0


twitter share icon line share icon

【シャドバ】RAGE2022Winter プレーオフ進出者データまとめ!【シャドウバース】

最終更新 :
みんなの最新コメントを読む
【シャドバ】RAGE2022Winter プレーオフ進出者データまとめ!【シャドウバース】

シャドバ攻略からのお知らせ

RAGE 2022 Winterにてプレーオフに進出したデッキをまとめています。クラスやデッキタイプ別の使用数などのデータに加え、使用者が多かったデッキについての考察もしています。

目次

RAGE2022 Winterを考察!

RAGE2022 Winter

11月12日に行われたRAGE2022 Winterの2次予選にて、見事プレーオフに進出したデッキを掲載!クラスやデッキタイプ別の使用数などのデータに加え、各デッキの考察もしているので参考にしてほしい。

RAGEプレーオフ進出者のデータ

プレーオフ進出者22名のデッキはこちら

クラス使用数(22名中)

クラス使用人数使用率
ネメシス16名72.73%
ロイヤル13名59.09%
ビショップ8名36.36%
ウィッチ6名27.27%
ネクロマンサー1名4.55%

デッキタイプ別使用数

人形ネメシス16名
威光ロイヤル13名
スペルウィッチ6名
回復ビショップ4名
結晶ビショップ4名
進化ネクロ1名

リーダー組み合わせ

クラス1クラス2使用人数
(使用率)
ロイヤルネメシス11名
(50.00%)
ウィッチビショップ4名
(18.18%)
ビショップネメシス3名
(13.64%)
ロイヤルウィッチ1名
(4.55%)
ロイヤルビショップ1名
(4.55%)
ウィッチネメシス1名
(4.55%)
ネクロマンサーネメシス1名
(4.55%)

本大会の環境考察

アグロとOTKの2種類のフィニッシュプランで対応力の高い威光ロイヤルと、序盤の除去力が高く威光ロイヤルに有利な人形ネメシスの使用率が特に高く、半数の選手がこの2デッキを選択していた。次点で、人形ネメシスに対して戦いやすいスペルウィッチ回復ビショップを選択した選手が多かった。

人形ネメシスの採用カードについて

人形ネメシス

▲LVS|Era53選手が使用した人形ネメシス。

神器鳴動の採用に注目

プレーオフに進出した多くの選手が神器鳴動を採用していた。ナーフによって採用率が大きく減少したカードだったが、ギルティ・シールドのダメージカットが神速のクイックブレーダー真理の大文豪・ユキシマなどによるOTKに強いことが評価されて、再び注目を集めている。

決定力を上げるカードの採用

人形ネメシスは回復力の高いデッキを相手にする場合、打点が不足することが多い。この弱点を補うために、クロックワークマギ・リヒトジェットパックガンナーマリオネットダーリンなどを採用して、決定力を上げる工夫をしている構築が多数見受けられた。

レパードグラップラー採用の威光ロイヤル

威光ロイヤル

▲LVS|Era53選手が使用した威光ロイヤル。

威光ロイヤルを使用したプレーオフ進出者のうち、約半数がレパードグラップラーを採用していた。リソース不足に陥りやすいという威光ロイヤルの弱点を補えることを評価して、レパードグラップラーを採用するプレイヤーが増えてきている。

構築の自由度が高いスペルウィッチ

今期のスペルウィッチは構築の自由度が高く、プレーオフ進出者の中でも採用カードが分かれていた。大きく分けると、ウーラノスを3枚採用した構築、管弦の魔術師+ブレードレインのギミックを採用した構築、アルティメットバハムートを採用した構築の3種類がプレーオフ進出を果たした。

ウーラノス3枚採用型

ウーラノス3枚採用型

▲ののさん選手が使用したスペルウィッチ。

プレーオフ進出者の半数がウーラノスを3枚採用していたことから、最もオーソドックスな構築だといえる。ウーラノスは攻守にわたって活躍できる優秀なカードだが、対策されやすいことがやや気がかりではある。

管弦の魔術師+ブレードレイン採用型

管弦の魔術師+ブレードレイン採用型

▲ぱらちゃん選手が使用したスペルウィッチ。

管弦の魔術師+ブレードレインのギミックを採用すると、回復力が高くなる上に、手札次第ではOTKも可能になる。しかし、序盤のスペルブーストに関わるカードの枚数が少なくなってしまうので、他の型に比べると手札事故が起こりやすいことが難点だ。

アルティメットバハムート採用型

アルティメットバハムート採用型

▲きょうま選手が使用したスペルウィッチ。

アルティメットバハムートは、5ターン目以降になると手札を減らせる1コストスペルとして使用できる上に、直接召喚によって強力な盤面形成が可能になる。しかし、ウーラノスの打点を上げてしまうという欠点があるので、回復ビショップのようなウーラノス入りのデッキを相手にする場合は注意が必要だ。

耐久力の高い回復ビショップ

回復ビショップ

▲Mr.MayG選手が使用した回復ビショップ。

プレーオフに進出した選手のうち4名が回復ビショップを使用していた。高い回復力と、ダメージを抑えられるインペリアルセイントの存在により、打点が限られている人形ネメシスなどに強いことを評価して持ち込むに至ったのだろう。

ジャンヌ採用の結晶ビショップに注目

RAGE2022Winter プレーオフ進出者データまとめ!の画像

▲ぱらちゃん選手が使用した結晶ビショップ。

結晶ビショップを使用してプレーオフ進出を決めた4選手のうち半数が救済の聖女・ジャンヌを採用していた。ジェムストーン・ウィンギーで疾走を付与したジャンヌに進化を切ると、盤面を一掃しながら相手の体力を削れるので、4枚目以降のダイヤモンドマスターのように使えることを評価したのだろう。

進化ネクロを使用した選手も

進化ネクロ

▲トト選手が使用した進化ネクロ。

友魂の少女・ルナのスタン落ち以降、使用者がめっきりと減った進化ネクロを選択してプレーオフ進出を決めた選手もいる。人形ネメシス威光ロイヤルのような盤面展開を得意とするデッキが多い環境なので、スケルトンレイダーを強く使いやすいことが追い風となっているようだ。

攻略班ネクロマンス消費と無料進化ができるうえに、ダメージカットも可能なマッドネスリーパーを3枚採用することで、ルナのスタン落ちの埋め合わせをしているデッキ構築にも注目です。

シャドウバース攻略の他の記事

新環境のデッキリストまとめ

関連記事まとめ

全カード一覧

全カード評価一覧 | 検索機能付き!

直近に作成/更新した注目記事

アディショナルカード一覧と追加日
アディショナルカード一覧と追加日
ヒーローズ・オブ・シャドウバースのアディショナルカードを先行
ヒーローズ・オブ・シャドウバースのアディショナルカードを先行
「ヒーローズバトル」先行プレイレポート|戦略性に富む新フォー
「ヒーローズバトル」先行プレイレポート|戦略性に富む新フォー
「Gods of the Arcana」の新カードを先行公開
「Gods of the Arcana」の新カードを先行公開
ヒーローズ・オブ・シャドウバースの新カード一覧
ヒーローズ・オブ・シャドウバースの新カード一覧
この記事を書いた人
この記事へ意見を送る

いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


公式Discordサーバーに参加しよう!
当ゲームタイトルの権利表記

© Cygames, Inc.
※当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。
▶シャドウバース公式サイト

会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中
GameWithからのお知らせ
攻略 メニュー
攻略メニュー
アップデート/修正情報
デッキ一覧
ローテーションまとめ
ローテーションTier1
アンリミテッドまとめ
アンリミテッドTier1
その他のデッキ記事
アリーナ情報
グランプリまとめ
2Pickまとめ
2Pickカード評価
カード情報
初心者情報
リセマラ情報
初心者まとめ
その他
その他のゲーム攻略
×