シャドバ
シャドウバース攻略wiki
禁止/制限カード一覧 | 解説と今後の予想も掲載!

【シャドバ】禁止/制限カード一覧 | 解説と今後の予想も掲載!【シャドウバース】

最終更新 :

シャドウバース(シャドバ)の禁止/制限となっているカードを一覧にまとめています。デッキ構築の際にお役立てください。

目次

クラス別カード一覧

全カード一覧はこちら

禁止/制限カードとは

禁止や制限は、ナーフとは別にアンリミテッドで特に強力であるカードを対象にして行う調整のこと。禁止カードに設定された場合はデッキに入れることができず、制限カードに設定された場合は1枚しかデッキに入れられなくなる。

禁止/制限カード一覧

禁止カード

カード名効果
なし

制限カード

カード名効果
導きの妖精姫・アリア
【エルフ】
4コスト3/3(進化後5/5)。
【進化前】 ファンファーレ フェアリーウィスプ1枚を手札に加える。
エンハンス 9; その後、フェアリーを手札が上限枚数になるまで加える。(上限は9枚)
【進化後】進化時 フェアリーウィスプ1枚を手札に加える。
マナリアの知識
【ウィッチ】
1コストスペル
マナリアの魔弾、マナリアの防陣の中から、ランダムに1枚を手札に加える。
ブラッドウルフ
【ヴァンパイア】
2コスト2/1(進化後4/3)。
【進化前/後】疾走
ファンファーレ 自分のリーダーに2ダメージ。

禁止/制限カード候補ランキング

1位:運命の導き

汎用性が高く強力

スペルを中心に構成された、超越ウィッチドロシーウィッチにスマートに採用されるカード。スペルブーストを進めることで0コストでも発動でき、1枚のハンドアドバンテージを得ることができる。

制限内容とその理由

  • 制限カードに変更

超越ウィッチ、ドロシーウィッチのどちらでも採用されており、デッキの安定感や回転を支えるキーカードとなっている。運命の導きから運命の導きを引き込むことで、更に手札の次元の超越のコストを下げていく動きが強力なため、制限カードとした。

2位:鋭利な一裂き

扱いやすいバーンダメージ

2コストでありながら、3点を好きなところへ飛ばせる。自分のリーダーに2ダメージを与える効果も基本的にはメリットの方が大きく、コントロールヴァンパイアを除いたほとんどのヴァンパイアデッキに採用されている。

制限内容とその理由

  • 制限カードに変更

長い間環境上位に居続けているアグロヴァンパイア復讐ヴァンパイアのどちらでも3枚採用されているカード。鋭利な一裂きと疾走フォロワーを合わせてのフィニッシュパターンが非常に多いため、制限カードと予想した。

3位:対空射撃

どちらの効果も強力

相手のフォロワーにダメージを与える効果も、自分の場のカードを1枚戻す効果も強力。リノセウスとのコンボはもちろん、アグロ〜ミッドレンジタイプのデッキに対して茨の森を戻す動きも有効だ。

制限内容とその理由

  • 制限カードに変更

リノセウスとの相性が非常に良く、様々なエルフデッキで3枚採用されている。制限カードとすることで扱いやすいバウンス効果持ちのカードが減ってしまうため、アグロエルフOTKエルフは、構築の幅を大きく狭められることになるだろう。

シャドウバース攻略wikiの他の記事

アンリミテッドのデッキレシピ

ローテーションのデッキレシピ

カード評価一覧

全カード評価

クラス別カード一覧

リセマラ情報

© Cygames, Inc.
※当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

この記事を読んだ人におすすめ
記事について指摘する

ここで書いた内容は記事には表示されません。


みんなのコメント

GameWithに登録して、
ゲーム仲間とつながろう!
はじめての方
新規登録 (無料)
会員の方
ログイン
コメントの続きを見る(1件)
攻略メニュー

速報/大会情報

リセマラ情報

新パック情報

カードの所持率をチェック

デッキ紹介

ローテーション

アンリミテッド

クラス別

カード評価一覧

全カード

クラス別

アリーナ情報

2Pickまとめ

2Pickカード評価

初心者情報

初心者まとめ

デッキ編成のコツ

アップデート/修正情報

その他

会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中