シャドバ
シャドウバース攻略
進化を上手く行おう!

シャドウバース | シャドバ 進化を上手く行おう!

最終更新 : シャドバ攻略班
進化を上手く行おう!

ゲームプレイの際に重要となるテクニックや考え方について掲載しています。プレイングの参考にしてください。

進化を上手く行おう!

進化の価値を理解する

シャドバを象徴するシステム

シャドバ CM

▲シャドバのCMでは、ベルエンジェルが「カードの進化が勝負の鍵!」と紹介している。

進化は、シャドウバースで最も特徴的な要素と言っても過言でない重要なシステム。進化のタイミングや使い方が勝敗を分けるケースは少なくない。

突進と+2/+2補正を得られる

いくつか例外もあるが、まずは「進化=好きなフォロワーに突進+2/+2補正を付与できる権利」であることをしっかりと認識しておこう。

ステータス補正も大きいが、出したターンからすぐに相手フォロワーを攻撃できるメリットを活かすことができるため、基本的にはターン中にプレイしたフォロワーを進化させる方が得をしやすい。

進化時効果を発動させられる

進化時効果には強力なものが多いため、進化時に効果を発揮するフォロワーは優先的に進化させたい。

破壊の絶傑・リーシェナ

▲進化時に白き破壊のアーティファクトを加える効果を持った、リーシェナネメシスのキーカード。

特に破壊の絶傑・リーシェナのような、デッキの核となっているフォロワーを進化させられなかった場合、勝ち筋を一つ捨ててしまうことになる。自身の使用しているデッキや手札によっては、進化を我慢することも重要な立ち回りの一つだ。

進化を使うべき場面

優位な盤面を築く

進化で相手のフォロワーに有利トレードを仕掛け、ステータスの高いフォロワーを立てることで、優位な盤面を築くことができる。言い換えれば、こちらのフォロワーが相手の進化フォロワーに倒されにくい盤面を作ることで、より差を広げられる。

優位な盤面を築く

▲マシンブックソーサラーも蒼の反逆者・テトラも、進化後の体力は6。綺麗に相打ちを取ることができる。

画像の相手はこれまでプレイしたカードから、機械ウィッチと判明。相手は次のターン、マシンブックソーサラー蒼の反逆者・テトラをプレイしたいはずなので、進化後の攻撃力が6の欠落の聖女・リモニウムをプレイし、相打ちを取れる形にした。

リーダーの体力を守る

リーダーの体力を守る

▲進化が美味しい場面ではないが、6/4を放置してしまうと残り体力が不安になる。

前述の通り、基本的に進化は優位な盤面を築くために使いたいが、やむを得ないケースも存在する。画像のように、相手の大型フォロワーを処理する手段が進化以外にない場合は進化を惜しまず、処理を急ぐことで、傷口が広がるのを防ぐことができる。

一気にフィニッシュを目指す

フェイス進化

▲進化を使って相手の体力を6以下にすれば、次のターンに真紅の抗戦者・モノでのフィニッシュが見える。

進化は盤面を取るためだけでなく、相手リーダーへの打点補強の手段としても活躍する。特に、アグロヴァンプフェイスドラゴンのような早期決着を狙うデッキでは、戦いを長引かせないよう、一気に攻め込むのも必要なテクニックだ。

処理の難しい盤面を押し付ける

「空進化」や「進化置き」と呼ばれる、進化したフォロワーで攻撃を行わない、ステータスを上げることだけを目的とした進化も存在する。

空進化

▲これまでプレイしたカードから、相手のデッキは復讐軸のものだと分かっている。

上記の画像では、簒奪の使徒を空進化している。進化前の4/5というステータスでは、悪逆の公爵・ユリウスデビルアイドル・トリルに綺麗に有利トレードを取られてしまうので、空進化を行った。

Point!空進化はハイリスクハイリターンのプレイです。上手く決まらなかった場合、敗北の要因になることもあるので、慣れない内は頭に留めておく程度で良いでしょう。

EPを残したままの敗戦は避ける

EPを大切にする意識は大切だが、EPを残したまま負けてしまうのは勿体ない。そのため自分が不利な状況下で進化を行うか迷った場合は、基本的に進化を行った方が得をすることが多い。

進化を温存するべき場面

勝ち筋を残す

前述のリーシェナネメシスのような、EPの有無が勝敗を左右するデッキでは、出来る限り進化を温存しておきたい。時には負け筋が残るような場面でも、勝ち筋を残すためにこらえることも大切だ。

高コストフォロワーのプレイをサポート

進化を残しておきたいフォロワー

氷獄の王・サタンなどの大型フォロワーをプレイしたい場合も、極力EPを残しておきたい。これらのカードは本来、プレイしたターンに盤面を処理できないため、着地の際に大きな隙が生まれるが、進化を使うことでスムーズに着地できるようになる。

前のめりになりすぎない

進化が行える回数は限られているので、基本的に進化による旨味が少ない場合は進化を避けるべき。

前のめりになりすぎない

画像の盤面でフロートボードマーセナリーを進化させた場合、相手へのダメージが2増えることになるが、それだけではEPを1消費する価値があるとは言い難い。ここの進化はグッと我慢し、長期戦になっても戦えるように備えておくべきだろう。

次のターンの逆転を狙う

優秀な除去が採用されているデッキであれば、無理に進化を使う必要のない場面も多い。

進化温存

▲高い除去能力で環境を席巻。

複数体の除去が狙えるカードは、除去の対象が多ければ多いほど得をする。せっかく次のターンの全体除去が狙えるのに、進化を行って相手のフォロワーを処理した場合、処理できるフォロワーの数と進化回数の2つの面で損をすることになってしまう。

もちろん自分のリーダーの体力と相談する必要はあるが、次のターンの全体除去を見据えて進化を温存しておく動きも考えてみよう。

第一問

使用しているデッキレシピ

機械エルフ
拡大する

森の女王・リザは進化させる?

確認問題①
拡大する

※相手のデッキはランプドラゴンと仮定。

  1. A.進化させる
  2. B.進化させない

正解は A.進化させる

既にPPブーストカードを撃たれており、戦いを長引かせてしまった場合、氷獄の王・サタンなどが止まらなくなることも考えられます。
ここはリザを進化させ、相手のペースになる前に試合を決めに行きましょう。進化したリザを機械樹の番人の守護で守れているので、進化の恩恵を次のターンも受けられる可能性が高いのもポイントです。

第二問

使用しているデッキレシピ

サタンドラゴン
拡大する

このターンに進化を行う?

確認問題②
拡大する

ソロモン究極練成をプレイされているため、相手のデッキはスペルウィッチである可能性が高い。

  1. A.侮蔑の従者を進化
  2. B.絆の竜剣士・アイラを進化
  3. C.進化しない

正解は C.進化しない

こちらの勝ち筋を考えると、次のターンは絶対に氷獄の王・サタンをプレイしたいところです。ジャンクゴーレムの存在が気になりますが、次のターンのサタンを少しでも安全に着地させられるよう、ここは進化を我慢するべきでしょう。

© Cygames, Inc.
※当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。
▶シャドウバース公式サイト

攻略記事ランキング
  1. レヴィールの旋風の新カード一覧
    レヴィールの旋風の新カード一覧
    1
  2. ローテーション最強デッキランキング
    ローテーション最強デッキランキング
    2
  3. 開拓のロデオガイ・ロキサスの評価と採用デッキ
    開拓のロデオガイ・ロキサスの評価と採用デッキ
    3
  4. 新カードパック一覧「レヴィールの旋風」
    新カードパック一覧「レヴィールの旋風」
    4
  5. マジカルシューターの評価と採用デッキ
    マジカルシューターの評価と採用デッキ
    5
もっとみる
この記事へ意見を送る

いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


みんなのコメント

GameWithに登録して、
ゲーム仲間とつながろう!
はじめての方
新規登録 (無料)
会員の方
ログイン
攻略メニュー
速報/大会情報
デッキ一覧
ローテーションまとめ
ローテーションTier1
アンリミテッドまとめ
アンリミテッドTier1
その他
メタレポート情報
アリーナ情報
グランプリまとめ
2Pickまとめ
2Pickカード評価
カード情報
新カード情報
初心者情報
リセマラ情報
初心者まとめ
デッキ編成のコツ
アップデート/修正情報
その他
ゲームを探す
Gamewithでゲームを探す
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中