シャドバ
シャドウバース攻略
新カードパック「蒼空の騎士」の評価ランキング

【シャドバ】新カードパック「蒼空の騎士」の評価ランキング【シャドウバース】

最終更新 :
シャドバ攻略からのお知らせ
17枚全てのアディショナルカードが発表!一覧はこちら!
おすすめの関連記事

新カードパック「蒼空の騎士」の評価ランキングをわかりやすくまとめて掲載しています。「蒼空の騎士」で登場する新カードを徹底的に分析して、評価をつけておりますので、デッキ構築の際にご活用ください。

目次

新カード一覧はこちら

アディショナルカードの評価早見表

カード名ローテ評価アンリミ評価
革命の覇食帝・カイザ
【ニュートラル】
BE
バーストショット
【エルフ】
DE
天喰らう異形
【エルフ】
CE
飛空の剣士
【ロイヤル】
DE
鉄拳の獣戦士
【ロイヤル】
AC
殺戮の魔女・ヴェスパー
【ウィッチ】
AC
光魔法の教師・ミラ
【ウィッチ】
BD
終戦のドラグーン
【ドラゴン】
BD
ポセイドン
【ドラゴン】
BE
グレモリー
【ネクロマンサー】
SS
降魔の操者・ダヌア
【ネクロマンサー】
BD
轟雷のベヒーモス
【ヴァンパイア】
BD
邪眼の悪魔
【ヴァンパイア】
AD
天象の風・ペトラ
【ビショップ】
BE
壊れたる神・チェキババ
【ビショップ】
SE
清新なる銃設計士・ククル
【ネメシス】
AC
マル・ドッキオ
【ネメシス】
EE

蒼空の騎士のローテーション評価

▼アンリミテッドでの評価はこちら

目次

Sランクの新カード

カード名注目ポイント
天禀の射手・メーテラ
【エルフ】
4コスト4/3(進化後5/4)。
【進化前】 交戦時 カードを1枚引く。
【進化後】交戦時 カードを1枚引く。
進化時 相手のフォロワー1体に「自分の手札の枚数」と同じダメージ。
交戦時のドロー効果、進化時のダメージ効果のどちらも優秀な4コストフォロワー。その性能の高さから、コントロールデッキだけでなく、アグロエルフでも複数枚採用されていることも珍しくない。
ドラゴンナイツ
【ロイヤル】
5コストスペル。
・不撓不屈の騎士・ヴェイン
・竜殺しの騎士・ジークフリート
・俊英の双剣士・ランスロット
・炎帝・パーシヴァル
チョイス したカード1体を出す。
エンハンス 8; 1体ではなく、2体チョイス する。
チョイス先を4枚のカードから選ぶことができるため、様々な状況で活躍してくれる。エンハンスでの2面展開も強力であり、ほとんどのロイヤルデッキに3枚投入されている。
高潔なる騎士・レイサム
【ロイヤル】
8コスト8/7(進化後10/9)。
【進化前】 アクセラレート 2; ナイト2体を出す。
----------
ファンファーレ このバトル中、自分のリーダーは、「自分の場にナイトがいないならば攻撃時 ナイト1体を出す。」と、「自分の場に元のコスト1のフォロワーが出るたびに、疾走を持つ。」を持つ。リーダーはこの能力を重複して持たない。
強力なファンファーレ効果を持った、ロイヤルクラスの新たなフィニッシャー。アクセラレートで擬似的なオースレスナイトとしても扱うことができるため、複数枚採用しても手札事故の原因となってしまうことが少ない。
運命の導き
【ウィッチ】
5コストスペル。
カードを2枚引く。
スペルブースト コスト-1
ドロー効果はもちろん、スペルブーストでコストが下がっていく効果が非常に強力。ギガントキマイラウィッチなど、スペルを軸としたデッキの回転を支えるカードだ。
NEW!!グレモリー
【ネクロマンサー】
1コスト1/1(進化後3/3)。
【進化前】自分のターン終了時、自分の進化後フォロワーすべては「ラストワード カードを1枚引く」を持つ。
ファンファーレ エンハンス 6; 進化していない自分の他のフォロワーすべてを進化させる。(それらの進化時能力は働かない)
【進化後】自分のターン終了時、自分の進化後フォロワーすべては「ラストワード カードを1枚引く」を持つ。
ターン終了時の効果、エンハンス時の効果どちらも非常に優秀。幽霊支配人・アーカスの効果適用後には、8ターン目には悪戯な霊魂2枚とグレモリーで13点ものダメージを叩き出すことができる。
七宝石の姫・レ・フィーエ
【ビショップ】
6コスト4/5(進化後6/7)。
【進化前】 守護
ファンファーレ このバトル中、自分のリーダーは「自分のターン終了時、自分のリーダーと自分のフォロワーすべてを1回復」を持つ。リーダーはこの能力を重複して持たない。
【進化後】守護
ファンファーレで味方リーダーに継続的な回復効果を付与することができる上に守護を持っているため、防御性能が非常に高い。天狐ビショップではもちろん、最近では教会ビショップ聖獅子ビショップでの採用を見かけることも少なくない。
壊れたる神・チェキババ
【ビショップ】
9コスト6/6(進化後8/8)。
【進化前】ファンファーレ それぞれ名前の異なる「カウントダウン を持つアミュレット」をランダムに1枚ずつ、自分のデッキから場が上限枚数になるまで出す。この能力で出たアミュレットすべてを破壊する。
言霊遣い・ジンジャーを彷彿とさせるような効果を持った9コストフォロワー。破壊したいアミュレットとしては、詠唱:宝石の甲羅愚神礼賛詠唱:白牙の神殿三月ウサギのお茶会などが挙げられるが、どれもスマートにデッキに入ってくる。上手くいけばゲームを決めてしまうほどの破壊力を持つため、このカードを主軸とした新たなデッキタイプが誕生するだろう。
パラケルスス
【ネメシス】
2コスト2/2(進化後4/4)。
【進化後】
・防御型ゴーレム
・攻撃型ゴーレム
進化時 チョイス したカード1枚を手札に加える。
進化時のチョイス効果によって、2面除去が狙える2コストフォロワー。チョイス先のトークンはどちらもアーティファクト・タイプを持つので、神秘の番人・スピネなどとシナジーを持つ点も優秀だと言える。
リトルパペッター・ロココ
【ネメシス】
2コスト2/2(進化後4/4)。
【進化前】 ファンファーレ エンハンス 5; 相手のフォロワー1体をロココのテディベアに変身させる。
エンハンスでプレイすることで、厄介な相手フォロワー1体を弱体化させながら、操り人形の獲得が行える。元のコストは2コストなので、ハーメルンで増やすといったトリッキーな動きを取ることもできる。
立ち上がりし鋼の戦士・シロウ
【ネメシス】
4コスト4/3(進化後6/5)。
【進化前】 ファンファーレ ロボミ発進指令1つを場に出す。
エンハンス 8; 自分のロボミ発進指令すべてのカウントダウン を3進める。
標準的なステータスに加え、ファンファーレで3コスト相当のアミュレットを場に出すことができる、コストパフォーマンス抜群のカード。エンハンス効果も優秀で、7〜8ターン目にかけて連続でこのカードをプレイすることで、甦りし鋼の戦士・ロボミを同時に複数展開することもできる。
奮励の儁秀・シルヴァ
【ネメシス】
7コスト6/5(進化後8/7)。
【進化前】 アクセラレート 3; 手札のもとのコスト3以下のフォロワー1体を場に出す。それは突進を持つ。このバトル中、自分のリーダーは「自分のターンごとに1回、自分のフォロワーが攻撃するとき、相手のリーダーに1ダメージ」を持つ。(奮励の儁秀・シルヴァの能力が複数働いた場合、リーダーは同じ能力を複数持つ)
----------
潜伏
【進化後】潜伏
アクセラレートで使用した際の手札消費は気になるが、どちらの効果も強力。特に操り人形ネメシスとの相性が良く、序盤にプレイできれば大きな打点の底上げに繋がる。

Aランクの新カード

カード名注目ポイント
レジェンダリーファイター
【ニュートラル】
2コスト2/2(進化後4/4)。
【進化前】 自分の他のフォロワーが進化したとき、このフォロワーは「1ターンに2回攻撃できる」を持つ。
自分がスペルをプレイしたとき、このフォロワーは必殺 を持つ。
自分がアミュレットをプレイしたとき、このフォロワーは突進 を持つ。
自分のターン開始時、このフォロワーが「1ターンに2回攻撃できる」必殺 突進 を持つなら、+8/+8する。
【進化後】進化前と同じ能力。
派手な効果を持った2コストフォロワー。アミュレットをプレイすることで突進を持つため、ビショップやヴァンパイアなどの低コストアミュレットを持つリーダーとの相性が非常に良い。また、放置しづらい厄介な性能を持っている点も魅力的だ。
熾天使の剣
【ニュートラル】
2コストスペル。
コスト2以下の相手フォロワー1体か、コスト2以下の相手のアミュレット1つを破壊する。
エンハンス 6; 相手のフォロワー1体か、相手のアミュレット1つを破壊する。
様々なアミュレットへのカウンターとして機能する2コストスペル。もちろんアミュレットだけでなくフォロワーも破壊できるため、腐ってしまう場面が少ない。
真紅の穿光・ゼタ
【ロイヤル】
6コスト6/5(進化後8/7)。
【進化前】 突進
攻撃時 自分の場と手札に不滅の群青・ベアトリクスがないなら、不滅の群青・ベアトリクス1枚を手札に加える。
【進化後】進化前と同じ能力。
攻撃時に手札に加わる不滅の群青・ベアトリクスにより、終盤のフィニッシュが決まりやすくなる。また、突進により進化権を温存しやすい点も優秀であり、ミッドレンジロイヤルはもちろん、アグロロイヤルでの採用を見かけることも珍しくない。
NEW!!鉄拳の獣戦士
【ロイヤル】
6コスト4/6(進化後6/8)。
【進化前】ファンファーレ 鉄拳の獣戦士以外のロイヤル・フォロワーをランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える。そのコストを-2する。
エンハンス 9; -2ではなく、-9する。
【進化後】進化時 自分の他のロイヤル・フォロワーすべては突進を持つ。
ファンファーレ、進化時の効果ともに優秀であり、ミッドレンジロイヤルなどでの採用が検討できる。ただし、エンハンス時の効果を活かすためには、サーチ先を絞った構築を行う必要がありそうだ。
NEW!!殺戮の魔女・ヴェスパー
【ウィッチ】
4コスト3/3(進化後5/5)。
【進化前】 アクセラレート 2; 相手のリーダーか相手のフォロワー1体に1ダメージ。魔女の大釜1つを出す。
----------
ファンファーレ 土の秘術 相手のフォロワー1体に3ダメージ。相手のリーダーに1ダメージ。
【進化後】進化時 自分の場に他のフォロワーがいるなら、自分の他のフォロワー1体を破壊して、+2/+2する。
土の印としても、除去役としても、大型フォロワーとしても運用でき、汎用性が高い。アクセラレートを持っている点も高評価であり、秘術ウィッチ以外での活躍も期待できる。
暗黒の召喚士
【ウィッチ】
7コスト6/6(進化後8/8)。
【進化前】
・ダークキマイラ
・ダークデーモン
手札にあるとき、自分のデッキが20枚以下ならファンファーレ チョイス したカード1体を出す。
チョイス効果の発動条件が少し厳しく、安定して発動させるためには専用構築が必要になる。とは言え発動することができれば強力な効果であるため、暗黒ウィッチではエースカードとして活躍している。
大いなる調停者・ゾーイ
【ドラゴン】
11コスト7/6(進化後9/8)。
【進化前】 アクセラレート 1; カードを1枚引く。コスト10、攻撃力6/体力5のアクセラレート を持たない大いなる調停者・ゾーイ1枚をデッキに加える。
----------
疾走
ファンファーレ 自分のリーダーの体力が1になるようにダメージを与える。次の自分のターン開始時まで、自分のリーダーは「自分のリーダーへのダメージは0になる」を持つ。
フォロワーとしてプレイするためには一度コストを下げる必要があるものの、返しのターンに相手からダメージを受けない効果が非常に強力。他にもリントヴルムジャバウォックと相性の良い性能を持っているため、様々なドラゴンデッキで採用されるカードとなっている。
ソウルコンバージョン
【ネクロマンサー】
1コストスペル。
自分のフォロワー1体を破壊する。
カードを2枚引く。
自身のフォロワー1体を犠牲にする必要があるものの、わずか1コストで2ドローを行える効果は非常に強力。効果の対象にゴースト怪物の少女・フランを選ぶことができれば、ほとんど損失なしにプレイすることも可能だ。
心眼の双葬女・レディ・グレイ
【ネクロマンサー】
2コスト1/3(進化後3/5)。
【進化前】 ドレイン
【進化後】進化時 リアニメイト 2
ドレイン
優秀な進化時効果を持った2コストフォロワー。進化で強力な盤面を形成することができるだけでなく、後攻時に失ってしまいがちなライフアドバンテージを取り返すこともできる。
幽想の少女・フェリ
【ネクロマンサー】
2コスト2/2(進化後4/4)。
【進化前】 ファンファーレ このターンが10ターン以降である場合、2回葬送する。2回葬送したなら、自分の他のフォロワーすべてはターン終了時まで「1ターンに3回攻撃できる」を持つ。(幽想の少女・フェリを場に出した後に、自分の場に2つ以上の空きがなければ、2回葬送することはできない。)
幽霊支配人・アーカス永遠の決闘者・モルディカイとの相性が良いカード。どちらも手札や盤面の状況次第では1度に20点を叩き出せるコンボが存在するため、様々なネクロマンサーデッキで採用されている。
怪物の少女・フラン
【ネクロマンサー】
3コスト0/1(進化後2/3)。
【進化前】
・フランの従僕
・フランの呪い
ファンファーレ チョイス したカード1枚を手札に加える。
エンハンス 7; チョイス ではなく、フランの従僕1枚とフランの呪い1枚を手札に加える。
ファンファーレ効果で、盤面強化か除去効果かを選択することができる3コストフォロワー。ソウルコンバージョン幽霊支配人・アーカスなど、相性の良いカードが多く、様々なデッキで採用されている。
狂恋の華鎧・ヴィーラ
【ヴァンパイア】
2コスト2/2(進化後4/4)。
【進化後】 進化時 次の自分のターン開始時まで、自分のリーダーは「受けるダメージを0にする」を持つ。この能力は、このフォロワーが場を離れるとき失われる。
次の自分のターン開始時まで、このフォロワーへのダメージを-2する。
進化を行うことで、黒死の仮面のような役割を持つことができる2コストフォロワー。自身へのダメージを-2する効果によって処理されづらい点も高評価であり、様々なデッキで採用されている。
NEW!!邪眼の悪魔
【ヴァンパイア】
5コスト5/4(進化後5/4)。
【進化前】 アクセラレート 2; 自分のリーダーに1ダメージ。相手のフォロワー1体に3ダメージ。
【進化後】進化時 相手のフォロワーすべてに「このバトル中、自分のターン中に自分のリーダーがダメージを受けた回数」と同じダメージ。(このバトル中、自分のターン中に自分のリーダーがダメージを受けた回数はX回)
進化時に強力な除去効果を発揮する5コストフォロワー。コントロールに寄せたヴァンパイアでは、間違いなく採用できるカードだと言える。
天罰の神父
【ビショップ】
1コスト1/1(進化後1/1)。
【進化後】 進化時 相手のフォロワー1体か、相手のアミュレット1つを破壊する。
優秀な除去効果を持った1コストフォロワー。余ったPPでプレイしやすいため、細かなPPで動くことができる聖獅子ビショップでは複数枚採用されていることも多い。
封じられた法典
【ビショップ】
0コストアミュレット。
・聖なる教示
・忌むべき教示
手札にあるとき、自分の残りPPが2以上ならチョイスしたカードとしてプレイする。
カウントダウン 1
ラストワード カードを1枚引く。
チョイス先の忌むべき教示が強力であり、聖獅子ビショップなどを中心に採用されている1コストアミュレット。フォロワーをプレイできなくなってしまう制約は決して小さくはないが、スペルやアミュレットを中心に構成されている聖獅子ビショップでは気にならないことも多い。
ホーリープリースト・ロレーナ
【ビショップ】
2コスト2/2(進化後4/4)。
【進化後】
・ロレーナの聖水
・ロレーナの鉄拳
進化時 チョイス したカード1枚を手札に加える。
進化することで優秀なスペルをチョイスすることができる2コストフォロワー。ロレーナの聖水は回復とドローを、ロレーナの鉄拳はビショップに不足していた4点除去を行えるため、様々なデッキに採用されている。
プリズムスイング
【ビショップ】
3コストスペル。
相手のフォロワー1体に4ダメージ。
聖獅子の結晶1枚を手札に加える。
扱いやすい効果を持った3コストスペル。聖獅子の結晶を加えられることはもちろん、ビショップでは貴重な4点除去として扱える点も強力。聖獅子ビショップであれば、3枚投入必須のカードとなっている。
テミスの粛清
【ビショップ】
8コストスペル。
お互いのフォロワーすべてを消滅させる。
効果は非常に魅力的だが、8コストとやや重い点が気になる。とはいえ、黒の女王・マグナスなどのダメージを無効化する効果に対しても刺さる場面があるため、天狐ビショップなどでは採用を見かけることも少なくない。
NEW!!清新なる銃設計士・ククル
【ネメシス】
3コスト3/2(進化後5/4)。
【進化前】 攻撃時 フォロワーへ攻撃したなら(ダメージを与え合う前に)、そのフォロワーに2ダメージ。
ファンファーレ エンハンス 5; ガンパウダーミキサー・クムユ1体を出す。
【進化後】攻撃時 フォロワーへ攻撃したなら(ダメージを与え合う前に)、そのフォロワーに2ダメージ。
奮励の儁秀・シルヴァのアクセラレート効果で場に出す対象として非常に優秀。攻撃時の効果を活かして相手の2/2フォロワーを無傷で倒すことができるなど、序盤の盤面制圧を非常に得意としたフォロワーだと言える。
外界からの侵略者・バジリス
【ネメシス】
6コスト5/6(進化後5/6)。
【進化後】 進化時 体力3以下の相手のフォロワーすべてを消滅させる。
横展開へのカウンターとなる6コストフォロワー。アグロエルフミッドレンジロイヤルに対してはこのカードの進化で決まるケースも多く、人形ネメシスでは3枚採用されていることも珍しくない。

Bランクの新カード

カード名注目ポイント
蒼の少女・ルリア
【ニュートラル】
2コスト1/1(進化後3/3)。
【進化前】 ファンファーレ 「次に受けるダメージは0になる」を持つ。
エンハンス 8; コスト7以上のニュートラル・フォロワーをランダムに1枚、自分のデッキから手札に加え、自分のPPを7回復。
エンハンスでプレイすれば、実質1コストで強力なニュートラル・フォロワーをサーチすることができる。コントロールエルフロキをサーチしたり、ジャバウォックの効果対象にしたりと、様々な使い道が存在する。
伝説の幕開け
【ニュートラル】
2コストアミュレット。
カウントダウン 3
自分のターン終了時、ランダムな自分のフォロワー1体を+0/+1する。そのフォロワーは必殺を持つ。
3ターンの間、必殺と体力上昇効果を付与することができる2コストアミュレット。ステータスの低いフォロワーに対してトレード性能を付与できる点が優秀で、ニュートラルエルフアグロロイヤルなどで採用を見かけることがある。
革命の覇食帝・カイザ
【ニュートラル】
3コスト2/3(進化後3/4)。
【進化時】
・カイザの薬膳料理
・カイザの激辛料理
進化時 チョイス したカード1枚を手札に加える。
優先して採用したいカードとは言えないが、ニュートラルエルフなどの、ニュートラル主体のデッキでなら採用の余地がある。進化しなくとも最低限のステータスを備えているため、序盤の盤面で役立つこともあるだろう。
プロトバハムート
【ニュートラル】
9コスト8/8(進化後10/10)。
【進化前】 アクセラレート 7; お互いのフォロワーすべてに3ダメージ。相手のリーダーに1ダメージ。
----------
自分のターン終了時、他のフォロワーすべてに3ダメージ。相手のリーダーに1ダメージ。
【進化後】自分のターン終了時、他のフォロワーすべてに3ダメージ。相手のリーダーに1ダメージ。
毎ターン終了時に全体ダメージを与えることができるため、相手に処理を強要されられる点が強力。ジャバウォックドラゴンでは、蒼の少女・ルリアとセットで採用されている。
絢爛の紡ぎ手・コルワ
【エルフ】
5コスト4/4(進化後6/6)。
【進化前】 ファンファーレ このバトル中、自分のリーダーは「自分のターン開始時、フィル1枚を手札に加える。直前の相手ターンに自分のリーダーが、受けた合計ダメージが4以上なら、1枚ではなく2枚手札に加える」を持つ。リーダーはこの能力を重複して持たない。
エンハンス 8; フィル3枚を手札に加え、自分のPPを3回復。
毎ターン開始時に加わるフィルにより、手札の維持が行いやすく、ロングゲームに強い効果を持っている。特に、ホワイトヴァナラとの相性が良く、上手く決まれば一気に大ダメージを与えることも可能だ。
小さな聖騎士・シャルロッテ
【ロイヤル】
3コスト2/3(進化後4/5)。
【進化前】 守護
【進化後】進化時 相手のターン終了まで、自分のフォロワーすべては「フォロワー、スペル、アミュレット、リーダーの能力によって受けるダメージは0になる。」を持つ。
EPを必要としてしまうが、黒の女王・マグナスを彷彿とさせるような効果を持った3コストフォロワー。ミッドレンジロイヤルでは静かなる炎将・マーズ円卓会議とセットで採用されていることも多い。
開闢の錬金術師・カリオストロ
【ウィッチ】
4コスト4/3(進化後5/4)。
【進化前】 ファンファーレ 土の魔片1つを出す。
エンハンス 8; EPを1回復する。
【進化後】進化時 土の秘術 アルス・マグナ1枚を手札に加え、PPを2回復する。
効果が1枚で完結しているため、秘術ウィッチのみならず、ギガントキマイラウィッチでも採用を見かけることもある汎用性の高いカード。進化権を使うことで、アルス・マグナと合わせての2面除去を狙うことができる。

ヒカリマホウノキョウシ・ミラ

NEW!!光魔法の教師・ミラ
【ウィッチ】
6コスト3/3(進化後5/5)。
【進化前】自分がマナリア・カードをプレイするたび、自分の手札のこのカードのコストを-1する。
ファンファーレ マナリアの魔弾、マナリアの防陣の中から、ランダムに1枚を手札に加える。
【進化後】進化時 マナリアの秘術1枚を手札に加える。
そのままの状態でプレイするにはやや貧弱なフォロワーだが、コスト軽減効果を備えているため、本来より軽いコストでプレイすることができる。マナリアカードを組み込んだデッキでの活躍が期待できる。
絶望のキマイラ
【ウィッチ】
6コスト6/6(進化後8/8)。
【進化前】 ファンファーレ このカードのスペルブースト が6以上なら、相手のフォロワー1体に3ダメージ。9以上なら、さらに、自分の3PPを回復。12以上なら、さらに疾走を持つ。
元のコストが下がらないため扱いづらい部分は多いが、スペルブースト12を溜めることができればフィニッシャーにもなり得る優秀なフォロワー。ギガントキマイラウィッチなど、スペルを軸としたデッキでは採用されていることも多い。
護国真龍・スカーサハ
【ドラゴン】
5コスト5/5(進化後7/7)。
【進化前】 ファンファーレ 覚醒 状態でないなら、このフォロワーに2ダメージを与え、自分のPP最大値を+1する。覚醒 状態なら、自分のリーダーは「次に受けるダメージを-2する」を持つ。
非覚醒時にプレイした場合、PPブーストを行うことができる5コストフォロワー。しかし、覚醒時の効果は扱いづらい部分も多く、ランプドラゴンでの採用率も半々といったところだ。

シュウセンノドラグーン

NEW!!終戦のドラグーン
6コスト5/5(進化後7/7)。
【進化前】 突進
攻撃時 自分の手札のランダムなドラゴン・フォロワー2枚のコストを-1して、攻撃力を+1する。
【進化後】進化前と同じ能力。
このカードからポセイドンなどのフォロワーに繋ぐ動きが強力。EPを温存しつつ除去を行えるため、ランプドラゴンにならば、無理なく採用することができそうだ。
アドラメレク
【ドラゴン】
7コスト0/6(進化後2/8)。
【進化前】 アクセラレート 3; カードを2枚引く。
----------
ファンファーレ; +X/+0する。相手のフォロワー1体にXダメージ。Xは「自分がこのバトル中にプレイしたフォロワー以外のカードの枚数」である。
通常時でもアクセラレート時でも優秀な効果を持った7コストフォロワー。特にリントヴルムドラゴンにマッチした性能だと言えるが、中盤以降にはいわゆる先ドローが行いづらく、窮屈さを感じることも少なくない。
NEW!!ポセイドン
【ドラゴン】
8コスト5/7(進化後7/9)。
【進化前】 アクセラレート 2; ポセイドンの兵士1体を出す。
ファンファーレ ポセイドンの兵士2体を出す。
体力寄りのステータスを持ったポセイドンの兵士2体の裏に5/7を展開することができるため、PPブーストからプレイできれば相手に厳しい対応を迫ることができる。アクセラレートを持っている点も高評価であり、ジャバウォックドラゴンリントヴルムドラゴンでの採用が期待できるカードだ。
NEW!!降魔の操者・ダヌア
【ネクロマンサー】
2コスト3/1(進化後5/3)。
【進化前】交戦時 交戦する相手のフォロワーに1ダメージ。
【進化後】交戦時 交戦する相手のフォロワーに1ダメージ。
進化時 自分の他のフォロワーすべては「交戦時 交戦する相手のフォロワーに1ダメージ」を持つ。
茨の森のような効果を持った2コストフォロワー。進化時に味方に付与する効果は強力だが、体力が心許ないことや、他にも進化を割きたいフォロワーが多いことを考えると、採用枚数についてはしっかりと考える必要があると言える。
不穏なる闇の街
【ヴァンパイア】
0コストアミュレット。
・夜の襲来
・現れる狂気
手札にあるとき、自分の残りPPが2以上ならチョイス したカードとしてプレイする。(PPを2消費してプレイする)
カウントダウン 1
ファンファーレ 自分のリーダーに1ダメージ。
ラストワード カードを1枚引く。
0コストで自傷とデッキ圧縮を行うことができるアミュレット。チョイス先の効果も悪くなく、様々なヴァンパイアデッキで活躍している。
麗しのサキュバス
【ヴァンパイア】
2コスト2/2(進化後4/4)。
【進化前】 ファンファーレ エンハンス 4; フォレストバット2体を出す。
2コストフォロワーの標準的なステータスに加え、扱いやすい優秀なエンハンス効果を持つ。血統の王を軸としたアグロヴァンパイアを中心に、採用を見かけることが多い。
双石の悪魔
【ヴァンパイア】
2コスト2/1(進化後4/3)。
【進化前】
・蒼炎の魔石
・紅炎の魔石
ファンファーレ チョイス したカード1枚を手札に加える。
チョイス先のカードがどちらも優秀であり、除去としてもドローソースとしても活躍する。様々なヴァンパイアデッキで採用を見かけるカードだ。
轟雷のベヒーモス
【ヴァンパイア】
5コスト6/6(進化後8/8)。
【進化前】ファンファーレ 相手のリーダーか相手のフォロワー1体に3ダメージ。自分のリーダーは、「次の自分のターン開始時に、PPを回復する値を-3する」を持つ。
高いステータスを持つため、相手に難しい対応を迫ることができる。人形ネメシスリトルパペッター・ロココや、ギガントキマイラウィッチ炎の握撃で簡単に処理されてしまう点は気になるが、アグロヴァンパイアを大幅に強化するカードとなりそうだ。
天象の風・ペトラ
【ビショップ】
1コスト1/2(進化後3/4)。
【進化前】ファンファーレ 相手のターン終了時まで、自分の他のフォロワー1体は「このフォロワーは攻撃されない」を持つ。
既に場にいるフォロワーはもちろん、効果を適用したいフォロワーと同時にプレイし、攻撃から守るといった使い方も可能。低コストのため扱いやすく、様々なデッキで採用される可能性がある。
烈風の翼神・ガルラ
【ビショップ】
9コスト6/6(進化後8/8)。
【進化前】 アクセラレート 1;自分のアミュレット1つのカウントダウンを1進める。
----------
自分のアミュレットが破壊されるたびに、相手のリーダーに3ダメージ。
ファンファーレ 自分のアミュレットすべてのカウントダウンを3進める。
【進化後】自分のアミュレットが破壊されるたびに、相手のリーダーに3ダメージ。
派手なファンファーレ効果を持った9コストフォロワー。教会ビショップ天狐ビショップでは、1〜2枚採用されていることも珍しくない。

Cランクの新カード

カード名注目ポイント
デビルフラワー
【エルフ】
2コスト2/1(進化後4/3)。
【進化前】 ファンファーレ このターン中に(このカードを含めず)カードを2枚以上プレイしていたなら、相手のアミュレット1つを破壊する。
アミュレット破壊効果を持った2コストフォロワー。効果の発動条件が比較的緩く、許容できる範囲のステータスを持っているため、環境によっては複数枚採用されることもあるだろう。
高貴なる猫姉妹・シャムとシャマ
【エルフ】
3コスト2/3(進化後4/5)。
【進化前】
・シャムのいたずら
・シャマのまなざし
ファンファーレ チョイス したカード1枚を手札に加える。
標準ステータスを展開しつつ、扱いやすい除去スペルであるシャムのいたずらを手札に加えられる3コストフォロワー。貴重な回復効果を持っているため、環境やデッキ構築次第では採用されることもあるだろう。
神殺しの狩人・セルウィン
【エルフ】
5コスト3/5(進化後5/7)。
【進化前】アクセラレート 2;相手のフォロワー1体に2ダメージ。
----------
守護
ファンファーレ このターン中に(このカードを含めず)カードを2枚以上プレイしていたなら、相手のフォロワー1体に4ダメージ。4枚以上プレイしていたなら、さらに相手のフォロワーすべてに2ダメージ。
条件こそあるものの、守護を備えつつ、単体除去や全体除去として活躍してくれるカード。また、アクセラレートでは2点除去カードとして機能してくれるのも嬉しい。遅めのデッキであれば、十分選択肢に入ってくるカードだ。
天喰らう異形
【エルフ】
9コスト6/4(進化後8/6)。
【進化前】自分のターン終了時、このターン中にカードを7枚以上プレイしていたなら、自分の手札のこのフォロワーを+7/+7する。
疾走
プレイ回数の条件を満たすのは難しいが、9コストの6点疾走が単純に優秀。10ターン目にはフィルと合わせた12点バーストも狙えるため、デッキタイプによってはそこそこ採用を見かけることもあるだろう。
シークレットエージェント・デイ
【ロイヤル】
4コスト1/1(進化後3/3)。
【進化前】
・ビギナーエージェント・エヴァン
・潜入捜査
チョイス したカード1枚を手札に加える。
やや物足りない部分もあるが、潜伏効果やビギナーエージェント・エヴァンアグロロイヤルとの相性が良い。潜入捜査も一発逆転の可能性を秘めたドローソースなので、好みに合わせて採用してみるのも良いだろう。
グランドスピア
【ウィッチ】
2コストスペル。
相手のフォロワー1体に2ダメージ。
土の秘術 相手のフォロワー1体に4ダメージと相手のリーダーに1ダメージ。
どちらの効果もいまひとつではあるが、マナリアウィッチでは貴重なダメージソースとなる。その他のデッキでは、あまり見かけることはない。
神託の妖童・アルルメイヤ
【ウィッチ】
6コスト5/5(進化後7/7)。
【進化前】 ファンファーレ このバトル中、自分のリーダーは「自分のターン終了時、自分の手札が6枚以上なら、スペルブーストする。自分の手札が5枚以下なら、カードを自分の手札が6枚になるまで引く」を持つ。リーダーはこの能力を重複して持たない。
【進化後】進化時 自分の手札が6枚以上なら、スペルブーストする。自分の手札が5枚以下なら、カードを自分の手札が6枚になるまで引く。
ファンファーレ効果により、継続的なドローとスペルブーストを行うことができる6コストフォロワー。ギガントキマイラウィッチなどで採用されていることもあるが、高コストのため扱いづらく、採用には好みが分かれる。
灼脚の麗姫・アリーザ
【ドラゴン】
3コスト3/2(進化後5/4)。
【進化前】 突進
ファンファーレ 覚醒 状態なら、交戦時 +1/+1するを持つ。
【進化後】突進
原初の竜使いの弾として扱えるため、原初ドラゴンでは高い採用率を誇る。また、貴重な3コストの3点除去であり、静かなる炎将・マーズを討ち取ることができるのも大きい。
炎竜の使役者
【ドラゴン】
4コスト3/3(進化後5/5)。
【進化前】 ファンファーレ ブレイジングブレス1枚を手札に加える。
【進化後】進化時 ライトニングブラスト1枚を手札に加える。
ファンファーレ、進化時効果ともに優秀な4コストフォロワー。リントヴルムとの相性が良く、リントヴルムドラゴンを中心に採用を見かけることも少なくない。
冥河の案内人
【ネクロマンサー】
4コスト2/3(進化後4/5)。
【進化前】 ファンファーレ 葬送 したなら、ランダムな相手のフォロワー1体を破壊する。
リアニメイト対象を葬送しつつ、単体除去を行うことができる4コストフォロワー。とはいえ手札消費が激しく、見かける機会はあまり多くない。
屍病の街
【ネクロマンサー】
7コストアミュレット。
カウントダウン 2
お互いの場にフォロワー(ゾンビを除く)が出るたび、ゾンビに変身させる。
ファンファーレ お互いのフォロワーすべてをゾンビに変身させる。
盤面を膠着状態にすることが狙える7コストアミュレット。幽想の少女・フェリ冥守の長・アイシャでの大ダメージが狙える10ターン目までの繋ぎとして活躍してくれる。
永遠の決闘者・モルディカイ
【ネクロマンサー】
10コスト7/7(進化後7/7)。
【進化前】 このフォロワーがリアニメイト によって場に出たとき、進化する。
ファンファーレ ネクロマンス 6; 進化する。
【進化後】ラストワード 永遠の決闘者・モルディカイ(進化前)を1体を出す。
リアニメイトネクロのフィニッシャーとして活躍している9コストフォロワー。盤面に残りやすい効果を持っているため、幽想の少女・フェリを絡めてのOTKも狙いやすい。
揺らぎの斬姫・ナルメア
【ヴァンパイア】
4コスト4/3(進化後6/5)。
【進化前】 必殺
【進化後】進化時 相手のフォロワー1体を破壊する。復讐 状態でないなら、自分のリーダーの体力が10になるようにダメージを与える。
必殺
進化を行うことで、復讐状態に入りながら、相手フォロワー1体の除去が行える。元々必殺を持っているため、そのまま2体目のフォロワー除去に取り掛かることも可能だ。
古代の自動機械
【ネメシス】
1コストアミュレット。
・アーティファクト兵招集
・アーティファクトの輝き
手札にあるとき、自分の残りPPが1以上で、共鳴状態ならチョイスしたカードとしてプレイする。
カウントダウン 2
自分のターン終了時、ミスティックアーティファクト、レディアントアーティファクト、プライムアーティファクトの中から、ランダムに異なる2枚をデッキに加える。
アーティファクトの輝きが持つ回復効果が強力なため、アーティファクトネメシスでは採用を見かけることも少なくない。バーストダメージ対策になる虚数物体とどちらを優先するかは環境次第だと言える。
アーティファクトスパーク
【ネメシス】
5コストスペル。
手札のアーティファクト・カード1枚を、アーティファクトスパークに変身させる。
相手リーダーに4ダメージ。
(このカードは、自分の手札に選択できるアーティファクトカードがあるなら、プレイできる)
手札次第では継続的に4点ダメージを与えることができるため、フィニッシャーの役割を担うことができる。アグロネメシスを中心に採用を見かけるカードだが、手札にアーティファクトカードがない場合は発動できない点には注意しておきたい。

Dランクの新カード

カード名注目ポイント
スウィンガートリオ・ローアイン
【ニュートラル】
3コスト2/2(進化後4/4)。
【進化前】 ファンファーレ スウィンガートリオ・エルセム1枚を手札に加える。
それぞれの性能はいまひとつだが、1枚で計3枚のフォロワーを加えることができる点が優秀。ニュートラルエルフアーカスネクロなどでは採用を見かけることもある。
眠れる妖精の森
【エルフ】
1コストアミュレット。
・妖精の大あくび
・妖精の目覚め
手札にあるとき、自分の残りPPが1以上で、このターン中にカードを2枚以上プレイしていたならチョイス したカードとしてプレイする。(PPを1消費してプレイする)
カウントダウン 2
自分のターン終了時、フェアリー1枚を手札に加える。
妖精の目覚めをチョイスすることで、妖精の使役者復讐の人形遣い・ノアからのバーストダメージへの対策となるカード。ただし、スターリーエルフによる茨の森のサーチを阻害してしまうため、採用されることはあまりない。
マイコニド
【エルフ】
3コスト2/3(進化後4/5)。
【進化前】 潜伏
【進化後】進化前と同じ能力。
3コストの標準ステータスに加え、潜伏効果を持つ3コストフォロワー。アグロエルフ向けの効果を持っているが、競合も多く、見かけることはあまりない。
神箭の射手・スーテラ
【エルフ】
4コスト4/3(進化後5/4)。
【進化前】 ファンファーレ カードを1枚引く。
【進化後】攻撃時 相手のフォロワーすべてに1ダメージ。
ファンファーレ能力により、手札消費なしでプレイできる4コストフォロワー。性能自体は悪くないが、同じ4コストである天禀の射手・メーテラと立ち位置が似通っているため、採用を見かけることはあまりない。
NEW!!バーストショット
【エルフ】
4コストスペル。
ランダムな相手フォロワー1体に1ダメージ。これを4回行う。
エンハンス 10; ランダムな相手フォロワーではなく、相手のリーダーにダメージを与える。このバトル中に破壊された自分のフェアリー2体につき+1回行う。
フェアリードラゴン+森羅の怒りのコンボを1枚にまとめたような効果を持ったカード。高い打点を出すために必要な準備が多く、一部のコンセプトデッキ以外では採用されることはないだろう。
マーセナリー・ルシウス
【ロイヤル】
1コスト1/1(進化後3/3)。
【進化前】
ファンファーレ エンハンス 5; 相手のフォロワー1体を破壊する。
やや物足りない性能となっているが、1コストとしても、5コストとしても扱える点は悪くない。アグロロイヤルでは、採用を見かけることもあるカードだ。
大商人
【ロイヤル】
2コスト2/2(進化後4/4)。
【進化前】 ファンファーレ エンハンス 7; ̟+3/+3する。カードを自分の手札が5枚になるまで引く。
標準的なステータスを持っているため、序盤にプレイしやすい点は優秀。しかし現状ミッドレンジロイヤルではドローソースにそこまで困っていないことや、2コスト帯が激戦区であるため、採用を見かけることは少ない。
シャドウエンフォーサー・ターニャ
【ロイヤル】
3コスト3/1(進化後5/3)。
【進化前/後】 潜伏 必殺
高めの攻撃力と潜伏を持つため、アグロロイヤルなどでの採用が検討できるカード。ただし、インセクトキングドラゴニュートの威圧で簡単に処理されてしまうため、採用は環境次第だと言える。
NEW!!飛空の剣士
【ロイヤル】
5コスト3/3(進化後5/5)。
【進化前】このフォロワーは攻撃されない。
自分の場に兵士・フォロワーが出るたび、それは「このフォロワーは攻撃されない」を持つ。
上手くハマればゲームを決めてしまうほどの効果を持つが、除去効果に対して滅法弱い。そもそも飛空の剣士で下準備を行うよりも疾走フォロワーをプレイする方が強力な場合が多く、採用されることはほとんどないだろう。
才能の開花
【ウィッチ】
4コストスペル。
EPを1回復する。
自分のデッキの残り枚数が20枚以下なら、ガーディアンゴーレム1体を場に出す。
ドローソースの多いスペルを軸としたウィッチであれば、8ターン目前後にはガーディアンゴーレムの召喚が狙える。ただし、基本的に9ターン目でのギガントキマイラフィニッシュを狙いたいことを考えるとデッキにマッチしているとは言いづらく、採用を見かけることはあまりない。
ピースフルサモナー
【ウィッチ】
5コスト4/5(進化後6/7)。
【進化前】 アクセラレート 2; カードを1枚引く。
----------
守護
【進化後】守護
アクセラレートにより使い分けができる点は優秀だが、どちらもあまり強力とは言えない。中盤以降、いわゆる先ドローが行えないこともあり、採用されることはほとんどない。
リトルドラゴン
【ドラゴン】
2コスト2/2(進化後4/4)。
【進化前】
・白鱗のドラゴン
・黒鱗のドラゴン
手札にあるとき、自分の残りPPが7以上ならチョイス したカードとしてプレイする。(PPを7消費してプレイする)
標準的なステータスを持つ2コストフォロワー。しかし基本的にはバニラであり、どちらのチョイス先もあまり強力だとは言えないため、採用を見かけることはほとんどない。
毒尾のドラゴン
【ドラゴン】
3コスト1/3(進化後3/5)。
【進化前】 必殺
守護
覚醒 状態でないなら、このフォロワーは攻撃不能。
【進化後】進化前と同じ能力。
守護と必殺を持っている点は優秀だと言える。しかし体力が低く除去スペルで簡単に処理されてしまうことや、非覚醒時に使いづらいこともあり、あまり採用されることはない。
竜の祠
【ドラゴン】
3コストアミュレット。
・踏み潰し
・巻き起こし
手札にあるとき、自分の残りPPが3以上で、覚醒 状態ならチョイスしたカードとしてプレイする。
カウントダウン 1
ラストワード 自分のPP最大値を+1する。
PPブーストカードとしての採用がメインだが、PPブースト役としては護国真龍・スカーサハの方が使い勝手が良い。ただし、ジャバウォックドラゴンリントヴルムドラゴンでは、こちらが優先されることもある。
テールスイング
【ドラゴン】
5コストスペル。
攻撃力最大の相手のフォロワー1体を破壊する(攻撃力最大のフォロワーが複数いるなら、その中からランダムに1体)。
自分の手札にドラゴン・カードがあるなら、手札のドラゴン・カード1枚のコストを-1する。
攻撃力最大のフォロワーを破壊するというテキストのため、奮励の儁秀・シルヴァなどの潜伏フォロワーも処理できる点が魅力。また、大いなる調停者・ゾーイとの相性も良いため、採用を見かけることもある。
禁呪の恋人・サルナーン
【ネクロマンサー】
2コスト2/2(進化後4/4)。
【進化前】 ファンファーレ ネクロマンス 6;相手のフォロワー1体は、能力すべて(攻撃力/体力はそのまま)を失う。
標準的なステータスを持っているものの、効果を発動するのにネクロマンス6とやや重い。すでにベレヌスなど優秀なフォロワーが存在していることもあり、採用されることはあまりない。
黄金の棺
【ネクロマンサー】
2コストアミュレット。
・禁忌の復活
・隠された財宝
手札にあるとき、自分の残りPPが5以上ならチョイスしたカードとしてプレイする。
自分のフォロワーが破壊されたとき、このアミュレットを破壊する。
ラストワード ゾンビ1体を出す。
ネクロマンサーはアンドレアルフスなどの強力なドローソースを持つため、禁忌の復活としての運用が中心となる。とは言えタイムラグがある点や、出てくるフォロワーがバニラであることもあり、採用を見かけることは少ない。
ギルタブルル
【ヴァンパイア】
3コスト2/3(進化後4/5)。
【進化前】 ファンファーレ エンハンス 9; 自分のリーダーの体力が19以下なら、攻撃力、体力をそれぞれXにする。Xは「20から自分のリーダーの体力を引いた数」となる。
【進化後】進化時 自分のリーダーの体力が2以下なら、疾走 を持つ。
決まれば一発逆転の可能性を秘めた、ユニークな効果を持ったカード。とはいえあくまでロマンの域を出ず、コンセプトデッキなど限られたものでしか採用されていない。
紅の渇望
【ヴァンパイア】
3コストスペル。
自分のリーダーに2ダメージ。自分のEPを1回復。
自分のEPを回復するというトリッキーな効果を持つが、3コストでカードを消費してまで取りたい動きだとは言いづらい。とはいえ貴重な自傷カードとなっているため、ヨルムンガンドヴァンパイアでは採用を見かけることもある。
魔晶大尉・ポンメルン
【ヴァンパイア】
6コスト4/6(進化後8/10)。
【進化前】 守護
【進化後】守護 自分のターン開始時、このフォロワーに3ダメージ。
進化後のステータスが強力であり、上手くハマれば大きなダメージを与えることができる。ただし、進化が前提となることや、基本的な性能は控えめであることもあり、採用されていることは少ない。
プルソン
【ヴァンパイア】
10コスト6/6(進化後8/8)。
【進化前】 アクセラレート 9; 自分のフォロワーすべてと自分のアミュレットすべてを破壊する。破壊したカードそれぞれについて、「それよりコストの大きいフォロワー」をランダムに1枚ずつ、自分のデッキから場に出す。
----------
疾走
必殺
【進化後】疾走
必殺
ジャバウォックを彷彿とさせるようなアクセラレート効果は魅力だが、デッキ内のフォロワーを絞りづらく、安定性に欠けてしまう。そもそも現環境でのヴァンパイアの立ち位置が低いこともあり、あまり採用を見かけない。
内気なアルミラージ
【ビショップ】
3コスト2/3(進化後4/5)。
【進化前】 自分のターン終了時、このフォロワーを2回復。
ファンファーレ エンハンス 5; +2/+0する。相手のターン終了まで、潜伏 を持つ。
【進化後】自分のターン終了時、このフォロワーを2回復。
ターン終了時に自身を回復する効果を持った3コストフォロワー。天狐ビショップなどでの採用が検討できるが、天狐の社とコストが噛み合わない場面も多く、あまり採用を見かけない。
星跡の巡礼者・ソフィア
【ビショップ】
3コスト2/3(進化後2/3)。
【進化後】 このターン中に破壊された、ランダムな自分のフォロワーと同名のフォロワー1体を場に出す。
スノーホワイトプリンセスツタンカーメンなど、ラストワードで復活するフォロワーとの相性が良い効果を持つ。しかし、コンボが前提になってしまうことや、EPを必要としてしまうこともあり、採用を見かけることは少ない。
信仰の天使像
【ビショップ】
5コスト5/5(進化後6/6)。
【進化前】 守護
このフォロワーは攻撃不能。
自分のターン中、自分のアミュレットが破壊されたとき、進化する。
【進化後】守護
(攻撃可能)
悪くない効果とステータスを持っているが、ビショップの激戦区である5コストという点が大きく足を引っ張る。現状ケリュネイア三月ウサギのお茶会の採用率が高く、あまり使われないカードとなっている。
古代の機械兵
【ネメシス】
2コスト1/4(進化後3/6)。
【進化前】 自分の場にアーティファクト・フォロワーが出た時、このフォロワーは守護 を持つ。
【進化後】進化前と同じ能力。
貴重な2コストの守護フォロワーであり、相手のバーストダメージを抑えるための手段として有用。環境次第では採用するのも悪くないだろう。
エンキドゥ
【ネメシス】
5コスト4/4(進化後6/6)。
【進化前】 守護
ファンファーレ 共鳴 状態なら、ギルガメッシュ1枚を手札に加える。
【進化後】守護
終盤のバーストダメージを確保しておくことができる。しかしアーティファクトネメシスにはレディアントアーティファクト、操り人形ネメシスには奮励の儁秀・シルヴァなどのダメージソースが豊富にあるため、採用を見かけることはほとんどない。
奪い取る指揮
【ネメシス】
5コストスペル。
フォロワー2体を選択して、発動する。選択したフォロワー1体にXダメージを与える。次に選択したフォロワー1体にYダメージを与える。
Xは「2回目に選択したフォロワーの攻撃力の値」である。Yは「最初に選択したフォロワーの攻撃力の値」である。‬(このカードは、自分の場及び相手の場に選択できるカードがあるなら、プレイできる。)
5コストで2面除去を狙える点は優秀だが、盤面状況に左右されてしまいがち。エンシェントアーティファクト操り人形で処理が追いつくケースも多く、あまり採用されていない。

Eランクの新カード

カード名注目ポイント
探偵の調査
【ニュートラル】
2コストスペル。
カードを1枚引く。
エンハンス 6; 1枚ではなく3枚引く。
1ドロー効果を持ったドロースペル。エンハンスで大量のドローを狙うこともできるが、逆にエンハンス効果が邪魔になる場面も多く、採用されることはほとんどない。
蒼空の先導者・ラカム
【ニュートラル】
4コスト3/3(進化後5/5)。
【進化前/後】 攻撃時 フォロワーへ攻撃したなら、そのフォロワーに3ダメージ。
攻撃時の効果は悪くないが、攻撃された場合や除去に対して耐性を持たない。特別相性の良いデッキも存在しないため、採用されることはほとんどない。
蒼天の守護騎士・カタリナ
【ニュートラル】
6コスト4/4(進化後6/6)。
【進化前】 守護 このフォロワーへの4以上のダメージは3になる。
【進化後】進化前と同じ能力。
自身が受けるダメージを軽減してくれる能力を持つが、コストの割にやや物足りないカードといえる。そのため、採用されることはほとんどない。
シャングリラフェアリー
【エルフ】
2コスト2/2(進化後4/4)。
【進化前】 ファンファーレ エンハンス 5; 自分のフォロワー1体を+1/+2し、自分のリーダーの体力を3回復する。
エンハンス時の効果、通常時のスペックともに優秀だとは言えない。エルフの2コスト帯には優秀なカードも多く、このカードが採用されることはほとんどない。
オウルベア
【エルフ】
8コスト6/6(進化後8/8)。
【進化前】潜伏
このフォロワーが潜伏 状態で攻撃したなら、相手のフォロワーすべてを-1/-0する。
潜伏効果は魅力的だが、コストが重い上に攻撃力も物足りない。そのため、採用はほとんど見かけないカードとなっている。
大安売り
【ロイヤル】
1コストスペル。
自分の手札1枚を捨てる。
カードを1枚引く。
歴戦の武具1枚を手札に加える。
手札交換を行いながら、歴戦の武具をサーチすることができる1コストスペル。しかし、そもそも歴戦の武具があまり強力だとは言えないことや、手札に不要なカードがない場合の扱いづらさもあり、採用されていることはほとんどない。
歴戦の武具
【ロイヤル】
2コストアミュレット。
・堅牢なる盾
・鋭利なる剣
手札にあるとき、自分の残りPPが2以上で、自分の場にロイヤル・フォロワーがいるならチョイスしたカードとしてプレイする。
カウントダウン 2
相手のターン終了時、ナイト1体を出す。
歴戦の武具としてプレイした場合、相手のターン終了時に出てくるナイトを疾走のように扱えるため、アグロデッキとの相性が良い。しかし、チョイス条件がその使い道を邪魔してしまうため、採用されることはほとんどない。
プリンセス・ティナ
【ロイヤル】
4コスト3/3(進化後5/5)。
【進化前】 自分のターン終了時、コスト1のロイヤル・フォロワーをランダムに1枚、自分のデッキから場に出す。
【進化後】進化前と同じ能力。
現状ミッドレンジロイヤル騎士王・アーサーを中心に構築されているため、デッキに1コストフォロワーを採用しなければいけないこのカードとの噛みあわせが悪い。そのため、採用を見かけることはほとんどない。
神秘の魔法陣
【ウィッチ】
1コストアミュレット。
・緊急召喚
・術式結界
手札にあるとき、自分の残りPPが5以上なら、チョイス したカードとしてプレイする。
チョイス先のカードはどちらもコストパフォーマンスが良いが、終盤1コストの土の印として扱いづらい点が気になる。特に偉大なる魔術師・レヴィの下準備ができないのは致命的であり、採用されていることはほとんどない。
ブラックウィッチ・アンナ
【ウィッチ】
2コスト2/1(進化後4/3)。
【進化前】 ラストワード ランダムな相手のフォロワー1体に1ダメージ。
【進化後】ラストワード ランダムな相手のフォロワー1体に3ダメージ。
優秀なラストワード効果を持っているが、体力1のため簡単に処理されてしまいやすい。特別相性の良いデッキも見当たらず、採用を見かけることはほとんどない。
未完の錬金術師・クラリス
【ウィッチ】
3コスト3/1(進化後5/3)。
【進化前】 ファンファーレ 相手のフォロワー1体は、能力すべて(攻撃力/体力はそのまま)を失う。
ステータスが貧弱な上、特別このカードを採用したいデッキが見当たらない。そのため、採用されることはほとんどない。
ドラゴンキラーガール
【ドラゴン】
2コスト2/2(進化後4/4)。
【進化前】 攻撃時 攻撃する相手のフォロワーの攻撃力が5以上なら、このフォロワーは必殺 を持つ。
2コスト2/2と標準的なステータスを持つが、能力の発動タイミングが攻撃時のため、そのターン中に発動させるにはEPを必要としてしまう。使い勝手がいまひとつであり、採用を見かけることはほとんどない。
アルバコア
【ドラゴン】
7コスト7/5(進化後9/7)。
【進化前】 ラストワード 自分のリーダーを3回復。
【進化後】進化前と同じ能力。
ステータスも効果も物足りない性能となっており、カードパワーが低い。どちらのフォーマットでも採用されることはほとんどない。
蘇りし狂戦士
【ネクロマンサー】
3コスト2/1(進化後4/3)。
【進化前】 ファンファーレラストワード 蘇りし狂戦士1体を出す」を持つ。
エンハンス 5; 「ラストワード ランダムな相手のフォロワー1体に3ダメージ」を持つ。
悪くないラストワード効果を持っているが、体力が1しかないため処理されてしまいやすい。ネクロマンサーの3コスト帯は激戦区となっていることもあり、このカードが採用されることはほとんどない。
憂鬱な霊媒師
【ネクロマンサー】
5コスト4/4(進化後6/6)。
【進化前】 アクセラレート 1; ゴースト1体を場に出す。
----------
ファンファーレ; ゴースト1体を場に出す。
ゴーストで即座に盤面に干渉できる点は優秀だが、通常時、アクセラレート時のどちらの効果も物足りない。そのため、採用を見かけることはほとんどない。
アーリーブランド・ゼヘク
【ヴァンパイア】
3コスト4/2(進化後6/4)。
【進化後】 進化時 復讐 状態でないなら、相手のフォロワー1体に1ダメージ。復讐 状態なら、相手のリーダーと相手のフォロワーすべてに1ダメージ。
コストに対して高めの攻撃力を持っている点は優秀だが、その分体力が低く、簡単に除去されてしまう。採用を見かけることはほとんどないカードだ。
デビルハンド
【ヴァンパイア】
4コスト3/4(進化後5/6)。
【進化前】 ファンファーレ エンハンス 7; ランダムな相手のフォロワー1体に2ダメージを与え、ランダムな自分のフォロワー1体を+2/+2する。
通常時、エンハンス時どちらの性能もあまり強力とは言えない。その上ランダム性も高く、採用されることはほとんどない。
ウィンドプリースト・ヘイゼン
【ビショップ】
2コスト1/3(進化後5/4)。
【進化前】 守護
進化を行うことで攻撃的なカードへと変貌するが、特別強力だとは言いづらい。類似した性能を持つスネークプリーストの採用率の低さもあって、見かけることは少ないカードとなっている。
清爽の銃士・ジェシカ
【ネメシス】
3コスト3/2(進化後5/4)。
【進化前】 ファンファーレ 自分の他のネメシス・フォロワー1体を+1/+0する。そのフォロワーは「相手は、能力でこのフォロワーを選択できるとき、このフォロワーしか選択できない」を持つ。
単体では腐ってしまうことが多い上、効果もいまひとつ物足りない。そのため、採用を見かけることはほとんどないカードだ。
NEW!!マル・ドッキオ
【ネメシス】
3コスト2/2(進化後6/2)。
【進化前】自分のリーダーが共鳴 でない状態から共鳴 状態になるたび、+2/+2する。
攻撃時このフォロワーの攻撃力が10以上なら、相手のリーダーと相手のフォロワーすべてに2ダメージ。
効果を2度発動させるためには共鳴/非共鳴の切り替えを3回以上行う必要があり、かなりのカード枚数を必要としてしまう。マル・ドッキオを軸としたコンセプトデッキ以外では、ほとんど採用されることはないだろう。

蒼空の騎士のアンリミテッド評価

▲ローテーションでの評価はこちら

目次

Sランクの新カード

カード名注目ポイント
開闢の錬金術師・カリオストロ
【ウィッチ】
4コスト4/3(進化後5/4)。
【進化前】 ファンファーレ 土の魔片1つを出す。
エンハンス 8; EPを1回復する。
【進化後】進化時 土の秘術 アルス・マグナ1枚を手札に加え、PPを2回復する。
効果が1枚で完結しているため、古き魔術師・レヴィのような感覚で使用することができる。進化時に手札に加わるアルス・マグナの使い方次第では、攻めのカードとしても守りのカードとしても活躍できる汎用性の高さも魅力で、秘術ウィッチの躍進に大きく貢献している。
運命の導き
【ウィッチ】
5コストスペル。
カードを2枚引く。
スペルブースト コスト-1
いままでと変わらず、様々なウィッチデッキで採用が検討できるカード。イラストの好みによって、使い分けを行うと良い。
NEW!!グレモリー
【ネクロマンサー】
1コスト1/1(進化後3/3)。
【進化前】自分のターン終了時、自分の進化後フォロワーすべては「ラストワード カードを1枚引く」を持つ。
ファンファーレ エンハンス 6; 進化していない自分の他のフォロワーすべてを進化させる。(それらの進化時能力は働かない)
【進化後】自分のターン終了時、自分の進化後フォロワーすべては「ラストワード カードを1枚引く」を持つ。
ターン終了時の効果、エンハンス時の効果どちらも非常に優秀。骨の貴公子との相性が非常に良く、ミッドレンジネクロでは複数枚採用されるカードになるだろう。
ソウルコンバージョン
【ネクロマンサー】
1コストスペル。
自分のフォロワー1体を破壊する。
カードを2枚引く。
いままでと変わらず、様々なネクロマンサーデッキで採用が検討できるカード。イラストの好みによって、使い分けを行うと良い。
心眼の双葬女・レディ・グレイ
【ネクロマンサー】
2コスト1/3(進化後3/5)。
【進化前】 ドレイン
【進化後】進化時 リアニメイト 2
ドレイン
優秀な進化時効果を持った2コストフォロワー。進化で強力な盤面を形成することができるだけでなく、後攻時に失ってしまいがちなライフアドバンテージを取り返すこともできる。
狂恋の華鎧・ヴィーラ
【ヴァンパイア】
2コスト2/2(進化後4/4)。
【進化後】 進化時 次の自分のターン開始時まで、自分のリーダーは「受けるダメージを0にする」を持つ。この能力は、このフォロワーが場を離れるとき失われる。
次の自分のターン開始時まで、このフォロワーへのダメージを-2する。
進化を行うことで、黒死の仮面のような役割を持つことができる2コストフォロワー。自身へのダメージを-2する効果により、処理されづらい点も優秀。カオスシップから場に出た場合の爆発力が非常に高く、復讐ヴァンパイアでは3枚必須のカードとなっている。
揺らぎの斬姫・ナルメア
【ヴァンパイア】
4コスト4/3(進化後6/5)。
【進化前】 必殺
【進化後】進化時 相手のフォロワー1体を破壊する。復讐 状態でないなら、自分のリーダーの体力が10になるようにダメージを与える。
必殺
ベルフェゴール同様、いかなる状況からでも復讐状態に入ることができる4コストフォロワー。揺らぎの斬姫・ナルメア自体の性能の高さも魅力だが、より安定して復讐状態に入ることができるようになったおかげで、復讐の悪魔カオスシップの使い勝手が向上した点が大きい。

Aランクの新カード

カード名注目ポイント
神殺しの狩人・セルウィン
【エルフ】
5コスト3/5(進化後5/7)。
【進化前】アクセラレート 2;相手のフォロワー1体に2ダメージ。
----------
守護
ファンファーレ このターン中に(このカードを含めず)カードを2枚以上プレイしていたなら、相手のフォロワー1体に4ダメージ。4枚以上プレイしていたなら、さらに相手のフォロワーすべてに2ダメージ。
アクセラレート時の効果が優秀で、擬似的な森荒らしへの報いとして扱うことができる。フェアリーウィスプを手札に加えやすいOTKエルフでは、フォロワーとしてプレイした際にも強力で、1〜2枚採用されていることが多い。
大いなる調停者・ゾーイ
【ドラゴン】
11コスト7/6(進化後9/8)。
【進化前】 アクセラレート 1; カードを1枚引く。コスト10、攻撃力6/体力5のアクセラレート を持たない大いなる調停者・ゾーイ1枚をデッキに加える。
----------
疾走
ファンファーレ 自分のリーダーの体力が1になるようにダメージを与える。次の自分のターン開始時まで、自分のリーダーは「自分のリーダーへのダメージは0になる」を持つ。
次元の超越リノセウスなどのコンボを対策できる疾走フォロワー。鳳凰の庭園と組み合わせることで1度デッキに埋め直す手間を省けるようになるため、非常に相性が良い。
怪物の少女・フラン
【ネクロマンサー】
3コスト0/1(進化後2/3)。
【進化前】
・フランの従者
・フランの呪い
ファンファーレ チョイス したカード1枚を手札に加える。
エンハンス 7; チョイス ではなく、フランの従者1枚とフランの呪い1枚を手札に加える。
ファンファーレによって、盤面強化か除去効果を選択できる。一枚で二枚分の盤面を広げられる点も魅力的であり、骨の貴公子骸の王との相性が良い。
不穏なる闇の街
【ヴァンパイア】
0コストアミュレット。
・夜の襲来
・現れる狂気
手札にあるとき、自分の残りPPが2以上ならチョイス したカードとしてプレイする。(PPを2消費してプレイする)
カウントダウン 1
ファンファーレ 自分のリーダーに1ダメージ。
ラストワード カードを1枚引く。
0コストで自傷とデッキ圧縮を行うことができるアミュレット。キーカードを引き込みやすくなる点が何よりの魅力であり、ほとんどのヴァンパイアデッキで3枚投入されている。

Bランクの新カード

カード名注目ポイント
熾天使の剣
【ニュートラル】
2コストスペル。
コスト2以下の相手フォロワー1体か、コスト2以下の相手のアミュレット1つを破壊する。
エンハンス 6; 相手のフォロワー1体か、相手のアミュレット1つを破壊する。
加速装置茨の森へのカウンターとなる2コストスペル。アミュレットだけでなく、フォロワーも破壊できるため、腐ってしまう場面が少ない。
伝説の幕開け
【ニュートラル】
2コストアミュレット。
カウントダウン 3
自分のターン終了時、ランダムな自分のフォロワー1体を+0/+1する。そのフォロワーは必殺を持つ。
3ターンの間、必殺と体力上昇効果を付与することができる2コストアミュレット。ステータスの低いフォロワーに対してトレード性能を付与できる点が優秀。
天禀の射手・メーテラ
【エルフ】
4コスト4/3(進化後5/4)。
【進化前】 交戦時 カードを1枚引く。
【進化後】交戦時 カードを1枚引く。
進化時 相手のフォロワー1体に「自分の手札の枚数」と同じダメージ。
手札の枚数にさえ気を付けておけば、進化時に大型フォロワーの除去が可能。交戦時のドロー効果も優秀で、冥府エルフなどを中心に採用を見かけることも少なくない。
ドラゴンナイツ
【ロイヤル】
5コストスペル。
・不撓不屈の騎士・ヴェイン
・竜殺しの騎士・ジークフリート
・俊英の双剣士・ランスロット
・炎帝・パーシヴァル
チョイス したカード1体を出す。
エンハンス 8; 1体ではなく、2体チョイス する。
俊英の双剣士・ランスロットをチョイスすることで3点疾走として扱えるため、幅広いデッキタイプに採用されそうなカード。ただし、アンリミテッドではレヴィオンセイバー・アルベールが使えることもあり、ローテーションと比べると見かける機会は少ない。
幽想の少女・フェリ
【ネクロマンサー】
2コスト2/2(進化後4/4)。
【進化前】 ファンファーレ このターンが10ターン以降である場合、2回葬送する。2回葬送したなら、自分の他のフォロワーすべてはターン終了時まで「1ターンに3回攻撃できる」を持つ。(幽想の少女・フェリを場に出した後に、自分の場に2つ以上の空きがなければ、2回葬送することはできない。)
戦いが長引きやすいネフティスネクロで活躍している2コストフォロワー。手札や盤面の状況次第では1度に大ダメージを叩き出せるコンボも存在する。
ホーリープリースト・ロレーナ
【ビショップ】
2コスト2/2(進化後4/4)。
【進化後】
・ロレーナの聖水
・ロレーナの鉄拳
進化時 チョイス したカード1枚を手札に加える。
進化することで優秀なスペルをチョイスすることができる2コストフォロワー。ロレーナの聖水は回復とドローを、ロレーナの鉄拳はビショップに不足していた4点除去を行えるため、様々なデッキに採用されている。
七宝石の姫・レ・フィーエ
【ビショップ】
6コスト4/5(進化後6/7)。
【進化前】 守護
ファンファーレ このバトル中、自分のリーダーは「自分のターン終了時、自分のリーダーと自分のフォロワーすべてを1回復」を持つ。リーダーはこの能力を重複して持たない。
【進化後】守護
ファンファーレで味方リーダーに継続的な回復効果を付与することができるため、天狐の社エイラの祈祷と組み合わせた際の爆発力が非常に高い。回復をコンセプトとしたデッキでは、ほとんどの場合において3枚採用されている。

Cランクの新カード

カード名注目ポイント
蒼の少女・ルリア
【ニュートラル】
2コスト1/1(進化後3/3)。
【進化前】 ファンファーレ 「次に受けるダメージは0になる」を持つ。
エンハンス 8; コスト7以上のニュートラル・フォロワーをランダムに1枚、自分のデッキから手札に加え、自分のPPを7回復。
エンハンスでプレイすることで、実質1コストで強力なニュートラル・フォロワーをサーチすることができる。優秀な効果を持っているが、特別相性の良いカードが見当たらないため、この評価となった。
レジェンダリーファイター
【ニュートラル】
2コスト2/2(進化後4/4)。
【進化前】 自分の他のフォロワーが進化したとき、このフォロワーは「1ターンに2回攻撃できる」を持つ。
自分がスペルをプレイしたとき、このフォロワーは必殺 を持つ。
自分がアミュレットをプレイしたとき、このフォロワーは突進 を持つ。
自分のターン開始時、このフォロワーが「1ターンに2回攻撃できる」必殺 突進 を持つなら、+8/+8する。
【進化後】進化前と同じ能力。
アミュレットをプレイすることで突進を付与できるため、低コストのアミュレットを持つヴァンパイアやビショップとの相性が良い。また、放置しづらい性能を持っているため、アグロデッキでの採用を見かけることも多い。
眠れる妖精の森
【エルフ】
1コストアミュレット。
・妖精の大あくび
・妖精の目覚め
手札にあるとき、自分の残りPPが1以上で、このターン中にカードを2枚以上プレイしていたならチョイス したカードとしてプレイする。(PPを1消費してプレイする)
カウントダウン 2
自分のターン終了時、フェアリー1枚を手札に加える。
フェアリーを獲得できたり、状況によってはチョイスを使ったりと汎用性の高さが魅力。OTKエルフでは採用を見かけることもある。
高貴なる猫姉妹・シャムとシャマ
【エルフ】
3コスト2/3(進化後4/5)。
【進化前】
・シャムのいたずら
・シャマの睨み
ファンファーレ チョイス したカード1枚を手札に加える。
標準ステータスを展開しつつ、扱いやすい除去スペルであるシャムのいたずらを手札に加えられる3コストフォロワー。決して性能は悪くないものの、競合となるフォロワーが多く、現状あまり採用を見かけない。
絢爛の紡ぎ手・コルワ
【エルフ】
5コスト4/4(進化後6/6)。
【進化前】 ファンファーレ このバトル中、自分のリーダーは「自分のターン開始時、フィル1枚を手札に加える。直前の相手ターンに自分のリーダーが、受けた合計ダメージが4以上なら、1枚ではなく2枚手札に加える」を持つ。リーダーはこの能力を重複して持たない。
エンハンス 8; フィル3枚を手札に加え、自分のPPを3回復。
ファンファーレ能力によって、手札枚数の維持が行いやすくなる点は優秀。ただし、フィルが活きてくるのは基本的に8ターン目以降であり、アンリミテッドの高速環境ではいまひとつ活躍できていない。
大安売り
【ロイヤル】
1コストスペル。
自分の手札1枚を捨てる。
カードを1枚引く。
歴戦の武具1枚を手札に加える。
手札の損失なしに1枚のドローを進めることができる1コストスペル。デッキ切れを狙うスパルタクスロイヤルでは、採用を見かけることも多い。
小さな聖騎士・シャルロッテ
【ロイヤル】
3コスト2/3(進化後4/5)。
【進化前】 守護
【進化後】進化時 相手のターン終了まで、自分のフォロワーすべては「フォロワー、スペル、アミュレット、リーダーの能力によって受けるダメージは0になる。」を持つ。
標準的なステータスと優秀な効果を持っているが、ホワイトパラディンをはじめ、競合となるカードが多い。そのため、ミッドレンジロイヤルでの採用率はまちまちとなっている。
真紅の穿光・ゼタ
【ロイヤル】
6コスト6/5(進化後8/7)。
【進化前】 突進
攻撃時 自分の場と手札に不滅の群青・ベアトリクスがないなら、不滅の群青・ベアトリクス1枚を手札に加える。
【進化後】進化前と同じ能力。
フォロワーを除去しながらフィニッシュ手段を確保できる点は優秀だが、6ターン目以降はリノセウスダークドラグーン・フォルテなどの疾走フォロワーを意識して守護を展開したい場面が多い。アンリミテッドでは似た性能を持つ死の舞踏が使えることもあり、採用率はあまり高くない。
NEW!!鉄拳の獣戦士
【ロイヤル】
6コスト4/6(進化後6/8)。
【進化前】ファンファーレ 鉄拳の獣戦士以外のロイヤル・フォロワーをランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える。そのコストを-2する。
エンハンス 9; -2ではなく、-9する。
【進化後】進化時 自分の他のロイヤル・フォロワーすべては突進を持つ。
優秀な効果を持っているため、ミッドレンジロイヤルを中心に様々なデッキでの採用が検討できる。サーチ先をレオニダスに絞り、7ターン目のレオニダス着地を目指す、といったコンセプトデッキも面白そうだ。
NEW!!殺戮の魔女・ヴェスパー
【ウィッチ】
4コスト3/3(進化後5/5)。
【進化前】 アクセラレート 2; 相手のリーダーか相手のフォロワー1体に1ダメージ。魔女の大釜1つを出す。
----------
ファンファーレ 土の秘術 相手のフォロワー1体に3ダメージ。相手のリーダーに1ダメージ。
【進化後】進化時 自分の場に他のフォロワーがいるなら、自分の他のフォロワー1体を破壊して、+2/+2する。
土の印としても、除去役としても、大型フォロワーとしても運用でき、汎用性が高い。アクセラレートを持っている点も高評価であり、秘術ウィッチ以外での活躍も期待できる。
絶望のキマイラ
【ウィッチ】
6コスト6/6(進化後8/8)。
【進化前】 ファンファーレ このカードのスペルブースト が6以上なら、相手のフォロワー1体に3ダメージ。9以上なら、さらに、自分の3PPを回復。12以上なら、さらに疾走を持つ。
スペルブースト12を溜めることができれば、フィニッシャーとしても活躍してくれる6コストフォロワー。しかし元のコストが下がらないため使い勝手が悪い場面も多く、採用例は少ない。
アドラメレク
【ドラゴン】
7コスト0/6(進化後2/8)。
【進化前】 アクセラレート 3; カードを2枚引く。
----------
ファンファーレ; +X/+0する。相手のフォロワー1体にXダメージ。Xは「このバトル中にプレイしたフォロワー以外のカードの枚数」である。
通常時でもアクセラレート時でも扱いやすい効果を持った7コストフォロワー。ランプドラゴンなどでの採用が考えられるが、そもそもランプドラゴンの立ち位置があまり高くなく、現状見かける機会は少ない。
冥河の案内人
【ネクロマンサー】
4コスト2/3(進化後4/5)。
【進化前】 ファンファーレ 葬送 したなら、ランダムな相手のフォロワー1体を破壊する。
似たような効果を持ったネクロアサシンと比べて勝っている点が少ない。現状リアニメイトネクロの立ち位置が低いこともあり、見かける機会は少ない。
プルソン
【ヴァンパイア】
10コスト6/6(進化後8/8)。
【進化前】 アクセラレート 9; 自分のフォロワーすべてと自分のアミュレットすべてを破壊する。破壊したカードそれぞれについて、「それよりコストの大きいフォロワー」をランダムに1枚ずつ、自分のデッキから場に出す。
----------
疾走
必殺
【進化後】疾走
必殺
ジャバウォックを彷彿とさせるようなアクセラレート効果は魅力だが、デッキ内のフォロワーを絞りづらく、安定性に欠けてしまう。そもそも現環境ではコントロールタイプのヴァンパイアの立ち位置が低いこともあり、あまり採用を見かけない。
プリズムスイング【ビショップ】3コストスペル。
相手のフォロワー1体に4ダメージ。
聖獅子の結晶1枚を手札に加える。
扱いやすい効果を持った3コストスペル。アンリミテッドでは聖獅子の結晶を加える効果は活きづらいが、ビショップでは貴重な4点除去のため、採用の余地はある。
テミスの粛清
【ビショップ】
8コストスペル。
お互いのフォロワーすべてを消滅させる。
効果は非常に魅力的だが、8コストとやや重い点が気になる。とはいえ、黒の女王・マグナスなどのダメージを無効化する効果に対しても刺さる場面があるため、エイラビショップでは採用を見かけることも少なくない。
烈風の翼神・ガルラ
【ビショップ】
9コスト6/6(進化後8/8)。
【進化前】 アクセラレート 1;自分のアミュレット1つのカウントダウンを1進める。
----------
自分のアミュレットが破壊されるたびに、相手のリーダーに3ダメージ。
ファンファーレ 自分のアミュレットすべてのカウントダウンを3進める。
【進化後】自分のアミュレットが破壊されるたびに、相手のリーダーに3ダメージ。
盤面次第では大きなダメージを叩き出せる効果を持つが、コストが重く、アンリミテッドの速い環境には付いて行きづらい。しかし、セラフビショップではアクセラレートが便利なことが多く、採用を見かけることも少なくない。
パラケルスス
【ネメシス】
2コスト2/2(進化後4/4)。
【進化後】
・防御型ゴーレム
・攻撃型ゴーレム
進化時 チョイス したカード1枚を手札に加える。
EPを使うことで、2面除去が可能になる2コストフォロワー。チョイス先のゴーレムはどちらもアーティファクトタイプを持つので、生命の量産で増やすといった動きも可能だ。
リトルパペッター・ロココ
【ネメシス】
2コスト2/2(進化後4/4)。
【進化前】 ファンファーレ エンハンス 5; 相手のフォロワー1体をロココのテディベアに変身させる。
エンハンスで扱うことで厄介な相手フォロワー1体を弱体化させ、操り人形の獲得が狙えるカード。人形ネメシスでは、ほとんどの場合において3枚採用されている。
NEW!!清新なる銃設計士・ククル
【ネメシス】
3コスト3/2(進化後5/4)。
【進化前】 攻撃時 フォロワーへ攻撃したなら(ダメージを与え合う前に)、そのフォロワーに2ダメージ。
ファンファーレ エンハンス 5; ガンパウダーミキサー・クムユ1体を出す。
【進化後】攻撃時 フォロワーへ攻撃したなら(ダメージを与え合う前に)、そのフォロワーに2ダメージ。
奮励の儁秀・シルヴァのアクセラレート効果で場に出す対象として非常に優秀。攻撃時の効果を活かして相手の2/2フォロワーを無傷で倒すことができるなど、序盤の盤面制圧を非常に得意としたフォロワーだと言える。
立ち上がりし鋼の戦士・シロウ
【ネメシス】
4コスト4/3(進化後6/5)。
【進化前】 ファンファーレ ロボミ発進指令1つを場に出す。
エンハンス 8; 自分のロボミ発進指令すべてのカウントダウン を3進める。
カウントダウン3のタイムラグがやや気になるが、コストに対して展開できるフォロワーの合計ステータスが優秀。人形ネメシスを中心に、採用を見かけることが多い。
外界からの侵略者・バジリス
【ネメシス】
6コスト5/6(進化後5/6)。
【進化後】 進化時 体力3以下の相手のフォロワーすべてを消滅させる。
横展開へのカウンターとなる6コストフォロワー。消滅によりラストワードも気にならないので、環境によっては採用候補に挙がるカードになるだろう。
奮励の儁秀・シルヴァ
【ネメシス】
7コスト6/5(進化後8/7)。
【進化前】 アクセラレート 3; 手札のもとのコスト3以下のフォロワー1体を場に出す。それは突進を持つ。このバトル中、自分のリーダーは「自分のターンごとに1回、自分のフォロワーが攻撃するとき、相手のリーダーに1ダメージ」を持つ。(奮励の儁秀・シルヴァの能力が複数働いた場合、リーダーは同じ能力を複数持つ)
----------
潜伏
【進化後】潜伏
アクセラレートで使用した際の手札消費は気になるが、どちらの効果も強力。特に人形ネメシスとの相性が良く、ほとんどの場合において3枚投入されている。

Dランクの新カード

カード名注目ポイント
デビルフラワー
【エルフ】
2コスト2/1(進化後4/3)。
【進化前】 ファンファーレ このターン中に(このカードを含めず)カードを2枚以上プレイしていたなら、相手のアミュレット1つを破壊する。
アミュレット破壊効果を持った2コストフォロワー。効果の発動条件が比較的緩く、許容できる範囲のステータスを持っているため、環境によっては採用候補に挙がってくるだろう。
シャドウエンフォーサー・ターニャ
【ロイヤル】
3コスト3/1(進化後5/3)。
【進化前/後】 潜伏 必殺
高めの攻撃力と潜伏を持つため、アグロロイヤルとの相性が良いカード。ただし、インセクトキングドラゴニュートの威圧で簡単に処理されてしまうため、採用されることはほとんどない。
シークレットエージェント・デイ
【ロイヤル】
4コスト1/1(進化後3/3)。
【進化前】
・ビギナーエージェント・エヴァン
・潜入捜査
チョイス したカード1枚を手札に加える。
かかるコストに対して効果が物足りない。アグロロイヤルと相性の良い効果を持っているが、他に優先したいカードも多く、採用されることはあまりない。
高潔なる騎士・レイサム
【ロイヤル】
8コスト8/7(進化後10/9)。
【進化前】 アクセラレート 2; ナイト2体を出す。
----------
ファンファーレ このバトル中、自分のリーダーは、「自分の場にナイトがいないならば攻撃時 ナイト1体を出す。」と、「自分の場に元のコスト1のフォロワーが出るたびに、疾走を持つ。」を持つ。リーダーはこの能力を重複して持たない。
効果は強力なものの、コストが重く、アンリミテッドの速い環境にはあまりマッチしていない。アクセラレートも群れなす飢餓が痛打になってしまうため、オースレスナイトを優先した方が良いと言える。
神託の妖童・アルルメイヤ
【ウィッチ】
6コスト5/5(進化後7/7)。
【進化前】 ファンファーレ このバトル中、自分のリーダーは「自分のターン終了時、自分の手札が6枚以上なら、スペルブーストする。自分の手札が5枚以下なら、カードを自分の手札が6枚になるまで引く」を持つ。リーダーはこの能力を重複して持たない。
【進化後】進化時 自分の手札が6枚以上なら、スペルブーストする。自分の手札が5枚以下なら、カードを自分の手札が6枚になるまで引く。
ゲームが長引けば長引くほど強力な効果を持っているが、そもそもアンリミテッドでは早いターンで決着が付いてしまうことが多い。現状特別相性の良いデッキもなく、採用されていることはほとんどない。

ヒカリマホウノキョウシ・ミラ

NEW!!光魔法の教師・ミラ
【ウィッチ】
6コスト3/3(進化後5/5)。
【進化前】自分がマナリア・カードをプレイするたび、自分の手札のこのカードのコストを-1する。
ファンファーレ マナリアの魔弾、マナリアの防陣の中から、ランダムに1枚を手札に加える。
【進化後】進化時 マナリアの秘術1枚を手札に加える。
アンリミテッドの主流である超越ウィッチ秘術ウィッチでの採用は難しい。ただし、マナリアカードを複数枚採用したドロシーウィッチでは採用されることもあるだろう。
暗黒の召喚士
【ウィッチ】
7コスト6/6(進化後8/8)。
【進化前】
・ダークキマイラ
・ダークデーモン
手札にあるとき、自分のデッキが20枚以下ならファンファーレ チョイス したカード1体を出す。
チョイス効果は優秀だが、デッキを20枚以下にしなければいけない制約が重くのしかかる。スペルを軸としたデッキであれば、条件自体は比較的容易に満たせるが、デッキ相性があまり良くないためこの評価となった。

シュウセンノドラグーン

NEW!!終戦のドラグーン
6コスト5/5(進化後7/7)。
【進化前】 突進
攻撃時 自分の手札のランダムなドラゴン・フォロワー2枚のコストを-1して、攻撃力を+1する。
【進化後】進化前と同じ能力。
主流のデッキがフェイスドラゴン庭園ドラゴンといったデッキのため、このカードを採用するにはやや厳しい印象を受ける。ローテーションと比べると見かけることは少なそうだ。
NEW!!降魔の操者・ダヌア
【ネクロマンサー】
2コスト3/1(進化後5/3)。
【進化前】交戦時 交戦する相手のフォロワーに1ダメージ。
【進化後】交戦時 交戦する相手のフォロワーに1ダメージ。
進化時 自分の他のフォロワーすべては「交戦時 交戦する相手のフォロワーに1ダメージ」を持つ。
茨の森のような効果を持った2コストフォロワー。進化時に味方に付与する効果は強力だが、体力が心許ないことや、他にも進化を割きたいフォロワーが多いことを考えると、あまり採用されることはなさそうだ。
黄金の棺
【ネクロマンサー】
2コストアミュレット。
・禁忌の復活
・隠された財宝
手札にあるとき、自分の残りPPが5以上ならチョイスしたカードとしてプレイする。
自分のフォロワーが破壊されたとき、このアミュレットを破壊する。
ラストワード ゾンビ1体を出す。
ネクロマンサーはアンドレアルフスなどの強力なドローソースを持つため、禁忌の復活としての運用が中心となる。とは言えタイムラグがある点や、出てくるフォロワーがバニラであることもあり、採用を見かけることは少ない。
双石の悪魔
【ヴァンパイア】
2コスト2/1(進化後4/3)。
【進化前】
・蒼炎の魔石
・紅炎の魔石
ファンファーレ チョイス したカード1枚を手札に加える。
チョイス先がドローや確定除去の能力を持っているため、コントロールヴァンパイアとの相性が良い。しかし、そもそもコントロールヴァンパイアの環境での立ち位置が低く、見かける機会は少ない。
ギルタブルル
【ヴァンパイア】
3コスト2/3(進化後4/5)。
【進化前】 ファンファーレ エンハンス 9; 自分のリーダーの体力が19以下なら、攻撃力、体力をそれぞれXにする。Xは「20から自分のリーダーの体力を引いた数」となる。
【進化後】進化時 自分のリーダーの体力が2以下なら、疾走 を持つ。
決まれば一発逆転の可能性を秘めた、ユニークな効果を持ったカード。とはいえあくまでロマンの域を出ず、コンセプトデッキなど限られたものでしか採用されていない。
紅の渇望
【ヴァンパイア】
3コストスペル。
自分のリーダーに2ダメージ。自分のEPを1回復。
自分のEPを回復するというトリッキーな効果を持つが、3コストでカードを消費してまで取りたい動きだとは言いづらい。ヴァッサゴなどを絡めたコンセプトデッキを除いて、採用されていることはほとんどない。
轟雷のベヒーモス
【ヴァンパイア】
5コスト6/6(進化後8/8)。
【進化前】ファンファーレ 相手のリーダーか相手のフォロワー1体に3ダメージ。自分のリーダーは、「次の自分のターン開始時に、PPを回復する値を-3する」を持つ。
高いステータスを持つため、相手に難しい対応を迫ることができる。とは言え、人気の復讐ヴァンパイアにはカオスシップという優秀な競合が存在するため、ローテーションと比べると見かける機会は少なそうだ。
NEW!!邪眼の悪魔
【ヴァンパイア】
5コスト5/4(進化後5/4)。
【進化前】 アクセラレート 2; 自分のリーダーに1ダメージ。相手のフォロワー1体に3ダメージ。
【進化後】進化時 相手のフォロワーすべてに「このバトル中、自分のターン中に自分のリーダーがダメージを受けた回数」と同じダメージ。(このバトル中、自分のターン中に自分のリーダーがダメージを受けた回数はX回)
アクセラレートで使い分けを行える点は優秀だが、全体除去として扱うためには条件が少し厳しい。現在アンリミテッドの主流である復讐ヴァンパイアが攻撃的なデッキであることもあり、見かける機会は少ないだろう。
封じられた法典
【ビショップ】
1コストアミュレット。
・聖なる教示
・忌むべき教示
手札にあるとき、自分の残りPPが2以上ならチョイスしたカードとしてプレイする。
カウントダウン 1
ラストワード カードを1枚引く。
基本的に忌むべき教示としての運用が中心となるが、フォロワーをプレイできないデメリットが大きく、アンリミテッドの速い環境に付いて行きづらい。そのため、あまり見かけないカードとなっている。
内気なアルミラージ
【ビショップ】
3コスト2/3(進化後4/5)。
【進化前】 自分のターン終了時、このフォロワーを2回復。
ファンファーレ エンハンス 5; +2/+0する。相手のターン終了まで、潜伏 を持つ。
【進化後】自分のターン終了時、このフォロワーを2回復。
ターン終了時に自身を回復する効果を持った3コストフォロワー。天狐ビショップなどでの採用が検討できるが、天狐の社とコストが噛み合わない場面も多く、あまり採用を見かけない。

Eランクの新カード

カード名注目ポイント
探偵の調査
【ニュートラル】
2コストスペル。
カードを1枚引く。
エンハンス 6; 1枚ではなく3枚引く。
1ドロー効果を持ったドロースペル。エンハンスで大量のドローを狙うこともできるが、エンハンス効果が邪魔になる場面も多く、採用されることはほとんどない。
スウィンガートリオ・ローアイン
【ニュートラル】
3コスト2/2(進化後4/4)。
【進化前】 ファンファーレ スウィンガートリオ・エルセム1枚を手札に加える。
最終的に手札に加わるK・B・S・Nの効果がいまひとつであり、あくまでファンカードの域を出ない。一線級で活躍できることはないだろう。
革命の覇食帝・カイザ
【ニュートラル】
3コスト2/3(進化後3/4)。
【進化時】
・カイザの薬膳料理
・カイザの激辛料理
進化時 チョイス したカード1枚を手札に加える。
ローテーションと違い、他に優先して採用したいカードが数多く存在する。ニュートラル主体のデッキでも採用するのは難しいだろう。
蒼空の先導者・ラカム
【ニュートラル】
4コスト3/3(進化後5/5)。
【進化前/後】 攻撃時 フォロワーへ攻撃したなら、そのフォロワーに3ダメージ。
攻撃時の効果は悪くないが、攻撃された場合や除去に対して耐性を持たない。基本的に進化が前提のフォロワーであるにも関わらず、見合った効果を持っていないため、採用されていることはほとんどない。
蒼天の守護騎士・カタリナ
【ニュートラル】
6コスト4/4(進化後6/6)。
【進化前】 守護 このフォロワーへの4以上のダメージは3になる。
【進化後】進化前と同じ能力。
自身が受けるダメージを軽減してくれる能力を持つが、コストの割にやや物足りないカードと言える。他のカードの優先度を考えても、採用されることはほとんどないだろう。
プロトバハムート
【ニュートラル】
9コスト8/8(進化後10/10)。
【進化前】 アクセラレート 7; お互いのフォロワーすべてに3ダメージ。相手のリーダーに1ダメージ。
----------
自分のターン終了時、他のフォロワーすべてに3ダメージ。相手のリーダーに1ダメージ。
【進化後】自分のターン終了時、他のフォロワーすべてに3ダメージ。相手のリーダーに1ダメージ。
ターン終了時に全体ダメージを与えることができるため、相手に処理を強要されられる。しかし、アンリミテッドではより汎用性の高いバハムートが使えるため、プロトバハムートが優先的に採用されることはほとんどない。
シャングリラフェアリー
【エルフ】
2コスト2/2(進化後4/4)。
【進化前】 ファンファーレ エンハンス 5; 自分のフォロワー1体を+1/+2し、自分のリーダーの体力を3回復する。
標準的なステータスを持っているが、エンハンス時の効果が強力だとは言えない。エルフの2コスト帯には優秀なカードも多く、このカードが採用されることはほとんどない。
マイコニド
【エルフ】
3コスト2/3(進化後4/5)。
【進化前】 潜伏
【進化後】進化前と同じ能力。
ステータスや効果自体は悪くないが、アンリミテッドの低コスト帯には競合が多い。そのため、採用を見かけることはほとんどない。
神箭の射手・スーテラ
【エルフ】
4コスト4/3(進化後5/4)。
【進化前】 ファンファーレ カードを1枚引く。
【進化後】攻撃時 相手のフォロワーすべてに1ダメージ。
横展開を返すための札として有用だが、EPを必要としてしまう点がネック。アンリミテッドで人気のアグロエルフOTKエルフとの相性もあまり良くなく、採用されることはほとんどない。
NEW!!バーストショット
【エルフ】
4コストスペル。
ランダムな相手フォロワー1体に1ダメージ。これを4回行う。
エンハンス 10; ランダムな相手フォロワーではなく、相手のリーダーにダメージを与える。このバトル中に破壊された自分のフェアリー2体につき+1回行う。
フェアリードラゴン+森羅の怒りのコンボを1枚にまとめたような効果を持ったカード。高い打点を出すために必要な準備が多く、一部のコンセプトデッキ以外では採用されることはないだろう。
オウルベア
【エルフ】
8コスト6/6(進化後8/8)。
【進化前】潜伏
このフォロワーが潜伏 状態で攻撃したなら、相手のフォロワーすべてを-1/-0する。
敵フォロワーすべてに対して効果が働く点は悪くないが、コスト8とかなり重い。相性の良いデッキもこれといって存在していないため、採用を見かけることはほとんどない。
天喰らう異形
【エルフ】
9コスト6/4(進化後8/6)。
【進化前】自分のターン終了時、このターン中にカードを7枚以上プレイしていたなら、自分の手札のこのフォロワーを+7/+7する。
疾走
ロマン溢れる効果を持っているが、アンリミテッドの速い環境では9ターンにフィニッシュを狙うデッキは活躍しづらい。そもそもプレイ回数を稼げるのであればリノセウスフィニッシュが決まっているといったケースも考えられるため、一線級で使われることはほぼないだろう。
マーセナリー・ルシウス
【ロイヤル】
1コスト1/1(進化後3/3)。
【進化前】
ファンファーレ エンハンス 5; ̟相手のフォロワー1体を破壊する。
1コストとしても5コストとしても扱える点は悪くない。しかし、どちらで使用した場合でもいまひとつの性能となっており、採用されることはほとんどない。
大商人
【ロイヤル】
2コスト2/2(進化後4/4)。
【進化前】 ファンファーレ エンハンス 7; ̟+3/+3する。カードを自分の手札が5枚になるまで引く。
標準的なステータスを持っているため、序盤にプレイしやすい。しかし現状ミッドレンジロイヤルではドローソースにそこまで困っていないことや、2コスト帯が激戦区であることもあり、あまり採用されていない。
歴戦の武具
【ロイヤル】
2コストアミュレット。
・堅牢なる盾
・鋭利なる剣
手札にあるとき、自分の残りPPが2以上で、自分の場にロイヤル・フォロワーがいるならチョイスしたカードとしてプレイする。
カウントダウン 2
相手のターン終了時、ナイト1体を出す。
歴戦の武具としてプレイした場合、相手のターン終了時に出てくるナイトを疾走のように扱えるため、アグロデッキとの相性が良い。しかし、チョイス条件がその使い道を邪魔してしまうため、採用されることはほとんどない。
プリンセス・ティナ
【ロイヤル】
4コスト3/3(進化後5/5)。
【進化前】 自分のターン終了時、コスト1のロイヤル・フォロワーをランダムに1枚、自分のデッキから場に出す。
【進化後】進化前と同じ能力。
現状ミッドレンジロイヤル騎士王・アーサーを中心に構築されているため、デッキに1コストフォロワーを採用しなければいけないこのカードとの噛みあわせが悪い。そのため、採用されることはほとんどない。
NEW!!飛空の剣士
【ロイヤル】
5コスト3/3(進化後5/5)。
【進化前】このフォロワーは攻撃されない。
自分の場に兵士・フォロワーが出るたび、それは「このフォロワーは攻撃されない」を持つ。
上手くハマればゲームを決めてしまうほどの効果を持つが、除去効果に対して滅法弱い。そもそも飛空の剣士で下準備を行うよりも疾走フォロワーをプレイする方が強力な場合が多く、採用されることはほとんどないだろう。
神秘の魔法陣
【ウィッチ】
1コストアミュレット。
・緊急召喚
・術式結界
手札にあるとき、自分の残りPPが5以上なら、チョイス したカードとしてプレイする。
チョイス先のカードはどちらもコストパフォーマンスが良いが、終盤1コストの土の印として扱いづらい点が気になる。特に偉大なる魔術師・レヴィの下準備ができないのは致命的であるため、採用されることはほとんどない。
ブラックウィッチ・アンナ
【ウィッチ】
2コスト2/1(進化後4/3)。
【進化前】 ラストワード ランダムな相手のフォロワー1体に1ダメージ。
【進化後】ラストワード ランダムな相手のフォロワー1体に3ダメージ。
優秀なラストワード効果を持っているが、体力1のため簡単に処理されてしまいやすい。特別相性の良いデッキも見当たらないため、採用されることはほとんどない。
グランドスピア
【ウィッチ】
2コストスペル。
相手のフォロワー1体に2ダメージ。
土の秘術 相手のフォロワー1体に4ダメージと相手のリーダーに1ダメージ。
どちらの効果もいまひとつであり、あまり汎用性は高くない。採用するのであればマナリアウィッチなど、限定的な構築になる。
未完の錬金術師・クラリス
【ウィッチ】
3コスト3/1(進化後5/3)。
【進化前】 ファンファーレ 相手のフォロワー1体は、能力すべて(攻撃力/体力はそのまま)を失う。
ステータスが貧弱である上、特別このカードを採用したいデッキが見当たらない。そのため、採用されることはほとんどない。
才能の開花
【ウィッチ】
4コストスペル。
EPを1回復する。
自分のデッキの残り枚数が20枚以下なら、ガーディアンゴーレム1体を場に出す。
ドローソースが多いウィッチであれば、8ターン目前後にはガーディアンゴーレムの召喚が狙える。しかし、アンリミテッドの高速環境では8ターン目であれば決着が付いていることも少なくないため、ほとんど採用を見かけることはないだろう。
ピースフルサモナー
【ウィッチ】
5コスト4/5(進化後6/7)。
【進化前】 アクセラレート 2; カードを1枚引く。
----------
守護
【進化後】守護
アクセラレートにより使い分けができる点は優秀だが、どちらもあまり強力とは言えない。超越ウィッチにおける光の道筋の採用率の低さを考慮すると、この先使われることはほとんどないだろう。
ドラゴンキラーガール
【ドラゴン】
2コスト2/2(進化後4/4)。
【進化前】 攻撃時 攻撃する相手のフォロワーの攻撃力が5以上なら、このフォロワーは必殺 を持つ。
2コスト2/2である点は嬉しいが、能力の発動タイミングが攻撃時のため、そのターン中に発動させるにはEPを必要としてしまう。使い勝手の悪さから、採用されていることはほとんどない。
リトルドラゴン
【ドラゴン】
2コスト2/2(進化後4/4)。
【進化前】
・白鱗のドラゴン
・黒鱗のドラゴン
手札にあるとき、自分の残りPPが7以上ならチョイス したカードとしてプレイする。(PPを7消費してプレイする)
標準的なステータスを持つ2コストフォロワー。しかし基本的にはバニラであり、どちらのチョイス先もあまり強力だとは言えないため、採用を見かけることはほとんどない。
灼脚の麗姫・アリーザ
【ドラゴン】
3コスト3/2(進化後5/4)。
【進化前】 突進
ファンファーレ 覚醒 状態なら、交戦時 +1/+1するを持つ。
【進化後】突進
除去カードとして悪くない性能を持っているが、大鎌の竜騎スターフェニックスと比較した際の優先度は低い。そのため、アンリミテッドで見かけることはほとんどない。
毒尾のドラゴン
【ドラゴン】
3コスト1/3(進化後3/5)。
【進化前】 必殺
守護
覚醒 状態でないなら、このフォロワーは攻撃不能。
【進化後】進化前と同じ能力。
守護と必殺を持った3コストフォロワー。しかし体力が低く、除去スペルで簡単に処理されてしまうことや、非覚醒時の使いづらさもあり、あまり採用されることはない。
竜の祠
【ドラゴン】
3コストアミュレット。
・踏み潰し
・巻き起こし
手札にあるとき、自分の残りPPが3以上で、覚醒 状態ならチョイスしたカードとしてプレイする。
カウントダウン 1
ラストワード 自分のPP最大値を+1する。
PPブーストを行えるが、PPブースト役としては他のカードの方が使い勝手が良い。ただし、ジャバウォックドラゴンリントヴルムドラゴンでは、こちらが優先されることもある。
炎竜の使役者
【ドラゴン】
4コスト3/3(進化後5/5)。
【進化前】 ファンファーレ ブレイジングブレス1枚を手札に加える。
【進化後】進化時 ライトニングブラスト1枚を手札に加える。
進化前と進化時で計2枚のスペルを手札に加えられるフォロワー。しかし、カードパワーが高いとは言えず、採用されることはほとんどない。
護国真龍・スカーサハ
【ドラゴン】
5コスト5/5(進化後7/7)。
【進化前】 ファンファーレ 覚醒 状態でないなら、このフォロワーに2ダメージを与え、自分のPP最大値を+1する。覚醒 状態なら、自分のリーダーは「次に受けるダメージを-2する」を持つ。
PPブーストを行える5コストフォロワー。しかし、アンリミテッドにはドラゴンナイト・アイラ水竜神の巫女など、優秀なPPブーストカードが多数存在するため、採用されることはほとんどない。
テールスイング
【ドラゴン】
5コストスペル。
攻撃力最大の相手のフォロワー1体を破壊する(攻撃力最大のフォロワーが複数いるなら、その中からランダムに1体)。
自分の手札にドラゴン・カードがあるなら、手札のドラゴン・カード1枚のコストを-1する。
攻撃力最大のフォロワーを破壊するという効果になっているため、イピリアなどの潜伏フォロワーも処理できる点は嬉しい。また、大いなる調停者・ゾーイとの相性が良いが、あまり汎用性が高いとは言えず、見かけることは少ない。
アルバコア
【ドラゴン】
7コスト7/5(進化後9/7)。
【進化前】 ラストワード 自分のリーダーを3回復。
【進化後】進化前と同じ能力。
ステータスも効果も物足りない性能となっており、カードパワーが低い。どちらのフォーマットでも採用されることはほとんどない。
NEW!!ポセイドン
【ドラゴン】
8コスト5/7(進化後7/9)。
【進化前】 アクセラレート 2; ポセイドンの兵士1体を出す。
ファンファーレ ポセイドンの兵士2体を出す。
高い展開力を持った8コストフォロワー。しかし、アンリミテッドの高コスト帯では他に優先したいカードが多く、採用されることはほとんどないだろう。
禁呪の恋人・サルナーン
【ネクロマンサー】
2コスト2/2(進化後4/4)。
【進化前】 ファンファーレ ネクロマンス 6;相手のフォロワー1体は、能力すべて(攻撃力/体力はそのまま)を失う。
標準的なステータスを持っているものの、効果を発動するのに必要なネクロマンスが重い。その上ネクロマンサーの2コスト帯は激戦区であるため、採用されることはほとんどない。
蘇りし狂戦士
【ネクロマンサー】
3コスト2/1(進化後4/3)。
【進化前】 ファンファーレラストワード 蘇りし狂戦士1体を出す」を持つ。
エンハンス 5; 「ラストワード ランダムな相手のフォロワー1体に3ダメージ」を持つ。
悪くないラストワード効果を持っているが、体力が1しかないため処理されてしまいやすい。アンリミテッドではボーンキマイラなどの優秀な3コストフォロワーが存在することもあり、採用されることはほとんどない。
憂鬱な霊媒師
【ネクロマンサー】
5コスト4/4(進化後6/6)。
【進化前】 アクセラレート 1; ゴースト1体を場に出す。
----------
ファンファーレ; ゴースト1体を場に出す。
ゴーストで即座に盤面に干渉できる点は優秀だが、通常時、アクセラレート時のどちらの効果も物足りない。採用されることはほとんどない。
屍病の街
【ネクロマンサー】
7コストアミュレット。
カウントダウン 2
お互いの場にフォロワー(ゾンビを除く)が出るたび、ゾンビに変身させる。
ファンファーレ お互いのフォロワーすべてをゾンビに変身させる。
時間稼ぎとしては優秀だが、7PPを支払うテンポロスが大きい。そのため、採用を見かけることはほとんどない。
永遠の決闘者・モルディカイ
【ネクロマンサー】
10コスト7/7(進化後7/7)。
【進化前】 このフォロワーがリアニメイト によって場に出たとき、進化する。
ファンファーレ ネクロマンス 6; 進化する。
【進化後】ラストワード 永遠の決闘者・モルディカイ(進化前)を1体を出す。
アンリミテッドには、ゼウスデュエリスト・モルディカイなど、優秀なリアニメイト先が多数存在する。あえてこのカードを採用する理由も薄く、使われることはほとんどない。
麗しのサキュバス【ヴァンパイア】2コスト2/2(進化後4/4)。
【進化前】 ファンファーレ エンハンス 4; フォレストバット2体を出す。
悪くない性能を持っているが、アンリミテッドでは吸血姫・ヴァンピィなど、優秀な2コストフォロワーが多数存在する。そのため、使われることはほとんどない。
デビルハンド
【ヴァンパイア】
4コスト3/4(進化後5/6)。
【進化前】 ファンファーレ エンハンス 7; ランダムな相手のフォロワー1体に2ダメージを与え、ランダムな自分のフォロワー1体を+2/+2する。
通常時、エンハンス時どちらの性能もあまり強力とは言えない。その上ランダム性も高いので、採用されることはほとんどない。
魔晶大尉・ポンメルン
【ヴァンパイア】
6コスト4/6(進化後8/10)。
【進化前】 守護
【進化後】守護 自分のターン開始時、このフォロワーに3ダメージ。
効果自体は悪くないが、確定除去カードが多く採用されているアンリミテッドでは最大限このカードを活かすのが難しい。あえてこのカードを採用する必要はほとんどないだろう。
天罰の神父
【ビショップ】
1コスト1/1(進化後1/1)。
【進化後】 進化時 相手のフォロワー1体か、相手のアミュレット1つを破壊する。
進化時の効果自体は優秀だが、EPを必要としてしまう点が気になる。また、進化後のステータスが変わらないため、複数除去に期待できない点もいまひとつだと言える。
天象の風・ペトラ
【ビショップ】
1コスト1/2(進化後3/4)。
【進化前】ファンファーレ 相手のターン終了時まで、自分の他のフォロワー1体は「このフォロワーは攻撃されない」を持つ。
ローテーションと違い、採用するには枠が厳しい印象を受ける。現在のビショップデッキの主流が疾走ビショップエイラビショップということもあり、見かけることはあまりなさそうだ。
ウィンドプリースト・ヘイゼン
【ビショップ】
2コスト1/3(進化後5/4)。
【進化前】 守護
進化を行うことで攻撃的なカードへと変貌するが、特別強力だとは言いづらい。類似した性能を持つスネークプリーストの採用率の低く、今後も採用されることはほとんどないだろう。
星跡の巡礼者・ソフィア
【ビショップ】
3コスト2/3(進化後2/3)。
【進化後】 このターン中に破壊された、ランダムな自分のフォロワーと同名のフォロワー1体を場に出す。
スノーホワイトプリンセスツタンカーメンなど、ラストワードで復活するフォロワーとの相性が良い効果を持つ。しかし、コンボが前提になってしまうことや、EPを必要としてしまうこともあり、採用されることはほとんどない。
信仰の天使像
【ビショップ】
5コスト5/5(進化後6/6)。
【進化前】 守護
このフォロワーは攻撃不能。
自分のターン中、自分のアミュレットが破壊されたとき、進化する。
【進化後】守護
(攻撃可能)
悪くない性能を持っているが、現在アンリミテッドでの主流である疾走ビショップ天狐ビショップで採用したいカードだとは言いづらい。基本的にビショップの5コスト帯は激戦区なこともあり、採用されることはほとんどない。
壊れたる神・チェキババ
【ビショップ】
9コスト6/6(進化後8/8)。
【進化前】ファンファーレ それぞれ名前の異なる「カウントダウン を持つアミュレット」をランダムに1枚ずつ、自分のデッキから場が上限枚数になるまで出す。この能力で出たアミュレットすべてを破壊する。
効果自体は強力だがコストが重く、アンリミテッドの速い環境には付いていけないことが予想される。見かけることはほとんどないだろう。
古代の自動機械
【ネメシス】
1コストアミュレット。
・アーティファクト兵招集
・アーティファクトの輝き
手札にあるとき、自分の残りPPが1以上で、共鳴状態ならチョイスしたカードとしてプレイする。
カウントダウン 2
自分のターン終了時、ミスティックアーティファクト、レディアントアーティファクト、プライムアーティファクトの中から、ランダムに異なる2枚をデッキに加える。
アーティファクトの輝きが持つ回復効果は悪くないが、現状アンリミテッドではアーティファクトネメシスの活躍が難しい。そのため、第一線で使われることはほとんどない。
古代の機械兵
【ネメシス】
2コスト1/4(進化後3/6)。
【進化前】 自分の場にアーティファクト・フォロワーが出た時、このフォロワーは守護 を持つ。
【進化後】進化前と同じ能力。
貴重な2コストの守護フォロワーであり、相手のバーストダメージを抑えるための手段として有用。環境次第では採用するのも悪くないだろう。
清爽の銃士・ジェシカ
【ネメシス】
3コスト3/2(進化後5/4)。
【進化前】 ファンファーレ 自分の他のネメシス・フォロワー1体を+1/+0する。そのフォロワーは「相手は、能力でこのフォロワーを選択できるとき、このフォロワーしか選択できない」を持つ。
単体では腐ってしまうことが多く、全体的に物足りないフォロワー。ネメシスの3コスト帯には優秀なカードが多いこともあり、採用されることはほとんどない。
NEW!!マル・ドッキオ
【ネメシス】
3コスト2/2(進化後6/2)。
【進化前】自分のリーダーが共鳴 でない状態から共鳴 状態になるたび、+2/+2する。
攻撃時 このフォロワーの攻撃力が10以上なら、相手のリーダーと相手のフォロワーすべてに2ダメージ。
効果を2度発動させるためには共鳴/非共鳴の切り替えを3回以上行う必要があり、かなりのカード枚数を必要としてしまう。マル・ドッキオを軸としたコンセプトデッキ以外では、ほとんど採用されることはないだろう。
エンキドゥ
【ネメシス】
5コスト4/4(進化後6/6)。
【進化前】 守護
ファンファーレ 共鳴 状態なら、ギルガメッシュ1枚を手札に加える。
【進化後】守護
終盤のバーストダメージを確保しておくことができる5コストフォロワー。しかしアーティファクトネメシスにはレディアントアーティファクト、人形ネメシスには奮励の儁秀・シルヴァなどのダメージソースが豊富にあるため、採用されることはほとんどない。
アーティファクトスパーク
【ネメシス】
5コストスペル。
手札のアーティファクト・カード1枚を、アーティファクトスパークに変身させる。
相手リーダーに4ダメージ。
(このカードは、自分の手札に選択できるアーティファクトカードがあるなら、プレイできる)
手札次第では継続的に4ダメージを与えられるため、フィニッシャーの役割を担うことができる。アグロタイプのネメシスと相性が良いが、そもそもアンリミテッドではネメシスの活躍が難しく、ほとんど見かけることはない。
奪い取る指揮
【ネメシス】
5コストスペル。
フォロワー2体を選択して、発動する。選択したフォロワー1体にXダメージを与える。次に選択したフォロワー1体にYダメージを与える。
Xは「2回目に選択したフォロワーの攻撃力の値」である。Yは「最初に選択したフォロワーの攻撃力の値」である。‬(このカードは、自分の場及び相手の場に選択できるカードがあるなら、プレイできる。)
5コストで2面除去を狙える点は優秀だが、盤面状況に左右されてしまいがち。エンシェントアーティファクト操り人形で処理が追いつくケースも多く、採用を見かけることはほとんどない。

シャドウバース攻略wikiの他の記事

ローテションのデッキレシピ

アンリミテッドのデッキ

カード評価一覧

全カード評価

クラス別カード一覧

リセマラ情報

© Cygames, Inc.
※当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

攻略記事ランキング
  1. ローテーション最強デッキランキング
    ローテーション最強デッキランキング
    1
  2. アディショナルカードはいつ追加? 一覧も掲載!
    アディショナルカードはいつ追加? 一覧も掲載!
    2
  3. 終戦のドラグーンの評価と採用デッキ
    終戦のドラグーンの評価と採用デッキ
    3
  4. アンリミテッド最強デッキランキング
    アンリミテッド最強デッキランキング
    4
  5. 人形ネメシスのローテーション最新デッキレシピと立ち回り
    人形ネメシスのローテーション最新デッキレシピと立ち回り
    5
もっとみる
記事について指摘する

いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


みんなの一押し新カード

GameWithに登録して、
ゲーム仲間とつながろう!
はじめての方
新規登録 (無料)
会員の方
ログイン
コメントの続きを見る(117件)
攻略メニュー

速報/大会情報

プロリーグ情報

アマチュアチーム情報

リセマラ情報

新パック情報

カードの所持率をチェック

デッキ紹介

ローテーション

アンリミテッド

クラス別

カード評価一覧

全カード

クラス別

アリーナ情報

2Pickまとめ

2Pickカード評価

初心者情報

初心者まとめ

デッキ編成のコツ

アップデート/修正情報

その他

ゲームを探す
レビュー訴求
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中
攻略トップへ