シャドバ
シャドウバース攻略wiki
疾走ガルラビショップのアンリミテッド最新デッキレシピ

【シャドバ】疾走ガルラビショップのアンリミテッド最新デッキレシピ【シャドウバース】

最終更新 :

「疾走ガルラビショップ」デッキの最新レシピの紹介です。相性や立ち回りなども掲載しているので、役立てて下さい。

目次

ビショップの他のデッキはこちら

ビショップのデッキ一覧

疾走ガルラビショップの評価と概要

疾走ガルラビショップの評価

評価点8.5/10点
作成コストの目安20,950
扱いやすさ★★・・・
他のデッキの評価はこちら

疾走ガルラビショップの概要

ガルラ採用のアグロデッキ

序盤で優秀なフォロワーやアミュレットを展開していき、中盤にガルラや疾走フォロワーで相手リーダーの体力を削るデッキだ。終盤のリソース切れが懸念されるので、進化なども積極的に使って、出来るだけ早く勝負を決めよう。

三月ウサギのお茶会+ガルラ

三月ウサギのお茶会ガルラと相性がいい。三月ウサギにガルラの効果を使えば、中型フォロワーを合計で3体展開でき強力。三月ウサギで出てくるブリキの兵隊は進化時にデモンストライクを搭載しており、盤面を取りやすいのも嬉しい。

疾走ガルラビショップの相性傾向

環境での立ち位置は低め

アグロタイプのデッキが多く、アミュレットを扱うという性質上タイムラグが発生する疾走ビショップにはやや厳しい環境になっている。一方で超越ウィッチに対しては、マイニュをはじめとした選択不可のフォロワーが強力で、有利が付いている。

デッキレシピ

デッキレシピ

デッキコードを発行

※リンク先のシャドウバースポータルで、ご自身でデッキコードを発行してください。

注目カードと採用理由

カード名説明
詠唱:獣姫の呼び声2コストで2体フォロワーを展開できる。疾走フォロワーも出るため、攻めに転じやすい。
天空の守護者・ガルラアミュレットのカウントダウンを進めることで、テンポアップに繋がる。単純な3ダメージとしても使える。
ヘヴンリーナイト条件次第では疾走を持つ点とステータスの高さが優秀。守護も持つため、壁役としても活躍してくれる。

入れ替え候補のカード

カード名説明
星の奔流小型フォロワーを破壊しつつ、カウントダウンアミュレットの解放を狙える。小型が多い環境が多いのならば採用しても良いだろう。ホワイトタイガーなどとの入れ替え候補。
ムーンアルミラージ疾走を持っており終盤の足りない打点を補うことができる。フォロワー除去に使っても回復ができ、場持ちが良い。高コストカードとの入れ替え候補。
グレートタウラス高い打点と疾走を持つ優秀なアタッカー。ヘヴンリーナイトなどとの入れ替え候補。

デッキの立ち回り

マリガン

低コストを集める

序盤から動けるように1~3コストを中心に手札に集めよう。気高き教理は他に低コストのカウントダウンアミュレットがなければ交換してしまって構わない。

1~3ターン

アミュレットを展開

序盤はフォロワーを展開するよりもアミュレットを設置するのが望ましい。テンポロスは気になるものの、効果が発動すればそれ以上のメリットを期待できるため、優先して置いてしまおう。

カウントを揃える

獣姫の呼び声神鳥の呼び笛のカウントを揃えて同時に3体のフォロワーを展開するなどして、相手が処理しきれない場を作ることが重要。除去の少ないデッキや展開の遅いデッキに非常に有効だ。

カウントを進めるのも一つの手

カウントを進めるカードは場にカウントダウンアミュレットがないと効果を活せないので、使える時に使いたい。そのためカウントを揃えることが難しければ、気高い教理などを積極的に使ってカウントを進めよう。

4~6ターン

盤面を展開

このデッキは中盤の攻防が特に重要となるため、展開を重視して動いていくといいだろう。気高き教理天空の守護者・ガルラを使い、カウントダウンアミュレットを一気に解放してしまおう。

ガルラでカウントを進める

ガルラを場に出せばカウントダウンを一気に進められるので、出す前にアミュレットを設置しておきたい。特に三月ウサギのお茶会ガルラを使えば、中型フォロワーを合計で3体展開でき、場を圧倒することも可能だ。

7~10ターン以降

ひたすら攻撃

終盤はひたすら相手リーダーを攻撃して体力を削りきろう。リソースが少なくなっていることが予想されるが、ガルラヘヴンリーナイトなど、ダメージを与える方法はたくさん存在するので、最後まで諦めずに戦おう。

過去のレシピ

星神の伝説期の概要とレシピ

概要

環境にマッチしたデッキだった

除去をスペルに依存しがちなランプドラゴン超越ウィッチに対し、アミュレットによるタイムラグの活用や、選択不可の能力を持つフォロワーが効果的であり、対策として機能。ナーフの影響を受けなかったこともあり、終期にはTier1に位置していた。

デッキレシピ

ワンドリ期の概要とレシピ

概要

安定感は増したが...

スノホワ鳥飼いの登場により、安定感は騒嵐期に比べて上がった。しかし、流行していたニュートラルデッキの展開に追いつかず、押し切られてしまうことも少なくなかった。一時期は一定数使われていたが、最終的にあまり見なくなってしまった。

デッキレシピ

神々の騒嵐期の概要とレシピ

概要

テンポロスを取り返せなかった

tier1であったネクロデッキの展開が早く、アミュレット設置時にテンポロスをすると、そのまま押し切られてしまうことが多かった。環境上位のデッキに不利だったので、使用者は少なく、5/23アップデート前まではtier3の位置に常駐していた。

ナーフ後は急激に増加

tier1のデッキが弱体化したので、相対的にこのデッキは戦いやすくなった。特に骨の貴公子が弱体化されたことでネクロの展開力が落ち、テンポロスを取り返せることが多くなったのは大きい。最終的にはtier2程度に落ち着き、勝率も悪くなかった。

デッキレシピ

バハムート期の概要とレシピ

概要

数は減ったが、弱くはない

アルベールを獲得したロイヤルや、ドロシーを獲得したウィッチと比べると、新カードのインパクトが弱く、エボルヴ期と比べて数がかなり減った。とはいえ、リノヴァルハラジェネラルなど相性のいいカードの獲得もあり、弱いデッキではなかった。

盤面を取る型が登場

テンポウィッチOTKエルフの台頭で、スピード負けする相手が増えた。そのため神鉄の翼などを採用して、アグロ相手には盤面を取って勝利を目指す型も登場した。

デッキレシピ

エボルヴ期の概要とレシピ

概要

ガルラと獣姫の追加が大きい

ダークネスエボルヴの実装で獣姫の呼び声ガルラというパワーカードを手に入れたことで、強力なデッキの仲間入りを果たした。デッキタイプもミッドレンジ型からアグロ型へと変化するなど、大幅な改良が成され、名称にも「ガルラ」が追加された。

一時はトップメタに

エボルヴ実装直後の勢いが特に凄まじく、一時期は使用率トップを誇った。もっとも、対策が進んだことや、他のデッキのレシピが洗練されていったこともあり、最終的にはギリギリtier1といったくらいの立ち位置で落ち着いた。

デッキレシピ

スタンダード期の概要とレシピ

概要

ギルガメッシュも主戦力だった

神鳥の呼び笛ムーンアルミラージをメインとしたデッキとして誕生。当時はコンセプトに合うカード自体が少なく、ニュートラルのギルガメッシュがフィニッシャーとして採用率が高かった。

使用者は少なかった

冥府エルフなど、当時のトップデッキたちと比べてしまうと完成度が低く、勝率は低めだった。そのためファンデッキの域を出ず、使用するのはごく一部のユーザーに限られていた。

デッキレシピ

フォロワー重要度コスト枚数
マイニュ★・・23枚
教会の護り手★★★33枚
プリズムプリースト★★・33枚
鉄槌の僧侶★★★43枚
クレリックランサー★★・53枚
ムーンアルミラージ★★★63枚
ギルガメッシュ★★★82枚
スペル重要度コスト枚数
気高き教理★★・22枚
漆黒の法典★★★23枚
テミスの審判★★★63枚
アミュレット重要度コスト枚数
詠唱・聖なる願い★★・13枚
詠唱・聖獣への誓い★★・23枚
詠唱・神域の守護者★★★23枚
詠唱・神鳥の呼び笛★★★33枚

シャドウバース攻略wikiの他の記事

ビショップの他のデッキはこちら

ビショップのデッキ一覧

カード評価一覧

全カード評価

クラス別カード一覧

デッキレシピ

リセマラ情報

© Cygames, Inc.
※当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

この記事を読んだ人におすすめ
記事について指摘する

ここで書いた内容は記事には表示されません。


みんなのおすすめカードは?

GameWithに登録して、
ゲーム仲間とつながろう!
はじめての方
新規登録 (無料)
会員の方
ログイン
コメントの続きを見る(91件)
攻略メニュー

速報/大会情報

リセマラ情報

新パック情報

カードの所持率をチェック

デッキ紹介

ローテーション

アンリミテッド

クラス別

カード評価一覧

全カード

クラス別

アリーナ情報

2Pickまとめ

2Pickカード評価

初心者情報

初心者まとめ

デッキ編成のコツ

アップデート/修正情報

その他

会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中