シャドバ
シャドウバース攻略wiki
ミッドレンジ教会ビショップのローテーション最新デッキレシピ

【シャドバ】ミッドレンジ教会ビショップのローテーション最新デッキレシピ【シャドウバース】

最終更新 :

「ミッドレンジ教会ビショップ」デッキの最新レシピ記事になります。ローテーションのデッキレシピだけでなく、アンリミテッドのミッドレンジ教会ビショップへのリンクもあります。また、相性や立ち回りなども掲載しているので、お役立て下さい。

目次

ビショップのローテーションデッキ一覧

ビショップのデッキ一覧

ミッドレンジ教会ビショップの評価と概要

ミッドレンジ教会ビショップの評価

評価点9.5 /10点
作成コストの目安60,400
扱いやすさ★★★・・
ローテーションの他のデッキ一覧はこちら

ミッドレンジ教会ビショップの概要

ビショップの中速デッキ

ミッドレンジ教会ビショップは、盤面を有利な状態で進め、最後に疾走などで勝負を決める中速のデッキ。有利交換が狙えるカードを複数枚採用することで盤面を取られにくくしている。

一気に打点を出せるコンボがある

頂きの教会ヘヴンリーナイトを共に使うことで、即座に7点を出すことが可能。進化できれば一気に9点を与えられるので、終盤はこの2枚を使ったコンボを積極的に狙いたい。

ミッドレンジ教会ビショップの相性傾向

不利なデッキがほとんどない

展開力、除去性能ともに高いものを備えており、ほとんどのデッキに対して有利に立ち回ることができる。しかし序盤はアミュレット設置がメインとなるため、展開の早いアグロロイヤルには押し切られてしまうことも少なくない。

サンプルレシピ

デッキレシピ

デッキコードを発行

※リンク先のシャドウバースポータルで、ご自身でデッキコードを発行してください。

注目カードと採用理由

カード名説明
頂きの教会ビショップフォロワーが、攻撃時に体力の値で攻撃できるようになるアミュレット。2枚目以降はドローソースとして使えるので無駄がない。
希望導く聖乙女・ジャンヌ3コストとして序盤に使えるほか、終盤では全体除去として活躍するカード。優秀な全体除去のテミスの審判がないローテーションでは特に重宝するカードだ。
ヘヴンリーナイト頂きの教会が場にあれば、進化込みで9点疾走として使うことができる。1枚で相手リーダーの体力の大部分を持っていけるアタッカーだ。

入れ替え候補のカード

カード名説明
相克の翼像ファンファーレで状況に応じたフォロワーをチョイスできる4コストアミュレット。疾走を持つ漆黒の魔鳥を選択することで、フィニッシュとしても活躍する。白翼の守護神・アイテールなどとの入れ替え候補。
ペガサスデュラハンラストワード効果を上手く扱うことができれば、より強力な盤面を形成できるようになる。自身のフォロワーすべてを回復する効果もこのデッキと相性が良い。鉄槌の僧侶との枚数調整候補。
ヘヴンリーイージス戦いが終盤までもつれた際、絶大な力を発揮する9コストフォロワーであり、白翼の守護神・アイテールから繰り出す動きが強力。三月ウサギのお茶会などとの入れ替え候補。

教会ビショップのマリガン

キープしたいカード

カード名説明
星導の天球儀このカード1枚で2枚のカードを手札に加えられるため、手札枚数を増やすことができる。中盤以降の選択肢に幅を持たせられる優秀なカードだ。
スノーホワイトプリンセス単純にカードパワーの高い2コストフォロワー。体力3のフォロワーまで処理できるため、序盤の盤面で優位に立ちやすい。
詠唱:聖獣への誓い4/4とステータスの高い、ホーリーフレイムタイガーを展開できる。序盤に置いておくことで、中盤での大量展開を目指せる強力なアミュレットだ。
詠唱:宝石の甲羅スノーホワイトプリンセスと合わせることで早いターンからラストワードを発動させることが可能。盤面を強力にすることができる。

対アグロでキープしたいカード

カード名説明
漆黒の法典扱いやすい除去効果を持っているため、アグロ〜ミッドレンジタイプのデッキに対して効果的。効果は破壊ではなく消滅となっているため、厄介なラストワードを持つフォロワーへの対策としても有効だ。
鉄槌の僧侶EPを使うことで2体の除去が狙える4コストフォロワー。相手にアグロデッキが想定される場合且つ後攻であれば、ぜひキープしておきたいカードとなる。

デッキの立ち回り

序盤の立ち回り

ドローを進める

序盤戦では今後の選択肢を増やすためにも、星導の天球儀ホワイトダイヤモンドを展開し、ドローを進めていこう。ただし闇雲にアミュレットを置きすぎてしまうと、盤面が埋まってしまうこともあるので意識しておきたい。

同時展開を狙う

各アミュレットはカウントダウンを意識し、できるだけ中盤での同時展開を狙っていきたい。特に詠唱:宝石の甲羅は4ターン目に設置しておけば、次のターンの進化で開放することができるため、基本的には4ターン目に置きたいカードとなる。

頂きの教会の発動には注意

体力の高いフォロワーを多く採用しており、頂きの教会と相性の良いカードが多い。ただし然ることながら、ダメージを受けた場合は実質的な攻撃力が下がってしまうため、発動するかどうかはしっかりと見極める必要がある。

中盤の立ち回り

盤面を強くすることを意識する

中盤戦でも鉄槌の僧侶三月ウサギのお茶会の進化時効果などを活かして、盤面を強くするように立ち回ろう。また明転の牡鹿・ケリュネイアも盤面の取り合いに長けた優秀な効果を持っているため、積極的にプレイしていきたい。

アイテールで体力を上げる

白翼の守護神・アイテールはデッキからフォロワーを出す効果に加え、自分の他のフォロワーすべての体力を1上げることができる。頂きの教会が場にあれば打点の底上げとしても活躍する、幅広い用途を持った1枚だ。

終盤の立ち回り

暗転の牡鹿・ケリュネイアの効果を活用

暗転の牡鹿・ケリュネイアは、自分のアミュレットすべてのカウントダウンを2進められる。7ターン目には5ターン目に発動した三月ウサギのお茶会のカウントダウンが2になっているため、詠唱:聖獣への誓いなどと組み合わせての大量展開が狙える。

ヘヴンリーナイトの疾走でフィニッシュ

頂きの教会が場にあれば、ヘヴンリーナイトは7ダメージを与えられる疾走フォロワーとなる。ただし、白翼の守護神・アイテールの効果で場に出した際は、疾走を持たない点には注意しておこう。

シャドウバース攻略wikiの他の記事

ローテーションのデッキレシピ

アンリミテッドのデッキレシピ

カード評価一覧

全カード評価

クラス別カード一覧

リセマラ情報

© Cygames, Inc.
※当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

この記事を読んだ人におすすめ
記事について指摘する

いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


みんなのコメント

GameWithに登録して、
ゲーム仲間とつながろう!
はじめての方
新規登録 (無料)
会員の方
ログイン
コメントの続きを見る(32件)
攻略メニュー

速報/大会情報

リセマラ情報

新パック情報

カードの所持率をチェック

デッキ紹介

ローテーション

アンリミテッド

クラス別

カード評価一覧

全カード

クラス別

アリーナ情報

2Pickまとめ

2Pickカード評価

初心者情報

初心者まとめ

デッキ編成のコツ

アップデート/修正情報

その他

会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中