シャドバ
シャドウバース攻略wiki
クラス別要注意カード一覧
シャドバ攻略記事

クラス別要注意カード一覧

最終更新 : シェア
シャドバ攻略からのお知らせ
【新サービス】シャドバのゲーム仲間が増やせるSNSが登場!

シャドウバースの要注意カード一覧です。各クラスごとの警戒すべきカードを載せているので、参考にして下さい。

目次

要注意カードとは

体力を大きく削られるカード

疾走持ちや直接ダメージを与えるカードは、対策しておかないと防ぐことが難しく要注意カードといえる。どのクラスにどんなダメージソースがあるか把握しておこう。

アドバンテージを取られやすいカード

容易に1:2以上の交換をしてくるカードも要注意カードとなる。例えば、全体除去カードを持つクラスと戦う時は、展開し過ぎないようにするなどの対策が必要になる。

エルフ

要注意カード詳細
ベビーエルフ・メイ【注意ポイント】
こちらのフォロワーの体力が少ない時は要警戒。プレイ→回収→プレイで火力を稼いでくることも。
【対策】
体力の高いフォロワーを出す。または破壊されても良いフォロワーを先に出し、誘うプレイングも有効。
リノセウス【注意ポイント】
相手が5PP以上の時は要警戒。攻撃→回収→再攻撃で大ダメージを出してくる。
【対策】
守護持ちを出して守ろう。他のカードで除去されることを考えて、2体以上守護を出せるとベスト。
ブレスフェアリーダンサー【注意ポイント】
相手のフォロワーが並んでいる時は要警戒。相手PPが5以上の時は再利用でさらに打点が上がる。
【対策】
できるだけフォロワーの数を減らしておく。体力の多い守護を出しておくのも有効。
エルフの少女・リザ【注意ポイント】
2PP以降ではいつでも出される可能性がある。味方全体をダメージ効果から守る。
【対策】
プレイされることは仕方ないと割り切る。再利用されると厄介なので、優先的に倒しておこう。
エンシェントエルフ【注意ポイント】
相手が3PP以上の時は要警戒。フォロワーを回収しつつ強化される守護。素出しでもアグロ対策に十分強い。
【対策】
他フォロワーと同時にプレイされた場合対処は難しい。再利用されたくないフォロワーは先に除去しよう。
クリスタリアプリンセス・ティア【注意ポイント】
7PP以上の時警戒、事前に0コストフェアリーが手札にある場合は5PPでも警戒。
【対策】
完璧に動きを対策するのは難しい。再利用は避けたいので、ティアが残っている場合はできるだけ除去しておこう。
エルフナイト・シンシア【注意ポイント】
相手が6PP以上の時は注意。全体強化で打点を底上げしてくる。
【対策】
攻撃を上げる効果は永続なので、優先して除去しておこう。場にフォロワーをできるだけ残さないようにするのも重要。
クリスタリア・エリン【注意ポイント】
相手が8PP以上の時は注意。エンハンス効果でEPを回復する。
【対策】
守護+進化で場のフォロワーを複数倒されてしまうことが多い。出されても処理できるように除去スペルなど余力を残しておこう。
古き森の白狼【注意ポイント】
相手が8PP以上の時は警戒。効果が発動すると、次のターンに強力なカードで大ダメージの可能性が高い。
【対策】
攻撃力の低い守護などを出しておき、ラストワードの発動を阻止しよう。
スポンサーリンク

ロイヤル

要注意カード詳細
冷酷なる暗殺者【注意ポイント】
3PP以上、特に指揮官が場にいる場合は要警戒。疾走+必殺で擬似的な除去として使われる。

【対策】
大型フォロワーを少数出すよりも、小型を並べることで被害を抑えられる。軽量守護で守るのも有効。
旅ガエル【注意ポイント】
3PP以上、特に兵士を強化するアミュレットを置かれている場合は出てくる可能性が高い。

【対策】
ランダムダメージの除去手段があれば強化される前に倒しておく、倒せなかった場合は、守護などで相手の攻撃を妨害しよう。
キャプテン・リーシャ【注意ポイント】
3PP以上、特に兵士が並んでいる場合は要警戒。場に出ている間、兵士に火力ダメージ耐性を付与する。

【対策】
リーシャを処理すれば、兵士の耐性はなくなるので優先して処理する。また、兵士を複数並べさせない。
フローラルフェンサー【注意ポイント】進化が使えるようになったら要警戒。進化で総ステータス7/8。計3体並ぶので次ターンの全体強化も強力。

【対策】
進化を使ってでも1体でも多く除去する。攻撃力の高いものから優先して倒そう。
円卓の騎士・ガウェイン【注意ポイント】
4PP以上で要警戒。コストダウンの効果で、強力な指揮官を本来より早くプレイされる可能性がある。
【対策】
何をコストダウンされたか分からないため、完全に対策するのは難しい。複数回攻撃させないように確実に処理しておこう。
ロイヤルセイバー・オーレリア【注意ポイント】
相手が5PP以上の時は要警戒。こちらのフォロワーの数だけ打点が上がり、3体以上いると対象指定不可に。
【対策】
高火力で倒す。対象を指定する効果に除去を頼っている場合、フォロワーを展開しすぎない方が良い。
蒼穹の提督・モニカ【注意ポイント】
相手が5PP以上、進化が使えたら要警戒。相手のフォロワーの数だけ除去火力が上がる。
【対策】
最低でも2点のダメージが飛んでくるので、完璧に対策することは難しい。場のフォロワーの数をできるだけ減らしておこう。
レヴィオンセイバー・アルベール【注意ポイント】
5PP以上で注意。9PP以上の時は要警戒。疾走で3点ダメージはもとより、エンハンス効果+進化で10点ダメージが飛んでくる。
【対策】守護を出して守る。致死圏内に入らないように、なるべくフォロワーを除去し、ダメージを抑えておく。
ルミナスメイジ【注意ポイント】
5PP以上で警戒。EPがなくとも、指揮官が進化できるので、相手の場に指揮官がいるときは特に注意。
【対策】
完全な対策は難しい。場の指揮官を進化されて、不意な打点をもらわないように常に頭に入れておこう。
旋風刃【注意ポイント】
相手が5PP以上の時は要警戒。相手フォロワーの攻撃力分の全体除去が飛んでくる。
【対策】
攻撃力の高いフォロワーを優先して倒す。また、全体除去に備えて余力を残しておく。
海底都市王・乙姫【注意ポイント】
相手が6PP以上の時は要警戒。このカードの後に全体強化を使ってくることが多い。
【対策】
次ターンの全体強化を見越して1体でも多く除去しよう。全体除去で一掃できるとベスト。
ツバキ【注意ポイント】
相手が6PP以上の時は要警戒。攻撃力5以上のフォロワーを破壊する上、潜伏を持つので除去耐性もある。
【対策】
進化などで攻撃力を上げる際は、攻撃5以上にならないようにする。攻撃を止めるには守護持ちが有効。
セージコマンダー【注意ポイント】
相手が6PP以上で場にフォロワーが並んでいる時は要警戒。打点だけでなく耐久力も上げてくる。
【対策】
場のフォロワーの数をできるだけ減らす。複数体除去が狙えるカードを積極的に使おう。
アルビダの号令【注意ポイント】
相手が6PP以上の時は要警戒。3/2の疾走と2/3の守護で攻守どちらにも対応可能。
【対策】
複数体除去を狙えるカードを使いたい。3点以上の全体除去で一掃できるとベスト。
不滅の英雄・ローラン【注意ポイント】
相手が7PP以上の時は要警戒。デュランダルにより、相手フォロワーに火力ダメージへの耐性が付与される。
【対策】
体力5以上のフォロワーを倒すのがかなり困難となるので、出される前になるべく除去しておく。
ファングスレイヤ【注意ポイント】
相手が8PP以上の時は要警戒。突進+必殺で疑似的な除去に。3点ダメージも地味に痛手。
【対策】
小型の守護フォロワーで、大型フォロワーを守る。体力が高いので確定除去などで処理したい。

ウィッチ

要注意カード詳細
古き魔術師・レヴィ【注意ポイント】
進化ができるようになったら要警戒。進化時に得られる1コストで3点ダメージスペルが強力。
【対策】
完璧に対策することは難しい。体力4以上のフォロワーであればスペルだけで倒されることはないので、できれば意識しよう。
禁忌の研究者【注意ポイント】
相手が6PP以上で秘術を使ってくるなら要警戒。除去しておかなければ、複数体のゾンビを展開されてしまう。
【対策】
進化や除去カードを駆使し、優先して除去する必要がある。倒せなければ、少しでも体力を減らしておき、フォロワーの展開はやめておこう。
魔導の巨兵【注意ポイント】
6PP以上で要警戒。コストに対して、非常に大きなステータスとなって登場することが多い。
【対策】
単体の除去スペルなどで選択できないので、出されても対処できるように盤面の戦力を整えておきたい。
破砕の禁呪【注意ポイント】
相手が6PP以上なら注意。こちらの体力2以下のフォロワーを全て消滅させる。土の印があれば体力5以下を消滅。
【対策】
土の印を多用する相手の場合、危険域に入ったらフォロワーを展開しすぎないようにして余力を残そう。
次元の魔女・ドロシー【注意ポイント】
4PP以上で、スペルブーストを連発されていた場合は要警戒。
【対策】
相手フォロワーが少ない間は、守護などで身を守る。大量展開されたら全体除去カードなどで一掃しよう。
スポンサーリンク

ドラゴン

要注意カード詳細
ムシュフシュ【注意ポイント】
進化ができる様になったら要注意。こちらの進化でも発動するので攻撃がどんどん上がっていく。
【対策】
放置すると危険なので優先的に除去したい。体力は上がらないので、火力などで除去するのが有効。
風読みの少年・ゼル【注意ポイント】
覚醒時に相手のEPが残っていたら要注意。
【対策】
守護などを展開して、大型フォロワーのフェイスへの攻撃をなるべく通さないように心がけよう。
サラマンダーブレス【注意ポイント】
6PP以上で要警戒。エンハンス効果で追加の全体2ダメージが飛んでくる。
【対策】
体力2以下のフォロワーを並べすぎない。また、全体除去に備えて余力を残しておく。
ワイバーンライダー・エイファ【注意ポイント】
7PP以上で要警戒。エンハンス効果で疾走を持ち、打点があがるので、体力をごっそり持っていく。
【対策】
体力が低いので、除去カードで倒しておこう。エンハンス効果時は疾走を持つので、先に守護持ちを出して身を守ろう。
ドラゴンウォーリア【注意ポイント】
進化ができるようになったら要警戒。3点火力+自身の攻撃で1:2以上の交換をされやすい。
【対策】
中盤では耐えることは難しい。3点火力+4点攻撃で全滅しないように気をつけたい。
ジークフリート【注意ポイント】
4PP以上で警戒。ファイアーリザードなどと合わせて除去を狙ってくることも。
【対策】
交換が激しい中盤では対策は難しい。破壊されたくないフォロワーはできるだけ無傷でおいておきたい。
海剣竜【注意ポイント】
相手が覚醒状態になったら要警戒。疾走で4ダメージ(進化込みで6ダメージ)が飛んでくる。
【対策】
守護を出して守る。致死圏内に入らないように、体力を回復しておくのも有効。
ダークドラグーン・フォルテ【注意ポイント】
相手が6PP以上の時は可能性あり、7PP以上で要警戒。高打点疾走持ちなので体力をごっそり持っていく。
【対策】
疾走を持つ上に覚醒時に攻撃されない効果を持つので、先に守護持ちを出して身を守ろう。
ライトニングブラスト【注意ポイント】
相手が10PP以上で要警戒。強力な全体除去で場のカードを一掃されてしまう。
【対策】
相手は使ったターンに身動きができないので、盤面を取られないように相手フォロワーをしっかりと除去しておく。
灼熱の嵐【注意ポイント】
相手が7PP以上の時は要警戒。体力4以下のフォロワーは全滅してしまう。
【対策】
警戒域に入ったらフォロワーを展開し過ぎない。体力5以上のフォロワーを残しておくのも良い。
ウロボロス【注意ポイント】
8PP以上で要警戒。3点ダメージ+高打点に加え、ラストワードで破壊しても再び手札に加わる。
【対策】
消滅できればベスト。バハムートなどに比べると出したときの隙がでかいので、出しづらい盤面を作って牽制しよう。
インペリアルドラグーン【注意ポイント】
相手が9PP以上で竜巫女の儀式を置いてる場合は要警戒。手札の枚数分のダメージがリーダーとフォロワーに飛んでくる。
【対策】
連発されるとフォロワーの展開は難しく、そのまま一方的に負けることも。出される前にリーダーを削っておき、疾走などで追い詰めよう。
ジェネシスドラゴン【注意ポイント】
相手が10PP溜まったら時は要警戒。疾走7ダメージによる奇襲力と高体力を併せ持つ。
【対策】
疾走持ちの上ステータスが高いので、守護で足止め+除去での対応になる。確定除去で対応できるとベスト。

ネクロマンサー

要注意カード詳細
よろめく不死者【注意ポイント】
2PP以上で警戒。ラストワードでランダムではあるが、除去効果を持っている。2PPで大型フォロワーなどを消されるのは痛手。
【対策】
自分の場にフォロワーがいなければ、除去カードで処理しておこう。除去カードがなければ、小型フォロワーで倒しておいたほうがいい。
破魂の少女【注意ポイント】
進化ができるようになったら要注意。ネクロマンス効果で進化フォロワーを破壊されてしまう。
【対策】
完全な対策は難しい。進化に迷った場合は、弱いフォロワーを率先して進化させておくなどして、破壊されたときの被害を抑えるのが良い。
ゾンビパーティ【注意ポイント】
7PP以上で要注意。エンハンス効果でゾンビが3体でてくる。
【対策】
事前に対策するのは難しい。出てきたゾンビを倒せるように余力を残しておこう。
腐の嵐【注意ポイント】
相手が3PP以上の時は要警戒。相手のみ全体1ダメージだが、墓場が6以上あると3ダメージになる。
【対策】
体力1、墓場があれば体力3以下のフォロワーは全除去される可能性を考慮し、余力を残しておきたい。
骨の貴公子【注意ポイント】
相手の場にフォロワーが並んでいたら注意。ラストワードを付与する効果で、相手フォロワーの処理が困難となる。
【対策】
完全に対策するのは困難。相手の場になるべくフォロワーを残さない。
悪戯なネクロマンサー【注意ポイント】
進化ができるようになったら要警戒。ゴースト2体は汎用性が高く、除去だけでなく直接ダメージも狙える。
【対策】
本体の攻撃が高くフォロワーを倒されやすいので、守護持ちを並べて身を守れるとベスト。
ネクロアサシン【注意ポイント】
4PP以上で要警戒。フォロワー展開と同時にランダムではあるが、除去効果を持っている。
【対策】
相手フォロワーを処理しておく。手札から同時に出された場合は、対策することが難しい。小型フォロワーなどを並べ、大型フォロワーが破壊されにくくしよう。
オルトロス【注意ポイント】
4PP以上で要警戒。除去+味方の打点アップをうまく決められると、盤面の主導権を取られやすい。
【対策】
2点ダメージで取られないフォロワーを出す。なるべく相手フォロワーを残さないなど。
ファントムハウル【注意ポイント】
ケルベロスを使われていた場合は進化込みで最大11点ものダメージを受ける。特に6PP以上では要警戒。
【対策】
いきなり飛んで来るので対策は難しい。体力を12以上に保つ、守護持ちを出すなどして対策しよう。
ケルベロス【注意ポイント】
5PP以上ならプレイされる可能性がある。ミミとココによる2点バフ&2点火力が強力。
【対策】
プレイされた後は常に4点火力を握っていると考えて行動する。回復や守護で身を守ろう。
デスタイラント【注意ポイント】
墓場が20以上の時は要警戒。疾走13/13だけでも強力だが、進化や他カードでさらに伸びることも。
【対策】
1撃でやられないよう、体力をなるべく高く保てるように立ち回ろう。また幽体化は怖いものの、守護で身を守るのも一応の対策となる。
死の祝福【注意ポイント】
相手が6PP以上で墓場が6以上の時は要警戒。守護を並べる手段としても、打点を稼ぐ手段としても強力。
【対策】
進化や複数のカードを使わないと対処しにくい。全体除去系のカードがあるなら使おう。
不死の大王【注意ポイント】
7PP以上で要警戒。1枚で3体のフォロワーが並ぶ上、どれも厄介な効果を持っている。
【対策】
全体除去などで一掃できると良い。消滅でラストワードを発動させないことができればベスト。
冥守の戦士・カムラ【注意ポイント】
7PP以上で要警戒。高めのステータスを持つ守護だけでも厄介だが、除去効果と回復まで持っている。
【対策】
自分の場にフォロワーがいなければ、除去カードで倒すのがベスト。体力を回復されたくなければ、わざと攻撃力の高いフォロワーをぶつけて相討ちにするのもありだ。
デュエリスト・モルディカイ【注意ポイント】
相手が8PP以上なら要警戒。破壊しても何度でも再生する脅威の粘り強さを持つ。
【対策】
無視して勝負を決めてしまうのが手っ取り早い。また消滅と変身は効果を発動させないのでとても有効。
魔将軍・ヘクター【注意ポイント】
相手が7PP以上で要注意。ネクロマンス効果の大量展開が脅威となる他、場のフォロワーの打点があがるため、バーストダメージにも気を付けなければならない。
【対策】
全体除去などの余力を残しておく。場のフォロワーを残さずに処理するなど。
ネフティス【注意ポイント】
相手が8PP以上なら要警戒。相手の構築次第では、強力なラストワードを連発されることも。
【対策】
出された後どうなるかは相手次第なので、対策することは難しい。一発逆転も十分にありえるカードなので、出される前に決着をつけたい。
スポンサーリンク

ヴァンパイア

要注意カード詳細
レヴィオンデューク・ユリウス【注意ポイント】
2PPから警戒。フォロワーを出すたびに1点ダメージが飛んでくる。
【対策】
出されたら、小型のフォロワーを並べるのは控えよう。除去カードがあれば、すぐに除去してしまおう。
バフォメット【注意ポイント】
5PP以降で警戒。強力なフォロワーをサーチした上でコストを−3する。
【対策】
コストダウンで本来できないようなコンボを実現されることもある。1ターンに20点飛んでくることもあるので、早めに決着をつけたい。
鋭利な一裂き【注意ポイント】
2PPで3点火力を飛ばせることに注意したい。火力除去としても直接ダメージとしても使われる。
【対策】
盤面を無視して直接ダメージが与えてくるので、体力管理をしっかり行おう。相手PPが少なくても油断は禁物。
群れなす飢餓【注意ポイント】
2PPで同名フォロワー全てに3ダメージが飛んでくる。
【対策】
同名フォロワーを複数展開するのは避けておこう。
デモンコマンダー・ラウラ【注意ポイント】
復讐時は要警戒。大型フォロワーに疾走を付与されると脅威。
【対策】
守護を立てて身を守る。なるべく体力を高めに維持するなど。
ブラッドムーン【注意ポイント】
3コストで場に出ている間、復讐状態に。しかもカウントが長い。
【対策】
事前に対策するのは困難。終盤であれば、他のカードと同時にでてくることも多いので、早めに決着をつけたい。
ワードローブレイダー【注意ポイント】
相手が進化可能になったら要注意。2点火力とこのカードの攻撃で1:2交換を狙ってくる。
【対策】
相手が進化可能になったら、自分フォロワーの体力を2以下にしないように立ちまわれると良い。
裁きの悪魔【注意ポイント】
4PP以上で注意だが、相手のEPに余裕がある時、他カードで復讐状態になる→プレイとされると更に危険。
【対策】
高体力なので除去で対応できるとベスト。復讐状態で出てきた時は、優先的に除去しよう。
ダークジェネラル【注意ポイント】
相手が復讐状態で4PP以上の時は要警戒。進化込みで6ダメージを受ける。
【対策】
復讐状態にさせないのが一番だが、自ら復讐状態になることもある。事前に守護を出しておこう。
ブラッディ・メアリー【注意ポイント】
5PP以上ならプレイされるが、それ以上の時は他カードと組み合わされる可能性があり更に危険。
【対策】
出されたら優先的に除去しておこう。高PP時はコンボで5点以上飛ばしてくるので、体力をキープしておくのも重要。
ディアボリックドレイン【注意ポイント】
相手が復讐状態の時は要警戒。4点除去と2回復をたったの1コストでこなす。
【対策】
不用意に復讐状態にしない。除去と回復が間に合わない程に押し切るか、一気にライフを削りに行く。
アルカード【注意ポイント】
相手が7PP以上の時は要警戒。疾走4ダメージに注意だが、復讐状態なら回復もされてしまう。
【対策】
疾走による除去と回復効果を考慮してリーサルを計算しておきたい。疾走対策の守護持ちも有効。
ソウルドミネーター【注意ポイント】
7PP以上の時は要警戒。疾走で4ダメージが飛んでくる上、フォロワーが破壊されるたびに打点があがる。
【対策】
守護で身を守る。簡単な除去でやられてしまうような小型フォロワーを並べすぎない。
血餓の女帝【注意ポイント】
相手が7PP以上の時は要警戒。全体2点の除去に加え、破壊された数だけダメージをもらってしまう。
【対策】
体力2以下のフォロワーを並べるのは控えておこう。
アザゼル【注意ポイント】
8PP以上で要警戒。体力を10にされてしまう上、相手は復讐状態となる。
【対策】
完全な対策は難しい。盤面に干渉する効果を持っていないため、出せないような状況を作ろう。
メイルストロームサーペント【注意ポイント】
相手が8PP以上で復讐時は要警戒。5/5が最大で5体並ぶ。
【対策】
全体除去などで処理する。盤面に干渉する効果を持っていないので、出す隙を与えない。
黙示録【注意ポイント】
相手が8PP以上、復讐時なら4PP以上の時は要警戒。大型フォロワーが並んでいても1手で盤面をリセット。
【対策】
できれば復讐状態にさせずに一気に倒したい。もしくは、全体除去に備えて余力を残しておく。
セクシーヴァンパイア【注意ポイント】
相手が9PP以上の時は要警戒。リーダーにも与えられる5ダメージと5回復でライフ差を広げられる。
【対策】
コストが重く他のカードと同時に出しにくいので、このカードを出す余裕を与えないようにしたい。

ビショップ

要注意カード詳細
漆黒の法典【注意ポイント】
最初のターン以外は常に警戒。除去として序盤から終盤まで使え、ラストワード対策にもなる。
【対策】
完璧に対策するのは難しい。囮となるフォロワーを出してこのカードを誘うなどのプレイングが必要。
詠唱:獣姫の呼び声【注意ポイント】
2PP以降なら出される上、カウント短縮で早期に発動することも。8PPの時はガルラとの同時プレイを警戒。
【対策】
2/1疾走と4/4を同時に対策するのはかなり難しい。先に守護を立てておけば疾走によるダメージは対策できる。
エイラの祈祷【注意ポイント】
出された後はフォロワーがどんどん強化されていく。回復で粘られる事も要警戒。
【対策】
攻撃、体力共に強化されていくので、場にフォロワーをできるだけ残さないようにしよう。可能であれば最優先で除去したい。
鉄槌の僧侶【注意ポイント】
進化が使えるようになったら要警戒。1:2交換を狙えるだけでなく、ラストワード対策も備える。
【対策】
中盤に対策するのは非常に難しい。後半はフォロワーの体力を3以下にしないように立ち回りたい。
神魔裁判所【注意ポイント】
4PP以上で警戒。ファンファーレとラストワードで2体のフォロワーが破壊されてしまう。
【対策】
強力なフォロワーを倒されないように、小型を出すなどでして狙ったフォロワーを破壊できないようにしよう。
ムーンアルミラージ【注意ポイント】
相手が6PP以上の時は要警戒。疾走火力としても注意だが、1ターンで除去できないと延々と残り続ける。
【対策】
出されたら優先的に除去しよう。こちらの体力が厳しい場合は、守護持ちを出して身を守ろう。
天空の守護者・ガルラ【注意ポイント】
相手が6PP以上の時、場にカウントダウンアミュレットがある場合は警戒。8PP以上では疾走を出すアミュレットとの同時プレイも。
【対策】
アミュレットがなくても3点ダメージは出されるので、完全な対策は難しい。守護を出す、回復するなどでカバーしよう。
ヴァルハラジェネラル【注意ポイント】
相手が6PP以上の時、場にフォロワーがいたら要警戒。ステータスを上昇させるうえ、突進を付与する。
【対策】
守護で相手の有利トレードを防ごう。ステータス上昇を視野にいれ、致死圏内に入らないように気を付けよう。
ダークジャンヌ【注意ポイント】
6PP以上の時、相手に体力3以上のフォロワーが並んでいると危ない。除去効果も強力だが、打点アップで不意のダメージが飛んでくることも。
【対策】
なるべく2点ダメージで倒されない盤面を作る。相手の場になるべくフォロワーを残さない。
苦罰の審判者【注意ポイント】
6PP以上で注意。1ドロー+消滅でハンドアドバンテージを取られる。
【対策】
完全な対策は難しい。ラストワード持ちなどを消されないように体力を3以下にしないように立ち回ろう。
テミスの審判【注意ポイント】
相手が6PP以上の時は要警戒。盤面が有利でもこのカード1枚でリセットされてしまう。
【対策】
盤面よりは体力を削りに行くプレイングをしたい。全除去されても良いように余力を残しておくのもあり。
封じられし熾天使【注意ポイント】
8PP以降で要警戒。次ターンに特殊勝利を発動させることも多い。
【対策】
このカードをプレイしたターンは強い動きはしてこないので、次のターンが回るまでに決着をつけたい。このカードをプレイする余裕を与えないのも重要。
ヘヴンリーイージス【注意ポイント】
9PP以降で要警戒。除去できない高ステータスフォロワー。
【対策】
除去できないため、出される前に決着をつけたい。難しいようなら、出す隙を与えないこと。
スポンサーリンク

ニュートラル

要注意カード詳細
グリームニル【注意ポイント】
10pp時は警戒。全体4点ダメージが飛んでくる。
【対策】
どのリーダーでも採用率が高いので、持ってると考えて動いたほうがいい。4点ダメージで処理されないフォロワーを出しておこう。
エンジェルバレッジ【注意ポイント】
相手が3PP以上の時は要注意。アグロ以外のデッキであれば使われることがある。
【対策】
体力2以上のフォロワーを優先して出す。難しい場合は、展開を抑えて余力を残しておこう。
ウルズ【注意ポイント】
ドラゴンやネクロでラストワード再利用に使われる。ドラゴンでは10PP使いフォルテ→ウルズで最大12点ダメージも。
【対策】
ドラゴン、ネクロ共にラストワード持ちは優先して除去しておこう。ドラゴンでは疾走対策に守護が有効。
死の舞踏【注意ポイント】
アグロデッキなどが相手の時、5PP以上で要警戒。確定除去+リーダーへの2点ダメージを飛ばしてくる。
【対策】
1体除去+2点を考慮してプレイングしよう。守護を複数立てる、回復しておくなどで致死圏外を維持したい。
風神【注意ポイント】
ロイヤルなどでフォロワーが並んでいる時は要警戒。永続+1/+0だけでなく毎ターン更に+1/+0していく。
【対策】
出されたら優先的に除去。大量展開された時はこのカードを使われる前に数を減らしておく。
サハクィエル【注意ポイント】
遅めのデッキでは要警戒。突進付与+進化で1:2交換をされやすい。
【対策】
完全な対策は難しい。遅めのデッキでは採用されることも多いので、常に警戒しておこう。
オーディン【注意ポイント】
遅めのデッキでは要警戒。フォロワーまたはアミュレットを1枚消滅させる。
【対策】
封じられし熾天使など強力なラストワードを持つカードを主力にしている場合、他のカードを囮にすることで対抗したい。
ルシフェル【注意ポイント】
中速~低速デッキ相手で8PP以上の時は要警戒。進化前は回復、進化後は直接ダメージで対応力が高い。
【対策】
どちらの効果も厄介なのでさっさと除去しよう。サイズが大きいので確定除去があると安心だ。
イスラーフィール【注意ポイント】
9PP以上で警戒。攻撃時に全体2点ダメージが飛んでくる。
【対策】
進化などを使われると対策するのが難しいため、中盤からプレッシャーをかけてEPを使わせておきたい。
サタン【注意ポイント】
ビショップ、ドラゴン相手の場合は警戒。6PP以上のカードをあまり出してこないドラゴンの場合、可能性はかなり高い。
【対策】
プレイされる段階までに決着を付ける事が大事。サタンをプレイする余裕を与えないようにしよう。
バハムート【注意ポイント】
10PP以上で要警戒。全てのフォロワーを破壊されてしまう。特にドラゴンの場合、可能性はかなり高い。
【対策】
出される前になるべく体力を削っておきたい。出されてしまったら、確定除去で処理しつつ、疾走などで追い詰めよう。

シャドウバース攻略wikiの他の記事

初心者がやることまとめ

初心者攻略まとめ

デッキ編成のコツ

テクニックまとめ

報酬まとめ

ルール/用語について解説

カード評価一覧

全カード評価

デッキレシピ

リセマラ情報

ご意見・ご指摘

ゲームバランスやデータ引き継ぎなど、ゲームそのものへのご指摘は受付けておりません。

この記事について指摘する

ここで書いた内容は記事には表示されません。


攻略メニュー
シャドウバース攻略wikiトップ GameWith SNS Q&A ゲームライター募集中! YouTuber募集!

大会情報

リセマラ

新パック情報

デッキ紹介

クラス別

カード評価一覧

全カード

レア度別

クラス別

効果別

アリーナ情報

2Pickまとめ

2Pickカード評価

2Pick5勝デッキ

初心者情報

初心者まとめ

デッキ編成のコツ

テクニックまとめ

ルール/用語について

PC版の使用方法

アップデート/修正情報

その他

おすすめ

iTunes Cardが10%お得に[PR]
攻略記事ランキング
  1. 1 最強デッキランキング!レシピ付き(4/28更新)
  2. 2 ミッドレンジヘクターネクロのデッキレシピと立ち回り
  3. 3 ランプドラゴン(ミッドレンジドラゴン)のデッキレシピ
  4. 4 最新!リセマラ当たりランキング(4/28更新)
  5. 5 アグロネクロのデッキレシピと立ち回り
もっとみる
ゲームを探す
 ソフトまとめ PS4VITA3DSスイッチ
攻略取り扱いゲーム
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中