シャドバ
シャドウバース攻略wiki
超越ウィッチの最新デッキレシピと立ち回り

【シャドバ】超越ウィッチの最新デッキレシピと立ち回り【シャドウバース】

最終更新 :
シャドバ攻略からのお知らせ
むじょっくす独占!?新カード発表&ルームマッチ!

「超越ウィッチ」デッキの最新レシピの紹介です。相性や立ち回りなども掲載しているので、役立てて下さい。

目次

ウィッチの他のデッキはこちら

ウィッチのデッキ一覧

超越ウィッチの評価と概要

超越ウィッチの評価186

評価点9.0 /10点
作成コストの目安11,150
扱いやすさ★・・・・
他のデッキの評価はこちら

超越ウィッチの概要

スペルブースト主体のデッキ

超越ウィッチは、他のスペルを使用すると効果が増していくスペルブースト効果を活用するデッキ。主なフィニッシュ手段は追加ターンを得る次元の超越で、大型フォロワーを同時に展開することで、相手の妨害を許さずに体力を削りきってしまう。

ギガントキマイラを投入

新レジェンドのギガントキマイラを超越ウィッチに投入。これにより、フィニッシュのパターンが増加した。また、マジックオウルの採用で、スペルブーストを溜めやすくなり、7ターン目に次元の超越を発動できることも多くなった。

デッキの相性

超越ウィッチの相性傾向

次元の超越のコストが20になったことで、発動ターンが遅くなり、さらに2枚目以降の次元の超越のプレイも難しくなった。そのため、アグロデッキに弱い側面がより顕著に現れるようになってしまった。

サンプルレシピ

デッキレシピ186

デッキコードを発行

※リンク先のシャドウバースポータルで、ご自身でデッキコードを発行してください。

注目カードと採用理由186

カード名説明
マジックオウル進化時に手札のカード全てを2回スペルブーストできる。次元の超越などを早くプレイするために、積極的に進化させていこう。
ゴーレムアサルト単純に手札を減らさない2コストスペルとして使うことができる。また、エンハンスと土の秘術を使えれば、アタッカーを場に出しつつ、一気にスペルブーストを貯めることも可能だ。
次元の超越このデッキの核となるカード。相手にターンを渡さずに自分のターンを続けて行うという強力な効果を持つ。スペルブーストでコストを下げて、発動さえできれば、相手に抵抗させずに勝利することも可能だ。

入れ替え候補のカード186

カード名説明
ゴーレムの練成フォロワーを出しながらスペルブーストを行える点が優秀なカード。序盤の戦いに強くしたいなら採用しよう。低コストスペルとの入れ替え候補。
変成の魔術貴重な変身や消滅効果を持つカードであり、スペルで処理するのが難しいビューティ&ビーストなどに対して有効。そのようなカードが環境に多いなら、採用するのも良さそうだ。除去スペルとの入れ替え候補。
魔力の蓄積スペルブーストを貯める効果とドロー効果のどちらも優秀。超越ウィッチ同士のミラーマッチに強くなることができる。精神統一との入れ替え候補。

デッキの立ち回り

マリガン0

次元の超越をキープ

初手に次元の超越があるとフィニッシュまでのターンを短くできる。相手が速いデッキであっても、キープしておく方がいい場合が多い。対コントロールの可能性が高い場合は全力で探しに行こう。

1~3ターン目1

ダメージを抑える

序盤はこちらへのダメージを最小限にするように立ち回ろう。除去カードを優先するのか、それともフォロワーを先に出すのか、どちらが被害を抑えられるかを常に考えることが大事である。

1コストスペルの使い方

スペルブーストカードがない場合、無闇に知恵の光などを使ってしまうのは勿体ない。後半のPPが余った段階でプレイするようにしよう。逆に、スペルブーストカードがあるならどんどん使ってしまってもいい。

4~6ターン目2

引き続き除去を優先

できる限り毎ターン相手の盤面を空にしておきたい。この時、除去をする方法に複数の選択肢がある場合、どちらのカードを温存すれば後半にも耐えられるかを考えよう。この一手の差が勝敗を分けることもある。

7〜10ターン目0

次元の超越でフィニッシュ

首尾よくスペルブーストができていれば、そろそろ次元の超越を使える頃合い。超越後の追加ターンにギガントキマイラを使うなどして安全に勝負を決めよう。このとき、相手の体力と自分の場に出せる攻撃力を計算して、ミスのないように気をつけたい。

過去のレシピ

ワンドリ期の概要とレシピ

概要

全体的な勝率は悪かった

ワンドリ環境で多かったドラゴンに対して有利だったことから、常にtier2程度の位置にいた。ただし、ニュートラル主体のデッキに対して勝率があまり良くなかったことから、全体的な勝率はあまり良くなかった。

デッキレシピ

神々の騒嵐期の概要とレシピ

概要

tier2だったが勝率は悪かった

魔法剣刃の魔術師を併用することで、次元の超越を従来より早い段階で発動できるようになった。常にtier2の立ち位置を維持していたものの、tier1であったネクロマンサーのデッキの展開力に押し切られることが多く、勝率は悪かった。

デッキレシピ

バハムート期の概要とレシピ

概要

勝率は悪いが使用率は高い

テンポウィッチOTKエルフアグロヴァンパイアなど苦手なデッキが流行り、勝率はかなり低かった。だが、好成績を残した上位プレイヤーが多かったことや、「テンポウィッチを対策した」陽光サタンなどに有利なため使用率は高めを維持していた。

デッキレシピ

エボルヴ期の概要とレシピ

概要

レヴィの追加で早いデッキにも対応可能に

古き魔術師・レヴィの追加が大きく、アグロやミッドレンジのフォロワー展開に対抗しやすくなった。環境上位には、テンポエルフ疾走ビショップなど苦手なデッキも多かったがそれでもなお活躍するデッキパワーを持っていた。

最終的にはteir1を維持

環境終期にはtier1の立ち位置を維持。多い時は、デッキ別で2番目に多い使用率を誇った。また、特に上位のランクほど使用者が多く、Master帯では超越ウィッチを中心に環境が回っているといっても過言ではなかった。

デッキレシピ

スタンダード期の概要とレシピ

概要

ルール変更により台頭

初期はあまり使用率は高くなかったが、後攻1ターン目のドローが1枚から2枚に、さらに手札上限枚数が8枚から9枚へ変更されたことで頭角を現す。当時のトップメタだった冥府エルフに有利だったことから、大会でも使用された。

フィニッシャーは変遷が激しかった

軽量スペルを連打して次元の超越を狙うという形は一貫していたが、フィニッシャーの選択は変遷が激しかった。最終的には、フレイムデストロイヤーを搭載した型が主流になった。

デッキレシピ

フォロワー重要度コスト枚数
ペンギンウィザード★★・23枚
スペクトラルウィザード★★・32枚
ルーンブレードサモナー★★・41枚
マーリン★★★43枚
スペル重要度コスト枚数
エンジェルスナイプ★★・13枚
知恵の光★★★13枚
マジックミサイル★★★23枚
ゴーレムの練成★★★23枚
ウィンドブラスト★★・23枚
虹の輝き★・・21枚
サモンスノー★★・32枚
魔力の蓄積★★・33枚
ファイアーチェイン★★★43枚
運命の導き★★★53枚
炎の握撃★・・81枚
次元の超越★★★183枚

シャドウバース攻略wikiの他の記事

ウィッチの他のデッキはこちら

ウィッチのデッキ一覧

カード評価一覧

全カード評価

クラス別カード一覧

デッキレシピ

リセマラ情報

© Cygames, Inc.
※当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

この記事を読んだ人におすすめ

みんなのおすすめカードは?

やちま
392634

【カード名】
いまだに7ターン超越超越ギカキマができんのね
さっさとローテーションこねーかなー
【理由】
npcとやっててね

記事について指摘する

ここで書いた内容は記事には表示されません。


攻略メニュー

攻略情報

大会情報

リセマラ

新パック情報

ガチャシミュ

カードの所持率をチェック

デッキ紹介/シミュレーター

クラス別

カード評価一覧

全カード

レア度別

クラス別

効果別

アリーナ情報

2Pickまとめ

2Pickカード評価

2Pick5勝デッキ

初心者情報

初心者まとめ

デッキ編成のコツ

テクニックまとめ

ルール/用語について

アップデート/修正情報

その他

会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中