シャドバ
シャドウバース攻略wiki
ミッドレンジヘクターネクロのデッキレシピと立ち回り

ミッドレンジヘクターネクロのデッキレシピと立ち回り

最終更新 :
シャドバ攻略からのお知らせ
みんながどんなデッキを使っているか、SNSで見てみよう!

「ミッドレンジヘクターネクロ」デッキのレシピ記事になります。概要や立ち回りなども掲載しているので、お役立て下さい。

目次

ネクロマンサーの他のデッキはこちら

ネクロマンサーのデッキ一覧
スポンサーリンク

ミッドレンジヘクターネクロの評価と概要

ミッドレンジヘクターネクロの評価197

評価点10 /10点
生成コストの目安31,700
扱いやすさ★★★★・
他のデッキの評価はこちら

ヘクターネクロの概要

ヘクターを搭載したミッドレンジデッキ

低コストのカードから高コストのカードをバランスよく採用したネクロマンサーの中速デッキ。ヘクターを搭載することによって、終盤の爆発力と粘り強さを兼ね備えている。

ドローソースが豊富

ソウルコンバージョンに加え、デーモンイーターを3枚採用している。ドローソースが豊富に採用されており、息切れしにくいのが特徴だ。また自壊を活かせるように闇の従者などのラストワード持ちも多めとなっている。

主なデッキとの相性197

ヘクターネクロの相性傾向

ヘクターを始めとした個々のカードのパワーが高く、多くデッキに対して有利となっている。ただし闇の従者など盤面に干渉しづらいフォロワーを採用しているので、展開の早いアグロヴァンパイアなどにはやや不利となっている。

スポンサーリンク

サンプルレシピ

デッキレシピ197

デッキコードを発行

※リンク先のシャドウバースポータルで、ご自身でデッキコードを発行してください。

スポンサーリンク

注目カードと採用理由197

カード名説明
デーモンイーターフォロワーを自ら破壊することができ、2枚ドローできる。自らラストワードの効果を発動させたり、デッキの回転をよくすることができるカード。
ウルズフォロワーを破壊し、同名フォロワーを場に出す効果を持つ。このデッキに多いラストワードを持つフォロワーと相性が良い。
魔将軍・ヘクターフォロワー展開、全体強化、全体除去と様々な使い方ができるカード。カードパワーが高く、このカードで試合が決まることが多い。

入れ替え候補のカード197

カード名説明
スパルトイサージェントファンファーレで墓場を増やせるため、他のカードのネクロマンスを手助けできる。2コストフォロワーとの入れ替え候補。
骨の貴公子スケルトンで墓場を増やせるほか、場にフォロワーが残こりやすくなるので、ヘクターの効果を活かしやすい。3~4コストカードとの入れ替え候補。
ブラックスワン・オディール相手のリーダーと相手のフォロワーすべてに2ダメージを与えるため、より攻撃的なデッキにするときに採用したい。死の祝福などとの入れ替え候補。
スポンサーリンク

デッキの立ち回り

マリガン1

低コスト中心に揃える

序盤は低コストフォロワーを中心に手札に揃えよう。特に2コスト2/2のリリエル破魂の少女はなるべく押さえておきたい。また後攻であれば、相手の展開を妨害できるゾンビパーティーをキープしておくと良いだろう。

1~3ターン0

マナカーブ通りに展開

1、2、3と展開していき、中盤にボーンキマイラ闇の従者などを自壊できるように動いていこう。基本的には盤面を取ることを優先するが、相手の展開が遅いようならファントムハウルによる早期決着も視野に入れておこう。

4〜6ターン0

盤面を優先

積極的にEPなどを使って、出来るだけ有利な盤面を維持しよう。場に複数のフォロワーを並べつづけることができれば、7ターン目のヘクターで、そのままフィニッシュしてしまうことも可能だ。

積極的にカードを引きにいく

7コストの強力なカードたちをデーモンイーターソウルコンバージョンのドローで引いていきたい。フォロワーを破壊するデメリットも強力なラストワードを持つ闇の従者よろめく不死者を対象にすれば、大きなメリットに変えることが可能だ。

7〜10ターン1

ヘクターで盤面を制圧

終盤はヘクターを出し、ネクロマンスで出てきたゾンビで盤面を制圧しよう。自分の場にフォロワーが並んだ状態で出せれば、大ダメージを狙えるので、一気に相手の体力を削ることも可能だ。

スポンサーリンク

過去のレシピ

神々の騒嵐期の概要とレシピ

概要

tier1を維持

ヘクター骨の貴公子などカードパワーの高いものが追加され、一気に環境を席巻した。場にフォロワーが残りやすく、継続して攻撃することができ、回復が得意なビショップでさえ押し切ることが出来た。勝率もトップに君臨していた。

ナーフ後もtier1は変わらず

骨の貴公子がナーフされた後もtier1を維持し続けた。シャドウリーパーヘクターなど、単純にカードパワーだけで相手を押し切る姿も多く見られ、苦手なデッキが少ない印象のデッキだった。

デッキレシピ

バハムート期の概要とレシピ

バハムート期のレシピ

概要

ラストワードネクロが流行る

バハムート降臨実装当時は、ネフティスが不具合で使えなかったこともあり、ラストワード持ちを多く採用した型が流行った。とはいえ、後にネフティスネクロが台頭したため、最終的にはtier3程度の使用率で落ち着いた。

デッキレシピ

エボルヴ期の概要とレシピ

エボルヴ期のレシピ

概要

使用者はほとんどおらず

エボルヴで追加された蠅の王は強力だったが、他のリーダーに比べるとあまり強化されされなかったネクロマンサー。全体的にカードパワーが足りず、勝率が伸びなかった。それゆえ、使用率も低く最終的にはtier4まで落ち込んでしまった。

デッキレシピ

スタンダード期の概要とレシピ

スタンダード期のレシピ

概要

ロイヤルにある程度有利を取れた点が評価

小型フォロワーの攻撃をけん制できる死の祝福や、海底都市王・乙姫の返しとしても使える腐の嵐により、当時環境トップのミッドレンジロイヤルにある程度強く出られた。

途中からはアグロネクロに取って代わられる

ミッドレンジロイヤルにはある程度有利なものの、同じく環境トップであった冥府エルフには苦戦を強いられていた。スタンダード環境後期では、冥府エルフにもある程度強く出られるアグロネクロを使うネクロマンサー使いがほとんどだった。

デッキレシピ

フォロワー重要度コスト枚数
ベルエンジェル★★・23枚
スパルトイサージェント★★・23枚
スカルウィドウ★★・23枚
ラビットネクロマンサー★★★33枚
スケルトンナイト★・・32枚
ウルズ★★・42枚
悪戯なネクロマンサー★★・42枚
地獄の解放者★★・42枚
ケルベロス★★★53枚
デュエリスト・モルディカイ★★★82枚
スペル重要度コスト枚数
ソウルコンバージョン★★・12枚
消えぬ怨恨★★・23枚
ソウルハント★★・32枚
腐の嵐★★★32枚
深淵への誘い★★★53枚
死の祝福★★★63枚
スポンサーリンク

シャドウバース攻略wikiの他の記事

ネクロマンサーの他のデッキはこちら

ネクロマンサーのデッキ一覧

カード評価一覧

全カード評価

クラス別カード一覧

デッキレシピ

リセマラ情報

この記事を読んだ人におすすめ

© Cygames, Inc.
※当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

みんなのおすすめカードは?

WD@ミント&ネフティス狂信者
333166

【カード名】
ケルベロスとハウルを抜く
【理由】
環境がとてつもなく速いので少しでもアグロをメタっているカードを採用したほうが勝率が安定すると思います。

記事について指摘する

ここで書いた内容は記事には表示されません。


攻略メニュー

攻略情報

大会情報

リセマラ

新パック情報

ガチャシミュ

カードの所持率をチェック

デッキ紹介/シミュレーター

クラス別

カード評価一覧

全カード

レア度別

クラス別

効果別

アリーナ情報

2Pickまとめ

2Pickカード評価

2Pick5勝デッキ

初心者情報

初心者まとめ

デッキ編成のコツ

テクニックまとめ

ルール/用語について

アップデート/修正情報

その他

会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中