シャドバ
シャドウバース攻略
次元歪曲の新カード評価ランキング!
【シャドバ】次元歪曲の新カード評価ランキング!【シャドウバース】

【シャドバ】次元歪曲の新カード評価ランキング!【シャドウバース】

最終更新 :
シャドバ攻略からのお知らせ
アディショナルカードが発表!一覧はこちら!
おすすめの関連記事

新カードパック「次元歪曲」の評価ランキングをまとめて掲載しております。次元歪曲で登場する新カードを徹底的に分析して、評価をつけていますので、新カードを使用する際などにお役立てください。

次元歪曲新カード一覧はこちら

評価ランキングの基準

カードパワーと環境で評価

こちらの評価ランキングでは、カードパワー採用されるデッキの環境での立ち位置を重視している。そのため将来性のあるものでも、直近の環境での活躍が難しいと判断した場合、低めのランキング付けを行っている。各ランクの評価基準は以下の通り。

各ランキングの評価基準

SランクTier1のデッキのキーカード。そのデッキが強力である理由の一つであり、状況次第ではゲームを決めるほどのパワーを持つ。
Aランク①Tier上位に位置するデッキであればほぼ間違いなく3枚投入されるカード。
②ややデッキを選ぶものの、非常にカードパワーの高いカード。
Bランク①高い採用率を誇るが、Aランクと比べるとややパワーの劣るカード。
②採用率こそまちまちだが、環境によっては大きな力を発揮するカード。
Cランク特定のデッキであれば採用されるカード。
Dランク①あまり見かける機会のないカード。
②コンセプトデッキの顔になるカード。
Eランクほとんど見かけないカード。

アディショナルカード評価早見表

カード名ローテアンリミ
大鎧のミノタウロス
【ニュートラル】
EE
ルナールツインズ・リナ&レナ
【エルフ】
AD
ホーネットクイーン・バビー
【エルフ】
DD
マスターディーラー・アルヤスカ
【ロイヤル】
DA
舞い踊る刃・ディオネ
【ロイヤル】
BA
ハンマーソーサラー・ジオス
【ウィッチ】
CD
ラブリー★モニカ
【ウィッチ】
CD
アンネローゼ
【ドラゴン】
AD
トラロック
【ドラゴン】
AB
暴食の女帝
【ネクロマンサー】
EE
昏く淀む者・タルタロス
【ネクロマンサー】
CD
ライカンベルセルク
【ヴァンパイア】
AA
レイジコマンダー・ラウラ
【ヴァンパイア】
SA
楽園の聖獣
【ビショップ】
AD
セクメト
【ビショップ】
DD
冒涜の球体
【ネメシス】
DD
粛清の英雄・メイシア
【ネメシス】
AD

ローテーションの評価

▼アンリミテッドでの評価はこちら

目次

Sランクの新カード

カード名注目ポイント
氷獄の王・サタン
【ニュートラル】
9コスト7/7(9/9)
【進化前】
アクセラレート 3; コキュートスカード の中から、ランダムに異なる4枚をデッキに加える。
----------
ファンファーレ 自分のデッキをコキュートスカード のデッキにする。
13枚のコキュートスカードがいずれも破格の性能であるため、これらのカードの早期使用を狙うサタンドラゴンが環境に多い。他にもネメシスで採用されるなどアクセラレートによる可能性もまだまだ秘めているカードだ。
月の刃・リオード
【ロイヤル】
2コスト1/3(3/5) 指揮官
【進化前】
潜伏
【進化後】
潜伏
進化時 隠伏天誅1枚を手札に加える。
進化時に手札に加わる隠伏天誅が強力であり、リオードを再び潜伏させることで計7ダメージを与えることも難しくない。他にも先陣の騎兵炎帝・パーシヴァルを潜伏させるなどテクニカルな動きができ、ミッドレンジロイヤルでは3枚採用が主流となっている。
白翼の戦神・アイテール
【ロイヤル】
3コスト2/3(4/5) 指揮官
【進化前】
ファンファーレ 「自分のPP最大値に+1した値」以下でコスト最大のロイヤル・フォロワーをランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える。
【進化後】
進化時 自分の他のフォロワーすべてを+0/+1する。
ファンファーレ能力により、マナカーブを安定させられる点が何よりの魅力。3ターン目にプレイして先陣の騎兵を、7ターン目にプレイして高潔なる騎士・レイサムをサーチするなど、様々な動きを行うことができる。
レイジコマンダー・ラウラ
【ヴァンパイア】
4コスト3/3(5/5)
【進化前】
ファンファーレ 復讐 状態なら、手札のヴァンパイア・フォロワー1枚は疾走 を持つ。このターンが自分の10ターン目かそれ以降で、復讐 状態なら、1枚ではなく手札のヴァンパイア・フォロワーすべては疾走 を持つ。
【進化後】
疾走
復讐状態限定ではあるが、手札のヴァンパイア・フォロワーに疾走を付与する強力な効果を持つ。進化を行えば自身も疾走フォロワーになるため、打点として数えられる点も優秀だ。
異次元からの侵略
【ネメシス】
4コストスペル
体力4以下の相手のフォロワー1体を消滅させる。
アーティファクト・カードをランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える。共鳴 状態なら、1枚ではなく2枚手札に加える。
扱い勝手の良い除去スペルでありながら、アーティファクトを引き込めない事故の解消にも繋がる。ハクラビよりも使いやすい場面が多く、アーティファクトネメシスでは3枚の採用がほとんど。

Aランクの新カード

カード名注目ポイント
異界を統べる者
【ニュートラル】
7コスト6/6(8/8)
【進化前】
ファンファーレ 相手のリーダーのクラスのベーシックカードの中から、ランダムに異なる2枚を手札に加え、それらのコストを-3する。
ランダム性は高いが、2枚のカードを手札に加えられるため、リソース補充役として優秀。ドラゴンの7コスト付近のカードの少なさや、リソース問題を解決できるカードとして、ランプドラゴンサタンドラゴンで採用されることが多い。
アーボリスト・ライラ
【エルフ】
1コスト1/1(3/3)
【進化前】
ファンファーレ 攻撃力4以上の自分の他のフォロワー1体を+1/+1する。
エンハンス 4; 1体ではなく、(攻撃力にかかわらず)自分の他のフォロワーすべてを+1/+1する。
1コストフォロワーとして使用できる上、エンハンスでは全体強化が行えるため、アグロエルフで主に採用されている。森の女王・リザでのサーチがある程度行えるので、毎試合安定してプレイできる点も魅力。
ルナールツインズ・リナ&レナ
【エルフ】
4コスト2/4(2/4)
【進化前】
疾走
ファンファーレ このターン中に(このカードを含めず)カードを2枚以上プレイしていたなら、進化する。
【進化後】
疾走
このフォロワーは、1ターンに2回攻撃できる。
ローテーションのアグロエルフに欠けている、疾走枠を埋めることが期待される。フェアリーウィスプ水晶の指揮者・リリィを組み合わせ、6ターン目に10点を叩き込むコンボも魅力的で、様々なデッキに採用されそうだ。
魔術の一撃
【ウィッチ】
2コストスペル
相手のフォロワー1体に3ダメージ。
土の魔片1枚を手札に加える。
2コスト3点の扱いやすい除去スペルでありながら、土の魔片を加えられる優秀なカード。2ターン目だけでなく、3ターン目の動きとしても優秀であり、秘術ウィッチでは必須級のカードとなっている。
マナリアライター・ティコ
【ウィッチ】
3コスト3/2(3/2) マナリア
【進化前】
ラストワード マナリアの防陣1枚を手札に加える。
【進化後】
ラストワード マナリアの秘術1枚を手札に加える。
このカード1枚で2枚のマナリア・カードのプレイに繋がるマナリアウィッチのキーカードの1枚。マナリアナイト・オーウェンのサーチ対象が増える点や、効果発動がラストワードである点など使いづらい点もあるが、3枚採用されていることが多い。
真実の狂信者
【ウィッチ】
9コスト3/5(5/7)
【進化前】
疾走
スペルブースト コスト-1
【進化後】
疾走
アンの大魔法で決めるために、前もって疾走でダメージを稼いでおくなど、マナリアウィッチの打点を補えるカード。スペルブーストにより0コストまで下げられるので、マナリアウィッチミラーの後手の大量展開での巻き返しを狙う場合でも重宝する。
正義のドラグーン
【ドラゴン】
3コスト2/3(4/5)
【進化前】
・竜の翼
・ドラゴンクロー
ファンファーレ チョイス したカード1枚を手札に加える。
ドラゴンクローが守護の多い環境での直接打点としてや、サタン後の打点+ドローとして優秀。標準的なステータスも持ち合わせていることから、採用されていることが多い。
アンネローゼ
【ドラゴン】
3コスト2/3(4/5)
【進化前】
ファンファーレ 覚醒 状態なら、相手のフォロワー1体に1ダメージ。
【進化後】
進化時 自分のPP最大値を+1する。
現在ランプドラゴンの3コストには、斬竜剣士・ロイ正義のドラグーンが採用されていることが多いが、十分その枠に割って貼ることができる可能性を秘めたカード。EPがなくなっても1点除去として扱えるので、序盤から終盤まで腐りにくい点も大きい。
トラロック
【ドラゴン】
4コスト5/3(7/5)
【進化前】
効果なし
【進化後】
進化時 相手のリーダーと相手のフォロワーすべてに1ダメージ。
このバトル中、自分のリーダーは「自分のフォロワーが攻撃するとき、自分の残りのPPが3以上なら、自分のPPを3消費して、相手のリーダーと相手のフォロワーすべてに1ダメージ」を持つ。リーダーはこの能力を重複して持たない。
7PPに進化を行い、攻撃することで、イスラーフィールのように扱うことができる。竜の託宣から3ターン目にプレイする動きも魅力的で、ランプドラゴンを中心に、様々なデッキで採用が検討できるだろう。
忌まわしき紫竜
【ドラゴン】
6コスト4/4(6/6)
【進化前】
このフォロワーがダメージを受けたとき、このフォロワーが破壊されなかったなら、カードを2枚引く。
【進化後】
進化前と同じ能力。
侮蔑の信者侮蔑の炎爪との組み合わせはもちろん、進化を使って有利トレードを行うだけで2枚のドローを進められる。ランプドラゴンでは複数枚採用されていることが多い。
ボーンバッファロー
【ネクロマンサー】
2コスト2/2(4/4)
【進化前】
ファンファーレ エンハンス 4;ラストワード スケルトン2体を出す」を持つ。
2/2/2としてはもちろん、4ターン目にエンハンスでプレイし、冥界の番犬・ケルベロスへ繋げる動きも強力。ただし対ロイヤルでは簒奪の絶傑・オクトリスに気をつける必要がある。
禁絶の腕・ニコラ
【ネクロマンサー】
2コスト1/1(3/3)
【進化前】
ファンファーレ このフォロワーの攻撃力が4以上なら、禁絶の一撃1枚を手札に加え、このフォロワーの攻撃力を1にする。
ラストワード 禁絶の腕・ニコラ1枚を手札に加え、+X/+0する。Xは「破壊される直前の攻撃力の値」である。
【進化後】
ラストワード 禁絶の腕・ニコラ1枚を手札に加え、+X/+0する。Xは「破壊される直前の攻撃力の値」である。
ミッドレンジネクロ幽霊支配人・アーカスの効果適用後の無限リソースとして活躍。効果で加わる禁絶の一撃も守護を無視できるダメージカードとしていきることが多い。
悪意の憑依
【ネクロマンサー】
2コストスペル
相手のフォロワー1体に2ダメージ。
ゴースト1体を出す。
2コストと低コストでありながら、増えたドラゴスネークの処理カードとして優秀である。そのほかの場面でもゴーストの1ダメージにより小回りの利いた使い方ができる。
ライカンベルセルク
【ヴァンパイア】
2コスト2/2(4/4)
【進化前】
ラストワード 破壊される直前の攻撃力が4以上だったなら、ブラッドムーン1枚を手札に加え、そのコストを1にする。
【進化後】
進化前と同じ能力。
ラストワードの発動条件である攻撃力4以上は、進化を行ったり、フルフルの効果でこのカードをバフするなど、比較的容易に達成できる。復讐状態に入るのがかなり楽になるため、復讐(バフ)ヴァンプは大きく立ち位置を上げることも考えられる。
楽園の聖獣
【ビショップ】
1コスト1/2(3/4)
【進化前】
自分のターン終了時、楽園の聖獣1枚をデッキに加える。
ファンファーレ エンハンス 4;コスト1以下のフォロワーをランダムに2枚、自分のデッキから場に出す。
【進化後】
自分のターン終了時、楽園の聖獣1枚をデッキに加える。
進化時 このバトル中、自分のリーダーは「自分のターン終了時、コスト1以下の自分のフォロワーすべてを+1/+0する」を持つ。リーダーはこの能力を重複して持たない。
自分のデッキに楽園の聖獣が2枚眠っている状態であれば、このカードをエンハンスでプレイし、進化を行うことで、2/2を3体展開することができる。ターン終了時には自身をデッキに埋める効果を持っており、中盤以降腐ってしまう心配もほとんどないため、ミッドレンジビショップを中心に活躍できるカードになりそうだ。
いにしえの聖域
【ビショップ】
5コストアミュレット
カウントダウン 3
ファンファーレ ラストワード バロン1体を出す。
ラストワードが聖騎士・ヘクター輝く熾天使・ラピスにとって都合の良いタイミングで発動するため、様々なデッキでの採用が検討できる。また除去をスペルに頼ったデッキに対して、かなり有効なカードである。
聖騎士・ヘクター
【ビショップ】
7コスト5/6(7/8)
【進化前】
ファンファーレ 自分の墓場が9枚以上なら、聖騎兵2体を出す。
ファンファーレ ターン終了まで、自分の他のフォロワーすべては+2/+0されて、突進 を持つ。
1枚で墓場を2枚貯められる聖獅子の結晶と相性が良く、聖獅子ビショップで主に採用されている。カードパワーが高く、効果が1枚で完結しているため、聖獅子ビショップ以外でも活躍するカードだ。
粛清の英雄・メイシア
【ネメシス】
3コスト2/3(4/5)
【進化前】
このフォロワーは相手リーダーを攻撃不能。
ファンファーレ カードを1枚引く。
【進化後】
(相手のリーダーを攻撃可能)
進化時 粛清の一刀1枚を手札に加える。
粛清の一刀とのコンボが強力で、操り人形などで破壊回数を稼ぎやすい、リーシェナネメシスのサブプランとしての活躍が期待できる。素のスペックも3/2/3+1ドローと悪くなく、ドローソースの問題を緩和できる点も高評価だ。

Bランクの新カード

カード名注目ポイント
森の戦士
【エルフ】
5コスト4/5(6/7)
【進化前】
このフォロワーの攻撃力か体力が能力で+されたとき、相手のフォロワーすべてに2ダメージ。
【進化後】
進化前と同じ能力。
ミッドレンジ〜コントロールタイプのデッキを強化できるカード。絢爛の紡ぎ手・コルワ伝説の幕開けとの相性が良く、1ターンの間に何度も効果を発動するのもそう難しくない。
炎獅子の大将軍
【ロイヤル】
8コスト4/4(6/6) 指揮官
【進化前】
直接召喚 自分のターン開始時、このバトル中に破壊された自分のフォロワーが15体以上なら、このカードを1枚、自分のデッキから場に出す。
突進
攻撃時 自分の他のフォロワーすべてを+1/+1する。
【進化後】
突進
攻撃時 自分の他のフォロワーすべてを+1/+1する。
高潔なる騎士・レイサムと同コストになったことで、炎獅子の大将軍を採用した場合の白翼の戦神・アイテールによるレイサムの確定サーチができなくなった。それでも採用されるケースはあるが、以前よりもパワー不足を感じるシーンが多くなった。
舞い踊る刃・ディオネ
【ロイヤル】
10コスト3/3(5/5) 兵士
【進化前】
アクセラレート 2; 相手のフォロワー1体に3ダメージ。
アクセラレート 7; 相手のフォロワーすべてに3ダメージ。
----------
疾走
このフォロワーは、1ターンに2回攻撃できる。
【進化後】
疾走
このフォロワーは、1ターンに2回攻撃できる。
単体除去、全体除去、フィニッシャーと、3つの使い分けが行える汎用性の高さが最大の魅力。ミッドレンジロイヤルの構築の幅を広げる1枚になりそうだ。
天外の華・エレノア
【ウィッチ】
3コスト3/3(5/5)
【進化前】
ファンファーレ 手札の「スペルブースト された回数が3回未満のカード」1枚を、3回スペルブースト された状態にする。
【進化後】
進化時 美麗なる術式1枚を手札に加える。
先攻3ターン目は言うまでもなく強力なカードであるが、後攻4ターン目に2面処理を行える点が強力。進化後のステータスも5/5と高く、相手フォロワーを相打ちになりやすいため中盤の盤面を支えられるカードだ。スペルウィッチはもちろん、マナリアウィッチ開闢ウィッチでも採用されている。
マナリアの見習い教師・パスカル
【ウィッチ】
4コスト3/3(5/5) マナリア
【進化前】
ファンファーレ 才能の開花1枚を手札に加える。
【進化後】
進化時 手札のマナリア・カード1枚のコストを-1する。
ファンファーレで加わる才能の開花はやや扱いづらいが、進化時の効果でアンの大魔法のコストを下げることで、ミラーマッチの後手番を改善することができる。しかし、オーウェンのサーチ先が増えることや、9ターン目の大魔法が火力不足になりがちであるため、採用されても1枚程度だ。
侮蔑の嘲笑
【ドラゴン】
2コストスペル
相手のフォロワー1体に3ダメージ。
エンハンス 4; その後、お互いのフォロワーすべてに1ダメージ。
性能自体は言うまでもなく優秀だが、侮蔑の炎爪と枠を争うことになる。優先度はどうしても侮蔑の炎爪の方が高いが、ドラゴスネーク+侮蔑の信者などの展開を一枚で捌いたり、ロイヤルの序盤の展開を一掃できる貴重なカードであるため、環境次第では採用されることもある。
ディアボロス・アギト
【ヴァンパイア】
5コスト4/2(6/4)
【進化前】
突進
このフォロワーは、カードの能力によって破壊されない。
ファンファーレ +0/+Xする。Xは「このバトル中、自分のターン中に自分のリーダーがダメージを受けた回数」である。
【進化後】
突進
このフォロワーは、カードの能力によって破壊されない。(攻撃によるダメージや、能力によるダメージでは破壊される)
強力な除去耐性を持っており、ある程度自傷回数が稼げている状態でプレイできれば複数ターンに渡る生存も難しくない。うまくハマれば勝ち筋になることから蝙蝠ヴァンプでの採用例が多い。
安息の狂信者
【ビショップ】
4コスト0/1(2/3)
【進化前】
自分のターン終了時、このフォロワーが攻撃していない状態なら、体力2以下の相手のフォロワーすべてを破壊する。
【進化後】
進化前と同じ能力。
上手く決まれば盤面の一掃も狙える、アグロデッキに対して特に有効なカード。非常に強力な除去カードではあるが、相手のデッキによって貢献度が大きく変動するため、活躍は環境に左右されてしまう。
破壊の愉悦
【ネメシス】
1コストスペル
自分のネメシス・フォロワー1体かカウントダウン を持たない自分のネメシス・アミュレット1つを破壊する。相手のフォロワー1体に4ダメージ。
(このカードは、自分の場と相手の場に選択できるカードがあるなら、プレイできる)
発動条件こそあるものの、1コスト4ダメージと破格のコストパフォーマンスを持つ。リーシェナネメシスであれば、無理なく採用できるカードである。
マリオネットボーイ
【ネメシス】
2コスト2/2(4/4)
【進化前】
ファンファーレ エンハンス 5; 進化する。
【進化後】
ラストワード 操り人形1枚を手札に加える。
エンハンスの自動進化が優秀であり、断罪者・シルヴィアでのEP消費を行いやすくなる。シルヴィアとともに採用されているケースが多いカードだ。
断罪者・シルヴィア
【ネメシス】
9コスト4/4(6/6)
【進化前】
アクセラレート 3; 相手のフォロワー1体に3ダメージ。その後、進化可能なターンで、自分のEPが残っているなら、自分のEPを1消費して、相手のフォロワーすべてに3ダメージ。
----------
守護
相手の能力で選択できない。
ファンファーレ 相手のリーダーか相手のフォロワー1体に4ダメージ。
【進化後】
守護
相手の能力で選択できない。
アグロネメシス復活の立役者と言っても過言ではないカード。アクセラレートの能力はもちろん、終盤の押し込み役として活躍してくれる。

Cランクの新カード

カード名注目ポイント
ソードエンジェル・エフェメラ
【ニュートラル】
2コスト3/1(5/3)
【進化前】
ファンファーレ 自分の場に他のフォロワーがいないなら、突進 を持つ。
【進化後】
進化時 自分の場に他のフォロワーがいないなら、+2/+2する。
突進やステータス強化と面白い能力を備えている。しかし2コスト枠には優先度の高いものが多く、それらを押し退けて採用するかと言われると微妙なところだ。
唯我の一刀
【ニュートラル】
5コストスペル
自分のフォロワーが進化したとき、自分の場のフォロワーが1体なら、このカードのコストを3にする。
相手のフォロワー1体か相手のアミュレット1つを破壊する。
発動条件を満たすことで、わずか3コストでフォロワーもしくはアミュレットの除去を行えるコストパフォーマンスの良いスペル。発動条件や枠の兼ね合いもあるため、採用はコントロールタイプのデッキなどがメインになる。
強者の威風
【エルフ】
2コストスペル
攻撃力最小の相手のフォロワー1体に5ダメージ(攻撃力最小のフォロワーが複数いるなら、その中からランダムに1体)。
2コストで5点と驚異のダメージ量を誇るカードであり、ギルネリーゼなどのフォロワーを破壊することも可能。ミッドレンジ以降のデッキであれば採用されることもある。
無窮の輝石・カーバンクル
【エルフ】
4コスト2/2(4/4)
【進化前】
アクセラレート 2; カードを1枚引く。カーバンクルの煌めき1枚をデッキに加える。
----------
ファンファーレ カーバンクルの輝き4枚をデッキに加える。
【進化後】
進化時 自分のリーダーを2回復。自分のPPを2回復。
1コスト1EP回復1ドローの優秀なカードをデッキに仕込むことができる。しかし手札に持ってきづらいことや、不殺の使徒もそれほど強力なカードではないため、パワー不足を感じることが多い。
マジックディーラー・エルネスタ
【ロイヤル】
2コスト2/2(4/4) 兵士
【進化前】
ファンファーレ 自分の手札1枚を捨てる。カードを1枚引く。
狂槍のケンタウロスなどとの相性が良い効果を持っているが、現状カードプールが狭く、ディスカードを軸としたデッキの構築が難しい。そのためほとんど見かけることはない。
兵士の誓い
【ロイヤル】
5コストアミュレット
自分が指揮官・フォロワーをプレイしたとき、コストXの兵士・フォロワーをランダムに1枚、自分のデッキから場に出す。Xは「その指揮官・フォロワーの元のコストの値」である。
兵士の誓いから6コストの指揮官をプレイし、真紅の穿光・ゼタを場に出す動きが特に強力。ミッドレンジ(炎獅子)ロイヤルの派生として兵士の誓いを軸とした構築も存在する。
ラビットメイジ
【ウィッチ】
2コスト3/1(5/3)
【進化前】
ファンファーレ 自分の場に土の印・アミュレットがないなら、土の魔片1つを出す。
テンポロスなく土の印を場に出せるため、秘術ウィッチであれば採用されるであろうカード。体力1が痛手とならない環境ならば採用候補に挙がる。
ハンマーソーサラー・ジオス
【ウィッチ】
2コスト1/1(1/1)
【進化前】
必殺
【進化後】
必殺
進化時スペルブースト を持たないウィッチ・スペル」をランダムに1枚、自分のデッキから公開して手札に加える。+X/+Xする。Xは「そのスペルの元のコストの値」である。
進化時のサーチ対象が、「スペルブーストを持たないウィッチスペル」と限定されており、構築次第では確定サーチとして運用することが可能。進化できなければ簡単に処理されてしまうステータスの低さは気になるが、秘術ウィッチなどでは採用候補に挙がってくるだろう。
眠れる災厄獣
【ウィッチ】
3コスト2/3(4/5)
【進化前】
守護
ファンファーレ 土の秘術 +2/+0する。
ファンファーレ エンハンス 8; 相手のリーダーと相手のフォロワーすべてに「このフォロワーの攻撃力の値」と同じダメージ。
【進化後】
守護
現状ローテーションの秘術ウィッチはバーン軸のデッキとなっており、エンハンスが使用できる8ターン目は勝負を決めにいきたい頃合い。とはいえカードパワーが高く、少し長引く場合には活躍するため、1枚採用されているケースもある。
真理の発見
【ウィッチ】
3コストスペル
クレイゴーレム1体を出す。自分のクレイゴーレムすべてを+1/+0する。
土の秘術 真理の術式1枚を手札に加える。
2コスト3点の真理の術式を加えられるため、バーンダメージ中心の秘術ウィッチで活躍している。3PP時もしくは、試合終盤の真理の術式の入手経路として以外では腐るシーンも多いが、秘術ウィッチになくてはならないカードの1枚。
ラブリー★モニカ
【ウィッチ】
4コスト3/3(5/5)
【進化前】
ファンファーレ マジカルビースト・モーラ1体を出す。
【進化後】
進化時 相手のフォロワー1体に、「自分の場のフォロワーの数」と同じダメージ。
扱いやすい効果を持つ上、マジカルビースト・モーラのラストワードにより、ラブリー★モニカ1枚で4コストと7コストの動きを埋めることができる。開闢ウィッチの構築の幅が広がることになりそうだ。
侮蔑の狂信者
【ドラゴン】
2コスト2/2(4/4)
【進化前】
ファンファーレ ランダムな自分の他のフォロワー1体に1ダメージ。ランダムな相手のフォロワー1体に1ダメージ。
侮蔑カードの効果を発動させながら、相手の盤面にも干渉できる強力なカード。効果がランダムであり、ドラゴンの2コスト帯は激戦区であることからこの評価だが、カードパワー自体は高いカードである。
天翔けるドラゴニュート
【ドラゴン】
4コスト3/3(5/5)
【進化前】
直接召喚 自分が元のコスト7以上のカードをプレイしたとき、それがこのバトル中に4回目かそれ以降なら、このカードを1枚、自分のデッキから場に出す。
疾走
ファンファーレ 覚醒 状態でないなら、能力すべて(攻撃力/体力はそのまま)を失う。
【進化後】
疾走
直接召喚のハードルが高く、現実的には4コスト3/3疾走としての運用がほとんど。疾走カードを重視したデッキであれば見かけることもあるが、それ以外のデッキではあまり見かけない。
エンパイアドラグーン・エリオス
【ドラゴン】
8コスト4/7(6/9)
【進化前】
疾走
相手のターン開始時、このフォロワーがダメージを受けているなら、このフォロワーは2回復して、守護 を持つ。
【進化後】
進化前と同じ能力。
侮蔑の信者侮蔑の炎爪と組み合わせて守護を付与することで、攻守両面での活躍が期待できる。天翔けるドラゴニュートの直接召喚条件も満たしやすい。しかし主流のデッキには採用されていないため、評価はこの位置となった。
屍竜・ファフニール
【ネクロマンサー】
9コスト8/10(10/12)
【進化前】
ファンファーレ 相手の場にフォロワーがいるなら、ネクロマンス X; 他のフォロワーすべてにXダメージ。
Xは「相手のフォロワーの最大体力の値」である。
強力な除去効果を持っているが、現状のミッドレンジネクロとの相性はいまひとつ。デッキに1枚採用し、保険としての運用が見受けられる程度だ。
昏く淀む者・タルタロス
【ネクロマンサー】
12コスト8/8(10/10)
【進化前】
アクセラレート 2; 昏く淀む者・タルタロス1体を場に出し、それを破壊する。暗闇を招く者1枚を手札に加える。
----------
潜伏
このフォロワーが潜伏状態で攻撃したなら、体力5以下の相手のフォロワーすべてを破壊する。
【進化後】
潜伏
このフォロワーが潜伏状態で攻撃したなら、体力5以下の相手のフォロワーすべてを破壊する。
アクセラレートで手札に加わる暗闇を招く者により、自身のリアニメイトを1枚で完結させられる点は優秀。ただし墓場の数をかなり必要とするため、冥界の闘犬・オルトロスなどを採用しづらいことを考えると、一線級での活躍は難しいだろう。
姦淫の口付け
【ヴァンパイア】
1コストスペル
相手のフォロワー1体に2ダメージ。
お互いのリーダーを1回復。
わずか1コストで2ダメージを与えられる、コストパフォーマンスに優れたスペル。余ったコストを補えるカードとして蝙蝠ヴァンプに無理なく採用することのできるカードだ。
片翼の悪魔・ピユラ
【ヴァンパイア】
2コスト2/2(4/4)
【進化前】
ファンファーレ 手札のヴァンパイア・フォロワー1枚を+1/+0する。
【進化後】
進化時 手札のヴァンパイア・フォロワーすべてを+1/+0する。
強力な効果を持っているものの、現状アグロヴァンプなどの攻撃的なデッキの立ち位置があまり良くない。相性の良いカードが追加されれば、活躍する機会がかなり多くなるだろう。
フルフル
【ヴァンパイア】
3コスト2/3(4/5)
【進化前】
ファンファーレ 手札のヴァンパイア・フォロワー1枚を+2/+0する。
手札の疾走フォロワーに効果を付与することで、事実上2ダメージを予約しておけるようなカード。とは言え蝙蝠ヴァンプとはあまり相性が良くない点や、強力な疾走フォロワーが少ないため、あまり見かけることはない。
神殿の風熊
【ビショップ】
1コスト0/2(2/4)
【進化前】
・詠唱:聖なる願い
・詠唱:聖獣への誓い
ファンファーレ チョイス したカード1枚を手札に加える。
スタン落ちしてしまう星導の天球儀の代わりとなるドローソース。自身と手札に加わるアミュレットによって、聖騎士・ヘクターのための墓場を稼ぐ役割も持っている。
セイントガンナー・コレット
【ビショップ】
2コスト2/2(4/4)
【進化前】
ファンファーレ 「僧侶の聖水1枚を手札に加える」「ランダムな相手のリーダーか相手のフォロワー1体に1ダメージ」の中から、ランダムに1つの能力が働く。
基本的には僧侶の聖水の回収を狙ってプレイしていくことになるが、ランダム要素が気にかかる。ダメージ効果の方は天狐ビショップとの相性があまり良くないため、採用を見かける機会は少ない。
審判の聖女・ライナ
【ビショップ】
6コスト4/5(4/5)
【進化前】
ファンファーレ 攻撃力最小の自分の他のフォロワーを+1/+2する(攻撃力最小のフォロワーが複数いるなら、それらすべてを+1/+2する)。
【進化後】
進化時 攻撃力最大の相手のフォロワーを破壊する(攻撃力最大のフォロワーが複数いるなら、それらすべてを破壊する)。
複数のフォロワーのステータス効果ないし、相手フォロワーの複数除去ができれば非常に強力。しかし、有効な状況を生み出しづらいことや、ビショップの立ち位置を考えるとこの評価となった。
人形の支配者・リーアム
【ネメシス】
4コスト3/4(5/6)
【進化前】
ファンファーレ 操り人形1枚を手札に加える。
【進化後】
進化時 殺戮の人形・ツヴァイ1枚を手札に加え、そのコストを-1する。
ファンファーレ、進化時の能力ともに優秀だが、破壊の絶傑・リーシェナと同じコストであり、EPを食い合ってしまう点が気になる。今後の新カードで人形ネメシスが強化を受け、操り人形の価値がより高まれば、採用を見かけることも多くなりそうだ。
エンシェントブレイダー・ダイン
【ネメシス】
5コスト3/5(5/7)
【進化前】
突進
ファンファーレ 相手のリーダーと相手のフォロワーすべてに1ダメージ。このバトル中に破壊された自分のアーティファクト・カードのコストの合計が20以上なら、1ダメージではなく5ダメージ。
【進化後】
突進
アーティファクトカードを20コスト以上破壊するのは難しいため、主に突進と1点除去をメインとして使用することになる。操り人形などと組み合わせることもできるので、リーシェナネメシスでは採用されることもある。
世界の扉・ティル
【ネメシス】
9コスト2/2(4/4)
【進化前】
アクセラレート 2; 体力2以下の相手のフォロワー1体を消滅させる。防御型ゴーレム1枚と攻撃型ゴーレム1枚をデッキに加える。
----------
ファンファーレ それぞれ名前の異なるアーティファクト・フォロワーをランダムに1枚ずつ、自分のデッキから場が上限枚数になるまで出す。
序盤〜中盤では小型の除去カードとして、終盤では展開役としての役割を持つカード。悪くないカードであるが、採用例はそれほど多くない。

Dランクの新カード

カード名注目ポイント
繁栄の噴水
【ニュートラル】
4コストアミュレット
カウントダウン 3
自分のターン終了時、カードを1枚引く。
合計3ドローを行える点は悪くないが、コストが重く、プレイするタイミングを作りづらい。そのためリントヴルムドラゴンなどの一部のデッキを除いて、ほとんど採用されていない。
不殺の狂信者
【エルフ】
2コスト2/2(4/4)
【進化前】
ラストワード ランダムな相手のフォロワー1体を-2/-0する。
【進化後】
進化前と同じ能力。
ミッドレンジエルフでは採用枠を捻出するのが難しいため、コントロールエルフマゼルベインデッキでの採用がメインになる。このカードの持つ能力自体は悪くないが、採用されるデッキの立ち位置がいまひとつなためこの評価とした。
狂気のダークエルフ
【エルフ】
3コスト4/1(6/3)
【進化前】
突進
攻撃時 フェアリー1枚を手札に加える。
ファンファーレ エンハンス 6; +3/+3する。
【進化後】
突進
攻撃時 フェアリー1枚を手札に加える。
一つ軽いコストに5点除去となる強者の威風が存在する。こちらは特別な条件がなく扱いやすいが、基本的な優先度はどうしても低くなってしまう。
不殺の円陣
【エルフ】
3コストアミュレット
カウントダウン 1
このアミュレットが場にある限り、自分のリーダーへの6以上のダメージは5になる。
ファンファーレ カードを2枚引く。
アンの大魔法闇喰らいの蝙蝠でのバーストダメージを抑えることができるが、軽減率が低い上、その他のデッキに対してはプレイしづらいカードになってしまう点がネック。採用を見かけることはあまりない。
猛毒の姫・リコリス
【エルフ】
4コスト1/3(3/5)
【進化前】
必殺
ファンファーレ 自分の他のフォロワー1体は必殺 を持つ。
【進化後】
必殺
進化時 必殺 を持つ自分のフォロワーすべてを+0/+1する。
必殺によって盤面を優位に進められるが、同コスト帯に天禀の射手・メーテラが存在する上、体力もやや低め。そのため構築戦ではあまり見かけない。
獣戦士・セタス
【エルフ】
5コスト3/7(5/9)
【進化前】
守護
自分のターン終了時、このターン中に自分のフォロワーが破壊されていたなら、仁義の発動1枚を手札に加える。
【進化後】
進化前と同じ能力。
効果の発動には少し立ち回りを工夫する必要があるが、仁義の発動が貴重な回復効果を持っており、コントロールデッキとの相性が良い。とは言えコントロールエルフの5〜6コスト帯は激戦区となっているため、このカードが優先されることはあまりない。
ホーネットクイーン・バビー
【エルフ】
8コスト6/5(8/7)
【進化前】
自分のホーネットウォーリアーが相手のリーダーに攻撃するとき、蜂の毒針1枚を手札に加える。
ファンファーレ ホーネットウォーリアー2体を出す。
【進化後】
自分のホーネットウォーリアーが相手のリーダーに攻撃するとき、蜂の毒針1枚を手札に加える。
ポセイドンドラゴンナイツを綺麗に返すことができる点は魅力的だが、現環境ではコントロールタイプのエルフの活躍は難しい。森の女王・リザのラストワードの邪魔をしてしまいかねないコストも災いし、採用されることはほとんどないだろう。
ウェポンディーラー・イルミスナ
【ロイヤル】
3コスト2/3(4/5) 兵士
【進化前】
ファンファーレ 自分の手札1枚を捨てる。スペルかアミュレットをランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える。
ミッドレンジロイヤルとの相性はいまひとつだが、構築次第では特定のスペルやアミュレットを確定サーチすることが可能。例えば兵士の誓いを軸としたコンセプトデッキでは、採用するべきカードだと言える。
簒奪の狂信者
【ロイヤル】
4コスト3/3(5/5) 兵士
【進化前】
突進
攻撃時 黄金の小剣、黄金の杯、黄金の靴、黄金の首飾りの中から、ランダムに1枚を手札に加える。
【進化後】
進化前と同じ能力。
ロイヤルに欠けていた先攻4ターン目の強力な動きであり、ミッドレンジロイヤルを中心に様々なデッキで採用が検討できる。しかし、4コストの動きは先陣の騎兵を優先したいことが多く、白翼の戦神・アイテールによる確定サーチを阻害してしまうことから、採用例はほとんどない。
簒奪の舞
【ロイヤル】
5コストスペル
相手のフォロワーすべてに2ダメージ。
黄金の小剣、黄金の杯、黄金の靴、黄金の首飾りの中から、ランダムに異なる2枚を手札に加える。
貴重な全体ダメージ効果を持っているが、ロイヤルの盤面制圧力の高さを考えた場合、少し価値が下がってしまうカード。とは言えどちらの能力も悪くないので、環境次第では選択肢に入ってくる。
マスターディーラー・アルヤスカ
【ロイヤル】
7コスト5/9(7/11) 兵士
【進化前】
守護
ファンファーレ 手札のカード1枚を選択して、選択したカード以外の手札をすべて捨てる。「捨てたカードの枚数」と同じだけカードを引く。
【進化後】
守護
スパルタクスとの相性が良い効果を持っているが、ローテーションのカードプールではスパルタクスロイヤルの構築は難しい。ミッドレンジロイヤルは汎用性の高いカードが多く、手札交換の効果も活かしづらいため、採用を見かけることはあまりなさそうだ。
スウィート★メドゥーサ
【ウィッチ】
6コスト3/3(5/5)
【進化前】
ファンファーレ 毒蛇 1体 を出す。スペルブースト +1体
このカードのスペルブースト が7回以上なら、毒蛇ではなくメドゥシアナを1体だけ出す。
流行しているドラゴンのポセイドンを1枚で返せる点が評価され、マナリアウィッチを始めとしたデッキで採用されることもある。環境次第で採用率が大きく違ってくるカードだ。
真実の掟
【ウィッチ】
7コストスペル
カードを自分の手札が9枚になるまで引く。
このカードのスペルブースト が9回以上なら、自分のPPを7回復。
真実の絶傑・ライオとの組み合わせが強力であり、開闢ウィッチであればほぼ確実に採用されているカード。ただし開闢ウィッチ自体がそこまで強力なデッキでないため、この評価となった。
憤怒の竜帝・乙姫
【ドラゴン】
7コスト3/4(5/6)
【進化前】
アクセラレート 1; 竜帝の近衛兵1体を出す。
----------
ファンファーレ 竜帝の近衛兵を場が上限枚数になるまで出す。(上限は5体)
能力自体は悪くないが氷獄の王・サタンの登場により、ドラゴンのPPブーストの重要性がさらに上昇した。通常のランプドラゴンでも他のカードを優先したいため、このカードが採用されることはあまりない。
ワイトナイト
【ネクロマンサー】
2コスト2/2(4/4)
【進化前】
・魔鎧の騎手
・骸骨の騎手
手札にあるとき、自分の残りPPが6以上ならファンファーレ エンハンス 6; チョイス したカード1体を出す。
標準ステータスを持ちながら、エンハンスでプレイすれば回復役としても機能する。基本的な優先度は他の2コストフォロワーに劣るが、アグロデッキが多い環境であれば採用するのも悪くない。
パンプキンヘッド・クリス
【ネクロマンサー】
3コスト3/3(5/5)
【進化前】
ラストワード このターンが自分のターンなら、ゴースト1体を出す。
【進化後】
進化前と同じ能力。
3/3/3のステータスは魅力的だが、同じステータスを持つ沈黙の絶傑・ルルナイと比べると汎用性が落ちる。現状のルルナイの採用率を考えても、このカードが採用されることはほとんどない。
地獄の君主・ゼベット
【ネクロマンサー】
4コスト4/4(4/4)
【進化前】
ファンファーレ エンハンス 7; 絶速の甲虫、絶死の毒蜂、絶護の魔蠍、絶刃の蟷螂、絶伏の怪蝶の中から、ランダムに1体を出す。
エンハンス 10; さらに2体出す。
【進化後】
進化時 絶速の甲虫、絶死の毒蜂、絶護の魔蠍、絶刃の蟷螂、絶伏の怪蝶の中から、ランダムに1体を出す。
進化時、エンハンスともに強力な能力を持っており、ミッドレンジネクロなどでの採用が見られる。しかし、ランダム性の高さがネックとなっており、採用例はさほど多くない。
死を知る者
【ネクロマンサー】
8コスト6/6(8/8)
【進化前】
アクセラレート 2; カードを1枚引く。葬送 したなら、1枚ではなく2枚引く。
----------
潜伏
【進化後】
潜伏
ミッドレンジネクロにドローソースとして採用されていることがあるカード。ドローソースが軒並みスタン落ちしてしまったため、見かける機会は多くはないが相応にある。
デビルレイダー
【ヴァンパイア】
2コスト1/3(3/5)
【進化前】
守護
ファンファーレ エンハンス 7; 復讐 状態でないなら、+4/+4する。復讐 状態なら、+5/+5する。
【進化後】
守護
体力寄りのステータスであるため、アグロデッキに対して有効。環境に小型フォロワーが多く存在するなら採用してみるのも良い。
理性の崩壊
【ヴァンパイア】
3コストスペル
手札のヴァンパイア・フォロワーすべてを+2/+0する。
その後、復讐 状態なら、デッキのヴァンパイア・フォロワーすべてを+2/+0する。
強力な攻撃力強化効果を持ち、打点を稼ぐ際に役立つ。復讐ヴァンプの立ち位置次第では見かける機会も少なくないだろう。
サロメ
【ヴァンパイア】
5コスト2/5(4/7)
【進化前】
ファンファーレ 相手のフォロワー1体にXダメージ。自分のリーダーをX回復。Xは「このフォロワーの攻撃力の値」である。
フルフルなどが持つバフ効果と組み合わせることで、コストパフォーマンスが上がっていく。コントロールタイプのデッキであれば採用圏内のカードだが、現在のカードプールではコントロールヴァンプの構築は難しいため、この評価となった。
盟約の魔人
【ヴァンパイア】
6コスト5/5(7/7)
【進化前】
ファンファーレ カードを3枚引く。
ラストワード 自分のリーダーに3ダメージ。
【進化後】
ラストワード 自分のリーダーに3ダメージ。
コントロールヴァンパイアとの相性が良いが、現状コントロールヴァンパイアに足りていないのはドローソースではなく、強力な除去カードやフィニッシャー。根本的な解決に繋がっていないため、このカード1枚で大きく変わることはない。
真紅のローズクイーン
【ヴァンパイア】
8コスト6/6(8/8)
【進化前】
守護
ファンファーレ 自分の手札の元のコスト2以下のヴァンパイア・カードすべてを、真紅の一撃に変身させる。
【進化後】
守護
同じ8コストに闇喰らいの蝙蝠が存在するため、採用するのであればコントロールヴァンプのような遅めのデッキになる。しかし現在の環境ではコントロールヴァンパイアの活躍は難しいため、あまり使われない。
均衡の光・マーロン
【ビショップ】
3コスト3/3(5/5)
【進化前】
ファンファーレ お互いの手札に規律の聖痕1枚を加える。
【進化後】
攻撃時 自分のPPを1回復。
進化時 お互いの手札に規律の聖痕1枚を加える。
天狐の社が場に出ている状態であれば、相手の規律の聖痕の発動を制限することができる。とは言え規律の聖痕は自分にとっても1コストの1ドローにしかならない上、天狐の社がない場合はかなり扱いづらいカードになるので、あまり採用されていない。
セクメト
【ビショップ】
3コスト2/3(4/5)
【進化前】
自分のターン終了時、他のフォロワーすべてに1ダメージ。
相手のターン終了時、他のフォロワーすべてを+0/+1する。
【進化後】
自分のターン終了時、他のフォロワーすべてに2ダメージ。
相手のターン終了時、他のフォロワーすべてを+0/+2する。
進化前の効果はダメージ量が低く、侮蔑の従者などの効果を誘発してしまう可能性が懸念される。進化することで全体2点除去となるが、競合により扱いやすい安息の狂信者が存在しており、採用されることはあまりなさそうだ。
射殺す輝き
【ビショップ】
4コストスペル
ダメージを受けている自分のフォロワーすべての体力を上限まで回復。
相手のフォロワーすべてにXダメージ。Xは「回復した体力の合計」である。
現状能動的にダメージを受ける手段がほとんど存在せず、やや扱いづらいカードではあるものの、ダメージ効果・回復効果ともに優秀。教会ビショップでは自身のフォロワーの打点を引き上げることも可能なため、採用圏内のカードだと言える。
安息の顕現
【ビショップ】
4コストスペル
コスト2以下の、それぞれ名前の異なるカードをランダムに3枚、自分のデッキから手札に加える。
4コストで合計3枚のサーチを行えるため、2枚のハンドアドバンテージを得ることができる。とは言え現状特にサーチしたいカードが見当たらないため、相性の良い新カードが追加されるまではほとんど採用されないだろう。
冒涜の球体
【ネメシス】
1コストアミュレット
カウントダウン 25
自分のフォロワーが破壊されるたび、このアミュレットのカウントダウン を1進める。自分のフォロワーが進化するたび、このアミュレットのカウントダウン を2進める。
ラストワード 冒涜の化身1体を出す。
ファンファーレ エンハンス 5; カウントダウン を15進める。
操り人形の回収に特化した構築を組めば、6~7ターン目にはラストワードの発動を狙うことができる。とは言えそのような構築を組む場合、フラワードールなどの低ステータスのフォロワーの採用が欠かせなくなり、冒涜の化身の効果にブレが生まれてしまうため、現時点では一線級で活躍させるのは難しいだろう。
機構二輪の天使
【ネメシス】
3コスト3/3(5/5)
【進化前】
ファンファーレ アナライズアーティファクト1枚とエンシェントアーティファクト1枚をデッキに加える。
3/3/3の優秀なステータスに加え、アーティファクトネメシスのエンジンとも言える2枚のアーティファクトを埋め込むことができる。ただし3ターン目はアーティファクトカードを手札に加えたいことが多く、採用例は多くないカードだ。
ドールロード・ヴィオラ
【ネメシス】
3コスト3/3(5/5)
【進化前】
自分の場に操り人形が出るたび、それを+0/+2する。
【進化後】
自分の場に操り人形が出るたび、それを+0/+2する。
進化時 操り人形1枚を手札に加える。
操り人形の体力を強化したところでターン終了時に破壊されてしまうため、レジスタンスの指導者・ルキナとのコンボが前提となるカード。構築に工夫が必要となるが、ハマれば強力なものであり、採用しているプレイヤーも少なくない。

Eランクの新カード

カード名注目ポイント
香味の天使・レイズ
【ニュートラル】
2コスト2/2(4/4)
【進化前】
ファンファーレ エンハンス 4; カードを1枚引く。
2コストでプレイしても、エンハンスでプレイしたとしても力不足感が否めない。より優先度の高いカードはいくらでも存在するので、採用を見かけることはほとんどない。
パブマスター
【ニュートラル】
3コスト2/3(4/5)
【進化前】
ファンファーレ 自分のリーダーの体力が相手より少ないなら、相手のリーダーに2ダメージ。
ファンファーレの能力はアグロデッキ向けの効果だと言えるが、発動条件がヴァンパイア以外のアグロデッキと噛み合わない。ほとんど採用を見かけないカードである。
ハイエンチャンター
【ニュートラル】
4コスト4/3(6/5)
【進化前】
ファンファーレ 研磨の魔法1枚を手札に加える。
研磨の魔法を加える効果を活かして、死の淵に立つ者を軸としたデッキなど、一部のコンセプトデッキで採用されそうなカード。とは言えあくまでファンデッキの域を出ないため、一線級での活躍は難しい。
進化の導き手・レイナ
【ニュートラル】
7コスト6/6(8/8)
【進化前】
ファンファーレ 進化していない自分の他のフォロワー1体は「EPを消費せず進化できる」を持つ。
(1ターンに1体しか進化できない制限はある)
状況次第では有効に働くこともある能力ではあるが、打点の底上げを行いたいのであれば基本的には飢餓の絶傑・ギルネリーゼで済むことが多い。そのため採用されることはほとんどない。
大鎧のミノタウロス
【ニュートラル】
7コスト6/5(8/7)
【進化前】
アクセラレート 4; ミノタウロス2体を出す。
----------
守護
このフォロワーが攻撃されるとき、+0/+2する。
【進化後】
守護
このフォロワーが攻撃されるとき、+0/+2する。
4コストと7コストで使い分けが可能な点は優秀だが、どちらもあまり魅力的な性能とは言えない。同コスト帯のフォロワーと比べると大きく見劣りするため、採用されることはほとんどないだろう。
心読む少女・ミツェル
【エルフ】
2コスト2/2(4/4)
【進化前】
攻撃時 フォロワーへ攻撃したなら、相手のターン終了まで、そのフォロワーの攻撃力を0にして、自分のターン終了まで、このフォロワーの攻撃力を0にする。
【進化後】
進化前と同じ能力。
攻撃時の効果と不殺の刻印を組み合わせるなどの動きが考えられるが、このカード1枚では盤面に触ることができない。実質バニラになってしまうケースも多く、ほとんど採用されることはない。
森の巫女・パメラ
【エルフ】
6コスト4/5(6/7)
【進化前】
自分のターン終了時、このターン中にカードを4枚以上プレイしていたなら、自分の他のフォロワーすべての攻撃力/体力を2倍にして、この能力を失う。
【進化後】
進化前と同じ能力。
煌刃の戦士・ベイルフェアリーウィスプといった、0コストのカードと組み合わせることで効果を発動しやすくなる。しかしコンボパーツが揃うのであれば、同じような条件でOTKが狙えるユグドラシルを軸にデッキを組んだほうが効率的であり、あまり採用されないカードとなっている。
神速の歩法
【ロイヤル】
2コストスペル
自分のフォロワー1体を+0/+1する。そのフォロワーは突進必殺 を持つ。
低コストフォロワーを対象として、相手の大型フォロワーを倒すなど有効に働く場面もある。しかし単体では腐ってしまうことや、テンポロスを起こしてしまうため、採用されることはほぼない。
ウォードッグ
【ロイヤル】
3コスト3/3(5/5) 兵士
【進化前】
ファンファーレ エンハンス 6; 相手のリーダーに3ダメージ。
標準以上のステータスを持っているが、ほとんどのクラスが3点除去を有しており、簡単に処理されてしまう。エンハンスも疾走フォロワーが豊富なロイヤルでは霞んでしまうため、採用されることはほとんどない。
狂槍のケンタウロス
【ロイヤル】
7コスト5/5(7/7) 兵士
【進化前】
他のカードの能力で、このカードが手札から捨てられたなら、ランダムな相手のフォロワー1体に1ダメージ。
ファンファーレ ランダムな相手のフォロワー1体に1ダメージ。これを4回行う。
マジックディーラー・エルネスタなどと組み合わせての運用が考えられるが、現状のカードプールではディスカード軸のデッキを構築するのが難しい上、どちらの能力もいまひとつ。そのため採用を見かけることはほとんどない。
ケンタウロスシャーマン
【ウィッチ】
5コスト4/5(6/7)
【進化前】
ファンファーレ 土の秘術 +1/+0して、突進 を持つ。
ファンファーレ能力を発動できなければ5/4/5のバニラになってしまう上、能力を発動できたとしてもコストパフォーマンスはいまひとつ。採用を見かけることはほとんどない。
力の鍛造
【ドラゴン】
2コストスペル
相手のフォロワー1体に「自分のフォロワーの最大攻撃力の値」と同じダメージ。
エンハンス 7; ダメージを与える前に、ドラゴン1体を出す。
大ダメージを狙うことのできるスペルではあるが、単体で腐ってしまう点やエンハンス効果の物足りなさが目立つ。現状のドラゴンに採用するのは難しい。
精霊竜姫
【ドラゴン】
3コスト2/2(4/4)
【進化前】
このフォロワーへのダメージを-1する。
ファンファーレ 氷結のドラゴン1枚を手札に加える。
【進化後】
このフォロワーへのダメージを-1する。
自身へのダメージを-1する効果により、氷結のドラゴンはもちろん、侮蔑関連のカードとの噛み合わせが良い。ただし、このカードよりも優先したいカードが多く存在しているため、見かける機会はあまりない。
岩食い竜
【ドラゴン】
4コスト2/5(4/7)
【進化前】
守護
【進化後】
守護
進化時 覚醒 状態なら、+3/+0する。
2ターン目の竜の託宣から3ターン目にプレイできれば強力だが、同じ4コストにより防御性能の高いグリフォンの守衛が存在する。優秀なグリフォンの守衛ですら採用率が低いため、このカードが採用されることはほとんどない。
怒れる豪炎のドラゴン
【ドラゴン】
8コスト6/8(8/10)
【進化前】
ファンファーレ ダメージを受けている相手のフォロワーすべてを破壊する。
コストが重く、ドラゴニュートの威圧などの除去カードと組み合わせて使うのが難しい。正義のドラグーンでチョイスした竜の翼とのコンボなども考えられるが、二度手間になってしまうため、採用されることはほとんどない。
沈黙の詩
【ネクロマンサー】
1コストスペル
カードを1枚引く。
自分のフォロワー1体は、能力すべて(攻撃力/体力はそのまま)を失う。
エンハンス 4; 自分のフォロワー1体ではなくお互いのフォロワーすべては、能力すべて(攻撃力/体力はそのまま)を失う。
飢餓の使徒ゴーストなどとのコンボが考えられるが、コンボが前提となる割には効果が薄い。また相手のフォロワーの効果を打ち消したいのであれば沈黙の粛清で済んでいるため、採用されることはほとんどない。
沈黙の狂信者
【ネクロマンサー】
4コスト2/4(4/6)
【進化前】
必殺
【進化後】
進化前と同じ能力。
標準的なステータス+必殺とかなりパワーが控えめなカード。特に採用したいデッキもないことから、採用されることはほぼない。
マミー・メリエン
【ネクロマンサー】
5コスト5/5(5/5)
【進化前】
このフォロワーは守護 を無視してリーダーを攻撃できる。
このフォロワーは、フォロワーを攻撃不能。
【進化後】
疾走
このフォロワーは守護 を無視してリーダーを攻撃できる。
(フォロワーを攻撃可能)
凶暴化飢餓の輝きと組み合わせることで大ダメージを与えられるが、コンボが前提となる割にはダメージ量が少ない。EPが無くなった後の使い勝手も悪いため、ほとんど使われることはない。
暴食の女帝
【ネクロマンサー】
7コスト5/5(7/7)
【進化前】
自分の他のフォロワーが破壊されるたび、自分のリーダーを2回復。
ファンファーレ 「自分のPP最大値」以下のコストのネクロマンサー・フォロワー(暴食の女帝を除く)をランダムに1枚、自分のデッキから場に出し、そのフォロワーを破壊する。
【進化後】
自分の他のフォロワーが破壊されるたび、自分のリーダーを2回復。
現在のローテーションのカードプールには、強力なラストワードを持つカードが少なく、このカードが持つ能力を活かすことが難しい。ほとんど見かけないカードになるだろう。
姦淫の狂信者
【ヴァンパイア】
4コスト4/3(6/5)
【進化前】
ファンファーレ 自分のリーダーに1ダメージ。相手のリーダーか相手のフォロワー1体に1ダメージ。
ファンファーレで自傷を行える点は悪くないが、4コストとやや重たい上、ダメージ効果も物足りない。そのため採用を見かけることはほとんどない。
アリオーシュ
【ヴァンパイア】
8コスト5/5(7/7)
【進化前】
アクセラレート 3; 相手のリーダーと相手のフォロワーすべてに1ダメージ。
----------
ファンファーレ 相手のリーダーと相手のフォロワーすべてに2ダメージ。
除去に寄った効果を持っているため、採用するのであればミッドレンジ〜コントロールタイプのデッキになる。現状ローテーションのカードプールではコントロールヴァンパイアの活躍は難しく、ほとんど見かけないカードとなっている。
イビルアルミラージ
【ビショップ】
2コスト0/2(2/4)
【進化前】
必殺
【進化後】
進化前と同じ能力。
ビショップの2コスト帯にはユニコーンナイト宝石の巫女など優秀なフォロワーが多く、ただ必殺を持っているだけのこのカードの採用優先度はどうしても低くなる。ほとんど見かけることのないカードだ。
戦場の審問官
【ビショップ】
9コスト5/5(7/7)
【進化前】
アクセラレート 5; 相手のフォロワー1体か相手のアミュレット1つを破壊する。
----------
ファンファーレ 相手のフォロワー1体か相手のアミュレット1つを破壊する。
9ターン目にもなればフィニッシャーをプレイしたいことがほとんどのため、基本的には5コストでの運用を考えることになる。しかし類似した効果を持つカードには、より汎用性の高い天罰の神父熾天使の剣が存在するので、そちらを優先することがほとんど。
破壊の狂信者
【ネメシス】
5コスト4/5(6/7)
【進化前】
ファンファーレ 自分の場に他のネメシス・フォロワーかカウントダウン を持たないネメシス・アミュレットがあるなら、その中から1枚を破壊して、アナライズアーティファクト1体を出す。
効果の発動条件からリーシェナネメシスでの採用が考えられるが、先攻5ターン目には破壊の絶傑・リーシェナの進化を、後攻5ターン目には破壊のカウントを進めることを優先させたい。能力自体は悪くないが、相性の良いデッキがないためまず見かけない。
マリオネットドラゴン
【ネメシス】
8コスト7/7(9/9)
【進化前】
自分の場に操り人形が出るたび、相手のリーダーに1ダメージ。
ファンファーレ 操り人形2枚を手札に加える。
【進化後】
自分の場に操り人形が出るたび、相手のリーダーに1ダメージ。
操り人形を加えるにしても、ダメージを与えるにしても、人形の少女・オーキスに勝っている点がほとんどない。このカードを採用するのであれば、代わりに防御的なカードを優先し、10ターン目の復讐の人形遣い・ノアに繋げる方が効率的だ。

アンリミテッドの評価

▼ローテーションでの評価はこちら

目次

Sランクの新カード

カード名注目ポイント
真実の狂信者
【ウィッチ】
9コスト3/5(5/7)
【進化前】
疾走
スペルブースト コスト-1
【進化後】
疾走
スペルブーストによるコスト軽減がドロシーウィッチと相性が良く、同じ効果を持つ刃の魔術師とともに3枚採用される場合がほとんど。ドロシーウィッチ復権の立役者といっても過言ではないカードだ。
いにしえの聖域
【ビショップ】
5コストアミュレット
カウントダウン 3
ファンファーレ ラストワード バロン1体を出す。
ファンファーレとラストワードで合計2体のバロンを展開でき、コストパフォーマンスに優れたアミュレット。黄金都市でカウントダウンを進められれば、さらに強力なカードへと変貌する。

Aランクの新カード

カード名注目ポイント
氷獄の王・サタン
【ニュートラル】
9コスト7/7(9/9)
【進化前】
アクセラレート 3; コキュートスカード の中から、ランダムに異なる4枚をデッキに加える。
----------
ファンファーレ 自分のデッキをコキュートスカード のデッキにする。
コストの重さから採用するデッキは選びがちだが、PPブーストの得意なランプドラゴンであれば採用できるカード。ローテーションと比べると、あまり活躍できないが使用者も多いカードだ。
強者の威風
【エルフ】
2コストスペル
攻撃力最小の相手のフォロワー1体に5ダメージ(攻撃力最小のフォロワーが複数いるなら、その中からランダムに1体)。
2コストで5点と驚異のダメージ量を誇るカードであり、中盤〜終盤でも腐ることがほとんどない。デッキタイプを選ばずに採用できるカードのため、様々なデッキで見かけるカードである。
マジックディーラー・エルネスタ
【ロイヤル】
2コスト2/2(4/4) 兵士
【進化前】
ファンファーレ 自分の手札1枚を捨てる。カードを1枚引く。
ファンファーレ能力により、ドローを進めることができる。スパルタクスロイヤルでは、ウェポンディーラー・イルミスナと併せて採用されることが多い。
白翼の戦神・アイテール
【ロイヤル】
3コスト2/3(4/5) 指揮官
【進化前】
ファンファーレ 「自分のPP最大値に+1した値」以下でコスト最大のロイヤル・フォロワーをランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える。
【進化後】
進化時 自分の他のフォロワーすべてを+0/+1する。
ファンファーレ能力により、マナカーブを安定させられる点が何よりの魅力。3ターン目にプレイして先陣の騎兵を、7ターン目にプレイして高潔なる騎士・レイサムをサーチするなど、様々な強力な動きに繋がる非常に優秀なカードだ。
ウェポンディーラー・イルミスナ
【ロイヤル】
3コスト2/3(4/5) 兵士
【進化前】
ファンファーレ 自分の手札1枚を捨てる。スペルかアミュレットをランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える。
構築を工夫する必要があるが、鉄壁の城塞スパルタクスロイヤルでの新たなる運命の確定サーチ手段として有用なカード。他にも特定のスペルやアミュレットへの依存度が高いデッキでは、優先して採用したいカードになる。
マスターディーラー・アルヤスカ
【ロイヤル】
7コスト5/9(7/11) 兵士
【進化前】
守護
ファンファーレ 手札のカード1枚を選択して、選択したカード以外の手札をすべて捨てる。「捨てたカードの枚数」と同じだけカードを引く。
【進化後】
守護
4枚目以降の新たなる運命として、スパルタクスロイヤルでの活躍が期待される。1枚手札を抱えておくことができるため、アルヤスカから新たなる運命に繋げやすい点はもちろん、体力の高い守護という点も高評価だ。
舞い踊る刃・ディオネ
【ロイヤル】
10コスト3/3(5/5) 兵士
【進化前】
アクセラレート 2; 相手のフォロワー1体に3ダメージ。
アクセラレート 7; 相手のフォロワーすべてに3ダメージ。
----------
疾走
このフォロワーは、1ターンに2回攻撃できる。
【進化後】
疾走
このフォロワーは、1ターンに2回攻撃できる。
単体除去、全体除去、フィニッシャーと、3つの使い分けが行える汎用性の高さが最大の魅力。抜刀術で5ターン目にディオネを繰り出し、進化を行えば、10点もの大ダメージを叩き込むことも可能だ。
魔術の一撃
【ウィッチ】
2コストスペル
相手のフォロワー1体に3ダメージ。
土の魔片1枚を手札に加える。
2コスト3点のコストパフォーマンスの良い除去スペルでありながら、土の秘術発動のサポートまで行える。秘術ウィッチではもちろん、スペルを軸としたデッキでも採用候補に挙がるカードだ。
正義のドラグーン
【ドラゴン】
3コスト2/3(4/5)
【進化前】
・竜の翼
・ドラゴンクロー
ファンファーレ チョイス したカード1枚を手札に加える。
標準ステータス+打点になるドラゴンクローの補充が強力。相手が体力1のフォロワーを並べることもそれなりにあるので、嵐の翼の活躍シーンも買われ、採用例の多いカードだ。
悪意の憑依
【ネクロマンサー】
2コストスペル
相手のフォロワー1体に2ダメージ。
ゴースト1体を出す。
2ダメージ+ゴーストで、合計3点の当て先を振り分けられるのが優秀。2面処理を狙えるほか、状況次第ではゴーストによってリーサルを狙えるケースもある。
ライカンベルセルク
【ヴァンパイア】
2コスト2/2(4/4)
【進化前】
ラストワード 破壊される直前の攻撃力が4以上だったなら、ブラッドムーン1枚を手札に加え、そのコストを1にする。
【進化後】
進化前と同じ能力。
ラストワードの発動条件である攻撃力4以上は、進化を行ったり、フルフルの効果でこのカードをバフするなど、比較的容易に達成できる。復讐状態に入るのがかなり楽になるため、復讐(バフ)ヴァンプは大きく立ち位置を上げることも考えられる。
レイジコマンダー・ラウラ
【ヴァンパイア】
4コスト3/3(5/5)
【進化前】
ファンファーレ 復讐 状態なら、手札のヴァンパイア・フォロワー1枚は疾走 を持つ。このターンが自分の10ターン目かそれ以降で、復讐 状態なら、1枚ではなく手札のヴァンパイア・フォロワーすべては疾走 を持つ。
【進化後】
疾走
復讐状態限定ではあるが、手札のヴァンパイア・フォロワーに疾走を付与する強力な効果を持つ。進化を行えば自身も疾走フォロワーになるため、打点として数えられる点も優秀だ。
ディアボロス・アギト
【ヴァンパイア】
5コスト4/2(6/4)
【進化前】
突進
このフォロワーは、カードの能力によって破壊されない。
ファンファーレ +0/+Xする。Xは「このバトル中、自分のターン中に自分のリーダーがダメージを受けた回数」である。
【進化後】
突進
このフォロワーは、カードの能力によって破壊されない。(攻撃によるダメージや、能力によるダメージでは破壊される)
自傷カードが豊富なアンリミテッドでは、このカードの体力がかなり高くなりやすい。除去耐性も持っているため、場残りがよく次のターンのダメージにもきたいが持てる。
聖騎士・ヘクター
【ビショップ】
7コスト5/6(7/8)
【進化前】
ファンファーレ 自分の墓場が9枚以上なら、聖騎兵2体を出す。
ファンファーレ ターン終了まで、自分の他のフォロワーすべては+2/+0されて、突進 を持つ。
高い盤面制圧力を持っており、これまで採用されていた高コストのカードを差し置いて様々なデッキに採用されているカード。ビショップはアミュレットで墓場の枚数を稼ぐことができるため、発動条件もそこまで難しいものではない。

Bランクの新カード

カード名注目ポイント
ソードエンジェル・エフェメラ
【ニュートラル】
2コスト3/1(5/3)
【進化前】
ファンファーレ 自分の場に他のフォロワーがいないなら、突進 を持つ。
【進化後】
進化時 自分の場に他のフォロワーがいないなら、+2/+2する。
ニュートラルカードを軸とするニュートラルエルフなどでは採用される可能性が十分にある。環境次第では見かける機会もそれなりにある。
月の刃・リオード
【ロイヤル】
2コスト1/3(3/5) 指揮官
【進化前】
潜伏
【進化後】
潜伏
進化時 隠伏天誅1枚を手札に加える。
進化時に加わる隠伏天誅が強力で、様々なデッキでの採用が検討できる。指揮官タイプを持っているので、鉄壁の城塞を起動したり、アグロロイヤルではアサシンの潜伏で打点を稼いだりと、枠の問題さえ解消されれば、採用候補に挙がるカードだ。
狂槍のケンタウロス
【ロイヤル】
7コスト5/5(7/7) 兵士
【進化前】
他のカードの能力で、このカードが手札から捨てられたなら、ランダムな相手のフォロワー1体に1ダメージ。
ファンファーレ ランダムな相手のフォロワー1体に1ダメージ。これを4回行う。
マジックディーラー・エルネスタなどと組み合わせての運用が考えられるが、現状のカードプールではディスカード軸のデッキを構築するのが難しい上、どちらの能力もいまひとつ。そのため採用を見かけることはほとんどない。
天外の華・エレノア
【ウィッチ】
3コスト3/3(5/5)
【進化前】
ファンファーレ 手札の「スペルブースト された回数が3回未満のカード」1枚を、3回スペルブースト された状態にする。
【進化後】
進化時 美麗なる術式1枚を手札に加える。
ファンファーレ、進化時の能力ともに優秀だが、戦いが長引くほど扱いづらい効果になる点や、同じくEPを使いたいフォロワーにマジックオウルが存在する点が気に掛かる。そのためローテーションと比べると、採用を見かける機会は少ない。
マナリアライター・ティコ
【ウィッチ】
3コスト3/2(3/2) マナリア
【進化前】
ラストワード マナリアの防陣1枚を手札に加える。
【進化後】
ラストワード マナリアの秘術1枚を手札に加える。
低コストのマナリアカードであり、マナリアウィッチに素直に採用できる。見かける機会もそれなりにあるカードだ。
トラロック
【ドラゴン】
4コスト5/3(7/5)
【進化前】
効果なし
【進化後】
進化時 相手のリーダーと相手のフォロワーすべてに1ダメージ。
このバトル中、自分のリーダーは「自分のフォロワーが攻撃するとき、自分の残りのPPが3以上なら、自分のPPを3消費して、相手のリーダーと相手のフォロワーすべてに1ダメージ」を持つ。リーダーはこの能力を重複して持たない。
7PPに進化を行い、攻撃することで、イスラーフィールのように扱うことができる。竜の託宣から3ターン目にプレイする動きも魅力的で、ランプドラゴンを中心に、様々なデッキで採用が検討できるだろう。
地獄の君主・ゼベット
【ネクロマンサー】
4コスト4/4(4/4)
【進化前】
ファンファーレ エンハンス 7; 絶速の甲虫、絶死の毒蜂、絶護の魔蠍、絶刃の蟷螂、絶伏の怪蝶の中から、ランダムに1体を出す。
エンハンス 10; さらに2体出す。
【進化後】
進化時 絶速の甲虫、絶死の毒蜂、絶護の魔蠍、絶刃の蟷螂、絶伏の怪蝶の中から、ランダムに1体を出す。
進化時、エンハンスともに強力な能力を持っており、ミッドレンジネクロを中心に様々なデッキでの採用されている。現在のオシリス骨の貴公子の枠に素直に採用できる1枚だ。

Cランクの新カード

カード名注目ポイント
唯我の一刀
【ニュートラル】
5コストスペル
自分のフォロワーが進化したとき、自分の場のフォロワーが1体なら、このカードのコストを3にする。
相手のフォロワー1体か相手のアミュレット1つを破壊する。
発動条件を満たすことで、わずか3コストでフォロワーもしくはアミュレットの除去を行えるコストパフォーマンスの良いスペル。発動条件や枠の兼ね合いもあるため、採用はコントロールタイプのデッキなどがメインになる。
無窮の輝石・カーバンクル
【エルフ】
4コスト2/2(4/4)
【進化前】
アクセラレート 2; カードを1枚引く。カーバンクルの煌めき1枚をデッキに加える。
----------
ファンファーレ カーバンクルの輝き4枚をデッキに加える。
【進化後】
進化時 自分のリーダーを2回復。自分のPPを2回復。
デッキに加えるカーバンクルの煌めきが強力なため、OTKエルフでは採用候補に挙がるカード。とは言えEPを使用しなければ扱いづらいため、採用枚数についてはしっかりと考える必要がある。
神速の歩法
【ロイヤル】
2コストスペル
自分のフォロワー1体を+0/+1する。そのフォロワーは突進必殺 を持つ。
低コストフォロワーを対象として、相手の大型フォロワーを倒すなど有効に働く場面もある。しかし、単体で腐ってしまう点、テンポロスが気になるため、採用されることはあまりない。
兵士の誓い
【ロイヤル】
5コストアミュレット
自分が指揮官・フォロワーをプレイしたとき、コストXの兵士・フォロワーをランダムに1枚、自分のデッキから場に出す。Xは「その指揮官・フォロワーの元のコストの値」である。
性能自体は魅力的だが、このカードをプレイするテンポロスが大きく、アンリミテッドの高速環境に付いていけていない。そのため、あまり採用を見かけないカードとなっている。
炎獅子の大将軍
【ロイヤル】
8コスト4/4(6/6) 指揮官
【進化前】
直接召喚 自分のターン開始時、このバトル中に破壊された自分のフォロワーが15体以上なら、このカードを1枚、自分のデッキから場に出す。
突進
攻撃時 自分の他のフォロワーすべてを+1/+1する。
【進化後】
突進
攻撃時 自分の他のフォロワーすべてを+1/+1する。
横展開できるカードが豊富なアンリミテッドでは、直接召喚を狙いやすい。盤面を強化し戦うミッドレンジロイヤルとの相性が良く、3枚採用されていることも少なくない。
眠れる災厄獣
【ウィッチ】
3コスト2/3(4/5)
【進化前】
守護
ファンファーレ 土の秘術 +2/+0する。
ファンファーレ エンハンス 8; 相手のリーダーと相手のフォロワーすべてに「このフォロワーの攻撃力の値」と同じダメージ。
【進化後】
守護
エンハンスの発動を狙っての採用がメインになるが、リノセウス魔将軍・ヘクターの存在を考えると、エンハンス8はやや遅い。1枚程度であれば採用するのも悪くないだが、秘術ウィッチの大幅な強化には繋がっていない。
侮蔑の狂信者
【ドラゴン】
2コスト2/2(4/4)
【進化前】
ファンファーレ ランダムな自分の他のフォロワー1体に1ダメージ。ランダムな相手のフォロワー1体に1ダメージ。
侮蔑カードの効果を発動させながら、相手の盤面にも干渉できる強力なカード。激戦区であるドラゴンの2コスト帯の中でも優秀であり、複数枚採用されていることもある。
侮蔑の嘲笑
【ドラゴン】
2コストスペル
相手のフォロワー1体に3ダメージ。
エンハンス 4; その後、お互いのフォロワーすべてに1ダメージ。
性能自体は言うまでもなく優秀だが、侮蔑の炎爪と枠を争うことになる。優先度はどうしても侮蔑の炎爪の方が高いが、スケルトンなどの展開を一枚で捌くことができる貴重なカードであり、ある程度枚数を絞って採用される。
忌まわしき紫竜
【ドラゴン】
6コスト4/4(6/6)
【進化前】
このフォロワーがダメージを受けたとき、このフォロワーが破壊されなかったなら、カードを2枚引く。
【進化後】
進化前と同じ能力。
侮蔑の信者侮蔑の炎爪と組み合わせることで2枚のドローを進められる、優秀なドローソース。コストがやや重いため、採用枚数についてはしっかりと考える必要があるが、様々なデッキで採用候補に挙がる。
禁絶の腕・ニコラ
【ネクロマンサー】
2コスト1/1(3/3)
【進化前】
ファンファーレ このフォロワーの攻撃力が4以上なら、禁絶の一撃1枚を手札に加え、このフォロワーの攻撃力を1にする。
ラストワード 禁絶の腕・ニコラ1枚を手札に加え、+X/+0する。Xは「破壊される直前の攻撃力の値」である。
【進化後】
ラストワード 禁絶の腕・ニコラ1枚を手札に加え、+X/+0する。Xは「破壊される直前の攻撃力の値」である。
能力自体は悪くないが、アンリミテッドにはよろめく不死者デーモンイーターなどの優秀な2コストフォロワーが多い。そのためあまり見ないカードである。
姦淫の口付け
【ヴァンパイア】
1コストスペル
相手のフォロワー1体に2ダメージ。
お互いのリーダーを1回復。
わずか1コストで2ダメージを与えられる、コストパフォーマンスに優れたスペル。回復効果も優秀で、コントロールヴァンプであればほぼ確実に採用されるカードになっているが、現状のコントロールデッキの立ち位置の低さからこの評価となった。
片翼の悪魔・ピユラ
【ヴァンパイア】
2コスト2/2(4/4)
【進化前】
ファンファーレ 手札のヴァンパイア・フォロワー1枚を+1/+0する。
【進化後】
進化時 手札のヴァンパイア・フォロワーすべてを+1/+0する。
効果を疾走フォロワーを対象に発動することで、ファンファーレで1点、進化時にさらに1点分のダメージを予約することができる。自傷効果を持たないことから、自傷ヴァンプ蝙蝠ヴァンプでの採用は難しいが、従来のアグロヴァンプのようなデッキであれば採用されることもある
フルフル
【ヴァンパイア】
3コスト2/3(4/5)
【進化前】
ファンファーレ 手札のヴァンパイア・フォロワー1枚を+2/+0する。
手札のフォロワーを強化しつつ、自身も標準ステータスとなかなかの性能を持っている。アグロ(自傷)ヴァンプを始めとした攻撃的なデッキで見かける機会が多い。
セイントガンナー・コレット
【ビショップ】
2コスト2/2(4/4)
【進化前】
ファンファーレ 「僧侶の聖水1枚を手札に加える」「ランダムな相手のリーダーか相手のフォロワー1体に1ダメージ」の中から、ランダムに1つの能力が働く。
どちらの効果が選ばれたとしても、聖なる弓使い・クルトの打点の補助に繋がる。ステータスも2/2/2と悪くなく、天狐ビショップではホーリープリースト・ロレーナに代わって採用されることもある。
審判の聖女・ライナ
【ビショップ】
6コスト4/5(4/5)
【進化前】
ファンファーレ 攻撃力最小の自分の他のフォロワーを+1/+2する(攻撃力最小のフォロワーが複数いるなら、それらすべてを+1/+2する)。
【進化後】
進化時 攻撃力最大の相手のフォロワーを破壊する(攻撃力最大のフォロワーが複数いるなら、それらすべてを破壊する)。
性能自体は魅力的だが、コストの重さからアンリミテッドではやや扱いづらい。また現在主流のセラフビショップなどとの相性はいまひとつなことから、この評価とした。
破壊の愉悦
【ネメシス】
1コストスペル
自分のネメシス・フォロワー1体かカウントダウン を持たない自分のネメシス・アミュレット1つを破壊する。相手のフォロワー1体に4ダメージ。
(このカードは、自分の場と相手の場に選択できるカードがあるなら、プレイできる)
発動条件こそあるものの、1コスト4ダメージと破格のコストパフォーマンスを持つ。リーシェナネメシスであれば、無理なく採用できるカードだ。
異次元からの侵略
【ネメシス】
4コストスペル
体力4以下の相手のフォロワー1体を消滅させる。
アーティファクト・カードをランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える。共鳴 状態なら、1枚ではなく2枚手札に加える。
扱い勝手の良い除去スペルでありながら、アーティファクトを引き込めない事故の解消にも繋がる。すり替わりの存在もあって、枚数調整は必要だが、アーティファクトネメシスでは無理なく採用できるカードである。

Dランクの新カード

カード名注目ポイント
異界を統べる者
【ニュートラル】
7コスト6/6(8/8)
【進化前】
ファンファーレ 相手のリーダーのクラスのベーシックカードの中から、ランダムに異なる2枚を手札に加え、それらのコストを-3する。
効果は優秀であるが、ローテーションよりも展開が早くなりやすいアンリミテッドでは、コストの高さが少し気がかり。同コスト付近の優秀なカードもローテーションより豊富なため、積極的に採用されることは少ない。
アーボリスト・ライラ
【エルフ】
1コスト1/1(3/3)
【進化前】
ファンファーレ 攻撃力4以上の自分の他のフォロワー1体を+1/+1する。
エンハンス 4; 1体ではなく、(攻撃力にかかわらず)自分の他のフォロワーすべてを+1/+1する。
基本的にはエンハンスでのプレイを狙っていくことになるが、水晶の指揮者・リリィ妖精の調べと比べると扱いづらさが目立つ。そのため採用されることはあまりない。
不殺の狂信者
【エルフ】
2コスト2/2(4/4)
【進化前】
ラストワード ランダムな相手のフォロワー1体を-2/-0する。
【進化後】
進化前と同じ能力。
コントロールデッキ向けの性能を持っているが、現状アンリミテッドではコントロールエルフの活躍が難しい。そのため目立った活躍はできていない。
狂気のダークエルフ
【エルフ】
3コスト4/1(6/3)
【進化前】
突進
攻撃時 フェアリー1枚を手札に加える。
ファンファーレ エンハンス 6; +3/+3する。
【進化後】
突進
攻撃時 フェアリー1枚を手札に加える。
3コスト版の森荒らしへの報いのように扱えるため、4点除去が重宝するような環境であれば採用候補に挙がるカード。枠の捻出は難しいが、採用を見かける機会は稀にある。
ルナールツインズ・リナ&レナ
【エルフ】
4コスト2/4(2/4)
【進化前】
疾走
ファンファーレ このターン中に(このカードを含めず)カードを2枚以上プレイしていたなら、進化する。
【進化後】
疾走
このフォロワーは、1ターンに2回攻撃できる。
性能自体は悪くないが、アンリミテッドにはリノセウスビートルウォーリアー妖精の使役者など、優秀な疾走フォロワーが多数存在する。そのため、このカードが採用されることはあまりないだろう。
森の戦士
【エルフ】
5コスト4/5(6/7)
【進化前】
このフォロワーの攻撃力か体力が能力で+されたとき、相手のフォロワーすべてに2ダメージ。
【進化後】
進化前と同じ能力。
能力自体は魅力的だが、現在アンリミテッドで活躍しているOTKエルフアグロエルフとの相性はいまひとつ。アンリミテッドではコントロールタイプのデッキの活躍が難しいこともあり、採用を見かけることはあまりない。
獣戦士・セタス
【エルフ】
5コスト3/7(5/9)
【進化前】
守護
自分のターン終了時、このターン中に自分のフォロワーが破壊されていたなら、仁義の発動1枚を手札に加える。
【進化後】
進化前と同じ能力。
性能自体は悪くないが、7~8ターン目で決着が付いてしまうアンリミテッドでは、コントロールデッキの活躍が難しい。現在主流のOTKエルフアグロエルフとの相性はあまり良くないため、大幅に環境が変わらない限りは見かけないカードであるだろう。
森の巫女・パメラ
【エルフ】
6コスト4/5(6/7)
【進化前】
自分のターン終了時、このターン中にカードを4枚以上プレイしていたなら、自分の他のフォロワーすべての攻撃力/体力を2倍にして、この能力を失う。
【進化後】
進化前と同じ能力。
フェアリーウィスプなどの0コストのカードと組み合わせて使用することで効果を発動しやすくなるが、アンリミテッドではこのカードで盤面を作るよりもリノセウスでのOTKを狙う方が効率が良い。そのため見かける機会はあまりない。
ホーネットクイーン・バビー
【エルフ】
8コスト6/5(8/7)
【進化前】
自分のホーネットウォーリアーが相手のリーダーに攻撃するとき、蜂の毒針1枚を手札に加える。
ファンファーレ ホーネットウォーリアー2体を出す。
【進化後】
自分のホーネットウォーリアーが相手のリーダーに攻撃するとき、蜂の毒針1枚を手札に加える。
ポセイドンドラゴンナイツを綺麗に返すことができる点は魅力的だが、現環境ではコントロールタイプのエルフの活躍は難しい。森の女王・リザのラストワードの邪魔をしてしまいかねないコストも災いし、採用されることはほとんどないだろう。
簒奪の狂信者
【ロイヤル】
4コスト3/3(5/5) 兵士
【進化前】
突進
攻撃時 黄金の小剣、黄金の杯、黄金の靴、黄金の首飾りの中から、ランダムに1枚を手札に加える。
【進化後】
進化前と同じ能力。
性能自体は優秀だが、兵士であることから、現在主流となっている城塞ロイヤルとの相性はいまひとつ。そのためアンリミテッドでは、あまり見かけないカードである。
簒奪の舞
【ロイヤル】
5コストスペル
相手のフォロワーすべてに2ダメージ。
黄金の小剣、黄金の杯、黄金の靴、黄金の首飾りの中から、ランダムに異なる2枚を手札に加える。
貴重な全体ダメージ効果を持っているが、ロイヤルの盤面制圧力の高さを考えた場合、少し価値が下がってしまうカード。とは言えどちらの能力も悪くないので、環境次第では選択肢に入ってくる。
ハンマーソーサラー・ジオス
【ウィッチ】
2コスト1/1(1/1)
【進化前】
必殺
【進化後】
必殺
進化時スペルブースト を持たないウィッチ・スペル」をランダムに1枚、自分のデッキから公開して手札に加える。+X/+Xする。Xは「そのスペルの元のコストの値」である。
進化時のサーチ対象が、「スペルブーストを持たないウィッチスペル」と限定されており、構築次第では確定サーチとして運用することが可能。とは言え現時点ではあまり強力なコンボが見つからず、EPを他に回さなければいけない状況なども考えると、採用されることはあまりないだろう。
ラブリー★モニカ
【ウィッチ】
4コスト3/3(5/5)
【進化前】
ファンファーレ マジカルビースト・モーラ1体を出す。
【進化後】
進化時 相手のフォロワー1体に、「自分の場のフォロワーの数」と同じダメージ。
扱いやすい効果を持っているが、現環境で活躍しているドロシーウィッチなどとの相性はいまひとつ。開闢ウィッチなど一部のデッキタイプを除いて、採用されることはほとんどないだろう。
真実の掟
【ウィッチ】
7コストスペル
カードを自分の手札が9枚になるまで引く。
このカードのスペルブースト が9回以上なら、自分のPPを7回復。
アンリミテッドの環境では、真実の掟を発動できるようになる前に試合が終わってしまうケースも十分に考えられる。ドロースペルが足りないデッキも特に見当たらないため、あまり採用されないカードである。
アンネローゼ
【ドラゴン】
3コスト2/3(4/5)
【進化前】
ファンファーレ 覚醒 状態なら、相手のフォロワー1体に1ダメージ。
【進化後】
進化時 自分のPP最大値を+1する。
アンリミテッドには、ドラゴンナイト・アイラ水竜神の巫女など、優秀なPPブーストカードが多数存在する。アンネローゼはそれらと比べるとやや見劣りしてしまうため、見かける機会はあまり多くないだろう。
天翔けるドラゴニュート
【ドラゴン】
4コスト3/3(5/5)
【進化前】
直接召喚 自分が元のコスト7以上のカードをプレイしたとき、それがこのバトル中に4回目かそれ以降なら、このカードを1枚、自分のデッキから場に出す。
疾走
ファンファーレ 覚醒 状態でないなら、能力すべて(攻撃力/体力はそのまま)を失う。
【進化後】
疾走
庭園ゾーイなどでの採用を検討できるが、デッキのバランスを考えると少しやり過ぎ感が否めない。より爆発力を上げられるカードであることには間違いないが、見かける機会はあまり多くない。
憤怒の竜帝・乙姫
【ドラゴン】
7コスト3/4(5/6)
【進化前】
アクセラレート 1; 竜帝の近衛兵1体を出す。
----------
ファンファーレ 竜帝の近衛兵を場が上限枚数になるまで出す。(上限は5体)
効果自体は魅力的なものの、現在主流のフェイスドラゴンとの相性はいまひとつ。ナーフなどによって大幅な環境変更がない限り、見かける機会は少ないままだろう。
ボーンバッファロー
【ネクロマンサー】
2コスト2/2(4/4)
【進化前】
ファンファーレ エンハンス 4;ラストワード スケルトン2体を出す」を持つ。
アンリミテッドにはよろめく不死者デーモンイーターなど、優秀な2コストフォロワーが多い。そのためローテーションと比べると、採用を見かける機会は少ない。
暴食の女帝
【ネクロマンサー】
7コスト5/5(7/7)
【進化前】
自分の他のフォロワーが破壊されるたび、自分のリーダーを2回復。
ファンファーレ 「自分のPP最大値」以下のコストのネクロマンサー・フォロワー(暴食の女帝を除く)をランダムに1枚、自分のデッキから場に出し、そのフォロワーを破壊する。
【進化後】
自分の他のフォロワーが破壊されるたび、自分のリーダーを2回復。
類似した能力を持つネフティスに比べ、デッキ構築の際にコストの制限を受けない点がメリット。ただしそれ以外の点で劣る部分が多く、ダークアリス軸のデッキ以外での運用は難しそうだ。
昏く淀む者・タルタロス
【ネクロマンサー】
12コスト8/8(10/10)
【進化前】
アクセラレート 2; 昏く淀む者・タルタロス1体を場に出し、それを破壊する。暗闇を招く者1枚を手札に加える。
----------
潜伏
このフォロワーが潜伏状態で攻撃したなら、体力5以下の相手のフォロワーすべてを破壊する。
【進化後】
潜伏
このフォロワーが潜伏状態で攻撃したなら、体力5以下の相手のフォロワーすべてを破壊する。
アクセラレートで手札に加わる暗闇を招く者により、自身のリアニメイトを1枚で完結させられる点は優秀。ただし墓場の数をかなり必要とするため、ネクロマンスを持つカードを採用しづらいことを考えると、一線級での活躍は難しいだろう。
理性の崩壊
【ヴァンパイア】
3コストスペル
手札のヴァンパイア・フォロワーすべてを+2/+0する。
その後、復讐 状態なら、デッキのヴァンパイア・フォロワーすべてを+2/+0する。
効果自体のバリューは高いが、現在の主流であるアグロ(自傷)ヴァンプとはあまり相性が良くない。アンリミテッドではそこまで見かける機会がない。
楽園の聖獣
【ビショップ】
1コスト1/2(3/4)
【進化前】
自分のターン終了時、楽園の聖獣1枚をデッキに加える。
ファンファーレ エンハンス 4;コスト1以下のフォロワーをランダムに2枚、自分のデッキから場に出す。
【進化後】
自分のターン終了時、楽園の聖獣1枚をデッキに加える。
進化時 このバトル中、自分のリーダーは「自分のターン終了時、コスト1以下の自分のフォロワーすべてを+1/+0する」を持つ。リーダーはこの能力を重複して持たない。
自分のデッキに楽園の聖獣が2枚眠っている状態であれば、このカードをエンハンスでプレイし、進化を行うことで、2/2を3体展開することができる。ただし現在環境上位のセラフビショップとの相性はいまひとつであり、ローテーションと比べると見かける機会は少なそうだ。
セクメト
【ビショップ】
3コスト2/3(4/5)
【進化前】
自分のターン終了時、他のフォロワーすべてに1ダメージ。
相手のターン終了時、他のフォロワーすべてを+0/+1する。
【進化後】
自分のターン終了時、他のフォロワーすべてに2ダメージ。
相手のターン終了時、他のフォロワーすべてを+0/+2する。
進化前の効果はダメージ量が低く、侮蔑の従者などの効果を誘発してしまう可能性が懸念される。進化することで全体2点除去となるが、競合により扱いやすい詠唱:禁じられた儀式が存在しており、採用されることはあまりなさそうだ。
安息の狂信者
【ビショップ】
4コスト0/1(2/3)
【進化前】
自分のターン終了時、このフォロワーが攻撃していない状態なら、体力2以下の相手のフォロワーすべてを破壊する。
【進化後】
進化前と同じ能力。
上手く決まれば盤面の一掃も狙える、アグロデッキに対して特に有効なカード。相手に体力3以上のフォロワーがいる場合、一気に扱いづらい効果になるが、環境によっては採用候補に挙がる。
射殺す輝き
【ビショップ】
4コストスペル
ダメージを受けている自分のフォロワーすべての体力を上限まで回復。
相手のフォロワーすべてにXダメージ。Xは「回復した体力の合計」である。
現状能動的にダメージを受ける手段がほとんど存在せず、扱いづらい印象を受ける。飢餓の輝きと組み合わせてのコンボも考えられるが、ビショップには他にもテミスの審判などの優秀なAoEが存在するため、そこまで無理をする必要は感じられない。
冒涜の球体
【ネメシス】
1コストアミュレット
カウントダウン 25
自分のフォロワーが破壊されるたび、このアミュレットのカウントダウン を1進める。自分のフォロワーが進化するたび、このアミュレットのカウントダウン を2進める。
ラストワード 冒涜の化身1体を出す。
ファンファーレ エンハンス 5; カウントダウン を15進める。
操り人形の回収に特化した構築を組めば、6~7ターン目にはラストワードの発動を狙うことができる。とは言えそのような構築を組む場合、フラワードールなどの低ステータスのフォロワーの採用が欠かせなくなり、冒涜の化身の効果にブレが生まれてしまうため、現時点では一線級で活躍させるのは難しいだろう。
機構二輪の天使
【ネメシス】
3コスト3/3(5/5)
【進化前】
ファンファーレ アナライズアーティファクト1枚とエンシェントアーティファクト1枚をデッキに加える。
3/3/3の優秀なステータスに加え、アーティファクトネメシスのエンジンとも言える2枚のアーティファクトを埋め込むことができる。魔鉄の獅子イカロスオートメーションとのバランスを整える必要があるが、無理なく採用できるカードだと言える。
粛清の英雄・メイシア
【ネメシス】
3コスト2/3(4/5)
【進化前】
このフォロワーは相手リーダーを攻撃不能。
ファンファーレ カードを1枚引く。
【進化後】
(相手のリーダーを攻撃可能)
進化時 粛清の一刀1枚を手札に加える。
粛清の一刀とのコンボは強力だが、基本的には10PPを要するコンボであり、アンリミテッドでは少し遅い印象を受ける。テンポロスを起こさないドローソースと言えば聞こえは良いが、現状のネメシスの立ち位置を考えると、あまり見かけることはないだろう。
人形の支配者・リーアム
【ネメシス】
4コスト3/4(5/6)
【進化前】
ファンファーレ 操り人形1枚を手札に加える。
【進化後】
進化時 殺戮の人形・ツヴァイ1枚を手札に加え、そのコストを-1する。
ファンファーレ、進化時の能力ともに優秀だが、破壊の絶傑・リーシェナと同じコストであり、EPを食い合ってしまう点が気になる。今後の新カードで人形ネメシスが強化を受け、操り人形の価値がより高まれば、採用を見かけることも多くなりそうだ。
エンシェントブレイダー・ダイン
【ネメシス】
5コスト3/5(5/7)
【進化前】
突進
ファンファーレ 相手のリーダーと相手のフォロワーすべてに1ダメージ。このバトル中に破壊された自分のアーティファクト・カードのコストの合計が20以上なら、1ダメージではなく5ダメージ。
【進化後】
突進
アーティファクトカードを20コスト以上破壊するのは難しいため、主に突進と1点除去をメインとして使用することとなる。操り人形などと組み合わせることもできるので、リーシェナネメシスでは採用されることもある。
断罪者・シルヴィア
【ネメシス】
9コスト4/4(6/6)
【進化前】
アクセラレート 3; 相手のフォロワー1体に3ダメージ。その後、進化可能なターンで、自分のEPが残っているなら、自分のEPを1消費して、相手のフォロワーすべてに3ダメージ。
----------
守護
相手の能力で選択できない。
ファンファーレ 相手のリーダーか相手のフォロワー1体に4ダメージ。
【進化後】
守護
相手の能力で選択できない。
アクセラレートメインの全体除去カードとして捉えれば、スペック自体は悪くない。とは言え、進化を行える場合には強制的にEPを消費してしまう扱いづらさが目立つため、採用されることはあまりない。

Eランクの新カード

カード名注目ポイント
香味の天使・レイズ
【ニュートラル】
2コスト2/2(4/4)
【進化前】
ファンファーレ エンハンス 4; カードを1枚引く。
2コストでプレイしても、エンハンスでプレイしたとしても力不足感が否めない。より優先度の高いカードはいくらでも存在するので、採用を見かけることはほとんどない。
パブマスター
【ニュートラル】
3コスト2/3(4/5)
【進化前】
ファンファーレ 自分のリーダーの体力が相手より少ないなら、相手のリーダーに2ダメージ。
ファンファーレの能力はアグロデッキ向けの効果だと言えるが、発動条件がヴァンパイア以外のアグロデッキと噛み合わない。ほとんど採用を見かけないカードである。
ハイエンチャンター
【ニュートラル】
4コスト4/3(6/5)
【進化前】
ファンファーレ 研磨の魔法1枚を手札に加える。
研磨の魔法を加える効果を活かして、死の淵に立つ者を軸としたデッキなど、一部のコンセプトデッキで採用されそうなカード。とは言えあくまでファンデッキの域を出ないため、一線級での活躍は難しい。
繁栄の噴水
【ニュートラル】
4コストアミュレット
カウントダウン 3
自分のターン終了時、カードを1枚引く。
合計3ドローを行える点は悪くないが、コストが重く、プレイするタイミングを作りづらい。そのためリントヴルムドラゴンなどの一部のデッキを除いて、ほとんど採用されないカードである。
進化の導き手・レイナ
【ニュートラル】
7コスト6/6(8/8)
【進化前】
ファンファーレ 進化していない自分の他のフォロワー1体は「EPを消費せず進化できる」を持つ。
(1ターンに1体しか進化できない制限はある)
状況次第では有効に働くこともある能力ではあるが、打点の底上げを行いたいのであれば基本的には飢餓の絶傑・ギルネリーゼで済むことが多い。そのため採用されることはほとんどない。
大鎧のミノタウロス
【ニュートラル】
7コスト6/5(8/7)
【進化前】
アクセラレート 4; ミノタウロス2体を出す。
----------
守護
このフォロワーが攻撃されるとき、+0/+2する。
【進化後】
守護
このフォロワーが攻撃されるとき、+0/+2する。
4コストと7コストで使い分けが可能な点は優秀だが、どちらもあまり魅力的な性能とは言えない。同コスト帯のフォロワーと比べると大きく見劣りするため、採用されることはほとんどないだろう。
心読む少女・ミツェル
【エルフ】
2コスト2/2(4/4)
【進化前】
攻撃時 フォロワーへ攻撃したなら、相手のターン終了まで、そのフォロワーの攻撃力を0にして、自分のターン終了まで、このフォロワーの攻撃力を0にする。
【進化後】
進化前と同じ能力。
攻撃時の効果と不殺の刻印を組み合わせるなどの動きが考えられるが、このカード1枚では盤面に触ることができない。実質バニラになってしまうケースも大いに想定されるため、ほとんど採用されることはまずない。
不殺の円陣
【エルフ】
3コストアミュレット
カウントダウン 1
このアミュレットが場にある限り、自分のリーダーへの6以上のダメージは5になる。
ファンファーレ カードを2枚引く。
アンの大魔法闇喰らいの蝙蝠でのバーストダメージを抑えることができるが、軽減率が低い上、その他のデッキに対してはプレイしづらいカードになってしまう点がネック。採用を見かけることはあまりない。
猛毒の姫・リコリス
【エルフ】
4コスト1/3(3/5)
【進化前】
必殺
ファンファーレ 自分の他のフォロワー1体は必殺 を持つ。
【進化後】
必殺
進化時 必殺 を持つ自分のフォロワーすべてを+0/+1する。
必殺によって盤面を優位に進められるが、同コスト帯に天禀の射手・メーテラが存在する上、体力もやや低め。そのため構築戦では、あまり見かけないカードである。
ウォードッグ
【ロイヤル】
3コスト3/3(5/5) 兵士
【進化前】
ファンファーレ エンハンス 6; 相手のリーダーに3ダメージ。
標準以上のステータスを持っているが、ほとんどのクラスが3点除去を有しており、簡単に処理されてしまう。エンハンスも疾走フォロワーが豊富なロイヤルでは霞んでしまうため、採用されることはほとんどない。
ラビットメイジ
【ウィッチ】
2コスト3/1(5/3)
【進化前】
ファンファーレ 自分の場に土の印・アミュレットがないなら、土の魔片1つを出す。
テンポロスなく土の印を出せるのは優秀だが、体力が1であるため簡単に倒されてしまう。1コストフォロワーも多く採用されているアンリミテッドでは活躍が難しい。
真理の発見
【ウィッチ】
3コストスペル
クレイゴーレム1体を出す。自分のクレイゴーレムすべてを+1/+0する。
土の秘術 真理の術式1枚を手札に加える。
どちらの効果もコストパフォーマンスに優れず、扱いづらい。採用を見かけることはほとんどない。
マナリアの見習い教師・パスカル
【ウィッチ】
4コスト3/3(5/5) マナリア
【進化前】
ファンファーレ 才能の開花1枚を手札に加える。
【進化後】
進化時 手札のマナリア・カード1枚のコストを-1する。
マナリアウィッチでは現状デッキを20枚以下まで掘り進めるのが難しく、手札に加わった才能の開花が腐ってしまうケースが多々予想される。光魔法の教師・ミラマナリアの竜姫・グレアにEPを回したいこともあって、あまり採用されないカードである。
ケンタウロスシャーマン
【ウィッチ】
5コスト4/5(6/7)
【進化前】
ファンファーレ 土の秘術 +1/+0して、突進 を持つ。
ファンファーレ能力を発動できなければ5/4/5のバニラになってしまう上、能力を発動できたとしてもコストパフォーマンスはいまひとつ。採用を見かけることはほとんどない。
スウィート★メドゥーサ
【ウィッチ】
6コスト3/3(5/5)
【進化前】
ファンファーレ 毒蛇 1体 を出す。スペルブースト +1体
このカードのスペルブースト が7回以上なら、毒蛇ではなくメドゥシアナを1体だけ出す。
メドゥシアナを出す条件は比較的容易に達成できるが、自身の効果がスペルを軸としたデッキと噛み合わない。そのため採用を見かけることはほとんどない。
力の鍛造
【ドラゴン】
2コストスペル
相手のフォロワー1体に「自分のフォロワーの最大攻撃力の値」と同じダメージ。
エンハンス 7; ダメージを与える前に、ドラゴン1体を出す。
大ダメージを狙うことのできるスペルではあるが、単体で腐ってしまう点やエンハンス効果の物足りなさが目立つ。現状のドラゴンに採用するのは難しい。
精霊竜姫
【ドラゴン】
3コスト2/2(4/4)
【進化前】
このフォロワーへのダメージを-1する。
ファンファーレ 氷結のドラゴン1枚を手札に加える。
【進化後】
このフォロワーへのダメージを-1する。
自身へのダメージを-1する効果により、氷結のドラゴンはもちろん、侮蔑関連のカードとの噛み合わせが良い。ただし、このカードよりも優先したいカードが多く存在しているため、見かける機会はあまりない。
岩食い竜
【ドラゴン】
4コスト2/5(4/7)
【進化前】
守護
【進化後】
守護
進化時 覚醒 状態なら、+3/+0する。
2ターン目の竜の託宣から3ターン目にプレイできれば強力だが、同じ4コストにより防御性能の高いグリフォンの守衛が存在する。このカードが採用されることはほとんどない。
怒れる豪炎のドラゴン
【ドラゴン】
8コスト6/8(8/10)
【進化前】
ファンファーレ ダメージを受けている相手のフォロワーすべてを破壊する。
コストが重く、ドラゴニュートの威圧などの除去カードと組み合わせて使うのが難しい。正義のドラグーンでチョイスした竜の翼とのコンボなども考えられるが、二度手間になってしまうため、採用されることはほとんどない。
エンパイアドラグーン・エリオス
【ドラゴン】
8コスト4/7(6/9)
【進化前】
疾走
相手のターン開始時、このフォロワーがダメージを受けているなら、このフォロワーは2回復して、守護 を持つ。
【進化後】
進化前と同じ能力。
侮蔑の信者侮蔑の炎爪と組み合わせて守護を付与することで、攻守両面での活躍が期待できる。とは言えコンボが前提な上、採用枠の捻出が難しいため、あまり見かけないカードである。
沈黙の詩
【ネクロマンサー】
1コストスペル
カードを1枚引く。
自分のフォロワー1体は、能力すべて(攻撃力/体力はそのまま)を失う。
エンハンス 4; 自分のフォロワー1体ではなくお互いのフォロワーすべては、能力すべて(攻撃力/体力はそのまま)を失う。
飢餓の使徒ゴーストなどとのコンボが考えられるが、コンボが前提となる割には効果が薄い。また相手のフォロワーの効果を打ち消したいのであれば沈黙の粛清で済んでいるため、採用されることはほとんどない。
ワイトナイト
【ネクロマンサー】
2コスト2/2(4/4)
【進化前】
・魔鎧の騎手
・骸骨の騎手
手札にあるとき、自分の残りPPが6以上ならファンファーレ エンハンス 6; チョイス したカード1体を出す。
標準ステータスを持ちながら、エンハンスでプレイすれば回復役としても機能する。とは言えアンリミテッドのネクロマンサーには優秀な2コストフォロワーが多いため、このカードが採用されることはほとんどない。
パンプキンヘッド・クリス
【ネクロマンサー】
3コスト3/3(5/5)
【進化前】
ラストワード このターンが自分のターンなら、ゴースト1体を出す。
【進化後】
進化前と同じ能力。
3/3/3のステータスは魅力的だが、同じステータスを持つ沈黙の絶傑・ルルナイと比べると汎用性が落ちる。現状のルルナイの採用率を考えても、このカードが採用されることはほとんどない。
沈黙の狂信者
【ネクロマンサー】
4コスト2/4(4/6)
【進化前】
必殺
【進化後】
進化前と同じ能力。
標準的なステータス+必殺とかなりパワーが控えめなカード。特に採用したいデッキもないことから、採用されることはほぼない。
マミー・メリエン
【ネクロマンサー】
5コスト5/5(5/5)
【進化前】
このフォロワーは守護 を無視してリーダーを攻撃できる。
このフォロワーは、フォロワーを攻撃不能。
【進化後】
疾走
このフォロワーは守護 を無視してリーダーを攻撃できる。
(フォロワーを攻撃可能)
凶暴化飢餓の輝きと組み合わせることで大ダメージを与えられるが、コンボが前提となる割にはダメージ量が少ない。EPが無くなった後の使い勝手の悪さなども考えると、ほとんど使われることはない。
死を知る者
【ネクロマンサー】
8コスト6/6(8/8)
【進化前】
アクセラレート 2; カードを1枚引く。葬送 したなら、1枚ではなく2枚引く。
----------
潜伏
【進化後】
潜伏
潜伏として扱うにはコストが重い上、葬送を取り入れたネクロは主流から外れるため、採用されることはほとんどない。
屍竜・ファフニール
【ネクロマンサー】
9コスト8/10(10/12)
【進化前】
ファンファーレ 相手の場にフォロワーがいるなら、ネクロマンス X; 他のフォロワーすべてにXダメージ。
Xは「相手のフォロワーの最大体力の値」である。
盤面をリセットできる効果、高いステータスともに優秀だが、9コストの重さが気になる。アンリミテッドでは7〜8ターン目前後に決着が付いてしまうことも珍しくないため、このカードの活躍は難しい。
デビルレイダー
【ヴァンパイア】
2コスト1/3(3/5)
【進化前】
守護
ファンファーレ エンハンス 7; 復讐 状態でないなら、+4/+4する。復讐 状態なら、+5/+5する。
【進化後】
守護
エンハンスで強化される守護フォロワーだが、復讐が前提となる割に、復讐ヴァンプとのシナジーがほとんどない。そのため採用を見かけることはほとんどない。
姦淫の狂信者
【ヴァンパイア】
4コスト4/3(6/5)
【進化前】
ファンファーレ 自分のリーダーに1ダメージ。相手のリーダーか相手のフォロワー1体に1ダメージ。
ファンファーレで自傷を行える点は悪くないが、4コストとやや重たい上、ダメージ効果も物足りない。そのため採用を見かけることはほとんどない。
サロメ
【ヴァンパイア】
5コスト2/5(4/7)
【進化前】
ファンファーレ 相手のフォロワー1体にXダメージ。自分のリーダーをX回復。Xは「このフォロワーの攻撃力の値」である。
悪くない能力を持っているものの、現在の主流であるアグロ(自傷)ヴァンプに採用するにはややコストが重い。似た能力を持つ緋色の剣士の存在もあり、採用を見かける機会はあまりない。
盟約の魔人
【ヴァンパイア】
6コスト5/5(7/7)
【進化前】
ファンファーレ カードを3枚引く。
ラストワード 自分のリーダーに3ダメージ。
【進化後】
ラストワード 自分のリーダーに3ダメージ。
コントロールヴァンプとの相性が良いが、アンリミテッドには漆黒の契約ベルフェゴールなどの優秀なドローソースが存在する。それらの枠を押し退けてまで採用されることはない。
アリオーシュ
【ヴァンパイア】
8コスト5/5(7/7)
【進化前】
アクセラレート 3; 相手のリーダーと相手のフォロワーすべてに1ダメージ。
----------
ファンファーレ 相手のリーダーと相手のフォロワーすべてに2ダメージ。
除去に寄った効果を持っているため、採用するのであればミッドレンジ〜コントロールタイプのデッキになる。しかしアンリミテッドではコントロールタイプのデッキの活躍が難しく、採用を見かけることはほとんどない。
真紅のローズクイーン
【ヴァンパイア】
8コスト6/6(8/8)
【進化前】
守護
ファンファーレ 自分の手札の元のコスト2以下のヴァンパイア・カードすべてを、真紅の一撃に変身させる。
【進化後】
守護
同じ8コストに闇喰らいの蝙蝠が存在するため、採用するのであればコントロールヴァンプのような遅めのデッキになる。現在の環境ではコントロールヴァンパイアの活躍は難しいため、相性の良い新カードの追加がなければ、あまり使われないカードである。
神殿の風熊
【ビショップ】
1コスト0/2(2/4)
【進化前】
・詠唱:聖なる願い
・詠唱:聖獣への誓い
ファンファーレ チョイス したカード1枚を手札に加える。
アンリミテッドでは星導の天球儀が使えるため、このカードの有り難みは薄れてしまう。頂きの教会との相性は良いが、現在の教会ビショップの立ち位置を考えると、このカード1枚で大きく変わることはない。
イビルアルミラージ
【ビショップ】
2コスト0/2(2/4)
【進化前】
必殺
【進化後】
進化前と同じ能力。
ビショップの2コスト帯にはユニコーンナイト宝石の巫女など優秀なフォロワーが多く、ただ必殺を持っているだけのこのカードの採用優先度はどうしても低くなる。ほとんど見かけることはない。
均衡の光・マーロン
【ビショップ】
3コスト3/3(5/5)
【進化前】
ファンファーレ お互いの手札に規律の聖痕1枚を加える。
【進化後】
攻撃時 自分のPPを1回復。
進化時 お互いの手札に規律の聖痕1枚を加える。
天狐の社が場に出ている状態であれば、相手の規律の聖痕の発動を制限することができる。とは言え規律の聖痕は自分にとっても1コストの1ドローにしかならない上、天狐の社がない場合はかなり扱いづらいカードになるので、あまり採用されていない。
安息の顕現
【ビショップ】
4コストスペル
コスト2以下の、それぞれ名前の異なるカードをランダムに3枚、自分のデッキから手札に加える。
4コストで合計3枚のサーチを行えるため、2枚のハンドアドバンテージを得ることができる。とは言え現状特にサーチしたいカードが見当たらないため、ほとんど採用されていない。
戦場の審問官
【ビショップ】
9コスト5/5(7/7)
【進化前】
アクセラレート 5; 相手のフォロワー1体か相手のアミュレット1つを破壊する。
----------
ファンファーレ 相手のフォロワー1体か相手のアミュレット1つを破壊する。
9ターン目にもなればフィニッシャーをプレイしたいことがほとんどのため、基本的には5コストでの運用を考えることになる。しかし類似した効果を持つカードには、より汎用性の高い天罰の神父熾天使の剣が存在するので、そちらを優先させるべきだ。
マリオネットボーイ
【ネメシス】
2コスト2/2(4/4)
【進化前】
ファンファーレ エンハンス 5; 進化する。
【進化後】
ラストワード 操り人形1枚を手札に加える。
エンハンス能力、ラストワードともに物足りない性能であり、たとえ人形ネメシスであっても採用は難しい。ほとんど見かけることのないカードだ。
ドールロード・ヴィオラ
【ネメシス】
3コスト3/3(5/5)
【進化前】
自分の場に操り人形が出るたび、それを+0/+2する。
【進化後】
自分の場に操り人形が出るたび、それを+0/+2する。
進化時 操り人形1枚を手札に加える。
操り人形の体力を強化したところでターン終了時に破壊されてしまうため、レジスタンスの指導者・ルキナとのコンボが前提となるカード。ハマれば強力な盤面を形成できるが、それ以外の場面ではバニラになってしまうため、採用されることはあまりない。
破壊の狂信者
【ネメシス】
5コスト4/5(6/7)
【進化前】
ファンファーレ 自分の場に他のネメシス・フォロワーかカウントダウン を持たないネメシス・アミュレットがあるなら、その中から1枚を破壊して、アナライズアーティファクト1体を出す。
効果の発動条件からリーシェナネメシスでの採用が考えられるが、先攻5ターン目には破壊の絶傑・リーシェナの進化を、後攻5ターン目には破壊のカウントを進めることを優先させたい。能力自体は悪くないが、相性の良いデッキが現状見当たらない。
マリオネットドラゴン
【ネメシス】
8コスト7/7(9/9)
【進化前】
自分の場に操り人形が出るたび、相手のリーダーに1ダメージ。
ファンファーレ 操り人形2枚を手札に加える。
【進化後】
自分の場に操り人形が出るたび、相手のリーダーに1ダメージ。
操り人形を加えるにしても、ダメージを与えるにしても、人形の少女・オーキスに勝っている点がほとんどない。このカードを採用するのであれば、代わりに防御的なカードを優先し、10ターン目の復讐の人形遣い・ノアに繋げる方が効率的だ。
世界の扉・ティル
【ネメシス】
9コスト2/2(4/4)
【進化前】
アクセラレート 2; 体力2以下の相手のフォロワー1体を消滅させる。防御型ゴーレム1枚と攻撃型ゴーレム1枚をデッキに加える。
----------
ファンファーレ それぞれ名前の異なるアーティファクト・フォロワーをランダムに1枚ずつ、自分のデッキから場が上限枚数になるまで出す。
序盤〜中盤では小型の除去カードとして、終盤では展開役としての役割を持つカード。ただし、現状のアーティファクトネメシスで行いたい動きとイマイチ噛み合っていないため、採用は難しい。

シャドウバース攻略wikiの他の記事

ローテションのデッキレシピ

アンリミテッドのデッキ

カード評価一覧

全カード評価

クラス別カード一覧

リセマラ情報

© Cygames, Inc.
※当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。
▶シャドウバース公式サイト

攻略記事ランキング
  1. アディショナルカード一覧と追加日 | 次元歪曲
    アディショナルカード一覧と追加日 | 次元歪曲
    1
  2. ローテーション最強デッキランキング
    ローテーション最強デッキランキング
    2
  3. 楽園の聖獣の評価と採用デッキ
    楽園の聖獣の評価と採用デッキ
    3
  4. 大鎧のミノタウロスの評価と採用デッキ
    大鎧のミノタウロスの評価と採用デッキ
    4
  5. アンリミテッド最強デッキランキング
    アンリミテッド最強デッキランキング
    5
もっとみる
記事について指摘する

いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


みんなの一押し新カード

GameWithに登録して、
ゲーム仲間とつながろう!
はじめての方
新規登録 (無料)
会員の方
ログイン
コメントの続きを見る(136件)
おすすめマンガ | MangaWith

シャドバをプレイした人が読んでいるマンガ

【2巻まで無料】

【2巻まで無料】

TVアニメ化決定!!

TVアニメ化決定!!

大人気ダークファンタジー

大人気ダークファンタジー

2巻まで無料配信中

2巻まで無料配信中

別冊少年マガジン作品

別冊少年マガジン作品

最新話題作を

最新話題作を

いますぐ無料で読む

いますぐ無料で読む

攻略メニュー
速報/大会情報
プロリーグ情報
メタレポート情報
カード情報
新カード情報
デッキ紹介
ローテーション
アンリミテッド
アリーナ情報
グランプリまとめ
2Pickまとめ
2Pickカード評価
初心者情報
リセマラ情報
初心者まとめ
デッキ編成のコツ
アップデート/修正情報
その他
ゲームを探す
レビュー訴求
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中