シャドバ
シャドウバース攻略wiki
基本的なデッキの組み方を解説【上級者への道】

【シャドバ】基本的なデッキの組み方を解説【上級者への道】【シャドウバース】

最終更新 :
シャドバ攻略からのお知らせ
GameWith SNSでゲーム仲間と交流しよう!

シャドウバースのデッキを組み方を順を追って解説。強くなるために抑えておきたいポイントも掲載しているので、参考にして下さい。

目次

1.デッキのコンセプトを決める

コンセプトとは

コンセプトとは「全体を貫く基本的な観点」という意味の言葉。このデッキで何をしたいのか、どうやって勝つのか、自分が動きたいのか、相手を妨害したいのか、と言ったデッキの根幹を成す戦略を指している。

根幹に沿うとバランスが良くなる

コンセプトを決めて、それに沿ってデッキを組むことでカード同士のシナジー(相乗効果)を発揮しやすくなり、バランスの取れた良いデッキになる。反対にコンセプトがブレているデッキは、結局何もできないままに負けてしまうことが多い。

コンセプトを決める

自分がしたいことを考える

コンセプトを決める上で、基本となるのは"自分がしたいコト"だ。例えば、ネフティスを使いたいから、ネフティスを主軸としたデッキを組もう、というのも立派なコンセプトの1つだ。

▲、自分のデッキから、コストの異なるフォロワーをランダムに1枚ずつ場が上限枚数になるまで出し、場に出たフォロワーすべてを破壊する効果を持つ

既存のデッキタイプから選ぶ

すでに確立したデッキタイプの中から選ぶのも手だ。既存のデッキタイプには、速攻で勝負を決める『アグロ』、中盤からパワーで圧倒する『ミッドレンジ』、場の支配に重点を置く『コントロール』、一撃で決める『コンボ』等、多数存在する。

詳しいデッキタイプ解説の記事はこちら

2.カードをピックアップ

コンセプトに沿ったカードを選ぶ

コンセプトを決定したあとは

コンセプトを決めたら、次はそのデッキに必要なカードを選ぼう。ネフティスネクロネフティスのようにコンセプトを選定した段階でデッキに採用が決まっているカードもあるが、いつもそうとは限らない。

必要なカードを考える

『ランプドラゴン』を例として説明しよう。ランプドラゴンは、自分のPPを増やすことで早いタイミングで高コストフォロワーを場に出して相手を圧倒することをコンセプトにしたデッキだ。従って、PPを増やす効果を持つカードが必要となる。

PPを増やす効果を持つカード一覧

ここで大事なのは、より好みをしないことだ。全てを一度選択肢に上げることで、自分でも思いもよらなかったカードの相乗効果に気づける可能性がある。取捨選択は、全てピックアップしてからでも遅くはない。

相性の良いカードを選ぶ

必要なカードとの相性を考える

必要なカードをピックアップしたら、そのカードたちと相性の良いカードを選んでいこう。カード同士の相乗効果を発揮できれば、パワーの高いデッキになる。

デッキコンセプトを活かす

ランプドラゴンで言えば、効果で増やしたPPを活かせる強力な高コストカードと相性が良い。ステータスが高いことはもちろん、こちらがPPを増やしている間に相手が展開したフォロワーを除去するための効果もあるフォロワーだと好ましい。

ランプドラゴンの採用カード例

カード名説明
バハムート13/13という高ステータスに加え、自分以外の全てのフォロワーとアミュレットを破壊する効果を持つ。
イスラーフィールファンファーレでリーダーを回復しながら、攻撃時に相手フォロワー全体にダメージを与えることができる。

コンセプトに合わないカードの採用は避けよう

コンセプトからずれたカードを入れてしまうと、デッキ自体が弱くなってしまう。デッキタイプとカードの特徴を踏まえて、いくら強力なカードでもコンセプトに合わないカードの採用は避けよう。

対策カードを投入

相手のデッキを対策

相手のデッキを対策するカードも必要だ。特に、こちらの弱い部分を補うようなカードは優先して入れておきたい。

弱点を知る

ランプドラゴンは遅いデッキで、速攻デッキを苦手としている。そのため、序盤を守れるコストの低い除去カードや、守護持ちのカードが必要となる。

弱点を補強するカードを考える

幸い、ドラゴンクラスにはラハブサラマンダーブレスというピッタリのカードがある。これらのカードをデッキに入れておけば、序盤に動けず負けてしまう確率を大きく減らせるだろう。

例外もある

ただし、自分の動きを最優先に考えるデッキの場合、対策カードはほとんど入れないで、とにかくデッキが回ることだけを考えた方が良い場合もある。特に速攻デッキはその傾向が強いので、覚えておきたい。

3.枚数を決める(取捨選択する)

カードを引ける確率を知る

採用枚数によって確率が変化

カードをピックアップし終えたら、1枚1枚の取捨選択と、採用枚数を決めていこう。その際、デッキに何枚採用していれば、どれくらいの確率で引けるのかを知っておくことが重要だ。

マリガン時の確率

例えばデッキに1~3枚入っている同名カードのうち、少なくとも1枚が初手に来る確率は以下のようになる。覚えておくといいだろう。

1枚2枚3枚
引き直しなし約7.5%約14.6%約21.4%
1枚引き
直した場合
約10.0%約19.2%約27.7%
2枚引き
直した場合
約12.5%約23.7%約33.8%
3枚引き
直した場合
約15.0%約28.1%約39.4%

※現在は、マリガン時においてデッキに戻したカードを引き直すことは無いようです。そのため、上記の確率は戻したカードを引き直さないことが前提のものになっています。

3枚採用する場合

メインとなるカード

デッキのコンセプトとなるカードや、毎試合ごとに絶対引いておきたいカードは3枚入れておこう。また、相乗効果が期待できるようなカードも3枚入れておくと良い。

より良いデッキにするには

3枚入れたとしても引けないことがあるので、デッキ内から直接探せるサーチ手段を用意したり、代用の利くカードを4枚目5枚目のカードとして採用したりすると良い。そうすることで、より安定したデッキを作ることができる。

2枚採用する場合

1枚引ければ十分なカード

2枚採用するカードは、1枚引ければ十分で、2枚目は引きたくないカードだ。ほとんどの場合、1枚目で効果を発動すると2枚目以降は活躍が見込めないようなカードや、1枚引ければ勝負を決めることができるようなカードが2枚採用となる。

2枚採用されるカードの例

例えばギガントキマイラは、何度もスペルブーストをすることでフォロワーを一掃しつつ相手リーダーに大ダメージを与えることが可能だ。1枚のギガントキマイラでゲームを決めることが多いため、2枚採用の場合がほとんどだ。

1枚採用する場合

低確率だが、魅力的なカード

1枚挿しするカードは、強力なサーチ手段で無理やり手札に持ってこない限り、引ける可能性は少ない。ではなぜ入れるのか?それが特定の場面で非常に役立つカードだからだ。

高コストのフィニッシャー

フィニッシャーは、実際にプレイ可能な時に手札にあれば良い。絶対に使いたいカードでも高コストなら毎ターンのドローによって(使う時までに)手札に入りやすいことや、序盤に引いてしまう事故も考えて1枚とする事が多い。

柔軟性のあるデッキに

また、場合によっては同じフィニッシャーを2枚デッキに入れるよりも、2種類のフィニッシャーを1枚ずつ入れたほうが、デッキに柔軟性を与えてくれることもある。

4.マナカーブを整える

マナカーブとは

TCG用語の一つ。デッキに入っているカードを、コスト毎に数えてグラフにしたときに現れる曲線のことを指す。マナとは、シャドウバースで言うPPのことである。

マナカーブを整える

毎ターンカードをプレイしたい

一般的にTCGでは、毎ターンカードをプレイすることが重要で、さらにPPを使い切るように行動するのが良いとされる。採用するカードのコストが極端に偏らないようにしよう。

枚数調整をする

2コストを頂点としてゆるやかに減少していく曲線を描くように、デッキ内のカード枚数を調整するのが基本だ。こうすることにより、高確率で毎ターン動けるようになる。

▲あくまで一例だが理想的なマナカーブがこちら

安定したデッキを目指す

【3.枚数を決める】で作成したデッキをここで調整し、バランスが悪いようなら思い切って採用するカードを変えるというのもあり得る。「ハマったときに劇的な効果を上げる」ことよりも「安定してデッキを回せる」ようにするのがコツだ。

補足.環境に合わせる

環境とは

カードゲームにおける環境とは、主にランクマッチでどんなデッキが流行しているのかということ。その時々で実装されているカードによって環境が変化するのは当然だが、カードプールが変わらなくても環境は刻一刻と変わっていく。

環境に合わせてデッキを調整する

その時々で流行しているデッキに強いカードをいれたデッキを使っていれば当然勝率は上がる。デッキがある程度固まって、基本的な運用に慣れてきたら環境に合わせたデッキのカスタマイズもできるとよい。このような戦略のことをメタゲームと呼ぶ。

実際に組んでみよう!

自分のやりたいデッキを組もう

あとは実践あるのみ。上記のことを踏まえ、実際に自分のやりたいデッキを組んでみよう。もし悩んだ時は、新環境デッキ集や最強デッキランキングをぜひ参考にして下さい。きっとやりたいデッキが見つかるはず!新環境デッキ集はこちら

シャドウバース攻略wikiの他の記事

初心者がやることまとめ

初心者攻略まとめ

デッキ編成のコツ

テクニックまとめ

報酬まとめ

ルール/用語について解説

カード評価一覧

全カード評価

デッキレシピ

リセマラ情報

© Cygames, Inc.
※当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

この記事を読んだ人におすすめ
記事について指摘する

ここで書いた内容は記事には表示されません。


攻略メニュー

攻略情報

大会情報

リセマラ

新パック情報

ガチャシミュ

カードの所持率をチェック

デッキ紹介/シミュレーター

クラス別

カード評価一覧

全カード

レア度別

クラス別

効果別

アリーナ情報

2Pickまとめ

2Pickカード評価

2Pick5勝デッキ

初心者情報

初心者まとめ

デッキ編成のコツ

テクニックまとめ

ルール/用語について

アップデート/修正情報

その他

会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中