シャドバ
シャドウバース攻略wiki
フェイスドラゴンの最新デッキレシピと立ち回り

【シャドバ】フェイスドラゴンの最新デッキレシピと立ち回り【シャドウバース】

最終更新 :
シャドバ攻略からのお知らせ
GameWith SNSでゲーム仲間と交流しよう!

「フェイスドラゴン」デッキの最新レシピの記事になります。相性や立ち回りなども掲載しているので、お役立て下さい。

目次

ドラゴンの他のデッキはこちら

ドラゴンのデッキ一覧

フェイスドラゴンの評価と概要

フェイスドラゴンの評価107

評価点8 /10点
作成コストの目安16,550
扱いやすさ★★★・・
他のデッキの評価はこちら

フェイスドラゴンの概要

盤面を取った上で猛攻を仕掛ける

フェイスドラゴンは、盤面での有利を序盤は重視し、中盤以降はフォルテを始めとした、疾走フォロワーで一気に相手の体力を削るデッキ。ジークフリートのように盤面の主導権を奪いやすいカードが多いため、テンポドラゴンとも呼ばれる。

ヒッポグリフの乗り手で大ダメージ!

基本はフェイス戦略を取るため、小型フォロワーが多く採用されており、自分の場にたくさんのフォロワーが並ぶ場面が多い。フォロワーが並んでいる状態でヒッポグリフの乗り手をプレイして攻撃力を上昇させ、相手に大ダメージを与えよう。

デッキの相性傾向107

編集中

サンプルデッキレシピ

デッキレシピ107

デッキコードを発行

※リンク先のシャドウバースポータルで、ご自身でデッキコードを発行してください。

注目カードと採用理由107

カード名説明
大鎌の竜騎覚醒状態であれば疾走によって即座に相手フォロワーを除去できる優秀なカード。また、2点疾走として相手リーダーへのダメージ稼ぎにも使える。
ヒッポグリフの乗り手自分の他のフォロワーが攻撃するときに攻撃力が上昇するので、味方が並んでいる時に出せれば大ダメージを狙うことができる。
ダークドラグーン・フォルテこのデッキのフィニッシャー。進化すれば一気に相手の体力を7点も削ることが出来る。

入れ替え候補のカード107

カード名説明
天界への階段1枚でフォロワーを3枚獲得できるので、大きなハンドアドバンテージを稼げる。フォロワーを多く展開するためカウントを進めやすく、重めのカウントダウンもそこまで気にならない。低コストとの入れ替え候補。
原初の竜使い小型フォロワーが多く採用されているため、効果を複数回発動させやすい。低コストフォロワーとの入れ替え候補。
不死鳥の乗り手・アイナ攻撃力にムラがあるものの、フォルテ以上の攻撃力になることも多い。不利な状況でも高い打点を出せる可能性があるのが魅力のカードだ。ヒッポグリフの乗り手との入れ替え候補。

デッキの立ち回り

マリガン0

基本は低コストフォロワーを探す

まずは盤面を取ることを目指すので、アイボリードラゴンムシュフシュといった低コストのフォロワーを狙おう。中でもアイラはPPブーストができる貴重なカードのため、キープしておきたい。

対アグロは除去カードを狙う

フェイスロイヤルのようなアグロデッキが相手だと思ったら、ファイアーリザードやなどの除去ができるカードを優先しよう。特に後攻であればサラマンダーブレスはキープしておきたい。1ターンの遅れが致命的となるため、マリガンは慎重に行おう。

1~3ターン0

盤面を取りつつ相手リーダーを攻撃

ファイアーリザードのダメージ効果や、大鎌の竜騎の必殺を活かして、相手フォロワーに有利交換を仕掛けていこう。有利交換を狙うことで、フォロワーが場に残りやすくなり、相手リーダーにダメージを与える余裕が生まれる。

4~6ターン0

盤面が優位ならヒッポグリフ

自分の場にフォロワーが多いなら、ヒッポグリフの乗り手で一気にダメージを与えてしまおう。決めきることはやや難しいが、後続に疾走フォロワーが続く場合も多く、勝負をほとんど決定づけることができる。

7〜10ターン以降0

疾走フォロワーでフィニッシュ

相手リーダーの体力が減ってきている場合や、手札に疾走フォロワーが複数枚ある状況なら、疾走フォロワーをプレイすることで、一気にフィニッシュまで持っていこう。フォルテは進化すれば相手の体力を7点も削ることが出来る。

フォルテ+ウルズのコンボで大ダメージ

試合が長引いた場合やすばやくPPブーストできた場合は、10PPでフォルテ+ウルズのコンボで進化込み12点ものダメージを相手に与え、勝負を決めることも視野に入れていこう。

過去のレシピ

ワンドリ期の概要とレシピ

概要

ニュートラル軸を取り入れた

ワンドリで大幅に強化されたニュートラル主体のデッキとなった。ただし、ドラゴンにはニュートラルを主体としたデッキと噛み合うものが少なく、他のニュートラルデッキが流行っていたこともあり、使用者は少なかった。

デッキレシピ

神々の騒嵐期の概要とレシピ

概要

動き方に変化はなし

神々の騒嵐期でも、フォロワーを展開して相手を責め立てるといったスタイルは変わらなかった。バハムート期と比べてグリームニルを始めとした守護が環境に増え、攻撃されない能力が活かしづらくなり、それにともない勝率と使用率が低下した。

デッキレシピ

バハムート期の概要とレシピ

概要

ワイバーンライダー・エイファの追加

バハムート降臨で追加されたエイファは攻撃されない上に、エンハンス7で疾走と+2/+2を持つ。竜の伝令で確定のフォルテを阻害することなく、終盤にも強力な疾走フォロワーを出せるので、この1枚で大きく強化されたと言える。

環境には五分だった

テンポウィッチの展開力には劣っていたものの、同じtier1であったOTKエルフに対しては、特別不利なく立ち回ることができた。しかし、OTKエルフの増加の影響で各デッキに守護が増え、そのとばっちりを受けたこともあり数は減少していた。

デッキレシピ

エボルヴ期の概要とレシピ

概要

強力なカードの追加

基本的なコンセプト自体はスタンダード期から変わらないものの、ムシュフシュジークフリートという強力カードがドラゴンに追加されたことで強化された。特にムシュフシュが優秀で、勝負を決めるシーンも少なくなかった。

環境の状況に合致

当時環境に多かった冥府エルフ超越ウィッチに対して強いだけでなく、アグロ同士にも強いデッキだったため、疾走ビショップにも有利に戦えた。使用者数はtier1には及ばないが、勝率が高く、上位ランカーの使用も散見された。

デッキレシピ

スタンダード期の概要とレシピ

概要

当時としては斬新なデッキだった

当時、ドラゴンデッキといえばPPブーストから大型フォロワーを出すデッキが多く、序盤からフェイス戦略を取るこのデッキは斬新だった。トリニティドラゴンのような攻撃されないフォロワーで攻めるので、盤面処理もされにくいのが利点だ。

環境トップにはなりきれず

初見殺しの印象が強いデッキであったが、除去カードにはそこまで強くない点や、守護フォロワーで止まりやすい点も相まって、デッキが認知された後は対策されることが多く、環境トップにはいたらなかった。

ワイルドハントを使う珍しいデッキ

ワイルドハントが3枚投入されているデッキも当時としては珍しかった。しかし、ダークネス・エボルヴにてジークフリートが登場したため、現在ではワイルドハントの採用率は下がった。

デッキレシピ

フォロワー重要度コスト枚数
アイボリードラゴン★★★13枚
ゴブリン★・・13枚
ドラゴニュートスカラー★★★23枚
ドラゴンライダー★★・23枚
ファイアーリザード★★★23枚
変化する魔術師★★・23枚
ドラゴンナイト・アイラ★★・33枚
トリニティドラゴン★★・33枚
ドラゴンウォーリア★★・43枚
ダークドラグーン・フォルテ★★★63枚
スペル重要度コスト枚数
ブレイジングブレス★★★13枚
竜の伝令★★★23枚
ワイルドハント★★★23枚
デモンストライク★・・41枚

シャドウバース攻略wikiの他の記事

ドラゴンの他のデッキはこちら

ドラゴンのデッキ一覧

カード評価一覧

全カード評価

クラス別カード一覧

デッキレシピ

リセマラ情報

© Cygames, Inc.
※当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

この記事を読んだ人におすすめ

みんなのおすすめカードは?

GFX360
371170

個人的には、大鎌・フォルテ・ワイバーンライダーの9疾走が一番酷かった。

原初で割りながらダメ重ねてくるから、一発殴って退場でok精神で出てくる疾走がキツイ。
相手ターンに対処が打てないシャドバのシステムと噛み合いすぎ。

記事について指摘する

ここで書いた内容は記事には表示されません。


攻略メニュー

攻略情報

大会情報

リセマラ

新パック情報

ガチャシミュ

カードの所持率をチェック

デッキ紹介/シミュレーター

クラス別

カード評価一覧

全カード

レア度別

クラス別

効果別

アリーナ情報

2Pickまとめ

2Pickカード評価

2Pick5勝デッキ

初心者情報

初心者まとめ

デッキ編成のコツ

テクニックまとめ

ルール/用語について

アップデート/修正情報

その他

会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中