シャドバ
シャドウバース攻略
ファイナリストゼロが振り返るRAGE Spring予選大会!
【シャドバ】ファイナリストゼロが振り返るRAGE Spring予選大会!【シャドウバース】

【シャドバ】ファイナリストゼロが振り返るRAGE Spring予選大会!【シャドウバース】

最終更新 : シャドバ攻略班
シャドバ攻略からのお知らせ
【攻略アプリNo.1】もう知ってる?便利すぎるアプリが登場
おすすめの関連記事

ファイナリストのゼロ選手によるRAGE Shadowverse 2019 Spring 予選大会の振り返り記事になります。参考にしてください。

ゼロ振り返りアイキャッチ
掲載日2018/2/5

目次

サタンドラゴン

デッキリスト

ゼロ選手サタンドラゴン
拡大する
デッキコードを発行

※リンク先のシャドウバースポータルで、ご自身でデッキコードを発行してください。

使用に至った経緯

JCGでの異界優勝がきっかけ

今回このデッキを使用することになったきっかけはJCGでの異界ドラゴンの優勝です。あのデッキを見て、一緒に調整を行っていた方と異界を統べる者を組み込んだ形のサタンドラゴンを考えていきました。結果として大正解だったと思います。

参考記事

構築のポイント

正義のドラグーンを採用

キーカードの1枚である正義のドラグーンについてお話します。単体除去ないし複数除去として役立つ侮蔑の嘲笑と迷ったのですが、盤面に残せるだけでなく、ドラゴンクローでの打点面なども強力だと考え、正義のドラグーンを採用するに至りました。

紫竜の不採用、異界の採用について

今回の構築では忌まわしき紫竜を不採用にし、その枠に異界を統べる者を採用しています。紫竜は強力なドローソースですが、ナーフの影響を受けて他のカードとの組み合わせがしづらくなったことや、ステータスの低さを考慮し、不採用としました。

今後の展望

大きく形が変わることはないと思いますが、細かい枚数を調整するのはありだと思います。フィルレインを減らしたり、サタン後に強力なカードになるゾーイを採用するなどは面白いと思います。

マリガンについて

優先的に探しに行きたいカード

--

PPブーストに繋がるカードを探す

竜の託宣、ロイの2枚はこのデッキで最も重要であるPP加速に繋がるカードであり、キープしておきたいです。ただし、相手が展開を得意とするデッキの場合は竜の託宣を無理に2ターン目にプレイせず、2コストフォロワーをプレイしましょう。

先攻でキープしたいカード

---

安定の2コストフォロワー

侮蔑の従者は2コスト2/2として機能するのはもちろん、ドロー効果まで兼ね備えており、文句のつけようがありません。ミッドレンジロイヤルマナリアウィッチなど、攻撃力1のフォロワーが序盤に出てくることの多いデッキに対して効果的です。

後攻でキープしたいカード

---

4ターン目の動きを意識

後攻でのキープ対象は竜剣の少女・アイラです。後攻4ターン目にアイラ進化+竜の託宣or活竜剣を使用することで一気にPPを増やすことができます。異界を統べる者やサタンのプレイターンが早くなるので、積極的に狙っていきましょう。

状況に応じてキープしたいカード

-

除去が必要な相手ならば

対面がロイヤル、ネクロマンサーの場合は、除去を持っておいて困ることがほとんどありません。そのため炎爪や、全体除去を狙える正義のドラグーンがキープ対象になります。

従者とのコンボを狙う

忌まわしき紫竜を削っていることもあり、ドローソースが少ない構築となっています。そのため、侮蔑の従者とセットで侮蔑の信者をキープして、序盤からデッキを回転させましょう。

ミッドレンジネクロ

デッキリスト

ゼロ選手ミッドレンジネクロ
拡大する
デッキコードを発行

※リンク先のシャドウバースポータルで、ご自身でデッキコードを発行してください。

使用に至った経緯

かなりの数回していたこと、BO3で高い勝率が出ていたことから使用に至りました。最後まで2コストの枠を悩んでいたのですが、ぽたか/ALseeさんに骸の代弁者を勧められたので採用しました。予選で代弁者が活躍してくれたので、感謝しています。

ぽたか/ALseeさんのTwitterはこちら

構築のポイント

2コストの採用枚数について

▲ラストワードを奪えるオクトリスを危険視

代弁者を2枚、ボーンバッファローを1枚という構成になっています。今大会ではロイヤルが多いと思い、オクトリスの危険性があるバッファローを多く採用するのは避けました。ただ2/2フォロワーが少ないと感じたので最終的に1枚採用しました。

ルルナイの採用について

今回使用したネクロマンサーでは沈黙の絶傑・ルルナイを1枚採用しています。ファンファーレがロイヤルやマナリア相手に有効なほか、オシリスから出るフォロワーとしてパワーが高く、採用の価値があると考察していました。

アーカス、ギルネリーゼの枚数について

横並べを意識した構成のため、ギルネリーゼをメインに据え3枚、アーカスをサブプランと考えて2枚としています。今回はギルネリーゼメインの構築ですが、アーカスをメインにする場合にはニコラと合わせて3枚ずつ採用すると良いと思います。

マリガンについて

優先的に探しに行きたいカード

-

序盤の動きを確保

序盤の動きとなるフェリ、バッファローをキープします。また、ケルベロスですが、非常に高いカードパワーを持っており、プレイターンまでに確実に持っておきたいため、このカードもキープ対象になっています。

後攻でキープしたいカード

---

除去カードをキープ

後攻で確定キープとなるカードは悪意の憑依です。序盤から終盤まで強力な除去として機能するカードであり、2ターン目に使わなかったとしても使い所に困りません。

状況に応じてキープしたいカード

代弁者はゴブリンとセットの場合に

骸の代弁者はゴブリンが見えている場合のみキープの対象となります。自身のステータスが1/1と低めのため、単体で活躍というよりはゴブリンと合わせて活躍というイメージを持つと良いと思います。

対面次第でキープ

対面キープカード
ロイヤル、ネメシスレディ・グレイキープ
ウィッチ、ドラゴンオシリスキープ

代弁者を除く2枚のキープ基準は後攻時かつ、対面次第となります。どちらも強力な進化時能力を備えたフォロワーなので、EPを多く使える後攻のメリットを最大限活かして戦いましょう。

RAGE予選大会を振り返って

デッキ調整に関して

今回は自分自身の中でかなり構築を練ることができた大会だと思います。ただし、それだけでは決して十分ではなく、周りの方の支えやJCGなどから得た知識も数多くあります。グランドファイナルでも予選で力を借りた方々に協力していただきます。

印象に残っている試合

プレーオフ最終戦のMorii/ARM選手との試合は記憶に新しいです。初戦のドラゴンミラーを落としてしまい、内心かなり焦っていました。その後1-1となり、最後までどちらが勝ってもおかしくない試合でしたが、勝利できて本当に嬉しかったです。

グランドファイナルに向けて

ここまで来たからには優勝をもちろん目指します。RAGEで勢いをつけ、世界大会で優勝するのがシャドバをする中での夢なので、全力を尽くして叶えたいと思います。

© Cygames, Inc.
※当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。
▶シャドウバース公式サイト

攻略記事ランキング
  1. ローテーション最強デッキランキング
    ローテーション最強デッキランキング
    1
  2. アンリミテッド最強デッキランキング
    アンリミテッド最強デッキランキング
    2
  3. ミッドレンジネクロのローテーション最新デッキ
    ミッドレンジネクロのローテーション最新デッキ
    3
  4. ミッドレンジロイヤルのローテーションデッキレシピ
    ミッドレンジロイヤルのローテーションデッキレシピ
    4
  5. 聖獅子ヘクタービショップのローテーション最新デッキレシピ
    聖獅子ヘクタービショップのローテーション最新デッキレシピ
    5
もっとみる
記事について指摘する

いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


みんなのコメント

GameWithに登録して、
ゲーム仲間とつながろう!
はじめての方
新規登録 (無料)
会員の方
ログイン
おすすめマンガ | MangaWith

シャドバをプレイした人が読んでいるマンガ

コミック誌読み放題

コミック誌読み放題

初月無料

初月無料

最新号+バックナンバー

最新号+バックナンバー

攻略メニュー
速報/大会情報
プロリーグ情報
メタレポート情報
カード情報
新カード情報
デッキ紹介
ローテーション
アンリミテッド
アリーナ情報
グランプリまとめ
2Pickまとめ
2Pickカード評価
初心者情報
リセマラ情報
初心者まとめ
デッキ編成のコツ
アップデート/修正情報
その他
ゲームを探す
レビュー訴求
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中