
ケリュネイア【注意ポイント】
場にアミュレットが2枚以上並んでいる場合は注意。
【対策】
相手の盤面に天狐の社があれば、明転の牝鹿・ケリュネイアが盤面に出るだろう、などと予測しよう。その予測に応じて盤面を形成することで、ある程度の対策はできる。
天狐の社【注意ポイント】
相手が回復効果を持つカードを複数枚プレイしていた場合は、5PP以降で要警戒。
【対策】
効果によるダメージを0にできるカードを場に出すことで、対策できる。フォロワーの体力が2以下にならないように、気をつけて立ち回るのも有効だ。
ヘヴンリーナイト【注意ポイント】
相手が頂きの教会をプレイした場合は要警戒。
【対策】
疾走で削りきられないように体力を維持しておこう。また守護フォロワーをだすことで、動きを止めることが可能だ。
テミスの粛清【注意ポイント】
8PP以降で要警戒。
【対策】
盤面にフォロワーを並べすぎないことが対策となる。除去されても良いフォロワーを展開して、このカードを誘うのも悪くない。

ネメシス

要注意カード詳細
リトルパペッター・ロココ【注意ポイント】
相手が操り人形を加えるカードを多くプレイしていた場合は、5PP以降に警戒。
【対策】
完璧に対策するのは難しい。囮となるフォロワーを出してこのカードを誘うなどのプレイングが必要となる。
すり替わり【注意ポイント】
3ターン目以降常に警戒。
【対策】
対策は難しいため、囮となる体力3以下のフォロワーを出して、このカードを誘おう。
破壊の歌声【注意ポイント】
相手の場にいるフォロワーや、破壊できないアミュレットのコスト次第では警戒。
【対策】
マグナスリーフマンなどのダメージを無効化できるカードが手札にあるなら、プレイすることで対策が可能。また、体力値の高いフォロワーを出すのも有効な場合がある。
破壊の絶傑・リーシェナ【注意ポイント】
相手のEPが切れるまで警戒。
【対策】
フォロワーを複数展開して、リーシェナをプレイさせないようにする。もしくは、黒き破壊のアーティファクトへの対策として浄化の聖弾などを用意しておく。
人形の少女・オーキス【注意ポイント】
相手の手札の操り人形の数が2枚以上かつ、8PP以降で要警戒。
【対策】
復讐の人形はフォロワーを展開するので、全体除去カードを用意しよう。決意の人形はフィニッシュを阻害してくるので、打点を与えられるカードを多めに温存しておこう。

ニュートラル

要注意カード詳細
熾天使の剣【注意ポイント】
2PP以降で要警戒。
【対策】
状況にもよるが、2コストフォロワーへEPを使用しないようにすることである程度の対策が可能。ウィッチ対面では特に気をつけたい。
飢餓の絶傑・ギルネリーゼ【注意ポイント】
7PP以降、相手の場にフォロワーが複数並んでいるなら要警戒。
【対策】
相手の場をしっかり除去することで、攻撃力を強化をさせずにすむ。またランダム除去カードがあれば、潜伏しているギルネリーゼ自体の除去も可能だ。

アンリミテッドの要注意カード

目次

▲ローテーションの要注意カードはこちら

エルフ

要注意カード詳細
リノセウス【注意ポイント】
導きの妖精姫・アリアなどの効果で、0コストカードが手札に加わっている場合は要注意。
【対策】
守護フォロワーを出してリーダーを守ろう。他のカードで除去されることを考えて、2体以上守護を出せるとベスト。
ジャングルの守護者【注意ポイント】
10PPかつ、自身の体力が8(10)以下の場合。
【対策】
エンハンス10と重めなので、比較的ターンに余裕がある。ジャングルの守護者に合わせて、守護、回復等を駆使して上手く耐え凌ごう。
森の意志【注意ポイント】
相手の手札枚数が多い場合は、5PP以降で警戒。
【対策】
相手手札の枚数を計算して、自分のフォロワーの体力の合計値の方が大きくなるようにしよう。

ロイヤル

要注意カード詳細
空の指揮官・セリア【注意ポイント】
5PP以降、相手の場にフォロワーが複数体並んでいる場合は要警戒。
【対策】
自身の体力を見つつ、疾走による打点を意識する。大ダメージを受ける可能性があるなら、守護を置きたい。
円卓会議【注意ポイント】
相手がアグロロイヤルの場合、5PP以降で要警戒。
【対策】
守護フォロワーをプレイして、相手の動きを止めよう。またリーダーの体力を高く保ち、円卓会議をプレイされても問題ないようにするのも1つの手だ。
ドラゴンナイツ【注意ポイント】
5PP以降要警戒。アグロロイヤルの場合は特に注意が必要。
【対策】
完璧な対策は難しいが、疾走を持つランスロットは、守護を場に出すことで対策できる。アグロロイヤルへの対策はそれで問題ないだろう。
簒奪の使徒【注意ポイント】
6PP以降に注意。相手が財宝カードを持っていたら警戒を強めよう。
【対策】
体力2以下のフォロワーは容易に除去されてしまうため、体力値が高いフォロワーを複数展開しておこう。
レヴィオンセイバー・アルベール【注意ポイント】
5PP以上で注意。9PP以上の時は要警戒。
【対策】
フィニッシュ圏内に入らないように、なるべくフォロワーを除去し、ダメージを抑えておく。また、事前に守護を出しておきたい。
騎士王・アーサー【注意ポイント】
試合中盤以降は要警戒。
【対策】
全体除去カードをプレイして、盤面の除去を行おう。また、アーサーの前のターンに相手が展開したフォロワーを除去しすぎず、余力を残しておくのも良いだろう。

ウィッチ

要注意カード詳細
開闢の錬金術師・カリオストロ【注意ポイント】
4PP以降で警戒。EPが切れた後も、8PP以降は警戒しよう。秘術ウィッチの場合は警戒を強めたい。
【対策】
進化時に加えるスペルと合わせて2面処理を行われないように、体力4以上のフォロワーを複数体展開しておきたい。
刃の魔術師【注意ポイント】
相手がドロシーウィッチの場合は要警戒。
【対策】
リーダーの体力を高めに保っておこう。または守護をあらかじめ立てておくことで対策できる。
偉大なる魔術師・レヴィ【注意ポイント】
相手が場に土の印を出している場合は、6PP以降に注意。
【対策】
体力3以下のフォロワーは無理に並べないようにしよう。また、体力4以上のフォロワーをプレイして、全滅を防げると良い。
ギガントキマイラ【注意ポイント】
スペル軸かつ、フォロワーをあまり出さない場合は要警戒。
【対策】
体力値の高いフォロワーを横に展開して、できるだけリーダーへダメージを通さないようにしよう。

ドラゴン

要注意カード詳細
銀氷のドラゴニュート・フィルレイン【注意ポイント】
自分が大型フォロワーを場に出した場合は注意。
【対策】
スペルなどを用いて、フォロワーがダメージを受けないように立ち回ることで、ある程度の対策は可能。EPが切れた後であれば、このケアはかなり有効である。
サラマンダーブレス【注意ポイント】
6PP以上で要警戒。
【対策】
体力2以下のフォロワーを並べすぎない。また、全体除去に備えて手札に余力を残しておく。
ドラゴニュートの威圧【注意ポイント】
相手がフェイスドラゴンの場合は、3PP、5PP以上で要警戒。
【対策】
3PP時には体力1のフォロワーを並べすぎない。5PP時には体力2以下のフォロワーを並べすぎないように意識しよう。
ヒッポグリフの乗り手【注意ポイント】
相手が小型フォロワーを多く展開した場合は、5PP以上で警戒したい。
【対策】
守護フォロワーを並べておくのが1番の対策となる。事前に相手の場のフォロワーを除去しておき、ヒッポグリフの打点が上がるのを防いでも良い。
ダークドラグーン・フォルテ【注意ポイント】
相手が6PP以上の時は可能性あり、7PP以上で要警戒。
【対策】
守護フォロワーを出して身を守ろう。また、事前に除去カードを手札に温存しておけると良い。
不死鳥の乗り手・アイナ【注意ポイント】
お互いの場に、フォロワーが複数体並んでいる場合は警戒。
【対策】
守護などで守るのがベター。自身の体力が不安なのであれば、相手の盤面を事前に除去しておくのも一つの手だ。
ジェネシスドラゴン【注意ポイント】
10PP以降、もしくは鳳凰の庭園プレイ後に要注意。
【対策】
守護を置くことで対策できる。ただし、鳳凰の庭園プレイ後の場合はジェネシスドラゴン+確定除去カードなどの動きも行える様になるので、対策が難しくなる。
大いなる調停者・ゾーイ【注意ポイント】
10PP以降、もしくは鳳凰の庭園プレイ後に要注意。
【対策】
10PPになる前に守護を置くことで、ゾーイを止めることができる。鳳凰の庭園プレイ後は、ジェネシスドラゴンと同様に対策が難しくなる。

ネクロマンサー

要注意カード詳細
グレモリー【注意ポイント】
中盤以降、相手の場にフォロワーが並んでいる場合は警戒。制限カードのため、1枚場に出た後は警戒しなくて良い。
【対策】
盤面にフォロワーを残すと大幅に強化されてしまう。そのため、常にフォロワーを一掃して対策しよう。
よろめく不死者【注意ポイント】
3PP以降に要警戒。ソウルコンバージョンと組み合わせて、プレイされる可能性がある。
【対策】
手札から自壊するカードと同時に出された場合は、対策することが難しい。小型フォロワーなどを並べ、大型フォロワーを破壊されにくくしよう。
ファントムハウル【注意ポイント】
4PP以降で警戒。相手がケルベロスをプレイした場合は要警戒。
【対策】
体力を高めに保ち、守護フォロワーを複数体並べておくことで、疾走フォロワーに押し切られにくくなる。
冥界の番犬・ケルベロス【注意ポイント】
5PP以降で警戒。
【対策】
ケルベロスでは除去できない体力6以上のフォロワーを場に展開し、プレイしづらい盤面を作ろう。
デスタイラント【注意ポイント】
相手の墓場が20以上の時に要警戒。
【対策】
相手の墓場の数を意識しつつ、リーダーの体力を高めに保っておきたい。また、リーダーへのダメージを避けるために守護を場に出すのも効果的だ。
死の祝福【注意ポイント】
墓場が6以上の場合は注意。
【対策】
進化や複数のカードを使わないと対処しにくい。全体除去系のカードが手札にあるなら使おう。
魔将軍・ヘクター【注意ポイント】
相手が7PP以上で警戒。墓場が多くある場合は警戒を強めたい。
【対策】
全体除去カードを手札に残しておく。場にフォロワーを残さないように、細かい処理を心がける。
骸の王【注意ポイント】
相手の場に4枚のカードがならぶ際には要警戒。3ターン目に場に出ることが多い。
【対策】
0コストで出されないためにも、相手の場のフォロワーを出来る限り処理しよう。また必殺を持ったフォロワーなど、処理手段を用意しておくのも良い。

ヴァンパイア

要注意カード詳細
ブラッドウルフ【注意ポイント】
2PP以降は注意。試合中盤以降は要注意。
【対策】
守護を置いて、相手がこちらの体力を削れないようにしよう。フィニッシュ時にプレイされることが多いので、自分の体力が心もとなくなってきたら警戒を強めよう。
姦淫の絶傑・ヴァーナレク【注意ポイント】
自傷回数が7回以上の場合は要警戒。
【対策】
相手の自傷を防ぐことはできない。そのため、ヴァーナレク1体で除去されないように、大型フォロワーを複数展開するなどして対策しよう。
ダークジェネラル【注意ポイント】
相手が復讐状態で4PP以上の時は要警戒。
【対策】
復讐状態にさせないのが一番だが、自ら復讐状態になることもある。事前に守護を出しておこう。
邪眼の悪魔【注意ポイント】
自EPが残っている場合は警戒しよう。
【対策】
対策するのは難しい。もしフォロワーへのダメージを無効化するカードを採用しているのであれば、5PP以降場に出すようにしたい。
闇喰らいの蝙蝠【注意ポイント】
相手が自傷を多く行っていた場合、8PP以降で要警戒。
【対策】
自傷回数次第では回復カードをプレイしたり、黒死の仮面などのダメージを無効化するカードを用いて対策しよう。

ビショップ

要注意カード詳細
ホーリーメイジ【注意ポイント】
相手が黄金都市を場に出した場合は注意しよう。
【対策】
潜伏を持つため、除去するのは難しい。ランダム除去カードを採用しているのであれば、早めに使用してホーリーメイジの強化を防ごう。
三月ウサギのお茶会【注意ポイント】
5PP以上で注意。相手が疾走ビショップなら要警戒。
【対策】
対策するのは難しい。体力4以上のフォロワーを盤面に複数体出しておくことで、盤面の除去を免れることは可能だ。
天狐の社【注意ポイント】
相手が回復効果を持つカードを複数プレイしていた場合は、5PP以降で要警戒。
【対策】
効果によるダメージを0にできるカードを場に出すことで、対策できる。フォロワーの体力が2以下にならないように、気をつけて立ち回るのも有効だ。
天空の守護者・ガルラ【注意ポイント】
相手が6PP以上の時、場にカウントダウンアミュレットがある場合は警戒。8PP以上では、疾走を出すアミュレットとの同時プレイも注意。
【対策】
アミュレットがなくても3点ダメージは出されるので、完全な対策は難しい。守護を場に出す、回復するなどでカバーしよう。
テミスの審判【注意ポイント】
相手が6PP以上の時は要警戒。
【対策】
全除去されても良いように、手札に余力を残しておこう。また、プレイされる前に相手リーダーの体力を削りに行くのも良い。

ネメシス

要注意カード詳細
リトルパペッター・ロココ【注意ポイント】
相手が操り人形軸のデッキの場合、5PP以降で要警戒。
【対策】
完璧に対策するのは難しい。囮となるフォロワーを出してこのカードを誘うなどのプレイングが必要となる。
すり替わり【注意ポイント】
3ターン目以降常に警戒。
【対策】
対策は難しいため、囮となる体力3以下のフォロワーを出して、このカードを誘おう。
破壊の歌声【注意ポイント】
相手の場にいるフォロワーや、破壊できないアミュレットのコスト次第では警戒。
【対策】
マグナスリーフマンなどのダメージを無効化できるカードが手札にあるなら、プレイすることで対策が可能。また、体力値の高いフォロワーを出すのも対策として有効。
破壊の絶傑・リーシェナ【注意ポイント】
相手のEPが切れるまで警戒。
【対策】
相手がフォロワーを複数展開して、リーシェナをプレイさせないようにする。もしくは、黒き破壊のアーティファクトへの対策として浄化の聖弾などを用意しておく。
人形の少女・オーキス【注意ポイント】
相手の手札の操り人形の数が2枚以上かつ、8PP以降で要警戒。
【対策】
復讐の人形はフォロワーを展開するので、全体除去カードを用意しよう。決意の人形はフィニッシュを阻害してくるので、打点を与えられるカードを多めに温存しておこう。

ニュートラル

要注意カード詳細
熾天使の剣【注意ポイント】
2PP以降で要警戒。
【対策】
状況にもよるが、2コストフォロワーへのEP使用を避けることである程度対策可能。OTKエルフなどと戦う際は特に気をつけよう。
死の舞踏【注意ポイント】
アグロデッキなどが相手の時、5PP以上で要警戒。
【対策】
1体除去+2打点を考慮してプレイングしよう。守護を複数立てたり回復をしておくことで、致死圏外を維持したい。
サハクィエル【注意ポイント】
遅めのデッキでは要警戒。
【対策】
完全な対策は難しい。可能であれば、除去しづらい大型フォロワーを複数展開しておくことで、ある程度の対策はできる。
イスラーフィール【注意ポイント】
遅めのデッキの場合、7PP以上で要警戒。サハクィエルの効果で場に出ることが多い。
【対策】
体力3以上のフォロワーを展開し、相手がイスラーフィールをプレイしづらい盤面を作りたい。
ゼウス【注意ポイント】
7PP以上で警戒。サハクィエルの効果で場に出ることが多い。
【対策】
プレイされる段階までに決着を付ける事が大事。また単体除去を温存しておくのも一つの手だ。
バハムート【注意ポイント】
10PP以上で要警戒。
【対策】
出される前になるべく相手リーダーの体力を削っておきたい。出されてしまったら、確定除去で処理しつつ、疾走などで追い詰めよう。

シャドウバース攻略の他の記事

初心者がやることまとめ

初心者攻略まとめ

デッキ編成のコツ

テクニックまとめ

報酬まとめ

ルール/用語について解説

アンリミテッドのデッキ

ローテーションのデッキレシピ

カード評価一覧

全カード評価

クラス別カード一覧

リセマラ情報

© Cygames, Inc.
※当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。
▶シャドウバース公式サイト

攻略記事ランキング
  1. 次元歪曲の新カード一覧
    次元歪曲の新カード一覧
    1
  2. ローテーション最強デッキランキング
    ローテーション最強デッキランキング
    2
  3. アンリミテッド最強デッキランキング
    アンリミテッド最強デッキランキング
    3
  4. 断罪者・シルヴィアの評価と採用デッキ
    断罪者・シルヴィアの評価と採用デッキ
    4
  5. マナリアウィッチのローテーション最新デッキレシピ
    マナリアウィッチのローテーション最新デッキレシピ
    5
もっとみる
記事について指摘する

いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


みんなのコメント

GameWithに登録して、
ゲーム仲間とつながろう!
はじめての方
新規登録 (無料)
会員の方
ログイン
コメントの続きを見る(6件)
攻略メニュー
速報/大会情報
プロリーグ情報
メタレポート情報
カード情報
全カード
新カード情報
デッキ紹介
ローテーション
アンリミテッド
アリーナ情報
グランプリまとめ
2Pickまとめ
2Pickカード評価
初心者情報
リセマラ情報
初心者まとめ
デッキ編成のコツ
アップデート/修正情報
その他
ゲームを探す
レビュー訴求
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中