シャドバ
シャドウバース攻略wiki
復讐ヴァンパイアのデッキレシピと立ち回り

復讐ヴァンパイアのデッキレシピと立ち回り

最終更新 :
シャドバ攻略からのお知らせ
みんながどんなデッキを使っているか、SNSで見てみよう!

「復讐ヴァンパイア」デッキのレシピ記事になります。概要や立ち回りなども掲載しているので、お役立て下さい。

目次

ヴァンパイアの他のデッキはこちら

ヴァンパイアのデッキ一覧
スポンサーリンク

復讐ヴァンパイアの評価と概要

復讐ヴァンパイアの評価65

評価点9.5 /10点
作成コストの目安20,450
扱いやすさ★★★★・
他のデッキの評価はこちら

復讐ヴァンパイアの概要

自傷して復讐効果を活かす

ベルフェゴールなどの自傷効果をもつカードを使って自分の体力を10以下にし、強力な復讐時効果を持つカードで相手を圧倒するタイプのアグレッシブなデッキ。自分で自分を削っていながら復讐になるため、逆恨みヴァンパイアとも呼ばれる。

優秀な2コストを確定で出せる構築

1コストのフォロワーを採用せず、カオスシップの効果で出るカードを2コストフォロワーに絞っている。そうすることで優秀なブラッドウルフ糸蜘蛛の悪魔をなどを場に出すことができ、相手に大きなプレッシャーを与えることができる。

主なデッキとの相性65

復讐ヴァンパイアの相性傾向

攻めるのが早いデッキなので、動きの遅いランプドラゴンなどの相手なら、本格的に展開される前に決着を狙える。逆に展開の早いデッキ相手だと、自傷が仇となることも多く不利がつきやすい。特にハウルを持っているネクロマンサーは苦手だ。

スポンサーリンク

サンプルレシピ

デッキレシピ65

デッキコードを発行

※リンク先のシャドウバースポータルで、ご自身でデッキコードを発行してください。

スポンサーリンク

注目カードと採用理由65

カード名説明
ベルフェゴールプレイすることで一気に復讐状態に入ることが可能。ドロー効果によって後続の動きも安定させやすい。
カオスシップ中盤の展開役として採用されている。復讐状態でプレイ出来れば、一気に盤面を強くできる。
ディアボリックドレイン復讐時に高いコストパフォーマンスを発揮する。採用することで、除去と回復によって粘り強く戦える。

入れ替え候補のカード65

カード名説明
蠢く死霊標準的なステータスとダメージ効果を備えた優秀な1コストフォロワー。素早い攻めを意識するなら、エメラダなどと入れ替えよう。
鮮血の花園1コストで合計4点ダメージを与える。より早い決着を目指すなら採用しよう。蠢く死霊と違ってカオスシップから場に出ないのが強みだ。エメラダなどとの入れ替え候補。
風の軍神・グリームニル序盤の壁役として有用な上、エンハンス時の効果が強力。守護を増やしたい、もしくは終盤の動きを意識するなら採用しよう。3コストフォロワーとの入れ替え候補。
アルカード復讐時なら回復ができるのでダメージレースになった際に活躍する。エメラダ違って、復讐時でなくても疾走できるのも強みだ。エメラダなどとの入れ替え候補。
スポンサーリンク

デッキの立ち回り

マリガン2

低コストを集める

手札に低コストのカードを集めることを意識しよう。序盤の動きが見えているなら、即座に復讐状態となれるベルフェゴールを手札にキープしておきたい。

1~3ターン目2

盤面を抑える

4ターン目に自傷して体力を10以下にしたいため、序盤に盤面はあまり取られたくない。よって、相手の展開を最小限に抑えよう。鋭利な一裂きは相手リーダーにダメージを与えられるのも可能なので、余裕があるなら終盤まで取っておこう。

4~6ターン目0

復讐になる

4ターン目にはベルフェゴールを出して復讐状態になりたい。復讐になった後は、進化を使って盤面を取りきることが望ましい。相手フォロワーが残っていると、体力を削りきられてしまう可能性もあるので注意が必要。

5ターン目にカオスシップ

5ターン目に復讐状態なら出来るだけカオスシップを出そう。優秀な2コストフォロワーが2体出るので、戦況を大きく変えてしまうこともある。後半に備えるためにも展開していきたい。

7〜10ターン目0

疾走などで相手を削りきろう

自傷するカードは多く、それらを使う度に体力が減っていくため、悠長に戦っている暇はない。よって終盤は長々と戦わずに、ダークジェネラルなどの疾走を駆使して、できるだけ早く相手のリーダーを削りきろう。

スポンサーリンク

過去のレシピ

神々の騒嵐期の概要とレシピ

概要

ベルフェゴールによって成立

一気に復讐状態になれるベルフェゴールが追加されたことで登場したデッキ。カオスシップなどの強力な復讐効果を活かしやすかったため、決まったときの爆発力が高かった。

Tier2からTier1へと上昇した

環境トップだったネクロが非常に攻撃的で、自傷のせいで負けてしまうことが多く、最初はTier2に留まっていた。しかし一部のカードが修正されたことで、ネクロが弱体化。相対的に環境での立ち位置がよくなり、最終的にはTier1まで上り詰めた。

デッキレシピ

スポンサーリンク

シャドウバース攻略wikiの他の記事

ヴァンパイアの他のデッキはこちら

クラス別カード一覧

デッキレシピ

リセマラ情報

この記事を読んだ人におすすめ

© Cygames, Inc.
※当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

みんなのおすすめカードは?

えだまめ
333143

【カード名】
ソウルディーラー&ラウラ
【理由】
ソウルディーラーは守護持ちで復讐を発動させつつ、4ターン目に出せば進化トレードを強要するので強いです。
ソウルディーラーにラウラのファンファーレを付与させれば6点バースト&6/4守護を貼れるので後半も腐らない。
ソウルディーラーを進化して、打点を上げてもいいですし、ラウラを進化させれば守護を破壊してフェイスの動きができるのも強味です。
ソウルディーラーは体力を大きく削るので、ディアボリックドレインを一緒に積んでおくとかなり安定します。

記事について指摘する

ここで書いた内容は記事には表示されません。


攻略メニュー

攻略情報

大会情報

リセマラ

新パック情報

ガチャシミュ

カードの所持率をチェック

デッキ紹介/シミュレーター

クラス別

カード評価一覧

全カード

レア度別

クラス別

効果別

アリーナ情報

2Pickまとめ

2Pickカード評価

2Pick5勝デッキ

初心者情報

初心者まとめ

デッキ編成のコツ

テクニックまとめ

ルール/用語について

アップデート/修正情報

その他

会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中