シャドバ
シャドウバース攻略wiki
生成におすすめカード一覧

【シャドバ】生成におすすめカード一覧【シャドウバース】

最終更新 :
シャドバ攻略からのお知らせ
全てのアディショナルカードが公開!カード一覧はこちら!

シャドウバースの生成におすすめのカードを紹介しています。シャドウバースでカードを生成する際の参考にしてください。

分解おすすめのカードはこちら

生成おすすめカード

レッドエーテルでカード生成

レアリティ毎に決められた量のレッドエーテルを使用することで、任意のカードを生成することができる。ただし、レッドエーテルは貴重なため、カードを生成する際は慎重になろう。

レッドエーテルとカード生成についてはこちら

フォーマットの違いに注意

構築戦では、主に最新の5パックのカードを使用して戦うローテーションルールと、今までのほぼ全てのカードが使用できるアンリミテッドルールが存在する。どちらのルールで戦うのかで、生成おすすめのカードが変わってくるので、注意しよう。

フォーマットについての詳しい解説はこちら

最初はローテーションがおすすめ

ローテーションとアンリミテッド、どちらのルールで戦うのか迷った場合は、ローテーションから始めるのがオススメだ。カード資産が少なくても始めやすく、また覚えなければならないカードの数も少ないので、初心者の方でもとっつきやすい。

ローテーションの生成おすすめカード

目次

▼アンリミテッドの生成おすすめはこちら

エルフ(ローテ)

レジェンドおすすめポイント
インセクトキング【おすすめデッキ】
ミッドレンジエルフなど
【おすすめポイント】
スタータスは低いが、細かな除去ができるため、序盤・中盤のテンポを取りやすい。
カシオペア【おすすめデッキ】
ミッドレンジエルフなど
【おすすめポイント】
複数体の除去を1枚でこなしてくれるのが嬉しい。ピンチの時に輝くカードだ。
ゴールドおすすめポイント
ジャングルの守護者【おすすめデッキ】
ミッドレンジエルフなど
【おすすめポイント】
中盤は守護として、終盤では疾走として役立ってくれる。コントロール系のエルフデッキと相性バツグンの1枚。
ヴィーナス【おすすめデッキ】
ミッドレンジエルフなど
【おすすめポイント】
リソースを補充できる点が優秀。コントロール系のデッキと相性が良く、複数枚採用されることも少なくない。
クリスタリア・エリン【おすすめデッキ】
ミッドレンジエルフ
【おすすめポイント】
回復と守護を持つ守りに秀でたフォロワー。様々なエルフデッキで使用される。
シルバーおすすめポイント
妖精の調べ【おすすめデッキ】
アグロエルフなど
【おすすめポイント】
2枚以上プレイしていれば、全体強化ができるスペル。2コストと低コストであり、効果の発動は比較的容易だ。フェアリー2枚を手札に加える効果も持つため、後続を手札に残すことができる点も優秀。
茨の森【おすすめデッキ】
エルフデッキ全般
【おすすめポイント】
2コストでフェアリー2枚を手札に加えながら、交戦時に相手フォロワーに1ダメージを与える効果を味方フォロワーに付与するアミュレット。小型フォロワーでも除去を行いやすくなるうえ、体力1の相手フォロワーを無傷で倒せる点が優秀。

ロイヤル(ローテ)

レジェンドおすすめポイント
空の指揮官・セリア【おすすめデッキ】
ミッドレンジロイヤルなど
【おすすめポイント】
2コスト2/2フォロワーとして使えるほか、チョイスによりフィニッシャー並びに展開役としても活躍する。とりあえずデッキに入れておきたいカードだ。
騎士王・アーサー【おすすめデッキ】
ミッドレンジロイヤルなど
【おすすめポイント】
1枚で場を埋めることも可能であり、展開力の高さがウリのフォロワー。デッキ圧縮にも繋がるため、ドローカードが強くなりやすい点も魅力。
スカイフォートレス【おすすめデッキ】
ミッドレンジロイヤルなど
【おすすめポイント】
場に1体でもフォロワーが残れば、相手に大ダメージを与えやすい。自身が突進を持っているため、相手の守護フォロワーを処理しつつ、打点を通しやすい点が評価できる。
ゴールドおすすめポイント
白と黒の血統【おすすめデッキ】
ミッドレンジロイヤルなど
【おすすめポイント】
余ったPPで発動させるのではなく、基本的にはエンハンスでプレイしたいカード。エンハンスで使えば、強力な効果を持ったカードを2枚手札に加えられ、その後の展開に応じて使い分けもできる。
嵐の槍使い【おすすめデッキ】
ミッドレンジロイヤルなど
【おすすめポイント】
エンハンス時の効果が強力だが、3コストで出しても突進を持つため悪くない。ミッドレンジロイヤルには優先的に採用されることの多い1枚。
シルバーおすすめポイント
刃ネズミ【おすすめデッキ】
ミッドレンジロイヤルなど
【おすすめポイント】
1/3と体力寄りのステータスで場に残りやすいほか、相手フォロワーが破壊されるたびに攻撃力が上がっていくので、2コストとは思えない攻撃力になることも少なくない。ミッドレンジロイヤルの序盤を支えてくれる1枚。
クーフーリン【おすすめデッキ】
ミッドレンジロイヤルなど
【おすすめポイント】
エンハンス時に突進&必殺でフォロワーの除去に役立つが、そのままでも2/1の突進持ちフォロワーとして活躍してくれる。ミッドレンジロイヤルで採用されることが多いカードだ。
魔導狙撃士・ワルツ【おすすめデッキ】
ミッドレンジロイヤルなど
【おすすめポイント】
ステータスは低めだが、チョイスで手に入るスペルがどちらも強力。手札を減らさずにプレイできる点もドローソースの少ないロイヤルでは評価が高い。
ルミナスメイジ【おすすめデッキ】
ロイヤルデッキ全般
【おすすめポイント】
EPを温存しつつ、フォロワーの展開を行える点が優秀。ミッドレンジロイヤルを始めとした様々なロイヤルデッキで採用されるカード。

ウィッチ(ローテ)

レジェンドおすすめポイント
宿命の語り部・ルーニィ【おすすめデッキ】
ギガントキマイラウィッチなど
【おすすめポイント】
状況に合わせてチョイスできる点に加え、攻撃時にスペルブーストできる点が優秀。ステータスの低さはやや気になるが、積極的に採用したいカードだ。
オズの大魔女【おすすめデッキ】
秘術ウィッチなど
【おすすめポイント】
5コスト4/5フォロワー。プレイ時にカードを5枚になるまでドローした後、スペルブーストを持たないスペルのコストを1にする。ドローとコスト削減を同時に行える優秀なカード。ラストワードが発動すると、次のターンで手札のスペルが消滅してしまうので気をつけよう。
ギガントキマイラ【おすすめデッキ】
ギガントキマイラウィッチなど
【おすすめポイント】
スペルブーストさえ溜まっていれば、相手の盤面を一掃しつつ相手リーダーにダメージを与えられる。デッキのフィニッシャーとして活躍するカードだ。
ゴールドおすすめポイント
偉大なる魔術師・レヴィ【おすすめデッキ】
秘術ウィッチなど
【おすすめポイント】
6コスト4/4フォロワー。ファンファーレでリーダーかフォロワーに3ダメージ。土の秘術を使用すれば相手全体に3ダメージを与えることができる。土の秘術効果が強力なため、秘術ウィッチでは重宝される。
変異の雷撃【おすすめデッキ】
秘術ウィッチなど
【おすすめポイント】
大型フォロワー対策に有用な1枚。秘術ウィッチでは複数枚採用されることも多く、実用性が高い。扱う際には燃えネズミのダメージ効果を上手く活用しよう。
シルバーおすすめポイント
マナリアの知識【おすすめデッキ】
ギガントキマイラウィッチなど
【おすすめポイント】
1コストと軽めのコストでリソースの補充を行える。加えられるカードは2コストであり、1ターン目にこのカードを発動した後にプレイすることも可能だ。
静寂の実験室【おすすめデッキ】
秘術ウィッチなど
【おすすめポイント】
土の印を場に置きつつ、フォロワーを場に残せる点が優秀。秘術ウィッチでは3枚採用されることも少なくない。
聖法の教師・フロウ【おすすめデッキ】
秘術ウィッチなど
【おすすめポイント】
自分の場に土の印・アミュレットが出るたび、自分のリーダーを1回復。ファンファーレで土の魔片1つを出す。3コスト2/3と標準的なステータスを持つ上、土の印補充要員として無難な活躍が見込める。
キマイラ【おすすめデッキ】
ギガントキマイラウィッチなど
【おすすめポイント】
スペルブーストでコストが下がるので、中盤には使えるようになることが多い。火力効果によって簡単に盤面を取ることができる。

ドラゴン(ローテ)

レジェンドおすすめポイント
水竜神の巫女【おすすめデッキ】
ランプドラゴンなど
【おすすめポイント】
5コスト3/4フォロワー。PPブーストと回復効果どちらも優秀なため、ランプドラゴンなら3枚採用したいフォロワーだ。
ゴールドおすすめポイント
竜剣の少女・アイラ【おすすめデッキ】
ランプドラゴンなど
【おすすめポイント】
進化時にEPを増やすことができるフォロワー。ローテ、アンリミ問わず有用な1枚なのでランプドラゴンを作成するならば生成しておこう。
斬竜剣士・ロイ【おすすめデッキ】
ランプドラゴンなど
【おすすめポイント】
貴重なPPブーストカードというだけで評価がかなり高い。またPPブーストの代わりに除去カードもチョイスできるので、終盤であっても腐りにくい点が高評価。
狂えるドレイク【おすすめデッキ】
ランプドラゴンなど
【おすすめポイント】
全体火力により、相手の戦力を削ることができる。ステータスもそれほど悪くなく、処理に相手のリソースをつぎ込ませることも可能だ。
シルバーおすすめポイント
相反する息吹・ガルア【おすすめデッキ】
ランプドラゴンなど
【おすすめポイント】
チョイス先のスペルがどちらも優秀。相手や状況によって使い分け、勝ちに繋がる用にしよう。
竜の峡谷【おすすめデッキ】
ランプドラゴンなど
【おすすめポイント】
7コストと重く、出す際のテンポロスは気になるが、出すことさえできればかなり強力。相手にプレッシャーをかけ続けることができる。

ネクロマンサー(ローテ)

レジェンドおすすめポイント
冥守の長・アイシャ【おすすめデッキ】
ミッドレンジネクロなど
【おすすめポイント】
ネクロマンスとエンハンス効果がどちらとも優秀であり、フィニッシャーとして運用されることが多いカードだ。ミッドレンジネクロを作成する際には生成しておきたい。
永劫を求む者・ケリドウェン【おすすめデッキ】
リアニメイトネクロなど
【おすすめポイント】
チョイスで加えられるスペルがどちらも優秀。進化と合わせて2体処理を狙ったり、リアニメイト10によって早期に大型フォロワーの召喚を狙うことができる。
魔将軍・ヘクター【おすすめデッキ】
ミッドレンジネクロなど
【おすすめポイント】
7コスト5/6ネクロマンスを発動できれば、ゾンビ2体の展開ができる。ネクロマンスを発動できなくても全体の攻撃力上昇はできるので、単純なカードパワーが高い。
ゴールドおすすめポイント
破魂の少女【おすすめデッキ】
ネクロデッキ全般
【おすすめポイント】
墓場が必要なものの、進化後フォロワーを破壊できるため、盤面を取る際に役立つ。様々なネクロデッキで採用されるカードだ。
アンドレアルフス【おすすめデッキ】
ネクロデッキ全般
【おすすめポイント】
ラストワードで手札補充を行えるため、序盤から中盤かけて活躍してくれるフォロワー。様々なネクロデッキで採用を見かける。
夜の令嬢・セレス【おすすめデッキ】
ミッドレンジネクロなど
【おすすめポイント】
4コスト1/4フォロワー。交戦時に2ダメージを与えられるうえ、ターン終了時に回復できるので、アグロデッキ対策に用いられる。
シルバーおすすめポイント
骨の貴公子【おすすめデッキ】
ヘクターネクロなど
【おすすめポイント】
4コスト1/1フォロワー。自身のステータスは低いが、味方フォロワーにスケルトンを出すラストワードを付与するので、総ステータスがかなり高くなる場合もある。場持ちがよくなり、墓場もためられるため、かなり有用なフォロワーだ。

ヴァンパイア(ローテ)

レジェンドおすすめポイント
ベルフェゴール【おすすめデッキ】
復讐ヴァンパイアなど
【おすすめポイント】
4コスト4/4ファンファーレ カードを2枚引く。その後、復讐状態でないなら、自分のリーダーの体力が10になるようにダメージを与える。自ら復讐状態になれる上、カードを2枚ドローできるのは優秀。復讐ヴァンパイアなどのデッキで優先度が高い。
邪悪なる妖精・カラボス【おすすめデッキ】
アグロヴァンパイアなど
【おすすめポイント】
6コスト5/5フォロワー。継続的なダメージを与えられるため、相手にプレッシャーを与えることができる。また、毎ターン終了時のドロー効果もリーダーに付与されるので、息切れがしにくくなる。ただし、PPが増えなくなるという大きなデメリットも持つため、採用する際は7コスト以上のカードをデッキに入れないなどの工夫が必要となる。
ゴールドおすすめポイント
デモンオフィサー・エメラダ【おすすめデッキ】
ヴァンパイアデッキ全般
【おすすめポイント】
7コスト4/5ファンファーレ 相手のフォロワー1体か相手のアミュレット1つを破壊する。復讐 状態なら、疾走 を持つ。通常プレイ時でもカードを1枚破壊することができ、復讐状態なら疾走も追加で付与される。どの形のヴァンパイアでも使用できるカード。
シルバーおすすめポイント
バフォメット【おすすめデッキ】
ヴァンパイアデッキ全般
【おすすめポイント】
2コスト2/1でヴァンパイアフォロワーをサーチする効果を持つ。有用なサーチ効果を持っているので、多くのヴァンパイアデッキに採用される。
緋色の剣士【おすすめデッキ】
ヴァンパイアデッキ全般
【おすすめポイント】
5コスト2/4必殺 ファンファーレ 相手のフォロワー1体に2ダメージ。自分のリーダーを2回復。回復とダメージを同時に行え、使いやすい。ほとんどのヴァンパイアデッキで採用されることの多いカード。
絡み付く鎖【おすすめデッキ】
アグロヴァンパイアなど
【おすすめポイント】
フォロワーとリーダーにダメージを与えることができ、盤面を取る際に役立つ。アグロヴァンパイアを始めとした早いデッキで採用されることが多い。

ビショップ(ローテ)

レジェンドおすすめポイント
スノーホワイトプリンセス【おすすめデッキ】
ビショップデッキ全般
【おすすめポイント】
ラストワードで進化しつつ蘇るため、場持ちが良い。低コストで扱いやすいフォロワーのため、様々なビショップデッキで採用されるカードだ。
希望導く聖乙女・ジャンヌ【おすすめデッキ】
ビショップデッキ全般
【おすすめポイント】
標準的なステータスを備えている上に、エンハンスで相手フォロワー全てにダメージを与えられる。デッキタイプを選ばずに活躍してくれる1枚。
ケリュネイア【おすすめデッキ】
ビショップデッキ全般
【おすすめポイント】
チョイス前、チョイス後の3つの効果のいずれも強力。デッキや状況によって、効果的な効果を使えるので優先度は高い。
ヘヴンリーナイト【おすすめデッキ】
ビショップデッキ全般
【おすすめポイント】
アミュレットがある場合に疾走を持つことができ、即座に行動を行える。また、守護を持ちつつ、相手ターンに攻撃力が上がるため、防御面でも活躍してくれる。様々なビショップデッキで活躍してくれる。
ゴールドおすすめポイント
星導の天球儀【おすすめデッキ】
ビショップデッキ全般
【おすすめポイント】
ファンファーレでカウントダウンを持つアミュレットをサーチすることができ、ラストワードでドローも行えるため、リソースの補充に役立つ。ビショップデッキ全般で採用されるカードだ。
頂きの教会【おすすめデッキ】
教会ビショップなど
【おすすめポイント】
ビショップフォロワーの攻撃力を攻撃時のみ体力と同じにする効果を持つ。ヘヴンリーナイトとの相性が非常に良く、コンボが決まれば一線級のデッキとも張り合える。教会ビショップのキーカードだ。
シルバーおすすめポイント
三月ウサギのお茶会【おすすめデッキ】
ビショップデッキ全般
【おすすめポイント】
5コストアミュレット。カウントダウン 4ファンファーレ ラストワード ブリキの兵隊1体を出す。進化時3ダメージを与えられるブリキの兵隊を出すことができる。合計で2体のブリキの兵隊を出すことができるのが強み。幅広いビショップデッキで活躍できる。

ネメシス(ローテ)

レジェンドおすすめポイント
デウスエクスマキナ【おすすめデッキ】
ミッドレンジネメシスなど
【おすすめポイント】
リーダーに効果を付与することができ、アーティファクト関連のサポートとドローを行える。ミッドレンジネメシスには欠かせないカードであり、3枚採用されることが多い。
人形の少女・オーキス【おすすめデッキ】
操り人形ネメシスなど
【おすすめポイント】
操り人形軸のデッキのフィニッシャー。効果の発動には操り人形を必要とするが、単体のカードパワーが非常に高い。
ゴールドおすすめポイント
ハクラビ【おすすめデッキ】
ミッドレンジネメシスなど
【おすすめポイント】
共鳴状態であれば、2枚のアーティファクトを手札に加えられる。7ターン目などにプレイし、盤面を取る動きが強力だ。
造られし獣人・サフィラ【おすすめデッキ】
ミッドレンジネメシスなど
【おすすめポイント】
そのままでも突進を持つフォロワーとして運用可能であり、エンハンスを起動すれば疾走を持つことができる。フィニッシャーとして優秀な1枚だ。
シルバーおすすめポイント
製造術【おすすめデッキ】
ミッドレンジネメシスなど
【おすすめポイント】
デッキにカードを加えつつ、ドローを行える。アーティファクトをサーチするカードと相性が良いほか、共鳴状態に入る使い方も可能。アーティファクトを軸としたデッキと相性が良い1枚。
イカロス【おすすめデッキ】
ミッドレンジネメシスなど
【おすすめポイント】2コスト2/2フォロワー。ファンファーレでデッキにエンシェントアーティファクトを加えることができる。進化すれば即座に回収することができ、汎用性の高さが際立つ。ミッドレンジネメシスでは3枚採用されることも多い。
造られし命・ミリアム【おすすめデッキ】
ミッドレンジネメシスなど
【おすすめポイント】
共鳴状態のみという限定条件はあるが、デッキからアーティファクトをサーチできる点が優秀。3枚採用されることが多いカードだ。
すり替わり【おすすめデッキ】
ミッドレンジネメシスなど
【おすすめポイント】
消滅を行えるため、普通のフォロワーはもちろん、ラストワード持ちのフォロワーに対しても強くでることができる。ミッドレンジネメシスにも採用されることがあるカードだ。
熱狂の機兵士【おすすめデッキ】
ミッドレンジネメシスなど
【おすすめポイント】
自身のステータスも標準値はあるほか、即座にデッキのアーティファクトをサーチできる点が優秀。アーティファクトを起点としたネメシスデッキなら3枚採用されることが多いフォロワーだ。

ニュートラル(ローテ)

レジェンドおすすめポイント
月と太陽【おすすめデッキ】
様々なデッキタイプ
【おすすめポイント】
ニュートラルデッキを始め、スペルを多用するデッキなど、様々なデッキで採用されるカード。ラストワードで再び手札に加わるため、消滅などをされなければ無限リソースとしてつかうことができる。
ゼウス【おすすめデッキ】
ランプドラゴンなど
【おすすめポイント】
5/10の疾走、必殺、守護を持つフォロワー。コストが重いものの、汎用性が高く、非常に強力。コントロール系のデッキと相性が良い。
ゴールドおすすめポイント
天界の尖兵【おすすめデッキ】
各クラスの様々なデッキ
【おすすめポイント】
2コストの使い勝手の良いフォロワーとして採用が考えられる。進化時効果はやや扱いづらいが、上手く決まればかなり強力だ。
ヘクトル【おすすめデッキ】
各クラスのニュートラルデッキ
【おすすめポイント】
ニュートラルカードに依存した効果を持つため、採用できるデッキに制限はあるものの強力な効果を持つカード。手札枚数を維持しやすいニュートラルデッキであれば採用されることが多い。
シルバーおすすめポイント
純心の歌い手【おすすめデッキ】
各クラスの様々なデッキ
【おすすめポイント】
ファンファーレとラストワードでカードをドローできる。扱いやすく、汎用性に優れたカードといえる。様々なデッキで採用される。

アンリミテッドの生成おすすめカード

目次

▲ローテーションの生成おすすめはこちら

エルフ(アンリミ)

レジェンドおすすめポイント
インセクトキング【おすすめデッキ】
ミッドレンジエルフなど
【おすすめポイント】
スタータスは低いが、細かな除去ができるため、序盤・中盤のテンポを取りやすい。
エンシェントエルフ【おすすめデッキ】
OTKエルフなど
【おすすめポイント】
序盤の守護として有用なほか、リノセウスのコンボ要員としても活躍してくれる。
導きの妖精姫・アリア【おすすめデッキ】
OTKエルフなど
【おすすめポイント】
進化時効果を含めると0コストのトークンカード2枚を手札に加えられるため、リノセウスでのリーサルを狙う際に有用。
ビューティ&ビースト【おすすめデッキ】
ニュートラルエルフなど
【おすすめポイント】
高いステータスと除去耐性を持つニュートラルエルフのフィニッシャー。状況によってはこのカード1枚で勝負を決めることもある。
ゴールドおすすめポイント
リノセウス【おすすめデッキ】
エルフデッキ全般
【おすすめポイント】
2コスト1/1疾走、ターン終了までプレイした枚数分+1/+0する。手札に戻すカードとのコンボで1ターンに10以上のダメージを与えることもできるエルフのフィニッシャー枠。
エルフの少女・リザ【おすすめデッキ】
アグロエルフなど
【おすすめポイント】
2コスト2/2フォロワー。相手ターン終了時まで味方フォロワーに除去耐性を付与できる。フォロワーの場持ちが良くなることで、強化カードなどを活かしやすくなる。
大魔法の妖精・リラ【おすすめデッキ】
エルフデッキ全般
【おすすめポイント】
大型対策として有用な1枚。コストも3と軽く様々なエルフデッキで採用を検討できる。
妖精の使役者【おすすめデッキ】
アグロエルフなど
【おすすめポイント】
手札に余ったフェアリーを使い、打点もしくはフィニッシャーとして活躍してくれる。アグロエルフではかかせない1枚だ。
森の意志【おすすめデッキ】
OTKエルフなど
【おすすめポイント】
同じ効果を持つカシオペアよりも1少ないコストでプレイすることができる。主にOTKエルフで好んで採用されるカードだ。
クリスタリア・エリン【おすすめデッキ】
エルフデッキ全般
【おすすめポイント】
回復と守護を持つ守りに秀でたフォロワー。様々なエルフデッキで使用される。
シルバーおすすめポイント
妖精の調べ【おすすめデッキ】
アグロエルフなど
【おすすめポイント】
2枚以上プレイしていれば、全体強化ができるスペル。2コストと低コストであり、効果の発動は比較的容易だ。フェアリー2枚を手札に加える効果も持つため、後続を手札に残すことができる点も優秀。
茨の森【おすすめデッキ】
エルフデッキ全般
【おすすめポイント】
2コストでフェアリー2枚を手札に加えながら、交戦時に相手フォロワーに1ダメージを与える効果を味方フォロワーに付与するアミュレット。小型フォロワーでも除去を行いやすくなるうえ、体力1の相手フォロワーを無傷で倒せる点が優秀。

ロイヤル(アンリミ)

レジェンドおすすめポイント
空の指揮官・セリア【おすすめデッキ】
アグロロイヤルなど
【おすすめポイント】
チョイス効果がどちらも強力であり、汎用性の高さがウリのフォロワー。アグロロイヤルはもちろん、ミッドレンジロイヤルでも採用率の高いフォロワーだ。
レヴィオンセイバー・アルベール【おすすめデッキ】
ミッドレンジロイヤルなど
【おすすめポイント】
5コスト3/5の疾走フォロワー。エンハンス9で2回攻撃できるようになり、さらにターン終了時までアルベールが受けるダメージを0にする。相手の体力削りとしても、フォロワー除去役としても優秀な活躍が見込める。
ダークセイバー・メリッサ【おすすめデッキ】
ミッドレンジロイヤルなど
【おすすめポイント】
盤面の強化を行うことができ、序盤~中盤にかけて活躍してくれるフォロワー。ミッドレンジロイヤルには複数枚採用されることも多い。
騎士王・アーサー【おすすめデッキ】
ミッドレンジロイヤルなど
【おすすめポイント】
1枚で場を埋めることも可能であり、展開力の高さがウリのフォロワー。ミッドレンジロイヤルでは複数枚採用されることも多い。
スカイフォートレス【おすすめデッキ】
ミッドレンジロイヤルなど
【おすすめポイント】
フォロワーの強化が行える点はもちろん強力だが、突進を持っているため、単体でも最低限の活躍はしてくれる。ミッドレンジロイヤルではよく見かけるカード。
ゴールドおすすめポイント
白と黒の決闘【おすすめデッキ】
ミッドレンジロイヤルなど
【おすすめポイント】
1コスト1/2の指揮官フォロワー。指揮官を参照して効果が発動するケンタウロスヴァンガードなどと組み合わせる使い方が有用。
ホワイトパラディン【おすすめデッキ】
ミッドレンジロイヤルなど
【おすすめポイント】
守護を持つほか、進化させることで盤面の展開を狙える。アグロデッキなどに対して強いカードだ。ミッドレンジ〜コントロールタイプのロイヤルで採用されていることが多い。
円卓会議【おすすめデッキ】
アグロロイヤルなど
【おすすめポイント】
コスト3の指揮官・カードをランダムに2枚、自分のデッキから場に出す。実質6コスト分の動きを出来ることが単純に優秀。デッキを圧縮できる点も高評価だ。
シルバーおすすめポイント
クーフーリン【おすすめデッキ】
ミッドレンジロイヤルなど
【おすすめポイント】
エンハンス時に突進&必殺でフォロワーの除去に役立つが、そのままでも2/1の突進持ちフォロワーとして活躍してくれる。ミッドレンジロイヤルで採用されることが多いカードだ。
プリンセス・ジュリエット【おすすめデッキ】
アグロロイヤルなど
【おすすめポイント】
3コスト2/2疾走フォロワー。単純に3コストの疾走フォロワーとして使えるほか、コスト軽減効果を持つので、5PP時に3コストの指揮官フォロワーと合わせて使いやすい。また、円卓会議との相性もよく、活かせる場面は多い。
魔導狙撃士・ワルツ【おすすめデッキ】
ロイヤルデッキ全般など
【おすすめポイント】
3コストと軽めのコストでプレイできるほか、チョイスで加わるスペルがどちらも強力。ロイヤルデッキを構築する際には採用されることが多いカード。
先陣の騎兵【おすすめデッキ】
ミッドレンジロイヤルなど
【おすすめポイント】
展開&回復効果を持つフォロワーであり、中盤の盤面を取るのに有用なフォロワー。ミッドレンジロイヤルでは複数枚採用されることも少なくない。
ルミナスメイジ【おすすめデッキ】
ロイヤルデッキ全般など
【おすすめポイント】
EPを温存しつつ、フォロワーの展開を行える点が優秀。ミッドレンジロイヤルを始めとした様々なロイヤルデッキで採用されるカード。

ウィッチ(アンリミ)

レジェンドおすすめポイント
オズの大魔女【おすすめデッキ】
秘術ウィッチなど
【おすすめポイント】
5コスト4/5フォロワー。プレイ時にカードを5枚になるまでドローした後、スペルブーストを持たないスペルのコストを1にする。ドローとコスト削減を同時に行える優秀なカード。ラストワードが発動すると、次のターンで手札のスペルが消滅してしまうので気をつけよう。
次元の魔女・ドロシー【おすすめデッキ】
ドロシーウィッチなど
【おすすめポイント】
コストをある程度下げられれば、十分な活躍を見せる。さらに、ドローしてきたカードをプレイすることができれば、1ターンで大量展開することも可能。
ギガントキマイラ【おすすめデッキ】
超越ウィッチなど
【おすすめポイント】
スペルブーストの数に応じてダメージを与えることができる。超越ウィッチのフィニッシャーとして採用されることが多い。
ゴールドおすすめポイント
古き魔術師・レヴィ【おすすめデッキ】
ウィッチデッキ全般
【おすすめポイント】
2コスト2/2で、進化時効果で紅蓮の魔術を手札に加える。紅蓮の魔術は1コストで相手フォロワーかリーダーに3点と非常に優秀で、中盤以降も役に立つ汎用性の高さが光る。
偉大なる魔術師・レヴィ【おすすめデッキ】
アグロ秘術ウィッチなど
【おすすめポイント】
6コスト4/4フォロワー。ファンファーレでリーダーかフォロワーに3ダメージ。土の秘術を使用すれば相手全体に3ダメージを与えることができる。土の秘術効果が強力なため、秘術ウィッチでは重宝される。
ゴーレムアサルト【おすすめデッキ】
超越ウィッチなど
【おすすめポイント】
手に入るガーディアンの練成と合わせて、2回のスペルブーストを行える点が優秀。またエンハンスで使うと3枚のガーディアンの練成を手に入れられる。超越ウィッチでは守護としてはもちろん、アタッカーとして使われることも多い。
次元の超越【おすすめデッキ】
超越ウィッチなど
【おすすめポイント】
20コストだが、スペルブーストでコストが-1され、ターン終了後もう1度自分のターンを行うスペル。発動さえできれば一気にゲームエンドまで持っていくことも可能。
シルバーおすすめポイント
マナリアの知識【おすすめデッキ】
超越ウィッチなど
【おすすめポイント】
1コストと軽めのコストでリソースの補充を行える。加えられるカードは2コストであり、1ターン目にこのカードを発動した後にプレイすることも可能だ。超越ウィッチなどではかかせない1枚。
ドワーフアルケミスト【おすすめデッキ】
秘術ウィッチなど
【おすすめポイント】
お手軽な2コストフォロワーであり、秘術ウィッチには優先して採用されるカード。進化時効果も強力なものなので、手札がやや心もとないときにはこのカードにEPを使うと良い。
幻惑の奇術師【おすすめデッキ】
秘術ウィッチなど
【おすすめポイント】
土の秘術での復活効果を持った2コスト2/1フォロワー。土の印は低コストのものが多く、このカードの復活によりアドバンテージを得やすい。
聖法の教師・フロウ【おすすめデッキ】
秘術ウィッチなど
【おすすめポイント】
自分の場に土の印・アミュレットが出るたび、自分のリーダーを1回復。ファンファーレで土の魔片1つを出す。3コスト2/3と標準的なステータスを持つ上、土の印補充要員として無難な活躍が見込める。
精神統一【おすすめデッキ】
超越ウィッチなど
【おすすめポイント】
場に土の印があれば、回復しつつ3ドローをすることができる。次元の超越や、デッキの回転に重要な低コストスペルを持ってこれると嬉しい。
キマイラ【おすすめデッキ】
超越ウィッチなど
【おすすめポイント】
スペルブーストでコストが下がるので、超越ウィッチのアタッカーとして使われることが多い。また超越ウィッチの苦手なアグロデッキを止めることにも役立つ。

ドラゴン(アンリミ)

レジェンドおすすめポイント
水竜神の巫女【おすすめデッキ】
ランプドラゴンなど
【おすすめポイント】
5コスト3/4フォロワー。PPブーストと回復効果どちらも優秀なため、ランプドラゴンなら3枚採用したいフォロワーだ。
ダークドラグーン・フォルテ【おすすめデッキ】
ランプドラゴンなど
【おすすめポイント】
6コスト5/1疾走フォロワー。進化すれば攻撃力は7となり、大きなダメージを相手に即座に与えられる。覚醒状態であれば、除去耐性も持つので複数ターンに渡る活躍にも多少期待ができる。
ゴールドおすすめポイント
竜剣の少女・アイラ【おすすめデッキ】
ランプドラゴンなど
【おすすめポイント】
進化時にEPを増やすことができるフォロワー。ローテ、アンリミ問わず有用な1枚なのでランプドラゴンを作成するならば生成しておこう。
サラマンダーブレス【おすすめデッキ】
ドラゴンデッキ全般
【おすすめポイント】
相手のフォロワー1体に3ダメージ。エンハンス 6; その後、相手のフォロワーすべてに2ダメージ。通常時でも3ダメージを与えられ、エンハンスではそれに加えて相手フォロワー全てに2ダメージを与えられる。除去カードとして優秀。
不死鳥の乗り手・アイナ【おすすめデッキ】
フェイスドラゴン
【おすすめポイント】
盤面のフォロワーの数に応じて打点を上げる効果を持つ。状況によっては10点以上のダメージも狙うことができる強力なフィニッシャーだ。
シルバーおすすめポイント
ジークフリート【おすすめデッキ】
原初ドラゴンなど
【おすすめポイント】
ダメージを受けているフォロワーを破壊することができるため、除去に進化をあまり使いたくないフェイスドラゴンと相性が良い。
竜の闘気【おすすめデッキ】
ランプドラゴンなど
【おすすめポイント】
5コストスペル。自分のPP最大値を+1する。カードを2枚引く。自分のリーダーを3回復。5コストで3つの効果を一挙にこなせる点が強力。テンポロスは痛いものの、ランプドラゴンなどで採用率が高いカードだ。

ネクロマンサー(アンリミ)

レジェンドおすすめポイント
永劫を求む者・ケリドウェン【おすすめデッキ】
骸ネクロなど
【おすすめポイント】
チョイスで加わえられるスペルはどちらも強力であり中盤〜終盤のいつでも扱いやすい。骸ネクロやリアニメイトネクロで活躍してくれるカードだ。
骸の王【おすすめデッキ】
骸ネクロなど
【おすすめポイント】
コストを踏み倒してのプレイが可能であり、3ターン目にでることも少なくない。骸ネクロのキーカードなのでデッキを作る場合は生成しておくといい。
魔将軍・ヘクター【おすすめデッキ】
ミッドレンジネクロなど
【おすすめポイント】
7コスト5/6ネクロマンスを発動できれば、ゾンビ2体の展開ができる。ネクロマンスを発動できなくても全体の攻撃力上昇はできるので、単純なカードパワーが高い。
ゴールドおすすめポイント
破魂の少女【おすすめデッキ】
ネクロデッキ全般
【おすすめポイント】
墓場が必要なものの、進化後フォロワーを破壊できるため、盤面を取る際に役立つ。様々なネクロデッキで採用されるカードだ。
常闇の梟【おすすめデッキ】
骸ネクロなど
【おすすめポイント】
葬送&サーチ効果を持つフォロワーであり、序盤〜中盤にかけて役立つフォロワー。骸ネクロ、リアニメイトネクロで活躍してくれる。
夜の令嬢・セレス【おすすめデッキ】
ミッドレンジネクロなど
【おすすめポイント】
4コスト1/4フォロワー。交戦時に2ダメージを与えられるうえ、ターン終了時に回復できるので、アグロデッキ対策に用いられる。
ケリドウェン【おすすめデッキ】
リアニメイトネクロなど
【おすすめポイント】
リアニメイトのような能力を持つフォロワー。骸の王やゼウスを呼び出す動きが強力であり、それらのカードが主軸となるデッキでは3枚積まれることも多い。
シルバーおすすめポイント
よろめく不死者【おすすめデッキ】
ヘクターネクロなど
【おすすめポイント】
守護を持たないフォロワーを攻撃出来ないが、ラストワードでランダムな相手のフォロワー1体を破壊することができる。2コストで除去効果を持つのは破格。デーモンイーターなどで生贄にしやすい点も嬉しい。
骨の貴公子【おすすめデッキ】
ヘクターネクロなど
【おすすめポイント】
4コスト1/1フォロワー。自身のステータスは低いが、味方フォロワーにスケルトンを出すラストワードを付与するので、総ステータスがかなり高くなる場合もある。場持ちがよくなり、墓場もためられるため、かなり有用なフォロワーだ。
冥守の戦士・カムラ【おすすめデッキ】
リアニメイトネクロなど
【おすすめポイント】
大型フォロワーや潜伏持ちのフォロワーへ有効。環境に大型フォロワーなどが多いのであれば、複数枚採用するのも悪くない。

ヴァンパイア(アンリミ)

レジェンドおすすめポイント
ベルフェゴール【おすすめデッキ】
復讐ヴァンパイアなど
【おすすめポイント】
4コスト4/4ファンファーレ カードを2枚引く。その後、復讐状態でないなら、自分のリーダーの体力が10になるようにダメージを与える。自ら復讐状態になれる上、カードを2枚ドローできるのは優秀。復讐ヴァンパイアなどのデッキで優先度が高い。
邪悪なる妖精・カラボス【おすすめデッキ】
アグロヴァンパイアなど
【おすすめポイント】
6コスト5/5フォロワー。継続的なダメージを与えられるため、相手にプレッシャーを与えることができる。また、毎ターン終了時のドロー効果もリーダーに付与されるので、息切れがしにくくなる。ただし、PPが増えなくなるという大きなデメリットも持つため、採用する際は7コスト以上のカードをデッキに入れないなどの工夫が必要となる。
闇夜の姫・ヴァンピィ【おすすめデッキ】
アグロヴァンパイアなど
【おすすめポイント】
チョイスで使用するのがメインとなるが、チョイスを行わなくても最低限の活躍は見込める。様々なヴァンパイアデッキで採用されるカードだ。
昏き底より出でる者【おすすめデッキ】
コントロールヴァンパイアなど
【おすすめポイント】
このカードのみで最大13点ものダメージを与えることができる。コストはやや重めだが、潜伏を持っているためフィニッシュを狙いやすいのも魅力。
ゴールドおすすめポイント
吸血姫・ヴァンピィ【おすすめデッキ】
アグロヴァンパイアなど
【おすすめポイント】
フォレストバットを出すたびに1ダメージを与えることができる。アグロヴァンパイアと相性が非常に良く、基本的に3枚採用される。
デモンオフィサー・エメラダ【おすすめデッキ】
ヴァンパイアデッキ全般
【おすすめポイント】
7コスト4/5ファンファーレ 相手のフォロワー1体か相手のアミュレット1つを破壊する。復讐 状態なら、疾走 を持つ。通常プレイ時でもカードを1枚破壊することができ、復讐状態なら疾走も追加で付与される。どの形のヴァンパイアでも使用できるカード。
ディアボリックドレイン【おすすめデッキ】
コントロールヴァンパイアなど
【おすすめポイント】
相手のフォロワー1体に4ダメージ。自分のリーダーを2回復。復讐状態なら、このカードの1コストで使うことが出来る。復讐時の性能が優秀なので、ベルフェゴールブラッドムーンなどが採用されるなら優先度が極めて高くなる1枚だ。
黙示録【おすすめデッキ】
コントロールヴァンパイアなど
【おすすめポイント】
8コストだが復讐状態ならコストが-4され、全てのフォロワーに8ダメージ与えるスペル。ヴァンパイアを代表する全体除去。
ブラッドムーン【おすすめデッキ】
コントロールヴァンパイアなど
【おすすめポイント】
即座に復讐に入ることのできるカードであり、ベルフェゴールなどのカードと相性が良い。コントロールヴァンパイアで採用されていることが多い。
シルバーおすすめポイント
バフォメット【おすすめデッキ】
ヴァンパイアデッキ全般
【おすすめポイント】
2コスト2/1でヴァンパイアフォロワーをサーチする効果を持つ。有用なサーチ効果を持っているので、多くのヴァンパイアデッキに採用される。
緋色の剣士【おすすめデッキ】
ヴァンパイアデッキ全般
【おすすめポイント】
5コスト2/4必殺 ファンファーレ 相手のフォロワー1体に2ダメージ。自分のリーダーを2回復。回復とダメージを同時に行え、使いやすい。ほとんどのヴァンパイアデッキで採用されることの多いカード。
群れなす飢餓【おすすめデッキ】
ヴァンパイアデッキ全般
【おすすめポイント】
相手のフォロワー1体を選択する。そのフォロワーと、同名の相手のフォロワーすべてに3ダメージ。単純に3ダメージも扱いやすく、場合によっては複数体の除去も狙える。癖がないためヴァンパイアデッキ全般で無理なく採用できるカードだ。
絡み付く鎖【おすすめデッキ】
アグロヴァンパイアなど
【おすすめポイント】
フォロワーとリーダーにダメージを与えることができ、盤面を取る際に役立つ。アグロヴァンパイアを始めとした早いデッキで採用されることが多い。

ビショップ(アンリミ)

レジェンドおすすめポイント
希望導く聖乙女・ジャンヌ【おすすめデッキ】
ビショップデッキ全般など
【おすすめポイント】
標準的なステータスを備えている上に、エンハンスで相手フォロワー全てにダメージを与えられる。デッキタイプを選ばずに活躍してくれる1枚。
白翼の守護神・アイテール【おすすめデッキ】
イージスビショップなど
【おすすめポイント】
6コスト1/3フォロワー。コストに対してのステータスはかなり低いものの、デッキからフォロワーをサーチして場に出す効果を持っているため、さほど気にならない。サーチしたいカードのコスト帯のビショップフォロワーを1種類に限定することで、確実に場に出すことができる。
スノーホワイトプリンセス【おすすめデッキ】
ビショップデッキ全般
【おすすめポイント】
ラストワードで進化しつつ蘇るため、場持ちが良い。低コストで扱いやすいフォロワーのため、様々なビショップデッキで採用されるカードだ。
ヘヴンリーナイト【おすすめデッキ】
ビショップデッキ全般
【おすすめポイント】
アミュレットがある場合に疾走を持つことができ、即座に行動を行える。また、守護を持ちつつ、相手ターンに攻撃力が上がるため、防御面でも活躍してくれる。様々なビショップデッキで活躍してくれる。
ゴールドおすすめポイント
星導の天球儀【おすすめデッキ】
ビショップデッキ全般
【おすすめポイント】
ファンファーレでカウントダウンを持つアミュレットをサーチすることができ、ラストワードでドローも行えるため、リソースの補充に役立つ。ビショップデッキ全般で採用されるカードだ。
頂きの教会【おすすめデッキ】
教会ビショップなど
【おすすめポイント】
ビショップフォロワーの攻撃力を攻撃時のみ体力と同じにする効果を持つ。ヘヴンリーナイトとの相性が非常に良く、コンボが決まれば一線級のデッキとも張り合える。教会ビショップのキーカードだ。
エイラの祈祷【おすすめデッキ】
エイラビショップなど
【おすすめポイント】
リーダーが回復するたびにフォロワーのステータスを+1/+1する効果を持つ。エイラビショップの軸となるカードであり、早い段階で設置できると非常に強力。
テミスの審判【おすすめデッキ】
ビショップデッキ全般
【おすすめポイント】
6コストで全てのフォロワーを破壊するスペル。不利な状況を一気にリセットすることができる。
シルバーおすすめポイント
詠唱:獣姫の呼び声【おすすめデッキ】
イージスビショップなど
【おすすめポイント】
2コストでカウントダウン3のアミュレット。破壊時に4/4と2/1疾走を場に出す。総ステータスが優秀な上に1体は疾走持ち、カウントダウンもそこまで長くなく使いやすい。
三月ウサギのお茶会【おすすめデッキ】
ビショップデッキ全般
【おすすめポイント】
5コストアミュレット。カウントダウン 4ファンファーレ ラストワード ブリキの兵隊1体を出す。進化時3ダメージを与えられるブリキの兵隊を出すことができる。合計で2体のブリキの兵隊を出すことができるのが強み。幅広いビショップデッキで活躍できる。
天狐【おすすめデッキ】
エイラビショップなど
【おすすめポイント】
フォロワーが攻撃するたびにリーダーを回復する効果を持ち、エイラの祈祷と非常に相性が良い。コストも5とそこまで重くないため、プレイしやすい点も嬉しい。

ネメシス(アンリミ)

レジェンドおすすめポイント
デウスエクスマキナ【おすすめデッキ】
ミッドレンジネメシスなど
【おすすめポイント】
リーダーに効果を付与することができ、アーティファクト関連のサポートとドローを行える。ミッドレンジネメシスには欠かせないカードであり、3枚採用されることが多い。
人形の少女・オーキス【おすすめデッキ】
人形ネメシスなど
【おすすめポイント】
人形ネメシスのキーカードであり、チョイス効果も強力。どちらのチョイスを選んでも優秀といえる。
ゴールドおすすめポイント
生命の量産【おすすめデッキ】
ミッドレンジネメシスなど
【おすすめポイント】
0コストでアーティファクトのコストを下げることができるため、展開に役立つ。共鳴の調整を行えるのも嬉しい。
ハクラビ【おすすめデッキ】
ミッドレンジネメシスなど
【おすすめポイント】
最大2枚のアーティファクトのサーチを行えるフォロワー。3枚採用されていることも多いカードだ。
造られし獣人・サフィラ【おすすめデッキ】
ミッドレンジネメシスなど
【おすすめポイント】
そのままでも突進を持つフォロワーとして運用可能であり、エンハンスを起動すれば疾走を持つことができる。フィニッシャーとして優秀な1枚だ。
シルバーおすすめポイント
製造術【おすすめデッキ】
ミッドレンジネメシスなど
【おすすめポイント】
デッキにカードを加えつつ、ドローを行える。アーティファクトをサーチするカードと相性が良いほか、共鳴状態に入る使い方も可能。アーティファクトを軸としたデッキと相性が良い1枚。
すり替わり【おすすめデッキ】
ミッドレンジネメシスなど
【おすすめポイント】
消滅を行えるため、普通のフォロワーはもちろん、ラストワード持ちのフォロワーに対しても強くでることができる。ミッドレンジネメシスにも採用されることがあるカードだ。
熱狂の機兵士【おすすめデッキ】
ミッドレンジネメシスなど
【おすすめポイント】
自身のステータスも標準値はあるほか、即座にデッキのアーティファクトをサーチできる点が優秀。アーティファクトを起点としたネメシスデッキなら3枚採用されることが多いフォロワーだ。
造られし命・ミリアム【おすすめデッキ】
ミッドレンジネメシスなど
【おすすめポイント】
サーチ、デッキへのアーティファクトを増やすなどとどちらのチョイス効果も優秀。低コストということもあり、よく採用されるカード。

ニュートラル(アンリミ)

レジェンドおすすめポイント
サハクィエル【おすすめデッキ】
ランプドラゴンなど
【おすすめポイント】
7コスト4/4フォロワー。手札にあるバハムートなどのニュートラルフォロワーをターン終了時まで場に出すことができる。今後カードが追加されるたびに活躍の幅が広がるフォロワーだ。
ゼウス【おすすめデッキ】
ランプドラゴンなど
【おすすめポイント】
5/10の疾走、必殺、守護を持つフォロワー。コストが重いものの、汎用性が高く、非常に強力。コントロール系のデッキと相性が良い。
イスラーフィール【おすすめデッキ】
ランプドラゴンなど
【おすすめポイント】
ファンファーレで4回復する効果と攻撃時に相手全体に2ダメージを与える効果をもつ。コントロール系統のデッキと相性が良い。
ゴールドおすすめポイント
天界への階段【おすすめデッキ】
各クラスの様々なデッキ
【おすすめポイント】
テンポロスしてしまう点はややネックではあるが、1枚で3枚ものフォロワーを手札に加えることができる。様々なデッキで使用されるカードだ。
風の軍神・グリームニル【おすすめデッキ】
各クラスの様々なデッキ
【おすすめポイント】
3コスト2/3守護、ファンファーレ エンハンス 10で相手のフォロワーすべてに1ダメージ。これを4回行う。3コスト2/3守護の時点で優秀な上、エンハンス効果も強力。特にランプドラゴンではPPブーストでエンハンスを活かしやすい。
シルバーおすすめポイント
天弓の天使・リリエル【おすすめデッキ】
各クラスの様々なデッキ
【おすすめポイント】
2コスト2/2、進化時 進化時 相手のリーダーか相手のフォロワー1体に1ダメージ。体力1のフォロワーがいるときなどに進化すれば、攻撃による破壊を含めて2体の除去を狙える。
純心の歌い手【おすすめデッキ】
各クラスの様々なデッキ
【おすすめポイント】
ファンファーレとラストワードでカードをドローできる。扱いやすく、汎用性に優れたカードといえる。様々なデッキで採用される。
歴戦の傭兵・フィーナ【おすすめデッキ】
各クラスの様々なデッキ
【おすすめポイント】
進化時にミニゴブリンメイジを0コストにして手札に加えられるフォロワー。主にOTKエルフなどで採用されることの多いカードだ。

シャドウバース攻略wikiの他の記事

初心者がやることまとめ

初心者攻略まとめ

デッキ編成のコツ

テクニックまとめ

報酬まとめ

ルール/用語について解説

カード評価一覧

全カード評価

ローテーションのデッキレシピ

アンリミテッドのデッキレシピ

リセマラ情報

© Cygames, Inc.
※当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

この記事を読んだ人におすすめ
記事について指摘する

いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


みんなのコメント

GameWithに登録して、
ゲーム仲間とつながろう!
はじめての方
新規登録 (無料)
会員の方
ログイン
攻略メニュー

速報/大会情報

リセマラ情報

新パック情報

カードの所持率をチェック

デッキ紹介

ローテーション

アンリミテッド

クラス別

カード評価一覧

全カード

クラス別

アリーナ情報

2Pickまとめ

2Pickカード評価

初心者情報

初心者まとめ

デッキ編成のコツ

アップデート/修正情報

その他

ゲームを探す
レビュー訴求
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中