シャドバ
シャドウバース攻略wiki
ナーフ後の環境を考察!

ナーフ後の環境を考察!

最終更新 :
シャドバ攻略からのお知らせ
1400万DL突破記念キャンペーン!宝箱報酬一覧

ナーフ後の環境についてのまとめ記事です。ナーフされるカードの情報、ナーフ後の有力デッキなどを考察していますので、シャドバ攻略の際にお役立て下さい。

目次

ナーフ後の環境を考察

ナーフされるのは3枚

10/30のアップデートで3枚のカードがナーフされるとのこと。このページでは、ナーフの影響で今後の環境がどう変わっていくか考察している。

ナーフの意味についてはこちら

ナーフ対象のカード一覧10

カード名変更点
ダラダラ天使・エフェメラコスト 4 → 5
トランプナイト招集コスト 5 → 6
原初の竜使いコスト 3 → 4
体力  5 → 3

ナーフの影響でどうなる?1

ロイヤル

バーストダメージが低下

ダラダラ天使・エフェメラのナーフにより、全体的なダメージ量がやや低下。また、コストが上がったことにより、優先度の高いアルベールなどとコストが被ってしまっている点も気になる。

ナーフ後は採用が厳しいか?

主な採用先であったアグロロイヤルでは、前述したアルベールなど5コストに競合が多い。そのため、以前のように3枚の採用ということはなくなると考えられる。

ドラゴン

盤面を取りにくくなる

原初の竜使いのナーフにより、原初ドラゴンの展開力が低下。中でも複数の原初の竜使い+フォロワーといった動きが難しくなったのは、大きな弱体化と言える。

採用はどうなる?

コストと体力の変更により扱いにくくなったことは間違いない。とはいえ、効果自体は変更されていないため、そこまで採用率が下がることはないかもしれない。

ナーフ後の有力デッキは?0

骸ネクロ

高い使用率を誇っていた上に、今回ほぼナーフの影響を受けなかった。苦手としていた原初ドラゴンアグロロイヤルが弱体化したことにより、一気に立ち位置がよくなりそうだ。

骸ネクロの詳細はこちら

超越ウィッチ

大の苦手としていたアグロロイヤルが弱体化したのが大きい。以前からほとんどのコントロールデッキには対等に戦えているため、展開力の高いデッキが少ない環境ならば、流行する可能性は大いにある。

超越ウィッチの詳細はこちら

秘術ウィッチ

苦手としていた原初ドラゴンが、今回のナーフの影響を受けて弱体化する。そのため、相対的にこのデッキの立場がよくなり、環境に返り咲くといった可能性も充分にある。

秘術ウィッチの詳細はこちら

ニュートラルエルフ

今環境でも立ち位置は悪くなかったが、ナーフの影響をほぼ受けなかったのが大きい。不利がついていた原初ドラゴンが弱体化することを考えると、相対的に立ち位置が良くなりそうだ。

ニュートラルエルフの詳細はこちら

ランプドラゴン

原初ドラゴンの影に隠れてしまう形になっていたが、原初の竜使いがナーフされたことにより、再び日の目を見る可能性がでてきた。苦手とするアグロタイプのデッキが少ない環境ならば、活躍してもおかしくないだろう。

ランプドラゴンの詳細はこちら

シャドウバース攻略wikiの他の記事

ナーフ関連の記事

カード評価一覧

全カード評価

クラス別カード一覧

デッキレシピ

リセマラ情報

要注意カード一覧

クラス別要注意カード一覧
この記事を読んだ人におすすめ

© Cygames, Inc.
※当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

記事について指摘する

ここで書いた内容は記事には表示されません。


攻略メニュー

攻略情報

大会情報

リセマラ

新パック情報

ガチャシミュ

カードの所持率をチェック

デッキ紹介/シミュレーター

クラス別

カード評価一覧

全カード

レア度別

クラス別

効果別

アリーナ情報

2Pickまとめ

2Pickカード評価

2Pick5勝デッキ

初心者情報

初心者まとめ

デッキ編成のコツ

テクニックまとめ

ルール/用語について

アップデート/修正情報

その他

会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中