シャドバ
シャドウバース攻略wiki
テクニック講座 第2弾【マリガン編】

テクニック講座 第2弾【マリガン編】

最終更新 :
シャドバ攻略からのお知らせ
みんながどんなデッキを使っているか、SNSで見てみよう!

ゲームプレイの際に重要となるテクニックや考え方について掲載しています。プレイングの参考にしてください。

目次

第二弾はマリガン編!

マリガンとは

▲実際のマリガン選択時の画面

マリガンとは初期にきた手札を引き直すこと。逆に引き直さないことをキープという。あるカードをマリガンするかキープするかの選択を「マリガン選択」や「マリガン判断」、「マリガンチェック」といったりもする。

マリガンの考え方を習得しておこう!

ベストなマリガンは当然デッキによって変わってくる。もっとも何をキープし、何をチェンジするべきかという基本的な考え方がわかっていれば、プレイしやすくなること請け合いだ。そこで今回はマリガン時の基本的な考え方について解説する。

スポンサーリンク

1.基本は低コストキープ

序盤の行動のために

基本的には序盤から行動するための低コストのカードをキープしていくことになる。具体的に言えば1~3コストまでのカードがこれに当たる。後攻の4コストも進化を要件に強力な効果を発揮するカードが多いため、キープされることが多い。

2コストの確保を意識

相手に差を付けられないために

基本的に2コストのカードを確保していきたい。なぜなら、大抵のデッキには2コストのカードが入っているため、自分が2ターン目に行動できないと相手に差をつけられてしまう可能性が高いからだ。

手札が溢れないためにも必要

また、ウィッチやヴァンパイア等でドローが優秀かつ重いカードの多いデッキでは軽いカードをしっかりと残さないと手札が溢れてしまう事も多い。後攻は1枚ドローが多いのでその点も注意だ。

2ターン目だけでなく4ターン目の動きにも使える

2コストのカードは2ターン目に出すのはもちろん、4ターン目に2枚置いたりと小回りが効く。マリガン終了後にドローしてしまって2枚になっても裏目になりにくいので気にせず確保しよう。

2.序盤に使いたいカード

カードの使いどころを考える

2コストのカードをマリガンでキープするのは2ターン目に出したいから。なので、2コストだが序盤に出したくないカードは基本的にはキープしない。

【具体例】リノセウス

▲冥府エルフ先攻時のマリガン選択

リノセウスは同一ターン中にプレイしたカードの数だけ攻撃力が上がるフォロワー。2ターン目に使っても単なる1/1のフォロワーで終わってしまう。2コストのフォロワーだがもっと終盤に出したいカード。そこで、一般的にはマリガンでキープしないことになる。

スポンサーリンク

3.組み合わせで考える

ゲームプランを考える

初期手札は3枚ある以上、マリガン判断はこの3枚についてすることになる。ここで大切なのは1枚1枚個別に考えるのではなく、3枚セットで考えてマリガン判断するということである。

▲アグロネクロ後攻時のマリガン選択

上の画像では全てのカードをマリガンする。ラビットネクロマンサーは悪くないカードだが、アグロネクロはただでさえ速攻タイプのデッキ、最低でも2コストからは動き出したい。

▲アグロネクロ後攻時のマリガン選択

この場合はラビットネクロマンサーも含めすべてのカードをキープしたほうがいい。ゴブリンレッサーマミーによって1ターン目、2ターン目の動きが保証されているからだ。

相性の良いカード

通常はキープしないカードもセットで来たカード次第では、キープすることもある。

▲冥府エルフ先攻時のマリガン選択

自然の導きは、1コストであるものの他のカードとのコンボに強力なカードなので通常序盤に使いたいカードではない。しかしこのハンドでは他にベビーエルフ・メイがいる。3ターン目にメイを出し入れして相手の2コストのフォロワーを倒すなどの展開もみえるためここではキープ。

4.【発展編】勝敗を分けるカード

キーカードはキープすることも

特定のデッキ、特定のマッチアップでは一つのパワーカードの有無が勝敗を分けるような時がある。そのようなカードは、コストが高い終盤に使いたいカードでもキープを視野に入れる。

【具体例】コントロールビショップ

▲ビショップ先攻時のマリガン選択

陽光サタンVS陽光サタンのミラーマッチの場面。このマッチアップは先にサタンを出したほうが圧倒的に有利であり、お互いそれ以外に勝ち切る手段が少ない。そこで10コストをキープするという通常では考えづらい選択肢が出てくる。特に先攻でサタンキープは鉄板といってもいい。

あくまで例外!

紹介はしたもののあくまで例外、基本的には多少のパワーカードであっても高コストカードはマリガンする。特にミッドレンジやアグロタイプのデッキでは高コストカードをキープする例はほとんどない。

スポンサーリンク

5.【発展編】デッキの相性を考える

苦手なデッキに対して

普通にやれば普通に負ける

個々のデッキには必ず相性が存在する。そこで、苦手なデッキとの対戦で漫然といつも通り試合をしてもそのまま順当に負けてしまうことが多い。

パワーマリガンで勝ちを拾う

そこで、いつもはキープしているようなカードも思い切ってマリガンし、本当に引きたいカードを狙いにいくというプレイが有効になってくる。リスキーな行為である反面、はまれば苦手な相手に対しても勝ちを拾える可能性が高まる。

得意なデッキに対して

逆に得意なデッキに対しては無理をして序盤に事故を起こしてしまうことの方がずっとこわい。序盤にある程度の動きが保証されているのであれば、いつもはキープしないカードもキープしてしまった方がいいこともあるぞ。

6.【発展編】相手のマリガン枚数は必ずチェック!

相手のマリガン枚数はわかる

自分がマリガンを終えるまでは分からないが、最終的には相手が何枚マリガンしたのかというのはわかるようになっている。

▲画面の右上に注目

これは実はプレイングを考えていく上で重要な指標となる。特に相手がすべてのカードをキープしたときは要注意!序盤から強い動きをしてくる可能性が高い。

シャドウバース攻略wikiの他の記事

初心者がやることまとめ

初心者攻略まとめ

デッキ編成のコツ

テクニックまとめ

報酬まとめ

ルール/用語について解説

カード評価一覧

全カード評価

デッキレシピ

リセマラ情報

この記事を読んだ人におすすめ

© Cygames, Inc.
※当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

記事について指摘する

ここで書いた内容は記事には表示されません。


攻略メニュー

攻略情報

大会情報

リセマラ

新パック情報

ガチャシミュ

カードの所持率をチェック

デッキ紹介/シミュレーター

クラス別

カード評価一覧

全カード

レア度別

クラス別

効果別

アリーナ情報

2Pickまとめ

2Pickカード評価

2Pick5勝デッキ

初心者情報

初心者まとめ

デッキ編成のコツ

テクニックまとめ

ルール/用語について

アップデート/修正情報

その他

会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中