シャドバ
シャドウバース攻略wiki
アグロネクロのデッキレシピと立ち回り
シャドバ攻略記事

アグロネクロのデッキレシピと立ち回り

最終更新 : シェア
シャドバ攻略からのお知らせ
【新サービス】シャドバのゲーム仲間が増やせるSNSが登場!

「アグロネクロ」デッキのレシピ記事になります。相性や立ち回りなども掲載しているので、お役立て下さい。

目次

GameWithのSNS機能が登場!

GameWithSNSは、GameWithからリリースされた新サービスです。シャドウバースなどをプレイしている最中のスクショを投稿できたり、周りの人がどんなゲームをやっているか見ることができます。

GameWithのSNSを始める

ネクロマンサーの他のデッキはこちら

ネクロマンサーのデッキ一覧
スポンサーリンク

アグロネクロの評価と概要

アグロネクロの評価28

評価点10 /10点
扱いやすさ★★★★★
他のデッキの評価はこちら

アグロネクロの概要

速攻タイプのネクロデッキ

アグロネクロは、ネクロマンサークラスの速攻デッキだ。序盤から軽量のフォロワーで攻め、ファントムハウルなどのネクロマンスを利用して速やかに相手を倒すことをコンセプトにしている。

ラストワード効果で場に残りやすい

ボーンキマイラ骨の貴公子といった、ラストワードで場にスケルトンを残せるカードを多く採用。場にフォロワーを残しやすいためオルトロスココを活かしやすい上、シャドウリーパーを強化する生贄としても使うことができる。

ヘクター採用で突破力がアップ

アグロ全般に言えることだが、デッキコストが前寄りになっているため、相手にうまく凌がれてしまうと後半で息切れしてしまうことが多い。ヘクターを採用したことで、突進による守護の突破+味方の打点アップで最後の一押しが強くなった。

アグロネクロ対策はこちら

主なデッキとの相性28

アグロネクロの相性傾向

骨の貴公子ヘクターといった強力なカードが追加されたため、ほとんどのデッキに有利がついている。ただし、ネクロミラーを意識しているものが多いミッドレンジネクロや、消滅が豊富なイージスビショップは苦手となっている。

スポンサーリンク

サンプルレシピ

作成コスト約27,050

デッキレシピ28

デッキコードを発行

※【PC専用サイト】リンク先のシャドウバースポータルで、ご自身でデッキコードを発行してください。

スポンサーリンク

入れ替え候補のカード28

カード名説明
ソウルコンバージョン1コストスペル。自分のフォロワー1体を破壊する。カードを2枚引く。ドローソースが欲しいなら採用しよう。スケルトンファイターや2コストフォロワーなどとの入れ替え候補。
ユニコーンの踊り手・ユニコ2コスト2/2のフォロワー。自分のターン開始時、自分のリーダーを2回復。ミラー戦など対アグロを重視するなら採用しよう。2コストフォロワーとの入れ替え候補。
よろめく不死者2コスト1/2フォロワー。このフォロワーは守護 を持たないフォロワーを攻撃不能。ランダムな相手のフォロワー1体を破壊する。高体力守護フォロワーへの対策になりうる。2コストフォロワーとの入れ替え候補。
破魂の少女2コスト2/2のフォロワー。ファンファーレ ネクロマンス4; 相手の進化後フォロワー1体を破壊する。はまった時は非常に強力な効果。2コストフォロワーとの入れ替え候補。
闇の従者3コスト1/1。このフォロワーは守護を持たないフォロワーを攻撃不能。ラストワード リッチ1体を出す。盤面に残りやすいため結果として打点に繋がることも多い。3コストフォロワーとの入れ替え候補。
風の軍神・グリームニル3コスト2/3守護。ファンファーレ エンハンス10 相手のリーダーと相手のフォロワーすべてに1ダメージ。これを4回行う。ミラー戦など対アグロを重視するなら採用しよう。3コストフォロワーとの入れ替え候補。
デモンストライク4コストのスペル。相手のリーダーか相手のフォロワー1体に3ダメージ。中コスト帯フォロワーなどとの入れ替え候補。
ゴブリンプリンセス5コスト2/1。ファンファーレ ゴブリン2体を出す。ラストワード ゴブリンキング1枚を手札に加える。3体同時展開が単純に強力。ラストワードで手札を減らさないのも嬉しい。風神などとの入れ替え候補。
死の舞踏5コストスペル。相手のフォロワー1体を破壊する。相手のリーダーに2ダメージ。中コスト帯フォロワーなどとの入れ替え候補。

デッキの立ち回り

マリガン3

2コストフォロワーを最優先

1、2、3コストのフォロワーが手札にあるのが理想だが、2ターン目に何も動けないことが最もきつい。2コストカードが引けてなければ、1コストフォロワーを1枚だけ残して、全てマリガンしよう。

スケルトンファイターは戻すことも

1ターン目のスケルトンファイターは1/1とステータスが低いため、相手によっては戻してしまおう。エルフのメイや、ウィッチのエンジェルスナイプなどには要注意だ。ミラー対決では相手の1/2フォロワーに倒されることも少なくない。

1~3ターン目1

とにかく展開をして攻撃

アグロの基本戦略通り、フォロワーを展開してフェイスを攻撃していく。ユニコなど残しておくと厄介な効果を持ったフォロワーでない限り、こちらからフォロワー交換をするのは避けよう。

リーパーの出し方に注意

シャドウリーパーは自分の場にフォロワーがいる状況で出す時は非常に強いが、単体で出す動きは弱い。そのため、2コストではあるが、主な活躍の場は中盤以降となることが多い。出し方には注意しておこう。

時には処理も

相手の1/2のフォロワーを、こちらの2/2で一方的に打ち取れるような状況の場合、盤面を優先した方がいいこともある。アグロデッキとはいえ、柔軟にプレイを変えていこう。

4~6ターン目0

手札と場でダメージを計算しつつ攻撃する

場のフォロワーはすべてフェイスに攻撃しても大丈夫か?盤面を優先してダメージが足りるのか?常に計算しながら立ち回ろう。特に相手もアグロだとこちらの体力が厳しくなってくるので、どれだけ盤面を処理すれば安全なのか考えておく必要がある。

風神の全体強化で大ダメージ

骨の貴公子などの効果でフォロワーが場に残っているという状況をかなり作りやすい。そのため、5ターン目に風神を出して大ダメージを狙いやすくなっている。場にフォロワーが並んでいたら、積極的にプレイしていこう。

ケルベロスを出せるとかなり楽に

手札に加わるミミとココによって、リーサルまでの射程を一気に縮められる。特にファントムハウルとのコンボが強力で、進化込みで最大11点ものダメージを6PPで出せる。積極的に狙っていきたいコンボだ。

7〜10ターン目0

ヘクターで最後の一押し

ヘクターを出して勝負を決めにいこう。相手の場に守護が立っている場合などは、場のフォロワーを何体残しておく必要があるのか、ネクロマンスの数は足りているか、しっかりと計算しておこう。

スポンサーリンク

バハムート期のレシピ

バハムート期の概要

初期はシャドウリーパーの評価が低かった

環境初期では、2コスト1/1というステータスの低さからシャドウリーパーの評価が低かった。そのため、バハムート期でも強化カードを貰えなかったと判断され、さらに使用者が減っていった。

最終的にはtier2に

シャドウリーパーを採用したデッキが実績を上げるなどして、シャドウリーパーを評価するプレイヤーが増える。相性のいいボーンキマイラを採用する型などが流行し、最終的にはtier2となった。

デッキレシピはこちら

エボルヴ期のレシピ

エボルヴ期の概要

追加カードが少なかった

エボルヴにおいては、ニュートラルの死の舞踏以外にめぼしい強化カードを貰えず、使用者はかなり減ってしまった。もっともケルベロスファントムハウルのコンボなどの強力さは相変わらずだったので、tier3程度の使用率は保っていた。

デッキレシピはこちら

スタンダード期のレシピ

スタンダード期の概要

高いバーストダメージで強デッキに

ケルベロスファントムハウルの高いバーストダメージが注目された。ラビットネクロマンサーなど優秀な低コストフォロワーが多く、序盤から体力を削っていきやすかったのも大きい。冥府エルフの台頭により苦手とするビショップが激減していたのも後押しし、強デッキとしての地位を確かにした。

死の祝福を積む型が増加

初期はアグロ向きのカードばかりを積んだデッキが多かったが、アグロ対策が一般化すると、より単体のカードパワーを重視し死の祝福を積む型が増加した。これにより中盤以降でも盤面を維持して戦えるようになり、エボルヴ環境までこの型が主流となった。

デッキレシピはこちら
フォロワー重要度コスト枚数
スカルビースト★★・13枚
スケルトンファイター★★・12枚
スパルトイサージェント★★・23枚
スカルウィドウ★★・22枚
レッサーマミー★★★23枚
ルーキーネクロマンサー★★・32枚
ラビットネクロマンサー★★★33枚
スケルトンナイト★★・33枚
悪戯なネクロマンサー★★★42枚
地獄の解放者★★★43枚
ケルベロス★★★53枚
カースドソルジャー★★・72枚
スペル重要度コスト枚数
ソウルコンバージョン★★・13枚
腐の嵐★・・31枚
ファントムハウル★★★42枚
死の祝福★★★63枚

シャドウバース攻略wikiの他の記事

ネクロマンサーの他のデッキはこちら

ネクロマンサーのデッキ一覧

クラス別カード一覧

デッキレシピ

リセマラ情報

みんなのおすすめカードは?

u-a-
267798

秘術ウィッチに有利というのは少し気に喰わない。
現環境の秘術は大半がアグロのため従来の「秘術ウィッチ」というくくりに入っていないのかもしれないがこの認識を改めた方がいい。
盤面に干渉しながら、リーダーを削ることに優れているので(レヴィ、ルーン、天輪、etc)対秘術アグロは五分かよくて微有利程度だと思う。
守護の入っていない型だと夜の魔術師に打点を稼がれやすいのもつらい。

ご意見・ご指摘

ゲームバランスやデータ引き継ぎなど、ゲームそのものへのご指摘は受付けておりません。

この記事について指摘する

ここで書いた内容は記事には表示されません。


攻略メニュー
シャドウバース攻略wikiトップ GameWith SNS Q&A ゲームライター募集中! YouTuber募集!

大会情報

リセマラ

新パック情報

デッキ紹介

クラス別

カード評価一覧

全カード

レア度別

クラス別

効果別

アリーナ情報

2Pickまとめ

2Pickカード評価

2Pick5勝デッキ

初心者情報

初心者まとめ

デッキ編成のコツ

テクニックまとめ

ルール/用語について

PC版の使用方法

アップデート/修正情報

その他

おすすめ

iTunes Cardが10%お得に[PR]
攻略記事ランキング
  1. 1 最強デッキランキング!レシピ付き(4/28更新)
  2. 2 ミッドレンジヘクターネクロのデッキレシピと立ち回り
  3. 3 ランプドラゴン(ミッドレンジドラゴン)のデッキレシピ
  4. 4 最新!リセマラ当たりランキング(4/28更新)
  5. 5 アグロネクロのデッキレシピと立ち回り
もっとみる
ゲームを探す
 ソフトまとめ PS4VITA3DSスイッチ
攻略取り扱いゲーム
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中