シャドバ
シャドウバース攻略
ミッドレンジロイヤルの立ち回りを徹底解説(ローテーション)
【シャドバ】ミッドレンジロイヤルの立ち回りを徹底解説(ローテーション)【シャドウバース】

【シャドバ】ミッドレンジロイヤルの立ち回りを徹底解説(ローテーション)【シャドウバース】

最終更新 : シャドバ攻略班
シャドバ攻略からのお知らせ
ローテーションのTierランキングはこちら!
おすすめの関連記事

ローテーションの「ミッドレンジロイヤル」デッキの解説記事です。基本的な立ち回りや特殊な立ち回りに加え、実際の盤面なども掲載しているので、参考にしてください。

更新日時2019/05/02
ミッドレンジロイヤルの関連記事
デッキ構築解説
マリガン解説立ち回り解説

目次

はじめに

ミッドレンジロイヤルを紐解く

本記事ではローテーションのミッドレンジロイヤルにフォーカスを当て、徹底解説していく。構築編・マリガン編・立ち回り編の3記事に分かれる予定なので、興味を持った方はぜひ他の記事にも目を通してみて欲しい。

これが正解というわけではない

本記事はあくまで1ユーザーの考えであって、正解というわけではない。デッキを自分好みに調整していくのもカードゲームの醍醐味なので、あくまで参考程度に、試行錯誤してみるのも面白いだろう。

立ち回りのポイント

キーカード「白刃の剣舞」

中盤の攻勢を後押し

拡大する
▲潜伏に対応できるのも大きなメリット。

白刃の剣舞はエンハンスでプレイすることで、打点を引き上げながら相手の盤面を処理する、攻守一体のカードとなる。

代表的なのは月の刃・リオードとの組み合わせで、進化時に手に入る隠伏天誅と合わせて6点までの体力に対応しながら、5/7という処理の難しいスタッツを押し付けることが可能だ。

アサシンの活用が鍵

月の刃・リオードから加わるアサシン、または黒の女王・マグナスを活用することで、エンハンス白刃の剣舞が発動しやすくなるのもポイント。

ビッグソウルハンター冥河の案内人、白刃の剣舞といったカードこそ存在するものの、基本的に現環境では、いずれのリーダーも潜伏フォロワーへの対処を苦手としているのも追い風となっている。

守りのカードとしても活躍

エンハンスだけでなく、2コストでのプレイももちろん強力。後攻4ターン目に2コストフォロワー進化+白刃の剣舞で盤面を一掃したり、終盤にエンハンスオクトリスや高潔なる騎士・レイサムと組み合わせることで、守りの札としても機能する。

白刃の剣舞の使い方一例

  • 2コスト進化+白刃の剣舞(後攻4T)
  • 月の刃・リオード+エンハンス白刃の剣舞
  • 潜伏フォロワー+エンハンス白刃の剣舞
  • ドラゴンナイツ+白刃の剣舞
  • エンハンスオクトリス+白刃の剣舞(8T)
  • 高潔なる騎士・レイサム+白刃の剣舞(10T)

1コストフォロワーは大切に

1ターン目のプレイは非推奨

ALT期にはアグロプランを採ることも多かったミッドレンジロイヤルだが、今環境ではオースレスナイトの不採用や、回復が得意なリーダーの台頭もあって、アグロプランが成立することは少ない

そのためスカイセイバーリーシャの効果起動にも役立つ1コストフォロワーは、蝙蝠ヴァンプなど一部の相手を除き、1ターン目のプレイは非推奨だ。

レイピアマスターについて

複数のエンハンスを持っているため、プレイのタイミングを選ばない汎用性の高いカード。ミラーマッチの先攻4ターン目で3/3必殺を立てる動きは、簒奪の蛇剣の枚数が減っている現環境ではかなり通りやすいので、是非とも覚えておきたい。

クイックブレーダーについて

デッキ内に存在するカードの中で、唯一10PPでのスカイセイバーリーシャ+トワイライトソードの動きを可能にする1コスト(絶望の使者・セリアでナイトを回収することでもこちらの動きは可能)。

他にも終盤に絶望の使者・セリアの打点を引き上げたり、高潔なる騎士・レイサムの効果適用後には実質1コスト2ダメージとして活躍したりと、1コストながら中盤から終盤の役割もかなり多い。

白と黒の決闘のチョイス

白の王・イメラ

ミラーマッチの先攻では、相手の3/2/3を咎めることができる白の王・イメラをチョイスすることが多い。また稀にではあるが、後攻でも相手の4ターン目レイピアマスターが厳しい手札の場合、白の王・イメラをチョイスするケースも存在する。

聖獅子ビショップでは、ほぼ白の王・イメラをチョイスすることになる。聖獅子ビショップには黒の女王・マグナスの効果を無視して処理できる漆黒の法典安息の狂信者アサルトプリーストが採用されており、効果を活かせる場面がかなり少ない。

黒の女王・マグナス

一方でミッドレンジネクロや蝙蝠ヴァンプに対して効果的なのが黒の女王・マグナス。

ミッドレンジネクロ相手には永遠の花嫁・セレス冥界の番犬・ケルベロスに対する解答になり、蝙蝠ヴァンプ相手には姦淫の絶傑・ヴァーナレクのファンファーレが起動する6ターン目前後まではかなりいやらしい働きをしてくれる。

基本的なチョイス先まとめ

白の王・イメラ・対ミッドレンジロイヤル(先攻)
・対聖獅子ビショップ
黒の女王・マグナス・対ミッドレンジロイヤル(後攻)
・対ミッドレンジネクロ
・対蝙蝠ヴァンプ

アサシンの活用

高打点を予約

白刃の剣舞の項でも述べた通り、潜伏フォロワーの通りが良くなっているため、できるだけ攻撃力の高いフォロワーを潜伏させ、大ダメージを叩き込めるようにしたい。出来る限りエンハンスオクトリスや炎帝・パーシヴァルとのコンボを狙っていこう。

Point!月の刃・リオードで攻撃→アサシンで月の刃・リオードを潜伏の流れはよく見かけますが、いささかもったいない動きです。

スカイセイバーリーシャの効果を起動

拡大する

アサシンは兵士なので、スカイセイバーリーシャを進化させつつ、潜伏を付与することができる。

7ターン目にスカイセイバーリーシャを潜伏させておくことで、次のターンの高潔なる騎士・レイサムの着地がかなり安定する(黄昏の刃・ナノが疾走)ので、積極的に狙っていきたい。

財宝カードの扱い

無闇にプレイしない

1コストフォロワーと同様、PPが余っているからと言って、財宝カードを吐いてしまうのはNG。各種財宝は簒奪の使徒との組み合わせが理想なので、プレイすることで明確なメリットが生まれる場合を除き、温存しておくのが良いだろう。

それぞれ役割を持つ

盤面で戦うデッキが増えたこともあり、今期はより財宝カードの重要性が増している。

特に黄金の首飾りでスカイセイバーリーシャとのトレードを防いだり(簒奪の使徒を5/6にする)、黄金の靴でEPを節約する動きは一見気付きづらいので、常に意識しておくべきだと言える。

財宝カードの使い方一例

黄金の小剣・細かな処理
・簒奪の使徒のランダム性解消
黄金の杯・リーダー/フォロワーの回復
黄金の靴・黄昏の刃・ナノと組み合わせる
(必殺持ちレイピアマスターとも)
・レイサムと組み合わせる
黄金の首飾り・細かなトレード
・打点の補強

リーダー別の立ち回り

対ロイヤル

白刃の剣舞が肝

白刃の剣舞や高潔なる騎士・レイサム、トワイライトソードを先にプレイできる先攻側が有利なマッチなので、後攻側はいかにそれらを気持ち良くプレイさせない盤面を作れるかが鍵になる。

白刃の剣舞を防ぐ手段として有効なのが、希望の戦術家・セリア。合計体力7の展開を行えるので、1枚で月の刃・リオード+エンハンス白刃の剣舞+隠伏天誅をケアすることができる。とにかく盤面を強く作り続ける意識が大切だ。

スカイセイバーリーシャをケア

拡大する

進化したスカイセイバーリーシャに有利トレードを取られるフォロワーを極力出さないのもポイント。

例えば上記の画像では、クイックブレーダーを進化させ、あえて月の刃・リオードとの相討ちを選択することで、相手にスカイセイバーリーシャを気持ち良くプレイさせない盤面を作ることができる。

対ネクロマンサー

潜伏にこだわり過ぎない

拡大する

先に紹介した通り、ネクロマンサーはビッグソウルハンター冥河の案内人屍竜・ファフニールなどで潜伏フォロワーを処理することができる。

上記の画像のようなシーンで攻撃しなかった場合、冥河の案内人が大きな裏目になるので、対ネクロマンサーでは潜伏にこだわり過ぎないのも重要だ。

黒の女王・マグナスが効果的

永遠の花嫁・セレスを筆頭に、悪意の憑依フランの呪い屍竜・ファフニールのケアにも繋がる、黒の女王・マグナスが効果的なマッチアップ。中盤から終盤まで活躍の場面が多いので、白と黒の決闘では基本的に黒の女王・マグナスをチョイスしよう。

対ヴァンパイア

アグロプランは通りづらい

前環境までのミッドレンジロイヤルvs蝙蝠ヴァンプと言えばロイヤル側のアグロプランが有効だったが、現環境ではあまり現実的でない。

先攻1ターン目から積極的に仕掛けたとしても、姦淫の口付け狂恋の華鎧・ヴィーラ+現れる狂気で持久戦に持ち込まれ、相手を削り切るより先にリソース不足に陥ってしまうことが多い。そのためこの対面でも、長期戦を見据えた立ち回りを採ろう。

Point!とは言え高潔なる騎士・レイサムやエンハンスキャノンスマッシャーなどによる小型の横並べは依然効果的です!1/1に邪眼の悪魔鋭利な一裂きを吐かざるを得ないような盤面を作り続けましょう。

EPを吐かせる

狂恋の華鎧・ヴィーラや邪眼の悪魔を擁する蝙蝠ヴァンプは、一つ一つの進化が非常に強力なクラス。

狂恋の華鎧・ヴィーラの存在により、白刃の剣舞もあまり有効でないので、不用意な進化は避け、先に相手にEPを吐かせるように立ち回りたい。3点除去が多い相手なので、体力4以上のフォロワーを展開することで、進化を要求しやすくなる。

対ビショップ

スカイセイバーリーシャが有効

聖獅子ビショップの弱点として、横並びへの解答をあまり持たない点が挙げられる。ここを突くのがスカイセイバーリーシャで、上手く扱うことで相手の行動を大きく制限することができる。

横並びへのカウンターとして安息の狂信者が採用されていることも多いが、スカイセイバーリーシャの体力を3以上に保つことでここもケアが可能だ。

Point!楽園の聖獣天象の風・ペトラといった1/1/2フォロワーが複数採用されているデッキなので、スカイセイバーリーシャを活かすためにも、1ターン目の1コストフォロワーのプレイは絶対に避けましょう。

体力5を意識

聖獅子ビショップは体力5以上のフォロワーの処理を苦手としている(プリズムスイング聖なる王の獅子による4点が一つのライン)ため、黄金の杯や黄金の首飾りで体力5を確保するプレイが効果的。

中盤から体力5以上のフォロワーを展開してEPを吐かせた後、再度体力5以上をプレイすることができれば、そのまま押し込めることも珍しくない。

あなたはどう動く? 立ち回りクイズ

第一問

vsミッドレンジネクロ

拡大する

考えるべきポイント

  • 相手のベストアクションを防ぐ
あなたならどう動く?攻略班の動きはこちら

攻略班のプレイ

1レイピアマスター(エンハンス4)をプレイ
2レイピアマスターを進化
3ターン終了(月の刃・リオードは潜伏させたまま)

この盤面のポイント

  • 相手のベストアクションを防ぐ
    セレス・ケルベロス両方に有効なプレイを探す

解説

ミッドレンジネクロの5ターン目の動きとして、永遠の花嫁・セレス冥界の番犬・ケルベロスが挙げられるが、5/5必殺を置いておくことでどちらに対しても強く出られるようになる。

フランの呪い冥界の闘犬・オルトロスなどの4点除去に対しても、1枚だけでは除去されない。

Point!相手の強力な動きに対して先に準備しておくのは重要なことなので、どのデッキを使っている時でも意識してみましょう。

第二問

vsミッドレンジロイヤル

拡大する

考えるべきポイント

  • 数ターン先を見据える
あなたならどう動く?攻略班の動きはこちら

攻略班のプレイ

1魔導狙撃士・ワルツをプレイ
2必殺の魔弾をチョイス
3ターン終了

この盤面のポイント

  • 数ターン先を見据える
    白翼の戦神・アイテールで簒奪の使徒を回収

解説

ミラーマッチでは、複数除去が行える簒奪の使徒が大活躍するので、白翼の戦神・アイテールでは簒奪の使徒を回収したい。リソースの面で見ても、手札を2枚消費しなければ盤面を取ることができないスカイセイバーリーシャよりも優先度が高くなる。

第三問

vsミッドレンジネクロ

拡大する

考えるべきポイント

  • 手札の枚数に注意
  • 相手の墓場は5
あなたならどう動く?攻略班の動きはこちら

攻略班のプレイ

1月の刃・リオードを進化
2月の刃・リオードでリーダーを攻撃
3スカイセイバーリーシャをプレイ
4レイピアマスターをプレイ
5隠伏天誅×2を心眼の双葬女・レディ・グレイ
6スカイセイバーリーシャで禁絶の腕・ニコラを攻撃
7ターン終了

この盤面のポイント

  • 手札の枚数に注意
    リオード進化+簒奪の使徒は手札が溢れる
  • 相手の墓場は5
    ビッグソウルハンターを考える

解説

一見月の刃・リオード進化+簒奪の使徒+隠伏天誅で動くのが良さそうに見えるが、この場合次のドローが燃えてしまう。そのため6ターン目に簒奪の使徒、7ターン目にドラゴンナイツ+アサシンという流れを見据え、横に広げる動きを採った。

また不撓不屈の騎士・ヴェインでレディグレイを処理する選択も考えられるが、ビッグソウルハンターの裏目を引くとかなり厳しい状況になる上、7ターン目のドラゴンナイツ+アサシンが見えているため、選択肢から外している。

第四問

vs蝙蝠ヴァンプ

拡大する
現在の状況・相手の2ターン目は血の取引
蝙蝠ヴァンプの可能性が高い

考えるべきポイント

  • 不必要なカードはどれ?
あなたならどう動く?攻略班の動きはこちら

攻略班のプレイ

1マジックディーラー・エルネスタをプレイ
2白刃の剣舞を捨てる
3抜刀する執行者 タージで攻撃
4ターン終了

この盤面のポイント

  • 不必要なカードはどれ?
    蝙蝠ヴァンプ相手は白刃の剣舞の価値が低い

解説

エルネスタで捨てるカードが焦点。

白と黒の決闘やアイテールは外せないので、簒奪の蛇剣か白刃の剣舞の選択となるが、狂恋の華鎧・ヴィーラの存在によって白刃の剣舞が通りづらい蝙蝠ヴァンプということで、白刃の剣舞を選択した。

ミッドレンジロイヤルの関連記事
デッキ構築解説
マリガン解説立ち回り解説

シャドウバース攻略の他の記事

ローテーションのデッキ

ローテーションのTier上位デッキ

以降のローテーションのTierはこちら

ローテーションの関連記事まとめ

全カード一覧

全カード評価一覧 | 検索機能付き!

直近に作成/更新した注目記事

7月第2週のメタレポート
7月第2週のメタレポート
[更新]  
ローテーション最強デッキランキング
ローテーション最強デッキランキング
[更新]  
ES 地方大会 2019 Season 3 開催決定!
ES 地方大会 2019 Season 3 開催決定!
[更新]  
アンリミテッド最強デッキランキング
アンリミテッド最強デッキランキング
[更新]  
ハデス冥府ネクロのローテーションデッキレシピ
ハデス冥府ネクロのローテーションデッキレシピ
[更新]  

© Cygames, Inc.
※当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。
▶シャドウバース公式サイト

攻略記事ランキング
  1. ローテーション最強デッキランキング
    ローテーション最強デッキランキング
    1
  2. アンリミテッド最強デッキランキング
    アンリミテッド最強デッキランキング
    2
  3. エイラビショップのローテーション最新デッキレシピ
    エイラビショップのローテーション最新デッキレシピ
    3
  4. リーシェナネメシスのローテーション最新デッキレシピと立ち回り
    リーシェナネメシスのローテーション最新デッキレシピと立ち回り
    4
  5. スペルライオウィッチのローテーション最新デッキレシピ
    スペルライオウィッチのローテーション最新デッキレシピ
    5
もっとみる
記事について指摘する

いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


みんなのコメント

GameWithに登録して、
ゲーム仲間とつながろう!
はじめての方
新規登録 (無料)
会員の方
ログイン
おすすめマンガ | MangaWith

シャドバをプレイした人が読んでいるマンガ

コミック誌読み放題

コミック誌読み放題

初月無料

初月無料

最新号+バックナンバー

最新号+バックナンバー

攻略メニュー
速報/大会情報
プロリーグ情報
メタレポート情報
カード情報
新カード情報
デッキ紹介
ローテーション
アンリミテッド
アリーナ情報
グランプリまとめ
2Pickまとめ
2Pickカード評価
初心者情報
リセマラ情報
初心者まとめ
デッキ編成のコツ
アップデート/修正情報
その他
ランキング
ゲームを探す
レビュー訴求
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中