シャドバ
シャドウバース攻略wiki
ミッドレンジネメシスのローテーション最新デッキレシピ

【シャドバ】ミッドレンジネメシスのローテーション最新デッキレシピ【シャドウバース】

最終更新 :
シャドバ攻略からのお知らせ
全てのアディショナルカードが公開!カード一覧はこちら!

「ミッドレンジネメシス(アーティファクトネメシス)」デッキの最新レシピを紹介しています。ローテーションのデッキレシピだけでなく、アンリミテッドのミッドレンジネメシス(アーティファクトネメシス)へのリンクもあります。また、相性や立ち回りなども掲載しているので、ご活用して下さい。

アンリミのミッドレンジネメシスはこちら

目次

ネメシスのローテーションデッキ一覧

ネメシスのデッキ一覧

GameWithのSNS機能が登場!

GameWithSNSは、GameWithからリリースされた新サービスです。シャドウバースなどをプレイしている最中のスクショを投稿できたり、周りの人がどんなゲームをやっているか見ることができます。

GameWithのSNSを始める

ミッドレンジネメシス(アーティファクトネメシス)の評価と概要

ミッドレンジネメシス(アーティファクトネメシス)の評価

評価点10 /10点
作成コストの目安
レシピ①
23,900
作成コストの目安
レシピ②
25,800
扱いやすさ★★・・・
アンリミテッドの他のデッキ一覧はこちら

ミッドレンジネメシス(アーティファクトネメシス)の概要

盤面制圧に長ける

デッキ内に複数枚のエンシェントアーティファクトを埋められるため、盤面制圧に長けたデッキとなっている。デウスエクスマキナに繋ぐことができれば、手札枯渇の心配もほとんどない。

疾走フォロワーでフィニッシュ

サンプルレシピ①はエンハンス造られし獣人・サフィラで、②はレディアントアーティファクトでのフィニッシュを狙うデッキとなっている。エンシェントアーティファクトで守護を剥がしやすくなっており、攻撃が防がれてしまうことも少ない。

10点の理由

1枚1枚のカードパワーが高い

アーティファクトはもちろん、ハクラビデウスエクスマキナなどカードパワーの高いカードが多数採用されている。単純なカードパワー、デッキパワーの高さを考慮して10点とした。

有利なデッキが多い

茨の森を苦手としており、エルフには不利が付いてしまっている。しかし、アーティファクト全般で盤面制圧に長ける上、序盤の展開力も高いため、多くのデッキに対して不利を取ることなく戦える。

ミッドレンジネメシス(アーティファクトネメシス)の相性傾向

サンプルレシピ①(サフィラ採用)

デッキコードを発行

※リンク先のシャドウバースポータルで、ご自身でデッキコードを発行してください。

サンプルレシピ②(サフィラ不採用)

デッキコードを発行

※リンク先のシャドウバースポータルで、ご自身でデッキコードを発行してください。

注目カードと採用理由

カード名説明
造られし命・ミリアム共鳴状態限定ではあるが、アーティファクトをデッキに埋める効果と手札に加える効果両方を行うことが出来るカード。状況に応じて使い分けたい。
ハクラビ共鳴/非共鳴状態に関わらず、デッキからアーティファクトをサーチできる効果を持つ。必ず共鳴状態に入ることができるため、デウスエクスマキナの効果適用後の調整役としても活躍する。
デウスエクスマキナ共鳴状態なら自分のターンが終了するたびに6枚ドローできる点が優秀。ミッドレンジ戦略と非常に相性がいい1枚だ。

入れ替え候補のカード

カード名説明
肉球砲の撃ち手デッキ内にエンシェントアーティファクトを加えることができる3コストフォロワー。ミッドレンジロイヤルなど、展開を意識したデッキに対して強力なので、環境によっては採用するのも悪くない。
人形遣いの糸全体に1ダメージを与えながら操り人形を手札に加える。エルフなどへの対策として採用したい。低コストカードとの入れ替え候補。
神秘の番人・スピネ人形遣いの糸同様、対エルフやミラーマッチ戦において強力な効果を発揮する。スピネのアーティファクトはラストワードでドローを行えるため、実質手札消費なしで展開できるのも嬉しい。

ミッドレンジネメシス(アーティファクトネメシス)のマリガン

1枚はキープしておきたいカード

カード名説明
製造術アナライズアーティファクトをデッキに埋めながら、1枚ドローを行えるカード。1ターン目に発動しておくことで、後続の造られし命・ミリアムや熱狂の機兵士の効果を活用できるようになる。
魔鉄の獅子非常にコストパフォーマンスの良いアナライズアーティファクトをデッキに加えられる2コストフォロワー。こちらも熱狂の機兵士などのサーチ効果を活かしやすくなるため、序盤にプレイしておきたいカードである。
熱狂の機兵士ファンファーレ能力でデッキからアーティファクトを加えられる効果が優秀。デッキの回転率を上げられるため、ぜひともキープしておきたい1枚だと言える。
デウスエクスマキナミッドレンジネメシスの核とも言える6コストフォロワー。コストはやや重いが、低コストフォロワーの多いこのデッキでは事故率もそこまで気にならない。

セットでキープしたいカード

カード名説明
造られし命・ミリアム後攻時に製造術とセットの場合、もしくは先攻時に魔鉄の獅子とセットでキープしたいカード。デッキの枚数を調整しなかった場合、先攻時には奇数ターンに、後攻時には偶数ターンに共鳴状態に入ることを覚えておこう。
ハーメルン魔鉄の獅子+造られし命・ミリアムor熱狂の機兵士とセットでキープしたいカード。デッキから加えたアナライズアーティファクトを増やすことで、横展開とラストワードでのドローを同時に進められる。

対アグロでキープしたいカード

カード名説明
すり替わり体力3以下のフォロワーを消滅させる扱いやすい効果に加え、細かい除去に役立つ操り人形を手札に加えられる点が優秀。アグロデッキの序盤の展開を捌くのに一役買ってくれる。

デッキの立ち回り

序盤の立ち回り

ハーメルンで複製を狙う

熱狂の機兵士などからアナライズアーティファクトを加え、それをハーメルンで増やす動きを狙っていきたい。盤面を強くできるだけでなくドローも進められるため、後の展開が安定する。

アーティファクトの埋め過ぎには注意

エンシェントアーティファクトは優秀な効果を持つものの、他のアーティファクトと異なりドローやサーチ効果を持たない。デウスエクスマキナが引き込めていない場合は、埋め込みすぎてドローを阻害してしまわないように気を付けよう。

中盤の立ち回り

デウスエクスマキナをプレイ

デッキのキーカードであるデウスエクスマキナは非常に強力な効果を持つため、優先的にプレイしていきたい。プレイできるかできないかで今後の展開が大きく変わり、手札の枚数も維持しやすくなる。

共鳴/非共鳴状態を調整

デウスエクスマキナの効果適用後は、手札と相談して製造術や熱狂の機兵士で共鳴/非共鳴状態を調整しよう。生命の量産でも調整が行えるが、どのアーティファクトを増やすのかはしっかりと考える必要がある。

終盤の立ち回り

盤面を取り続ける

デウスエクスマキナの効果を活かして、アーティファクトを大量展開していこう。さらに加速装置も設置しておくことで、アーティファクトが突進を持つため、盤面をかなり取りやすくなる。

加速装置を有効活用

デウスエクスマキナの効果が適用された状態で加速装置を発動することで、1コストのアーティファクトをプレイする度にPPを1回復することができる。この効果を上手く使うためにも、カードの発動順には気を付けておきたい。

疾走フォロワーでフィニッシュ

十分に相手フォロワーを処理し続けた後は、疾走フォロワーをプレイして相手リーダーのHPを削っていこう。この頃には相手が息切れしていることも少なくなく、そのまま勝ててしまうことも多い。

シャドウバース攻略wikiの他の記事

ローテーションのデッキレシピ

アンリミテッドのデッキレシピ

カード評価一覧

全カード評価

クラス別カード一覧

リセマラ情報

© Cygames, Inc.
※当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

この記事を読んだ人におすすめ
記事について指摘する

いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


みんなのコメント

GameWithに登録して、
ゲーム仲間とつながろう!
はじめての方
新規登録 (無料)
会員の方
ログイン
コメントの続きを見る(57件)
攻略メニュー

速報/大会情報

リセマラ情報

新パック情報

カードの所持率をチェック

デッキ紹介

ローテーション

アンリミテッド

クラス別

カード評価一覧

全カード

クラス別

アリーナ情報

2Pickまとめ

2Pickカード評価

初心者情報

初心者まとめ

デッキ編成のコツ

アップデート/修正情報

その他

ゲームを探す
レビュー訴求
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中