シャドバ
シャドウバース攻略wiki
進化ネクロの構築と採用候補について解説!

【シャドバ】進化ネクロの構築と採用候補について解説!【シャドウバース】

みんなの最新コメントを読む
最終更新 :
【シャドバ】進化ネクロの構築と採用候補について解説!【シャドウバース】

シャドウバースにおける進化ネクロの解説記事です。現在の進化ネクロのさまざまな構築や、採用候補に挙がるカードをまとめているので、参考にしてください。

更新日時2021/12/10

目次

はじめに

進化ネクロの構築を徹底分析

進化ネクロのバナー

12/10現在、環境トップクラスの強さを誇る進化ネクロは、構築の幅が非常に広い。本記事では進化ネクロの構築について悩んでいる人に向けて、進化ネクロの流行りの形と、採用候補カードについて解説している。デッキ構築の参考にして欲しい。

進化ネクロとは

進化ネクロ

▲6ターン目にして強力な盤面を展開。

カースメーカー・スージーの直接召喚やリアニメイトによって進化回数を稼ぎ、スケルトンレイダー虚無ノ哭風・グリームニルでの勝利を狙うデッキ。自動進化するカードが多く、進化回数5回であれば、6ターン目に達成していることもしばしば。

▶進化ネクロの詳細はこちら

確定枠と採用候補のカードまとめ

採用カードを分類

まずは、進化ネクロにおいて確定で採用されているカードと、採用候補のカードを分類してみた。大会で活躍したデッキなどを見比べて分類したので、人によっては確定枠と採用候補が違うとは思うが、1つの考えとして見てほしい。

確定枠

ほぼ確定枠

上画像は、ほとんどの人が2~3枚採用しているカードを並べたものである。妖しき薬師・シャオ死門を繋ぐ者などの枚数が減る場合もあるが、今回は画像内のカードと枚数を確定枠として話を進めていく。

採用候補

主な採用候補は11種類と、他デッキに比べるとかなり多い。この中からドロー、打点、回復などさまざまな観点で採用カードを決定していく。各カードをタップするとそれぞれの解説に移動するので、気になるカードはチェックしてほしい。

死門ベルエン確定型

サンプルデッキレシピ

死門ベルエン確定型
▶デッキリストはここをタップ

デッキの特徴

死門からベルエンを確定で出す

ラストワードを持つ2コスト以下のフォロワーを導く鐘・ベルエンジェルのみにすることで、死門を繋ぐ者からベルエンジェルを確定で出せるようにした構築。ボーンフリークを採用しているデッキよりも手札切れが少なく、安定した動きを行いやすい。

再誕がリソースカードになりやすい

忌まわしき再誕でベルエンジェルが確定で出せるので、盤面処理をしつつドローを進めることができる。進化ネクロの再誕は2ドローができない状態(ラストワード破壊数が5未満)でも使った方がいい場面が多いため、その恩恵を感じやすい。

攻略班ただし、記憶の軌跡で2コスト以下のフォロワーにラストワードを付与し、それが破壊されていると、ベルエンジェルが確定で出てこなくなるので注意が必要です。

ミラーマッチのダメージ量を緩和

進化ネクロミラーの際、中盤以降にラストワードでフォロワーを出すボーンフリークが場にいると、相手のスケルトンレイダーで大ダメージを受けてしまう。ボーンフリークを不採用にする直接の理由ではないものの、ミラーマッチの大打点を受けるリスクがわずかながら減る。

ピックアップ採用候補カード

記憶の軌跡

カード名能力
記憶の軌跡1コストスペル
カードを1枚引く。
自分のフォロワー2体は「ラストワード 自分のリーダーをランダムに1回復か2回復」を持つ。(2体を選択できるなら、プレイできる)

進化ネクロにとって貴重な回復カード。ラストワードの破壊数も増えるので、忌まわしき再誕も使いやすくなる。再誕でベルエンジェルを復活させたい場合、低コストを記憶の軌跡の対象にすると、そのフォロワーも復活対象になるので注意。

▲採用候補カード一覧に戻る

ソウルガイド

カード名能力
ソウルガイド2コスト2/1(4/3)
【進化前】
ファンファーレ 自分の場に他のフォロワーがいるなら、その中から1体を破壊して、カードを2枚引く。

リソース面で優秀なカード。スカルバンデットによって場に出たスケルトンなどを破壊することが多い。ベルエンジェルは破壊されづらいので、ラストワードのドローを発動させたいときに役立つことも。

▲採用候補カード一覧に戻る

スカルバンデット

カード名能力
スカルバンデット2コスト2/2(4/4)
【進化前】
交戦時 スケルトン1体を出す。
ファンファーレ ネクロマンス 4; 突進必殺 を持つ。
【進化後】
進化前と同じ能力。(ファンファーレ 能力を除く)

交戦時能力で墓場を稼ぎやすい上に、ネクロマンスを消費して盤面処理もできる、小回りの効くカード。序盤から終盤まで使いやすい性能と言える。

攻略班個人的な意見ではありますが、スカルバンデットは確定枠寄りのカードだと思っています。
▲採用候補カード一覧に戻る

セレスト・マグナ

カード名能力
セレスト・マグナ6コスト3/5(5/7)
【進化前】
結晶 2;カウントダウン 2
ファンファーレ 相手のターン終了まで、相手のリーダーは「自分のリーダーの体力を回復する値は1になる」を持つ。
ラストワード セレスト・マグナ1体を出す。
----------
ファンファーレ 相手のターン終了まで、相手のリーダーは「手札のスペルとアミュレットをプレイできない」を持つ。
ラストワード リアニメイト 2
【進化後】
進化前と同じ能力。(ファンファーレ 能力を除く)

デッキ構築の自由度が高いので、エルフに対する強力なメタカードとしてセレスト・マグナを採用しやすい。2ターン目に結晶でプレイすることもでき、腐りづらい。

▲採用候補カード一覧に戻る

鋼鉄の希望採用型

サンプルデッキレシピ

鋼鉄の希望型
▶デッキリストはここをタップ

デッキの特徴

鋼鉄の希望がデッキコンセプトとマッチ

ドローとネクロマンス消費を同時に行う鋼鉄の希望を採用し、デッキの安定感を向上させた構築。鋼鉄の希望を採用しているデッキは、死門→ベルエンジェル確定になっていることが多い。

アイアロンの残骸の枚数は減少傾向

鋼鉄の希望は、アイアロンの残骸で確定サーチができるので、セットで採用すると動きの再現性が高くなる。ただし、鋼鉄の希望を手札に加えるまでのタイムラグが気になる。最近はアイアロンの残骸を不採用にし、鋼鉄の希望のみ採用する人が多い

ピックアップ採用候補カード

鋼鉄の希望

カード名能力
鋼鉄の希望1コストスペル 機械
ネクロマンス 2;カードを1枚引く。
エンハンス 7;「このバトル中に破壊された自分の機械・フォロワー」と同名のフォロワーを、コスト最大から順にコストが異なるように1体ずつ、場が上限枚数になるまで出す。

ネクロマンス消費とドローを両立できるスペルで、進化ネクロではエンハンスでの使用は無い。手札を減らさずにカースメーカー・スージーの直接召喚に貢献できるのがGOOD。ネクロマンスが2と少なめなのがややネックと言える。

▲採用候補カード一覧に戻る

アイアロンの残骸

カード名能力
アイアロンの残骸1コストアミュレット 機械
カウントダウン 1
ファンファーレ リペアモード1枚を手札に加える。
ラストワード 自分のターンなら、機械・カード(アイアロンの残骸を除く)をランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える。相手のターンなら、カードを1枚引く。

アイアロンの残骸→鋼鉄の希望と繋ぐことで墓場、ネクロマンス消費、ドロー、ラストワードの破壊数を稼ぐ事が可能。デッキの特徴箇所でも述べたように、鋼鉄の希望を手札に加えるまでのタイムラグがあるため、使いどころが序盤に限られるのが難点。

▲採用候補カード一覧に戻る

ボーンドミネーター

カード名能力
ボーンドミネーター8コスト5/5(7/7)
【進化前】
アクセラレート 1;カードを1枚引く。葬送 したなら、自分のリーダーを2回復。
----------
守護
ファンファーレ 最果ての骸1体を出す。
【進化後】
進化前と同じ能力。(ファンファーレ 能力を除く)

素引きしてしまったスージーをアクセラレートで葬送し、妖しき薬師・シャオケルヌンノスでリアニメイトできる。1コストで墓場を2増やせるのも嬉しく、また進化ネクロに少ない回復カードとしても役立つ。

▲採用候補カード一覧に戻る

虚無の堕天使・ルシフェル

カード名能力
虚無の堕天使・ルシフェル10コスト6/6(8/8)
【進化前】
自分のターン中、これが自分のデッキから手札に加わるとき、Xが1以上なら公開して、このコストを-Xする。Xは「このバトル中、自分のフォロワーが進化した回数」である。
自分のターン中、自分のフォロワーが進化したとき、自分の手札のこのコストを-1する。
----------
相手の能力で選択できず、攻撃されない。
【進化後】
相手の能力で選択できず、攻撃されない。
進化時 相手のリーダーと相手のフォロワーすべてに3ダメージ。

スケルトンレイダーやグリームニルに次ぐフィニッシャーとして採用されることがある。流行りのエルフやネクロはルシフェルを処理するのが難しく、次のターンにフィニッシュを狙える。とはいえ使い勝手としてはそこまでよくはないため、採用に関して意見が分かれやすい。

攻略班相手のターン中にこちらのベルエンジェルが倒され、ルシフェルが手札に加わったときはコストが下がらない点に注意しましょう。
▲採用候補カード一覧に戻る

前寄せ型(ボーンフリーク採用型)

サンプルデッキレシピ

前寄せ型
▶デッキリストはここをタップ

デッキの特徴

序盤から攻める

アディショナル実装直後に流行したタイプで、序盤から積極的に体力を削っていく構築。スケルトンレイダーやグリームニルを引いた枚数が少なくても勝ち切りやすい構築だが、リソース補充やネクロマンスがやや安定しづらい。

攻略班忌まわしき再誕でベルエンジェルを確定で出るメリットなどを考慮して、ボンフリ採用型は減少傾向にあります。

ボーンフリーク

カード名能力
ボーンフリーク1コスト1/1(3/3)
【進化前】
ラストワード ネクロマンス 1; スケルトン1体を出す。
ファンファーレ エンハンス 6; スカルギガントに変身する。
【進化後】
ラストワード ネクロマンス 1; スケルトン1体を出す。

盤面にフォロワーを複数展開する状況を作りやすく、記憶の軌跡ソウルガイドを扱いやすい。死門を繋ぐ者のファンファーレ能力で出るフォロワーが6枚あるので死門から何も出ない事故は起こりづらいものの、ベルエンジェルが出ずリソース不足に陥るデメリットもある。

▲採用候補カード一覧に戻る

デッドスタンピード

カード名能力
デッドスタンピード3コストスペル
ゾンビ1体を出す。それは疾走 を持つ。
ネクロマンス 6; 1体ではなく2体。

ネクロマンス消費カードでありつつ、3コストで4打点を稼げるカード。カースメーカー・スージーの攻撃時効果でバフすれば、さらに打点が伸びる。早期決着に貢献するカードなので、デッキタイプに関わらず採用されることが増えてきている。

▲採用候補カード一覧に戻る

その他の採用候補カード

ユピテル

カード名能力
ユピテル6コスト4/6(6/8)
【進化前】
守護
ファンファーレ 相手のフォロワー1体を消滅させる。カードを1枚引く。自分のPPを2回復。「このバトル中、自分のフォロワーが進化した回数」が5回以上なら、2回復ではなく4回復。自分のリーダーを4回復。
【進化後】
進化前と同じ能力。(ファンファーレ 能力を除く)

進化ネクロに足りない回復や守護といった防御面を補強してくれる。進化関連のカードではあるが、ネクロマンスや進化回数などに直接貢献しないので、採用したとしても1枚に抑えられることが多い。

▲採用候補カード一覧に戻る

現時点での攻略班の構築

12/10時点で攻略班が使っているデッキ

攻略班
▶デッキリストはここをタップ

ドロソ多めの構築

死門ベルエン確定型をベースとし、安定感を重視してデッキを組んでいる。採用枚数が抑えられがちなソウルガイドも3枚にして、できる限りキーカードを引き込める確率を上げている。

攻略班とはいえドローが過剰なような気もするので、ソウルガイドを2枚に試したりもしています。

鋼鉄の希望は不採用

鋼鉄の希望は、現段階では不採用としている。理由としては、シャオやスカルバンデットなど、他の優秀なネクロマンスカードに墓場を優先させた方がいいと考えているからだ。

1枚採用の意図

デッドスタンピードとボーンドミネーターは、場面次第では強力に使えるカードということでそれぞれ1枚ずつ採用している。この構築はかなり山札を掘れるので、こうした1枚採用のカードも引き込める確率は高い。

スタン落ちの影響はなし

12月末の新パック追加と同時にレヴィールの旋風がスタン落ち。その関係で、採用候補のボーンフリークとルシフェルは使えなくなるが、攻略班の構築には入っていない。もちろん新カード次第ではあるが、新弾追加後も遊べるデッキになっている。

スタン落ちのカード一覧と解説

シャドウバース攻略の他の記事

ローテーションのデッキ

ローテーションのTier上位デッキ

ローテーションの全デッキはこちら以降のローテーションのTierはこちら

関連記事まとめ

全カード一覧

全カード評価一覧 | 検索機能付き!

直近に作成/更新した注目記事

アンリミグランプリ用のおすすめ格安デッキを紹介!
アンリミグランプリ用のおすすめ格安デッキを紹介!
実績(連勝・大会優勝)デッキまとめ
実績(連勝・大会優勝)デッキまとめ
JCG OPEN20 Vol.9 優勝デッキと結果まとめ
JCG OPEN20 Vol.9 優勝デッキと結果まとめ
イベント速報・最新情報まとめ
イベント速報・最新情報まとめ
グランプリを解説|OOS アンリミテッド杯
グランプリを解説|OOS アンリミテッド杯
この記事を書いた人

© Cygames, Inc.
※当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。
▶シャドウバース公式サイト

攻略記事ランキング
  1. ローテーション最強デッキランキング
    ローテーション最強デッキランキング
    1
  2. アンリミテッド最強デッキランキング
    アンリミテッド最強デッキランキング
    2
  3. 進化守護ビショップのローテーションデッキレシピと立ち回り
    進化守護ビショップのローテーションデッキレシピと立ち回り
    3
  4. セッカエルフのローテーションデッキレシピと立ち回り
    セッカエルフのローテーションデッキレシピと立ち回り
    4
  5. JCG OPEN20 Vol.9 優勝デッキと結果まとめ
    JCG OPEN20 Vol.9 優勝デッキと結果まとめ
    5
もっとみる
この記事へ意見を送る

いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


ゲームを仕事に!
攻略メニュー
攻略メニュー
イベント情報
アップデート/修正情報
デッキ一覧
ローテーションまとめ
ローテーションTier1
アンリミテッドまとめ
アンリミテッドTier1
その他のデッキ記事
アリーナ情報
グランプリまとめ
2Pickまとめ
2Pickカード評価
カード情報
初心者情報
リセマラ情報
初心者まとめ
デッキ編成のコツ
その他
その他のゲーム攻略
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中
×