シャドバ
シャドウバース攻略
新カードパック「十禍絶傑」の評価ランキング
【シャドバ】新カードパック「十禍絶傑」の評価ランキング【シャドウバース】

【シャドバ】新カードパック「十禍絶傑」の評価ランキング【シャドウバース】

最終更新 :
おすすめの関連記事

新カードパック「十禍絶傑」の評価ランキングをわかりやすくまとめて掲載しています。「十禍絶傑」で登場する新カードを徹底的に分析して、評価をつけておりますので、デッキ構築の際にご活用ください。

目次

新カード一覧はこちら

評価ランキングの基準

カードパワーと環境で評価

こちらの評価ランキングでは、カードパワー採用されるデッキの環境での立ち位置を重視している。そのため将来性のあるものでも、直近の環境での活躍が難しいと判断した場合、低めのランキング付けを行っている。各ランクの評価基準は以下の通り。

各ランキングの評価基準

SランクTier1のデッキのキーカード。そのデッキが強力である理由の一つであり、状況次第ではゲームを決めるほどのパワーを持つ。
Aランク①Tier上位に位置するデッキであればほぼ間違いなく3枚投入されるカード。
②ややデッキを選ぶものの、非常にカードパワーの高いカード。
Bランク①高い採用率を誇るが、Aランクと比べるとややパワーの劣るカード。
②採用率こそまちまちだが、環境によっては大きな力を発揮するカード。
Cランク特定のデッキであれば採用されるカード。
Dランク①あまり見かける機会のないカード。
②コンセプトデッキの顔になるカード。
Eランクほとんど見かけないカード。

十禍絶傑のローテーション評価

▼アンリミテッドでの評価はこちら

目次

Sランクの新カード

カード名注目ポイント
侮蔑の信者
【ドラゴン】
1コスト1/1(進化後3/3)。
【進化前】 ファンファーレ 自分の場に他のフォロワーがいるなら、自分の他のフォロワー1体に1ダメージを与え、カードを1枚引く。
侮蔑の絶傑・ガルミーユを始めとする、侮蔑カードの効果発動を行えるカード。原初の竜使いの効果をわずか1コストで手札消費なしに発動できる点も強力で、原初ドラゴンや侮蔑ドラゴンを中心に採用されている。
侮蔑の絶傑・ガルミーユ
【ドラゴン】
5コスト5/5(進化後5/5)。
【進化前】 自分のターン中、このフォロワーがダメージを受けた後に破壊されなかったなら、このフォロワーは進化する。
ファンファーレ エンハンス 7; お互いのフォロワーすべてに1ダメージ。(このフォロワーも含む)
【進化後】このフォロワーがダメージを受けた後に破壊されなかったなら、ランダムな相手のフォロワー1体に3ダメージ、相手のリーダーに3ダメージ。
進化を使って有利トレードを行ったり、侮蔑の信者侮蔑の炎爪と組み合わせて打点を稼ぐ動きが強力。エンハンスでプレイすれば、冥界の番犬・ケルベロスの展開を一枚で返すこともできるパワーカードだ。
冥界の番犬・ケルベロス
【ネクロマンサー】
5コスト3/3(進化後5/5)。
【進化前】ファンファーレ 番犬の右腕・ミミ1体と番犬の左腕・ココ1体を出す。
【進化後】進化時 自分の他のフォロワーすべては「ラストワード ランダムな相手のフォロワー1体に1ダメージ」を持つ。
ファンファーレ効果、進化時効果ともに強力であり、ローテーションのネクロマンサーに不足していた展開力を一枚で補えるカード。単体でも十分な活躍ができるほか、冥河の渡し守・カローンとのコンボも強力である。
姦淫の絶傑・ヴァーナレク
【ヴァンパイア】
3コスト1/3(進化後3/5)。
【進化前】相手のターン開始時、直前の自分のターンに自分のリーダーがダメージを受けていたなら、+1/+1する。
ファンファーレ 「このバトル中、自分のターン中に自分のリーダーがダメージを受けた回数」が7回以上なら、相手のフォロワー1体を破壊して、+1/+1して、疾走 を持つ。
【進化後】相手のターン開始時、直前の自分のターンに自分のリーダーがダメージを受けていたなら、+1/+1する。
不穏なる闇の街と組み合わせることで、実質3コスト2/4として扱うことができる。ファンファーレの発動条件はやや厳しいが、厳しい条件に見合った強力な効果を持っており、蝙蝠ヴァンプのエースカードとなっている。

Aランクの新カード

カード名注目ポイント
飢餓の絶傑・ギルネリーゼ
【ニュートラル】
7コスト3/5(進化後5/7)。
【進化前】 潜伏
ドレイン
自分のターン開始時、このターンが10ターン目かそれ以降なら、おたがいのリーダーはカードを5枚引く。
ファンファーレ 自分の他のフォロワーすべてを+2/+0する。
【進化後】潜伏
ドレイン
自分のターン開始時、このターンが10ターン目かそれ以降なら、おたがいのリーダーはカードを5枚引く。
自分の他のフォロワー全体を強化して、大ダメージを狙えるファンファーレが強力。蒼の少女・ルリアでサーチできるため使い勝手もよく、アーカスネクロを中心に活躍している。
簒奪の従者
【ロイヤル】
2コスト1/1(進化後3/3)。
【進化前】 交戦時 +1/+1する。
黄金の小剣、黄金の杯、黄金の靴、黄金の首飾りの中から、ランダムに1枚を手札に加える。
マジックミサイルなどの1点除去に弱い点を除けば、交戦時のステータス上昇効果により、実質2/2フォロワーとして扱える。黄金の杯がやや扱いづらい点は気になるが、パワーの高いカードだ。
簒奪の蛇剣
【ロイヤル】
2コストスペル。
相手のフォロワー1体に3ダメージ。
黄金の小剣、黄金の杯、黄金の靴、黄金の首飾りの中から、ランダムに1枚を手札に加える。
黄金カードを持ってこれる2コスト3ダメージスペルと汎用性の高い効果を持つ。ミッドレンジロイヤルでの採用率が高いカードだ。
マナリアナイト・オーウェン
【ウィッチ】
2コスト1/2(進化後3/4)。
【進化前】 ファンファーレ マナリア・フォロワー(マナリアナイト・オーウェンを除く)をランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える。
ステータスは低いが、マナリアウィッチの安定感を大きく引き上げられる2コストフォロワー。構築によっては魔術の始祖・マナリアの確定サーチも可能であり、カスタマイズの範囲の広さも魅力だ。
マナリアの魔導姫・アン
【ウィッチ】
9コスト4/4(進化後6/6)。
【進化前】
・アンの大英霊
・アンの大魔法
ファンファーレ チョイス したカード1枚を手札に加える。
自分がマナリア・カードをプレイするたび、自分の手札のこのカードのコストを-1する。
チョイス効果、コストダウンの能力のどちらも優秀であり、マナリアウィッチのフィニッシャーとして活躍している。チョイス先のカードの用途が大きく異なるため、様々な状況に対応しやすい点も魅力的だ。
侮蔑の炎爪
【ドラゴン】
1コストスペル。
自分のフォロワー1体に1ダメージ。相手のフォロワー1体に3ダメージ。
(このカードは、自分の場と相手の場に選択できるカードがあるなら、プレイできる。)
侮蔑の絶傑・ガルミーユなどの効果起動をサポートすることができる1コストスペル。「侮蔑」の名前を冠したカードを主軸としたデッキでは3枚採用されることがほとんど。
侮蔑の従者
【ドラゴン】
2コスト2/2(進化後4/4)。
【進化前】 このフォロワーがダメージを受けた後に破壊されなかったなら、カードを1枚引く。
侮蔑の信者で合計2枚のドローを進めたり、進化で有利トレードを仕掛けて1ドローを行うなど、手札の回転率を上げることができる。2/2/2のバニラになってしまうことも少なくないが、多くのデッキに採用されている。
侮蔑の使徒
【ドラゴン】
4コスト1/5(進化後3/7)。
疾走 このフォロワーがダメージを受けた後に破壊されなかったなら、+2/+0する。
侮蔑の信者侮蔑の炎爪飢餓の輝きなどとの相性が良く、即座に相手に大ダメージを与えられる。侮蔑ドラゴンのメインアタッカーとして採用されているカードだ。
沈黙の絶傑・ルルナイ
【ネクロマンサー】
3コスト3/3(進化後5/5)。
【進化前】 ファンファーレ ネクロマンス 3; 次の自分のターン開始時まで、相手の手札のスペルのコストを+3する。
優秀なステータスに加え、強力なファンファーレ効果を持つ。3コストなので、終盤には幽霊支配人・アーカスの弾としても扱うことができる、あらゆる面で隙のないフォロワーだ。
姦淫の従者
【ヴァンパイア】
2コスト4/2(進化後6/4)。
【進化前】 自分のターン中、相手のリーダーへ攻撃してダメージを与えたあと、お互いのリーダーを2回復。
ファンファーレ 自分のリーダーに1ダメージ。
【進化後】自分のターン中、相手のリーダーへ攻撃してダメージを与えたあと、お互いのリーダーを2回復。
アタッカーとしての活躍はあまり期待できないが、高い攻撃力を活かして中型フォロワーとの相討ちが狙える。また、ファンファーレの自傷効果によって、ヨルムンガンド闇喰らいの蝙蝠の効果のサポートも行えるため、様々なデッキで採用されている。
ユニコーンナイト
【ビショップ】
2コスト1/3(進化後3/5)。
【進化前】・ユニコーン
・ユニコーンスピア
ファンファーレ チョイス したカード1枚を手札に加える。
高めの体力、チョイスできるユニコーンスピアがどちらも優秀で、様々なデッキで採用できるカード。使用できなくなったスノーホワイトプリンセスに代わって、多くのデッキで採用されている。
破壊の絶傑・リーシェナ
【ネメシス】
4コスト1/4(進化後3/6)。
【進化前】 必殺
このフォロワーは、カードの能力によって破壊されない。(攻撃によるダメージや、能力によるダメージでは破壊される)
【進化後】必殺
このフォロワーは、カードの能力によって破壊されない。
進化時 白き破壊のアーティファクト1枚を手札に加える。
黒き破壊のアーティファクトでのフィニッシュを狙うリーシェナネメシスではもちろんのこと、5コストとなったシロウの代わりとして、人形ネメシスでの採用例もある。カードパワーが高く、黒き破壊のアーティファクトまで到達しなくとも強力なカードであることに変わりない。

Bランクの新カード

カード名注目ポイント
飢餓の輝き
【ニュートラル】
3コストスペル。
自分か相手のフォロワー1体を、+4/+0して、そのフォロワーに4ダメージ。
主に侮蔑ドラゴンで侮蔑の使徒アジ・ダハーカの攻撃力を上げる目的で採用されている。また4ダメージの除去スペルとしても使える、その汎用性の高さも魅力。
ロイヤルクリスタリア・ティア
【エルフ】
1コスト1/1 (進化後3/3)
【進化前】ファンファーレ このターン中に(このカードを含めず)カードを2枚以上プレイしていたなら、クリスタリア・イヴ1枚を手札に加え、そのコストを3にする。4枚以上プレイしていたなら、コストを3にするのではなく、1にする。
対空射撃などで回収し、1ターンのうちに複数回効果を発動させる動きが強力。テンポ系のデッキであれば高い確率で採用されるカードだ。
フェアリーサークル
【エルフ】
1コストスペル。
フェアリー2枚を手札に加える。
様々なデッキで採用できる扱いやすいカードではあるが、茨の森妖精の使役者のスタン落ちが痛い。エルフデッキがあまり強力でないこともあり、この評価となった。
煌刃の戦士・ベイル
【エルフ】
7コスト4/4(進化後6/6)。
【進化前】自分のフォロワーが破壊されるたび、自分の手札のこのカードのコストを-1する。
守護
【進化後】守護
コスト軽減により、1ターンでの強力な盤面形成を行える。テンポ系のエルフデッキであれば、採用されることが多いカードだ。
簒奪の絶傑・オクトリス
【ロイヤル】
3コスト2/3(進化後4/5)。
【進化前】 ファンファーレ ラストワード 能力を持つ相手のフォロワー1体は、ラストワード 能力すべてを失う。このフォロワーは、失わせたラストワード 能力すべてを持つ。
エンハンス 8; +2/+2して、「このフォロワーはEPを消費せず進化できる」を持つ。自分のPPを2回復。(1ターンに1体しか進化できない制限はある)
【進化後】 進化時 黄金の小剣、黄金の杯、黄金の靴、黄金の首飾りの中から、ランダムに異なる2枚を手札に加える。
ラストワードを奪う唯一無二の効果を持っており、環境次第ではさらに評価が上がることも考えられる。進化時やエンハンスの効果も悪くなく、ミッドレンジロイヤルを中心に採用されている。
簒奪の使徒
【ロイヤル】
5コスト4/5(進化後6/7)。
【進化前】 自分が財宝・カードをプレイするたび、ランダムな相手のフォロワー1体に2ダメージ。
ファンファーレ 相手のリーダーか相手のフォロワー1体に1ダメージ。
黄金の小剣、黄金の杯、黄金の靴、黄金の首飾りの中から、ランダムに1枚を手札に加える。
ファンファーレで手札に加わる財宝カードはすべて1コストのため、6ターン目に財宝カードと合わせてプレイする動きを取ることができる。除去能力に長けたフォロワーとなっており、ミッドレンジロイヤルの6コストの動きの選択肢が増えることとなった。
グリフォンの守衛
【ドラゴン】
4コスト3/4 (進化後5/6)
【進化前】守護
ファンファーレ 覚醒 状態なら+0/+3する。
覚醒時であれば高い体力を持つ効果を活かし、ランプドラゴンの防御性能を上げられる。2ターン目の竜の託宣からグリフォンの守衛に繋げる動きも強力で、腐ってしまうタイミングが少ない。
冥河の渡し守・カローン
【ネクロマンサー】
6コスト5/5(進化後5/5)。
【進化前】ファンファーレ コスト5のネクロマンサー・フォロワーをランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える。
【進化後】進化時 ネクロマンス 5; ターン終了まで、手札のネクロマンサー・フォロワー1枚のコストを-5する。
冥界の番犬・ケルベロスとの組み合わせが強力で、一気に4面展開を行える。進化時効果のネクロマンスの重さは気になるが、このカードと冥界の番人・ケルベロスの登場によって、幽霊支配人・アーカスに頼らない構築も可能になった。
姦淫の信者
【ヴァンパイア】
1コスト1/1(進化後3/3)。
【進化前】攻撃時 自分のリーダーに1ダメージ。
ラストワード 相手のリーダーに1ダメージ。
攻撃するたびに自傷を行えるため、血に飢えたハムスター闇喰らいの蝙蝠の効果のサポートが行える。体力の低さは気になるが、構築によっては十分に採用が検討できるカードだ。
血に飢えたハムスター
【ヴァンパイア】
2コスト1/3(進化後3/5)。
【進化前/後】 自分のターンごとに1回、自分のリーダーがダメージを受けたとき、+1/+0する。
不穏なる闇の街と組み合わせることで、実質2コスト2/3フォロワーとなる。相手が除去札を持っていなかった場合、それだけでゲームが決まってしまうほどのパワーがあるため、様々なヴァンパイアデッキで採用されている。
フラウロス
【ヴァンパイア】
4コスト5/3(進化後7/5)。
【進化前】直接召喚 自分のターン中、自分のリーダーがダメージを受けたとき、それがこのターン中に4回目なら、このカードを1枚、自分のデッキから場に出す。
ラストワード 自分のリーダーを3回復。
【進化後】ラストワード 自分のリーダーを5回復。
ローテーションでは自傷回数を稼ぐのは少し難しくなっているが、不穏なる闇の街などと組み合わせることで条件を満たすことができる。手札に引き込んでしまった場合にも回復要員として及第点の性能を持っており、様々なデッキで採用されている。
安息の絶傑・マーウィン
【ビショップ】
4コスト4/4(進化後6/6)。
【進化前】ファンファーレ 相手のPP最大値を+1する。相手のアミュレットすべてのカウントダウン を1進める。相手のリーダーを1回復。相手はカードを1枚引く。自分のPP最大値を+1する。自分のアミュレットすべてのカウントダウン を1進める。自分のリーダーを1回復。自分はカードを1枚引く。
【進化後】このフォロワーへの4以上のダメージは3になる。
相手にも恩恵を与えてしまうが、テミスの粛清などでの全体除去が行えるタイミングを1ターン早めることができる。後攻4ターン目に進化する動きも強力であり、コントロールデッキを中心に採用されているカードだ。
輝く熾天使・ラピス
【ビショップ】
8コスト7/6(進化後9/8)。
【進化前】 このフォロワーが場から離れた時(変身を除く)、封じられし熾天使1つを出す。
【進化後】進化前と同じ能力。
相手に処理を強要できる高いステータスを備えながら、一瞬にしてゲームを決めることができる封じられし熾天使を場に出す効果を持つ。ローテーションではカウントダウンを進めるカードが足りていない印象こそあるものの、9ターン目でのフィニッシュを狙える点を高く評価した。
オートメーション
【ネメシス】
0コストスペル。
・アナライズアーティファクト
・エンシェントアーティファクト
・ミスティックアーティファクト
・レディアントアーティファクト
2枚チョイス して、チョイス したカードを2枚ずつ、デッキに加える。
アーティファクトネメシスとの相性が良い1枚。同じ0コストスペルである生命の量産と違って共鳴/非共鳴の切り替えは行えないが、いかなる状況でも任意のアーティファクトをデッキに加えられる点が優秀だ。
光明齎す発明家
【ネメシス】
1コスト1/1(進化後3/3)。
【進化前】
・素敵な発明品
・危険な発明品
ファンファーレ チョイス したカード1枚を手札に加える。
ネメシスでは初となる1コストフォロワー。チョイス先の発明品と破壊の信者などとのシナジーを活かしてリーシェナネメシスで採用されている。
流体使い
【ネメシス】
2コスト2/2(進化後4/4)。
【進化前】ファンファーレ 防御型ゴーレム、攻撃型ゴーレムの中から、ランダムに1枚をデッキに加える。
共鳴 状態なら、ランダムに1枚ではなく、防御型ゴーレム1枚と攻撃型ゴーレム1枚をデッキに加える。
ファンファーレでデッキに加わるアーティファクトのスペックが高く、アーティファクトネメシスであれば採用される可能性の高いカード。よりランダム性の高い機構翼の剣士の枠に割って入ってくることも少なくない。
破壊の信者
【ネメシス】
2コスト1/2(進化後3/4)。
【進化前】 ファンファーレ 自分の他のネメシス・フォロワーか、カウントダウン を持たないネメシス・アミュレットを破壊する。カードを2枚引く。
操り人形フラワードール危険な発明品などを破壊することで、大きなアドバンテージを得ることができる。ネメシスには「破壊する」テキストと相性の良いものが多いこともあり、様々なデッキで採用されている。
破壊の従者
【ネメシス】
3コスト2/3(進化後4/5)。
【進化前】 ファンファーレ 自分の他のネメシス・フォロワーか、カウントダウン を持たないネメシス・アミュレットを破壊する。ランダムな相手のフォロワー1体に3ダメージ。
操り人形フラワードール危険な発明品などを破壊することで、大きなアドバンテージを得ることができる。また、最低限3/2/3としても機能する点も優秀で、様々なデッキで採用されている。
破壊の歌声
【ネメシス】
4コストスペル。
自分のネメシス・フォロワー1体かカウントダウンを持たない自分のネメシス・アミュレット1つを選択して、破壊する。
相手のフォロワーすべてにXダメージ。Xは「選択したカードのコストの値」である。
白き破壊のアーティファクトを対象にプレイすれば、全体に10ダメージを与えられる。コストパフォーマンスの良い全体除去スペルとなっており、環境次第ではさらに評価が上がることも考えられる。

Cランクの新カード

カード名注目ポイント
不殺の使徒
【エルフ】
5コスト3/6(進化後5/8)。
【進化前】ファンファーレ コスト1以下のスペルをランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える。
自分のターン終了時、「相手の場のフォロワーの数」と同じだけ自分のリーダーを回復する。
【進化後】自分のターン終了時、「相手の場のフォロワーの数」と同じだけ自分のリーダーを回復する。
ファンファーレ、回復効果のどちらも優秀だが、スタン落ちしてしまう茨の森妖精の使役者の穴を埋めるには物足りない。採用例も多くないことから、この評価となった。
ホーネットソルジャー
【エルフ】
5コスト5/4(進化後7/6)。
・ホーネットウォーリアー
・蜂の毒針
ファンファーレ チョイス したカード1枚を手札に加える。
このターン中に(このカードを含めず)カードを2枚以上プレイしていたなら、チョイス ではなく、ホーネットウォーリアー1枚と蜂の毒針1枚を手札に加える。
チョイスできるホーネットウォーリアーが強力で、ミッドレンジ〜コントロールタイプのデッキであれば採用候補に挙がるカード。しかし茨の森などの強力なカードがスタン落ちすることで、エルフ自体の立ち位置が下がったため、この評価となった。
レイピアマスター
【ロイヤル】
1コスト1/1(進化後3/3)。
【進化前】ファンファーレ エンハンス 2; +1/+1する。
エンハンス 4; さらに+1+1して、必殺 を持つ。
エンハンス 6; さらに+1+1して、守護 を持つ。
エンハンス 8; さらに+1+1して、突進 を持つ。
エンハンス 10; さらに+1/+1する。
どのタイミングでプレイしてもそこそこのスペックを持つ汎用性の高さは魅力だが、騎士王・アーサーとの相性が悪い点がマイナス評価。一方で高潔なる騎士・レイサムと相性が良く、効果適用後であればエンハンスでプレイしても疾走を持つようになるため、構築次第では採用候補に挙がる。
老いたる先導者
【ロイヤル】
3コスト2/3(進化後4/5)。
【進化前】ファンファーレ エンハンス 7; スティールナイト3体を出す。
一度に4体ものフォロワーを展開できる強力なエンハンス能力を持っているほか、3コストでプレイしても最低限の活躍ができる。4枚目以降の騎士王・アーサーのようなフォロワーとしてミッドレンジロイヤルの採用候補に挙がるカードだ。
ジライヤ
【ロイヤル】
9コスト8/8(進化後10/10)。
【進化前】 アクセラレート 2; 相手のフォロワー1体の攻撃力/体力を1/1にする。
----------
ファンファーレ 相手のフォロワーすべての攻撃力/体力を1/1にする。
そのままプレイするにはコストが9と重いため、主にアクセラレートでの使用がメインとなる。小回りが効き、確定除去カードのように扱えるため、ミッドレンジロイヤルなどで採用される場合がある。
真実の使徒
【ウィッチ】
2コスト2/2(進化後4/4)。
【進化前】ファンファーレ 手札のスペルブースト を持つカード1枚を捨て、それよりも元のコストが高いスペルブースト を持つカードをランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える。手札に加わったカードのスペルブースト は、捨てたカードのスペルブースト と同じになる。
ファンファーレ効果で炎の握撃ギガントキマイラに変換するなど、様々な使い道が考えられる。確定サーチにするには、フレイムデストロイヤーを不採用とする必要があるが、デッキの安定感をより高めることができる。
真実の信者
【ウィッチ】
3コスト3/3(進化後5/5)。
【進化前】アクセラレート 1; 自分のリーダーを1回復。
----------
ファンファーレ 自分のリーダーを1回復。
恵まれたステータスに加え、回復効果やアクセラレートまで持ち合わた優秀なフォロワー。マナリアウィッチなどのフォロワーを軸としたデッキではもちろん、スペルを中心に戦っていくギガントキマイラウィッチでも採用が検討できるカードである。
真実の絶傑・ライオ
【ウィッチ】
7コスト7/7(進化後9/9)。
【進化前】ファンファーレ 自分のデッキのスペルブースト を持つカードすべてを、9回スペルブースト する。
ファンファーレ能力により、デッキ内のスペルブーストを持つカードをより扱いやすい状態にすることができる。コストが重い点は気になるが、ギガントキマイラウィッチでは1枚採用してみるのも悪くない。
キュアマーメイド・ジゼル
【ドラゴン】
1コスト0/3(進化後2/5)。
【進化前】 相手のターン開始時、自分の他のフォロワーすべてを2回復。
【進化後】進化前と同じ能力。
回復効果自体は悪くないが、単体性能の低さやドラゴスネークなどとの相性の悪さを考えると扱いづらい部分が目立つ。採用されても1,2枚のカードだ。
ドラゴスネーク
【ドラゴン】
3コスト3/2 (進化後5/4)
【進化前】相手のターン開始時、このフォロワーがダメージを受けているなら、ドラゴスネーク1体を出す。
ファンファーレ エンハンス 8; +4/+4する。
【進化後】相手のターン開始時、このフォロワーがダメージを受けているなら、ドラゴスネーク1体を出す。
進化で有利トレードを行ったり、侮蔑の信者と組み合わせることで、盤面を強くすることができる。発動条件の緩さや、原初の竜使いとのシナジーを考えると、構築次第では十分採用候補に挙がるカードだ。
沈黙の使徒
【ネクロマンサー】
4コスト3/4(進化後5/6)。
【進化前】ファンファーレ 守護 を持つ相手のフォロワー1体を破壊する。
ヘヴンリーナイトをはじめとした大型守護を破壊できれば強力だが、環境に依存する部分が大きい。幽霊支配人・アーカスの弾にならないなど、扱いづらい部分も目立つため、見かける機会は多くない。
冥界の闘犬・オルトロス
【ネクロマンサー】
4コスト4/3(進化後6/5)。
【進化前】ファンファーレ 相手の場に選択できるフォロワーがいるなら、ネクロマンス 3; 相手のフォロワー1体に4ダメージ。
ネクロマンスの消費がやや重く、冥河の渡し守・カローンとの相性がいまひとつ。とは言え強力な効果であることには間違いないため、見かける機会はそれなりにある。
カラミティブリンガー
【ヴァンパイア】
7コスト7/4(進化後9/6)。
【進化前】ファンファーレ ランダムな他のフォロワー3体を破壊する。(このフォロワーを除く)復讐 状態でないなら、自分のリーダーに7ダメージ。
【進化後】進化時 復讐 状態なら、ランダムなリーダーか他のフォロワー1体に1ダメージ。これを9回行う。
復讐ヴァンプとの相性が良い1枚。特にヴァルツ+ブラッドムーン→カラミティブリンガーの動きは強力。しかし、コントロールタイプのヴァンパイアデッキが弱く、見かける機会は少ない。
神鳥の修道女
【ビショップ】
2コスト2/2(進化後4/4)。
【進化前】ファンファーレ エンハンス 4; 詠唱:神鳥の呼び笛1つを出す。
エンハンスで場に出る詠唱:神鳥の呼び笛のカウントダウンが2なので、詠唱:白牙の神殿+七宝石の姫・レフィーエと組み合わせて6ターン目の大量展開を狙いたい。天狐ビショップ教会ビショップでの採用例があるカードだ。
安息の使徒
【ビショップ】
4コスト1/4(進化後1/4)。
【進化前】必殺
【進化後】必殺
自分のターン終了時、このフォロワーが攻撃していない状態なら、攻撃力最大の相手のフォロワー1体を破壊する(攻撃力最大のフォロワーが複数いるなら、その中からランダムに1体)。
進化置きしておくことで、毎ターン終了時に相手フォロワーを除去できる、固定砲台のような働きを持つことができる。高い体力を活かして先攻4ターン目にプレイする動きも悪くないため、様々なデッキで採用が検討できる。
ゼンマイの巻き直し
【ネメシス】
2コストスペル。
操り人形1枚を手札に加える。
共鳴 状態なら、1枚ではなく2枚手札に加える。
2コストで2枚の操り人形と及第点の性能を持つ。リーシェナネメシスなど多くの操り人形を必要とするデッキで採用されることが多い。
起動鎧装
【ネメシス】
4コスト3/4(進化後5/6)。
【進化前】直接召喚 自分のターン終了時、バトル中に破壊されたアーティファクト・カードの枚数が10枚以上なら、このカードを1枚、自分のデッキから場に出す。
守護
【進化後】守護
進化時 ランダムなコスト3以下のアーティファクト・フォロワー1枚を自分のデッキから場に出す。
直接召喚の発動条件が厳しく、基本的には進化時効果を期待しての採用になる。高い展開力は魅力的だが、進化を使えなかった際の弱さが目立つため、採用は好みが分かれる。
破壊の使徒
【ネメシス】
4コスト3/3(進化後5/5)。
【進化前】 ファンファーレ 自分の他のネメシス・フォロワーか、カウントダウン を持たないネメシス・アミュレットを破壊する。それと同名のカード1枚を手札に加え、そのコストを-3する。
破壊耐性を持つカードを対象にしても手札にカードが加わるため、黒き破壊のアーティファクトを増やすなどのコンボが可能。組み合わせることが前提であるため、やや使いづらいが採用されているデッキもある。

Dランクの新カード

カード名注目ポイント
ゴブリンファイター
【ニュートラル】
2コスト2/1(進化後4/3)。
【進化前】 ファンファーレ ゴブリン、ゴブリンリーダーの中から、ランダムに1枚を手札に加える。
アグロデッキに起こりがちな手札不足をケアできる効果を持った2コストフォロワー。しかし、体力の低さや、ランダム性の高さなど、安定感に欠ける部分が多く、採用されることはほとんどない。
爆砕の傭兵・フィーナ
【ニュートラル】
4コスト3/3(進化後5/5)。
【進化前】 ファンファーレ 相手のリーダーか相手のフォロワー1体に1ダメージ。
【進化後】 進化時 コスト1以下の相手のフォロワーすべてを破壊する。
限定的ではあるが、冥界の番犬・ケルベロスの展開を1枚で返すことができる点が最大の魅力。環境によっては活躍の機会も訪れそうだ。
唯我の絶傑・マゼルベイン
【ニュートラル】
6コスト4/4(進化後6/6)。
【進化前】ファンファーレ 自分のデッキに重複するカード(唯我の絶傑・マゼルベインを除く)がないなら、このバトル中、自分のリーダーは「自分のターン終了時、自分の場のフォロワーが1体なら、ランダムな自分のフォロワー1体を+2/+2して、ランダムな相手のフォロワー1体に2ダメージと相手のリーダーに2ダメージ」を持つ。リーダーはこの能力を重複して持たない。
フォロワーの強化と除去を1枚で行える点は強力だが、発動条件を満たすのが難しく、基本的に同名カードをデッキに採用できなくなってしまう。デメリットが重く、活躍の機会はあまりない。
不殺の刻印
【エルフ】
0コストスペル。
攻撃力0以下の相手のフォロワー1体を消滅させる。
カードを1枚引く。
エンハンス 6; 攻撃力0以下ではなく、(攻撃力にかかわらず)相手のフォロワー1体を消滅させる。
シャマのまなざし不殺の信者など、攻撃力を下げるカードとの組み合わせは強力だが、どうしてもコンボが前提になってしまう。それぞれ単体での扱いづらさを考えると、それに見合ったメリットが得られないため、採用されることはあまりない。
不殺の従者
【エルフ】
2コスト2/2(進化後4/4)。
【進化前】ファンファーレ 相手のフォロワー1体を、相手のターン終了まで、-1/-0する。
このカードが持っている効果やステータス自体は悪くないが、他の2コストフォロワーと比べた場合どうしても見劣りしてしまう。唯我の絶傑・マゼルベインを活かすハイランダーデッキなど、一部のデッキを除いて採用されることはあまりない。
ざわめく森
【エルフ】
2コストアミュレット。
カウントダウン 1
自分のターン終了時、エルフ・フォロワーをランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える。
ファンファーレ 相手のフォロワー1体を、次のターン攻撃不能にする。エンハンス 4; カウントダウン を2遅らせる。
効果自体は悪くないが、現状特別相性の良いデッキが見当たらない。新環境でのエルフの立ち位置の低さもあって、見かける機会はあまりない。
豪快な海賊
【ロイヤル】
3コスト3/3(進化後6/6)。
【進化前/後】 効果なし。
進化前、進化時ともにステータスが標準よりも高く、同コスト帯のフォロワーを一方的に破壊できる場面も少なくない。ただし、強力な効果を持っている嵐の槍使い静かなる炎将・マーズが優先される場合が多いと判断し、この評価とした。
アロアダイ
【ロイヤル】
4コスト3/3(進化後5/5)。
【進化前】
・炎撃槍
・氷撃槍
ファンファーレ チョイス したカード1枚を手札に加える。
先攻4ターン目の動きがいまひとつだったロイヤルで、選択肢に入ってきそうなカード。とは言えチョイス先のコストがやや重く、かさばってしまうリスクがあるため、採用されることはほとんどない。
くず鉄の練成
【ウィッチ】
1コストアミュレット。
ファンファーレ ジャンクゴーレム1体を出す。
土の印カードとして見た場合の性能は高いが、偉大なる魔術師・レヴィのスタン落ちなど、秘術ウィッチには強い向かい風が吹いている。そのため、見かけることはほとんどない。
開闢の予言者
【ウィッチ】
20コスト20/20(進化後22/22)。
【進化前】アクセラレート 10;カードを1枚引く。開闢の予言者1枚をデッキに加える。自分のPPを9回復。
----------
直接召喚 自分のターン終了時、このバトル中に、自分が元のコスト1、2、3、4、5、6、7、8、9、10のカードをプレイしていたなら、このカードを1枚、自分のデッキから場に出す。
このフォロワーは、相手の能力で選択できず、カードの能力によって破壊されない。(攻撃によるダメージや、能力によるダメージでは破壊される)
【進化後】このフォロワーは、相手の能力で選択できず、カードの能力によって破壊されない。
ウィッチの新たなフィニッシャーとなり得る性能を持っているが、直接召喚の条件を満たすのが難しく、どうしてもデッキが窮屈になってしまう。テミスの粛清で簡単に処理されてしまう弱点も抱えており、現時点では一部のファンデッキを除いて採用されることはほとんどない。
沈黙の粛清
【ネクロマンサー】
1コストスペル。
相手のフォロワー1体は、能力すべて(攻撃力/体力はそのまま)を失う。
エンハンス 5; そのフォロワーを破壊する。
わずか1コストで厄介な相手フォロワーや守護を透かせる点は魅力的だが、活躍の場面がやや限定的。同じく効果を無効化する、禁呪の恋人・サルナーンの採用率を考えると、このカードも採用されることは少ない。
沈黙の信者
【ネクロマンサー】
3コスト1/4(進化後3/6)。
【進化前】 守護
ファンファーレ エンハンス 6; +3/+3する。
交戦時 相手のフォロワーが疾走突進 を持つなら、そのフォロワーを-2/-0する。
【進化後】守護
交戦時 相手のフォロワーが疾走突進 を持つなら、そのフォロワーを-2/-0する。
操り人形などの突進フォロワーに滅法強く、守護フォロワーとしての性能は高い。ただし、幽霊支配人・アーカスとの相性が悪く、終盤以降には守護としてプレイしづらいことを考えると、採用されることはほとんどない。
イビルコフィン
【ネクロマンサー】
4コスト2/2(進化後3/3)。
【進化前】 ラストワード リアニメイト 2
【進化後】ラストワード リアニメイト 2
進化時 ゴースト3体を場に出す。
ラストワードのリアニメイトにより場持ちが良く、進化時には複数体の処理を行う動きも狙える汎用性の高いフォロワー。しかし、ネクロマンサーの進化を使いたいフォロワーの多さや、細かくカードを組み合わせて動く性質を考えると、採用されることはあまりない。
姦淫の翼
【ヴァンパイア】
2コストスペル。
自分のフォロワー1体を+2/+2する。そのフォロワーは「自分のターン終了時、自分のリーダーとこのフォロワーに1ダメージ」を持つ。
エンハンス 4; そのフォロワーはドレイン を持つ。
打点の補助を行いながら、自傷ダメージの回数を稼ぐことができる。蝙蝠ヴァンプなどでの採用が考えられるが、自身の場にフォロワーが居ない場合の扱いづらさがあり、採用には好みが分かれる。
ダークエレメンタル
【ヴァンパイア】
4コスト4/4(進化後6/6)。
【進化前】ラストワード 復讐 状態でないなら、自分のリーダーに4ダメージ。
ファンファーレ このターン中に、自分のフォロワーが破壊されていたなら、相手のフォロワー1体に2ダメージ。
【進化後】ラストワード 復讐 状態でないなら、自分のリーダーに4ダメージ。
4コスト4/4と高めのステータスを持ちつつ、ダメージ効果でフォロワーの除去を狙える。自傷効果も復讐ヴァンプではさほどデメリットにならないため、中盤を支えるカードとして採用される可能性は十分にある。
炎蛇の剣士
【ヴァンパイア】
4コスト2/2(進化後4/4)。
【進化前】 ファンファーレ 毒蛇2体を出す。
エンハンス 8; 自分の毒蛇すべては突進必殺 を持つ。
素のステータスは低いが、2体の毒蛇を展開できるため、合計ステータスで考えると悪くない。毒牙の姫・メドゥーサなど、毒蛇シナジーのあるカードと組み合わせて、毒蛇ヴァンプなるものが作成されるかもしれない。
安息の信者
【ビショップ】
2コスト2/2(進化後4/4)。
【進化前/後】自分のターン終了時、このフォロワーが攻撃していない状態なら、相手のリーダーに1ダメージ。
ターン終了時の効果が強力で、体力の高い堕天使・イヴリシアのような活躍が期待できる。しかし、現状ローテーションではアグロタイプのビショップを構築することが難しいため、活躍できるかは今後の追加カード次第となる。
安息の領域
【ビショップ】
2コストアミュレット。
【進化前】 カウントダウン 2 自分のターン終了時、自分の場に攻撃済み状態のフォロワーがいないなら、次の自分のターン開始時まで、自分のリーダーへの4以上のダメージは3になり、次の自分のターン開始時まで、自分のビショップ・フォロワーすべては「このフォロワーは攻撃されない」を持つ。
バーストダメージ対策として運用できるだけでなく、自身のフォロワーが攻撃されない効果を活かしてフォロワーを守ることも可能。また、十禍絶傑の実装とともに、赤枝の聖騎士・ノイシュがスタン落ちしてしまうため、代わりにこのカードを採用することもある。
安息の従者
【ビショップ】
3コスト1/4(進化後3/6)。
【進化前】自分のターン終了時、このフォロワーが攻撃していない状態なら、自分のリーダーと自分のフォロワーすべてを1回復。
ファンファーレ エンハンス 6; +3/+3して、守護 を持つ。
ターン終了時の回復効果により、天狐の社の効果起動をサポートできる。エンハンスで高い体力を持った守護フォロワーとして扱える点も悪くないが、他に優先したいカードも多く、採用されることはあまりない。
フェザーダッシュ
【ビショップ】
3コストスペル。
自分のフォロワー1体は疾走 を持つ。
現状特別相性の良いデッキは見当たらないが、効果自体はかなりの驚異になり得る。詠唱:白牙の神殿が破壊されたターンに使えば6点疾走として扱えるため、天狐ビショップで採用してみるのも悪くない。

Eランクの新カード

カード名注目ポイント
堅牢なる天使
【ニュートラル】
1コスト1/1(進化後3/3)。
【進化前】 守護
ファンファーレ エンハンス 4; +2/+2する。
【進化後】 守護
1コスト、4コストどちらで使用しても標準的なステータスよりも劣ってしまう。守護を持っているとは言え、わざわざ優先してこのカードを採用することはほとんどない。
飢餓の使徒
【ニュートラル】
5コスト5/4(進化後7/6)。
【進化前】ファンファーレ 自分の他のフォロワー1体か相手のフォロワー1体を、+3/+0する。そのフォロワーは「攻撃時 このフォロワーに3ダメージ」を持つ。
黒の女王・マグナスなどのダメージを無効化するカードとのコンボや、ロココのテディベアを逆手に取る動きが考えられる。しかし、自分の場にフォロワーが居ない場合、強制的に相手のフォロワーを強化しなければならず、扱いづらさも目立つため、採用されることはほとんどない。
スカアハ
【ニュートラル】
6コスト4/4 (進化後6/6)
アクセラレート 3; 自分のフォロワー1体を+2/+2する。
----------
【進化前】ファンファーレ 自分の他のフォロワー1体を+2/+2する。
自身の盤面にフォロワーがいる前提のカードとなっており、扱いづらさが目立つ。打点の補強として考えるのであれば、スカアハよりもドローソースや火力カードを優先した方が効率良く打点を与えやすいため、この評価となった。
重装のトロール
【ニュートラル】
7コスト8/7(進化後10/9)。
【進化前/後】このフォロワーは守護 を無視してリーダーを攻撃できる。
このフォロワーはフォロワーを攻撃不能。
コストが重く、フォロワーを攻撃できないデメリットも痛い。効果もさほど強力ではないため、わざわざ枠を割いてまで採用することはない。
怒れる山神
【エルフ】
4コスト3/4(進化後5/6)。
【進化前】 攻撃時 +1/+0する。
ファンファーレ エンハンス 7; +2/+2して、突進 を持つ。
【進化後】 攻撃時 +2/+0する。
エンハンスで即座に盤面干渉できる点、攻撃力を簡単に上昇させられる点は優秀だが、同じ4コスト帯に高い除去性能を持つ天禀の射手・メーテラなど、より強力なカードが存在する。そのため、このカードを優先して採用することはあまりない。
不殺の信者
【エルフ】
4コスト3/4(進化後5/6)。
【進化前】ファンファーレ 相手のフォロワー1体を、相手のターン終了まで、-4/-0する。
相手のフォロワーを一時的に弱体化させる効果を持っているが、同じ4コストには進化時に強力な除去効果を持つメーテラ、相手のフォロワーをフェアリーに変身させる森の囁きなど、より汎用性が高く強力なものが存在する。そのため、このカードが採用されることはほとんどない。
不殺の絶傑・エズディア
【エルフ】
10コスト6/6(進化後8/8)。
【進化前】ファンファーレ 相手のリーダーの体力の最大値を6にする(現在値は6以下ならそのまま)。
一見強力な効果に見えるが、コストが10と重く、効果の発動がかなり遅くなってしまう。このカードを主体としたコンセプトデッキが作られる可能性はあるが、現状のデッキに採用するのは難しい。
簒奪の信者
【ロイヤル】
3コスト2/2(進化後4/4)。
【進化前】潜伏
自分が財宝・カードをプレイするたび、+0/+1する。
攻撃時 黄金の小剣、黄金の杯、黄金の靴、黄金の首飾りの中から、ランダムに1枚を手札に加える。
潜伏により、ほぼ確実に財宝カードを加えられる点は評価できるが、それ以外の性能がいまひとつ。今後カードが追加され、財宝カードを中心にしたデッキが強化されるまでは、ほとんど見かける機会はない。
荒々しい女戦士
【ロイヤル】
4コスト3/4(進化後5/6)。
【進化前/後】交戦時 ランダムな相手のフォロワー1体に1ダメージ。
交戦する相手フォロワーの体力が1なら無傷で撃破できるが、同じ4コストである先陣の騎兵などと比べてカードパワーが低い。そのため、ほとんど採用されることはない。
占星術
【ウィッチ】
3コストスペル。
ヴィーナス、ポルックス、スターフェニックス、カストール、スコルピオ、アンドロメダの中から、ランダムに異なる2枚を手札に加える。
土の秘術 手札に加えたカード2枚のコストを-1する。
上手く土の秘術で発動し、4ターン目にスコルピオ+カストールなどの動きが取れれば非常に強力。しかし、ランダム性が高く、決まった動きを取りにくいことから、採用されることはあまりない。
眠りの魔術
【ウィッチ】
3コストスペル。
カードを1枚引く。
自分か相手のフォロワー1体を、次の自分のターン開始時まで、攻撃不能にする。
自分のデッキが20枚以下なら、攻撃不能にするのではなく、手札に戻す。
相手のフォロワーを手札に戻しつつ、1ドローできるのは強力だが、デッキの枚数が20枚以下になるのは、早くとも7ターン目前後。それまでの間はコストに対しての効果が伴っていないと考えられる。他に優先度の高いカードも存在することから、あまり見かけない。
真実の宣告
【ウィッチ】
6コストスペル。
ガーディアンゴーレム1体を出し、+X/+Xする。
相手のリーダーにYダメージ。
自分のリーダーをZ回復。
XとYとZは、合計がこのカードの「スペルブースト された回数」になるようにランダムに決まる。
ユニークな効果を持っているが、ランダム性が非常に高く、実用レベルだとは言いづらい。一部のファンデッキを除いて、ほとんど採用されることはない。
真実の従者
【ウィッチ】
7コスト3/5(進化後5/7)。
【進化前】アクセラレート 2; 相手のフォロワー1体に2ダメージ。
----------
ファンファーレ 相手のフォロワー1体に4ダメージ。
アクセラレートでも、フォロワーとしてもプレイすることができるが、どちらの場合も強力な性能とは言えない。そのため、採用されることはほぼない。
恐竜時代
【ドラゴン】
3コストスペル。
自分のドラゴン・フォロワー1体を+2/+2する。そのフォロワーは「ラストワード ドラゴンの卵1枚を手札に加える」を持つ。
エンハンス 10; +2/+2ではなく+5/+5する。
実質手札消費なしにフォロワー1体を強化することができるが、コストパフォーマンスの悪さが目立つ。悪夢の竜・ジャバウォックを主軸とした一部のコンセプトデッキなどを除いて、採用されることはほとんどない。
ドラゴニックシューター
【ドラゴン】
4コスト2/2(進化後4/4)。
【進化前】相手のターンに、相手のフォロワーが自分のリーダーに攻撃するとき、そのフォロワーに2ダメージを与え、この能力を失う。
このフォロワーは攻撃されない。
攻撃されない効果は悪くないが、ステータスが低く、ダメージ効果やスペルで除去されやすい。また、相手フォロワーにダメージを与える効果も限定的な場面でしか有効に働かないため、活躍は難しい。
悪夢の竜・ジャバウォック
【ドラゴン】
7コスト3/3(進化後5/5)。
【進化前】 このフォロワーは攻撃不能。
ファンファーレ と自分のターン終了時、自分のデッキのコスト最小のフォロワーをランダムに1枚消滅させる。+X/+Xする。Xは「消滅させたカードのコストの値」である。
相手のターン開始時、このカードの攻撃力が10以上なら、相手の場にフォロワーがいるならランダムな相手のフォロワー1体に、いないなら相手のリーダーに、5ダメージ。
【進化後】このフォロワーは攻撃不能。
自分のターン終了時、自分のデッキのコスト最小のフォロワーをランダムに1枚消滅させる。+X/+Xする。Xは「消滅させたカードのコストの値」である。
相手のターン開始時、このカードの攻撃力が12以上なら、相手の場にフォロワーがいるならランダムな相手のフォロワー1体に、いないなら相手のリーダーに、7ダメージ。
安定して効果を発動させるためには低コストを削る必要があるが、ドラゴンには竜剣の少女・アイラ銀氷のドラゴニュート・フィルレインなどの必須級の2コストカードが多い。苦労して効果を発動させたとしても、確定除去1枚で解決されてしまう打たれ弱さもネックであり、ほとんど採用されることはない。
沈黙の従者
【ネクロマンサー】
2コスト2/2(進化後4/4)。
【進化前】 ファンファーレ エンハンス;6 +3/+3する。相手のフォロワー1体は能力すべて(攻撃力/体力はそのまま)を失う。
墓場が余りがちなアーカスネクロでは、エンハンス6でないと効果が使えないこのカードよりもサルナーンの方が使い勝手が良い。6コスト5/5とエンハンス時のステータスも低いため、採用されることはまずない。
冥界の騎兵
【ネクロマンサー】
5コスト3/5(進化後5/7)。
【進化前】 突進
ファンファーレ ネクロマンス 4; 相手のリーダーに2ダメージ。
【進化後】 突進
採用するならファンファーレの2ダメージを活かせるアグロデッキになりそうだが、ローテーションのカードプールでアグロデッキを組むのはかなり困難。採用されることはまずない。
邪魂の流出
【ネクロマンサー】
8コストスペル。
スケルトン3体を出す。自分のフォロワーすべてを+1/+1する。
ネクロマンス 4 ; +1/+1するのではなく、+2/+2する。
カードパワーはそれなりだが、主流になっているアーカスネクロでは、アーカス後に使用してもスケルトンが場に残るため相性が悪い。また他のデッキタイプでも相性の良いデッキが存在しないため、採用されることはほぼない。
孤独なる玉座
【ヴァンパイア】
3コストアミュレット。
カウントダウン 4
自分のターン終了時、自分の場のフォロワーが1体なら、ランダムな自分のフォロワー1体は+1/+1されて、守護 を持つ。
コストがやや重い上、効果の発動に条件があるので使いづらそうだ。採用されることはほとんどない。
黄金都市
【ビショップ】
2コストアミュレット。
直接召喚 自分のターン終了時、自分の残りのPPが2以上で自分の場に黄金都市がないなら、このカードを1枚、自分のデッキから場に出す。
自分がアミュレットをプレイするたび、そのアミュレットのカウントダウン を1進める。
手札事故を起こしてしまった場合であっても動きの一つとして数えられる点は優秀だが、ローテーションでは急いでカウントダウンを進めたいアミュレットが見当たらない。現状相性の良いデッキが存在しないことから、この評価となった。
聖域の執行者
【ビショップ】
7コスト4/5(進化後6/7)。
【進化前】 疾走
【進化後】 進化前と同じ能力。
フィニッシャーとしての活躍が見込めるが、大抵の場合はヘヴンリーナイトで事足りてしまうと思われる。枠を割いてまでこのカードを採用することはあまりない。
銀の機械像
【ネメシス】
7コスト5/7(進化後7/9)。
【進化前/後】守護
ラストワード 操り人形2枚を手札に加える。
味方リーダーを守りながら操り人形を加えることができるが、心無き決闘などをはじめ競合が多い。そのため、採用されることはほとんどない。

十禍絶傑のアンリミテッド評価

▲ローテーションでの評価はこちら

目次

Sランクの新カード

カード名注目ポイント
冥界の番犬・ケルベロス
【ネクロマンサー】
5コスト3/3(進化後5/5)。
【進化前】ファンファーレ 番犬の右腕・ミミ1体と番犬の左腕・ココ1体を出す。
【進化後】進化時 自分の他のフォロワーすべては「ラストワード ランダムな相手のフォロワー1体に1ダメージ」を持つ。
ファンファーレ、進化時効果ともに強力で、ミッドレンジネクロの展開力をさらに強化してくれる。ローテーション同様、アンリミテッドでも活躍の機会は多い。
フラウロス
【ヴァンパイア】
4コスト5/3(進化後7/5)。
【進化前】直接召喚 自分のターン中、自分のリーダーがダメージを受けたとき、それがこのターン中に4回目なら、このカードを1枚、自分のデッキから場に出す。
ラストワード 自分のリーダーを3回復。
【進化後】ラストワード 自分のリーダーを5回復。
アンリミテッドでは鮮血の花園と組み合わせることで、序盤でも十分に直接召喚を狙っていける。手札に引き込んでしまった場合にも回復要員として及第点の性能を持っており、様々なデッキで採用できるカードだ。

Aランクの新カード

カード名注目ポイント
フェアリーサークル
【エルフ】
1コストスペル。
フェアリー2枚を手札に加える。
現在エルフデッキ全般で採用されている、フェアリーサークルの再録カード。イラストの好みによって、使い分けを行うと良い。
沈黙の絶傑・ルルナイ
【ネクロマンサー】
3コスト3/3(進化後5/5)。
【進化前】 ファンファーレ ネクロマンス 3; 次の自分のターン開始時まで、相手の手札のスペルのコストを+3する。
ステータスが高く、序盤の盤面の取り合いに貢献してくれる上、中盤以降にはOTKエルフ超越ウィッチ蝙蝠ヴァンプへの対策としても機能する。ネクロの3コストには優秀なカードも多いが、その中に割って入るパワーは持ち合わせている。
不殺の使徒
【エルフ】
5コスト3/6(進化後5/8)。
【進化前】ファンファーレ コスト1以下のスペルをランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える。
自分のターン終了時、「相手の場のフォロワーの数」と同じだけ自分のリーダーを回復する。
【進化後】自分のターン終了時、「相手の場のフォロワーの数」と同じだけ自分のリーダーを回復する。
構築次第では対空射撃自然の導きといった、OTKに絡むパーツを確定でサーチできる。歴戦の傭兵・フィーナとコストが被っている点はやや気になるが、コンボパーツの補充役としてOTKエルフに採用するプレイヤーも少なくない。

Bランクの新カード

カード名注目ポイント
簒奪の絶傑・オクトリス
【ロイヤル】
3コスト2/3(進化後4/5)。
【進化前】 ファンファーレ ラストワード 能力を持つ相手のフォロワー1体は、ラストワード 能力すべてを失う。このフォロワーは、失わせたラストワード 能力すべてを持つ。
エンハンス 8; +2/+2して、「このフォロワーはEPを消費せず進化できる」を持つ。自分のPPを2回復。(1ターンに1体しか進化できない制限はある)
【進化後】 進化時 黄金の小剣、黄金の杯、黄金の靴、黄金の首飾りの中から、ランダムに異なる2枚を手札に加える。
ラストワードを奪う唯一無二の効果を持っており、環境次第ではさらに評価が上がることも考えられる。進化時やエンハンスの効果も悪くなく、ミッドレンジロイヤルを中心に、様々なデッキで採用できるカードになる。
くず鉄の練成
【ウィッチ】
1コストアミュレット。
ファンファーレ ジャンクゴーレム1体を出す。
現在秘術ウィッチなどを中心に採用されている、くず鉄の錬成の再録カード。イラストの好みによって、使い分けを行うと良い。
真実の使徒
【ウィッチ】
2コスト2/2(進化後4/4)。
【進化前】ファンファーレ 手札のスペルブースト を持つカード1枚を捨て、それよりも元のコストが高いスペルブースト を持つカードをランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える。手札に加わったカードのスペルブースト は、捨てたカードのスペルブースト と同じになる。
次元の超越のサーチを行える点は魅力的だが、現在超越ウィッチのキーカードであるキマイラを捨てなければ確定サーチができない点が気に掛かる。ただし、手札で腐りがちなウィンドブラストを変換できたりと、他にも優秀な使い道が存在しているため、枚数を絞れば十分採用候補に挙がるカードになる。
侮蔑の絶傑・ガルミーユ
【ドラゴン】
5コスト5/5(進化後5/5)。
【進化前】 自分のターン中、このフォロワーがダメージを受けた後に破壊されなかったなら、このフォロワーは進化する。
ファンファーレ エンハンス 7; お互いのフォロワーすべてに1ダメージ。(このフォロワーも含む)
【進化後】このフォロワーがダメージを受けた後に破壊されなかったなら、ランダムな相手のフォロワー1体に3ダメージ、相手のリーダーに3ダメージ。
進化後の効果が強力で、フェイスドラゴンとの相性が非常に良い。ガルミーユの攻撃と効果で2面処理を行いながら、打点を供給できるため、フェイスプランを後押しできるカードになる。
血に飢えたハムスター
【ヴァンパイア】
2コスト1/3(進化後3/5)。
【進化前】 自分のターンごとに1回、自分のリーダーがダメージを受けたとき、+1/+0する。
鮮血の花園不穏なる闇の街との相性が良く、比較的容易に攻撃力上昇の効果を発動させることができる。競合となるフォロワーは多数存在するが、それらを押し退けて採用される可能性も十分にある。
姦淫の絶傑・ヴァーナレク
【ヴァンパイア】
3コスト1/3(進化後3/5)。
【進化前】相手のターン開始時、直前の自分のターンに自分のリーダーがダメージを受けていたなら、+1/+1する。
ファンファーレ 「このバトル中、自分のターン中に自分のリーダーがダメージを受けた回数」が7回以上なら、相手のフォロワー1体を破壊して、+1/+1して、疾走 を持つ。
【進化後】相手のターン開始時、前の自分のターン中、自分のリーダーがダメージを受けていたなら、+1/+1する。
不穏なる闇の街と組み合わせることで、実質3コスト2/4として扱うことができる。ファンファーレの発動条件はやや厳しいが、厳しい条件に見合った強力な効果を持っており、様々なデッキで採用できるカードになる。
ユニコーンナイト
【ビショップ】
2コスト1/3(進化後3/5)。
【進化前】・ユニコーン
・ユニコーンスピア
ファンファーレ チョイス したカード1枚を手札に加える。
ファンファーレでチョイスできるユニコーンスピアが強力で、天狐ビショップとの相性が良い。競合相手は多いが、ホーリープリースト・ロレーナなどの枠を押し退けて採用される可能性も十分にある。
安息の絶傑・マーウィン
【ビショップ】
4コスト4/4(進化後6/6)。
【進化前】ファンファーレ 相手のPP最大値を+1する。相手のアミュレットすべてのカウントダウン を1進める。相手のリーダーを1回復。相手はカードを1枚引く。自分のPP最大値を+1する。自分のアミュレットすべてのカウントダウン を1進める。自分のリーダーを1回復。自分はカードを1枚引く。
【進化後】このフォロワーへの4以上のダメージは3になる。
相手にも恩恵を与えてしまうが、テミスの審判などでの全体除去が行えるタイミングを1ターン早めることができる。後攻4ターン目に進化する動きも強力なため、様々なデッキで採用が検討できるカードになる。
破壊の信者
【ネメシス】
2コスト1/2(進化後3/4)。
【進化前】 ファンファーレ 自分の他のネメシス・フォロワーか、カウントダウン を持たないネメシス・アミュレットを破壊する。カードを2枚引く。
操り人形フラワードール危険な発明品などを破壊することで、大きなアドバンテージを得ることができる。手札事故の解決や安定感の向上に一役買ってくれるため、様々なデッキでの採用が検討できる。

Cランクの新カード

カード名注目ポイント
飢餓の絶傑・ギルネリーゼ
【ニュートラル】
7コスト3/5(進化後5/7)。
【進化前】 潜伏
ドレイン
自分のターン開始時、このターンが10ターン目かそれ以降なら、おたがいのリーダーはカードを5枚引く。
ファンファーレ 自分の他のフォロワーすべてを+2/+0する。
【進化後】潜伏
ドレイン
自分のターン開始時、このターンが10ターン目かそれ以降なら、おたがいのリーダーはカードを5枚引く。
コストはやや重たいが、潜伏、ドレイン、ファンファーレ、すべての能力が高水準のフォロワー。グレモリーが制限カードになってしまうミッドレンジネクロでは、代わりに1〜2枚採用してみるのも悪くない。
簒奪の従者
【ロイヤル】
2コスト1/1(進化後3/3)。
【進化前】 交戦時 +1/+1する。
黄金の小剣、黄金の杯、黄金の靴、黄金の首飾りの中から、ランダムに1枚を手札に加える。
マジックミサイルなどの1点除去に弱い点を除けば、交戦時のステータス上昇効果により、実質2/2フォロワーとして扱える。黄金の杯がやや扱いづらい点は気になるが、様々なロイヤルデッキで採用できるカードになる。
簒奪の蛇剣
【ロイヤル】
2コストスペル。
相手のフォロワー1体に3ダメージ。
黄金の小剣、黄金の杯、黄金の靴、黄金の首飾りの中から、ランダムに1枚を手札に加える。
2コスト除去として標準的な数値を満たしていながら、財宝カードを1枚加える効果まで持っている。様々なデッキで採用が検討できるカードになる。
マナリアナイト・オーウェン
【ウィッチ】
2コスト1/2(進化後3/4)。
【進化前】 ファンファーレ マナリア・フォロワー(マナリアナイト・オーウェンを除く)をランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える。
マナリアウィッチであればほぼ間違いなく採用できるカードだが、アンリミテッドでは秘術ウィッチが強力であり、あえてマナリアウィッチを使う必要があまりない。そのため、見かける機会はほとんどない。
真実の信者
【ウィッチ】
3コスト3/3(進化後5/5)。
【進化前】アクセラレート 1; 自分のリーダーを1回復。
----------
ファンファーレ 自分のリーダーを1回復。
恵まれたステータスに加え、回復効果やアクセラレートまで持ち合わた優秀なフォロワー。秘術ウィッチなどのフォロワーを軸としたデッキに採用することで、序盤の盤面の取り合いを有利にしやすくなる。
開闢の予言者
【ウィッチ】
20コスト20/20(進化後22/22)。
【進化前】アクセラレート 10;カードを1枚引く。開闢の予言者1枚をデッキに加える。自分のPPを9回復。
----------
直接召喚 自分のターン終了時、このバトル中に、自分が元のコスト1、2、3、4、5、6、7、8、9、10のカードをプレイしていたなら、このカードを1枚、自分のデッキから場に出す。
このフォロワーは、相手の能力で選択できず、カードの能力によって破壊されない。(攻撃によるダメージや、能力によるダメージでは破壊される)
【進化後】このフォロワーは、相手の能力で選択できず、カードの能力によって破壊されない。
ドロシーウィッチであれば、大きく構築を歪めることなく直接召喚の条件を達成することができる。全てのコストの枚数を満遍なく採らなければいけない都合上、事故率は気になるが、1〜2枚挿してみるのも悪くない。
侮蔑の信者
【ドラゴン】
1コスト1/1(進化後3/3)。
【進化前】 ファンファーレ 自分の場に他のフォロワーがいるなら、自分の他のフォロワー1体に1ダメージを与え、カードを1枚引く。
基本的なスペックは低めだが、侮蔑の使徒侮蔑の絶傑・ガルミーユとの組み合わせが強力。状況によっては大きなアドバンテージに繋がるため、フェイスドラゴンなどでは採用候補に挙がってくる。
侮蔑の炎爪
【ドラゴン】
1コストスペル。
自分のフォロワー1体に1ダメージ。相手のフォロワー1体に3ダメージ。
(このカードは、自分の場と相手の場に選択できるカードがあるなら、プレイできる。)
侮蔑の絶傑・ガルミーユなどとの相性は良いが、「侮蔑の」の名前を冠するカード以外との相性はいまひとつ。アンリミテッドではサラマンダーブレスをはじめ、優秀な除去カードも多いことから、この評価となった。
グリフォンの守衛
【ドラゴン】
4コスト3/4 (進化後5/6)
【進化前】守護
ファンファーレ 覚醒 状態なら+0/+3する。
防御性能の高さは魅力的だが、現状アンリミテッドの主流であるフェイスドラゴン庭園ゾーイには採用枠の問題から採用しづらいことが予想される。ランプドラゴンであれば採用候補に挙がりそうなカードではあるが、見かけることはあまり多くない。
イビルコフィン
【ネクロマンサー】
4コスト2/2(進化後3/3)。
【進化前】 ラストワード リアニメイト 2
【進化後】ラストワード リアニメイト 2
進化時 ゴースト3体を場に出す。
進化を使うことで、骸の王のコストを1枚で満たすことができる。ラストワードでのリアニメイトも優秀で、骸ネクロなどでの採用が考えられるが、採用枠の捻出が難しいことからこの評価とした。
冥河の渡し守・カローン
【ネクロマンサー】
6コスト5/5(進化後5/5)。
【進化前】ファンファーレ コスト5のネクロマンサー・フォロワーをランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える。
【進化後】進化時 ネクロマンス 5; ターン終了まで、手札のネクロマンサー・フォロワー1枚のコストを-5する。
冥界の番犬・ケルベロスとの組み合わせは強力だが、進化を前提とする上、6ターン目ともなれば骨の貴公子など他に強力な動きも多い。そのため、ローテーションと比べると見かける機会は減ってしまう。
姦淫の信者
【ヴァンパイア】
1コスト1/1(進化後3/3)。
【進化前】攻撃時 自分のリーダーに1ダメージ。
ラストワード 相手のリーダーに1ダメージ。
攻撃時の効果、ラストワードともに優秀であり、蝙蝠ヴァンプを中心に採用が期待できるカード。姦淫の絶傑・ヴァーナレク血に飢えたハムスターといった相性の良いカードも多数追加されるため、見かけることも少なくない。
黄金都市
【ビショップ】
2コストアミュレット。
直接召喚 自分のターン終了時、自分の残りのPPが2以上で自分の場に黄金都市がないなら、このカードを1枚、自分のデッキから場に出す。
自分がアミュレットをプレイするたび、そのアミュレットのカウントダウン を1進める。
直接召喚の効果により、手札事故を起こしてしまった場合であっても動きの一つとして数えられる。セラフビショップであれば、1枚採用してみるのも面白そうだ。
フェザーダッシュ
【ビショップ】
3コストスペル。
自分のフォロワー1体は疾走 を持つ。
効果自体は強力だが、コンボ前提となってしまう点がネック。現状特別採用したいデッキは見当たらないが、様々なデッキで採用候補には挙がってくるカードになる。
安息の使徒
【ビショップ】
4コスト1/4(進化後1/4)。
【進化前】必殺
【進化後】必殺
自分のターン終了時、このフォロワーが攻撃していない状態なら、攻撃力最大の相手のフォロワー1体を破壊する(攻撃力最大のフォロワーが複数いるなら、その中からランダムに1体)。
性能自体は魅力的だが、小型フォロワーの横並びや、蝙蝠ヴァンプなどのコンボデッキが多いアンリミテッド環境ではその能力を活かしづらい。ローテーションと比べると、見かける機会は少ないカードだ。
流体使い
【ネメシス】
2コスト2/2(進化後4/4)。
【進化前】ファンファーレ 防御型ゴーレム、攻撃型ゴーレムの中から、ランダムに1枚をデッキに加える。
共鳴 状態なら、ランダムに1枚ではなく、防御型ゴーレム1枚と攻撃型ゴーレム1枚をデッキに加える。
ファンファーレでデッキに加わるアーティファクトのスペックが高く、アーティファクトネメシスであれば採用される可能性の高いカード。よりランダム性の高い機構翼の剣士の枠に割って入ってくることも少なくない。
破壊の絶傑・リーシェナ
【ネメシス】
4コスト1/4(進化後3/6)。
【進化前】 必殺
このフォロワーは、カードの能力によって破壊されない。(攻撃によるダメージや、能力によるダメージでは破壊される)
【進化後】必殺
このフォロワーは、カードの能力によって破壊されない。
進化時 白き破壊のアーティファクト1枚を手札に加える。
黒き破壊のアーティファクトの効果を発動させられなくとも、破壊耐性を持った体力4の必殺フォロワーというだけで強力。人形ネメシスのサブプランや、このカードを軸にした新しいデッキタイプでの活躍が期待できる。
破壊の歌声
【ネメシス】
4コストスペル。
自分のネメシス・フォロワー1体かカウントダウンを持たない自分のネメシス・アミュレット1つを選択して、破壊する。
相手のフォロワーすべてにXダメージ。Xは「選択したカードのコストの値」である。
破壊の絶傑・リーシェナなどの破壊耐性を持つカードを対象としても効果が発動するため、基本的にはそれらとのコンボを狙っていきたい。コストパフォーマンスの良い全体除去スペルとなっており、環境次第ではさらに評価が上がることも考えられる。

Dランクの新カード

カード名注目ポイント
飢餓の輝き
【ニュートラル】
3コストスペル。
自分か相手のフォロワー1体を、+4/+0して、そのフォロワーに4ダメージ。
全クラスで採用できる3コストの4点除去スペル。新環境には、実質3/2/4となる姦淫の絶傑・ヴァーナレクなどの厄介なフォロワーが登場することもあり、除去の少ないクラスであればこのカードを採用することもある。
爆砕の傭兵・フィーナ
【ニュートラル】
4コスト3/3(進化後5/5)。
【進化前】 ファンファーレ 相手のリーダーか相手のフォロワー1体に1ダメージ。
【進化後】 進化時 コスト1以下の相手のフォロワーすべてを破壊する。
ファンファーレ効果でスケルトンフェアリーの一掃が狙える。限定的ではあるが、環境やデッキによっては採用されることもある。
唯我の絶傑・マゼルベイン
【ニュートラル】
6コスト4/4(進化後6/6)。
【進化前】ファンファーレ 自分のデッキに重複するカード(唯我の絶傑・マゼルベインを除く)がないなら、このバトル中、自分のリーダーは「自分のターン終了時、自分の場のフォロワーが1体なら、ランダムな自分のフォロワー1体を+2/+2して、ランダムな相手のフォロワー1体に2ダメージと相手のリーダーに2ダメージ」を持つ。リーダーはこの能力を重複して持たない。
フォロワーの強化と除去を1枚で行える点は強力だが、発動条件を満たすのが難しく、基本的に同名カードをデッキに採用できなくなってしまう。デメリットの重さを考えると、現状ではあまり活躍の機会はない。
不殺の刻印
【エルフ】
0コストスペル。
攻撃力0以下の相手のフォロワー1体を消滅させる。
カードを1枚引く。
エンハンス 6; 攻撃力0以下ではなく、(攻撃力にかかわらず)相手のフォロワー1体を消滅させる。
シャマのまなざし不殺の信者など、攻撃力を下げるカードとの組み合わせは強力だが、どうしてもコンボが前提になってしまう。それぞれ単体での扱いづらさを考えると、それに見合ったメリットが得られないため、採用されることはあまりない。
ロイヤルクリスタリア・ティア
【エルフ】
1コスト1/1 (進化後3/3)
【進化前】ファンファーレ このターン中に(このカードを含めず)カードを2枚以上プレイしていたなら、クリスタリア・イヴ1枚を手札に加え、そのコストを3にする。4枚以上プレイしていたなら、コストを3にするのではなく、1にする。
アグロ〜ミッドレンジタイプのデッキであれば採用されそうなカードではあるが、現在主流のOTKエルフにはあまり噛み合っていない。そのため、ローテーションと比べると見かける機会は減ってしまう。
ざわめく森
【エルフ】
2コストアミュレット。
カウントダウン 1
自分のターン終了時、エルフ・フォロワーをランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える。
ファンファーレ 相手のフォロワー1体を、次のターン攻撃不能にする。エンハンス 4; カウントダウン を2遅らせる。
効果自体は悪くないが、現状特別相性の良いデッキが見当たらない。新環境でのエルフの立ち位置の低さもあって、見かける機会はあまりない。
煌刃の戦士・ベイル
【エルフ】
7コスト4/4(進化後6/6)。
【進化前】自分のフォロワーが破壊されるたび、自分の手札のこのカードのコストを-1する。
守護
【進化後】守護
優秀な効果を持っており、アグロエルフなどでの採用が考えられる。しかしながらデッキの空いている枠などの都合上、このカードの採用は現実的には難しい。
豪快な海賊
【ロイヤル】
3コスト3/3(進化後6/6)。
【進化前/後】 効果なし。
進化前、進化時ともにステータスが標準よりも高く、同コスト帯のフォロワーを一方的に破壊できる場面も少なくない。ただし、強力な効果を持っている嵐の槍使い静かなる炎将・マーズが優先される場合が多いと判断し、この評価とした。
簒奪の使徒
【ロイヤル】
5コスト4/5(進化後6/7)。
【進化前】 自分が財宝・カードをプレイするたび、ランダムな相手のフォロワー1体に2ダメージ。
ファンファーレ 相手のリーダーか相手のフォロワー1体に1ダメージ。
黄金の小剣、黄金の杯、黄金の靴、黄金の首飾りの中から、ランダムに1枚を手札に加える。
ファンファーレで手札に加わる財宝カードはすべて1コストのため、6ターン目に財宝カードと合わせてプレイする動きを取ることができる。とは言えコストが少し重いことや、現状のミッドレンジロイヤルの立ち位置の低さを考えると、あまり見かける機会はない。
真実の絶傑・ライオ
【ウィッチ】
7コスト7/7(進化後9/9)。
【進化前】ファンファーレ 自分のデッキのスペルブースト を持つカードすべてを、9回スペルブースト する。
効果自体は優秀だが、重めのコストが足を引っ張る。7ターン前後でのフィニッシュを狙うOTKエルフや、ミッドレンジネクロの存在を考えると、プレイする隙を作りづらく、採用されることはあまりない。
マナリアの魔導姫・アン
【ウィッチ】
9コスト4/4(進化後6/6)。
【進化前】
・アンの大英霊
・アンの大魔法
ファンファーレ チョイス したカード1枚を手札に加える。
自分がマナリア・カードをプレイするたび、自分の手札のこのカードのコストを-1する。
マナリアウィッチであればほぼ間違いなく採用できるカードだが、アンリミテッドでは秘術ウィッチが強力であり、あえてマナリアウィッチを使う必要があまりない。そのため、見かける機会はほとんどない。
沈黙の使徒
【ネクロマンサー】
4コスト3/4(進化後5/6)。
【進化前】 ファンファーレ 守護 を持つ相手のフォロワー1体を破壊する。
横並びの展開に持ち込みたいアンリミテッドのネクロマンサーのデッキコンセプトに沿っていない。効果自体は強力であるが、明確に倒したい守護フォロワーも少ないことから採用されることはあまりない。
姦淫の従者
【ヴァンパイア】
2コスト4/2(進化後6/4)。
【進化前】 自分のターン中、相手のリーダーへ攻撃してダメージを与えたあと、お互いのリーダーを2回復。
ファンファーレ 自分のリーダーに1ダメージ。
【進化後】自分のターン中、相手のリーダーへ攻撃してダメージを与えたあと、お互いのリーダーを2回復。
高い攻撃力を持つが、回復効果が邪魔をし、アタッカーとしての活躍があまり期待できない。アンリミテッドでは小型フォロワーの横並びが多く、戦闘でのアドバンテージも取りづらいことから、採用を見かけることはあまりない。
姦淫の翼
【ヴァンパイア】
2コストスペル。
自分のフォロワー1体を+2/+2する。そのフォロワーは「自分のターン終了時、自分のリーダーとこのフォロワーに1ダメージ」を持つ。
エンハンス 4; そのフォロワーはドレイン を持つ。
打点の補助を行いながら、自傷ダメージの回数を稼ぐことができる。蝙蝠ヴァンプなどでの採用が考えられるが、自身の場にフォロワーが居ない場合の扱いづらさを考えると、採用には好みが分かれる。
ダークエレメンタル
【ヴァンパイア】
4コスト4/4(進化後6/6)。
【進化前】ラストワード 復讐 状態でないなら、自分のリーダーに4ダメージ。
ファンファーレ このターン中に、自分のフォロワーが破壊されていたなら、相手のフォロワー1体に2ダメージ。
【進化後】ラストワード 復讐 状態でないなら、自分のリーダーに4ダメージ。
扱いやすいダメージ効果ではあるが、4コストのフォロワーにはベルフェゴールナルメアなどといった優先度の高いフォロワーが存在する。それらと比べると見劣りしてしまうため、採用されることはほとんどない。
カラミティブリンガー
【ヴァンパイア】
7コスト7/4(進化後9/6)。
【進化前】ファンファーレ ランダムな他のフォロワー3体を破壊する。(このフォロワーを除く)復讐 状態でないなら、自分のリーダーに7ダメージ。
【進化後】進化時 復讐 状態なら、ランダムなリーダーか他のフォロワー1体に1ダメージ。これを9回行う。
強力な効果ではあるが、決着までのターンが早いアンリミテッドでは自傷効果と、ランダムダメージがデメリットに働いてしまう可能性が高い。同コストにエメラダ闇喰らいの蝙蝠などのカードが存在していることを考えると、採用されることはあまりない。
安息の信者
【ビショップ】
2コスト2/2(進化後4/4)。
【進化前/後】自分のターン終了時、このフォロワーが攻撃していない状態なら、相手のリーダーに1ダメージ。
攻撃的な効果を持っているため、疾走ビショップなどであれば採用候補に挙がるカード。しかし、現環境での疾走ビショップの立ち位置を考えると、活躍の機会は少ない。
光明齎す発明家
【ネメシス】
1コスト1/1(進化後3/3)。
【進化前】
・素敵な発明品
・危険な発明品
ファンファーレ チョイス したカード1枚を手札に加える。
ネメシスでは初となる1コストフォロワー。しかし、アンリミテッドでのネメシスの立ち位置の低さや、1/1/2フォロワーが環境に多いことを考えると、採用されることはほとんどないだろう。
ゼンマイの巻き直し
【ネメシス】
2コストスペル。
操り人形1枚を手札に加える。
共鳴 状態なら、1枚ではなく2枚手札に加える。
効果自体は悪くないが、その他の操り人形を加えるカードと比べるとやや見劣りしてしまう。採用されることはあまりない。

Eランクの新カード

カード名注目ポイント
堅牢なる天使
【ニュートラル】
1コスト1/1(進化後3/3)。
【進化前】 守護
ファンファーレ エンハンス 4; +2/+2する。
【進化後】 守護
1コスト、4コストどちらで使用しても標準的なステータスよりも劣ってしまう。守護を持っているといっても、わざわざ優先してこのカードを採用するといったことはほぼない。
ゴブリンファイター
【ニュートラル】
2コスト2/1(進化後4/3)。
【進化前】 ファンファーレ ゴブリン、ゴブリンリーダーの中から、ランダムに1枚を手札に加える。
アグロデッキに起こりがちな手札不足をケアできる効果を持った2コストフォロワー。しかし、体力の低さや、ランダム性の高さなど、安定感に欠ける部分が多く、採用されることはほとんどない。
飢餓の使徒
【ニュートラル】
5コスト5/4(進化後7/6)。
【進化前】ファンファーレ 自分の他のフォロワー1体か相手のフォロワー1体を、+3/+0する。そのフォロワーは「攻撃時 このフォロワーに3ダメージ」を持つ。
黒の女王・マグナスなどのダメージを無効化するカードとのコンボなどが考えられる。しかし自分の場にフォロワーが居ない場合、強制的に相手のフォロワーを強化しなければならないなどの扱いづらさも目立つため、採用されることはほとんどない。
スカアハ
【ニュートラル】
6コスト4/4 (進化後6/6)
アクセラレート 3; 自分のフォロワー1体を+2/+2する。
----------
【進化前】ファンファーレ 自分の他のフォロワー1体を+2/+2する。
自身の盤面にフォロワーがいる前提のカードとなっており、扱いづらさが目立つ。打点の補強として考えるのであれば、スカアハよりもドローソースや火力カードを優先した方が効率良く打点を与えやすいため、この評価となった。
重装のトロール
【ニュートラル】
7コスト8/7(進化後10/9)。
【進化前/後】このフォロワーは守護 を無視してリーダーを攻撃できる。
このフォロワーはフォロワーを攻撃不能。
コストが重く、フォロワーを攻撃できないデメリットも痛い。効果もさほど強力ではないため、わざわざ枠を割いてまで採用することはない。
不殺の従者
【エルフ】
2コスト2/2(進化後4/4)。
【進化前】ファンファーレ 相手のフォロワー1体を、相手のターン終了まで、-1/-0する。
このカードが持っている効果やステータス自体は悪くないが、他の2コストフォロワーと比べた場合どうしても見劣りしてしまう。そのため、採用されることはほとんどない。
怒れる山神
【エルフ】
4コスト3/4(進化後5/6)。
【進化前】 攻撃時 +1/+0する。
ファンファーレ エンハンス 7; +2/+2して、突進 を持つ。
【進化後】 攻撃時 +2/+0する。
エンハンスで即座に盤面干渉できる点、攻撃力を簡単に上昇させられる点は優秀だが、同じ4コスト帯に高い除去性能を持つ天禀の射手・メーテラなど、より強力なカードが存在する。そのため、このカードを優先して採用することはあまりない。
不殺の信者
【エルフ】
4コスト3/4(進化後5/6)。
【進化前】ファンファーレ 相手のフォロワー1体を、相手のターン終了まで、-4/-0する。
相手のフォロワーを一時的に弱体化させる効果を持っているが、同じ4コストには進化時に強力な除去効果を持つメーテラ、相手のフォロワーをフェアリーに変身させる森の囁きなど、より汎用性が高く強力なものが存在する。そのため、このカードが採用されることはほとんどない。
ホーネットソルジャー
【エルフ】
5コスト5/4(進化後7/6)。
【進化前】・ホーネットウォーリアー
・蜂の毒針
ファンファーレ チョイス したカード1枚を手札に加える。
このターン中に(このカードを含めず)カードを2枚以上プレイしていたなら、チョイス ではなく、ホーネットウォーリアー1枚と蜂の毒針1枚を手札に加える。
アンリミテッドのエルフはOTKエルフが主流となっており、このカードとの相性が良くない。採用するならコントロール系統のデッキとなるが、デッキ自体の活躍が難しいため、このカードを見かけることはほぼない。
不殺の絶傑・エズディア
【エルフ】
10コスト6/6(進化後8/8)。
【進化前】ファンファーレ 相手のリーダーの体力の最大値を6にする(現在値は6以下ならそのまま)。
一見強力な効果に見えるが、コストが10と重く、効果の発動がかなり遅くなってしまう。このカードを主体としたコンセプトデッキが作られる可能性はあるが、現状のデッキに採用するのは難しい。
レイピアマスター
【ロイヤル】
1コスト1/1(進化後3/3)。
【進化前】ファンファーレ エンハンス 2; +1/+1する。
エンハンス 4; さらに+1+1して、必殺 を持つ。
エンハンス 6; さらに+1+1して、守護 を持つ。
エンハンス 8; さらに+1+1して、突進 を持つ。
エンハンス 10; さらに+1/+1する。
どのタイミングでプレイしてもそこそこのスペックを持つ汎用性の高さは魅力だが、騎士王・アーサーとの相性が悪い点がマイナス評価。そのため、見かける機会はほとんどない。
老いたる先導者
【ロイヤル】
3コスト2/3(進化後4/5)。
【進化前】ファンファーレ エンハンス 7; スティールナイト3体を出す。
効果自体は悪くないが、アンリミテッドでは、主にこのカードが採用されるであろうミッドレンジロイヤルの立ち位置が悪い。そのため、見かける機会はほとんどない。
簒奪の信者
【ロイヤル】
3コスト2/2(進化後4/4)。
【進化前】潜伏
自分が財宝・カードをプレイするたび、+0/+1する。
攻撃時 黄金の小剣、黄金の杯、黄金の靴、黄金の首飾りの中から、ランダムに1枚を手札に加える。
潜伏により、ほぼ確実に財宝カードを加えられる点は評価できるが、それ以外の性能がいまひとつ。今後カードが追加され、財宝カードを中心にしたデッキが強化されるまでは、ほとんど見かける機会はないだろう。
荒々しい女戦士
【ロイヤル】
4コスト3/4(進化後5/6)。
【進化前/後】交戦時 ランダムな相手のフォロワー1体に1ダメージ。
状況によっては無傷でフォロワーの破壊を狙えるが、効果対象がランダムな点、同じ4コストである先陣の騎兵などと比べてカードパワーが低い。そのため、ほとんど採用されることはない。
アロアダイ
【ロイヤル】
4コスト3/3(進化後5/5)。
【進化前】
・炎撃槍
・氷撃槍
ファンファーレ チョイス したカード1枚を手札に加える。
チョイス先の炎撃槍氷撃槍はともに打点の後押しができるカードであるが、アンリミテッドでは疾走フォロワーや死の舞踏などの火力スペルが多数存在する。そのため、アグロロイヤルでも採用は難しい。
ジライヤ
【ロイヤル】
9コスト8/8(進化後10/10)。
【進化前】 アクセラレート 2; 相手のフォロワー1体の攻撃力/体力を1/1にする。
----------
ファンファーレ 相手のフォロワーすべての攻撃力/体力を1/1にする。
そのままプレイするにはコストが9と重いため、主にアクセラレートでの使用がメインとなる。小回りが効き、確定除去カードのように扱えるため、そこまで優先度が高いわけではないが、ミッドレンジロイヤルで採用される場合もある。
占星術
【ウィッチ】
3コストスペル。
ヴィーナス、ポルックス、スターフェニックス、カストール、スコルピオ、アンドロメダの中から、ランダムに異なる2枚を手札に加える。
土の秘術 手札に加えたカード2枚のコストを-1する。
上手く土の秘術で発動し、4ターン目にスコルピオ+カストールなどの動きが取れれば強力。しかし、ランダム性が高く、決まった動きを取りにくいことから、採用されることはあまりないと思われる。
眠りの魔術
【ウィッチ】
3コストスペル。
カードを1枚引く。
自分か相手のフォロワー1体を、次の自分のターン開始時まで、攻撃不能にする。
自分のデッキが20枚以下なら、攻撃不能にするのではなく、手札に戻す。
相手の妨害や自身のフォロワーを再度使い回すといったようなトリッキーな扱い方ができるカード。しかし、既に優秀なスペルが多数存在しているため、採用されることはあまりない。
真実の宣告
【ウィッチ】
6コストスペル。
ガーディアンゴーレム1体を出し、+X/+Xする。
相手のリーダーにYダメージ。
自分のリーダーをZ回復。
XとYとZは、合計がこのカードの「スペルブースト された回数」になるようにランダムに決まる。
ユニークな効果を持っているが、ランダム性が非常に高く、実用レベルだとは言いづらい。一部のファンデッキを除いて、ほとんど採用されることはない。
真実の従者
【ウィッチ】
7コスト3/5(進化後5/7)。
【進化前】アクセラレート 2; 相手のフォロワー1体に2ダメージ。
----------
ファンファーレ 相手のフォロワー1体に4ダメージ。
アクセラレートでも、フォロワーとしてもプレイすることができるが、どちらの場合も強力な性能とは言えない。そのため、採用されることはほぼない。
キュアマーメイド・ジゼル
【ドラゴン】
1コスト0/3(進化後2/5)。
【進化前】 相手のターン開始時、自分の他のフォロワーすべてを2回復。
【進化後】進化前と同じ能力。
回復効果自体は悪くないが、単体性能の低さやドラゴスネークなどとの相性の悪さを考えると扱いづらい部分が目立つ。採用されることはほとんどない。
ドラゴスネーク
【ドラゴン】
3コスト3/2 (進化後5/4)
【進化前】相手のターン開始時、このフォロワーがダメージを受けているなら、ドラゴスネーク1体を出す。
ファンファーレ エンハンス 8; +4/+4する。
【進化後】相手のターン開始時、このフォロワーがダメージを受けているなら、ドラゴスネーク1体を出す。
進化で有利トレードを行ったり、侮蔑の信者と組み合わせることで、盤面を強くすることができる。とは言え、現状アンリミテッドで主流の庭園ゾーイフェイスドラゴンとの相性はいまひとつであり、見かけることはほとんどない。
恐竜時代
【ドラゴン】
3コストスペル。
自分のドラゴン・フォロワー1体を+2/+2する。そのフォロワーは「ラストワード ドラゴンの卵1枚を手札に加える」を持つ。
エンハンス 10; +2/+2ではなく+5/+5する。
実質手札消費なしにフォロワー1体を強化することができるが、コストパフォーマンスの悪さが目立つ。悪夢の竜・ジャバウォックを主軸とした一部のコンセプトデッキなどを除いて、採用されることはほとんどない。
ドラゴニックシューター
【ドラゴン】
4コスト2/2(進化後4/4)。
【進化前】相手のターンに、相手のフォロワーが自分のリーダーに攻撃するとき、そのフォロワーに2ダメージを与え、この能力を失う。
このフォロワーは攻撃されない。
攻撃されない効果は悪くないが、ステータスが低く、ダメージ効果やスペルで除去されやすい。また、相手フォロワーにダメージを与える効果も限定的な場面でしか有効に働かないため、活躍することは難しい。
悪夢の竜・ジャバウォック
【ドラゴン】
7コスト3/3(進化後5/5)。
【進化前】 このフォロワーは攻撃不能。
ファンファーレ と自分のターン終了時、自分のデッキのコスト最小のフォロワーをランダムに1枚消滅させる。+X/+Xする。Xは「消滅させたカードのコストの値」である。
相手のターン開始時、このカードの攻撃力が10以上なら、相手の場にフォロワーがいるならランダムな相手のフォロワー1体に、いないなら相手のリーダーに、5ダメージ。
【進化後】このフォロワーは攻撃不能。
自分のターン終了時、自分のデッキのコスト最小のフォロワーをランダムに1枚消滅させる。+X/+Xする。Xは「消滅させたカードのコストの値」である。
相手のターン開始時、このカードの攻撃力が12以上なら、相手の場にフォロワーがいるならランダムな相手のフォロワー1体に、いないなら相手のリーダーに、7ダメージ。
安定して効果を発動させるためには低コストを削る必要があるが、ドラゴンには竜剣の少女・アイラ銀氷のドラゴニュート・フィルレインなどの必須級の2コストカードが多い。苦労して効果を発動させたとしても、確定除去1枚で解決されてしまう打たれ弱さもネックであり、ほとんど採用されることはない。
沈黙の粛清
【ネクロマンサー】
1コストスペル。
相手のフォロワー1体は、能力すべて(攻撃力/体力はそのまま)を失う。
エンハンス 5; そのフォロワーを破壊する。
エンハンスによって確定除去となる点は評価できるが、それほど優先したいカードではない。採用はほとんどない。
沈黙の従者
【ネクロマンサー】
2コスト2/2(進化後4/4)。
【進化前】 ファンファーレ エンハンス;6 +3/+3する。相手のフォロワー1体は能力すべて(攻撃力/体力はそのまま)を失う。
6コスト5/5で相手のフォロワー1体の能力を消すのみとコストに対しての見返りが少ない。6ターン目は魔将軍・ヘクターに向けての場作りを行いたいターンでもあることから、このカードの採用は難しい。

チンモクノシンジャ

沈黙の信者
【ネクロマンサー】
3コスト1/4(進化後3/6)。
【進化前】 守護
ファンファーレ エンハンス 6; +3/+3する。
交戦時 相手のフォロワーが疾走突進 を持つなら、そのフォロワーを-2/-0する。
【進化後】守護
交戦時 相手のフォロワーが疾走突進 を持つなら、そのフォロワーを-2/-0する。
相手フォロワーの弱体化効果を持つとはいえ、対象となるフォロワーが限定的。3コスト1/4守護としてや、6コスト4/7守護としての活躍は難しいと考えられるため、あまり採用はされない。
冥界の騎兵
【ネクロマンサー】
5コスト3/5(進化後5/7)。
【進化前】 突進
ファンファーレ ネクロマンス 4; 相手のリーダーに2ダメージ。
【進化後】 突進
現在の主流のデッキであるミッドレンジヘクターネクロなどに採用するにはパワー不足な印象を受ける。採用を見かけることはほぼない。
邪魂の流出
【ネクロマンサー】
8コストスペル。
スケルトン3体を出す。自分のフォロワーすべてを+1/+1する。
ネクロマンス 4 ; +1/+1するのではなく、+2/+2する。
アンリミテッドには2/3守護を3体出せる死の祝福が存在。強化カードとしてもヘクターグレモリーで事足りるため、このカードが採用されることはまずない。
孤独なる玉座
【ヴァンパイア】
3コストアミュレット。
カウントダウン 4
自分のターン終了時、自分の場のフォロワーが1体なら、ランダムな自分のフォロワー1体は+1/+1されて、守護 を持つ。
コストがやや重い上、効果の発動に条件があるので使いづらそうだ。採用されることはほとんどない。
炎蛇の剣士
【ヴァンパイア】
4コスト2/2(進化後4/4)。
【進化前】 ファンファーレ 毒蛇2体を出す。
エンハンス 8; 自分の毒蛇すべては突進必殺 を持つ。
素のステータスは低いが、2体の毒蛇を展開できるため、合計ステータスで考えると悪くない。毒牙の姫・メドゥーサなど、毒蛇シナジーのあるカードと組み合わせて、毒蛇ヴァンプなるものが作成されるかもしれない。
姦淫の使徒
【ヴァンパイア】
5コスト5/4(進化後7/6)。
【進化前】 ファンファーレ 自分のリーダーに2ダメージ。自分はカードを2枚引く。相手のリーダーに1ダメージ。相手はカードを1枚引く。
最低限のステータスを展開しながら、自傷とリソース補充を同時に行えるが、相手にもドローを許してしまうデメリットが大きい。そのため、7ターン前後に決着が付くことも多いアンリミテッドでは、あまり見かけないカードだ。
神鳥の修道女
【ビショップ】
2コスト2/2(進化後4/4)。
【進化前】ファンファーレ エンハンス 4; 詠唱:神鳥の呼び笛1つを出す。
効果自体は悪くないが、アンリミテッドには詠唱:獣姫の呼び声三月ウサギのお茶会などが存在するため、6ターン目に詠唱:神鳥の呼び笛のラストワードが6ターン目に発動するこのカードはあまり噛み合っていない。また、競合となるフォロワーも少なくないことから、採用を見かけることはほとんどない。
安息の領域
【ビショップ】
2コストアミュレット。
【進化前】 カウントダウン 2 自分のターン終了時、自分の場に攻撃済み状態のフォロワーがいないなら、次の自分のターン開始時まで、自分のリーダーへの4以上のダメージは3になり、次の自分のターン開始時まで、自分のビショップ・フォロワーすべては「このフォロワーは攻撃されない」を持つ。
バーストダメージ対策として運用できるだけでなく、自身のフォロワーが攻撃されない効果を活かしてフォロワーを守ることも可能。とは言え、どうしても活躍できるシーンは限られてしまうため、あまり見かける機会はない。
安息の従者
【ビショップ】
3コスト1/4(進化後3/6)。
【進化前】自分のターン終了時、このフォロワーが攻撃していない状態なら、自分のリーダーと自分のフォロワーすべてを1回復。
ファンファーレ エンハンス 6; +3/+3して、守護 を持つ。
ターン終了時の回復効果により、天狐の社の効果起動をサポートできる。エンハンスで高い体力を持った守護フォロワーとして扱える点も悪くないが、他に優先したいカードも多く、採用されることはあまりない。
聖域の執行者
【ビショップ】
7コスト4/5(進化後6/7)。
【進化前】 疾走
【進化後】 進化前と同じ能力。
フィニッシャーとしての活躍が見込めるが、大抵の場合はヘヴンリーナイトで事足りてしまうと思われる。枠を割いてまでこのカードを採用することはあまりない。
輝く熾天使・ラピス
【ビショップ】
8コスト7/6(進化後9/8)。
【進化前】 このフォロワーが場から離れた時(変身を除く)、封じられし熾天使1つを出す。
【進化後】進化前と同じ能力。
4枚目以降の封じられし熾天使としての運用がメインになるが、壊れたる神・チェキババと比べて勝っている点が少ない。アンリミテッドで見かけることはほとんどない。
オートメーション
【ネメシス】
1コストスペル。
・アナライズアーティファクト
・エンシェントアーティファクト
・ミスティックアーティファクト
・レディアントアーティファクト
2枚チョイス して、チョイス したカードを2枚ずつ、デッキに加える。
熱狂の機兵士や、デウスエクスマキナのサポートを行える優秀な1枚。扱いやすいカードではあるが、現在のアンリミテッドでのネメシスの立ち位置が悪いことを考慮し、この評価とした。
破壊の従者
【ネメシス】
3コスト2/3(進化後4/5)。
【進化前】 ファンファーレ 自分の他のネメシス・フォロワーか、カウントダウン を持たないネメシス・アミュレットを破壊する。ランダムな相手のフォロワー1体に3ダメージ。
操り人形フラワードール危険な発明品などを破壊することで、大きなアドバンテージを得ることができる。最低限3/2/3としても機能する点も評価できるが、現状のアンリミテッドでのネメシスの立ち位置の低さを考慮すると、活躍は難しい。
起動鎧装
【ネメシス】
4コスト3/4(進化後5/6)。
【進化前】直接召喚 自分のターン終了時、バトル中に破壊されたアーティファクト・カードの枚数が10枚以上なら、このカードを1枚、自分のデッキから場に出す。
守護
【進化後】守護
進化時 ランダムなコスト3以下のアーティファクト・フォロワー1枚を自分のデッキから場に出す。
強く使える場面が限定的な上、直接召喚を狙えるターンになる前にゲームが終わってしまう可能性も高い。アンリミのネメシスの立ち位置が悪いことも考慮しこの評価となった。
破壊の使徒
【ネメシス】
4コスト3/3(進化後5/5)。
【進化前】 ファンファーレ 自分の他のネメシス・フォロワーか、カウントダウン を持たないネメシス・アミュレットを破壊する。それと同名のカード1枚を手札に加え、そのコストを-3する。
破壊耐性を持つカードを対象にしても手札にカードが加わるため、黒き破壊のアーティファクトを増やすなどのコンボが可能。とは言え基本的に組み合わせが前提になってしまうことや、枠の圧迫を考えると、あまり採用されることはない。
銀の機械像
【ネメシス】
7コスト5/7(進化後7/9)。
【進化前/後】守護
ラストワード 操り人形2枚を手札に加える。
味方リーダーを守りながら操り人形を加えることができるが、心無き決闘などをはじめ競合が多い。そのため、採用されることはほとんどない。

シャドウバース攻略wikiの他の記事

ローテションのデッキレシピ

アンリミテッドのデッキ

カード評価一覧

全カード評価

クラス別カード一覧

リセマラ情報

© Cygames, Inc.
※当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。
▶シャドウバース公式サイト

攻略記事ランキング
  1. ローテーション最強デッキランキング
    ローテーション最強デッキランキング
    1
  2. アンリミテッド最強デッキランキング
    アンリミテッド最強デッキランキング
    2
  3. 黄金都市ビショップのアンリミテッド最新デッキと立ち回り
    黄金都市ビショップのアンリミテッド最新デッキと立ち回り
    3
  4. ミッドレンジネクロのローテーション最新デッキレシピ
    ミッドレンジネクロのローテーション最新デッキレシピ
    4
  5. ミッドレンジ(簒奪)ロイヤルのローテーションデッキレシピ
    ミッドレンジ(簒奪)ロイヤルのローテーションデッキレシピ
    5
もっとみる
記事について指摘する

いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


みんなの一押し新カード

GameWithに登録して、
ゲーム仲間とつながろう!
はじめての方
新規登録 (無料)
会員の方
ログイン
コメントの続きを見る(131件)
攻略メニュー

速報/大会情報

プロリーグ情報

アマチュアチーム情報

リセマラ情報

新パック情報

カードの所持率をチェック

デッキ紹介

ローテーション

アンリミテッド

クラス別

カード評価一覧

全カード

クラス別

アリーナ情報

2Pickまとめ

2Pickカード評価

初心者情報

初心者まとめ

デッキ編成のコツ

アップデート/修正情報

その他

ゲームを探す
レビュー訴求
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中