シャドバ
シャドウバース攻略
ナーフ後の環境を考察!
【シャドバ】ナーフ後の環境を考察!【シャドウバース】

【シャドバ】ナーフ後の環境を考察!【シャドウバース】

最終更新 :
おすすめの関連記事

ナーフ後の環境についてまとめています。ナーフされるカードの情報やナーフ後の有力デッキなども合わせて考察していますので、シャドバ攻略の際にお役立てください。

目次

ナーフ後の環境を考察

8枚のカードが能力調整される

10/30のメンテナンスにて、8枚のカードの能力調整が行われる。両フォーマットで猛威を奮っていた闇喰らいの蝙蝠グレモリーが下方修正されるため、環境は大きな変化を見せるだろう。

ナーフの意味についてはこちら

能力調整対象カード一覧

下方修正されるカード

カード名変更点
老いたる先導者「ファンファーレ エンハンス 7;ヘヴィーナイト3体を出す。」 に変更
騎士王・アーサー7/2/6 → 8/3/7 に変更
侮蔑の絶傑・ガルミーユ進化後の効果が
ターンごとに1回、このフォロワーがダメージを受けたとき、このフォロワーが破壊されなかったなら、ランダムな相手のフォロワー1体に3ダメージと相手のリーダーに3ダメージ。」 に変更
グレモリーエンハンス 6 → 7 に変更
フラウロス直接召喚の条件が
3ターン目かそれ以降のターン中、自分のリーダーがダメージを受けたとき、それがこのターン中4回目なら、このカードを1枚、自分のデッキから場に出す。」 に変更
闇喰らいの蝙蝠コスト 7 → 8 に変更

上方修正されるカード

カード名変更点
ユグドラシルコスト 7 → 6 に変更
神の盾・ブローディアコスト 8 → 7 に変更

関連動画

ナーフ速報!8枚の選ばれし者!

むじょっくすTVをチャンネル登録!

能力調整でどうなる?(ローテ)

エルフ

ユグドラシルのコンボがより実用的に

ユグドラシルのコストが6になり、森羅の怒りを絡めたコンボがより実用的なものになる。コストの下がった煌刃の戦士・ベイルクリスタリア・イヴと森羅の怒りを組み合わせ、7ターン目前後で大ダメージを狙う新型のエルフが活躍するかも知れない。

サンプルレシピ

拡大する
テンポエルフの詳細はこちら

ロイヤル

アーサーを抜く形も

騎士王・アーサーで盤面を取り、次のターン安全に高潔なる騎士・レイサムを着地させる動きが遅くなってしまうため、アーサーに頼らない形を考える必要がありそうだ。最近見かける機会の増えてきた、アーサー抜きロイヤルが主流になる可能性も高い。

サンプルレシピ

拡大する
ミッドレンジロイヤルの詳細はこちら

ドラゴン

大きな影響を受ける

ほとんどのデッキに3枚採用されていた侮蔑の絶傑・ガルミーユの下方修正により、全体的に大きな影響を受けるだろう。ガルミーユとのコンボが強力だった侮蔑の信者侮蔑の炎爪も少し扱いづらくなるため、事実上の弱体化は避けられない。

サンプルレシピ

拡大する
侮蔑ドラゴンの詳細はこちら

ネクロマンサー

中盤の圧力が低下

幅広い活躍を見せていたグレモリーのエンハンスが7に変更される。盤面を強化できるターンが早くても7ターン目になってしまうことで、冥界の番犬・ケルベロスをプレイする5ターン目から7ターン目までの繋ぎが苦しく感じる場面も多くなりそうだ。

サンプルレシピ

拡大する
ミッドレンジネクロの詳細はこちら

ヴァンパイア

構築の見直しが必要か

フラウロス闇喰らいの蝙蝠の2枚が下方修正されるが、大元のデッキパワーはそこまで変わらない。デッキをよりコントロール気味に組むことで、まだまだ一線級で戦っていけそうだ。

サンプルレシピ

拡大する
蝙蝠ヴァンパイアの詳細はこちら

ビショップ

メタデッキとして活躍

神の盾・ブローディアの上方修正により、ギガキマウィッチなどのコントロールデッキに対してより強く出られるようになる。7ターン目にブローディアをプレイした場合、盤面が弱くなるが、直後のターンにテミスの粛清で一掃できる点も大きい。

サンプルレシピ

拡大する
天狐ビショップの詳細はこちら

ナーフ後の有力デッキまとめ

能力調整でどうなる?(アンリミ)

ドラゴン

死の祝福の突破がやや厳しく

侮蔑の絶傑・ガルミーユの弱体化によって横並びの処理が厳しくなり、ミッドレンジネクロに対して分が悪くなってしまいそうだ。とは言え序盤の展開力や疾走フォロワーなど、根幹の部分は変わらないため、変わらず環境上位に位置し続けるだろう。

サンプルレシピ

拡大する
フェイスドラゴンの詳細はこちら

ネクロマンサー

影響は少ない

グレモリーは元々制限カードだったこともあり、今回の能力調整による影響は比較的少なめ。侮蔑の絶傑・ガルミーユの弱体化により、かえって立ち位置を上げる可能性も考えられる。

サンプルレシピ

拡大する
ミッドレンジネクロの詳細はこちら

ヴァンパイア

弱体化は避けられないか

アンリミテッドでは鮮血の花園などの存在により、序盤のフラウロスの直接召喚が現実的だったため、今回の下方修正は大きな変更となるだろう。闇喰らいの蝙蝠のコスト上昇も痛く、蝙蝠ヴァンパイアは一つ立ち位置を落とすことになりそうだ。

アグロヴァンパイアが有力か

ナーフ後は蝙蝠ヴァンパイアよりもフィニッシュターンの早い、アグロヴァンパイアが主流となることも考えられる。フラウロスを失ったことによる展開力の低下は決して小さくはないが、中盤以降のバーストダメージについては現状と変わりない。

サンプルレシピ

拡大する
アグロヴァンパイアの詳細はこちら

ナーフ後の有力デッキまとめ

能力調整でどうなる?(2Pick)

ロイヤル

弱体化するもトップは変わらないか

老いたる先導者が弱体化されるが、1枚で4面を作れるのは依然として強力。また、そもそも老いたる先導者に頼らずとも強力なクラスであることから、今後も環境トップの立ち位置となりそうだ。

ロイヤルの2Pick評価はこちら

ドラゴン

さらに立場が悪くなる

切り札的存在であった侮蔑の絶傑・ガルミーユの弱体化がかなり痛い。ただでさえ低い立場がさらに落ちてしまう可能性が高く、アディショナルカードが来るまでは苦しい環境に置かれてしまうだろう。

ドラゴンの2Pick評価はこちら

ネクロマンサー

そこまで変化はないか

グレモリーが弱体化したものの、その他のカードに影響はない。展開重視のデッキを組んだ際に多少パワーが落ちそうだが、これまで通り優先度上位のリーダーとして選択するプレイヤーは多そうだ。

ネクロの2Pick評価はこちら

評価が上がるカードは?

爆砕の傭兵・フィーナ

▲進化時相手の1コストフォロワーをすべて破壊。

今回のナーフを受け、評価が上がると考えられるのは爆砕の傭兵・フィーナ。そのままでも強力なカードだが、エンハンス老いたる先導者を1枚で返せる点が大きく、優先度がさらに上がると思われる。

爆砕の傭兵・フィーナの詳細はこちら

高潔なる騎士・レイサム

▲1コストフォロワーに疾走を付与できる。

弱体化をプラスとして活かせるのが高潔なる騎士・レイサム。レイサムのプレイ後に老いたる先導者をエンハンスでプレイすることで、擬似的な3点疾走として扱うことができる。元々評価の高いレイサムだが、さらに評価が上がりそうだ。

高潔なる騎士・レイサムの詳細はこちら

ナーフ後の予想順位(2Pick)

デッキ名期待度
ロイヤル1位
ネクロマンサー2位
エルフ3位
ネメシス4位
ウィッチ5位
ビショップ6位
ドラゴン7位
ヴァンパイア8位

シャドウバース攻略の他の記事

アンリミテッドのデッキ

ローテションのデッキレシピ

カード評価一覧

全カード評価

クラス別カード一覧

リセマラ情報

© Cygames, Inc.
※当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。
▶シャドウバース公式サイト

攻略記事ランキング
  1. ローテーション最強デッキランキング
    ローテーション最強デッキランキング
    1
  2. 十禍絶傑の新カード一覧
    十禍絶傑の新カード一覧
    2
  3. アンリミテッド最強デッキランキング
    アンリミテッド最強デッキランキング
    3
  4. アディショナルカードはいつ追加? 一覧も掲載!
    アディショナルカードはいつ追加? 一覧も掲載!
    4
  5. ミッドレンジネクロのローテーション最新デッキレシピ
    ミッドレンジネクロのローテーション最新デッキレシピ
    5
もっとみる
記事について指摘する

いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


みんなのコメント

GameWithに登録して、
ゲーム仲間とつながろう!
はじめての方
新規登録 (無料)
会員の方
ログイン
コメントの続きを見る(41件)
攻略メニュー
速報/大会情報
プロリーグ情報
メタレポート情報
アマチュアチーム情報
カード情報
全カード
新カード情報
カードの所持率をチェック
デッキ紹介
ローテーション
アンリミテッド
クラス別
アリーナ情報
2Pickまとめ
2Pickカード評価
初心者情報
リセマラ情報
初心者まとめ
デッキ編成のコツ
アップデート/修正情報
その他
ゲームを探す
レビュー訴求
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中