シャドバ
シャドウバース攻略wiki
コントロールロイヤルのデッキレシピと立ち回り

コントロールロイヤルのデッキレシピと立ち回り

最終更新 :
シャドバ攻略からのお知らせ
みんながどんなデッキを使っているか、SNSで見てみよう!

「コントロールロイヤル」デッキのレシピ記事になります。概要や立ち回りなども掲載しているので、お役立て下さい。

目次

ロイヤルの他のデッキはこちら

ロイヤルのデッキ一覧
スポンサーリンク

コントロールロイヤルの評価と概要

コントロールロイヤルの評価39

評価点8.0/10点
作成コストの目安39,950
扱いやすさ★★★・・
他のデッキの評価はこちら

コントロールロイヤルの概要

後半戦にフォーカスしたロイヤルデッキ

古の英雄ローランフロントガードジェネラルといった、コントロール色の強いカードを採用し、後半戦を重視したデッキ。主にフォロワーの展開によって盤面を取っていき、粘り勝つことを目指す。

大型フォロワーに強い

ローランの効果で場にでるデュランダルのおかげで、大型フォロワーからの攻撃を4点に抑えることができる。終盤に体力が高いフォロワーが場に残りやすくなるのも嬉しい。

スポンサーリンク

デッキレシピ

デッキコードを発行

※リンク先のシャドウバースポータルで、ご自身でデッキコードを発行してください。

スポンサーリンク

注目カードと採用理由39

カード名説明
レヴィオンセイバー・アルベールこのデッキのフィニッシャー。エンハンス時のアルベール進化で、相手の体力を10点削る動きが強力。
銀嶺の秘剣士必殺と守護を持つ守りに秀でたフォロワー。進化後は攻撃時に戦闘を行わず、相手フォロワーの破壊が可能だ。
不滅の英雄・ローラン5以上のダメージを4にするデュランダルが有用。自分の大型フォロワーが戦闘で破壊されづらくなるのも強力だ。

入れ替え候補のカード39

カード名説明
ホワイトパラディン1枚で守護フォロワーを量産できる可能性があり、防御性能が高いフォロワー。3コストカードなどとの入れ替え候補。
トランプナイト招集疾走、必殺、守護を出すことができ、汎用性の高いカード。ルミナスメイジとの入れ替え候補。
アルビダの号令攻撃と守備を同時に行うことができることが、非常に優秀。5〜6コストカードなどとの候補。
ファングスレイヤー相手フォロワーを処理できる上に、相手リーダーにダメージを与えることが可能。古の英雄などとの入れ替え候補。
スポンサーリンク

デッキの立ち回り

マリガン0

低コストフォロワーと除去をキープ 

まずは手札に低コストのカードを集めて、序盤に動けるようにしよう。先攻の場合は展開できるようにフォロワーを、後攻の場合は相手の動きを妨害できるように除去スペルを優先的にキープしたほうが良いだろう。

1〜3ターン0

体力を削るよりも盤面を優先

相手リーダーを削ることよりも、積極的に処理にまわり盤面の優位を取りたい。後半にフォーカスしているデッキなので、体力を高く保つことを意識し、いかにうまく後半戦に持ち込むかが重要になる。

苦手な相手は積極的に攻撃

基本的には盤面を取っていくのだが、相手が超越セラフなどの苦手とするデッキだった場合、多少の盤面は無視してフェイスを攻撃した方がいい場合がある。上手く削れれば、後半にアルベールなどで押し切ることも不可能ではない。

4〜6ターン0

進化は時には温存する

このデッキには、突進や疾走を持つフォロワーがいくつか採用されている。盤面を処理するだけならそれで十分な場合、進化を無闇に使うのではなく温存することも考えよう。こうすることで、後半にアルベールの打点を底上げできる可能性が残る。

7〜10ターン0

長期戦を見越して守備を固める

このデッキは基本的に遅いターンでの決着を狙うコンセプトになっている。ローランフロントガードジェネラルなどの守護を持つフォロワーで相手のリソースを削るのが理想だ。

アルベールでのフィニッシュを視野に

相手の場にフォロワーが残らないように処理していくのが理想だが、9ターン目からはアルベールのエンハンス効果で大量のバーストタメージを狙える。盤面ばかりに気を取られずに、リーダーに何点出すことができるのか常に意識してプレイしよう。

スポンサーリンク

過去のレシピ

神々の騒嵐期の概要とレシピ

概要

長期戦をしやすくなった

バハムート期までの環境では、守護が足りなく感じてしまうことが多かった。騒嵐期では強力なエンハンス効果を持つグリームニルと、大ダメージを回避できるローランといった守護の登場により、後半の盤面が盤石になった。

環境上位との相性が悪かった

守護を多く積んでいるため、エルフには高い勝率を誇っていた。しかし、環境で多く見られるドラゴンやネクロとの対戦では、除去手段の多さや展開の速さに追いつけず勝率が悪かった。そのため、環境が落ち着くにつれて徐々に使用者数が減っていった。

デッキレシピ

バハムート期の概要とレシピ

概要

リソース切れを狙う戦略

テンポウィッチが流行っていたため、ヒーリングエンジェルなどの回復持ちを投入して延命し、最終的に相手のリソース切れを狙うのが主な戦い方だった。

環境上位デッキへの相性が良かった

当時は、アグロデッキやOTKエルフなど、守護を苦手とするデッキが環境に多かった。そのため、守護を多く採用したこのデッキは優位に立ち回ることができた。

デッキレシピ

エボルヴ期の概要とレシピ

概要

ロイヤルでコントロール戦略は当時革新的

スタンダード期のロイヤルは自分から攻めにいく、アグロやミッドレンジタイプのデッキが多く、ロイヤルでコントロールデッキというのは当時はやや革新的。アレキサンダーや、ホワイトパラディンなどのカードが追加されたことが大きかった。

テンポエルフに有利

エボルヴ実装初期にテンポエルフが爆発的に増え、テンポエルフに有利なこのデッキの使用者も増えた。もっとも、超越冥府に不利なことが致命的であり、環境が落ち着くにつれて数を減らし、最終的にはtier2下位程度の立ち位置におさまった。

デッキレシピ

スポンサーリンク

シャドウバース攻略wikiの他の記事

ロイヤルの他のデッキはこちら

カード評価一覧

全カード評価

クラス別カード一覧

デッキレシピ

リセマラ情報

この記事を読んだ人におすすめ

© Cygames, Inc.
※当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

みんなのおすすめカードは?

邪王真眼
331567

【カード名】
レオニダス

【理由】
もはや説明不要。コンロ使いは絶対入れろ。

記事について指摘する

ここで書いた内容は記事には表示されません。


攻略メニュー

攻略情報

大会情報

リセマラ

新パック情報

ガチャシミュ

カードの所持率をチェック

デッキ紹介/シミュレーター

クラス別

カード評価一覧

全カード

レア度別

クラス別

効果別

アリーナ情報

2Pickまとめ

2Pickカード評価

2Pick5勝デッキ

初心者情報

初心者まとめ

デッキ編成のコツ

テクニックまとめ

ルール/用語について

アップデート/修正情報

その他

会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中