シャドバ
シャドウバース攻略wiki
ミッドレンジロイヤルのローテーション最新デッキレシピ

【シャドバ】ミッドレンジロイヤルのローテーション最新デッキレシピ【シャドウバース】

最終更新 :

「ミッドレンジロイヤル」デッキの最新レシピの紹介です。ローテーションのデッキレシピだけでなく、アンリミテッドのミッドレンジロイヤルへのリンクもあります。また、相性や立ち回りなども掲載しているので、役立てて下さい。

アンリミのミッドレンジロイヤルはこちら

目次

ロイヤルのローテーションデッキ一覧

ロイヤルのデッキ一覧

ミッドレンジロイヤルの評価と概要

ミッドレンジロイヤルの評価

評価点10 /10点
作成コストの目安67,250
扱いやすさ★★★・・
ローテーションの他のデッキ一覧はこちら

ミッドレンジロイヤルの概要

盤面の取り合いに長けたデッキ

魔導狙撃士・ワルツ嵐の槍使いなど、盤面の取り合いを得意とするフォロワーを多く採用したミッドレンジデッキ。序盤から盤面を取っていき、有利な盤面をキープし続けられる点が魅力だ。

展開力の高さも魅力的

ルミナスメイジ騎士王・アーサーなど、1枚で複数体のフォロワーを展開できるカードを多く採用。盤面にフォロワーを展開した後は、スカイフォートレスで強化し、相手リーダーの体力を大きく削ることができる。

10点の理由

安定感の高さを評価

10点の理由としてまず挙げられるのが安定感の高さ。他のデッキに比べて事故が起こりにくく、序盤から終盤まで安定した試合運びを行うことができる。

幅広いデッキに対して戦いやすい

全体ダメージが多いデッキはやや苦手だが、序盤から終盤までの札をバランス良く取っているため、幅広いデッキに対して対応可能。攻守に優れたバランスの良いデッキだ。

ミッドレンジロイヤルの相性傾向

サンプルレシピ

デッキコードを発行

※リンク先のシャドウバースポータルで、ご自身でデッキコードを発行してください。

注目カードと採用理由

カード名説明
空の指揮官・セリアどちらのカードをチョイスしても強力であり、汎用性が高い。盤面制圧にも、最後の一押しにも活躍するフォロワーだ。
騎士王・アーサー展開力に長けたこのデッキのキーカード。一枚で最大5体の展開が行えるため、後続のスカイフォートレスに繋げやすい。
スカイフォートレス盤面の強化を行いながら、突進で相手フォロワーの除去ができる。他のフォロワーの攻撃力を+3することが出来るため、試合の決め手になりやすい。

入れ替え候補のカード

カード名説明
太陽の槍・ルーファンファーレにより指揮官・フォロワーを手札に加えられる。優秀な効果を持つが、騎士王・アーサーのカードパワーにブレが生じてしまうため、採用には好みが分かれる。
イノセントプリンセス・プリム序盤の活躍は難しいが潜伏を持っているため、アーサーの効果で場に出た場合、スカイフォートレスに繋げやすくなる。2コストフォロワーとの枚数調整候補。
トランプナイト招集一枚で盤面を広げられる点が魅力であり、騎士王・アーサーまでの繋ぎとして優秀な1枚。先陣の騎兵などとの入れ替え候補。

ミッドレンジロイヤルのマリガン

1枚はキープしておきたいカード

カード名説明
空の指揮官・セリア2コストフォロワーの標準ステータスを満たしているため、序盤の盤面の取り合いに貢献する。ただし基本的にはチョイスでプレイしたいため、他の2コストカードが見えている場合は返してしまって問題ない。
ホーリーナイトベアバランスの良いステータスと守護を持ったフォロワー。他のフォロワーを守ることもできるため、キープしておきたい。
騎士王・アーサー非常に高い展開力を持った、このデッキのキーカード。ゲームを決める1枚になることや、手札に抱えることで円卓の騎士・ガウェインの効果をより効果的に扱えることを考えると、キープしておいて良いカードだ。

先攻時にキープしたいカード

カード名説明
白と黒の決闘優秀な効果を持つ4コストの指揮官をチョイスできる1コストスペル。特に先攻4ターン目の白の王・イメラはパワーが高く、キープの価値がある。
刃ネズミ2ターン目に出し、突進フォロワーなどで盤面を除去することで攻撃力が上がる点が優秀。序盤にプレイすることで、有利な盤面の形成を狙いやすい。

後攻時にキープしたいカード

カード名説明
円卓の騎士・ガウェイン攻撃した時、手札の指揮官フォロワーのコストを1減らす効果を持つ。4〜5ターン目に効果を発動させておくことで、騎士王・アーサーを6ターン目にプレイできるようになる。
先陣の騎兵EPを使うことで、3面展開が可能。後攻4ターン目に進化を行い、盤面を広げる動きが非常に強力なのでキープしておきたい。

デッキの立ち回り

序盤の立ち回り

フォロワーを展開

基本的にはマナカーブ通りにフォロワーをプレイし、しっかりと盤面を作っていきたい。このデッキには突進フォロワーや刃ネズミなど、相手フォロワーの一方的な除去が狙えるカードが豊富なため、そちらも積極的に狙っていこう。

白と黒の決闘の扱いに注意

白と黒の決闘は、エンハンスでプレイすれば実質PP消費0でカードを2枚加える強力な効果を持つため、序盤に発動する必要があるかどうかはしっかりと見極めたい。自分の手札や盤面状況から判断し、選択を行おう。

中盤の立ち回り

円卓の騎士・ガウェインでコストを軽減

円卓の騎士・ガウェインの攻撃時の効果を発動させ、手札の指揮官・カードのコスト軽減を狙おう。特に騎士王・アーサーが6ターン目にプレイできるようになれば、試合の主導権を握ることができるようになるだろう。

黒の女王・マグナスで味方を守る

白と黒の決闘から手札に加えられる黒の女王・マグナスは、ファンファーレで味方フォロワーをダメージ効果から守ることができる。7ターン目前後には希望導く聖乙女・ジャンヌなどの全体ダメージが飛んでくるターンであるため、意識しておきたい。

EPの温存を狙う

ルミナスメイジは指揮官・フォロワーをEP消費なしに進化させることができるため、EPの温存がしやすい。突進フォロワーなども活用して、相手のEP切れを誘うプレイングを心掛けよう。

終盤の立ち回り

騎士王・アーサーで展開

円卓の騎士・ガウェインの効果を使えていれば6ターン目、そうでなくとも7ターン目には騎士王・アーサーがプレイできるようになる。展開を行えるだけでなくデッキ圧縮にも貢献するため、後のドローが強くなる可能性が高まる。

フォロワーの強化を行う

複数のフォロワーを展開すれば、相手は対応し切れないことも多い。盤面に残ったフォロワーをスカイフォートレスで強化し、除去を行いながら攻め込む動きを狙っていこう。

絶望の使者・セリアでフィニッシュ

盤面にフォロワーを広げていくデッキであるため、絶望の使者・セリアで大きなダメージが期待できる。10ターン目であれば絶望の使者・セリアから絶望の使者・セリアと繋げられるため、積極的に狙っていきたい。

シャドウバース攻略wikiの他の記事

ローテーションのデッキレシピ

アンリミテッドのデッキレシピ

カード評価一覧

全カード評価

クラス別カード一覧

リセマラ情報

© Cygames, Inc.
※当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

この記事を読んだ人におすすめ
記事について指摘する

いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


みんなのコメント

GameWithに登録して、
ゲーム仲間とつながろう!
はじめての方
新規登録 (無料)
会員の方
ログイン
コメントの続きを見る(49件)
攻略メニュー

速報/大会情報

リセマラ情報

新パック情報

カードの所持率をチェック

デッキ紹介

ローテーション

アンリミテッド

クラス別

カード評価一覧

全カード

クラス別

アリーナ情報

2Pickまとめ

2Pickカード評価

初心者情報

初心者まとめ

デッキ編成のコツ

アップデート/修正情報

その他

ゲームを探す
レビュー訴求
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中