シャドバ
シャドウバース攻略wiki
用語集

【シャドバ】用語集【シャドウバース】

最終更新 :
シャドバ攻略からのお知らせ
むじょっくす独占!?新カード発表&ルームマッチ!

シャドウバース(シャドバ)の用語をまとめて解説しています。わからない言葉があったら、是非ここで調べてください!

※随時更新中!

デッキタイプについてはこちらを参照

目次

あ行の用語

アーキタイプ

直訳すると「雛形」。アグロ、ミッドレンジ、コントロールなどのデッキタイプのこと。デッキタイプと似通っているがこちらの方がより根幹的な意味合いが強い。

アグロ

デッキタイプの1つ。フォロワー主体で序盤から積極的に相手リーダーを攻撃し、早期決着を狙うデッキのこと。7ターン前後で勝負を付けることが多い。

圧縮

デッキの枚数を減らすことで、引きたいカードのドロー確率を高めることを言う。

コストの軽い1ドローカードや、特定のカードをデッキからサーチしてくる行為が一般的だが、圧縮自体が目的ではなく何かの効果のついでに行われることが多い。

アドバンテージ

対戦における様々なリソースが、相手よりも優位な状態であることを指す。カード、テンポ、ボード、ライフなどの種類があり、デッキのコンセプトによってどれを重視するかが異なる。

アドバンテージを「得た」り「稼いだ」りすることが勝利に繋がるため、対戦の本質はアドバンテージの奪い合いと言っても過言ではない。

アミュレット

プレイすると場に出て、攻撃力や体力を持たず、攻撃できないカードの種類のこと。

ウィニー

コスト、ステータスが低いフォロワーのこと。ひいては、それらを主戦力としたデッキのこと。

重い

コストが高いこと。デッキによってどこから「重い」とするのか基準が変わり、例えばコスト1~3のカードをメインで戦うデッキではコスト4でも重いと表現される。

か行の用語

カウントダウン

カウントダウンを持つアミュレットは、記載されている数字分のカウントを持って場に出る。自分のターン開始時に1つずつ減っていき、カウントが0になると破壊される。

覚醒

自分の最大PPが7以上の状態のことを指す。ドラゴンクラスには覚醒状態で追加効果を得られるカードが存在する。

火力

リーダーやフォロワーに直接ダメージを与える効果を火力と呼ぶ。これをコンセプトにしたデッキは俗にバーンデッキと称されることがある。

軽い

「重い」とは逆に、コストが低いこと。1~2コストのカードを指すことが多いが、能力に比べてコストが低かったりしても軽いと言われることがある。

環境

主にカードゲームで使われる用語で、その時々で流行しているデッキやカードを踏まえた状況のこと。メタゲームとほぼ同義。

顔面

リーダーの事で、基本的に攻撃する対象として使われることの多い言葉。「顔面を殴る」などのように使われる。

ギミック

仕組み、からくり、またそのための小道具などを意味する言葉。2枚以上のカードで成立するシナジーやコンボのことを指すことが多い。
「〇〇ギミックを搭載するデッキ」などと用いる。

キャントリップ

メインの効果とは別についている、ドロー効果。ないし、メインの効果とは別にドローする効果を持っているカードそのものを指す。
シャドウバースではマジックミサイル虹の輝きがこれに当たる。

クロック

場に出ているダメージソースと相手の体力を計算し、あとどれくらいのターンで勝負を決められるかの目安。
また「クロックを刻むフォロワー」という意味合いで使われることもある。

構築

単純にデッキを作るという意味もあるが、どちらかと言えば「自分があらかじめ用意したデッキで戦うゲーム方式」の意味で使われることが多い。

対となる言葉として「リミテッド」があり、「構築で使えるがリミテッドでは使えないカード」などと言ったりする。

コスト

カードをプレイする際に必要な資源。シャドウバースではPPがこれに当たる。

コンセプトデッキ

「特定のカードを活かす」など、単純に勝利すること以外の目的を取り入れて作られたデッキのこと。ファンデッキやネタデッキという呼ばれ方をすることもある。

コントロール

除去などでゲームの流れを支配して勝利を目指すデッキのこと。除去が追いつかないと押し負けることもあるが、うまく決まれば盤石の状態で勝ちに持っていける。

また、盤面を支配することを「コントロールする」と言うこともある。

コンボデッキ

デッキタイプの1つ。特定のカードの組み合わせなどで通常のプレイでは得られないアドバンテージを一気に獲得し勝利を目指すデッキ。

さ行の用語

サレンダー

敗北を宣言すること。リタイア、投了。これ以上続けても勝つ見込みがない場合に行われることが多い。

デッキから特定のカードを手札に加える行為全般を指す。デッキのキーカードを呼び込んだり、複数の対策カードの中からいまの状況に最も必要なものを持ってきたい場合に使われることが多い。

疾走

場に出たターンに攻撃できるフォロワー能力のこと。

シナジー

相乗効果を意味する。カード同士の効果を組み合わせることにより、個々の能力以上の成果を引き出せる場合に使われる。
コンボに似た概念だが、コンボよりも比較的緩い意味合いで使われることが多い。

守護

守護を持つフォロワーが自分の場にいる場合、相手は守護を持つフォロワー以外を攻撃できない。

除去

相手のカードを場から取り除くことを指す。破壊や消滅させるものに限らず、フォロワーにダメージを与えるもの(火力)も含む。

スーサイド

直訳すると自殺。自分の体力を犠牲にして発動する効果、ないしそういった効果を持つカードのこと。そういったカードを多く採用したデッキをスーサイドデッキなどと呼ぶこともある。

スタッツ

攻撃力と体力の合計値のこと。例えば攻撃力が3で体力が2のフォロワーは5スタッツである。
フォロワーの強さを評価するための指標として使われる。

スプリットダメージ

直訳すると分裂ダメージ。1ダメージずつ飛んでいくダメージのこと。シャドウバースではファイヤーチェイン森の意志がこれに当たる。

スペルブースト

ウィッチクラスが持つ能力。手札にあるとき、他のスペルを使用する度にブーストされ効果が増す。

潜伏

潜伏を持つフォロワーは、相手の能力で選択されず、相手のフォロワーから攻撃されない。潜伏を持つフォロワーが攻撃するか、ダメージを与えると、潜伏は失われる。

た行の用語

ターンプレイヤー

ターンを進めているプレイヤーのこと。自分のターンならターンプレイヤーは自分、相手のターンならターンプレイヤーは相手になる。アクティブプレイヤーとも呼ばれる。

デッキトップ

デッキの一番上。つまり、次に引くカードのこと。トップデッキということもある。

デッキボトム

デッキの一番下。ここにキーカードが眠っているとなかなか勝てない。一番下ではなくても、デッキの下の方にあるカードに対してデッキボトムということもある。

デバフ

バフの反対。フォロワーを弱体化させる効果のこと。

突進

場に出たターンにも、すぐに相手フォロワーに攻撃することができるフォロワー能力のこと。疾走と違い、場に出たターンは相手リーダーを攻撃できない。次のターンからは普通に攻撃できるようになる。

ドレイン

攻撃することによってダメージを与えた場合、それと同じだけ自分のリーダーを回復できる。攻撃されたときは発動しない点に注意が必要だ。

ドロー

カードを引くこと。2ドローと言えば「カードを2枚引く」という意味である。

トークン

カードそのものではなく、カードによって生成されたフォロワーやアミュレットをトークンと呼ぶ。
一般的には場以外の領域(手札や墓場など)には存在できないことが多いが、シャドウバースでは手札や墓場にも存在できる。

な行の用語

ナーフ

バランス調整のためにカードの効果が弱体化されること。

ネクロマンス

ネクロマンサークラスのカードが持つ能力。記載の数字分の墓場を消費することで追加の効果を得られる。なお、数字分以上の墓場がある場合、墓場の消費は強制であり、任意ではない。

は行の用語

バーストダメージ

バーストダメージとは1ターンに出せる最大ダメージのこと。多くは高いダメージがでる場合に使われる。略して「バースト」とも言われる。

バウンス

場にあるカードを手札に戻すこと。完全に排除するわけではなく再びプレイすることが可能なため、擬似的な除去という意味で擬似除去と呼ばれる。

カード・アドバンテージを失う代わりにテンポ・アドバンテージを稼ぐ目的で使われることが多い。

バニラ

能力を持たないフォロワーを俗にバニラと呼ぶ。
効果を持たないため弱く見られがちだが、同コスト帯と比べて攻撃力/体力に秀でるものも存在し、そういったカードは採用率も高い。リミテッドでは特に優秀なものもある。

バフ

フォロワーの攻撃力や体力を上昇させる効果のことを指す。下方修正する効果を持つものはデバフと呼ばれる。

パンプアップ

フォロワーのステータスを強化すること、ないしフォロワーの強化を主たる戦略として組み込んでいるデッキのこと。

ビートダウン

直訳すると「殴り倒す」。デッキタイプの一つで、こちらからどんどんフォロワーを展開し、複雑なギミックを積んでいないデッキのこと。シンプルな戦術で初心者にも扱いやすいデッキが多い。

必殺

攻撃したか攻撃されたとき、相手のフォロワーを破壊するという能力。ダメージが0でも破壊できる。

ピン

デッキに1枚だけ採用しているカードのこと。「ピン挿し」と言うこともある。高コストのカードや、特定の状況の対策になるカードなどが多い。

ファンファーレ

プレイされて場に出た時に発動する能力のこと。

フェイス

顔面と同じ意味。また、盤面を無視してひたすら顔面を殴り続けるデッキのことをフェイスデッキと呼ぶことがある。

フォロワー

プレイすると場に出て、攻撃力と体力を持ち、攻撃できるカードの種類のこと。

復讐

自分の体力が10以下の状態。ヴァンパイアクラスのカードには、復讐状態で追加効果を得られるものがある。

プレイ

手札からカードを使用すること。カードのテキストに「ファンファーレ」と書いてある効果はこのタイミングでしか発動しないので注意。

プレミアムカード

イラストが動いているカード。通常のカードよりも分解した時にもらえるレッドエーテル量が多い。また、生成することができないため、マニアにはたまらない一品。

分身

同名のカードを1体場に出す効果のこと。

プール

デッキを組む上で使えるカード種類のこと。「プールが広い」と言えばデッキ構築に使えるカードの種類が多いことを指す。

ボード

場のこと。場の優位性をボード・アドバンテージ、場を支配することをボード・コントロールと言う。

ま行の用語

マナカーブ

デッキに入っているカードを、コスト毎に枚数を数え、グラフにしたときに現れる曲線のこと。
主にデッキを事故なく回すためや、コストのバランスを整える意味で使われることが多い。

ちなみに「マナ」とはシャドウバースにおけるPPのことを指す。

マナレシオ

攻撃力と体力の平均をマナコスト(PPコスト)で割った値。1PPで2/1のフォロワーと2PPで3/3のフォロワーがいた場合、どちらもマナレシオは1.5となる。
フォロワーの強さを評価するための指標として使われ、基本的にはマナレシオが高い方が良い。

マリガン

初手を引き直すこと。最初に引いたカードを確認することを、マリガンチェックなどと呼ぶ。

ミッドレンジ

デッキタイプの1つ。小型フォロワーだけでなく中、大型以上のフォロワーも採用し、後半も粘り強く戦うことを目指したデッキのこと。

ミラーマッチ

同じタイプのデッキ同士の勝負のこと。広くは同じリーダー同士の勝負に対しても使うことがある。一般的にプレイングスキルの差が出やすい勝負になると言われる。

メタゲーム

カードゲームにおいて流行のデッキに対して強いデッキ、ないしカードをつかおうとする戦略のこと。略して「メタ」とも呼ばれる。

や行の用語

誘発型能力

「〜時」「〜するたび」「〜が場に出るたび」などと記載されている効果のこと。特定の条件を満たすたびに誘発するのでこう呼ばれる。

ら行の用語

ライブラリ

対戦時におけるデッキのことをライブラリなどと呼ぶ。カードをドローするときにはライブラリから引かれ、それ以上カードを引けなくなった際にはゲームに敗北する。

ラストワード

破壊された時に発動する能力のこと。

ランプ

PPをブーストして中盤から大型のフォロワーを出すデッキの通称。シャドウバースではドラゴンクラスのデッキ名に使用される事がある。

リアニメイト

墓場から直接フォロワーを場に出すこと、またそれに類似した効果をリアニメイトという。
シャドウバースでは【ダークネス・エボルヴ】のケリドウェンが初出。

リミテッド

あらかじめ用意したデッキで戦う「構築」に対し、リミテッドは「その場で開封したパックのみを使用して作ったデッキで戦うゲーム方式」を指す。

構築とはデッキを組む時から考え方が違い、即興でデッキを組むことからプレイヤーの腕がかなり試される。腕自慢のプレイヤーの中には構築よりもリミテッドが好きだという人も多い。

リーサル

すでに勝ちが確定している状態のこと。リーサルを見逃さずに常に迅速に勝利することを心掛けたい。

リーダー

ユーザーの分身となってバトルするクラスキャラクターのこと。

わ行の用語

割る

破壊の俗称。主にアミュレットを破壊することを意味する。フォロワーの破壊は除去と呼ぶことが多い。

英数字の用語

AoE

「Area of Effect」の略。範囲へ効果を及ぼすことを指し、もっぱら全体除去のことをこう呼ぶ。

CIP能力

場に出すことを意味する「Comes Into Play」の略。場に出た時に発動する効果の総称。ファンファーレ効果は「手札からプレイした時」のみ発動するので、CIP能力とは別物。

EP

進化するために必要なポイント。エボリューションポイントの略と思われる。

GG

Good Gameの略。直訳すると「いい勝負だったね」という意味だが、転じて詰んでいる状況などで勝負を諦める時や、勝利を確信した時などにも使われる。元プロ野球選手のGG佐藤とは何の関係もない。

GMD

ゴブリンマウントデーモンの略。

OP

Over Powerの略。直訳すると「強すぎィ」。試合中に強いカードが出てきたり、新カードの発表でインパクトのあるカードが出てきた時などに使われる。

OTK

One Turn Killの略。コンボによって1ターンに高いバーストダメージを出して勝つデッキに対する呼称として用いられる。

PIG能力

墓地に置くことを意味する「Put Into a Graveyard」の略。ラストワード(破壊時能力)のことを指している。

PP

プレイポイントのこと。TCGを長くやっている人は「マナ」と呼んだりする。

Tier

直訳すると「層」や「段」という意味。カードゲームで伝統的に使われる用語で、メタゲームを分析する際に、流行しているデッキに対して上からtier1,tier2などと分類する際に用いる。

シャドウバース攻略wikiの他の記事

初心者がやることまとめ

初心者攻略まとめ

デッキ編成のコツ

テクニックまとめ

報酬まとめ

ルール/用語について解説

カード評価一覧

全カード評価

デッキレシピ

リセマラ情報

© Cygames, Inc.
※当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

この記事を読んだ人におすすめ
記事について指摘する

ここで書いた内容は記事には表示されません。


攻略メニュー

攻略情報

大会情報

リセマラ

新パック情報

ガチャシミュ

カードの所持率をチェック

デッキ紹介/シミュレーター

クラス別

カード評価一覧

全カード

レア度別

クラス別

効果別

アリーナ情報

2Pickまとめ

2Pickカード評価

2Pick5勝デッキ

初心者情報

初心者まとめ

デッキ編成のコツ

テクニックまとめ

ルール/用語について

アップデート/修正情報

その他

会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中