シャドバ
シャドウバース攻略wiki
ドロシーウィッチのアンリミテッド最新デッキレシピと立ち回り

【シャドバ】ドロシーウィッチのアンリミテッド最新デッキレシピと立ち回り【シャドウバース】

最終更新 :

「ドロシーウィッチ(テンポウィッチ)」デッキの最新レシピを紹介しています。アンリミテッドのデッキレシピだけでなく、ローテーションのドロシーウィッチ(テンポウィッチ)へのリンクもあります。また、相性や立ち回りなども掲載しているので、ご活用して下さい。

ローテーションのドロシーウィッチはこちら

目次

ウィッチのアンリミテッドデッキ一覧

ウィッチのデッキ一覧

ドロシーウィッチ(テンポウィッチ)の評価と概要

ドロシーウィッチ(テンポウィッチ)の評価

評価点10 /10点
作成コストの目安17,300
扱いやすさ★★・・・
アンリミテッドの他のデッキ一覧はこちら

ドロシーウィッチ(テンポウィッチ)の概要

フォロワーをスペルブーストして押し切る

知恵の光などの回転率の良いスペルで、ゲイザードロシーなどのフォロワーをスペルブーストするのが基本戦略。ブースト効果でコストを下げたフォロワーをプレイすることで盤面を制圧し、押し切っていくスタイルのデッキ。

ドロシーの効果を最大限に活用

スペルブーストでコストが下がるフォロワーを多く採用。そのため、ドロシーをプレイした後にフォロワーの大量展開を狙いやすくなっている。中でもドロシーの効果でドロシーを引くことができれば、次のターンにも大量展開が望める。

ドロシーウィッチの相性傾向

爆発力が高い

ほとんどのデッキに対して有利であり、環境での立ち位置は高いと言える。しかし序盤に次元の魔女・ドロシーを引き込むことができていない場合、大きくパワーが落ちてしまうため、本来有利なデッキに対しても負けてしまうことも少なくない。

サンプルレシピ

デッキレシピ

デッキコードを発行

※リンク先のシャドウバースポータルで、ご自身でデッキコードを発行してください。

注目カードと採用理由

カード名説明
マナリアの知識このカードと手札に加わったカードで2回スペルブーストを行うことができる。単純に序盤の動きを確保できるのも優秀だ。
魔法剣十分にスペルブーストできれば、少ないコストで追加打点を狙えるカード。このカードで他のカードをスペルブーストできるのも嬉しい。
次元の魔女・ドロシードロシーのコストを下げて、ドロシーを起点に大量展開する動きや、フォロワーを展開した後ドロシーで手札補充する動きを狙いたい。特にドロシー→ドロシーの動きができるとかなり強力。

入れ替え候補のカード

カード名説明
マジックオウル進化時に2回スペルブーストできる強力なカード。レヴィと枚数を調整しよう。
ウィンドブラスト除去を増やしたいなら採用しよう。2コストとの入れ替え候補。
フレイムデストロイヤースペルブーストによってコストダウンできる大型フォロワー。返しきれない盤面を構築する際に有用だ。魔法剣との入れ替え候補。

ドロシーウィッチのマリガン

1枚はキープしておきたいカード

カード名説明
知恵の光1ターン目からスペルブーストを行える。スペルブーストを持ったフォロワーなどを手札に引き込める場合もあるのでキープしたい。
次元の魔女・ドロシー早い段階でスペルブーストを進めて、プレイすることができれば大量展開も狙える。相手に関わらずキープしたい1枚だ。

ドロシーとセットでキープしたいカード

カード名説明
古き魔術師・レヴィ1コストで3ダメージを与える紅蓮の魔術を手札に加えられる。後攻時であれば、4ターン目進化することができるためにキープしたい。
ゴーレムの練成ドロシーを早いターンに出したいので2コストのスペルカードはキープしておきたい。マジックミサイルゴーレムアサルトも2ターン目にスペルブーストを進められるため優秀だ。

対アグロでキープしたいカード

カード名説明
マナリアの知識1コストスペル。効果で手札に加えられるカードはどちらもアグロ相手に有用なカードであるため、キープしておこう。
ゴーレムの練成2コストスペル。スペルをプレイしつつ、フォロワーを展開することができる。相手に盤面を渡さないためにもキープしておきたい1枚。
キマイラプレイ時に相手フォロワーに4ダメージを与えることのできるフォロワー。コストもプレイしたスペルに応じて下がるため、できるだけ初手から抑えておきたい。

デッキの立ち回り

1~3ターン

超越ウィッチに見せかける

序盤の動きは超越ウィッチと同じようにスペルブーストを意識していこう。相手に超越ウィッチかドロシーウィッチかを悟らせないようなプレイングを心がけたい。そうすることで、相手の判断を惑わすことができる。

ゲイザーをプレイする場合も

基本的には上記のようなプレイを心がけておきたいが、ゲイザーを3ターン目にプレイできるのであれば、プレイしてしまおう。3/4と心強いステータスで盤面を支えてくれる1枚だ。

4〜6ターン

引き続きスペルブーストを狙う

低コストスペルやドロースペル、古き魔術師・レヴィなどを上手くつかって、大型フォロワーをできるだけ早いターンに出せるようにしよう。出したターンが早ければ早いほど相手は処理が難しくなる。

フォロワーは出さない方がいいことも

スペルブーストを持つフォロワーはその性質上、1ターンで複数体の展開が可能だ。小出しに召喚すると簡単に倒されやすいため、一度に3体以上のフォロワーを展開することで、相手の処理が間に合わない盤面を作るようにしよう。

7〜10ターン

2枚目3枚目のドロシーで盤面を作る

中盤に1度大量展開をしていることが多いため、手札が心許ないことも多い。しかし、ドロシーを場に出すことができれば、再び盤面を強力にできる可能性が大いにあるので、最後まで戦おう。

過去のレシピ

星神の伝説期の概要とレシピ

概要

他に人気の高いウィッチデッキが存在

超越ウィッチや、秘術ウィッチのような人気の高いデッキが他に存在。それらのデッキの方が勝率が高かったため、このデッキが使われることは少なかった。

デッキレシピ

ワンドリ期の概要とレシピ

概要

使用者は少なかった

ランプドラゴンミッドレンジネクロなどのデッキパワーの高いデッキに対して不利であった。また、環境後期に流行したニュートラルビショップにも展開力で負けてしまっており、使用者は少なかった。

デッキレシピ

神々の騒嵐期の概要とレシピ

概要

環境に苦手なデッキが多い

バハムート期と比べて変異の雷撃が追加された程度で、そこまで強化はされない結果に。tier1であったランプドラゴンのバハムートやビショップのテミスの審判で大量展開を一掃されてしまうことが多く、環境上位のデッキが苦手だった。

デッキレシピ

バハムート期の概要とレシピ

概要

堂々のtier1

バハムート期でtier1を死守していたデッキ。初期の頃はルーンの貫きが進化後に1コストで打てたこともあり、4ターン目にレヴィ進化+ルーンで2体処理しながら、相手のリーダーに5点を与えるという凶悪コンボを備えた最強のデッキだった。

ナーフ後も衰えなかった

あまりの勝率にルーンの貫きがナーフされたが、持ち前の展開力によって環境上位でありつづけた。速攻でコストを減少させアグロ戦略を取ることもでき、ドロシーからフォロワーを展開して決めることもできたため、戦略の幅も広いデッキだった。

デッキレシピ

シャドウバース攻略wikiの他の記事

アンリミテッドのデッキ

ローテションのデッキレシピ

カード評価一覧

全カード評価

クラス別カード一覧

リセマラ情報

© Cygames, Inc.
※当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

この記事を読んだ人におすすめ
記事について指摘する

ここで書いた内容は記事には表示されません。


みんなのおすすめカードは?

GameWithに登録して、
ゲーム仲間とつながろう!
はじめての方
新規登録 (無料)
会員の方
ログイン
コメントの続きを見る(156件)
攻略メニュー

速報/大会情報

リセマラ情報

新パック情報

カードの所持率をチェック

デッキ紹介

ローテーション

アンリミテッド

クラス別

カード評価一覧

全カード

クラス別

アリーナ情報

2Pickまとめ

2Pickカード評価

初心者情報

初心者まとめ

デッキ編成のコツ

アップデート/修正情報

その他

会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中