シャドバ
シャドウバース攻略
新カード評価ランキング!次元歪曲も追加!
【シャドバ】新カード評価ランキング!次元歪曲も追加!【シャドウバース】

【シャドバ】新カード評価ランキング!次元歪曲も追加!【シャドウバース】

最終更新 :
シャドバ攻略からのお知らせ
新カードパック「次元歪曲」のカード一覧はこちら!
おすすめの関連記事

新カードパック「次元歪曲」と「十禍絶傑」の評価ランキングをまとめて掲載しております。「次元歪曲」と「十禍絶傑」で登場する新カードを徹底的に分析して、評価をつけていますので、新カードを使用する際などにお役立てください。

目次

次元歪曲新カード一覧はこちら

評価ランキングの基準

カードパワーと環境で評価

こちらの評価ランキングでは、カードパワー採用されるデッキの環境での立ち位置を重視している。そのため将来性のあるものでも、直近の環境での活躍が難しいと判断した場合、低めのランキング付けを行っている。各ランクの評価基準は以下の通り。

各ランキングの評価基準

SランクTier1のデッキのキーカード。そのデッキが強力である理由の一つであり、状況次第ではゲームを決めるほどのパワーを持つ。
Aランク①Tier上位に位置するデッキであればほぼ間違いなく3枚投入されるカード。
②ややデッキを選ぶものの、非常にカードパワーの高いカード。
Bランク①高い採用率を誇るが、Aランクと比べるとややパワーの劣るカード。
②採用率こそまちまちだが、環境によっては大きな力を発揮するカード。
Cランク特定のデッキであれば採用されるカード。
Dランク①あまり見かける機会のないカード。
②コンセプトデッキの顔になるカード。
Eランクほとんど見かけないカード。

次元歪曲評価(ローテ)

▼アンリミテッドでの評価はこちら

目次

Sランクの新カード

カード名注目ポイント
白翼の戦神・アイテール
【ロイヤル】
3コスト2/3(進化後4/5)。
【進化前】 ファンファーレ 「自分のPP最大値に+1した値」以下でコスト最大のロイヤル・フォロワーをランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える。
【進化後】進化時 自分の他のフォロワーすべてを+0/+1する。
ファンファーレ能力により、マナカーブを安定させられる点が何よりの魅力。3ターン目にプレイして先陣の騎兵を、7ターン目にプレイして高潔なる騎士・レイサムをサーチするなど、様々な動きが考えられる。

Aランクの新カード

カード名注目ポイント
森の戦士
【エルフ】
5コスト4/5(進化後6/7)。
【進化前】 このフォロワーの攻撃力か体力が能力で+されたとき、相手のフォロワーすべてに2ダメージ。
【進化後】進化前と同じ能力。
ミッドレンジ〜コントロールタイプのデッキの強化に繋がりそうなカード。絢爛の紡ぎ手・コルワ伝説の幕開けとの相性が良く、1ターンの間に何度も効果を発動するのもそう難しくない。
魔術の一撃
【ウィッチ】
2コストスペル。
相手のフォロワー1体に3ダメージ。
土の魔片1枚を手札に加える。
2コスト3点のコストパフォーマンスの良い除去スペルでありながら、土の秘術の発動のサポートまで行える。秘術ウィッチではもちろん、スペルを軸としたデッキでも採用候補に挙がってくるだろう。

Bランクの新カード

カード名注目ポイント
NEW!!侮蔑の嘲笑
【ドラゴン】
2コストスペル。
相手のフォロワー1体に3ダメージ。
エンハンス 4; その後、お互いのフォロワーすべてに1ダメージ。
性能自体は言うまでもなく優秀だが、侮蔑の炎爪と枠を争うことになる。優先度はどうしても侮蔑の炎爪の方が高そうな印象を受けるが、ドラゴスネーク+侮蔑の信者などの展開を一枚で捌くことができる貴重なカードであり、ある程度枚数を絞って採用されそうだ。
憤怒の竜帝・乙姫
【ドラゴン】
7コスト3/4(進化後5/6)。
【進化前】 アクセラレート 1; 竜帝の近衛兵1体を出す。
----------
ファンファーレ 竜帝の近衛兵を場が上限枚数になるまで出す。(上限は5体)
ファンファーレ能力によって、相手フォロワーの除去はもちろん、次ターンの飢餓の絶傑・ギルネリーゼに繋げるなど、攻撃的な役割にも期待が持てる。採用枠の問題や、相性の良い原初の竜使いがスタン落ちしてしまうなどの懸念点はあるが、新戦力として十分に期待が持てるだろう。
NEW!!神殿の風熊
【ビショップ】
1コスト0/2(進化後2/4)。
【進化前】
・詠唱:聖なる願い
・詠唱:聖獣への誓い
ファンファーレ チョイス したカード1枚を手札に加える。
スタン落ちしてしまう星導の天球儀の代わりとなるドローソース。さらに頂きの教会伝説の幕開けと組み合わせることで、ハイスペックなフォロワーとしても機能する。

Cランクの新カード

カード名注目ポイント
狂気のダークエルフ
【エルフ】
3コスト4/1(進化後6/3)。
【進化前】突進
攻撃時 フェアリー1枚を手札に加える。
ファンファーレ エンハンス 6; +3/+3する。
【進化後】突進
攻撃時 フェアリー1枚を手札に加える。
3コスト版の森荒らしへの報いのように扱えるため、4点除去が重宝するような環境であれば採用候補に挙がってきそうなカード。枠の捻出は難しいが、採用を見かける機会もそれなりに多いだろう。
NEW!!マナリアの見習い教師・パスカル
【ウィッチ】
4コスト3/3(進化後5/5)。
【進化前】 ファンファーレ 才能の開花1枚を手札に加える。
【進化後】進化時 手札のマナリア・カード1枚のコストを-1する。
ファンファーレで加わる才能の開花はやや扱いづらいが、進化時の効果でアンの大魔法のコストを下げることで、ミラーマッチの後手番を改善することができる。そのため、環境によっては採用を見かけることも多そうだ。
NEW!!屍竜・ファフニール
【ネクロマンサー】
9コスト8/10(進化後10/12)。
【進化前】ファンファーレ 相手の場にフォロワーがいるなら、ネクロマンス X; 他のフォロワーすべてにXダメージ。
Xは「相手のフォロワーの最大体力の値」である。
強力な除去効果を持っているが、現状のミッドレンジネクロとの相性はいまひとつ。とは言えアンドレアルフス純心の歌い手などのスタン落ちにより、根本的にデッキを見直す必要があるため、今後の新カード次第では一線級で活躍する可能性も十分に考えられる。
人形の支配者・リーアム
【ネメシス】
4コスト3/4(進化後5/6)。
【進化前】 ファンファーレ 操り人形1枚を手札に加える。
【進化後】進化時 殺戮の人形・ツヴァイ1枚を手札に加え、そのコストを-1する。
ファンファーレ、進化時の能力ともに優秀だが、破壊の絶傑・リーシェナと同じコストであり、EPを食い合ってしまう点が気になる。今後の新カードで人形ネメシスが強化を受け、操り人形の価値がより高まれば、採用を見かけることも多くなりそうだ。

Dランクの新カード

カード名注目ポイント
異界を統べる者
【ニュートラル】
7コスト6/6(進化後8/8)。
【進化前】 ファンファーレ 相手のリーダーのクラスのベーシックカードの中からランダムに異なる2枚を手札に加え、それらのコストを-3する。
独特な効果を持つが、各クラス11枚のベーシックカードの中から2枚を手札に加えるため、ランダム性が非常に高い。マゼルベインデッキなど、一部の特殊なデッキを除いて、活躍することは難しいだろう。
NEW!!兵士の誓い
【ロイヤル】
5コストアミュレット。
自分が指揮官・フォロワーをプレイしたとき、コストXの兵士・フォロワーをランダムに1枚、自分のデッキから場に出す。Xは「その指揮官・フォロワーの元のコストの値」である。
兵士の誓いから6コストの指揮官をプレイし、真紅の穿光・ゼタを場に出す動きは強力だが、現状高コストの兵士・フォロワーがほとんど存在しない点がネック。効果自体は強力なので、今後の新カード次第では評価を上げることも考えられる。
真実の掟
【ウィッチ】
7コストスペル。
カードを自分の手札が9枚になるまで引く。
このカードのスペルブースト が9回以上なら、自分のPPを7回復。
真実の絶傑・ライオとの組み合わせが強力ではあるものの、精神統一がスタン落ちしてしまうため、スペルを軸にしたウィッチの存続が危ぶまれる。序盤に引いてしまった場合の扱いづらさなども目立つことから、あまり採用されないカードになりそうだ。
セイントガンナー・コレット
【ビショップ】
2コスト2/2(進化後4/4)。
【進化前】 ファンファーレ 「僧侶の聖水1枚を手札に加える」「相手のリーダーかランダムな相手のフォロワー1体に1ダメージ」の中から、ランダムに1つの能力が働く。
基本的には僧侶の聖水の回収を狙ってプレイしていくことになるが、ランダム要素が気にかかる。ダメージ効果の方は天狐ビショップとの相性はあまり良いとは言えないため、採用を見かける機会は少なそうだ。
NEW!!復讐の輝き
【ビショップ】
4コストスペル。
ダメージを受けている自分のフォロワーすべての体力を上限まで回復。相手のフォロワーすべてにXダメージ。
Xは「回復した値の総量」である。
現状能動的にダメージを受ける手段がほとんど存在せず、扱いづらい印象を受ける。飢餓の輝きと組み合わせてのコンボも考えられるが、ビショップには他にもテミスの粛清などの優秀なAoEが存在するため、そこまで無理をする必要は感じられない。
NEW!!断罪者・シルヴィア
【ネメシス】
9コスト4/4(進化後6/6)。
【進化前】 アクセラレート 3; 相手のフォロワー1体に3ダメージ。その後、進化可能なターンで、自分のEPが残っているなら、自分のEPを1消費して、相手のフォロワーすべてに3ダメージ。
----------
守護
相手の能力で選択できない。
ファンファーレ 相手のリーダーか相手のフォロワー1体に4ダメージ。
【進化後】守護
相手の能力で選択できない。
アクセラレートメインの全体除去カードとして捉えれば、スペック自体は悪くない。とは言え、進化を行える場合には強制的にEPを消費してしまう扱いづらさが目立つため、採用されるかは微妙なところだろう。

Eランクの新カード

カード名注目ポイント
NEW!!香味の天使・レイズ
【ニュートラル】
2コスト2/2(進化後4/4)。
【進化前】 ファンファーレ エンハンス 4; カードを1枚引く。
2コストでプレイしても、エンハンスでプレイしたとしても力不足感が否めない。より優先度の高いカードはいくらでも存在するので、採用を見かけることはほとんどないだろう。
パブマスター
【ニュートラル】
3コスト2/3(進化後4/5)。
【進化前】 ファンファーレ 自分のリーダーの体力が相手より少ないなら、相手のリーダーに2ダメージ。
ファンファーレの能力はアグロデッキ向けの効果だと言えるが、発動条件がヴァンパイア以外のアグロデッキと噛み合わない。ほとんど採用を見かけないカードになるだろう。
NEW!!マミー・メリエン
【ネクロマンサー】
5コスト5/5(進化後5/5)。
【進化前】 このフォロワーは守護 を無視してリーダーを攻撃できる。このフォロワーは、フォロワーを攻撃不能。
【進化後】疾走
このフォロワーは守護 を無視してリーダーを攻撃できる。
凶暴化飢餓の輝きと組み合わせることで大ダメージを与えられるが、コンボが前提となる割にはダメージ量が少ない。EPが無くなった後の使い勝手の悪さなども考えると、ほとんど使われることはないだろう。
NEW!!姦淫の狂信者
【ヴァンパイア】
4コスト4/3(進化後6/5)。
【進化前】 ファンファーレ 自分のリーダーに1ダメージ。相手のリーダーか相手のフォロワー1体に1ダメージ。
ファンファーレで自傷を行える点は悪くないが、4コストとやや重たい上、ダメージ効果も物足りない。そのため採用を見かけることはほとんどないだろう。
NEW!!アリオーシュ
【ヴァンパイア】
8コスト5/5(進化後7/7)。
【進化前】 アクセラレート 3; 相手のリーダーとフォロワーすべてに1ダメージ。
----------
ファンファーレ 相手のリーダーとフォロワーすべてに2ダメージ。
除去に寄った効果を持っているため、採用するのであればミッドレンジ〜コントロールタイプのデッキになる。現状ローテーションのカードプールではコントロールヴァンパイアの活躍は難しく、ほとんど見かけないカードになるだろう。
NEW!!イビルアルミラージ
【ビショップ】
2コスト0/2(進化後2/4)。
【進化前】 必殺
【進化後】進化前と同じ能力。
ビショップの2コスト帯にはユニコーンナイト宝石の巫女など優秀なフォロワーが多く、ただ必殺を持っているだけのこのカードの採用優先度はどうしても低くなる。ほとんど見かけることのないカードになりそうだ。
NEW!!戦場の審問官
【ビショップ】
9コスト5/5(進化後7/7)。
【進化前】 アクセラレート 5; 相手のフォロワー1体か相手のアミュレット1つを破壊する。
----------
ファンファーレ 相手のフォロワー1体か相手のアミュレット1つを破壊する。
9ターン目にもなればフィニッシャーをプレイしたいことがほとんどのため、基本的には5コストでの運用を考えることになる。しかし類似した効果を持つカードには、より汎用性の高い天罰の神父熾天使の剣が存在するので、そちらを優先させるべきだろう。

次元歪曲評価(アンリミ)

▼ローテーションでの評価はこちら

目次

Sランクの新カード

カード名注目ポイント
白翼の戦神・アイテール
【ロイヤル】
3コスト2/3(進化後4/5)。
【進化前】 ファンファーレ 「自分のPP最大値に+1した値」以下でコスト最大のロイヤル・フォロワーをランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える。
【進化後】進化時 自分の他のフォロワーすべてを+0/+1する。
ファンファーレ能力により、マナカーブを安定させられる点が何よりの魅力。3ターン目にプレイして先陣の騎兵を、7ターン目にプレイして高潔なる騎士・レイサムをサーチするなど、様々な動きが考えられる。

Aランクの新カード

カード名注目ポイント
魔術の一撃
【ウィッチ】
2コストスペル。
相手のフォロワー1体に3ダメージ。
土の魔片1枚を手札に加える。
2コスト3点のコストパフォーマンスの良い除去スペルでありながら、土の秘術の発動のサポートまで行える。秘術ウィッチではもちろん、スペルを軸としたデッキでも採用候補に挙がってくるだろう。

Bランクの新カード

編集中

Cランクの新カード

カード名注目ポイント
NEW!!侮蔑の嘲笑
【ドラゴン】
2コストスペル。
相手のフォロワー1体に3ダメージ。
エンハンス 4; その後、お互いのフォロワーすべてに1ダメージ。
性能自体は言うまでもなく優秀だが、侮蔑の炎爪と枠を争うことになる。優先度はどうしても侮蔑の炎爪の方が高そうな印象を受けるが、スケルトンなどの展開を一枚で捌くことができる貴重なカードであり、ある程度枚数を絞って採用されそうだ。
セイントガンナー・コレット
【ビショップ】
2コスト2/2(進化後4/4)。
【進化前】 ファンファーレ 「僧侶の聖水1枚を手札に加える」「相手のリーダーかランダムな相手のフォロワー1体に1ダメージ」の中から、ランダムに1つの能力が働く。
どちらの効果が選ばれたとしても、聖なる弓使い・クルトの打点の補助に繋がる。ステータスも2/2/2と悪くなく、天狐ビショップではホーリープリースト・ロレーナに代わって採用されることもありそうだ。

Dランクの新カード

カード名注目ポイント
異界を統べる者
【ニュートラル】
7コスト6/6(進化後8/8)。
【進化前】 ファンファーレ 相手のリーダーのクラスのベーシックカードの中からランダムに異なる2枚を手札に加え、それらのコストを-3する。
独特な効果を持つが、各クラス11枚のベーシックカードの中から2枚を手札に加えるため、ランダム性が非常に高い。マゼルベインデッキなど、一部の特殊なデッキを除いて、活躍することは難しいだろう。
狂気のダークエルフ
【エルフ】
3コスト4/1(進化後6/3)。
【進化前】突進
攻撃時 フェアリー1枚を手札に加える。
ファンファーレ エンハンス 6; +3/+3する。
【進化後】突進
攻撃時 フェアリー1枚を手札に加える。
3コスト版の森荒らしへの報いのように扱えるため、4点除去が重宝するような環境であれば採用候補に挙がってきそうなカード。枠の捻出は難しいが、採用を見かける機会もそれなりに多いだろう。
森の戦士
【エルフ】
5コスト4/5(進化後6/7)。
【進化前】 このフォロワーの攻撃力か体力が能力で+されたとき、相手のフォロワーすべてに2ダメージ。
【進化後】進化前と同じ能力。
能力自体は魅力的だが、現在アンリミテッドで活躍しているOTKエルフアグロエルフとの相性はいまひとつ。アンリミテッドではコントロールタイプのデッキの活躍が難しいこともあり、採用を見かけることはあまりないだろう。
NEW!!兵士の誓い
【ロイヤル】
5コストアミュレット。
自分が指揮官・フォロワーをプレイしたとき、コストXの兵士・フォロワーをランダムに1枚、自分のデッキから場に出す。Xは「その指揮官・フォロワーの元のコストの値」である。
性能自体は魅力的だが、このカードをプレイするテンポロスが大きく、アンリミテッドの高速環境に付いていけないことが予想される。そのため、あまり採用を見かけないカードになりそうだ。
NEW!!真実の掟
【ウィッチ】
7コストスペル。
カードを自分の手札が9枚になるまで引く。
このカードのスペルブースト が9回以上なら、自分のPPを7回復。
アンリミテッドの環境では、真実の掟を発動できるようになる前に試合が終わってしまうケースも十分に考えられる。ドロースペルが足りないデッキも特に見当たらないため、あまり採用されないカードになるだろう。
憤怒の竜帝・乙姫
【ドラゴン】
7コスト3/4(進化後5/6)。
【進化前】 アクセラレート 1; 竜帝の近衛兵1体を出す。
----------
ファンファーレ 竜帝の近衛兵を場が上限枚数になるまで出す。(上限は5体)
効果自体は魅力的なものの、現在主流のフェイスドラゴンとの相性はいまひとつ。ナーフなどによって大幅な環境変更がない限り、見かける機会は少なくなるだろう。
NEW!!復讐の輝き
【ビショップ】
4コストスペル。
ダメージを受けている自分のフォロワーすべての体力を上限まで回復。相手のフォロワーすべてにXダメージ。
Xは「回復した値の総量」である。
現状能動的にダメージを受ける手段がほとんど存在せず、扱いづらい印象を受ける。飢餓の輝きと組み合わせてのコンボも考えられるが、ビショップには他にもテミスの審判などの優秀なAoEが存在するため、そこまで無理をする必要は感じられない。
人形の支配者・リーアム
【ネメシス】
4コスト3/4(進化後5/6)。
【進化前】 ファンファーレ 操り人形1枚を手札に加える。
【進化後】進化時 殺戮の人形・ツヴァイ1枚を手札に加え、そのコストを-1する。
ファンファーレ、進化時の能力ともに優秀だが、破壊の絶傑・リーシェナと同じコストであり、EPを食い合ってしまう点が気になる。今後の新カードで人形ネメシスが強化を受け、操り人形の価値がより高まれば、採用を見かけることも多くなりそうだ。
NEW!!断罪者・シルヴィア
【ネメシス】
9コスト4/4(進化後6/6)。
【進化前】 アクセラレート 3; 相手のフォロワー1体に3ダメージ。その後、進化可能なターンで、自分のEPが残っているなら、自分のEPを1消費して、相手のフォロワーすべてに3ダメージ。
----------
守護
相手の能力で選択できない。
ファンファーレ 相手のリーダーか相手のフォロワー1体に4ダメージ。
【進化後】守護
相手の能力で選択できない。
アクセラレートメインの全体除去カードとして捉えれば、スペック自体は悪くない。とは言え、進化を行える場合には強制的にEPを消費してしまう扱いづらさが目立つため、採用されるかは微妙なところだろう。

Eランクの新カード

カード名注目ポイント
NEW!!香味の天使・レイズ
【ニュートラル】
2コスト2/2(進化後4/4)。
【進化前】 ファンファーレ エンハンス 4; カードを1枚引く。
2コストでプレイしても、エンハンスでプレイしたとしても力不足感が否めない。より優先度の高いカードはいくらでも存在するので、採用を見かけることはほとんどないだろう。
パブマスター
【ニュートラル】
3コスト2/3(進化後4/5)。
【進化前】 ファンファーレ 自分のリーダーの体力が相手より少ないなら、相手のリーダーに2ダメージ。
ファンファーレの能力はアグロデッキ向けの効果だと言えるが、発動条件がヴァンパイア以外のアグロデッキと噛み合わない。ほとんど採用を見かけないカードになるだろう。
NEW!!マナリアの見習い教師・パスカル
【ウィッチ】
4コスト3/3(進化後5/5)。
【進化前】 ファンファーレ 才能の開花1枚を手札に加える。
【進化後】進化時 手札のマナリア・カード1枚のコストを-1する。
マナリアウィッチでは現状デッキを20枚以下まで掘り進めるのが難しく、手札に加わった才能の開花が腐ってしまうケースが多々予想される。光魔法の教師・ミラマナリアの竜姫・グレアにEPを回したいこともあって、あまり採用されないカードになるだろう。
NEW!!マミー・メリエン
【ネクロマンサー】
5コスト5/5(進化後5/5)。
【進化前】 このフォロワーは守護 を無視してリーダーを攻撃できる。このフォロワーは、フォロワーを攻撃不能。
【進化後】疾走
このフォロワーは守護 を無視してリーダーを攻撃できる。
凶暴化飢餓の輝きと組み合わせることで大ダメージを与えられるが、コンボが前提となる割にはダメージ量が少ない。EPが無くなった後の使い勝手の悪さなども考えると、ほとんど使われることはないだろう。
NEW!!屍竜・ファフニール
【ネクロマンサー】
9コスト8/10(進化後10/12)。
【進化前】ファンファーレ 相手の場にフォロワーがいるなら、ネクロマンス X; 他のフォロワーすべてにXダメージ。
Xは「相手のフォロワーの最大体力の値」である。
盤面をリセットできる効果、高いステータスともに優秀だが、9コストの重さが気になる。アンリミテッドでは7〜8ターン目前後に決着が付いてしまうことも珍しくないため、このカードの活躍は難しいだろう。
NEW!!姦淫の狂信者
【ヴァンパイア】
4コスト4/3(進化後6/5)。
【進化前】 ファンファーレ 自分のリーダーに1ダメージ。相手のリーダーか相手のフォロワー1体に1ダメージ。
ファンファーレで自傷を行える点は悪くないが、4コストとやや重たい上、ダメージ効果も物足りない。そのため採用を見かけることはほとんどないだろう。
NEW!!アリオーシュ
【ヴァンパイア】
8コスト5/5(進化後7/7)。
【進化前】 アクセラレート 3; 相手のリーダーとフォロワーすべてに1ダメージ。
----------
ファンファーレ 相手のリーダーとフォロワーすべてに2ダメージ。
除去に寄った効果を持っているため、採用するのであればミッドレンジ〜コントロールタイプのデッキになる。しかしアンリミテッドではコントロールタイプのデッキの活躍が難しく、採用を見かけることはほとんどないだろう。
NEW!!神殿の風熊
【ビショップ】
1コスト0/2(進化後2/4)。
【進化前】
・詠唱:聖なる願い
・詠唱:聖獣への誓い
ファンファーレ チョイス したカード1枚を手札に加える。
アンリミテッドでは星導の天球儀が使えるため、このカードの有り難みは薄れてしまう。頂きの教会との相性は良いが、現在の教会ビショップの立ち位置を考えると、このカード1枚で大きく変わることはないだろう。
NEW!!イビルアルミラージ
【ビショップ】
2コスト0/2(進化後2/4)。
【進化前】 必殺
【進化後】進化前と同じ能力。
ビショップの2コスト帯にはユニコーンナイト宝石の巫女など優秀なフォロワーが多く、ただ必殺を持っているだけのこのカードの採用優先度はどうしても低くなる。ほとんど見かけることのないカードになりそうだ。
NEW!!戦場の審問官
【ビショップ】
9コスト5/5(進化後7/7)。
【進化前】 アクセラレート 5; 相手のフォロワー1体か相手のアミュレット1つを破壊する。
----------
ファンファーレ 相手のフォロワー1体か相手のアミュレット1つを破壊する。
9ターン目にもなればフィニッシャーをプレイしたいことがほとんどのため、基本的には5コストでの運用を考えることになる。しかし類似した効果を持つカードには、より汎用性の高い天罰の神父熾天使の剣が存在するので、そちらを優先させるべきだろう。

十禍絶傑アディショナル評価(ローテ)

▼アンリミテッドでの評価はこちら

目次

Sランクの新カード

カード名注目ポイント
マナリアの竜姫・グレア
【ウィッチ】
3コスト2/3(進化後4/5)。
【進化前】守護
【進化後】守護
進化時
・グレアの炎熱
・グレアの灼熱
チョイス したカード1枚を手札に加える。
自身と進化時にチョイスできるスペルがどちらもマナリアタイプであり、このカード1枚から2回分のプレイ回数を稼ぐことができる。グレアの炎熱で単体除去を、グレアの灼熱で範囲除去を、と使い分けを行える点も優秀で、マナリアウィッチではほぼ間違いなく採用されるカードとなっている。
暴竜・伊達政宗
【ドラゴン】
2コスト2/2(進化後4/4)。
【進化前】 必殺
ファンファーレ 自分のPP最大値が10なら、自分のドラゴン・フォロワーすべては、突進 と、ターン終了時まで「受けるダメージは0になる」を持つ。
【進化後】必殺
自身の最大PPが10の場合に発動するファンファーレ能力が強力。例えばポセイドンと組み合わせれば、多面除去を行いながら強力な盤面を作り上げることができる。2/2/2の必殺という基礎スペックも悪くなく、ほとんどのデッキで採用されている。

Aランクの新カード

カード名注目ポイント
森の女王・リザ
【エルフ】
3コスト1/3(進化後3/5)。
【進化前】ファンファーレ コスト最小のエルフ・フォロワーをランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える。
ラストワード 次の自分のターン開始時、コスト最大のエルフ・フォロワーをランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える。
【進化後】ラストワード 次の自分のターン開始時、コスト最大のエルフ・フォロワーをランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える。
ファンファーレとラストワードにより、合計2枚のカードを手札に加えることができる。ハンドアドバンテージを稼げるのはもちろん、構築を工夫することでサーチ先を変えられる点も優秀で、ほとんどのデッキに3枚採用されている。
白亜の竜騎士
【ドラゴン】
4コスト3/4(進化後5/6)。
【進化前】
・白亜の指令
・白亜の瞑想
手札にあるとき、覚醒 状態なら、ファンファーレ チョイス したカード1枚を手札に加える。
性質の異なる2枚のスペルをチョイスできるため、攻守両面に活躍が見込める。特に白亜の瞑想は使い勝手の良い回復カードとなっており、蝙蝠ヴァンプなどへの勝率改善が期待できる。
救済の聖獅子
【ビショップ】
4コスト2/5(進化後4/7)。
【進化前】アクセラレート 1; 聖獅子の結晶1枚を手札に加える。
----------
守護
【進化後】守護
進化時 聖獅子の結晶1枚を手札に加え、そのコストを0にする。
アクセラレート、または進化時に聖獅子の結晶を確保できる。聖獅子ビショップはこのカードの追加により、聖獅子の結晶を連発しやすくなり、環境上位に喰い込むこととなった。

Bランクの新カード

カード名注目ポイント
水晶の指揮者・リリィ
【エルフ】
2コスト1/1(進化後2/2)。
【進化前】ファンファーレ このターン中に(このカードを含めず)カードを2枚以上プレイしていたなら、自分のフォロワーすべてを+1/+0する。
4枚以上プレイしていたなら、さらに、自分のフォロワーすべてを+0/+1する。
【進化後】進化時 自分の他のフォロワー1体を+2/+2する。
プレイ回数の条件を満たすことで、展開を進めながら盤面の強化を行える。妖精の調べのように扱って中盤の盤面を作ったり、森羅の怒りと組み合わせてOTKを狙ったりと、活躍の幅は広い。
オリハルコンゴーレム
【ウィッチ】
5コスト5/5(進化後7/7)。
【進化前】 アクセラレート 1; 土の秘術 X; 「クレイゴーレム1体を出す」「真理の術式1枚を手札に加える」「相手のリーダーに2ダメージ」の中から、ランダムに1つの能力が働く。これをX回行う。Xは「自分の場の土の印・アミュレットの数」である。
----------
ラストワード 土の魔片2つを出す。オリハルコンゴーレム1枚を手札に加え、そのコストを7にする。
【進化後】ラストワード 土の魔片2つを出す。オリハルコンゴーレム1枚を手札に加え、そのコストを7にする。
ラストワードで土の魔片を出しながら自身を回収することができるため、このカード1枚で効果が完結している。ランダム性の高さには少し不安が残るが、3つの内2つがバーンダメージに関連するものになっているので、ダメージ量にはそれなりに期待できる。
オシリス
【ネクロマンサー】
4コスト4/3(進化後6/5)。
【進化前】ファンファーレ 自分の他のフォロワー1体は「ラストワード カードを1枚引く」を持つ。
攻撃時 自分の墓場を+2する。
【進化後】攻撃時 自分の墓場を+2する。
ラストワード ネクロマンス 5; リアニメイト 3 リアニメイト 1
ラストワードで2体のリアニメイトを行えるため、ミッドレンジネクロでは下方修正を受けたスカルリングに代わって採用されていることが多い。今後リアニメイト先の1コスト、3コストに優秀なカードが追加されれば、さらに評価を上げることも考えられる。

Cランクの新カード

カード名注目ポイント
神弓の座天使・リリエル
【ニュートラル】
4コスト3/3(進化後5/5)。
【進化前】 ファンファーレ エンハンス 7; 相手のターン終了時まで、自分のリーダーと自分のフォロワーすべては「フォロワー、スペル、アミュレット、リーダーの能力によって受けるダメージは0になる」を持つ。
【進化後】進化時 相手のリーダーか相手のフォロワー1体に2ダメージ。
エンハンスで味方リーダーとフォロワーを守ることができる。全体除去や、アンの大魔法などのバーストダメージへの対策になるので、環境次第で採用率が上がってくるカードだと言える。
戦場の歌姫・マグノリア
【ロイヤル】
5コスト1/5(進化後2/6)。
【進化前】自分のターン終了時、自分の兵士・フォロワーすべてを+1/+1する。
【進化後】自分のターン終了時、自分の兵士・フォロワーすべてを+1/+1する。
進化時 コスト2のフォロワーをランダムに1枚とコスト1のフォロワーをランダムに1枚、自分のデッキから場に出す。
進化で兵士を呼び出すことができれば、ターン終了時の効果と合わせて強力な盤面を作り上げることが可能。一方でEPがなくなった後はプレイしづらい上、デッキ構築に工夫が必要な点など扱いづらい部分も多く、採用率はそれほど高くない。
レジスタンスの指導者・ルキナ
【ネメシス】
2コスト2/2(進化後4/4)。
【進化前】ファンファーレ 自分のネメシス・フォロワーすべては「カードの能力によって破壊されない」を持つ。(攻撃によるダメージや、能力によるダメージでは破壊される)
ファンファーレ能力によって、操り人形を相手ターン終了時の破壊から守ったり、破壊の従者の的を作ったりと、様々な使い道が存在する。人形ネメシスリーシェナネメシスでは、複数枚採用されていることも少なくない。

Dランクの新カード

カード名注目ポイント
死と闇のレイヴン
【ネクロマンサー】
6コスト5/5(進化後7/7)。
【進化前】
・奈落の冠
・凶暴化
ファンファーレ チョイス したカード1枚を手札に加える。
リアニメイトを行えるカードの中でも破格のコストパフォーマンスを持つ、奈落の冠をチョイスすることができる。しかし現状のカードプールでは、リアニメイト8、12を活かすことが難しいため、見かける機会はあまりない。
デビルアイドル・トリル
【ヴァンパイア】
4コスト3/3(進化後5/5)。
【進化前】
・トリルメイド・アズ&イズ
・デビルソング
ファンファーレ チョイス したカード1枚を手札に加える。
デビルソングをチョイスすることで、全体除去として扱うことができる。現在主流の蝙蝠ヴァンプとの相性はいまひとつだが、今後コントロールタイプのデッキが強化されれば、見かける機会も増えるだろう。
ダークデビル・ミルナード
【ヴァンパイア】
5コスト4/5(進化後6/7)。
【進化前】ファンファーレ 復讐 状態なら疾走 を持つ。
ファンファーレ 自分の他の手札が2枚以下ならドレイン を持つ。0枚なら、+3/+1する。
復讐状態かつ、手札が少ない状況でプレイすることで、真価を発揮するようになるフォロワー。効果自体は魅力的だが、現在主流の蝙蝠ヴァンプとの相性はいまひとつであり、採用例はあまりない。
アサルトプリースト
【ビショップ】
5コスト4/4(進化後6/6)。
【進化前】守護
ファンファーレ カードを1枚引く。
【進化後】(守護なし)
進化時 攻撃済み状態の相手のフォロワー1体を破壊する。
相手がEPを使って攻撃してきた返しに進化することで、二面除去を狙える。進化前の守護やファンファーレのドローなど、あらゆる面において標準以上のものを持っているが、特別相性の良いデッキが存在せず、見かける機会はあまりない。
外界の理
【ネメシス】
6コスト6/6(進化後8/8)。
【進化前】ファンファーレ 自分のデッキのカードすべてを消滅させる。
ミスティックアーティファクト10枚とレディアントアーティファクト10枚とプライムアーティファクト10枚をデッキに加える。
デッキを丸ごと入れ替える奇抜なファンファーレを持つが、既存のデッキタイプでの運用は難しい。クリスタルキャノンを軸としたデッキやマゼルベインデッキといった、一部のデッキを除いて採用されることはほとんどない。

Eランクの新カード

カード名注目ポイント
巨人殺しの剣士
【ロイヤル】
5コスト5/5(進化後7/7)。
【進化前】ファンファーレ 攻撃力6以上の相手のフォロワー1体を破壊する。
環境に攻撃力6以上のフォロワーがほとんど存在しないため、基本的にはバニラとしての運用になってしまう。加えてロイヤルの中コスト帯には優秀なカードも多く、今後も採用されることはほとんどないだろう。

十禍絶傑アディショナル評価(アンリミ)

▲ローテーションでの評価はこちら

目次

Sランクの新カード

カード名注目ポイント
森の女王・リザ
【エルフ】
3コスト1/3(進化後3/5)。
【進化前】ファンファーレ コスト最小のエルフ・フォロワーをランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える。
ラストワード 次の自分のターン開始時、コスト最大のエルフ・フォロワーをランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える。
【進化後】ラストワード 次の自分のターン開始時、コスト最大のエルフ・フォロワーをランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える。
ファンファーレとラストワードにより、合計2枚のカードを手札に加えることができる。ハンドアドバンテージを稼げるのはもちろん、構築を工夫することでサーチ先を絞ることができる点も優秀で、様々なデッキに採用されている。
マナリアの竜姫・グレア
【ウィッチ】
3コスト2/3(進化後4/5)。
【進化前】守護
【進化後】守護
進化時
・グレアの炎熱
・グレアの灼熱
チョイス したカード1枚を手札に加える。
自身と進化時にチョイスできるスペルがどちらもマナリアタイプであり、このカード1枚から2回分のプレイ回数を稼ぐことができる。グレアの炎熱で単体除去を、グレアの灼熱で範囲除去を、と使い分けを行える点も優秀で、マナリアウィッチではほぼ間違いなく採用されるカードとなっている。

Aランクの新カード

カード名注目ポイント
水晶の指揮者・リリィ
【エルフ】
2コスト1/1(進化後2/2)。
【進化前】ファンファーレ このターン中に(このカードを含めず)カードを2枚以上プレイしていたなら、自分のフォロワーすべてを+1/+0する。
4枚以上プレイしていたなら、さらに、自分のフォロワーすべてを+0/+1する。
【進化後】進化時 自分の他のフォロワー1体を+2/+2する。
プレイ回数の条件を満たすことで、展開を進めながら盤面の強化を行える。序盤から積極的にフォロワーを並べていくアグロエルフとの相性が良く、環境で見かける機会も増えてきた。
ダークデビル・ミルナード
【ヴァンパイア】
5コスト4/5(進化後6/7)。
【進化前】ファンファーレ 復讐 状態なら疾走 を持つ。
ファンファーレ 自分の他の手札が2枚以下ならドレイン を持つ。0枚なら、+3/+1する。
復讐状態かつ、手札が0枚の状況であれば、5/7/6の疾走と破格のコストパフォーマンスを持つようになる。そのためどちらの条件も満たしやすいアグロヴァンプでは、3枚採用されていることも珍しくない。

Bランクの新カード

カード名注目ポイント
オリハルコンゴーレム
【ウィッチ】
5コスト5/5(進化後7/7)。
【進化前】 アクセラレート 1; 土の秘術 X; 「クレイゴーレム1体を出す」「真理の術式1枚を手札に加える」「相手のリーダーに2ダメージ」の中から、ランダムに1つの能力が働く。これをX回行う。Xは「自分の場の土の印・アミュレットの数」である。
----------
ラストワード 土の魔片2つを出す。オリハルコンゴーレム1枚を手札に加え、そのコストを7にする。
【進化後】ラストワード 土の魔片2つを出す。オリハルコンゴーレム1枚を手札に加え、そのコストを7にする。
ラストワードで土の魔片を出しながら自身を回収することができるため、このカード1枚で効果が完結している。場に埋まってしまった土の印を一気に消費することができる点も優秀で、秘術ウィッチを中心に様々なデッキで採用されている。
オシリス
【ネクロマンサー】
4コスト4/3(進化後6/5)。
【進化前】ファンファーレ 自分の他のフォロワー1体は「ラストワード カードを1枚引く」を持つ。
攻撃時 自分の墓場を+2する。
【進化後】攻撃時 自分の墓場を+2する。
ラストワード ネクロマンス 5; リアニメイト 3 リアニメイト 1
ラストワードで2体のリアニメイトを行えるため、ミッドレンジネクロでは下方修正を受けたスカルリングに代わって採用を見かけることもあるカード。アンリミテッドではボーンキマイラスパルトイソルジャーなど、優秀な3コストフォロワーも多く、構築を工夫することでより性能を引き出すことができる。

Cランクの新カード

カード名注目ポイント
暴竜・伊達政宗
【ドラゴン】
2コスト2/2(進化後4/4)。
【進化前】 必殺
ファンファーレ 自分のPP最大値が10なら、自分のドラゴン・フォロワーすべては、突進 と、ターン終了時まで「受けるダメージは0になる」を持つ。
【進化後】必殺
10PP時に発動するファンファーレが強力だが、7ターン前後で決着が付いてしまうことも珍しくないアンリミテッドでは、効果を最大限発揮しづらい。そのためローテーションと比べると、見かける機会は少ないカードとなっている。

Dランクの新カード

カード名注目ポイント
戦場の歌姫・マグノリア
【ロイヤル】
5コスト1/5(進化後2/6)。
【進化前】自分のターン終了時、自分の兵士・フォロワーすべてを+1/+1する。
【進化後】自分のターン終了時、自分の兵士・フォロワーすべてを+1/+1する。
進化時 コスト2のフォロワーをランダムに1枚とコスト1のフォロワーをランダムに1枚、自分のデッキから場に出す。
進化で兵士を呼び出すことができれば、ターン終了時の効果と合わせて強力な盤面を作り上げることが可能。一方でEPがなくなった後はプレイしづらい上、デッキ構築に工夫が必要な点など扱いづらい部分も多く、採用率はそれほど高くない。
白亜の竜騎士
【ドラゴン】
4コスト3/4(進化後5/6)。
【進化前】
・白亜の指令
・白亜の瞑想
手札にあるとき、覚醒 状態なら、ファンファーレ チョイス したカード1枚を手札に加える。
性質の異なる2枚のスペルをチョイスできるため、攻守両面に活躍が見込める。しかし現在主流のフェイスドラゴンには採用しづらいカードであり、現環境で見かける機会はあまり多くない。
デビルアイドル・トリル
【ヴァンパイア】
4コスト3/3(進化後5/5)。
【進化前】
・トリルメイド・アズ&イズ
・デビルソング
ファンファーレ チョイス したカード1枚を手札に加える。
デビルソングをチョイスすることで、全体除去として扱うことができる。しかし現在主流のアグロヴァンプ蝙蝠ヴァンプでは採用が難しく、見かける機会は少ない。
救済の聖獅子
【ビショップ】
4コスト2/5(進化後4/7)。
【進化前】アクセラレート 1; 聖獅子の結晶1枚を手札に加える。
----------
守護
【進化後】守護
進化時 聖獅子の結晶1枚を手札に加え、そのコストを0にする。
聖獅子ビショップの強化に大きく繋がるカードだが、アンリミテッドでは環境の速さから、聖獅子ビショップの活躍が難しい。そのため、現環境での採用例はほとんどないカードとなっている。

Eランクの新カード

カード名注目ポイント
神弓の座天使・リリエル
【ニュートラル】
4コスト3/3(進化後5/5)。
【進化前】 ファンファーレ エンハンス 7; 相手のターン終了時まで、自分のリーダーと自分のフォロワーすべては「フォロワー、スペル、アミュレット、リーダーの能力によって受けるダメージは0になる」を持つ。
【進化後】進化時 相手のリーダーか相手のフォロワー1体に2ダメージ。
エンハンスで自分のリーダーを守ることができるため、ギガントキマイラなどのバーストダメージを対策することができる。しかし現環境のアンリミテッドではリノセウスダークドラグーン・フォルテなど、フォロワーでの大ダメージが多いため、活躍の場面は考えづらい。
巨人殺しの剣士
【ロイヤル】
5コスト5/5(進化後7/7)。
【進化前】ファンファーレ 攻撃力6以上の相手のフォロワー1体を破壊する。
環境に攻撃力6以上のフォロワーがほとんど存在しないため、基本的にはバニラとしての運用になってしまう。加えてロイヤルの中コスト帯には優秀なカードも多く、今後も採用されることはほとんどないだろう。
死と闇のレイヴン
【ネクロマンサー】
6コスト5/5(進化後7/7)。
【進化前】
・奈落の冠
・凶暴化
ファンファーレ チョイス したカード1枚を手札に加える。
リアニメイトを行えるカードの中でも破格のコストパフォーマンスを持つ、奈落の冠をチョイスすることができる。しかしこのカードをプレイするタイミング、奈落の冠をプレイするタイミングと2回の隙ができてしまうことを考えると、活躍は難しいだろう。
アサルトプリースト
【ビショップ】
5コスト4/4(進化後6/6)。
【進化前】守護
ファンファーレ カードを1枚引く。
【進化後】(守護なし)
進化時 攻撃済み状態の相手のフォロワー1体を破壊する。
あらゆる面において悪くない効果を持っているが、特別相性の良いカードやデッキが見当たらない。そのため、採用を見かけることはほとんどない。
レジスタンスの指導者・ルキナ
【ネメシス】
2コスト2/2(進化後4/4)。
【進化前】ファンファーレ 自分のネメシス・フォロワーすべては「カードの能力によって破壊されない」を持つ。(攻撃によるダメージや、能力によるダメージでは破壊される)
ファンファーレ能力によって、操り人形を相手ターン終了時の破壊から守ったり、破壊の従者の的を作ったりと、様々な使い道が存在する。このカード自体の性能は悪くないが、現状クラス全体でパワー不足感が否めないため、今後に期待したい。
外界の理
【ネメシス】
6コスト6/6(進化後8/8)。
【進化前】ファンファーレ 自分のデッキのカードすべてを消滅させる。
ミスティックアーティファクト10枚とレディアントアーティファクト10枚とプライムアーティファクト10枚をデッキに加える。
デッキを丸ごと入れ替える奇抜なファンファーレを持つが、既存のデッキタイプでの運用は難しい。現在のアンリミテッドでのネメシスの立ち位置を考えても、活躍させるのは至難の業だと言える。

シャドウバース攻略wikiの他の記事

ローテションのデッキレシピ

アンリミテッドのデッキ

カード評価一覧

全カード評価

クラス別カード一覧

リセマラ情報

© Cygames, Inc.
※当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。
▶シャドウバース公式サイト

攻略記事ランキング
  1. 次元歪曲の新カード一覧
    次元歪曲の新カード一覧
    1
  2. ローテーション最強デッキランキング
    ローテーション最強デッキランキング
    2
  3. アンリミテッド最強デッキランキング
    アンリミテッド最強デッキランキング
    3
  4. 断罪者・シルヴィアの評価と採用デッキ
    断罪者・シルヴィアの評価と採用デッキ
    4
  5. マナリアウィッチのローテーション最新デッキレシピ
    マナリアウィッチのローテーション最新デッキレシピ
    5
もっとみる
記事について指摘する

いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


みんなの一押し新カード

GameWithに登録して、
ゲーム仲間とつながろう!
はじめての方
新規登録 (無料)
会員の方
ログイン
コメントの続きを見る(131件)
攻略メニュー
速報/大会情報
プロリーグ情報
メタレポート情報
カード情報
全カード
新カード情報
デッキ紹介
ローテーション
アンリミテッド
アリーナ情報
グランプリまとめ
2Pickまとめ
2Pickカード評価
初心者情報
リセマラ情報
初心者まとめ
デッキ編成のコツ
アップデート/修正情報
その他
ゲームを探す
レビュー訴求
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中