シャドバ
シャドウバース攻略wiki
ミッドレンジロイヤルのデッキレシピと立ち回り

ミッドレンジロイヤルのデッキレシピと立ち回り

最終更新 :
シャドバ攻略からのお知らせ
みんながどんなデッキを使っているか、SNSで見てみよう!

「ミッドレンジロイヤル」デッキのレシピ記事になります。概要や立ち回りなども掲載しているので、お役立て下さい。

目次

ロイヤルの他のデッキはこちら

ロイヤルのデッキ一覧
スポンサーリンク

ミッドレンジロイヤルの評価と概要

ミッドレンジロイヤルの評価73

評価点8.5 /10点
作成コストの目安37,300
扱いやすさ★★★★★
他のデッキの評価はこちら

ミッドレンジロイヤルの概要

展開力を重視したミッドレンジ系デッキ

ミッドレンジロイヤルは、ロイヤル特有のフォロワー展開力と、疾走や突進などを駆使して盤面のリードを奪っていくミッドレンジデッキ。展開力が高いため、遅い相手にはアグロデッキのようにこちらから速攻を仕掛けることも可能となっている。

バーストダメージで決着を狙えるように

バハムート降臨で登場したアルベールにより、従来のロイヤルデッキが苦手としていたバーストによる決着を狙いやすくなった。そのため、超越ウィッチなどの豊富な除去手段を持つデッキに対しても、勝率を上げやすくなっている。

スポンサーリンク

サンプルレシピ

デッキレシピ73

デッキコードを発行

※リンク先のシャドウバースポータルで、ご自身でデッキコードを発行してください。

スポンサーリンク

注目カードと採用理由73

カード名説明
レヴィオンセイバー・アルベールこのデッキのフィニッシャー。エンハンス時のアルベール進化で、相手の体力を10点削る動きが強力。
トランプナイト招集疾走、守護、必殺といずれも有用。1枚で3つの役割をこなすことができる。
古の英雄除去耐性を持つので、場持ちがいい。終盤のフォロワー同士の殴り合いに強くなる。

入れ替え候補のカード73

カード名説明
刃ネズミ時には2コストとは思えないステータスにもなることもあり、序盤から中盤の盤面を支える優秀なフォロワーだ。2コストカードなどとの入れ替え候補。
火遁の術火力を重視するなら、渾身の一振りよりも優先される。渾身の一振りなどとの入れ替え候補。
御言葉の天使体力1のフォロワーが多いなど、環境で1ダメージが有用ならば採用候補に挙がる。3コストカードなどとの入れ替え候補。
ファングスレイヤー相手フォロワーを処理できる上に、相手リーダーにダメージを与えることが可能。古の英雄などとの入れ替え候補。
スポンサーリンク

デッキの立ち回り

マリガン0

低コストカードをキープ

出来るだけ毎ターンカードをプレイできるような手札にしたい。そのため、低コストフォロワーは確定でキープするようにしよう。後攻の場合は、除去効果を持つ渾身の一振りや、進化時効果を持つフローラルフェンサーをキープしても良い。

1〜3ターン0

フォロワーを展開

フォロワーの展開をメインとしたデッキなので、出来るだけフォロワーを横に並べていこう。ナイトを出すことのできる状況なら渾身の一振りを優先的に使っても良い。

4〜6ターン0

盤面を確保

EPを使い進化時効果を持つフローラルフェンサーを進化させたり、ジェノの突進で盤面を確保していこう。そのままの流れで強化効果を持つ、ガブリエルに繋ぐのがベスト。

7〜10ターン目0

アルベールでフィニッシュ

エンハンス9で2回攻撃が可能になるアルベールをプレイし、相手の体力を削る。進化後は10点のダメージを与えることができるので、アルベールをプレイする前に相手の体力を10以下にしておこう。

スポンサーリンク

過去のレシピ

神々の騒嵐期の概要とレシピ

概要

後半の戦いが安定した

序盤から終盤までフォロワーを繋いでいく安定感のあるデッキ。ルミナスメイジの登場により、切り札であるアルベールへのEPを温存しやすくなった。環境上位のデッキは苦手としていたが、その他のデッキに対しては有利に戦える事が多かった。

デッキレシピ

バハムート期の概要とレシピ

概要

乙姫セージが減る

レジェンドのアルベールが強力なため、バハムート降臨実装前から注目が集まっていた。だが、各クラスに優秀な除去カードが追加されたことや、環境が早くなり乙姫+セージでは遅いということが増えたため、初期の環境ではあまり使われなかった。

アルベールに特化した型が台頭

ミッドレンジロイヤルは盤面を制圧して勝利する型が主流だったが、バハムート期ではアルベールのバーストダメージで勝利する型へと変わっていく。なかでもメイドリーダーでアルベールを確定サーチするアルベールロイヤルが人気となった。

デッキレシピ

エボルヴ期の概要とレシピ

概要

エボルヴ実装当時は使用率が激減

エボルヴ期が始まってすぐの環境では、スタンダード期から一転して使用率が激減する。目立ったパワーカードの追加がなく、他のクラスと比べると見劣りしてしまったことが原因。

エボルヴ期でもトップメタの存在に

一度はあまり使われなくなるものの、環境が進むにつれて使用率が上がっていく。やはり海底都市王・乙姫セージコマンダーのコンボは対策が難しく、エボルヴ期でもトップメタの1つとして名を残した。

ドローソースの追加で息切れしにくい構築に

アドバンスブレーダーの登場で、フォロワーを展開しながら手札補充ができるようになる。従来のロイヤルデッキよりも息切れしにくい構築が可能になり、終盤でも粘り強く戦えるようになった。

デッキレシピ

スタンダード期の概要とレシピ

概要

当時の環境で使用率トップの人気デッキ

その安定性と使いやすさから、当時扱うプレイヤーが最も多かったと言っても過言ではない。海底都市王・乙姫を対策できるカードは少なく、セージコマンダーなどによる全体強化から勝負を決められる試合も多かった。

フェンサーの使用率が高かった

先攻2ターン目に出した2/2の兵士をフェンサーで強化し、リードを広げる動きが流行っていた。特に不屈の兵士を強化する動きは不屈フェンサーとも呼ばれ、ロイヤルミラーでは先攻が有利と言われる理由の一つとされていた。

デッキレシピ

フォロワー重要度コスト枚数
クイックブレーダー★★・13枚
不屈の兵士★★★23枚
歴戦のランサー★★・23枚
メイドリーダー★★★23枚
フェンサー★★・33枚
ノーヴィストルーパー★★・33枚
わがままプリンセス★★・32枚
ホワイトジェネラル★★・42枚
フローラルフェンサー★★★43枚
ロイヤルセイバー・オーレリア★★★53枚
セージコマンダー★★★63枚
海底都市王・乙姫★★★63枚
ツバキ★★・62枚
ガブリエル★★・72枚
フロントガードジェネラル★★・72枚
スポンサーリンク

シャドウバース攻略wikiの他の記事

ロイヤルの他のデッキはこちら

カード評価一覧

全カード評価

クラス別カード一覧

デッキレシピ

リセマラ情報

この記事を読んだ人におすすめ

© Cygames, Inc.
※当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

みんなのおすすめカードは?

ムクタ
320790

【カード名】
セージアウト
ノーヴィスorクイックブレーダー
【理由】
セージのバフは優秀ですが、いらないでしょう
手札から打点の飛ばせる手段の一個でありながら
クイブレは3ターン目に2/2をトーブにとられた時・体力一残りを取る
ノーヴィスは後攻ゴブリンリーダーに対する回答の増加

記事について指摘する

ここで書いた内容は記事には表示されません。


攻略メニュー

攻略情報

大会情報

リセマラ

新パック情報

ガチャシミュ

カードの所持率をチェック

デッキ紹介/シミュレーター

クラス別

カード評価一覧

全カード

レア度別

クラス別

効果別

アリーナ情報

2Pickまとめ

2Pickカード評価

2Pick5勝デッキ

初心者情報

初心者まとめ

デッキ編成のコツ

テクニックまとめ

ルール/用語について

アップデート/修正情報

その他

会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中