0


twitter share icon line share icon

【シャドバ】プロツアー2ndシーズン予選の使用デッキまとめ【シャドウバース】

最終更新 :
みんなの最新コメントを読む
【シャドバ】プロツアー2ndシーズン予選の使用デッキまとめ【シャドウバース】

シャドバ攻略からのお知らせ

目次

RAGEプロツアー2nd Seasonを考察!

プロ選手使用デッキをチェック

7月10日(日)に行われた、RAGE シャドウバース プロツアー 2nd Season予選にて、プロ選手が使用したデッキを紹介。クラスやデッキタイプ別の使用数などのデータに加え、各デッキの考察もしているので参考にしてほしい。

プロツアーのルールや概要はこちら

プロツアー2nd Season予選のアーカイブ

プロツアーの使用デッキまとめ

チームごとのデッキ一覧

各デッキ名をクリックするとデッキレシピが見れます。

AXIZ

選手名使用デッキ勝敗(順位)
Rumoi選手秘術ウィッチ
フラグラネクロ
3勝4敗
Aグループ4位
Gemo選手秘術ウィッチ
フラグラネクロ
3勝4敗
Bグループ4位

au デトネーション

選手名使用デッキ勝敗(順位)
ミル選手秘術ウィッチ
フラグラネクロ
3勝4敗
Aグループ8位
ユーリ選手進化エルフ
スペルウィッチ
4勝3敗
Bグループ3位

G×G

選手名使用デッキ勝敗(順位)
リグゼ選手秘術ウィッチ
フラグラネクロ
3勝4敗
Aグループ6位
拓海選手秘術ウィッチ
フラグラネクロ
5勝2敗
Bグループ2位

名古屋OJAベビースター

選手名使用デッキ勝敗(順位)
まっつ選手秘術ウィッチ
共鳴ネメシス
2勝5敗
Aグループ7位
ののさん選手秘術ウィッチ
人形ネメシス
3勝4敗
Bグループ4位

福岡ソフトバンクホークスゲーミング

選手名使用デッキ勝敗(順位)
ヘイム選手秘術ウィッチ
フラグラネクロ
3勝4敗
Aグループ3位
MURA選手進化エルフ
秘術ウィッチ
6勝1敗
Bグループ1位

横浜F・マリノス

選手名使用デッキ勝敗(順位)
水煮選手秘術ウィッチ
ハンドレスヴァンプ
6勝1敗
Aグループ1位
みずせ選手スペルウィッチ
ハンドレスヴァンプ
1勝6敗
Bグループ8位

よしもとゲーミング

選手名使用デッキ勝敗(順位)
ふぇぐ選手秘術ウィッチ
ハンドレスヴァンプ
3勝4敗
Aグループ5位
きょうま選手秘術ウィッチ
フラグラネクロ
3勝4敗
Bグループ7位

レバンガ☆SAPPORO

選手名使用デッキ勝敗(順位)
pazuu選手秘術ウィッチ
ハンドレスヴァンプ
5勝2敗
Aグループ2位
Ryu選手秘術ウィッチ
ハンドレスヴァンプ
3勝4敗
Bグループ4位

クラス使用数(16名中)

本戦進出者は上位3名×2グループの6名です。

クラス使用人数
(使用率)
本戦進出数
(進出率)
ウィッチ16名
(100%)
6名
(37.50%)
ネクロマンサー7名
(43.75%)
2名
(28.57%)
ヴァンパイア5名
(31.25%)
2名
(40.00%)
エルフ2名
(12.50%)
2名
(100%)
ネメシス2名
(12.50%)
0名
(0.00%)

デッキタイプ別使用数

秘術ウィッチ14名
フラグラネクロ7名
ハンドレスヴァンプ5名
進化エルフ2名
スペルウィッチ2名
共鳴ネメシス1名
人形ネメシス1名

リーダー組み合わせ

クラス1クラス2使用人数
(使用率)
ウィッチネクロマンサー7名
(43.75%)
ウィッチヴァンパイア5名
(31.25%)
エルフウィッチ2名
(12.50%)
ウィッチネメシス2名
(12.50%)

本大会の環境考察

ウィッチが圧倒的に人気

  1. スペリオルコントラクター
  2. ウーシンマスター・クオン

今大会の出場選手16名全員がウィッチを使用しており、圧倒的な人気を誇るデッキだということが伺える。その中でも、14名と大多数の選手が選択している秘術ウィッチが、特に評価の高いデッキだ。

攻略班残りの2名はスペルウィッチを使用しており、その中の一人であるユーリ選手は本戦進出を決めているので、スペルウィッチも強力なデッキです。

ウィッチフォロワーが多く採用された秘術ウィッチ

秘術ウィッチ

▲AXIZのRumoi選手とGemo選手が使用した秘術ウィッチ。

今大会では、多くの選手が秘術ウィッチ炸裂の魔女プレデターゴーレムを採用していた。ウィッチフォロワーを多く採用することで、工房の錬金術師・ノノの融合がしやすくなることがメリットだ。

フラグラネクロの人気も高い

フラグラネクロ

▲Bグループ2位の拓海選手が使用したフラグラネクロ。

フラグラネクロについても半数近い7名の選手が使用しており、高い人気を誇ることが分かる。しかし、本選進出者は2名のみに留まり、期待されていたほどの結果を収めることはできなかった。

ハンドレスヴァンプの活躍

ハンドレスヴァンプ

▲Aグループ1位の水煮選手が使用したハンドレスヴァンプ。

全16名の選手のうち、5名がハンドレスヴァンプを選択。非常に攻撃的なデッキなので、秘術ウィッチフラグラネクロのような回復力がやや不足しているデッキに対して、有利に戦うことができる点を評価しての選択だろう。

進化エルフが好成績

進化エルフ

▲Bグループ1位のMURA選手が使用した進化エルフ。

進化エルフを使用したユーリ選手とMURA選手は、どちらも本戦進出と好成績を収めた。回復力が高いデッキなので、秘術ウィッチハンドレスヴァンプのような攻撃的なデッキに対して有利に戦うことができる点が評価が高い。

攻略班螺旋角の巨象が採用された進化エルフを選択したことで話題になっていたMURA選手が、Bグループ1位と優秀な成績を残したことにも注目です。

名古屋OJAベビースターはネメシスを使用

ネメシス

▲名古屋OJAベビースターのまっつ選手が使用した共鳴ネメシス。

名古屋OJAベビースターの2選手のみネメシスを持ち込んでいた。ネメシスが秘術ウィッチのような上位デッキに対して、どこまで戦うことができるか注目を浴びていたが、惜しくも本戦進出とはならなかった。

チーム内でのデッキ共有がメジャーに

秘術ウィッチ

▲福岡ソフトバンクホークスゲーミングのヘイム選手とMURA選手が使用した秘術ウィッチ。

AXIZ、G×G、レバンガ☆SAPPOROは2選手で80枚共通のデッキを、名古屋OJAベビースター、福岡ソフトバンクホークスゲーミング、横浜F・マリノス、よしもとゲーミングに関しても一方のデッキについては40枚共通のデッキを使用していた。デッキを共有して使用する戦術が、前大会に比べてメジャーになってきているようだ。

好成績のデッキがグループによって異なる

秘術ウィッチ+フラグラネクロのが多いグループAでは、それらをメタ対象としたハンドレスヴァンプを選択した2選手が本戦進出。一方グループBでは、ハンドレスヴァンプを使用した選手は成績が振るわず、回復力の高い進化エルフを選択した2選手が本戦に上がるという対照的な結果になった。

このようにグループによって結果を残したデッキが異なることからも、デッキ選択が勝敗に大きく影響することが伺える。今後の大会でも、プレイングはもちろん、環境を読み切って有効なデッキを選択することも重要になるだろう。

シャドウバース攻略の他の記事

新環境のデッキリストまとめ

関連記事まとめ

全カード一覧

全カード評価一覧 | 検索機能付き!

直近に作成/更新した注目記事

コラボパック「カードファイト!! ヴァンガード」の新カードを
コラボパック「カードファイト!! ヴァンガード」の新カードを
アディショナルカード一覧と追加日
アディショナルカード一覧と追加日
ヒーローズ・オブ・シャドウバースのアディショナルカードを先行
ヒーローズ・オブ・シャドウバースのアディショナルカードを先行
「ヒーローズバトル」先行プレイレポート|戦略性に富む新フォー
「ヒーローズバトル」先行プレイレポート|戦略性に富む新フォー
「Gods of the Arcana」の新カードを先行公開
「Gods of the Arcana」の新カードを先行公開
この記事を書いた人
この記事へ意見を送る

いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


公式Discordサーバーに参加しよう!
当ゲームタイトルの権利表記

© Cygames, Inc.
※当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。
▶シャドウバース公式サイト

会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中
GameWithからのお知らせ
攻略 メニュー
攻略メニュー
アップデート/修正情報
デッキ一覧
ローテーションまとめ
ローテーションTier1
アンリミテッドまとめ
アンリミテッドTier1
その他のデッキ記事
アリーナ情報
グランプリまとめ
2Pickまとめ
2Pickカード評価
カード情報
初心者情報
リセマラ情報
初心者まとめ
その他
その他のゲーム攻略
×