「Gods of the Arcana」の新カードを先行公開

0


twitter share icon line share icon

【シャドバ】「Gods of the Arcana」の新カードを先行公開【シャドウバース】

最終更新 :
みんなの最新コメントを読む
【シャドバ】「Gods of the Arcana」の新カードを先行公開【シャドウバース】

シャドバ攻略からのお知らせ

シャドウバース エボルヴ(Shadowverse EVOLVE)の新カードをGameWithが独占公開!4月19日(金)発売のブースターパック第10弾「Gods of the Arcana」のカードを紹介します。

目次

「Gods of the Arcana」の新カードを先行公開

「Gods of the Arcana」のバナー

絶賛発売中のリアルTCG「シャドウバース エボルヴ」。今回はそのシャドバエボルヴから、4月19日(金)に発売されるパック「Gods of the Arcana」に収録される4枚(トークン含む)の新カードをご紹介させていただく。

絆の竜剣士・アイラ

絆の竜剣士・アイラ
クラスドラゴン
レアリティレジェンド
タイプ竜使い

ステータス
PP5 パワー2 タフネス2

《ファンファーレ》下記から1つチョイスする。【1】自分のPP最大値を+1する。自分のPPを2回復する。【2】【覚醒】状態なら、『絆の覇竜』1体を場に出す。自分のリーダーは《体力》+2する。

トークンカード

カード能力
絆の覇竜
絆の覇竜
5コスト6/6
【守護】
自分の場に『絆の竜剣士・アイラ』がいる限り、これは能力ダメージを受けない。

絆の竜剣士・アイラの解説

使いやすいPPブーストを持つ

「絆の竜剣士・アイラ」はファンファーレで最大PPを増やすことが可能なフォロワー。同様のファンファーレ能力を持つ「旋風のプテラノドン」、「水竜神の巫女」などと比較すると、ファンファーレ能力の発動に他の条件が無いため使い勝手が良く、ドラゴンクラスの幅広いデッキで活躍が期待できる。

PPブースト+αの動きが可能

5コスト2/2とステータスこそ低いものの、PPブーストをチョイスした場合は2PP回復するため、実質3コストでPPブーストが可能であり、5PP時にプレイした場合は、回復した2PPで相手フォロワーの除去や更なるフォロワーの展開を行える。

6PP時にプレイした場合はそのターンで【覚醒】状態に入りながら、ファンファーレ能力によるPP回復込みの3PPで「銀氷のドラゴニュート・フィルレイン」や「ブレイジングブレス」など、【覚醒】状態で強力な低コストカードをプレイすることができる。

【覚醒】時は強力な守護フォロワーの展開も可能

【覚醒】状態の場合は「絆の覇竜」を場に出すことをチョイスできる。「絆の覇竜」は「絆の竜剣士・アイラ」が場にいる限りは能力によるダメージを受けないため、「絆の覇竜」をスタンド状態で展開することで対処が難しい盤面を作り出せる。

「絆の竜剣士・アイラ」が場にいる盤面では「ぶちあがれ感情」「神秘の遺物・スピネ&ルチル」など、全体火力カードを使ったとしても「絆の覇竜」にダメージを与えられないため、「絆の覇竜」を除去するためには複数枚のカードを相手に要求出来ることが多い。

また、「絆の覇竜」をチョイスした場合はリーダーの体力を2点回復できる。現在使い勝手の良い回復能力が少ないドラゴンクラスにおいて、【守護】と合わせてリーサルをズラすことができる貴重な回復能力である。

様々なカードとのシナジーが存在

「絆の竜剣士・アイラ」は5コストのドラゴンフォロワーであるため、「竜の伝令」の対象になる。これまではPPブーストを「竜の託宣」に依存しがちだったドラゴンクラスにおいて、アクセス手段が多いPPブーストカードが増えることで、PPブーストを主軸とした戦略が大幅に強化される可能性がある。

それ以外のシナジーとして「覇道の龍人・ガリュウ」の進化時能力で場に出すことで盤面展開をしながらのPPブーストや、「絆の覇竜」を含めた【守護】の大量展開をすることも可能。これらの既存のカードだけでなく、今後も様々な相性が良いカードが生まれる可能性がある。

虐殺のドラゴニュート

  1. 虐殺のドラゴニュート
  2. 虐殺のドラゴニュート
クラスドラゴン
レアリティゴールドレア
タイプアルカナ・ドラゴニュート

ステータス・能力
PP3 パワー3 タフネス5

《進化》《コスト3》:これは進化する。
《ファンファーレ》自分のデッキの上5枚を消滅させる。

EVOLVEカードの
ステータス・能力
パワー4 タフネス6

【進化時】自分の消滅領域のカード5枚につき、相手のリーダーすべてと相手の場のフォロワーすべてに2ダメージ。

虐殺のドラゴニュートの解説

消滅領域を参照する強力な全体除去能力

「虐殺のドラゴニュート」はファンファーレ能力によるデッキ消滅能力と、消滅領域を参照する全体除去能力を持つ。ドラゴンクラスは「竜の託宣」などでPPブーストをしている際に相手の盤面展開を許してしまうことが多いが、「虐殺のドラゴニュート」はその隙を埋めることが可能な全体除去能力を持つドラゴンフォロワー。

また、3コスト3/5とステータスが高いため、3ターン目に出したとしても除去される可能性は低く、生き残ってターンが戻れば進化して盤面を除去しながら相手のリーダーを攻撃することも狙える。

全体火力の能力は消滅領域の枚数を参照するため、単体では相手のフォロワーとリーダーに2ダメージの能力だが、2回目のプレイでは4点、3回目のプレイでは6点とプレイする度に能力がより強力になる

ピュートーンとのシナジーが強烈

「ピュートーン」は進化によって合計20枚までデッキを消滅することができる。その後に「虐殺のドラゴニュート」をプレイし進化することで、「虐殺のドラゴニュート」のファンファーレ能力と合わせて消滅領域が25枚に達するため、「虐殺のドラゴニュート」の進化時能力によって相手のリーダーとフォロワー全てに10点ダメージを与えることが可能だ。

また「ピュートーン」はデッキから消滅させるカードを選ぶことが可能なため、「ピュートーン」のプレイ後に「虐殺のドラゴニュート」を引き込む可能性を高めることもできる。

ブースターパック第10弾「Gods of the Arcana」の商品情報

ブースターパック第10弾「Gods of the Arcana」

発売日

2024年4月19日(金)

希望小売価格

1パック 440円(税込)
1ボックス 5,280円(税込)

1パック:カード8枚入り
1ボックス:12パック入り

収録カード

【基本レアリティ】
LG(レジェンド) 26種
GR(ゴールドレア) 28種
SR(シルバーレア) 28種
BR(ブロンズレア) 40種
※一部プレミアム仕様のカードがございます。

【パラレル】
UR(アルティメットレア) 7種
SL(スーパーレジェンド) 26種
※UR(アルティメットレア)は基本レアリティのカードと加工やイラスト、フレームデザインの異なるカードです。
※SL(スーパーレジェンド)はLG(レジェンド)と加工やフレームデザインの異なるカードです。

【その他】
リーダーカード 8種
トークンカード 15種(うち再録13種)
シリアルナンバー入り「アルカナゴッド」カード 9種

ブースターパック第10弾「Gods of the Arcana」の商品情報

© Cygames, Inc. ©bushiroad All Rights Reserved.
※当ページ上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

この記事を書いた人
この記事へ意見を送る

いただいた内容は担当者が確認のうえ、順次対応いたします。個々のご意見にはお返事できないことを予めご了承くださいませ。


公式Discordサーバーに参加しよう!
当ゲームタイトルの権利表記

© Cygames, Inc.
※当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。
▶シャドウバース公式サイト

会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中
GameWithからのお知らせ
攻略 メニュー
攻略メニュー
アップデート/修正情報
デッキ一覧
ローテーションまとめ
ローテーションTier1
アンリミテッドまとめ
アンリミテッドTier1
その他のデッキ記事
アリーナ情報
グランプリまとめ
2Pickまとめ
2Pickカード評価
カード情報
初心者情報
リセマラ情報
初心者まとめ
その他
その他のゲーム攻略
×