シャドバ
シャドウバース攻略wiki
新カードパック「起源の光、終焉の闇」の評価ランキング

【シャドバ】新カードパック「起源の光、終焉の闇」の評価ランキング【シャドウバース】

最終更新 :
シャドバ攻略からのお知らせ
全てのアディショナルカードが公開!カード一覧はこちら!

新カードパック「起源の光、終焉の闇」の評価ランキングをわかりやすくまとめて掲載しています。「起源の光、終焉の闇」で登場する新カードを徹底的に分析して、評価をつけていますので、デッキ構築の際にお役立てください。

目次

新カード一覧はこちら

アディショナルカードについて

アディショナルカード評価早見表

カード名ローテアンリミ
オケアノス
【ニュートラル】
CD
歴戦の鷹匠
【エルフ】
CD
翠嵐の斧使い
【エルフ】
BE
スパルタクス
【ロイヤル】
DE
悪魔伯爵・ダリオ
【ロイヤル】
BC
オニオン軍団の長・バーゼント
【ウィッチ】
EE
真実の究明者・ファウスト
【ウィッチ】
AB
銀氷のドラゴニュート・フィルレイン
【ドラゴン】
AD
竜鎧の戦士
【ドラゴン】
DE
幽霊支配人・アーカス
【ネクロマンサー】
DE
スカルデッドロード
【ネクロマンサー】
DE
宵の吸血鬼・ヴァーニア
【ヴァンパイア】
DD
人狼の王・ヴァルツ
【ヴァンパイア】
AA
詠唱:白牙の神殿
【ビショップ】
AD
ツタンカーメン
【ビショップ】
EE
魔導電磁サイ
【ネメシス】
DE
心無き決闘
【ネメシス】
EE

新カードのローテーション評価

▼アンリミテッドでの評価はこちら

目次

Sランクの新カード

カード名注目ポイント
白と黒の決闘
【ロイヤル】
1コストスペル。
・白の王・イメラ
・黒の女王・マグナス
チョイス したカード1枚を手札に加える。
エンハンス 6; チョイス ではなく、白の王・イメラ1枚と黒の女王・マグナス1枚を手札に加え、自分のPPを6回復。
余ったコストで発動しやすい1コストスペル。チョイスで加えられるカードはどちらも優秀で、エンハンスで発動すれば実質コスト0で手札枚数を増やすこともできる。
空の指揮官・セリア
【ロイヤル】
2コスト2/2(進化後4/4)。
【進化前】
・絶望の使者・セリア
・希望の戦術家・セリア
手札にあるとき、自分の残りPPが5以上ならチョイス したカードとしてプレイする。(PPを5消費してプレイする)
2コストフォロワーでありながら、中盤にチョイスカードとして活躍することも可能。チョイス先のカードは攻撃的なものと防御的なものに分かれており、幅広いデッキタイプに採用されている。
魔導狙撃士・ワルツ
【ロイヤル】
3コスト2/2(進化後4/4)。
【進化前】
・浄化の聖弾
・必殺の魔弾
ファンファーレ チョイス したカード1枚を手札に加える。
自身のステータスはやや低いものの、チョイスで手に入るカードがどちらも優秀。状況に応じて適切な除去カードを手に入れられるため、腐ってしまうことがほとんどない。
スカイフォートレス
【ロイヤル】
8コスト5/6(進化後7/8)。
【進化前】 突進
ファンファーレ 自分の他のフォロワー1体を+3/+4する。そのフォロワーが兵士・フォロワーなら、守護を持つ。指揮官・フォロワーなら、「交戦時 カードを1枚引く」を持つ。
騎士王・アーサーで盤面に並べたフォロワーを強化できる上、自身も突進を持っている。ミッドレンジロイヤルでは3枚採用されていることも珍しくない。
斬龍剣士・ロイ
【ドラゴン】
3コスト2/2。(進化後4/4)
【進化前】
・活竜剣
・殺竜剣
ファンファーレ チョイス したカード1枚を手札に加える。
ステータスはやや低めだが、チョイスで得られるカードが強力。序盤であれば活竜剣を、中盤以降や対アグロデッキの場合は殺竜剣を選ぶことが多い。
愚神称賛
【ビショップ】
2コストアミュレット。
カウントダウン 2
ファンファーレ カードを1枚引く。
ラストワード ランダムな相手のフォロワー1体を破壊する。
ドローを進めながら、ラストワードでランダムな相手フォロワーを1体破壊できる。タイムラグがある問題も、ケリュネイアと組み合わせることで解決できる。
ケリュネイア
【ビショップ】
5コスト3/5(進化後5/7)。
【進化前】
・明転の牝鹿・ケリュネイア
・暗転の牝鹿・ケリュネイア
手札にあるとき、自分の残りPPが5以上あり、自分の場にアミュレットが2つ以上あるならチョイス したカードとしてプレイする。(PPを5消費してプレイする)
攻撃時 アミュレットをランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える。
【進化後】攻撃時 アミュレットをランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える。
暗転の牡鹿・ケリュネイアをチョイスすることで場のアミュレットのラストワードを一気に発動させ、大量展開を行う動きが強力。特に教会ビショップと相性の良い1枚だ。
造られし命・ミリアム
【ネメシス】
2コスト2/1(進化後4/3)。
【進化前】
・安息の少女・ミリアム
・悪戯な少女・ミリアム
手札にあるとき、自分の残りPPが2以上で、共鳴 状態ならチョイス したカードとしてプレイする。(PPを2消費してプレイする)
共鳴状態という指定はあるものの、強力なチョイス効果を持った2コストフォロワー。ミッドレンジネメシスの安定感向上に大きく貢献しており、ほとんどのネメシスデッキに3枚採用されている。

Aランクの新カード

カード名注目ポイント
愛の妖精・ポーラ
【エルフ】
2コスト2/2(進化後4/4)。
【進化前】
・深緑の純心・ポーラ
・真紅の絆・ポーラ
手札にあるとき、このターン中に(このカードを含めず)カードを2枚プレイしていたならチョイス したカードとしてプレイする。
チョイスできるどちらの効果も優秀な2コストフォロワー。特に深緑の純心・ポーラ茨の森を使い回す動きが強力で、ミッドレンジエルフなどを中心に採用されている。
ホーリーナイトベア
【ロイヤル】
2コスト2/2(進化後4/4)。
【進化前】 守護
ファンファーレ エンハンス 5 +2/+2する。
2コストフォロワーの標準ステータスに加え、守護を持つ兵士フォロワー。騎士王・アーサーから出てきた場合に守りを固められるなど、効果的に働く場面も多い。
獣面の魔術師
【ウィッチ】
2コスト2/2(進化後4/4)。
【進化前】 交戦時 土の魔片1枚を手札に加える。
ドワーフアルケミストが使えなくなってしまったため、低コストの土の印獲得手段として秘術ウィッチを中心に採用されている。しかし土の印を加えられるのは交戦時のみとなっているため、加えられる枚数にムラがある点には注意しておきたい。
宿命の語り部・ルーニィ
【ウィッチ】
4コスト2/3(進化後4/5)。
【進化前】
・導きの予言
・滅亡の予言
ファンファーレ チョイス したカード1枚を手札に加える。
攻撃時 スペルブーストする。
【進化後】
攻撃時 スペルブーストする。
チョイスできるカード、攻撃時の効果のどちらも優秀。ギガントキマイラ滅亡の予言での勝利を目指す、スペル軸のデッキを中心に採用されている。
NEW!!真実の究明者・ファウスト
【ウィッチ】
5コスト4/5(進化後6/7)。
【進化前】
ファンファーレ このバトル中、自分のリーダーは「自分のターン終了時、自分の場にフォロワーがいるなら、土の秘術 ランダムな自分のフォロワー1体を+2/+1する」を持つ。(真実の究明者・ファウストの能力が複数働いた場合、リーダーは同じ能力を複数持つ)
効果の発動がターン終了時となるので少し使い勝手が悪いが、従来の秘術ウィッチでは5ターン目に出したいカードが見当たらなかったので、その枠を埋めるカードとなりそうだ。ステータスが5コストの標準的な数値という点も評価できる。
NEW!!銀氷のドラゴニュート・フィルレイン
【ドラゴン】
2コスト1/3(進化後2/4)。
【進化前】
ファンファーレ 銀氷の吐息1枚を手札に加える。
【進化後】
進化時 相手のフォロワー1体に1ダメージ。
効果が1枚で完結している上、ドラゴンでは貴重な低コストの優秀なカード。また原初の竜使いとの相性が良く、原初ドラゴンを中心に採用されることも多いだろう。
ドラゴニュートの威圧
【ドラゴン】
3コストスペル。
相手のリーダーと相手のフォロワーすべてに1ダメージ。
エンハンス 5; 1ダメージではなく2ダメージ。
相手全体にダメージを与えることができるため、除去やダメージソースとして扱える1枚。横並びを重視したデッキが多いため、環境に刺さっているカードだと言える。
ドラゴニックメイル・ギルヴァ
【ドラゴン】
9コスト5/5(進化後7/7)。
【進化前】 ファンファーレ 自分のリーダーの体力の最大値を10にする(現在値は10以下ならそのまま)。 このバトル中、自分のリーダーは、「自分のターン終了時、相手の場にフォロワーがいるならランダムな相手のフォロワー1体に、いないなら相手のリーダーに、5ダメージ。」を持つ。リーダーはこの能力を重複して持たない。
体力の最大値が10になってしまう大きなデメリット効果をっているが、ダメージを与える効果は非常に強力。そのためランプドラゴンでは、複数枚採用されていることも珍しくない。
永劫を求む者・ケリドウェン
【ネクロマンサー】
6コスト4/5(進化後6/7)。
【進化前】
・久遠の秘薬
・刹那の劇薬
ファンファーレ チョイス したカード1枚を手札に加える。
攻撃時 自分のPPを1回復。
7ターン目にゼウスを出すことが狙える久遠の秘薬と、進化と合わせて2体処理を狙える刹那の劇薬のどちらも強力。リアニメイトネクロではほとんどの場合において3枚採用されている。
NEW!!人狼の王・ヴァルツ
【ヴァンパイア】
3コスト3/2(進化後5/4)。
【進化前】
自分がブラッドムーンをプレイしたとき、このフォロワーは進化する。
ファンファーレ ブラッドムーン1枚を手札に加える。
4枚目以降のブラッドムーンとして扱うことができるため、コントロールヴァンパイアなどでの活躍が期待される。序盤を支えるのが主な役割ではあるが、進化する効果を活用すれば中盤以降も腐りづらい。
血統の王
【ヴァンパイア】
5コスト1/4(進化後3/6)。
【進化前】 潜伏 自分の場にフォレストバットが出るたび、それはターン終了まで+1/+0されて疾走 を持つ。
【進化後】進化前と同じ能力。
味方のフォレストバットを強化できる効果が強力であり、血統の王を軸に据えたアグロヴァンパイアが存在する。潜伏を持っているため、なかなか処理されづらい点も魅力的だ。
宝石の巫女
【ビショップ】
2コスト1/2(進化後3/4)。
【進化前】
・ホワイトダイヤモンド
・ブラックダイヤモンド
ファンファーレ チョイス したカード1枚を手札に加える。
ドローソースとなるホワイトダイヤモンドを手札に加えられる。場にあるアミュレットの数を参照するケリュネイアと相性が良く、多くのビショップデッキで採用されている。
NEW!!詠唱:白牙の神殿
【ビショップ】
3コストアミュレット。
カウントダウン 8
自分のターン終了時、自分のリーダーを1回復。
「自分のリーダーか自分のフォロワー(または両方)を回復させる」能力が働くたび、このアミュレットのカウントダウンを1進める。
ラストワード 『大翼の白竜』1体を出す。
毎ターン終了時に回復を行えるため、天狐ビショップなどで採用候補に挙がってくるカード。3ターン目に詠唱:白牙の神殿を発動し、次のターンの天狐の社に繋げることができれば、相手にとっては非常に厄介な動きになるだろう。

Bランクの新カード

カード名注目ポイント
天界の尖兵
【ニュートラル】
2コスト2/2(進化後4/4)。
【進化後】 進化時 体力1の相手のフォロワー1体を消滅させる。
進化時の効果と自身の攻撃で、2体分の除去を狙える点が優秀。ローテーションルールでは優秀な2コストフォロワーが少ないため、採用されていることも多い。
月と太陽
【ニュートラル】
3コストスペル。
・アマテラス
・ツクヨミ
チョイス したカード1体を出す。
エンハンス 7; このカードの能力で出したフォロワーを+3/+3する。
消滅されなければ、手札枚数を減らさずにフォロワーを展開し続けられる。また、回復効果を持つアマテラスを場に出すことができるので、一枚でアグロデッキへの耐性を上げることができるのも嬉しい。
NEW!!歴戦の鷹匠
【エルフ】
2コスト1/3(進化後2/4)。
【進化前】
ファンファーレ 飛翔する狩鳥1枚を手札に加える。
【進化後】
自分の手札の飛翔する狩鳥すべては必殺を持つ。
ファンファーレで手札に3コストフォロワーを加えられるため、序盤の動きを確保しやすくなる。自身のステータスも茨の森と相性が良く、アグロエルフを中心に採用されることもあるだろう。
NEW!!翠嵐の斧使い
【エルフ】
7コスト6/5(進化後8/7)。
【進化前】
突進
ファンファーレ このバトル中、自分のリーダーは、「自分のターン終了時、このターン中にカードを3枚以上プレイしていたなら、相手のリーダーに2ダメージ」を持つ。(翠嵐の斧使いの能力が複数働いた場合、リーダーは同じ能力を複数持つ)
【進化後】
突進
プレイさえできれば、以降毎ターン相手リーダーへダメージを与えることができ、ダメージソースとして悪くない性能を持つ。ローテーションが遅めの環境ということもあり、活躍の機会は多いと思われる。
オシャレ女王・ネルシャ
【エルフ】
4コスト3/4(進化後5/6)。
【進化前】
・天使のドレス
・悪魔のドレス
ファンファーレ チョイス したカード1枚を手札に加える。
チョイスによって加えられるカードはどちらも汎用性が高い。悪魔のドレスで体力を1にしたフォロワーをフェアリーで討ち取るなど、様々な使い方が考えられる。
NEW!!悪魔伯爵・ダリオ
【ロイヤル】
2コスト2/1(進化後4/3)。
【進化前】
相手は、能力でこのフォロワーを選択できるとき、このフォロワーしか選択できない。
このフォロワーは、カードの能力によって破壊されない。(攻撃によるダメージや、能力によるダメージでは破壊される)
騎士王・アーサーから悪魔伯爵・ダリオを絡めた展開が行えれば、大切なフォロワーを守りやすくなる。指揮官のため円卓の騎士・ガウェインとの相性も良く、ミッドレンジロイヤルを中心に採用が検討できる1枚だ。
サモンサークル
【ウィッチ】
4コストアミュレット。
カウントダウン 3
ファンファーレ ガーディアンゴーレム1体を出す。
ラストワード ジャングゴーレム1体を出す。
コストはやや重いものの、ファンファーレとラストワードで合計2体の守護フォロワーを展開できる。特に偉大なる魔術師・レヴィの土の秘術効果を起動させながら、ジャンクゴーレムで蓋をする動きは強力だと言える。
ストームレイジ
【ウィッチ】
5コストスペル。
相手フォロワー1体に3ダメージ。
その後、相手のリーダーと相手のフォロワーすべてに1ダメージ。
コストがやや重いものの、全体ダメージを与えられる5コストスペル。秘術ウィッチマナリアウィッチでは、採用されていることも珍しくない。
無貌の魔女
【ウィッチ】
9コスト4/4(進化後6/6)。
【進化前】 守護 自分のターン開始時、進化する。 ファンファーレ 自分の手札のカード1枚を選択する。それと同名のカードを手札が上限枚数になるまで加える。(上限は9枚)
【進化後】(守護なし)
攻撃時 スペルブースト 10する。
派手な効果を持った9コストフォロワー。キマイラフレイムデストロイヤーを増やすことで一気に盤面を制圧するなど、ギガントキマイラウィッチのサブプランとして採用されていることも少なくない。
まどろみの白竜
【ドラゴン】
2コスト2/1(進化後4/3)。
【進化前/後】 ラストワード ドラゴンの卵1枚を手札に加える。
1コストのアミュレットであるドラゴンの卵を加えられるため、リントヴルムを軸としたデッキとの相性が良い。体力1はやや心許ないが、採用されていることも多いカードだ。
オルカの大渦
【ドラゴン】
2コストスペル。
オルカ1体を出す。
エンハンス 4; さらに1体出す。
エンハンス 6; さらに1体出す。
エンハンス 8; さらに1体出す。
エンハンス 10; さらに1体出す。
2コスト2/2フォロワーのような役割も、1枚で大量展開を行うこともできる汎用性の高いカード。特に原初の竜使いと相性が良く、コストパフォーマンスの良い1枚だと言える。
常闇の梟
【ネクロマンサー】
3コスト3/2(進化後5/4)。
【進化前】 葬送するたび、自分のリーダーを1回復する。 ファンファーレ 葬送 したなら、ネクロマンサー・フォロワーをランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える。
効果はあまり強力だとは言えないが、永劫を求む者・ケリドウェンの登場により、低コストの葬送カードの価値が高くなっている。リアニメイトネクロでは、ほとんどの場合において3枚採用されているカードだ。
眷属への贈り物
【ヴァンパイア】
0コストスペル。
お互いのリーダーに1ダメージ。お互いの場にフォレストバット1体を出す。
0コストでダメージと展開を行えるため、血統の王ヨルムンガンドとの相性が良い。0コストながら大きな火力を出すことができ、3枚投入が行われているデッキも少なくない。
血統の発現
【ヴァンパイア】
1コストスペル。
自分のフォロワー1体を、ターン終了時まで+1/+0する。
そのフォロワーがヴァンパイア・フォロワーなら、フォレストバット1体を出す。
血統の王との相性が良く、アグロヴァンパイアではほとんどの場合において採用されている。ただし状況を選びがちなカードなので、使いづらさもある点に注意。
銀鎖の使徒
【ヴァンパイア】
2コスト2/2(進化後4/4)。
【進化前】 ファンファーレ 復讐 状態なら、お互いのリーダーに1ダメージとランダムな相手のフォロワー1体に2ダメージ。
標準的なステータスを持った2コストフォロワーとしても、中盤以降の盤面除去としても使える1枚。復讐ヴァンパイアであれば、採用されていることも多いカードだ。
眷属の召喚
【ヴァンパイア】
2コストスペル。
フォレストバット2体を出す。
効果によって場に出るフォレストバットの合計ステータスが2/2のため、2コストフォロワーのように扱えるスペル。バフォメットの効果の対象とならないことや、血統の王の効果を活かせる点がメリットとして挙げられる。
闇夜の姫・ヴァンピィ
【ヴァンパイア】
6コスト3/6(進化後5/8)。
【進化前】
カインドクイーン・ヴァンピィ
ブラッドクイーン・ヴァンピィ
手札にあるとき、復讐 状態ならチョイス したカードとしてプレイする。 ファンファーレ お互いのリーダーに2ダメージ。フォレストバット1体を出す。
チョイスできるカードはどちらも優秀な効果を持っている。また、復讐状態でなくてもファンファーレの効果でダメージを与えられるため、腐りにくい点は優秀だと言える。
聖獅子の結晶
【ビショップ】
2コストスペル。
聖なる盾の獅子1体を出す。
自分がこのバトル中にプレイした聖獅子の結晶が(このカードを含めず)3枚以上5枚以下なら、聖なる盾の獅子ではなく聖なる鎧の獅子1体を出す。6枚以上なら、聖なる盾の獅子ではなく聖なる王の獅子1体を出す。
エンハンス 5; 聖獅子の結晶1枚を手札に加える。
(自分がこのバトル中にプレイした聖獅子の結晶はX枚)
基本的にはこのカードを何度もプレイすることで、聖なる王の獅子を場に出すことを狙っていきたい。プレイ枚数を気にせずとも、2コスト2/2フォロワーのように運用できるため、使い勝手の良いカードだと言える。
聖獅子の神殿
【ビショップ】
2コストアミュレット。
自分が聖獅子の結晶をプレイするたび、自分のPPを1回復。
ファンファーレ 聖獅子の結晶1枚を手札に加える。
聖獅子ビショップのキーカード。盤面を圧迫してしまうのはやや気になるものの、2枚発動することができれば実質PP消費なしで聖獅子の結晶をプレイできるようになる。
平和の紡ぎ手
【ビショップ】
3コスト3/2(進化後5/4)。
【進化前】守護
ファンファーレ 聖獅子の結晶1枚を手札に加える。
【進化後】守護
3コストフォロワーとしては標準的なステータスに加え、扱いやすい効果を持つ。守護を持っているため、聖獅子の結晶を発動する時間稼ぎにも役立つことから、聖獅子ビショップであれば3枚採用されている。
人形の少女・オーキス
【ネメシス】
8コスト5/5(進化後7/7)。
【進化前】
・復讐の人形・オーキス
・決意の人形・オーキス
手札にあるとき、自分の残りPPが8以上で、自分の手札に操り人形が2枚以上あるならチョイス したカードとしてプレイする。(PPを8消費してプレイする) ファンファーレ 操り人形3枚を手札に加える。
操り人形がある程度手札に溜まっていれば、一気に強力な盤面を作ることが可能。操り人形ネメシスのエースカードとして活躍している。

Cランクの新カード

カード名注目ポイント
天使の泉
【ニュートラル】
1コストアミュレット。
カウントダウン 2
ファンファーレ 自分のフォロワー1体をターン終了まで+1/+0する。
ラストワード カードを1枚引く。
タイムラグがあるものの、1コストで1枚ドローを進められる知恵の光のような効果を持ったアミュレット。少ないコストでプレイ回数を稼げる点が強力で、リントヴルムドラゴンでは採用を見かけることも多い。
NEW!!オケアノス
【ニュートラル】
4コスト3/4(進化後5/6)。
【進化前】
・慈愛の雫
・慈悲無き激流
ファンファーレ チョイス したカード1枚を手札に加える。
チョイスで加えられるスペルはどちらも扱いやすく、悪くない効果を持っている。天狐ビショップジンジャーウィッチなどで、採用が検討できるカードだ。
ユグドラシル
【エルフ】
7コスト2/6。(進化後4/8)
【進化前】
・万象の加護
・森羅の怒り
ファンファーレ チョイス したカード1枚を手札に加える。ドレイン
【進化後】ドレイン
チョイス先である森羅の怒りフェアリードラゴンを組み合わせることで大ダメージが狙える。さらにドレインを持っているため、フィニッシュターンまでの時間稼ぎにも有用だ。
イノセントプリンセス・プリム
【ロイヤル】
2コスト1/3(進化後3/5)。
【進化前】 潜伏 ファンファーレ エンハンス 8; +3/+3する。静かなるメイド・ノーニャ1枚を手札に加え、そのコストを0にする。
全体除去などで処理されづらい、体力3を持つ点が優秀。また後半に引いてもエンハンス効果が強力であるため、2コストフォロワーの選択肢として一考する価値がある。
マナリアの竜術士
【ウィッチ】
2コスト2/2(進化後4/4)。
【進化前】
・マナリアの白竜
・マナリアの黒竜
手札にあるとき、自分の残りPPが6以上ならチョイス したカードとしてプレイする。(PPを6消費してプレイする)
2コストフォロワーの標準的なステータスを持ちながら、中型フォロワーとして扱うこともできる。マナリアの黒竜をチョイスすることでダメージソースになるため、秘術ウィッチなどを中心に採用されていることもある。
未来視の魔女
【ウィッチ】
2コスト1/2(進化後3/4)。
【進化前】 ファンファーレ スペルをランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える。
ステータスはやや低いものの、スペルをサーチする効果が有用。どんなデッキタイプにでも採用されるカードではないが、スペル軸のデッキや、引きたいスペルがあるデッキであれば採用されていることもある。
アイシクルランス
【ウィッチ】
3コストスペル。
体力2以下の相手のフォロワー1体を破壊する。
自分の場に進化後フォロワーがいるなら、カードを1枚引く。
スペルブースト 破壊する相手のフォロワーの体力+1
ダメージ効果ではなく破壊効果を持つため、黒の女王・マグナスを処理することができる点が優秀。ギガントキマイラウィッチなど、スペルを軸としたデッキでは採用候補に挙がってくる。
キングスノーマン
【ウィッチ】
7コスト2/3(進化後4/5)。
【進化前】
・スノーマンナイト
・スノーマンバーサーカー
ファンファーレ チョイス したカード1体を出す。
スペルブースト+1体
1枚でフォロワーの大量展開が見込めるうえ、スペルブーストもそれほど要求されない点が優秀。コストが重い点や、ドラゴニュートの威圧などの全体除去に弱い点がやや気になるが、強力な効果を持っていると言える。
相反する息吹・ガルア
【ドラゴン】
5コスト4/4(進化後6/6)。
【進化前】
・白の息吹
・黒の息吹
ファンファーレ チョイス したカード1枚を手札に加える。
チョイス効果で状況に応じて、カードをドローすることができる白の息吹か、相手のフォロワーやアミュレットを破壊できる黒の息吹を選択できる。リントヴルムドラゴンを中心に採用されていることが多い。
リントヴルム
【ドラゴン】
10コスト10/10(進化後12/12)。
【進化前】
・聖竜・リントヴルム
・邪竜・リントヴルム
手札にあるとき、自分の残りPPが10で、自分がフォロワー以外のカードをこのバトル中に10枚以上プレイしていたならチョイスしたカードとしてプレイする。
条件は厳しいものの、チョイス先の効果がどちらもかなり強力。専用構築を組めば十分に効果の発動も狙える、ロマン溢れるフィニッシャーだ。
骸の代弁者
【ネクロマンサー】
2コスト1/1(進化後3/3)。
【進化前】 ラストワード スケルトン1体を出す。
【進化後】進化前と同じ能力。
ラストワード効果によって、盤面にフォロワーを残しやすい点や、墓場を稼げる点が嬉しい。最果ての骸ネクロを中心に採用を見かけることもある。
最果ての骸
【ネクロマンサー】
7コスト6/5(進化後8/7)。
【進化前】 自分のターン終了時、自分の墓場が30枚以上なら、相手のリーダーと相手のフォロワーすべてに6ダメージ。 ファンファーレ スケルトン10枚を手札に加える。
【進化後】自分のターン終了時、自分の墓場が30枚以上なら、相手のリーダーと相手のフォロワーすべてに6ダメージ。
非常に強力な効果を持っているが、それ故発動条件も厳しい。このカードを軸に据えた最果ての骸ネクロも存在するが、環境で見かけることはあまりない。
ギルティーブラッドメイデン・ブラー
【ヴァンパイア】
1コスト1/1(進化後3/3)。
【進化前】
・セイントメイデン・ブラー
・ダークメアメイデン・ブラー
手札にあるとき、自分の残りPPが5以上ならチョイス したカードとしてプレイする。(PPを5消費してプレイする)
1コストフォロワーとして見た場合はやや貧弱なものの、2つの強力なチョイス効果を持つ。1コストのカードとしても、アグロデッキの横並びを支えるカードとして活躍する。
闇喰らいの蝙蝠
【ヴァンパイア】
7コスト5/5(進化後7/7)。
【進化前】
ファンファーレ 相手のリーダーか相手のフォロワー1体に「このバトル中、自分のターン中に自分のリーダーがダメージを受けた回数」と同じダメージ。
条件がやや厳しいものの、大ダメージを狙うことができる1枚。自傷効果を持つカードを多く採用した、ヨルムンガンドヴァンパイアなどに採用されている。
歴史を知る者
【ネメシス】
2コスト2/2(進化後4/4)。
【進化前】 ファンファーレ プライムアーティファクト1枚をデッキに加える。
【進化後】アーティファクト・カードをランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える。
悪くないカードではあるが、効果によって加わるプライムアーティファクトがデッキの回転を阻害してしまうため、序盤にプレイしづらい点がネック。そのため、ミッドレンジネメシスでの採用例はあまりない。
ジャンク
【ネメシス】
3コスト1/2(進化後3/4)。
【進化前】ファンファーレ ラストワード 操り人形1枚を手札に加える。
【進化後】ラストワード 操り人形1枚を手札に加える。
操り人形を軸に戦うデッキであれば採用が検討できるカード。操り人形の枚数が少し足りないと感じたなら、試してみるのも良いだろう。
殺戮の人形・ツヴァイ
【ネメシス】
7コスト4/4(進化後4/4)。
【進化前】 ファンファーレ ヴィクトリア1体を出す。
【進化後】進化時 自分のヴィクトリア1体は「このフォロワーは1ターンに2回攻撃できる」を持つ。
トークンカードであるヴィクトリアが突進と交戦時のダメージ効果を持っており、EPを使うことで最大3体の除去が行える。アーティファクト関連のカードをあまり採用しない、操り人形ネメシスであれば採用候補に挙がってくるカードだ。

Dランクの新カード

カード名注目ポイント
秩序のヴァルキリー
【ニュートラル】
2コスト2/2(進化後4/4)。
【進化前】 ファンファーレ エンハンス 5; +2/+2する。
ファンファーレ エンハンス 8; さらに+3/+3する。
エンハンス効果でステータスが上がるが、デメリットとなってしまう場面も多く扱いづらい。ただしニュートラルの2コストフォロワーの選択肢が少ないため、ニュートラルエルフであれば採用を見かけることもある。
神罰
【ニュートラル】
5コストスペル。
攻撃力最大の相手のフォロワー1体を破壊する。(攻撃力最大のフォロワーが複数いるなら、その中からランダムに1体)
エンハンス 8; その後、相手リーダーに3ダメージ。
潜伏フォロワーを倒せる可能性はあるものの、任意のフォロワーを破壊することができないためやや扱いづらい場面が多い。エンハンス効果も強力だとは言えず、あまり採用されていないカードだ。
オウルマン
【エルフ】
3コスト2/3(進化後4/5)。
【進化前】ファンファーレ エンハンス 7; +4/+0して潜伏を持つ。
同じ潜伏効果を持つフォロワーとしてイピリアが挙げられる。こちらは3コストフォロワーとしても扱える点が魅力だが、コストの重さや他に優先したい3コストカードが多い点を考慮すると、こちらの優先度は低くなってしまう。
森の囁き
【エルフ】
4コストスペル。
相手のフォロワー1体をフェアリーに変身させる。
フェアリー1枚を手札に加える。
手札の枚数を減らさずに、相手の厄介なフォロワー1体を弱体化させることができる。コントロールタイプのエルフであれば、採用が検討できるカードだ。
ホワイトヴァナラ
【エルフ】
6コスト5/5(進化後5/5)。
【進化前】 守護 自分のターン中、このフォロワーの攻撃力か体力が能力で+されたとき、このフォロワーは進化する。
【進化後】 守護 疾走
EPを使うことで6コスト5/5の疾走かつ守護フォロワーとして扱えるカード。効果の起動を狙いたいのであれば、オシャレ女王・ネルシャユグドラシルと合わせて採用すると良い。
アックスプリンセス
【ロイヤル】
1コスト1/1(進化後3/3)。
【進化前】 自分がカードをエンハンス でプレイするたび、カードを1枚引く。
余ったコストでプレイしやすい点は優秀だが、効果を活かしづらい。そのため指揮官であることを活かして援護射撃ロイヤルの弾として採用されるなど、活躍の幅は限られている。
静かなるメイド・ノーニャ
【ロイヤル】
3コスト2/3(進化後4/5)。
【進化前】守護
ファンファーレ 自分の場に指揮官・カードがあるなら、必殺を持つ。
状況によっては守護に加え必殺を持つため、悪くない効果だと言える。しかしロイヤルには優秀な3コストフォロワーが多く、このカードの優先度は低くなっている。
前線の城壁
【ロイヤル】
4コストアミュレット。
カウントダウン 3 相手のターン終了時、ヘヴィーナイト1体を出す。
ファンファーレ「相手の場のフォロワーの数」が自分より多いなら、ヘヴィーナイト1体を出す。
ヘヴィーナイトを相手のターン終了時に出すことができるため、次のターンにEPを使うことで3点ダメージが見込める。アグロロイヤルなどでは採用してみるのも面白い。
NEW!!スパルタクス
【ロイヤル】
6コスト4/5(進化後6/7)。
【進化前】
自分のターン終了時、兵士・フォロワーをランダムに2枚、自分のデッキから手札に加える。
ファンファーレ 自分のデッキの下にある死神のカードを勝利のカードに変身させる。
クロノスと組み合わせることで自身のデッキ切れを狙いやすくなるが、スパルタクス、クロノスのどちらもプレイするタイミングが作りづらい。唯一無二の効果を持っているものの、現時点ではロマンの域を出ないだろう。
NEW!!竜鎧の戦士
【ドラゴン】
8コスト7/7(進化後9/9)。
【進化前】
守護
ファンファーレ このバトル中、自分のリーダーは「自分がフォロワー以外のカードをプレイするたび、相手のリーダーに1ダメージ」を持つ。」(竜鎧の戦士の能力が複数発動した場合、リーダーは同じ能力を複数持つ)
リントヴルムドラゴンと相性の良い8コストフォロワー。コストが重いためプレイのタイミングが難しそうだが、環境によっては採用されることも考えられる。
NEW!!スカルデッドロード
【ネクロマンサー】
2コスト1/3(進化後3/5)。
【進化前】
ラストワード ランダムな自分のフォロワー1体は「ラストワード スケルトン1体を出す」を持つ。
【進化後】
ラストワード ランダムな自分のフォロワー1体は「ラストワード ゾンビ1体を出す」を持つ。
効果の分のフォロワーを考えると、合計ステータスが優秀といえる。デーモンイーターとの相性が良く、上手く効果が発動すれば盤面を優位にすることができるが、単体では何の効果もないので注意しよう。
霊魂再生
【ネクロマンサー】
2コストスペル。
リアニメイト 3
エンハンス 8; さらにリアニメイト 5
2コストスペルとして扱った場合、コストの踏み倒しが行えるカード。しかし、現状3コストや5コストフォロワーの中に復活させて強力なカードはあまり見当たらない。
ビッグソウルハンター
【ネクロマンサー】
3コスト2/3(進化後4/5)。
【進化前】 ファンファーレ 相手の場に攻撃力5以上のフォロワーがいるなら、ネクロマンス6 攻撃力5以上のランダムな相手のフォロワー1体を破壊する。
大型フォロワーへの対策として有用な効果を持つが、ネクロマンスの消費が重く扱いづらい。現環境では横並びの展開がメインとなっていることもあり、採用を見かけることはほとんどない。
気紛れな蘇生者
【ネクロマンサー】
7コスト5/5(進化後5/5)。
【進化前】
・魔鎧の騎手
・骸骨の騎手
手札にあるとき、自分の墓場が6以上なら、ファンファーレ ネクロマンス 6; チョイス したカード1体を出す。
【進化後】自分の魔鎧の騎手、骸骨の騎手すべてを進化させる。
進化を使うことで2体の除去を狙える上、魔鎧の騎手をチョイスすることで5点回復が見込める。しかし同じコストに魔将軍・ヘクターが存在するため、採用されていることはあまりない。
NEW!!幽霊支配人・アーカス
【ネクロマンサー】
7コスト6/6(進化後8/8)。
【進化前】
ファンファーレ このバトル中、自分のリーダーは「自分が元のコスト3以下のフォロワーをプレイしたとき、それを破壊する。その後、ゴーストX体を出す。Xは「そのフォロワーの元のコストの値」である」を持つ。リーダーはこの能力を重複して持たない。
魅力的な効果を持つが、プレイするターンは基本的に丸腰になってしまうため、やや扱いづらいことが予想される。同じ7コストには魔将軍・ヘクターがいることもあり、あまり採用はされないだろう。
NEW!!宵の吸血鬼・ヴァーニア
【ヴァンパイア】
2コスト1/1(進化後3/3)。
【進化前】
・白夜の吸血鬼・ヴァーニア
・真夜中の吸血鬼・ヴァーニア
手札にあるとき、自分の残りPPが2以上で、復讐 状態ならチョイス したカードとしてプレイする。
ファンファーレ フォレストバット1体を出す。
フォロワーを横に広げることができるため、アグロデッキと相性の良いカード。しかし、バフォメットのサーチに引っかかってしまうことや枠の問題を考えると、採用されることは少なそうだ。
ナイトメアデビル
【ヴァンパイア】
3コスト1/1(進化後3/3)。
【進化前】 ファンファーレ フォレストバット1体を出す。
ラストワード フォレストバット1体を出す。
素のステータスは低いものの、フォレストバットを横に展開できる点が優秀。盤面に残る可能性が高いため、アグロタイプのデッキであれば採用が検討できる。
激情の悪魔
【ヴァンパイア】
5コスト4/5(進化後6/7)。
【進化前】 攻撃時 相手のフォロワーすべてと自分のリーダーに1ダメージ。 エンハンス 7; +0/+1して、上記の攻撃時 能力をもう1つ持つ。
【進化後】攻撃時 すべての敵フォロワーと自分のリーダーに1ダメージ。
自傷付きで全体ダメージを持ったフォロワー。自傷効果を活用できるヨルムンガンドヴァンパイアなどでは採用候補に挙がってくるカードだ。
相克の翼像
【ビショップ】
4コストアミュレット。
・純白の聖鳥
・漆黒の魔鳥
カウントダウン 2
ファンファーレ チョイス したカード1枚を出す。
ラストワード 自分の手札が3枚以下なら、相克の翼像1枚を手札に加える。
純白の聖鳥は回復効果を、漆黒の魔鳥は疾走を持つため、幅広い用途が考えられる。天狐ビショップ教会ビショップなどでは採用候補に挙がってくるカードだが、現状あまり見かけない。
天狐の社
【ビショップ】
4コストアミュレット。
「自分のリーダーか自分のフォロワー(または両方)を回復させる」能力が働くたび、相手の場にフォロワーがいるならランダムな相手のフォロワー1体に、いないなら相手のリーダーに、2ダメージ。
ローテーションルールでは環境がやや遅くなっているため、このカードをプレイする隙自体は作りやすい。しかし現時点では低コストの回復カードがあまり存在せず、効果の起動が難しくなっている。
リュカオン
【ビショップ】
5コスト5/4(進化後7/6)。
【進化前】 ファンファーレ 自分の手札のアミュレットが2枚以上なら、相手のリーダーか相手のフォロワー1体に2ダメージ。
発動条件はやや厳しいものの、優秀なファンファーレ能力を持つ。しかしビショップの5コスト帯は激戦区となっており、このカードの優先度は低い。
神の盾・ブローディア
【ビショップ】
8コスト5/5(進化後7/7)。
【進化前】 守護 ファンファーレ このバトル中、自分のリーダーは「自分の場にアミュレットがあるなら、自分のリーダーへの5以上のダメージは4になる。」を持つ。リーダーはこの能力を重複して持たない。
リントヴルムなどのバーストダメージ対策として採用が考えられるが、赤枝の聖騎士・ノイシュと比べた場合の扱いづらさが目立つ。そのため現状ほとんど見かけないカードとなっている。
ロケットナックル
【ネメシス】
2コストスペル。
相手のフォロワー1体に3ダメージ。
自分の手札にアーティファクト・カードがあるならランダムに1枚捨て、 3ダメージではなく6ダメージ与える。
捨てたくない場面でアーティファクトを捨てなければいけない可能性が出てくるのはややネック。悪くない効果ではあるが、現環境で採用されていることは少ない。
狭間の悪魔
【ネメシス】
3コスト3/2(進化後5/4)。
【進化前】
・光の剣
・闇の剣
ファンファーレ チョイス したカード1枚を手札に加える。
3コストの標準ステータスを持ちながら、汎用性の高い2枚のスペルをチョイスできる。特に闇の剣は、味方フォロワーのデメリットを打ち消すほか、厄介なラストワード効果を無効にできるなど、使い道は多いと言える。
クリスタルキャノン
【ネメシス】
4コストアミュレット。
自分の場に、元のコスト3以上のアーティファクト・フォロワーが出るたび、相手の場にフォロワーがいるならランダムな相手のフォロワー1体に、いないなら相手のリーダーに、3ダメージ。
効果自体は強力だが、設置する際の隙がやや気になる。デッキ構築に一工夫が必要なこともあり、現状見かけることは少ない。
剛腕の闘士・ディルク
【ネメシス】
5コスト5/3(進化後7/5)。
【進化前】
突進
ファンファーレ コスト3以上のアーティファクト・カードをランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える。
突進とサーチ効果を持つため、1枚で仕事をしてくれるカード。プライムアーティファクトのサーチが狙いやすくなっており、ゴッドバレットネメシスなどでは採用候補に挙がる。
NEW!!魔導電磁サイ
【ネメシス】
7コスト0/7(進化後2/9)。
【進化前】突進
攻撃時 アーティファクト電磁サイ3枚をデッキに加える。
ファンファーレ +X/+0する。
Xは「自分のデッキに残っているアーティファクト・カードの枚数」である。
デッキ内のアーティファクトの枚数によっては大きな攻撃力を得ることができ、フィニッシャーとしての運用が望める。しかしコストが重く、基本的にはデウスエクスマキナの効果適用後でなければプレイしづらいため、あまり採用はされないだろう。
消し去るもの
【ネメシス】
7コスト6/4(進化後8/6)。
【進化前】 「カードを自分のデッキに加える」能力が働くたび、ランダムな相手のフォロワー1体か相手のアミュレット1つを消滅させる。
生命の量産や製造術などと組み合わせて使うことで、強力な除去性能を発揮する。しかし7コストとやや重いため、活躍する場面はどうしても限られてしまうと言える。

Eランクの新カード

カード名注目ポイント
タルトマン
【ニュートラル】
2コスト2/2(進化後2/2)。
【進化後】 ランダムな相手のフォロワー1体を手札に戻す。
進化時の効果によって厄介なフォロワーを対策できる点は優秀だが、対象はランダムとなっておりやや扱いづらい。進化後のステータス補正もなく、ほとんど採用されていない。
混沌のヴァルキリー
【ニュートラル】
3コスト3/2(進化後5/4)。
【進化前】 ファンファーレ 突進 守護の中から、ランダムに1つを持つ。
突進、守護のどちらが出ても優秀だとは言いづらい上に、ランダム性の高い効果を持つ。加えて2コストフォロワーに撃破されてしまいやすいステータスを持っており、ほとんど採用されていない。
スットゥング
【ニュートラル】
6コスト3/2(進化後5/4)。
ファンファーレ 相手の場に選択できるアミュレットがあるなら、相手のアミュレット1つを消滅させる。アミュレットがなかったら、+3/+3する。
同じく相手のアミュレットを除去できる効果を持った豪快な斧使いと異なり、消滅させられる点が嬉しい。アミュレットを軸としないデッキに対してもある程度の働きが期待できるため、環境次第では採用されることも増えてくるだろう。
マルドゥーク
【ニュートラル】
7コスト7/7(進化後9/9)。
【進化前】 ファンファーレ 自分のリーダーは「スペルをプレイするたび、カードを1枚引く。アミュレットをプレイするたび、相手リーダーに2ダメージ。手札のフォロワーをプレイできない」を持つ。この能力は、このフォロワーが場を離れるとき失われる。
デッキ圧縮とダメージを狙えるフォロワーだが、コストが重く扱いづらい。フォロワーをプレイできなくなるデメリット効果もあるので、採用するならリントヴルムドラゴンなどの専用構築になる。
魔界樹の下僕
【エルフ】
2コスト2/2(進化後4/4)。
【進化前】
攻撃時 フォロワーへ攻撃したなら、そのフォロワーを、次のターン攻撃不能にする。
攻撃したフォロワーを攻撃不能にするということは、そのフォロワーを処理していないため、後続で処理を行う必要がある。また突進などを持っていないため、即座に効果の発動を狙うならEPを必要としてしまう点がネック。
妖精花
【エルフ】
2コストアミュレット。
カウントダウン2
ラストワード か、このアミュレットが場から手札に戻ったとき、フェアリーウィスプ1枚を手札に加える。
ファンファーレ カードを1枚引く。
ローテーションルールでは、フェアリーウィスプを絡めた強力なコンボが存在せず、効果を活かしづらい。現状ほとんど見かけないカードとなっている。
バッタの指揮者
【エルフ】
3コスト2/1(進化後4/3)。
【進化前】 ファンファーレ 攻撃力Xのフォロワーをランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える。Xは「このターン中にカードをプレイした枚数(このカードも含める)」である。
効果自体は悪くないが、サーチ先を絞りづらく、あまり安定した働きが期待できない。3コスト2/1と低いステータスも気になることから、採用されることはほとんどない。
エルフジェネラル
【エルフ】
4コスト3/4(進化後5/6)。
【進化前】 守護 ファンファーレ フェアリー1枚を手札に加える。
【進化後】守護
単体だけみれば悪くないカードだが、どのコンセプトのデッキとも特別相性が良いわけではない。優先して採用したい理由がないためこの評価となった。
瞬速の大狼
【エルフ】
5コスト4/4(進化後6/6)。
【進化前】自分が他のフォロワーをプレイしたとき、それは疾走を持ち、このフォロワーを手札に戻す。
フェアリードラゴンとの相性が良いが、同じく疾走を付与できるユグドラシルの方が汎用性が高い。そのためあまり見かけないカードになっている。
粗暴な豪剣士
【ロイヤル】
2コスト3/1(進化後5/3)。
【進化前】 ファンファーレ エンハンス 8; +4/4して、突進を持つ。
2コストフォロワーとして見た際には体力1が扱いづらく、エンハンス効果も優秀だとは言いづらい。他の2コストフォロワーを優先するべきだと言える。
マスターサムライ
【ロイヤル】
3コスト2/3(進化後4/5)。
【進化前】 ファンファーレ エンハンス 6; +2/+2して、「このフォロワーは、1ターンに2回攻撃できる」を持つ。
エンハンス効果を持つ3コストフォロワー。ステータスは標準的だが、エンハンス効果を発動させなければ効果を持たないフォロワーとなってしまうことから、採用例は少ない。
天才魔法使い・エルザ
【ウィッチ】
3コスト2/3(進化後2/3)。
【進化後】進化時 インペリアルマンモス1体を出す。それは突進と「自分のターン開始時、このフォロワーは消滅する」をもつ。
土の秘術 そのインペリアルマンモスは守護 を持つ。
EPを使うことで大型フォロワーの除去を狙える。しかしインペリアルマンモスは相手のターン終了時に消えてしまうため、あまりコストパフォーマンスの良くないカードだと言える。
月影の魔法使い
【ウィッチ】
4コスト1/4(進化後3/6)。
【進化前】 ファンファーレ +1/+0する。 スペルブースト +1/+0
スペルブースト数に応じて攻撃力が伸びていくが、そもそもこのカードの効果はスペルを軸としたデッキとの相性が良いとは言いづらい。どちらのルールでも採用例はほとんどないカードだ。
NEW!!オニオン軍団の長・バーゼント
【ウィッチ】
7コスト5/5(進化後7/7)。
【進化前】
ファンファーレ オニオン軍団1体を出す。
このバトル中、自分のリーダーは「自分がスペルをプレイするたび、オニオン軍団1体を出す」を持つ。リーダーはこの能力を重複して持たない。
採用するのであればスペルを軸としたデッキになるが、オニオン軍団の長・バーゼントをプレイする際のテンポロスが痛い。コストに対してのステータスも低く、ほとんど見かけることはないだろう。
屠竜の勇士
【ドラゴン】
2コスト3/1(進化後5/3)。
【進化前】 ファンファーレ 手札のドラゴン・カード1枚を、ドラゴンクローに変身させる。
体力が1と低く、簡単に処理されやすいことに加え、手に入るスペルも使い勝手が悪い。強力なカードを変えてしまわないといけない危険性もあるため、採用例はほとんどない。
竜装の大剣士
【ドラゴン】
3コスト2/3(進化後4/5)。
【進化前】 ファンファーレ 覚醒 状態なら、+1/+1して、必殺 を持つ。
覚醒状態でなければ効果が発動しないことに加え、進化しなければ即座に攻撃できない点が使いづらい。大鎌の竜騎バジリスクライダーといった優先度の高いカードも存在するため、採用されていることはほぼない。
竜翼の暗殺者
【ドラゴン】
5コスト4/4(進化後6/6)。
【進化前】 突進 自分がフォロワー以外のカードをプレイするたび、+1/+0する。
フェイスドラゴンなどのアグロデッキと相性の良い効果を持つが、5コスト帯であればヒッポグリフの乗り手などの疾走フォロワーを優先したい。どちらのルールでもほとんど見かけることはないカードだ。
シャドウドラグーン・コーダ
【ドラゴン】
6コスト5/2(進化後7/4)。
【進化前】 このフォロワーは攻撃されない。
【進化後】進化前と同じ能力。
攻撃されない効果は魅力的だが、低い体力が足を引っ張り除去スペルなどで処理されてしまいやすい。コストも高く扱いづらいため、ほとんど採用されていない。
悪戯な霊魂
【ネクロマンサー】
1コスト1/1(進化後3/3)。
ファンファーレ ネクロマンス 3; ゴースト1体を出す。
1/1とステータスが低い上、効果も墓場の消費量には釣り合わない。カードパワーが低く、強力なコンボ等も見当たらないため、見かけることは少ない。
ポルターガイスト
【ネクロマンサー】
3コストスペル。
ゴースト2体を出す。
エンハンス 4; 自分のフォロワーすべては、「このフォロワーが消滅するとき、消滅ではなく破壊される」を持つ。
合わせて2ダメージでは火力としても除去役としても心許なく、エンハンス効果も扱いづらい。採用されていることはほとんどない。
巨腕のスケルトン
【ネクロマンサー】
4コスト4/3(進化後6/5)。
【進化前】
・スカルギガント
・ヘルロードスケルトン 手札にあるとき、自分の残りPPが8以上ならチョイス したカードとしてプレイする。(PPを8消費してプレイする)
どちらをチョイスしてもあまり強力だとは言えない。こちらを採用するのであれば、同じ8コストである不死の大王を優先するべきだろう。
夜想の死神
【ネクロマンサー】
5コスト4/4(進化後6/6)。
【進化前】 必殺
ラストワード 自分の墓場を+1する。
必殺を活かして大型フォロワーの除去を行えるが、EPを使わなければ活躍がしづらい。ネクロマンサーは4コスト帯など、中盤が膨れてしまいがちなデッキであり、枠が無い点も厳しいと言える。
災厄の魔神
【ヴァンパイア】
9コスト7/7(進化後9/9)。
【進化前】 ファンファーレ お互いのリーダーに4ダメージ。
ファンファーレ能力で大きなダメージを与えることができるが、コストがあまりに重く扱いづらい。9ターン目にもなれば、自傷ダメージが仇となってしまうケースも多く、ほとんど採用されていない。
デスサイズシスター
【ビショップ】
2コスト2/2(進化後4/4)。
【進化前】相手のターン中、必殺を持つ。
【進化後】進化前と同じ能力。
2/2/2の標準的なステータスを持つが、ビショップはどのデッキも2コスト帯が膨れてしまいがち。効果自体も悪くはないが、優先度が低くほとんど採用されていない。
冷酷な人形遣い
【ネメシス】
4コスト3/3(進化後5/5)。
【進化前】交戦時 操り人形1枚を手札に加える。
効果自体は悪くないものの、スペルや効果で処理されてしまった場合効果を発動できない。ゾンビパーティ対空射撃など、採用率の高い低コストスペル1枚で除去されてしまうため、あまり使われていない。
NEW!!ツタンカーメン
【ビショップ】
6コスト6/4(進化後8/6)。
【進化前】
ラストワード 破壊される直前の体力が2以上だったなら、ツタンカーメン1体を出し、体力を1にする。
攻撃的な効果を持っているが、頂きの教会との噛み合わせが悪く、共存が難しくなっている。他に相性の良いデッキも特に見当たらないこともあり、採用されることはほとんどないだろう。
NEW!!心無き決闘
【ネメシス】
5コストスペル。
・ロイド
・ヴィクトリア
チョイス したカード1体を出す。操り人形1枚を手札に加える。
エンハンス 7; チョイス したフォロワーは+0/+3されて、必殺を持つ。
状況に応じて、出すフォロワーを選べるできる点は嬉しい。しかし、5コストで3コストフォロワー+操り人形はコストパフォーマンスが悪く、活躍する場面はあまりないと言えるだろう。

新カードのアンリミテッド評価

▲ローテーションでの評価はこちら

目次

Sランクの新カード

カード名注目ポイント
妖精花
【エルフ】
2コストアミュレット。
カウントダウン2
ラストワード か、このアミュレットが場から手札に戻ったとき、フェアリーウィスプ1枚を手札に加える。
ファンファーレ カードを1枚引く。
フェアリーウィスプを加える効果が強力で、OTKエルフを中心としたリノセウスでのフィニッシュを狙うデッキに採用されている。ファンファーレでドローを進められる点も優秀で、次以降の動きを確保しにいくことが可能だ。
白と黒の決闘
【ロイヤル】
1コストスペル。
・白の王・イメラ
・黒の女王・マグナス
チョイス したカード1枚を手札に加える。
エンハンス 6; チョイス ではなく、白の王・イメラ1枚と黒の女王・マグナス1枚を手札に加え、自分のPPを6回復。
余ったコストで発動しやすい1コストスペル。チョイスで加えられるカードはどちらも優秀で、黒の女王・マグナスはアンリミテッドルールで見かけることの多い、黙示録など全体除去への対策として運用できる。
空の指揮官・セリア【ロイヤル】2コスト2/2(進化後4/4)。
【進化前】
・絶望の使者・セリア
・希望の戦術家・セリア
手札にあるとき、自分の残りPPが5以上ならチョイス したカードとしてプレイする。(PPを5消費してプレイする)
2コストフォロワーでありながら中盤にチョイスによって活躍することも可能。チョイス先のカードは攻撃的なものと防御的なものに分かれており、幅広いデッキタイプに採用されている。
常闇の梟
【ネクロマンサー】
3コスト3/2(進化後5/4)。
【進化前】 葬送するたび、自分のリーダーを1回復する。 ファンファーレ 葬送 したなら、ネクロマンサー・フォロワーをランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える。
とにかく早期に葬送とリアニメイトを行いたいリアニメイトネクロでは、ほとんどの場合において3枚採用されている。ネクロマンサー・フォロワーを手札に加えられる効果も強力で、特にケリドウェンを探しに行くことができる点は優秀だと言える。

Aランクの新カード

カード名注目ポイント
愛の妖精・ポーラ
【エルフ】
2コスト2/2(進化後4/4)。
【進化前】
・深緑の純心・ポーラ
・真紅の絆・ポーラ
手札にあるとき、このターン中に(このカードを含めず)カードを2枚プレイしていたならチョイス したカードとしてプレイする。
汎用性の高いチョイス効果を持っており、バッタの指揮者を採用したOTKエルフに入っていることが多い。ダンジョンフェアリーなどと異なり、攻撃役だけでなく防御役もこなせる点が優秀だ。
バッタの指揮者
【エルフ】
3コスト2/1(進化後4/3)。
【進化前】 ファンファーレ 攻撃力Xのフォロワーをランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える。Xは「このターン中にカードをプレイした枚数(このカードも含める)」である。
デッキ構築を工夫することでサーチ先を絞ることができるため、様々な使い道が考えられる。GameWithではリノセウスを確定サーチできるOTKエルフを掲載しているので、合わせて見てみて欲しい。
ホーリーナイトベア
【ロイヤル】
2コスト2/2(進化後4/4)。
【進化前】 守護
ファンファーレ エンハンス 5 +2/+2する。
2コストフォロワーの標準ステータスに加え、守護を持つ兵士フォロワー。歴戦のランサーと同時に採用することで、騎士王・アーサーの効果によって2体の守護を展開することができる。
魔導狙撃士・ワルツ
【ロイヤル】
3コスト2/2(進化後4/4)。
【進化前】
・浄化の聖弾
・必殺の魔弾
ファンファーレ チョイス したカード1枚を手札に加える。
ファンファーレで優秀なスペルのチョイスが行える3コストフォロワー。小型〜大型フォロワーすべての処理を得意としており、幅広いロイヤルデッキに採用されている。
スカイフォートレス
【ロイヤル】
8コスト5/6(進化後7/8)。
【進化前】 突進
ファンファーレ 自分の他のフォロワー1体を+3/+4する。そのフォロワーが兵士・フォロワーなら、守護を持つ。指揮官・フォロワーなら、「交戦時 カードを1枚引く」を持つ。
騎士王・アーサーで盤面に並べたフォロワーを強化できる上、自身も突進を持っている。ミッドレンジロイヤルでは複数枚採用されていることも珍しくない。
永劫を求む者・ケリドウェン
【ネクロマンサー】
6コスト4/5(進化後6/7)。
【進化前】
・永遠の秘薬
・刹那の劇薬
ファンファーレ チョイス したカード1枚を手札に加える。
攻撃時 自分のPPを1回復。
【進化後】攻撃時 自分のPPを1回復。
7ターン目にゼウスを出すことが狙える久遠の秘薬と、進化と合わせて2体処理を狙える刹那の劇薬のどちらも強力。リアニメイトネクロでは、貴重なリアニメイト効果持ちカードとして活躍している。
眷属への贈り物
【ヴァンパイア】
0コストスペル。
お互いのリーダーに1ダメージ。お互いの場にフォレストバット1体を出す。
0コストでダメージと展開を行えるため、血統の王ヨルムンガンドとの相性が良い。0コストながら大きな火力を出すことができ、3枚投入が行われているデッキも少なくない。
眷属の召喚
【ヴァンパイア】
2コストスペル。
フォレストバット2体を出す。
前期と変わらず、アグロヴァンパイアなどで採用が検討できるカード。イラストの好みによって、使い分けを行うと良い。
NEW!!人狼の王・ヴァルツ
【ヴァンパイア】
3コスト3/2(進化後5/4)。
【進化前】
自分がブラッドムーンをプレイしたとき、このフォロワーは進化する。
ファンファーレ ブラッドムーン1枚を手札に加える。
4枚目以降のブラッドムーンとして扱うことができるため、コントロールヴァンパイアではスマートに採用することができるだろう。突進フォロワーとしての活躍も見込めるので、腐りづらい点も嬉しい。
血統の王
【ヴァンパイア】
5コスト1/4(進化後3/6)。
【進化前】 潜伏 自分の場にフォレストバットが出るたび、それはターン終了まで+1/+0されて疾走 を持つ。
【進化後】進化前と同じ能力。
味方のフォレストバットを強化できる効果が強力であり、血統の王を軸に据えたデッキも存在する。潜伏を持っているため、なかなか処理されづらい点も魅力的だ。
愚神称賛
【ビショップ】
2コストアミュレット。
カウントダウン 2
ファンファーレ カードを1枚引く。
ラストワード ランダムな相手のフォロワー1体を破壊する。
ドローを進めながら、ラストワードでランダムな相手フォロワーを1体破壊できる。タイムラグがある問題も、ケリュネイアと組み合わせることで解決しやすい。
ケリュネイア
【ビショップ】
5コスト3/5(進化後5/7)。
【進化前】
・明転の牝鹿・ケリュネイア
・暗転の牝鹿・ケリュネイア
手札にあるとき、自分の残りPPが5以上あり、自分の場にアミュレットが2つ以上あるならチョイス したカードとしてプレイする。(PPを5消費してプレイする)
攻撃時 アミュレットをランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える。
【進化後】攻撃時 アミュレットをランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える。
手札のアミュレットが過剰であれば優秀なチョイス効果を、少ないのであればアミュレットのサーチを行えるため、どんな場面でも腐ることが少ない。ビショップデッキ全般で優先して採用されるカードとなっている。
造られし命・ミリアム
【ネメシス】
2コスト2/1(進化後4/3)。
【進化前】
・安息の少女・ミリアム
・悪戯な少女・ミリアム
手札にあるとき、自分の残りPPが2以上で、共鳴 状態ならチョイス したカードとしてプレイする。(PPを2消費してプレイする)
共鳴状態という指定はあるものの、デッキ内のランダムなアーティファクト・カードを手札に加えることができる優秀なカード。基本的には悪戯な少女・ミリアムをチョイスすることになるが、展開によっては安息の少女・ミリアムのチョイスも選択肢に入ってくる。

Bランクの新カード

カード名注目ポイント
イノセントプリンセス・プリム
【ロイヤル】
2コスト1/3(進化後3/5)。
【進化前】 潜伏 ファンファーレ エンハンス 8; +3/+3する。静かなるメイド・ノーニャ1枚を手札に加え、そのこすと0にする。
【進化後】潜伏
低コストの潜伏フォロワーとして序盤から攻めるフォロワーとして扱える。指揮官を持つため、ケンタウロスヴァンガードなどとも相性が良く、アグロタイプのデッキを中心に採用されている。 
宿命の語り部・ルーニィ
【ウィッチ】
4コスト2/3(進化後4/5)。
【進化前】
・導きの予言
・滅亡の予言
ファンファーレ チョイス したカード1枚を手札に加える。
攻撃時 スペルブーストする。
【進化後】
攻撃時 スペルブーストする。
チョイスできるカード、攻撃時の効果とどちらも優秀。超越ウィッチドロシーウィッチでは事故緩和要員として、1〜2枚採用されていることも珍しくない。
NEW!!真実の究明者・ファウスト
【ウィッチ】
5コスト4/5(進化後6/7)。
【進化前】
ファンファーレ このバトル中、自分のリーダーは「自分のターン終了時、自分の場にフォロワーがいるなら、土の秘術 ランダムな自分のフォロワー1体を+2/+1する」を持つ。(真実の究明者・ファウストの能力が複数働いた場合、リーダーは同じ能力を複数持つ)
効果の発動がターン終了時となるので少し使い勝手が悪いが、従来の秘術ウィッチでは5ターン目に出したいカードが見当たらなかったので、その枠を埋めるカードとなりそうだ。ステータスが5コストの標準的な数値という点も評価できる。
キングスノーマン
【ウィッチ】
7コスト2/3(進化後4/5)。
【進化前】
・スノーマンナイト
・スノーマンバーサーカー
ファンファーレ チョイス したカード1体を出す。
スペルブースト+1体
1枚で複数体の展開を行えるため、終盤の盤面を一気に取りきることができる。ドロシーウィッチでは、最後の詰め手段として採用されていることも珍しくない。
血統の発現
【ヴァンパイア】
1コストスペル。
自分のフォロワー1体を、ターン終了時まで+1/+0する。
そのフォロワーがヴァンパイア・フォロワーなら、フォレストバット1体を出す。
血統の王を軸としたデッキとの相性が良く、採用されていることが多いカード。ただし活躍する状況を選びがちなので、使いづらさもある点に注意。
宝石の巫女
【ビショップ】
2コスト1/2(進化後3/4)。
【進化前】
・ホワイトダイヤモンド
・ブラックダイヤモンド
ファンファーレ チョイス したカード1枚を手札に加える。
チョイス先のアミュレットがどちらも優秀であり、ローテーションルール同様様々なビショップデッキに採用されている。特別カードパワーが高いわけではないが、扱いやすい1枚だ。
天狐の社
【ビショップ】
4コストアミュレット。
「自分のリーダーか自分のフォロワー(または両方)を回復させる」能力が働くたび、相手の場にフォロワーがいるならランダムな相手のフォロワー1体に、いないなら相手のリーダーに、2ダメージ。
僧侶の聖水ラビットヒーラーなど、低コストの優秀な回復カードが存在するため、ローテーションと比べて効果の起動が狙いやすい。そのため、エイラビショップのサブウェポンとして、採用されていることも少なくない。
人形の少女・オーキス
【ネメシス】
8コスト5/5(進化後7/7)。
【進化前】
・復讐の人形・オーキス
・決意の人形・オーキス 手札にあるとき、自分の残りPPが8以上で、自分の手札に操り人形が2枚以上あるならチョイス したカードとしてプレイする。(PPを8消費してプレイする) ファンファーレ 操り人形3枚を手札に加える。
カードパワーが高く、操り人形軸のデッキであれば複数採用される。とはいえ展開の速いアンリミテッドでは、まだまだネメシスが活躍するのは難しい。

Cランクの新カード

カード名注目ポイント
月と太陽
【ニュートラル】
3コストスペル。
・アマテラス
・ツクヨミ
チョイス したカード1体を出す。
エンハンス 7; このカードの能力で出したフォロワーを+3/+3する。
類似した効果を持つ覇食帝・カイザと比較すると、こちらはスペルブーストを進められたり、少量ではあるが回復を行える点が優秀。デッキタイプや環境に合わせて採用を決定したい。
NEW!!悪魔伯爵・ダリオ
【ロイヤル】
2コスト2/1(進化後4/3)。
【進化前】
相手は、能力でこのフォロワーを選択できるとき、このフォロワーしか選択できない。
このフォロワーは、カードの能力によって破壊されない。(攻撃によるダメージや、能力によるダメージでは破壊される)
騎士王・アーサーから悪魔伯爵・ダリオを絡めた展開が行えれば、大切なフォロワーを守りやすくなる。しかしアンリミテッドではローテーションルールと比べて2コストフォロワーの枠争いがより厳しくなるため、採用はよく考えて行う必要がありそうだ。
オルカの大渦
【ドラゴン】
2コストスペル。
オルカ1体を出す。
エンハンス 4; さらに1体出す。
エンハンス 6; さらに1体出す。
エンハンス 8; さらに1体出す。
エンハンス 10; さらに1体出す。
2コスト2/2フォロワーのような役割も、1枚で大量展開を行うこともできる汎用性の高いカード。特に原初ドラゴンOTKドラゴンと相性が良く、3枚採用されていることも多い。
斬龍剣士・ロイ
【ドラゴン】
3コスト2/2。(進化後4/4)
【進化前】
・活竜剣
・殺竜剣
ファンファーレ チョイス したカード1枚を手札に加える。
PPブースト手段の1つとして採用されることもあるカード。しかし、アンリミテッドではPPブーストの手段が豊富なため、ローテーションと比べると見かけることは少ない。
ドラゴニュートの威圧
【ドラゴン】
3コストスペル。
相手のリーダーと相手のフォロワーすべてに1ダメージ。
エンハンス 5; 1ダメージではなく2ダメージ。
横に並ぶデッキに対してかなり有効なスペル。フェイスドラゴンなどの攻撃的なデッキであれば、リーダーへのダメージソースとして活躍することもある。
ギルティーブラッドメイデン・ブラー
【ヴァンパイア】
1コスト1/1(進化後3/3)。
【進化前】
・セイントメイデン・ブラー
・ダークメアメイデン・ブラー
手札にあるとき、自分の残りPPが5以上ならチョイス したカードとしてプレイする。(PPを5消費してプレイする)
1コストフォロワーとして見た場合はやや貧弱なものの、2つの強力なチョイス効果を持つ。1コストのカードとしてもアグロデッキの横並びを支えるカードとして活躍が見込める。
ナイトメアデビル
【ヴァンパイア】
3コスト1/1(進化後3/3)。
【進化前】 ファンファーレ フォレストバット1体を出す。
ラストワード フォレストバット1体を出す。
素のステータスは低いものの、フォレストバットを横に展開できる点が優秀。アグロヴァンパイアなど、速攻戦略を取るデッキでは採用候補に挙がってくる。
激情の悪魔
【ヴァンパイア】
5コスト4/5(進化後6/7)。
【進化前】 攻撃時 相手のフォロワーすべてと自分のリーダーに1ダメージ。 エンハンス 7; +0/+1して、上記の攻撃時 能力をもう1つ持つ。
【進化後】攻撃時 すべての敵フォロワーと自分のリーダーに1ダメージ。
自傷付きで全体ダメージを持ったフォロワー。自傷効果を活用できるヨルムンガンドヴァンパイアなどでは採用候補に挙がってくるカードだ。
闇夜の姫・ヴァンピィ
【ヴァンパイア】
6コスト3/6(進化後5/8)。
【進化前】
カインドクイーン・ヴァンピィ
ブラッドクイーン・ヴァンピィ
手札にあるとき、復讐 状態ならチョイス したカードとしてプレイする。 ファンファーレ お互いのリーダーに2ダメージ。フォレストバット1体を出す。
チョイスできるカードはどちらも優秀な効果を持っている。また、復讐状態でなくてもファンファーレの効果でダメージを与えられるため、腐りにくい点は優秀だと言える。
闇喰らいの蝙蝠
【ヴァンパイア】
7コスト5/5(進化後7/7)。
【進化前】
ファンファーレ 相手のリーダーか相手のフォロワー1体に「このバトル中、自分のターン中に自分のリーダーがダメージを受けた回数」と同じダメージ。
蠢く死霊ブラッドウルフなどの自傷カードと相性が良い。そのため、復讐ヴァンパイアなどを中心に採用が考えられる。

Dランクの新カード

カード名注目ポイント
天界の尖兵
【ニュートラル】
2コスト2/2(進化後4/4)。
【進化後】 進化時 体力1の相手のフォロワー1体を消滅させる。
アンリミテッドルールでは、このカードよりも優秀な天弓の天使・リリエルなどのカードがあるため、基本的に採用されることは少ない。しかし、消滅の効果が活きるような環境であれば使われることもあるかもしれない。
NEW!!オケアノス
【ニュートラル】
4コスト3/4(進化後5/6)。
【進化前】
・慈愛の雫
・慈悲無き激流
ファンファーレ チョイス したカード1枚を手札に加える。
チョイスできるカードはどちらも悪くない効果を持っているが、オケアノスをプレイする際のテンポロスがやや気になる。そのため、採用されることはあまりないだろう。
NEW!!歴戦の鷹匠
【エルフ】
2コスト1/3(進化後2/4)。
【進化前】
ファンファーレ 飛翔する狩鳥1枚を手札に加える。
【進化後】
自分の手札の飛翔する狩鳥すべては必殺を持つ。
効果はアグロタイプのデッキと相性が良いが、歴戦の鷹匠自身のステータスは防御寄りなものとなっている。他の優秀な2コストカードよりも優先して採用されるかは微妙なところだろう。
瞬速の大狼
【エルフ】
5コスト4/4(進化後6/6)。
【進化前】自分が他のフォロワーをプレイしたとき、それは疾走を持ち、このフォロワーを手札に戻す。
疾走を付与する効果を活かして、古き森の白狼深き森の異形とのコンボを決めたい。守護を突破しづらいのは課題だが、ロマン溢れるデッキを組むことができる。
ホワイトヴァナラ
【エルフ】
6コスト5/5(進化後5/5)。
【進化前】 守護 自分のターン中、このフォロワーの攻撃力か体力が能力で+されたとき、このフォロワーは進化する。
【進化後】 守護 疾走
EPを使うことで6コスト5/5の疾走かつ守護フォロワーとして扱えるカード。効果の起動を狙いたいのであれば、オシャレ女王・ネルシャユグドラシルと合わせて採用すると良い。
ユグドラシル
【エルフ】
7コスト2/6。(進化後4/8)
【進化前】
・万象の加護
・森羅の怒り
ファンファーレ チョイス したカード1枚を手札に加える。ドレイン
【進化後】ドレイン
チョイス先のスペルは攻めにも守りにも扱えるため、汎用性が高い。しかしコストが重く、アンリミテッドの高速環境に付いていきづらいため、見かけることはあまりない。
マナリアの竜術士
【ウィッチ】
2コスト2/2(進化後4/4)。
【進化前】
・マナリアの白竜
・マナリアの黒竜
手札にあるとき、自分の残りPPが6以上ならチョイス したカードとしてプレイする。(PPを6消費してプレイする)
効果自体は悪くないものの、そこまで強力なものだとは言いづらい。現状マナリア・スペルが少ないこともあり、あまり見かけないカードとなっている。
未来視の魔女
【ウィッチ】
2コスト1/2(進化後3/4)。
【進化前】 ファンファーレ スペルをランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える。
超越ウィッチなどでの採用が考えられるが、競合に学院の新入生・ルゥが存在する。こちらの方がステータスは高いものの、優先的に採用されることは少ないだろう。
サモンサークル
【ウィッチ】
4コストアミュレット。
カウントダウン 3
ファンファーレ ガーディアンゴーレム1体を出す。
ラストワード ジャングゴーレム1体を出す。
アンリミテッドでは優秀な土の印が多く、コストが重いこのカードの優先度はやや低い。とはいえ守護フォロワーを合計2体展開できるのは強力なため、環境や構築次第では入ってくることもあるだろう。
無貌の魔女
【ウィッチ】
9コスト4/4(進化後6/6)。
【進化前】 守護 自分のターン開始時、進化する。 ファンファーレ 自分の手札のカード1枚を選択する。それと同名のカードを手札が上限枚数になるまで加える。(上限は9枚)
【進化後】(守護なし)
攻撃時 スペルブースト 10する。
派手な効果を持った9コストフォロワー。次元の超越紅蓮の魔術を増やすことができればゲームを決められるほどの力を持つが、アンリミテッドの高速環境には付いていきづらい。
NEW!!銀氷のドラゴニュート・フィルレイン
【ドラゴン】
2コスト1/3(進化後2/4)。
【進化前】
ファンファーレ 銀氷の吐息1枚を手札に加える。
【進化後】
進化時 相手のフォロワー1体に1ダメージ。
効果が1枚で完結している上、ドラゴンでは貴重な低コストの優秀なカード。しかしアンリミテッドではジークフリートなど、似たような効果を持つカードも多く、ローテーションルールと比べると見かけることは少なくなりそうだ。
相反する息吹・ガルア
【ドラゴン】
5コスト4/4(進化後6/6)。
【進化前】
・白の息吹
・黒の息吹
ファンファーレ チョイス したカード1枚を手札に加える。
チョイスによって手札に加えるカードは弱くないものの、ステータスがやや低めで同コスト帯に採用したいカードが多い。そのため、現状見かけることはほとんどない。
ドラゴニックメイル・ギルヴァ
【ドラゴン】
9コスト5/5(進化後7/7)。
【進化前】 ファンファーレ 自分のリーダーの体力の最大値を10にする(現在値は10以下ならそのまま)。 このバトル中、自分のリーダーは、「自分のターン終了時、相手の場にフォロワーがいるならランダムな相手のフォロワー1体に、いないなら相手のリーダーに、5ダメージ。」を持つ。リーダーはこの能力を重複して持たない。
ダメージを与える効果は強力だが、体力の最大値が10になってしまう大きなデメリット効果を持つ。コントロールタイプのデッキに対して強力な1枚であるが、デメリットの少ない連なる咆哮サタンが優先されることも多い。
骸の代弁者
【ネクロマンサー】
2コスト1/1(進化後3/3)。
【進化前】 ラストワード スケルトン1体を出す。
【進化後】進化前と同じ能力。
ラストワード効果によって、盤面にフォロワーを残しやすい点が優秀。その性質を活かし、骸ネクロなどでは採用候補に挙がってくる。
最果ての骸
【ネクロマンサー】
7コスト6/5(進化後8/7)。
【進化前】 自分のターン終了時、自分の墓場が30枚以上なら、相手のリーダーと相手のフォロワーすべてに6ダメージ。 ファンファーレ スケルトン10枚を手札に加える。
【進化後】自分のターン終了時、自分の墓場が30枚以上なら、相手のリーダーと相手のフォロワーすべてに6ダメージ。
持っている効果自体は面白いが、このカードをプレイできるのは最速でも7Tであり、やや悠長。アンリミテッドルールにはあまり向いていない性能となっている。
銀鎖の使徒
【ヴァンパイア】
2コスト2/2(進化後4/4)。
【進化前】 ファンファーレ 復讐 状態なら、お互いのリーダーに1ダメージとランダムな相手のフォロワー1体に2ダメージ。
復讐軸のヴァンパイアと相性のいいカード。ただし、より優秀な2コストフォロワーが多いため、このカードの優先度はそこまで高くない。
NEW!!宵の吸血鬼・ヴァーニア
【ヴァンパイア】
2コスト1/1(進化後3/3)。
【進化前】
・白夜の吸血鬼・ヴァーニア
・真夜中の吸血鬼・ヴァーニア
手札にあるとき、自分の残りPPが2以上で、復讐 状態ならチョイス したカードとしてプレイする。
ファンファーレ フォレストバット1体を出す。
フォロワーを横に広げることができるため、アグロデッキと相性の良いカード。しかし、バフォメットのサーチに引っかかってしまうことや枠の問題を考えると、採用されることは少なそうだ。
聖獅子の結晶
【ビショップ】
2コストスペル。
聖なる盾の獅子1体を出す。
自分がこのバトル中にプレイした聖獅子の結晶が(このカードを含めず)3枚以上5枚以下なら、聖なる盾の獅子ではなく聖なる鎧の獅子1体を出す。6枚以上なら、聖なる盾の獅子ではなく聖なる王の獅子1体を出す。
エンハンス 5; 聖獅子の結晶1枚を手札に加える。
(自分がこのバトル中にプレイした聖獅子の結晶はX枚)
基本的にはこのカードを何度も発動することで、聖なる王の獅子で相手リーダーに奇襲を仕掛ける動きを狙っていきたい。プレイ枚数を気にせずとも、2コスト2/2フォロワーのように運用できるため、使い勝手の良いカードとなっている。
聖獅子の神殿
【ビショップ】
2コストアミュレット。
自分が聖獅子の結晶をプレイするたび、自分のPPを1回復。
ファンファーレ 聖獅子の結晶1枚を手札に加える。
聖獅子の結晶を軸としたデッキであれば、3枚採用されるカード。盤面を圧迫してしまうのはやや気になるものの、2枚発動することができれば実質PP消費なしで聖獅子の結晶をプレイできるようになる。
平和の紡ぎ手
【ビショップ】
3コスト3/2(進化後5/4)。
【進化前】守護
ファンファーレ 聖獅子の結晶1枚を手札に加える。
【進化後】守護
3コストフォロワーとしては標準的なステータスに加え、扱いやすい効果を持つ。守護を持っているため、聖獅子の結晶を発動する時間稼ぎにも役立つことから、聖獅子の結晶を軸としたデッキであれば3枚採用される。
NEW!!詠唱:白牙の神殿【ビショップ】3コストアミュレット。
カウントダウン 8
自分のターン終了時、自分のリーダーを1回復。
「自分のリーダーか自分のフォロワー(または両方)を回復させる」能力が働くたび、このアミュレットのカウントダウンを1進める。
ラストワード 『大翼の白竜』1体を出す。
エイラビショップなど、回復をコンセプトとしたデッキで採用候補に挙がるカード。しかしアンリミテッドではアミュレットを置く隙が作りづらく、手札で腐ってしまうことも少なくないだろう。
歴史を知る者
【ネメシス】
2コスト2/2(進化後4/4)。
【進化前】 ファンファーレ プライムアーティファクト1枚をデッキに加える。
【進化後】アーティファクト・カードをランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える。
悪くないカードではあるが、効果によって加わるプライムアーティファクトがデッキの回転を阻害してしまうため、序盤にプレイしづらい点がネック。そのため、ミッドレンジネメシスでの採用例はあまりない。
ロケットナックル
【ネメシス】
2コストスペル。
相手のフォロワー1体に3ダメージ。
自分の手札にアーティファクト・カードがあるならランダムに1枚捨て、 3ダメージではなく6ダメージ与える。
捨てたくない場面でアーティファクトを捨てなければいけない可能性がでてくるのはややネック。同じ2コストの除去スペルである次元断同様、使われることの少ないカードだ。
ジャンク
【ネメシス】
3コスト1/2(進化後3/4)。
【進化前】ファンファーレ ラストワード 操り人形1枚を手札に加える。
【進化後】ラストワード 操り人形1枚を手札に加える。
操り人形を軸に戦うデッキであれば採用が検討できるカード。操り人形の枚数が少し足りないと感じたなら、試してみるのも良いだろう。
狭間の悪魔
【ネメシス】
3コスト3/2(進化後5/4)。
【進化前】
・光の剣
・闇の剣
ファンファーレ チョイス したカード1枚を手札に加える。
3コストの標準ステータスを持ちながら、汎用性の高い2枚のスペルをチョイスできる。特に闇の剣は、味方フォロワーのデメリットを打ち消したり、厄介なラストワード効果を無効にできるなど活躍の範囲が広い。
クリスタルキャノン
【ネメシス】
4コストアミュレット。
自分の場に、元のコスト3以上のアーティファクト・フォロワーが出るたび、相手の場にフォロワーがいるならランダムな相手のフォロワー1体に、いないなら相手のリーダーに、3ダメージ。
効果自体は強力だが、設置する際の隙がやや気になる。また、デッキ構築に一工夫が必要なこともあり、現状見かけることは少ない。
剛腕の闘士・ディルク
【ネメシス】
5コスト5/3(進化後7/5)。
【進化前
突進
ファンファーレ コスト3以上のアーティファクト・カードをランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える。
突進とサーチ効果を持つため、1枚で仕事をしてくれるカード。ただし、5コスト帯に優先度の高いハクラビが存在しているため、最優先で採用といったことはあまりない。
殺戮の人形・ツヴァイ【ネメシス】7コスト4/4(進化後4/4)。
【進化前】 ファンファーレ ヴィクトリア1体を出す。
【進化後】進化時 自分のヴィクトリア1体は「このフォロワーは1ターンに2回攻撃できる」を持つ。
トークンカードであるヴィクトリアが突進と交戦時のダメージ効果を持っており、相手フォロワーの除去で活躍する。とはいえ、ネメシスはアーティファクト・カードで除去を行いやすいほか、7コストと重めなので採用はあまりされていない。

Eランクの新カード

カード名注目ポイント
天使の泉
【ニュートラル】
1コストアミュレット。
カウントダウン 2
ファンファーレ 自分のフォロワー1体をターン終了まで+1/+0する。
ラストワード カードを1枚引く。
カードパワーが低く、採用されている例は少ない。しかし、1コストで場を埋められることから骸の王をメインとしたデッキでは見かけることも。
タルトマン
【ニュートラル】
2コスト2/2(進化後2/2)。
【進化後】 ランダムな相手のフォロワー1体を手札に戻す。
効果の発動にはEPを必要とするが、相手の大型フォロワーを手札に戻すことができれば、かなりのアドバンテージを得られるだろう。ただし、対象がランダムであったり、進化後もステータスが変わらないなど使いづらい点も多いので、採用されることはほとんどない。
秩序のヴァルキリー
【ニュートラル】
2コスト2/2(進化後4/4)。
【進化前】 ファンファーレ エンハンス 5; +2/+2する。 ファンファーレ エンハンス 8; さらに+3/+3する。
天弓の天使・リリエルをはじめとした優秀なニュートラルの2コストフォロワーが多数存在するため、このカードの優先度はかなり低い。そのため、採用されることはほとんどない。
混沌のヴァルキリー
【ニュートラル】
3コスト3/2(進化後5/4)。
【進化前】 ファンファーレ 突進 守護の中から、ランダムに1つを持つ。
突進、守護のどちらが出ても優秀だとは言いづらい上に、ランダム性の高い効果を持つ。加えて2コストフォロワーに撃破されてしまいやすいステータスを持っており、ほとんど採用されることはない。
神罰
【ニュートラル】
5コストスペル。
攻撃力最大の相手のフォロワー1体を破壊する。(攻撃力最大のフォロワーが複数いるなら、その中からランダムに1体)
エンハンス 8; その後、相手リーダーに3ダメージ。
確定除去を採用するなら、死の舞踏など他のスペルの方が使い勝手が良い。神罰の優位性は潜伏フォロワーを倒すことができる点だが、活躍は少し難しい。
スットゥング
【ニュートラル】
6コスト3/2(進化後5/4)。
ファンファーレ 相手の場に選択できるアミュレットがあるなら、相手のアミュレット1つを消滅させる。
アミュレットがないなら、+3/+3する。
アンリミテッドにはエクスキューションオーディンなど、汎用性の高いアミュレット除去カードが多い。優先度はローテーションルールよりも更に落ちてしまうカードだ。
マルドゥーク
【ニュートラル】
7コスト7/7(進化後9/9)。
【進化前】 ファンファーレ 自分のリーダーは「スペルをプレイするたび、カードを1枚引く。アミュレットをプレイするたび、相手リーダーに2ダメージ。手札のフォロワーをプレイできない」を持つ。この能力は、このフォロワーが場を離れるとき失われる。
デッキ圧縮とダメージを狙えるフォロワーだが、コストが重く扱いづらい。フォロワーをプレイできなくなるデメリット効果もあるので、採用するならば専用のデッキになる。
魔界樹の下僕
【エルフ】
2コスト2/2(進化後4/4)。
【進化前】
攻撃時 フォロワーへ攻撃したなら、そのフォロワーを、次のターン攻撃不能にする。
攻撃したフォロワーを攻撃不能にするということは、そのフォロワーを処理していないため、後続で処理を行う必要がある。また突進などを持っていないため、即座に効果の発動を狙うならEPを必要とする点もかなりのネックだ。
オウルマン
【エルフ】
3コスト2/3(進化後4/5)。
【進化前】ファンファーレ エンハンス 7; +4/+0して潜伏を持つ。
同じ潜伏効果を持つフォロワーとしてイピリアが挙げられる。こちらは3コストフォロワーとしても扱える点が魅力だが、コストの重さや他に優先したい3コストカードが多い点を考慮すると、ほとんど採用されない。
エルフジェネラル
【エルフ】
4コスト3/4(進化後5/6)。
【進化前】 守護 ファンファーレ フェアリー1枚を手札に加える。
【進化後】守護
単体だけみれば悪くないカードだが、どのコンセプトのデッキとも特別相性が良いわけではない。優先して採用したい理由がないためこの評価となった。
オシャレ女王・ネルシャ
【エルフ】
4コスト3/4(進化後5/6)。
【進化前】
・天使のドレス
・悪魔のドレス
ファンファーレ チョイス したカード1枚を手札に加える。
チョイスによって加えられるカードの汎用性は高いものの、このカードと合わせて使うには5コストかかってしまいややテンポロス。採用されることはほとんどない。
森の囁き
【エルフ】
4コストスペル。
相手のフォロワー1体をフェアリーに変身させる。
フェアリー1枚を手札に加える。
手札の枚数を減らさずに、相手の厄介なフォロワー1体を弱体化させることができる。しかし特別採用したいデッキが見当たらず、ほとんど見かけることはない。
NEW!!翠嵐の斧使い
【エルフ】
7コスト6/5(進化後8/7)。
【進化前】
突進
ファンファーレ このバトル中、自分のリーダーは、「自分のターン終了時、このターン中にカードを3枚以上プレイしていたなら、相手のリーダーに2ダメージ」を持つ。(翠嵐の斧使いの能力が複数働いた場合、リーダーは同じ能力を複数持つ)
【進化後】
突進
ダメージソースとして悪くない性能を持つ。しかし、アンリミテッドは決着までが早く、このカードの効果が活きづらい。あまり採用されることはないだろう。
アックスプリンセス
【ロイヤル】
1コスト1/1(進化後3/3)。
【進化前】 自分がカードをエンハンス でプレイするたび、カードを1枚引く。
余ったコストでプレイしやすい点は優秀だが、効果を活かしづらい。ステータスが低く、アグロデッキでの優先度も低めのため、ほとんど採用されていないカードだ。
粗暴な豪剣士
【ロイヤル】
2コスト3/1(進化後5/3)。
【進化前】 ファンファーレ エンハンス 8; +4/4して、突進を持つ。
2コストフォロワーとして見た際には体力1が扱いづらく、エンハンス効果も優秀だとは言いづらい。他の2コストフォロワーを優先するべきだと言える。
静かなるメイド・ノーニャ
【ロイヤル】
3コスト2/3(進化後4/5)。
【進化前】守護
ファンファーレ 自分の場に指揮官・カードがあるなら、必殺を持つ。
【進化後】守護
状況によっては守護に加え必殺を持つため、悪くない効果だと言える。しかしロイヤルには優秀な3コストフォロワーが多く、このカードの優先度はかなり低くなっている。
マスターサムライ
【ロイヤル】
3コスト2/3(進化後4/5)。
【進化前】 ファンファーレ エンハンス 6; +2/+2して、「このフォロワーは、1ターンに2回攻撃できる」を持つ。
エンハンス効果を持つ3コストフォロワー。ステータスは標準的だが、エンハンス効果を発動させなければ効果を持たないフォロワーであるため、採用されることはほとんどない。
前線の城壁
【ロイヤル】
4コストアミュレット。
カウントダウン 3 相手のターン終了時、ヘヴィーナイト1体を出す。
ファンファーレ「相手の場のフォロワーの数」が自分より多いなら、ヘヴィーナイト1体を出す。
相手のターン終了時にヘヴィーナイトを出すことができるが、4コストでやりたい動きとは言えない。ファンファーレの効果が発動したとしても盤面を取り返すことが難しいため、現状活躍は難しい。
NEW!!スパルタクス
【ロイヤル】
6コスト4/5(進化後6/7)。
【進化前】
自分のターン終了時、兵士・フォロワーをランダムに2枚、自分のデッキから手札に加える。
ファンファーレ 自分のデッキの下にある死神のカードを勝利のカードに変身させる。
新たなる運命と組み合わせることで自身のデッキ切れを狙いやすくなるが、コンボが前提となっているため扱いづらい。加えて新たなる運命を3枚発動できたとしても、なかなかデッキ切れを起こすほどまでにはいかないことを考えると、ロマンの域を出ないだろう。
獣面の魔術師
【ウィッチ】
2コスト2/2(進化後4/4)。
【進化前】 交戦時 土の魔片1枚を手札に加える。
アンリミテッドには、ファンファーレで土の印を手札に加えられるドワーフアルケミストが存在する。そのためこちらが優先して採用される例はほとんどない。
天才魔法使い・エルザ
【ウィッチ】
3コスト2/3(進化後2/3)。
【進化後】進化時 インペリアルマンモス1体を出す。それは突進と「自分のターン開始時、このフォロワーは消滅する」をもつ。
土の秘術 そのインペリアルマンモスは守護 を持つ。
EPを使うことで大型フォロワーの除去を狙える点は嬉しい。しかしアンリミテッドでは、強力な進化時効果を持つ古き魔術師・レヴィなどが使えるため、ほとんど採用されることはない。
アイシクルランス
【ウィッチ】
3コストスペル。
体力2以下の相手のフォロワー1体を破壊する。
自分の場に進化後フォロワーがいるなら、カードを1枚引く。
スペルブースト 破壊する相手のフォロワーの体力+1
スペルブースト数によっては魔女の雷撃を上回るダメージを出せるが、現状優先的に採用したいデッキが見当たらない。アンリミテッドではあまり見かけないカードとなっている。
月影の魔法使い
【ウィッチ】
4コスト1/4(進化後3/6)。
【進化前】 ファンファーレ +1/+0する。 スペルブースト +1/+0
スペルブースト数に応じて攻撃力が伸びていくが、そもそもこのカードの効果はスペルを軸としたデッキとの相性が良いとは言いづらい。どちらのルールでも採用されることはほとんどない。
ストームレイジ
【ウィッチ】
5コストスペル。
相手フォロワー1体に3ダメージ。
その後、相手のリーダーと相手のフォロワーすべてに1ダメージ。
全体にダメージを与えることはできるものの、コストが重い。中盤以降でも扱いにくい場面が多いことから、あまり採用はされていない。
NEW!!オニオン軍団の長・バーゼント
【ウィッチ】
7コスト5/5(進化後7/7)。
【進化前】
ファンファーレ オニオン軍団1体を出す。
このバトル中、自分のリーダーは「自分がスペルをプレイするたび、オニオン軍団1体を出す」を持つ。リーダーはこの能力を重複して持たない。
採用するのであればスペルを軸としたデッキになるが、オニオン軍団の長・バーゼントをプレイする際のテンポロスが痛い。コストに対してのステータスも低く、ほとんど見かけることはないだろう。
屠竜の勇士
【ドラゴン】
2コスト3/1(進化後5/3)。
【進化前】 ファンファーレ 手札のドラゴン・カード1枚を、ドラゴンクローに変身させる。
主流のデッキタイプとはあまり噛み合わないほか、体力が1と低いのがネック。同コストに優秀なカードも多いため、ほぼ使われていない。
まどろみの白竜
【ドラゴン】
2コスト2/1(進化後4/3)。
【進化前/後】 ラストワード ドラゴンの卵1枚を手札に加える。
ステータスが低い上、効果はどのデッキでも優先されるようなものではない。特に採用したい理由は見当たらない。
竜装の大剣士
【ドラゴン】
3コスト2/3(進化後4/5)。
【進化前】 ファンファーレ 覚醒 状態なら、+1/+1して、必殺 を持つ。
覚醒状態でなければ効果が発動しないことに加え、進化しなければ即座に攻撃できない点が使いづらい。大鎌の竜騎バジリスクライダーといった優先度の高いカードも存在することもあり、採用されることは現状ほとんどない。
竜翼の暗殺者
【ドラゴン】
5コスト4/4(進化後6/6)。
【進化前】 突進 自分がフォロワー以外のカードをプレイするたび、+1/+0する。
フェイスドラゴンなどのアグロデッキと相性の良い効果を持つが、5コスト帯であればヒッポグリフの乗り手などの疾走フォロワーを優先したい。どちらのルールでもほとんど見かけることはない。
シャドウドラグーン・コーダ
【ドラゴン】
6コスト5/2(進化後7/4)。
【進化前/後】 このフォロワーは攻撃されない。
攻撃されない効果は魅力的だが、低い体力が足を引っ張り除去スペルなどで処理されてしまいやすい。コストも高く扱いづらいため、採用されることはほとんどない。
NEW!!竜鎧の戦士
【ドラゴン】
8コスト7/7(進化後9/9)。
【進化前】
守護
ファンファーレ このバトル中、自分のリーダーは「自分がフォロワー以外のカードをプレイするたび、相手のリーダーに1ダメージ」を持つ。」(竜鎧の戦士の能力が複数発動した場合、リーダーは同じ能力を複数持つ)
リントヴルムと相性の良い効果を持つが、アンリミテッドの速い環境に付いていきづらい。そのため、竜鎧の戦士も見かけることは少ないだろう。
リントヴルム
【ドラゴン】
10コスト10/10(進化後12/12)。
【進化前】
・聖竜・リントヴルム
・邪竜・リントヴルム
手札にあるとき、自分の残りPPが10で、自分がフォロワー以外のカードをこのバトル中に10枚以上プレイしていたならチョイスしたカードとしてプレイする。
ローテーションに比べて試合展開の早いアンリミテッドでは、チョイスの条件を満たすのがかなり難しい。他に優秀な疾走フォロワーも多く存在するため、見かけることは多くない。
悪戯な霊魂
【ネクロマンサー】
1コスト1/1(進化後3/3)。
ファンファーレ ネクロマンス 3; ゴースト1体を出す。
1/1とステータスが低い上、効果も墓場の消費量には釣り合わない。単純にカードパワーも低いため、採用されることはほとんどない。
NEW!!スカルデッドロード
【ネクロマンサー】
2コスト1/3(進化後3/5)。
【進化前】
ラストワード ランダムな自分のフォロワー1体は「ラストワード スケルトン1体を出す」を持つ。
【進化後】
ラストワード ランダムな自分のフォロワー1体は「ラストワード ゾンビ1体を出す」を持つ。
効果の分のフォロワーを考えると、合計ステータスが優秀といえる。ただし、そこまで優先して採用したいデッキがなくアンリミテッドでは見かけることは少なそうだ。
霊魂再生
【ネクロマンサー】
2コストスペル。
リアニメイト 3
エンハンス 8; さらにリアニメイト 5
2コストスペルとして扱った場合、コストの踏み倒しが行えるカード。ただし、2ターン目にプレイしづらいこともあり、採用されることは少ない。
ビッグソウルハンター
【ネクロマンサー】
3コスト2/3(進化後4/5)。
【進化前】 ファンファーレ 相手の場に攻撃力5以上のフォロワーがいるなら、ネクロマンス6 攻撃力5以上のランダムな相手のフォロワー1体を破壊する。
大型フォロワーへの対策として有用な効果を持つが、ネクロマンスの消費がやや重く扱いづらい。よろめく不死者ネクロアサシンなど、優秀な破壊効果を持つカードも多いため、ほとんど採用はされていない。
ポルターガイスト
【ネクロマンサー】
3コストスペル。
ゴースト2体を出す。
エンハンス 4; 自分のフォロワーすべては、「このフォロワーが消滅するとき、消滅ではなく破壊される」を持つ。
骸ネクロなどでの採用が考えられるが、競合に怨嗟の声が存在する。怨嗟の声と比べた際にこちらが勝っている点が少なく、アンリミテッドでも見かけることはあまりない。
巨腕のスケルトン
【ネクロマンサー】
4コスト4/3(進化後6/5)。
【進化前】
・スカルギガント
・ヘルロードスケルトン 手札にあるとき、自分の残りPPが8以上ならチョイス したカードとしてプレイする。(PPを8消費してプレイする)
どちらをチョイスしてもあまり強力だとは言えない。こちらを採用するのであれば、同じ8コストである不死の大王を優先するべきだろう。
夜想の死神
【ネクロマンサー】
5コスト4/4(進化後6/6)。
【進化前】 必殺
ラストワード 自分の墓場を+1する。
必殺を活かして大型フォロワーの除去を行えるが、EPを使わなければ活躍がしづらい。加えてネクロマンサーは4コスト帯など、中盤が膨れてしまいがちなデッキであり、ほとんど採用はされていない。
気紛れな蘇生者
【ネクロマンサー】
7コスト5/5(進化後5/5)。
【進化前】
・魔鎧の騎手
・骸骨の騎手
手札にあるとき、自分の墓場が6以上なら、ファンファーレ ネクロマンス 6; チョイス したカード1体を出す。
【進化後】自分の魔鎧の騎手、骸骨の騎手すべてを進化させる。
進化を使うことで2体除去を狙えるが、同じ7コスト帯には魔将軍・ヘクターが存在する。ネクロマンサーに不足しがちな回復を持っている点は嬉しいが、ほとんど採用されることはない。
NEW!!幽霊支配人・アーカス
【ネクロマンサー】
7コスト6/6(進化後8/8)。
【進化前】
ファンファーレ このバトル中、自分のリーダーは「自分が元のコスト3以下のフォロワーをプレイしたとき、それを破壊する。その後、ゴーストX体を出す。Xは「そのフォロワーの元のコストの値」である」を持つ。リーダーはこの能力を重複して持たない。
魅力的な効果を持っているが、プレイするターンに丸腰になってしまいがちな点がネック。7ターン目前後には勝負が決まってしまうことも多く、あまり見かけないカードになるだろう。
災厄の魔神
【ヴァンパイア】
9コスト7/7(進化後9/9)。
【進化前】 ファンファーレ お互いのリーダーに4ダメージ。
ファンファーレ能力で大きなダメージを与えることができるが、コストがあまりに重く扱いづらい。9ターン目にもなれば、自傷ダメージが仇となってしまうケースも多く、ほとんど採用はされていない。
デスサイズシスター
【ビショップ】
2コスト2/2(進化後4/4)。
【進化前】相手のターン中、必殺を持つ。
【進化後】進化前と同じ能力。
標準的なステータスを持つ2コストフォロワー。総じて悪くないカードではあるが、豊富にある2コストカードの中から、優先して採用される程のカードパワーはない。
相克の翼像
【ビショップ】
4コストアミュレット。
・純白の聖鳥
・漆黒の魔鳥
カウントダウン 2
ファンファーレ チョイス したカード1枚を出す。
ラストワード 自分の手札が3枚以下なら、相克の翼像1枚を手札に加える。
手札が3枚以下の時にラストワードが発動すれば、使い回すことも可能だが、どちらのフォロワーも強力だとは言い難い。そのため、採用されることはほとんどない。
リュカオン
【ビショップ】
5コスト5/4(進化後7/6)。
【進化前】 ファンファーレ 自分の手札のアミュレットが2枚以上なら、相手のリーダーか相手のフォロワー1体に2ダメージ。
ダメージを与える場所を選べる点は優秀だが、コストの重さやステータスが優秀だとは言いづらい。効果の発動条件もやや厳しいものになっているため、ほとんど見かけることはない。
NEW!!ツタンカーメン
【ビショップ】
6コスト6/4(進化後8/6)。
【進化前】
ラストワード 破壊される直前の体力が2以上だったなら、ツタンカーメン1体を出し、体力を1にする。
攻撃的な効果を持っているが、頂きの教会との噛み合わせが悪く、共存が難しくなっている。他に相性の良いデッキも特に見当たらないこともあり、採用されることはほとんどないだろう。
神の盾・ブローディア
【ビショップ】
8コスト5/5(進化後7/7)。
【進化前】 守護 ファンファーレ このバトル中、自分のリーダーは「自分の場にアミュレットがあるなら、自分のリーダーへの5以上のダメージは4になる。」を持つ。リーダーはこの能力を重複して持たない。
ギガントキマイラなどのバーストダメージ対策として採用が考えられるが、赤枝の聖騎士・ノイシュと比べた場合の扱いづらさが目立つ。そのため、採用されることはほとんどない。
冷酷な人形遣い
【ネメシス】
4コスト3/3(進化後5/5)。
【進化前】交戦時 操り人形1枚を手札に加える。
効果自体は悪くないものの、スペルや効果で処理されてしまった場合効果を発動できない。ゾンビパーティ対空射撃など、採用率の高い低コストスペル1枚で除去されてしまうため、あまり使われないカードとなっている。

ココロナキケットウ

NEW!!心無き決闘
【ネメシス】
5コストスペル。
・ロイド
・ヴィクトリア
チョイス したカード1体を出す。操り人形1枚を手札に加える。
エンハンス 7; チョイス したフォロワーは+0/+3されて、必殺を持つ。
状況に応じて、出すフォロワーを選べるできる点は嬉しい。しかし、5コストで3コストフォロワー+操り人形はコストパフォーマンスが悪く、活躍する場面はあまりないと言えるだろう。
消し去るもの
【ネメシス】
7コスト6/4(進化後8/6)。
【進化前】 「カードを自分のデッキに加える」能力が働くたび、ランダムな相手のフォロワー1体か相手のアミュレット1つを消滅させる。
生命の量産や製造術などと組み合わせて使うことで、強力な除去性能を発揮する。しかし7コストとやや重いため、活躍する場面はどうしても限られてしまう。
NEW!!魔導電磁サイ
【ネメシス】
7コスト0/7(進化後2/9)。
【進化前】突進
攻撃時 アーティファクト電磁サイ3枚をデッキに加える。
ファンファーレ +X/+0する。
Xは「自分のデッキに残っているアーティファクト・カードの枚数」である。
デッキ内のアーティファクトの枚数によっては大きな攻撃力を得ることができ、フィニッシャーとしての運用が望める。しかしコストが重く、基本的にはデウスエクスマキナの効果適用後でなければプレイしづらいため、あまり採用はされないだろう。

シャドウバース攻略wikiの他の記事

ローテションのデッキレシピ

アンリミテッドのデッキ

カード評価一覧

全カード評価

クラス別カード一覧

リセマラ情報

© Cygames, Inc.
※当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

この記事を読んだ人におすすめ
記事について指摘する

いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


みんなの一押し新カード

GameWithに登録して、
ゲーム仲間とつながろう!
はじめての方
新規登録 (無料)
会員の方
ログイン
コメントの続きを見る(117件)
攻略メニュー

速報/大会情報

リセマラ情報

新パック情報

カードの所持率をチェック

デッキ紹介

ローテーション

アンリミテッド

クラス別

カード評価一覧

全カード

クラス別

アリーナ情報

2Pickまとめ

2Pickカード評価

初心者情報

初心者まとめ

デッキ編成のコツ

アップデート/修正情報

その他

ゲームを探す
レビュー訴求
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中